FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




個人の趣向 あらすじ&感想



(1)-(8)   (2010/06/16)
面白いし、楽しいし、可笑しいです。
1時間ちょっとがあっという間。
あらすじを書かなくていいんだったら 徹夜して一気に見たい。
ここだけの話し…最近あらすじ書くのが面倒で…
感想だけ書いちゃおうかなぁと思ってしまう。
でも 私の感想って 面白い とか 楽しい とか つまらない とかしか書けないから あらすじぐらい書かないとね…


ケインはドジで可愛くて素直。
幼い時に母を失くし、偉大な父には愛された記憶がない。
ジノは 父が部下に裏切られて亡くなった記憶が重い。裏切った男に復讐し、取られたものを取り返すまでは 他に何も考えられない。

こんな2人が同居。
男と女が同居すれば “恋愛に” がよくあるパターン。
ケインとジノ、お互いに好意を持っている様子。
だけど ケインは ジノはゲイだと勘違いしているから 友達としていい関係を築きたいと思っている様子。
ジノがゲイではないと知り 恋人同士になるのが待ち遠しいわ。

この2人に絡んでくるのが ケインの元彼チャンリョルとケインの友人でケインからチャンリョルを奪ったイニ。
絡むというより 鬱陶しい 程度かな?


(9)-(16)   (2010/06/20)
よかったです。
面白かったし、可笑しくて大笑いするところもあるし、ほろっとするところも。

ソン・イェジンさんとイ・ミノさん、
配役を聞いた時には しっくりこなくてお似合いに思えなかったのですが
全然。そんなことなかったです。

終わってみれば 話の流れは 予想できる展開。
ジノ父の復讐の話もあるかと思ったけれど それはなく、
ケイン母の死、ケインと父との和解、イニの意地悪、全体的に あっさりと解決した感じで 物足りなさも。
楽しく見れたのは ケインとジノのカップルを好きになれたからかも。

それと チェ館長が重要な役回りだったのに驚きました。
怖い顔なのに ジノを見て恥ずかしがる顔は それはもう気持ち悪くなるくらい少年のようで…
ちっとも面白くない笑い話をする表情も最高。
チェ館長なしでは つまらないドラマだったかも。





全16話 2010年 MBC

出演者 : パク・ケイン(家具デザイナー)・・・ソン・イェジン
       チョン・ジノ(建築事務所M所長)・・・イ・ミノ

       ハン・チャンリョル(未来建設 後継者)・・・キム・ジソク
       キム・イニ(ケイン友人、キュレーター)・・・ワン・ジヘ
       イ・ヨンソン(ケイン友人)・・・チョ・ウンジ

       イ・ウォノ(ケイン友人)・・・ポン・テギュ
       ノ・サンジュン(ジノ先輩、建設事務所M)・・・チョン・ソンファ
       ジノ母・・・パク・ヘミ
       チャンリョル父・・・アン・ソクファン
       テフン(ジノ後輩、建設事務所M)・・・イム・スロン

       パク・チャルハン(ケイン父)・・・カン・シニル
       チェ館長・・・リュ・スンニョン

演出  : ソン・ヒョンソク、ノ・ジョンチャン
脚本  : イ・セイン

 12345678910111213141516


1

友人の結婚式に行ったら 相手は彼だった。
なんて… 最悪。
友人も彼も最低。こんな友人と彼を信頼していたなんて…情けない。


ケインは家具デザイナー。
家具の展示即売会に行こうとタクシーを止めてドアを開けようとしたら 男もドアに手を伸ばしている。
揉めている間に 別の人にタクシーを取られ 結局2人はバスに。
バスの中でいろいろあって…ケインは男が持っていた模型を壊してしまう。

展示即売会で男と再会。
男は2階で行われていたドリームアートセンターのプレゼンに参加していた。

男は建築設計事務所Mの所長ジノ。
プレゼンの相手は未来建設のおバカ後継者チャンリョル。
審査員にはジノの案が好評だったが、結果は未来建設の勝ち。
結果はプレゼンする前から決まっていた。

