FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




天使の誘惑 あらすじ&感想


復讐ドラマは復讐をやり遂げた瞬間はスカッとするけど 最後をうまくまとめるのが難しい。
ハッピーエンドなんてあり得ないし、
悪人が反省しないのは許せないし、事故に遭ったり、病気になったりで 不幸になって 罪を償ったように誤魔化すのも許せない。
まぁ 納得できる終わり方なんてないんですよね。
「妻の誘惑」よりは よかったと思います。

“復讐は復讐を呼び、復讐を果たしても虚しさが残るだけ”
復讐ドラマのテーマなんて どれも一緒 と思っても なぜか引き込まれてしまう。
で、観終わった後に どうしてこんなに嵌ったんだろう? と思うことも。


全21話 2009年 SBS

出演者 : チュ・アラン・・・イ・ソヨン
       シン・ヒョヌ(整形前)・・・ハン・サンジン
       シン・ヒョヌ(整形後)・・・ペ・スビン
       ナム・ジュスン(医師、アラン愛人)・・・キム・テヒョン
       ユン・ジェヒ(看護師、ヒョヌ母が援助した孤児)・・・ホン・スヒョン

       シン・ウソプ(ヒョヌ父)・・・ハン・ジニ
       チョ・ギョンヒ(ヒョヌ母)・・・チャ・ファヨン
       シン・ヒョンジ(ヒョヌ妹)・・・チン・イェスル
       シン・ヒョンミン(ヒョヌ弟)・・・キム・ドンゴン
       ナム秘書(ジュスン父)・・・イ・ソン
       カン秘書・・・ソン・チャンフン

       アラン叔父・・・チョン・ギュス
       アラン叔母・・・イ・ミヨン
       キム・ヨンジェ・・・カン・ユミ

       アラン父・・・キム・ミョンジン
       アラン母・・・キム・ヨンジン
       アラン(子役)・・・キム・ユジョン
       ファン会長・・・イ・ヒョジョン
       チョン会長・・・チェ・ヨンミン

       キム・ヨンジェ(ヒョンミンの家具屋の従業員、アランの同級生)・・・カン・ユミ
       チョン・サンモ(アランのゴーストデザイナー)・・・イ・ジョンヒョク
       サンモ姉・・・チェ・ジナ


演出  : ソン・ジョンヒョン
脚本  : キム・スノク


 123456789101112131415161718192021


1

嵌りそう。
「妻の誘惑」と同じ脚本家。
また復讐?ドロドロ? と少々うんざりしながら観たら…
結構 面白い。

妻の誘惑では 妻そっくりの別人になって復讐。
今回は まったくの別人になっての復讐。
どんな感じになるのか楽しみです。


ヒョヌとアランの結婚式。
ヒョヌは愛するアランと結婚できて幸せ。
アランは…復讐のために結婚できて幸せ。

アランの父はヒョヌ父の会社に勤めていた。
しかし 社長と対立し 事故に見せかけて殺されてしまった。
事故で両親を失い、妹も失い 復讐することだけを考えて生きてきた。

アランの復讐を支えるのは 恋人ジュスン。
父が ヒョヌ父の秘書をしていた関係で ヒョヌ父の主治医をし 家族とも親しい。
ジュスンもヒョヌ父に恨みがあるような…?

家族同士を疑心暗鬼にさせ ヒョヌ父の財産を自分のものにする。
アランの計画は着々と進んでいる。
ヒョヌはアランを全く疑っていない。
アランがでっちあげたウソの身上書を信じ切っている。

ヒョヌ母が援助している孤児ジェヒは ヒョヌを足長おじさんと呼んで慕っている。
ジェヒがアランの妹なのかしら?
アランは妹ギョンランを失ったと言っていたようだけど… 生き別れなのか 死に別れなのか 分からないのよね…


2

アランはヒョヌ父からふんだくった金で ジュスンのために病院を買う。
後はヒョヌ名義の家具店など 残りわずかの財産を自分のものにするだけ。

ところが 思わぬことで 早々にアランとジュスンの仲がばれてしまう。
ヒョヌは探し物をしていて 指輪を見つける。
ジュスンがしていた指輪と同じもの。
“もしや?”
疑い始めると 次々と怪しいことが思い出される。

ヒョヌはジュスンのマンションに。
ジュスンが買い物に出た後に 部屋を探り、蝶箱を見つけてしまう。
オークションで アランと競り合った蝶箱。
あのオークションも 実はアランが仕組んだことだったのか?

マンションの外に出ると アランとジュスンが立ち話。
2人の会話から アランの計画を知ってしまう。
すべては仕組まれたものだった。

ヒョヌは自宅前でアランを待ち伏せ。
アランが運転し、2人はドライブに。
ヒョヌはアランを責め、それでも アランは自分を愛して結婚したと信じたい。
けれど アランはそれも否定する。
「カップルリングを見たのなら 私が誰を愛しているかわかるでしょう」

そして…事故を起こしてしまう。
アランは気を失っているヒョヌを運転席に座らせ ヒョヌがひとりで乗っていたように偽装し、逃げる。
これで ヒョヌが死んでくれたら 万々歳なのよね。
そう 簡単にはいかないようですが…

事故 って…対向車と正面衝突なのよね…
対向車はどうなったのかしら? アランを目撃しているかも…夜で雨が降っていたから無理かなぁ…
アランは指輪を落としたから それが問題になるかも。

ジェヒはジュスンの病院で働くことに。
どう関係してくるのかしら?ジュスンと恋愛に?それとも ヒョヌを好きだから 復讐の手伝いを?