チャンリョルはケインの恋人。
と思っているのは 実はケインだけ。
チャンリョルはケインの友人イニと明日結婚する予定だった。
チャンリョルはイニから ケインに話すように言われていたが、なかなか言い出せない。
その言いだせない様子で ケインはプロポーズだと勘違いして 舞い上がってしまう。

時間と場を改めて チャンリョルはケインに告白。
「別れてくれ」
ショックを受けたケインは友人ウォノと飲みに行き 酔いつぶれてしまう。
ウォノはケインをホテルに。
ウォノ、ケインをずっと好きだったから ケインを襲うのよ。
正気になったケインはウォノを追いだす。

で、ホテルの廊下で見たものはジノとジノを追いかけてでてきた男。
ジノの足にすがって「ヒョン、俺の罪は愛しただけだ~」と言っていたら ゲイと間違われても仕方がないかも。

チャンリョル、別れはしたものの…
明日結婚すること、相手がイニだということは話していない。
ケインは何も知らず 結婚式に行き、イニとチャンリョルが結婚すると知ってしまう。

その結婚式にはジノも参加していた。
ジノはタン美術館新築プロジェクトに参加しようと チェ館長に会うために来ていた。
イニがタン美術館のキュレーターだから チェ館長も参加するだろうと考えていた。

2

簡単に 誰も見たことのない“サンゴジェ”の内部にはいれる。
しかも 住める!
大喜びのジノ。
まさか 自分がゲイだと思われているとは思わないわよね。


ショックを受けたケインは 周りのことなんか気にかけてなんかいられない。
入場するチャンリョルとイニの後をついて入場してしまう。
出席者の前で チャンリョルとイニはケインに謝るが…
イニが開き直り…
それを見たケイン友人ヨンソンが怒りだし…
ケインとヨンソンは隔離される。

ところが~
そこは放送設備が整っていて…
ヨンソン息子がスイッチを入れてしまい…
そうとは知らず ケインとヨンソンは話し始め…
結婚式場は大騒ぎ。他の結婚式にまで迷惑をかけることに。

帰宅すると 警告状が届いていた。
ケインは父の家サンゴジェを担保に借金していた。
期日までに返せなかったら サンゴジェが競売にかけられてしまう。
ウォノがケインに黙って 返す予定の1千万を使いこんじゃったのかな?
しかも 父が予定より3か月も早く帰ってくることになり… どうしたらいいの~

タン美術館の親会社MSグループ会長が パク・チャルハン教授が建てた“サンゴジェ”にご執心と聞き、
ジノ先輩サンジュンはサンゴジェに。
そこにはなんとケインが住んでいた~
ということは…パク教授の一人娘がケイン?
今度は ジノがサンゴジェに。

ヨンソンはケインに イニが借りていた部屋を誰かに貸したらどうかと提案。
部屋を貸すと聞いたジノは ケインに頼むが、
「父親との約束で他人は入れられない」と断られてしまう。
そこで ヨンソンがケインを説得。
「女ならイニみたいに男を取られる可能性がある。男なら襲われるかもしれない。ゲイなら都合がいい」
借金を返さなければいけない。ケインは渋々承知する。

夜 イニが戻ってくる。
「あんた よく顔出せるわね」
「あんたのせいで結婚式はぶち壊し。行くところもなく 会社でもいじめられるのよ」
外が騒がしくて ジノが顔を出す。
すると イニが 「むやみに男を連れ込むのね」と。
「あの男も奪うの?」とケイン。
「私なら10分で落とせるわ」
「絶対無理よ。あの男はゲイよ」

3

今回も 大声で「この人はゲイよ」と叫んじゃって…
ケインに大笑いしたものの… 叫びたいのをぐっとこらえるジノが気の毒だったわ。
でも 今回の場合は “妻のツバメ”と疑われたわけだから ゲイでよかったかも。
あっ、でも 同じ店にチェ館長がいたから… やっぱり まずかったわね。

ケインに振り回されっぱなしのジノ。
でも 同居するうちに 情が湧いてきて、ケインの優しさや可愛さに触れて 好きになるのよね…きっと。


イニとケインの喧嘩。
「あの男はゲイよ」と言われて ジノはサンゴジェを出る。
翌日 戻って来たジノは 「口座に保証金振り込んで」と。

慌てたケイン、ミニチュア家具をプレゼントし、「二度とゲイと言わない」と約束する。
けれど ジノは戻る気配なし。

ところが ジノの方にも サンゴジェに戻らなければいけない理由が出てくる。
会社のために 美術館新築プロジェクトを絶対に手掛けたい。そのためにはサンゴジェを研究しなければならない。
ジノはサンゴジェに戻ることに。
「保証金を振り込んでくれるまでは居座る」と言いわけして。

ジノとケイン、
男と女の同居はいろいろ事件が起こるもの。
ジノがシャワーしているところをケインが開けてしまったり、逆も。
大騒ぎするところなんだけど ケインはジノがゲイだと思っているから 全く気にならない。
ケイン、バスタオルを巻いた姿で ジノと一緒にコンタクトを探しちゃって、
ジノの気持ちを思うと… 酷だわ これは。

そうそう ケインの挫いた足をマッサージするジノも可哀想だった。
「あ~ 気持ちいい~ ジノさん、そこ~」
そんな甘ったるい声…ケインのことを何とも思っていなくても 辛いわ。

4

ジノ、優しい人なのよね。
ケインが困っていると “まったく なんていう女だ”と思いながらも 手助けしてくれる。

そうそう ケイン、ジノに覚書を書くように言われちゃいました。
“二度と チョン・ジノの個人の趣向のことを口にしません。口外した時には チョン・ジノの言うとおりにします”
二度も話しちゃったからね。覚書を書かされても仕方ないわよね。

イニはチャンリョルからジノに乗り換えたらしい。
変わり身早っ!
美術館新築プロジェクトの担当だから それを理由にジノに近づく。
ジノは…情報をもらえるのはラッキー~だから 近づいてきて有り難いのかな?

チャンリョルは ケインが就活しているのを目撃。
それも断られているのを見ちゃうのよね。そのあと雨の中を走るのも見て…
可哀想に思った様子。
だからって 家まで会いに行くのは…どうよ?
捨てといて 「今家の前にいる。出てくるまで待つ」と電話するなんて おかしいんじゃないの?
ケイン、行かないと言っていたのに 結局出て行って…おかしいわよ。

チャンリョルに 「イニは全部くれた。君は少女のようで この女と結婚していいのか信じさせてくれなかった」と話す。
まぁ 人それぞれ 求めるものは違うから ケインとチャンリョルは合わなかった ってことだけど 失恋した理由を聞かされるのって辛そう。

ケインはジノに辛い気持ちを吐き出す。
「悔しかったら 失ったことを後悔させて 振り向かせればいい」と言うジノ。
ケインは「私を女にしてくれない?」と言いだす。

5

ケインとジノ、お互いに行為を持ち始めたような?
恋愛に発展するのは ずっとずっと先だろうけど
なにせ ケイン、ジノをゲイだと思い込んでいるんだもの。
でも そう思っているから 変に意識しないで 気持ちを素直に出せたんだろうけどね。

冷たそうに見えるジノだけど 時々優しい言葉をかける。
母のことは覚えていない と言うケインに
「きっと幼くて母親の死に耐えられなくて 母親の記憶をなくそうとしたんだと思う。それが自分を守る方法だったんだよ」とジノ。

“ケインを女にするぞ!”作戦を始めたケインとジノだけど…
作戦の内容はおいといて
確かに ふった男に 「逃げた魚は大きかったのよ」と思わせたいのは当然だけど…
好みは人それぞれだから ケインを改造するより ケインを好きだという人を探した方がいいような気もするけどなぁ…
イニよりケインの方が ずっとずっと素直で可愛いのに
男はイニみたいな子がすきなのよね。はぁ…

ケインはジノを“先生”“教官”と呼び、女になるべく努力中。
待たせてはいけないと慌てて出て行くより 10分くらい待たせた方がいいと 我慢の練習をしたりね。

チャンリョルを忘れられないケイン。
本人を殴れば すっきりするかもしれないけれど ケインはする気はない。
どうやったら忘れられるのかもわからない。
そこで ジノは 建築関係の人たちが集まるパーティに 一緒に行こうと誘う。
「チャンリョルも来るはずだから “幸せにしている。あなたがふった女はこんな素敵な女だったんだ”と見せよう」と。