それと…ヒョンミンの家具屋で働いている女性…
アランの高校の同級生らしい。
今はアランがでっちあげた経歴、移民して中学高校はアメリカ と言うのを信じているから ヒョンミンは彼女が言うアランとは別人だと思っているけど
この先は どうなるかわからないわよね。


3

瀕死の状態から助かっても ひとりではどうすることもできないんじゃないかと思っていたけれど
何も知らないジュスンが ヒョヌの一番の味方になってくれるはずの人をヒョヌのそばに置いてしまったのね。
ヒョヌは彼女の助けを借りて 整形し 復讐を始めるのかしら。


ヒョヌは一命を取り留め 一時は意識を取り戻したけれど…
植物状態に。
それでも いつか意識を取り戻す可能性がある。
ヒョヌが 「運転していたのはアランだった」と証言したら…
アランは ヒョヌがソウルにいるのが不安で 別荘を改装し そこに閉じ込めることに。

ヒョヌ両親には 「アメリカの両親が有名な医師を手配してくれた」と嘘をつき、
ジュスンに頼んで 看護師を手配してもらう。
これでジュスンとも仲良くできるし、復讐も続けられる。
けれど…そう簡単にはいかないようで…

ジュスンが手配した看護婦はジェヒなのよね。
ジェヒはアランとジュスンがキスしているのを目撃したし、
世話をする人が 足長おじさんだと知ってしまった。
アランはジェヒに何もしてほしくないようだけど
ジェヒは懸命に世話をするだろうから 意識を取り戻すかもしれない。
それに 事故車に落ちていた指輪、アランとジュスンのカップルリング、ジュスンはゴミ箱に入れて処分したつもりだけど 実はジェヒが持っているのよね…

事故の当初からヒョンミンはアランに疑いを持っている。
けれど 決め手はないし、アランに上手く誤魔化されてしまっていた。
そんな時 アランが従業員ヨンジェと揉めているのを目撃。
もしかして ヨンジェがアランと同級生と言っていたのは本当かもと思い始め 高校に確かめに行くことにする。


4

なんか もう 凄いわ~
執念よね…
アランも ヒョヌも。


ジェヒは献身的に世話をする。
「何もしないように」と言われていたけれど 低周波で刺激したり、マッサージしたり、話しかけたり。
その甲斐があったのか ヒョヌが目覚める。

ジェヒはヒョンミンに連絡。
「間違いだったら困るから 家族には連絡しないでひとりで来てほしい」

ところが ヒョンミン、アランに連絡しちゃうのよ。
アランはジュスンと駆けつけ…
ヒョヌは咄嗟に意識が戻っていないふりをする。

ヒョヌとふたりきりになったアランは ヒョヌの腕に熱湯をかけて 反応を確かめる。
気がついているのなら 耐えられないはずだ。
けれど ヒョヌは耐える。
アランは安心し、ヒョヌ父とヒョヌの実印を持っていることを話してしまう。

ヒョヌはアランとジュスンが帰ったことを確かめて ジェヒに気がついたことを知らせる。
ジェヒに実印を持ってきてもらい、地下室でリハビリを始める。

アランは実印がないことに気づく。
ヒョンジから 家の近くで看護師を見かけたと聞き 別荘に向かう。
部屋に…ヒョヌはいなかった。

ヒョンミンは高校の卒業アルバムを見たけれど アランを見つけられなかった。
当然なのよ。アランは中退したから。
アランはヨンジェの存在が不安。
脅しと金で 消えてもらおうとするが失敗。
そこで 泣き落としで 同情を買う作戦に。
成功したみたいね。 ヨンジェに期待したのになぁ。


5

ヒョヌは どうして ソウルまで行ったのかしら?
証拠を集める必要があったのはわかるけど それだけにして 家族に会いに行かなきゃいいのに。
歩けるまでに回復したことがばれて 再び殺されることに。

これで ヒョヌは復讐を誓うんだろうけど…
元はと言えば 自分の父親がまいた種なのよね。
それを知っても復讐するのかしら?


実印が無くなったから アランは家具店の名義変更(ヒョヌ→アラン)の書類にヒョヌの拇印を押す。
その時 ジュスンから電話が入り、アランは自分が妊娠していることを知る。
「あんな男の血を引いた子供なんて産めないわ」と叫ぶアラン。
それを聞いているヒョヌ…

アランはすぐに中絶するつもりだった。
しかし 妊娠していることを知ったヒョヌ父が 家具店の名義変更(ヒョヌ→ヒョヌ父)をやめると言い出したから まずは診断書をとることに。
ヒョヌ家族を喜ばせた後 中絶する。

ヒョヌは歩けるまでに回復。ソウルに出かける。
警察に 事故を目撃したと電話。
クラブに行って アランが働いていた証拠のビデオを手に入れ、
銀行の貸金庫に行き 書類を取る。
ヒョンミンに会いに行くが会えずに 家に。
玄関で 呼び鈴を押そうかと迷っている時に アランが帰って来てしまう。

ヒョヌはアランに追いかけられ タクシーに乗って逃げる。
アランも追いかけるが巻かれ ジュスンに連絡して 別荘に急ぐ。

ヒョヌはアランより早く到着。
植物状態のふりをして アランを迎える。
誤魔化せた と思ったが… アランの方が上手。
アランは帰ったふりをして 別荘を覗き…
ジェヒに支えられて歩くヒョヌを目撃する。