ということで ドレスを選び 髪をセットして パーティに。
いつものケインとは違うケインに 誰もが驚く。もちろんチャンリョルも。ついでにイニもサンジュンも。
うまく 事は進んでいた。
ケイン父に公募の審査を頼んだ件で知り合ったチェ館長は ケインに 美術館の子供室の家具を依頼してくれて 大収穫。

ところが…
テフンから話を聞いて ジノの幼なじみのヘミが来てしまったから 大変。
ヘミはジノのパートナーのつもり。
その様子を見て ケインは ヘミは事実を知るべきだと言い出す。
…ん?事実?もしかして またここで 「ジノはゲイよ」と叫んじゃうの?
と 思ったら ヘミがケインの顔に水をかけてしまい…
う…ん、よかったのか悪かったのか…

6

そのキスの後は どうなるの~
一気に恋愛関係に? …とはならないわよね。
ジノは “なんてことをしたんだ~”と落ち込みそうだし
ケインも“ゲイとキスしてしまった~”と落ち込んだり騒いだりしそうだもの。


生理痛に苦しむケイン。
買い置きの薬は切れていて 薬局はもう閉まっている。
ジノは心配で ネットで調べて 体を温めるために生姜茶を作ってくれる。
それでも 痛みはおさまらず、ジノは実家に鎮痛剤を取りに行く。
ケインはわざわざ 実家に行ってくれたジノに感動。ジノに抱きつく。
「ありがとう。愛してる~チング~ もうひとつ頼みを聞いてくれない?」
で、ジノはケインのお腹をさするはめに。
でも これも 2人の気持ちが近づく時間になったようで…
ケインはとっても安心して眠れた様子。

「父は論文で サンゴジェは僕の妻と子供に夢を見させる小さな世界だと書いていました」
ケインに聞き、ジノは論文を探し、
チェ会長、チェ館長が求める美術館を模索する。

ところが未来建設のハン会長がMSグループのチェ会長に提案し、
入札する会社に参加資格が設けられてしまう。
一任されていたチェ館長はチェ会長に抗議するが、参加資格が撤廃されるのは難しい。

参加資格、
なんかやたらと条件があって 大企業しか参加できない条件になっていて ジノの会社は条件に当てはまらない。
ショックを受けたジノは酒を飲み ベロベロに酔って帰宅する。

「僕はいつまでも子供だ。父が亡くなっても何もできなかった子供のままだ」
愚痴るジノ。
ケインは慰める。
ジノの涙を拭いていると…
ジノの顔が近づいて…
ケインも拒否せず 受け入れて…
キスしちゃったんですけど…どうするの?

7

まさか チェ館長がゲイで ジノを好きだとは…
そんな展開 全く予想しなかったわ。
ドリームアートセンターのプレゼンの時に初めて見て その時から好きだったなんて…

ジノ、ケインに ゲイじゃないと話そうとしたのに 邪魔が入って話せない。
話す機会がないまま 成り行きで ゲイだと認めることに。
それがね…ケインが勘違いしているだけならまだしも チェ館長もチャンリョルも信じちゃって…
“ジノはゲイ”嘘が本当のこととして広まってしまいそう。

で、問題のキスは ジノは覚えていないふりをすることにしたみたいね。


ジノはサンゴジェを出て行くことにする。
美術館の件がなくなったから これ以上サンゴジェにいる意味はないものね。
ジノから何も聞いていないケインは ジノがいなくなることなんて想像していない。
ジノがいなくなったら ショックでおかしくなっちゃうかも。
そう思ってしまうほど ケインはジノに頼っている。

ケインはチャンリョルに頼みこまれて イニのふりをしてチャンリョルの母に会う。
その時に 美術館の入札に参加資格が設けられ ジノが門前払いされたことを知ってしまう。
ケインは ジノを慰め やる気を起こさせようとする。
チェ館長が クビを覚悟で 参加資格撤廃を頼むつもりだと知り、
「諦めないで」と励ます。

ジノはチェ館長を訪ねて 借りていたハンカチを返し、「ケインから クビを覚悟で尽力していると聞きました」と切り出す。
すると「チョン所長と会うと楽しいです。初めて見た時から惹かれました。偶然 チョン所長の本当の姿を知って 特別な縁だと思いました。二度と告白するつもりはなかったのですが、同じ痛みを持っているから心を痛みを分かってくれると勇気をだしました」と。
なんと 愛の告白。

ジノ、なんとか言い繕って 帰ろうとすると
チェ館長がゲイだと知ったチャンリョルが来てしまい…
それがね…「ゲイのふりをしてチェ館長の取り入ろうとしたのか?それとも本当にゲイなのか?」と嘲笑うような 責めるような口調で言うのよ。
まったく そういうデリケートな話は場所を考えなさいよ!

ジノ…返事しようとして チェ館長が目に入り…
仕事のため ここで ゲイじゃないとは言えないわよね。
「ゲイだ」と返事。
ここぞとばかりジノやゲイを嘲笑うチャンリョル。
「本物の男じゃなかったのか!」

ところが…なんと…それを ケインが聞いていた。
ケインはチャンリョルを非難。
「あなたが何でこの人を嘲笑うの?あなたはそんなに偉いの?男が女を愛したら男で、男を愛したら男じゃないの?」

ジノが行ってしまった後、
ケインが変わってしまったことに驚いたチャンリョルは ケインと話をしようとする。
「あいつとどういう関係なんだ!ゲイと結婚するつもりなのか!」
怒ったケインはチャンリョルの頬を叩く。

チャンリョルから別れ話をされた時でも 叩かなかったケインだけど
ジノが馬鹿にされたのは耐えられなかったみたいね。

8

後半の「これから彼女と始めるんだ」と言って ケインの手を引っ張ったのは ジノの妄想?
引っ張ろうとしたまでは現実。だけど実はケインの手を掴めていなかったってこと?
その前から妄想?
わからなかったけれど ジノもケインを好きになったのは確かみたいね。


チャンリョル、ケインに「やり直そう」と言いだす。
はっ、笑わせるんじゃないわよ!
ケインが変わって好みの女性になったから?有名な建築家の娘だとわかったから?
まったく チャンリョル父まで出てきちゃってさ。
「パク・パク・チャルハン教授の娘さんだと知っていたら こんなことにはならなかったのに」って。何よそれ!ケインを馬鹿にして!

ケイン、復讐を決意。
ジノは やめるように言うんだけどね。
「復讐ができる人じゃないから」って。
「母にも復讐したい人がいるけど 絶対に復讐できない。その人を前にしたら泣いてしまうから。ケインさんは母に似ている」
けれどケインは復讐を決意。心を強くして 目には目歯には歯。

イイ女になるために ジノとケインはデートに。
その時 再会したジノの元彼女ユン・ウンス。
…登場させた意味は何?

「男はユーモアがある女性に魅力を感じます」とジノ。
ケインが笑い話を話すが、イマイチ。
そこでケインは「師匠がお手本を見せてください。教えてくれないと分かりません。思い出したら電話下さい」と。

ジノ、サンジュンやテフンに聞いて ケインに電話。
つまらなかったり、そこそこ面白かったり。
笑い話を思いつき 電話をすると 突然 ケインの悲鳴が聞こえ 電話が切れてしまう。
ケインは木材会社に来ていて 倒れてきた木材の下敷きになってしまう。

ジノは 病院に急ぐ。
しかし 先にチャンリョルが来ていた。
チャンリョル、ケインに付きまとっているから 木材会社にいると聞いて 向かってたのよね。

ケインを心配するジノ。
チャンリョルは 「女を愛せないくせに 俺たちの間に割り込むのか?」
「女を愛すればいいんだろう。今から彼女と始めるんだ。邪魔するな」
ジノはケインの手を引っ張って歩く。
歩いていたはずだった…
なのに ジノはケインの手を握っていなかった。
ジノは受付でケインの怪我の様子を聞き、軽いけがと聞いて 帰る。