ジュスンとアランは盗聴器をしかける。
ヒョヌがソウルでしてきたことは ジュスンとアランに筒抜け。
別荘を出る相談まで聞かれることに。

ヒョヌ家族が突然 別荘に。
ヒョヌとジェヒは地下室でリハビリ中。
だから ベッドにヒョヌはいない。
医師も看護師もいない。
別荘に泊まったはずのアランもいない。
疑う家族に アランは 「医師は回復の見込みがないとアメリカに帰った」 と説明。
「ヒョヌをアメリカに連れて行って 治療したい」と話す。

ジェヒが アランとジュスンのカップリングを持っていると知り、
アランは別荘を捜す。
そして ジェヒが秘密のドアから家に入ってくるのを目撃。
ジェヒを解雇する。

ヒョヌ母がヒョヌを家に連れて帰ると言い出す。
「部屋の改装が終わったらすぐにでも連れて帰る。それまでは私が面倒を見る」と別荘に。
アランは ヒョヌ母が火にかけた鍋が吹きこぼれてガス爆発がおこったことにしようと
ヒョヌ母が買い物に行った後 別荘に火をつける。


6

そんな馬鹿な~密かに身代わりの人形を作っていたなんて!いくらなんでも それは…おかしいわ。


ヒョヌはベッドに人形を寝かせてアランを騙し逃げ出すが、やけどがひどい。
ジェヒはヒョヌを孤児院に連れて行き 看病する。

アランはヒョヌ名義の財産を自分の名義にしようとするが 財産はなかった。
すべて孤児院に寄付されていた。

家具店の株主総会。
ヒョヌ父は経営権を握ろうと画策していた。
しかしアランが ヒョヌの拇印を押した書類を提出し、 経営権はアランに。

アランが流産。
中絶していなかったのね。
憎む男の孫だけど 自分の子供だものね。
中絶したと嘘をつかれていたジュスンと亀裂ができてしまう。

ヒョヌは手術で顔と声を変え、アン・ジェソンとして生まれ変わる。
そして 投資者として アランの前に現れる。


7

ヒョヌがどういう復讐を考えているのか よくわからない。
財産を取り返すつもりなのか、恋愛して捨てるのか、
結局 恋愛して捨てることにしたようだけど…
アランが簡単にヒョヌに落ちるとは思えないわ。


ヒョヌ父は ジュスンを養子にすると言い出す。
ヒョンミンは頼りにならないから ジュスンを養子にしたいらしい。
確かに ヒョンミンに経営を任せるのは心配だけど、それでも実の息子の方が安心すると思うけど。

ヒョヌ母は養子話に大反対。
「あのナム秘書の息子を養子にできない」と。
ヒョンジがジュスンを結婚したいと言い出すけれど もちろん それも大反対。
過去に ナム秘書と何があったのかしら。


ヒョヌはアランに 「ペンションを買い取って経営するから そのペンションの家具を頼みたい」と持ちかける。
ヒョヌにはペンションを買うお金などない。
アランが 家具を発注した後に 契約を破棄して 損害を与えるつもり…だと思う。
けれど アランはペンションの権利がヒョヌに移らない限り 発注するつもりはない。
当然よね。口約束で発注するような経営者がいるはずがない。契約するにしても 損害を被らない契約にするはず。

別荘の火事跡から マネキンの一部とカツラが見つかる。
アランに クラブで踊っているローズマリーの映像が送られてくる。
アランとジュスンは ヒョヌが生きているのではと疑い、ジェヒの部屋を探すが ヒョヌの痕跡は見つからない。

そこでジェヒに罠をかけることに。
“ヒョヌだ。すぐに家に来てほしい”
ジェヒはメールを見て 慌ててタクシーに乗り込む。
…まったく 非通知なんだからおかしいと思ってよね。
ヒョヌと連絡が取れ 罠だと気付き、ばれずに済む。

ヒョヌは 死んだとはっきりさせるために 以前抜いた自分の歯を別荘跡に置いてくる。

アランのゴーストデザイナーのサンモ、
ヒョヌは初めて彼の存在を知ったようだけど 利用するつもりなのかしら?
アランに冷たくされて サンモは自殺するつもりらしい。
これから どう絡んでくるのか… ゴーストライターがいたとばれたら大問題よね。


8

サンモが自殺。
最後に電話した相手がアランだったと 警察が事情を聴きに来る。
アランは 「ストーカーみたいな存在」と返事。
ジュスンに サンモのデザイン画を処分するように忠告される。
なのに、アランは欲を出して 処分しないのよ。

アメリカ在住の姉が来韓。
“ソウル家具で働いていたことがあり、それをきっかけにアランを好きになり、それが原因で自殺した”と 警察から聞かされる。

サンモ姉はソウル家具を訪れ…
アランから “ローズマリーシリーズ”のデザイン画を見せられる。
それは サンモのデザイン画だった。

サンモ姉は 家具を注文し、帰宅。
サンモの携帯に ヒョヌから電話がかかってくる。
ヒョヌはサンモの自殺を知らなかった。

家具を注文した人がサンモの姉だとは気付いていないアラン。
サンモ姉はお金持ちらしい。
で、ヒョヌはペンションを買うお金がなくて困っている様子。
サンモ姉とヒョヌが協力して アランを追い詰めるのかしら?