9

だからさぁ もう 「好きだ~愛してる~」って言っちゃえばいいじゃない。
「私生まれ変わったら男になります。ジノさんは同じ人に生まれ変わって。そして私たち一度だけ会いましょう」
「僕はありのままのケインが好きです」
これって 告白とは違うの?
いつ言うか、今言うか、まだ言わない、イライラする~

それと…
イニみたいな女 大嫌い。
そりゃね、好きな人の気を引こうと 甘えてみたり 可愛い女になったりするのは分かるわよ。
でもね、「泥棒に入られた」と泣きながら電話して 家に来させて そのまま泊まらせて あわよくば関係をもとうとするのは…
そこまでする女は好きになれないわ。

わざと薬を飲んで 情緒不安定なふりして もう一泊させようとしてさっ。
自分からキスしてさっ
ジノ、そんな女 ふってしまえ~

それに…
チャンリョルから花をプレゼントされたケインに
「おめでとう。夢見ていたことでしょう。私が身を引いたからよね」って…何なのよ~何様なのよ~


楽しいデートをして ケインとジノは帰宅。
すると 家の前に チャンリョルとイニが待っていた。

チャンリョルはジノの身辺調査を頼んでいて ゲイではないと報告を受けて ケインに会いに来ていた。
イニから ケインとジノが同居しているとも聞かされ ショックで 爆発寸前。
そこに 2人一緒に帰って来たから 爆発。
チャンリョルはジノを責め、
ジノは 「お前にそんな資格があるのか」と言い…
チャンリョルがジノを殴り、ジノがチャンリョルを殴る。
それがね…ケインが倒れたチャンリョルを心配するのよ。
それって…ジノよりチャンリョルが好きってことなの?
呆然とするジノが…可哀想だよ~

10

やった~ 手をひっぱたよ~ キスしたよ~
この瞬間を待っていたから 涙が出てきたよ~
…まさか… 「約束通りにしただけ」とか言わないわよね?適当に誤魔化して友達に戻らないわよね?喜んだけど 心配だわ。


ケインがチャンリョルを庇って、
イニがジノを庇って、
ケインとジノは嫉妬し、ついには口喧嘩に。
「僕がゲームオーバーと言ったら チャンリョルを捨てられますか?」
「私の一番の友達でいてくれると約束してくれますか?イニはほしいものは絶対に手に入れます。イニと友達にならないと約束できますか?」
告白しているようなものなんだけどなぁ…

ケインもジノも 喧嘩していても “どうやって仲直りしようか”と考えるのよね。
ジノは 料理を作ってあげようと早く帰宅。
雨が降って来たから バス停に ケインを迎えに行く。
ケインは 迎えに来てもらって 大はしゃぎ。
そして ケインからはリンゴの置物をプレゼントして 謝罪。

仲直りした2人は デート。
どうやって復讐をやめるのかと聞かれたケインは、
プロポーズされた時に指輪を踏みつぶす、
結婚式場に現れない、
チャンリョルの前でジノが私を連れて逃げる、
と 考える。
ジノは 「連れて逃げる」と約束。
ケインは嬉しくて 「こうやって手を握って逃げるのよ」とジノの手を握る。

手をつないで ランラン気分で帰宅したら…
家のまえに ジノ母とヘミとテフンがいた!

ヘミ、ジノがサンゴジェに女と同居していると知って、心配で ジノ母を連れてサンゴジェに来ちゃったのよね。

ヘミが「私は婚約者よ」と言いだし、ケインは驚く。
ジノを連れ出し、
「婚約者が可哀想です。ゲイだと言うべきです。お母さんは分かってくれます」と話す。
それを聞いてしまったジノ母は卒倒。
仕方なく ジノはケインを引きよせ 「彼女を愛しています。結婚します」と告白する。
ジノ母は 一応 納得したみたいね。

この展開に ケインはどうしたらいいのか悩んでしまう。
“どう後始末するつもりなのかしら?お母さんに本当の事を言えないのなら 結婚してあげようかしら?女として愛されなくても ジノさんと一緒なら一生暮らせる。友達だと言ってくれたジノさんのためなら何でもできる」
ケインは ジノがゲイだとか、女としての幸せは望めないかもしれないとか そんなことより
ただ ジノのそばにいたいみたいね…