ヒョヌの復讐は…
アランとジュスンを仲違いさせるのに成功。
ジュスンはヒョヌとアランとの仲を疑い、勝手に取引を断る。
ヒョヌは別の家具屋と契約。
アランは すでに工場を押さえ 発注直前だった。
アランは ヒョヌが家具屋に支払う違約金をソウル家具が支払う条件で 再度取引したいとヒョヌに持ちかける。
契約成立。アランは安心する。

ヒョヌは死んでいないのでは?と思い始めるヒョヌ母、
しかし ヒョヌの歯が見つかり 諦めることに。
でも… 窓の鍵がかけられた状態で見つかったり(ヒョヌ母は窓をあけて外出していた)盗聴器が見つかったりで 疑問は残っているから まだ調べるかも。

ジュスンが好きなヒョンジは 断られても付きまとっていた。
ヒョンジが アランとジュスンが不倫していたと突き止めるのかも。

ヒョヌ家族、そろそろアランの嘘に気付いてほしいわ。


9

ヒョヌ父は傲慢で 疑い深くて 自分だけを愛して 自分の得にならない人間は平気で捨てる。
それに比べて 子供たち ヒョヌ、ヒョンミン、ヒョンジの頼りないこと。
子供たちの方が普通で ヒョヌ父が異常なんだけど 親子なのに こんなに似ていないなんて…

ヒョヌは 父がアラン家族にしたことを知った時 アランへの復讐をどうするかしら?
アランがしたことは許されないけれど 原因を作ったのは父。
アランを許すことも アランに謝罪することも 復讐をやめることも 何もできずに 不幸に終わるだけのような?

アランを復讐に誘ったのはジュスンだったのね。
アランは両親の事故を目撃したけれど それがヒョヌ父の仕業だったとは知らずに育ったらしい。
それが 3年前にジュスンが現れ ヒョヌ父に殺されたことを知ってしまった。

ジュスンは自分の復讐にアランを利用するつもりが いつの間にかアランに主導権を握られたのね。
ジュスンはそろそろ復讐をやめて アランと暮らしたい。
けれど アランはヒョヌ父に復讐するまでは やめられない。
ジェソンという男が現れて アランを奪われそうになって ジュスンは焦っている様子。


アランはサンモとゴーストデザイナーの契約を結んだわけではなかったのね。
デザインを盗み、デザイナー料は表向き払ったように見せかけて 実はサンモには渡っていなかった。
サンモ姉は アランとヒョヌが仲間だと思う。
警察も サンモ自殺に関してアランとヒョヌから事情聴取。
ヒョヌは 警察に身元を調べられては マズイ。状況によっては デザイン盗用を疑われる可能性も出てくる。

ヒョヌにペンション所有者から 「会いたい」と連絡が入る。
ペンション所有者はサンモ姉だった。
ヒョヌを疑うサンモ姉。
ヒョヌは アランに復讐していると訴える。
サンモ姉は 協力してくれることになり ペンションの名義を変更してくれる。

なかなか信じようとしないサンモ姉の注意を引くために ヒョヌは左手にペンを刺すんだけど
「神経を痛めたから 痛みを感じない」と話すわけ。
でも 普通に左手動かして仕事しているのよね…
ドラマとはいえ ちょっとね… わざわざ そこで ペンを刺さなくても…

ペンションの名義がヒョヌになったことを確認。
アランは家具を発注する。
そこで 問題なのが ヒョヌが別の家具店に支払う違約金。
アランは 自分が出すと約束したのよね。
けれど お金があるはずがなく…ジュスンの病院を担保に借りることに。

ヒョヌとアランは ネットショップ“SM家具店”を開き、
サンモのデザインの家具を安く売り始める。
当然 デザイン盗用が問題に。
表面上は “ソウル家具店” を “SM家具店”が盗んだように見えるけれど 事実は違う。
だから アランは訴えられない。
けれど はっきりさせないと 工場は生産を中止し、納品する会社は契約破棄を言いだすはず。

ジュスンは ヒョヌとアランが知り合いだと知る。
ヒョヌの後をつけ ヒョヌ家に。
ところが アランがヒョヌの帰りを待っていて ヒョヌにキスするのを目撃してしまう。

ヒョンミンはアランがヨンジェの同級生だと知ることに。
アランは 「孤児とは言えずに嘘をついた」と話す。
「ヒョヌも知っていたこと」と。
ヒョンミン、アランを信じていいものか悩む。
アランがおかしいと思いながらも 信じてきたのよね。
いい加減 アランの正体に気付いてほしいわ。


10

ジェヒの片思いだと思っていたら ヒョヌもジェヒを好きなのね。
親身になってくれて 自分の秘密を知っているのは彼女だけ。
情がうつるのも当然よね。

それが…
ジェヒとヒョヌが知り合いだってことは公にできないこと。
だから 隠れて会わなきゃいけなかったんだけど
ジュスンが アランに ヒョヌとジェヒが知り合いだと証明するために 企むわけ。
それぞれに 「会いたい」と連絡。
喫茶店で鉢合わせすれば ボロを出すはずと思っていたら…
ヒョヌが一枚上手。
後から来たジェヒに 「ナム・ジュスンさんに会いに来たら 女性を紹介してもらえるとは…」と話しかけ…
ジュスンが 2人の仲を取り持ったことに。
知り合いの仲になったから 2人は堂々とデートできることに。


アランが本気でヒョヌを好きになったような気がして ジュスンの嫉妬はますます酷くなる。
アランの秘密を握っているのはジュスンだけ。
アランがジュスンを捨てることがあれば すぐに アランの敵になりそう。


デザイン盗用の件で 契約した工場は生産を中止。
SM家具は前金を支払うらしく ソウル家具にも要求してくる。
ヒョヌには 出来上がった家具と引き換えにしか代金は支払わないと言われ アランは窮地に。
そこで サンモ姉に ソウル家具への出資を打診。
夫の株をすべて譲渡すると約束する。

アランはヒョヌを落とそうと誘う。
ヒョヌはアランの秘密を探ろうと 誘いに乗る。
ジェヒは ヒョヌがアランに心が変わりするのを恐れ ヒョヌに電話をする。
ところが その電話に出たのはアランだった。
アランは何も話さず ジェヒに ヒョヌとの会話を聞かせる。
心配で仕方がないジェヒは ヒョンミンに 「アランの秘密がわかる」と連絡。
ヒョンミンはクラブに急ぐ。

アランが酔いつぶれ、ヒョヌはジュスンに連絡。
ジュスンが迎えに来て アランとキスしているのを ヒョンミンが目撃する。

帰宅したアランは ヒョヌ父に責められる。
サンモ姉がヒョヌ父に 契約は有効だろうかと確認を取ったため ヒョヌの株がすべて譲渡されたことがばれてしまった。
ヒョヌ父は アラン実家の援助だと思っていたから アランに 「今実家に連絡しろ」と責め立てる。
それを聞いて ヒョンジが 「孤児だから 家族はいないはず」と発言。
そして ヒョンミンが帰ってくる。


11

最初 数話は面白くて 止まらなかったんだけど
もう どうでもよくなってきた…

アランとジェヒが姉妹で
ジュスンとヒョヌが異母兄弟らしく…
ヒョヌはジェヒにプロポーズしたし…
最後は情に訴えて和解?
いくらなんでも どんな理由があっても 殺そうとした妻を許すことはできないわよね。
で、ヒョヌ父の最後は?


ヒョヌ父はアランが経歴を偽っていた知り 怒り狂う。
すぐにアランを追い出したい。
そうなっては困るアランはヒョヌを利用する。

アランはヒョヌに 「義父に会ってほしい」と頼む。
「義父と気まずくなっている。取引は私以外とはしないと言ってほしい」と。
そこで ヒョヌは交換条件として ジュスンと別れることを提示。
アランは 条件を受け入れる。

アラン、ヒョヌが自分に落ちたと勘違いしているのよね。
もちろん それがヒョヌの作戦なんだけど こうも簡単に罠にはまるなんて。
ジュスンと別れる証明にと ジュスンの病院の権利書も渡しちゃって…

ジュスン…
アランに振り回されて可哀想に…
アランを引き込んで復讐を始めた自分が悪いんだけどね。
…ジュスンの実母はヒョヌ母らしいんだけど…妊娠したことに ヒョヌ父は気付かなかったのかしら?気付いたら 自分の子供だと思うはずだし…

ヒョヌはヒョヌ父に会い、
「契約通り 担当はアランさんでお願いしたい」と話す。
同じレストランで アランはジュスンと会い、別れ話をしていた。
それを ヒョヌ父に聞かれ…
ジュスンは アランを愛していると告白する。


12

途中 登場のアラン叔母夫婦。
アランを脅して金をむしり取る役回りだと思っていたら それだけじゃないようで。
アランは 「妹ギョンランを探し出せば 望みを叶える」と約束。
叔母夫婦は ヒョンミンの家具店をもらうために ギョンラン探しを始めることに。
捨てた孤児院にはいなくて…
この夫婦に探しだせるのかしら?

ヒョヌはジェヒの姉探しを始める。
ジェヒはヒョヌ母が孤児院に連れてきたらしい。
ソウルの孤児院から連れて来たのでは?ということで ソウルの孤児院を探すけど
名前が変わっているから こちらも難航。


家族の前で 「アランを愛している」と言ったジュスンが許せない。
アランは ジュスンがヒョヌ父に処方した処方箋を改ざん。
ヒョヌ父は薬を飲んで 入院することに。
ジュスンへの信用はなくなってしまう。

SM家具店から “合併提案書”が届く。
SM家具店の社長がサンモの姉だと聞き、気が気じゃない。
新聞には ソウル家具を非難する記事が掲載される。
資金繰りもうまくいかず
アランはローズマリーの時に知り合ったファン会長を脅して ソウル家具に投資させる。

ヒョヌはアランがローズマリーだと教えるために ファン会長を利用することに。
サンモ姉は ファン会長を紹介するとヒョヌ父を誘う。
ファン会長はアランに会っているから 来たのはファン会長夫人。
けれど それだけでも 十分。
ファン会長夫人はヒョヌ父に 「彼女は男なら知らない人はいないローズマリー」と話す。

アランに捨てられたジュスンは 母親だけでなくアランにも復讐するのかしら?