ジノはケインの気持ちが重すぎたのかなぁ…ゲイではないと言えない状況が辛いのかなぁ…
「友達をやめよう。これ以上耐えられない」と口走ってしまう。

チャンリョルは ケインが自分よりジノを大事に思っていると知り、ショックを受けてしまう。
ジノに「ケインが お前が実はゲイではなく下心があるからサンゴジェに入りこんだと知って 傷つくのを見たくない。今すぐ出て行け」と話す。
そしてイニと協力して ダブルデートを計画。ミュージカルを見に。

イニがジノにべたべたするのが我慢できず ケインは席を立つ。
追いかけてきたチャンリョルに 「あなたに復讐するつもりだった。でも もうやめるわ。私の心は別の人に向かっているの」と話す。
それを見ていたジノは ケインの手を握り 「ゲームオーバー」と言ってキスする。

11

イニが邪魔しても ケインとジノが別れることはないと思うんだけどね…
イニ 必死。
ジノが好きと言うより ケインに負けたのが嫌なんだろうけど そんなくだらないことに必死になるより 他を当たればいいのに。
人の物を欲しがる性格 って…治ることないんだろうなぁ…


ケインを抱きしめキスをしたジノ、
「どういうことだ。友達のまま去ると言っていたじゃないか」とチャンリョルに言われ
「これから男として彼女と始める」と。
ケインに向き直って「僕はゲイではないです」と話す。
ってことで 2人はラブラブに。
ケインは 今までの “ジノが男に見えてしまう”とか “女の幸せを捨ててジノのために結婚しよう”とか 苦しんだことを思うと 怒っているふりをしようかなぁ…とも思うけど 本当に怒っているわけじゃない。
ジノは 幸せで仕方がない~ って感じ。嬉しくてついつい顔がゆるんでしまう。

チャンリョルは ケインの表情から 本当にジノを好きだと知り、ケインを諦めようと思う。
けれどイニは諦められない。

そこで イニがどうしたかと言うと…
ヘミに 「ケインはチャンリョルの元彼女で ケインは私たちの結婚式ダメにしたんです。そのせいで 私たちは別れることなり、その後すぐにチャンリョルとまた付き合い始めたんです」と話す。
まったく ここまで自分にいいように話をすり替えられるなんて 凄いわ。

ジノ母、ヘミに聞いて確かめにサンゴジェに。
そこで見たものは ケインを“うちの嫁”と呼び、プレゼントを渡そうとしているチャンリョル父。
ケインは説明しようとするけれど 聞いてもらえない。
ジノ母にとっては 見たことがすべてよね。
「チャンリョルと付き合っていた女を嫁に迎えたくない」と言いだしてしまう。
ジノは「ケインがいないとダメだ」と説得するけれど…
落ち着くまでに時間がかかるかも。

そのせいでケインとジノの仲もぎくしゃく。
仲直りするために チェ館長に勧められていた済州島の公園の見学に行くことに。
同じ時 済州島で行われるセミナーにジノが参加することになっていた。
ヨンソンとサンジュンのおかげで ケインとジノはドライブに。

ジノはチェ館長に 「ケインさんを愛しています」と話す。
その頃 ケインはチャンリョルに会い、「お父さんを来させないで」と頼む。
チャンリョルは「分かった」と別れるが、
走ってくる車からケインを庇って 頭を打ってしまう。

12

多少の喧嘩はあっても 信じあっているケインとジノ、
問題が起こるとすれば ジノがサンゴジェに間借りした理由が明らかになった時。
と思っていたけど その前に ケインに問題が。
母親の顔も どうして亡くなったかも ほとんど記憶がないのは ケインにとって 衝撃なことが起こったからなのかも。

今回は…
帰りたくないジノと帰したくないケインの攻防が おかしくてもどかしかったわ。
妄想は膨らむのに何もできず悶々と過ごす。
その気持ち、よーくわかるけど、見ている方としては 関係が進んでほしいよ~


ケインを諦