13

“復讐ドラマって 最初は面白いけれど だんだん行き詰って こんがらがって わけわからなくなってつまらなくなるのね”
と思いながらも 先が気になり…
さっさと 観終わってしまいたい気もするんですよね。


おバカなジュスン。
アランの仕打ちに怒り、ヒョヌに嫉妬し、
アランの秘密を ヒョヌ家族にばらそうとする。
けれど アランに 「やり直しましょう」と言われると アランを信じて約束のホテルに。
アランのために部屋を飾りつける。
それが 結局は アランとヒョヌのためになっちゃって… 惨め。

アランはジュスンに「お義母さんが倒れたから行けない」と メール。
ジュスンが部屋を出た後、ヒョヌを連れ込む。

アランもヒョヌも 愛しているふりをして 心の中では落とせたと喜んでいるのよね。
ヒョヌはもちろん復讐のために。
アランは ローズマリーだとヒョヌ家族に知られて追い出され、ファン会長の投資話もなくなり 最後の望みの綱はヒョヌだけ。
ヒョヌを手放すわけにはいかない。

アランの偽メールで病院に向かっているジュスンに電話がかかってくる。
聞こえてきたのは アランとヒョヌの会話。
自分がアランとヒョヌのために飾りつけたのを知り ショックを受ける。
でも… やっぱりアランを愛しているから 捨てられない。
そこで ジェソンがヒョヌだと証明することに。

ヒョヌの後をつけるジュスン、
整形外科で 鎮痛剤と抗生剤を処方されていることを知り、
銀行で ヒョヌ名義の通帳を持っていることを知る。
ジュスンはヒョヌに 「シン・ヒョヌさん」と声をかける。

ばれちゃうのかしらね…

ジュスンの実母は やはりヒョヌ母でしたね…
そのことを知ったアランは 自分がジュスンに利用されたことを知ることに。
愛されていると思っていたのに 愛されていなかった。利用されていた。
ジュスンが 「最初はそうでも 今は愛している」と訴えてもダメ。

ジェヒが最初に預けられた孤児院で ヒョヌ母がジェヒを引き取ったと書かれた書類が見つかる。
ソウル孤児院→アラン叔母夫婦→ヒョヌ母→ジェヒが育った孤児院と連絡し、ジェヒは叔母夫婦と会うことに。
それが… アランからのメールで ジェヒは約束の時間に間に合わず 再会はなし。
今回は会えなくても いつか会えるでしょう。


14

ヒョヌを呼びとめ 問いただすジュスン。
けれど ヒョヌ名義の通帳はアランが暗証番号を知るために渡したもので…
ジュスン、失敗。
そこで ヒョヌに監視をつけることに。
ヒョヌがサンモ姉に会っていることを知る。

アランもヒョヌの正体を疑い始める。
ヒョヌはまだばれるわけにはいかない。
アランを信じさせるために 高所恐怖症なのにバンジージャンプを跳び、
ジェヒとのカップルリングをはずす。

アランはヒョヌにプロポーズされて有頂天。
ジェヒはアランから ヒョヌとのカップルリングを返されて ショック。
復讐のためと分かってもいても辛いわね。

ヒョヌ母はギョンランを探す叔母夫婦から電話が来ないように 電話番号を変える。
ところが 叔母夫婦がアランに 「電話番号が変わって連絡が取れなくなった」と言って 元の電話番号を渡したから 大変。
アランはヒョヌ母がギョンランを連れ出したことを知る。
ヒョヌ母に 自分の正体を話せないから ヒョヌ母が援助していた孤児院に。
でも… 名前が変わっているから 分からないまま。

ヒョヌ母、
アランが別荘の火事の時、すぐに帰ると言っていたのに近くに2時間以上別荘の近くにいたこと、
アランとジュスンが不倫関係だったこと、
別荘でジェヒが意識を取り戻した時に アランが家族に連絡させないようにしたことなど
アランを脅す材料をもっているのに
ジュスンの実母と知られているから 強気に出られないのよね。
アランとジェヒの姉妹再会も ヒョヌ母が証言すれば すぐなんだけどね。
それも ヒョヌ父の手前 話せないし…


15

アランはヒョヌとの結婚話が進み有頂天。
SM家具との合併話も サンモに謝罪し、家具にサンモのサインをいれる条件で合意。
思い通りに事が運び 後は結婚式を挙げ アメリカに行くだけ。

ジュスンは そんなことになっているとは知らず
「会社を整理して アメリカに行こう」と アランをせかす。

ヒョヌは別荘の火事の2日前に撮った 立っている自分の写真を家族に送り、
交通事故のことを書いた陳情書を警察に送る。

家族は ヒョヌが生きているのではと 病院を探すが見つからない。
アランとジュスンも 必死にヒョヌを探す。
そして 警察がアランを訪ねてくる。

陳述書についていた指紋がヒョヌの指紋と一致。
死亡届も出ていないから 警察は 陳述書はヒョヌが書いたものだと考えているらしい。


16

銀行って 求められれば 防犯カメラのテープを部外者にも見せるの?
簡単に改ざんできちゃうの?
病院の受付は 患者の名前を言いそうになるし。
ヒョヌになり済ましてくれた人は誰?
それに…まだ自分がヒョヌだとばれてはいけないのに なんで家族に写真を送るのよ。復讐は冷静で緻密じゃないと。

アランとジェヒはまだ姉妹だとわからないまま。
ヒョヌ母は ジェヒがギョンランだということを隠そうとしたけれど
アランが死んだ工場長の娘だと知った今、アランとジェヒを会わせるみたいね。

ジュスンはヒョヌに それとなく異父兄弟だと話すけど ヒョヌには禅問答のようで何が何だか分からない。
父がアラン両親にしたこと、母の不貞。
それらを知った時 ヒョヌはどうなるのかしら?


アランはジュスンと一緒に ヒョヌを探す。
銀行の貸金庫の防犯カメラを見て ヒョヌ=ジェソンだと知る。

ヒョヌはアランに別れを告げられる。
ここまできて 結婚が破棄になってしまっては 計画は水の泡。
そこで ジェヒに頼んで アランに ジェヒとヒョヌが車に乗っているのを目撃させる。
もちろん 車に乗っているヒョヌは人形。
そして 銀行の防犯カメラのテープを差し替える。

アランはヒョヌを目撃し、ジェソンとヒョヌが同時に写っているカメラのテープを見て、勘違いしていたと思う。
ヒョヌと結婚することにし、ソウル家具店、ヒョンミンの家具店、家の名義を ジェソンに変更する。

ヒョヌ父は 名義変更に驚き、アランとヒョヌを罵倒。
ヒョヌ母はアランに 「家とヒョンミンの家具店を返してほしい」と頼む。
アランは 「ギョンランと会わせてくれれば 家は返してもいい」と返事。
ヒョヌ母は 会わせることにし、孤児院の園長に連絡する。

そして ヒョヌから家に電話がかかってくる。


17

「妻の誘惑」のハヌル、ガンジェ夫婦、証言者として登場~


幸せの絶頂のはずが…
アランにとって 地獄に。
すべての悪事が暴露され、
それでもジェソンにすがろうとするアラン。
突き放すジェソン。

これでヒョヌの復讐は終了。
けれど アランがなぜ復讐したのかは 謎のまま。
このまま アランが引き下がるはずがなく…
復讐に復讐で返して 何が残るのか…
アランとジェヒは実の姉妹だと知らないまま 憎み合ったまま…


ヒョヌは 別荘の名義がジュスンになっていることを知り、
ジュスンの医師免許取り消しの陳述書を書き、父に送る。
ジュスンから電話がかかってきたことも考えれば ヒョヌが生きているのは間違いない。
ヒョヌ父は医師会に陳述書を提出。
ジュスンの病院に調査が入る。

アランは ヒョヌを両親の遺灰をまいた場所に連れて行く。
アランは 両親を死に追いやった人の名前を言おうとするが そこに電話が来て 言わないまま。

ジュスンはジェヒに会いに ジェヒ家に。
そこで アランの荷物の中にあった靴と同じ赤い靴を見つける。
“もしかして アランとジェヒは実の姉妹なのか?敵対している2人が事実を知ればショックを受けるに違いない。会わせないようにしなければ…”
ジュスンは 姉との対面に行こうとするジェヒを引き留める。
しかし ジェヒは無視。
ジュスンは 「お姉さんに電話をするから」とアランにかける。
そして アランとジェソンの結婚式を知ってしまう。

結婚式。
そこには ヒョヌから連絡をうけた ヒョヌ家族も来ている。
“新郎と新婦の動画”が流れ、
ヒョヌ、ジュスン、ジェソン、3人に「愛している」と囁くアランが映し出される。
驚き、ヒョヌを探すアラン。
別荘の警備員、偽医者、燃える別荘からアランが出てくるのを目撃した女、アランが坂の上で車いすから手を離して殺そうとしたと証言する男が現れ…
アランの悪事はすべて暴露される。

駆けつけたジュスンはアランを連れ出そうとする。
しかし サンモ姉が立ちはだかる。
アランがサンモに投げつけた「私の前から消えて。うんざりよ。私が愛したのはあなたじゃなくデザインよ」という言葉が流れる。

事故車のブラックボックスが復元され その映像も流れる。
言い合うヒョヌとアラン。ハンドルを握っているのは確かにアラン。

ヒョヌ父はアランを罵倒。
ジェヒも アランとジュスンの別荘での悪事を証言する。

アランはジェソンにすがる。
「私を信じて」
しかし ジェソンは 「私はシン・ヒョヌだ」と言い放つ。
整形手術を終え 包帯をとるヒョヌの姿が映し出される。


18

アラン、ジェソンがヒョヌだと知っても ジェソンを忘れられないらしい。
愛は憎しみに変わり、矛先はヒョヌが愛するジェヒに。
アランはジェヒを拉致する。

連絡が取れなくなったジェヒを探すヒョヌ。
ジェヒが 姉のことでジュスンと会うことになっていたことを思い出し、約束の場所に。
そこには アランとジュスンが待っていた。
そして アランとヒョヌは ジュスンから ジェヒがアランの実の妹だと聞かされる。

ヒョヌはアランの妹だと知っても ジェヒと結婚するつもり。
アランがジェヒを監禁していると思い、アランの後をつける。

アランはジェヒを監禁している場所へ。
ジェヒは踏み台を使って 窓から外に出ようとしていた。
アランは思わず 「危ない、ギョンラン」と叫ぶ。
それを聞いて驚くジェヒ。
アランが持ってきた赤い靴を見て ショックを受け 足を踏み外す。

アラン…
実の妹だけど 恋敵。どちらの気持ちが強いのかしら?
実妹ジェヒが愛するヒョヌがどうなろうと ヒョヌ父への復讐はやめないわよね。


アランから 父がアラン両親にしたことを聞いたジェヒは 父を問いただす。
ヒョヌ父は否定。弔慰金を払ったと話す。
悪事を自分から話す人はいないから ヒョヌ父は嘘をついているんだろうけど
どうも ヒョヌ母の様子もおかしいのよね…
事故の話ぐらいは聞いているだろうに 事故のことも全く知らない態度。
でも ヒョヌ母が殺すとは思えないし…


19

アランとジュスンのせいで ヒョヌ家族はぐちゃぐちゃだわね。
ヒョヌ両親が招いたことだけど。

ジェヒは アランが実の姉だとわかっても 受け入れられない。
「ヒョヌ父が両親を殺した」と話しても 信じられない。

ヒョヌはジェヒがアランの妹でも別れるつもりはない。
ヒョヌ母は結婚に反対するけれど
何も知らないヒョヌ父は 結婚に賛成。
婚約式が行われることに。

ジュスンとアランは 婚約式に 事故当時働いていたチョン理事を連れてくる。
「片方のボルトが緩んでいて 急に傾き 工場長が下敷きになった。誰かが故意に細工をしたと思われたが、社長は警察には知らせずに処理しろと言った。当時 社長と工場長は仲が悪かった」と話す。
ジェヒはショックを受けてしまう。

ジュスン父とヒョヌ母と幼いジュスンが写った写真が ヒョヌ家に届けられる。
ヒョヌたち兄妹は ジュスンが兄弟だと知ることに。

夫の暴力に耐えかねて ヒョヌ母はヒョヌを連れて家を出、
ジュスン父に世話になったのね。
その後 ヒョヌには父親が必要と思い、戻ったらしい。

ヒョヌ母はヒョヌ父に離婚を切り出す。
そして 道路に飛び出し、車に轢かれそうになったヒョヌ母を庇い、ヒョヌ父が轢かれてしまう。


ジュスンは 本物のアン・ジェソンを連れて来て ヒョヌを詐欺罪で訴えようと考えている。
確かに… そうなんだけど…
ジェソンは ジェヒと同じ孤児院出身。
それなら 事前に ヒョヌと話がついている可能性もあると思うけどなぁ。


20

ヒョヌ母だったんだ…
ジュスン父との関係を知られてしまったから 殺したのね。
ジュスン父もその事実を知っていた。
その罪悪感から 亡くなる前に ジュスンに 「アランを頼む」と言ったらしい。

そして ヒョヌ父は ジュスンの母がヒョヌ母だと知っていたのね。
それでも なぜか可愛くて 息子だと思って面倒を見てきた。
妻の子供なら 自分の子供と同じ。ジュスン名義の土地も購入していた。


ヒョヌ父は一命を取り留めたものの 下半身不随に。

ジェヒはアランに復讐をやめるように話すが、
アランはやめない。復讐が自分の人生だったから。
ジェヒにも アランの気持ちは理解できた。姉が自分を大事にしてくれていたこともわかる。
ジェヒはヒョヌに別れを告げ、アランに赤い靴を送り、去る。

ヒョヌとジュスン、兄弟で争うのを見ていられなくて
ヒョヌ母はジュスンに謝罪し、ソウル家具を潰さないでほしいと頼む。
聞き入れてくれないジュスンに 「細工をしたのは自分だ」と告白する。
ヒョヌにも 告白する。
「ジュスンが子供だと夫に知られないために、ジュスンを守るために 細工した」

ヒョヌはショックを受けてしまう。
“アランを復讐に走らせたのは母。アラン家族を不幸にしたのは母。その罪をどう償えばいいのか。母の罪のために 自分は愛した人に捨てられ 整形手術までして復讐をした。母の罪がなぜ自分に”

ジェヒは ソウル家具が不渡りを出した記事を読み、心配して園長に電話。
本物のアン・ジェソンが帰国することを聞く。
ジェヒは ヒョヌと一緒に ジェソンに会いに行く。

ジェソン(「妻の誘惑」のゴヌ)は
「自分はロビンスの代表です。韓国法人を設立し、ヒョヌさんに代表になってもらいました」と証言。
書類も提出したし、この件ではヒョヌの勝ちみたいね。


21

アラン両親を殺したのはヒョヌ母だという事実は ヒョヌ父もアランもジェヒも知ることになり…

アランはヒョヌ母を拉致し、殺そうとする。
ジュスンから連絡を受けたヒョヌとジェヒが駆けつけ ジェヒが説得する。

ヒョヌ両親は アランを許すことに。
しかし 何も知らないヒョンジが 事件の証拠が入ったUSBを警察に提出してしまう。
こうなると 警察は調べなければならない。
アラン両親が嘆願書を書いても アランが罪に問われるのは変わらない。刑が軽くなる可能性があるだけ。
それでもジュスンとヒョヌは 交通事故の被害者に嘆願書を頼んだり 駆け回る。

ヒョンミンとヨンジェの結婚式の後、
ヒョヌ母はひとり外出し、ブレーキの故障で事故を起こし 亡くなる。
ブレーキは細工されていた。

ヨンジェが アランを見かけたと話したため
アランの仕業では?と ジュスンは 孤児院に身を隠しているアランに会いに行く。
ところが ジュスンをつけて警察も一緒に来てしまい、
追い詰められたアランは崖下に。

ブレーキを細工したのは ヒョヌ母、本人だった。
アランは 妹がユン・ジェヒとして生きられるように チュ・ギョンランの死亡届を提出するために外出していた。


 123456789101112131415161718192021
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング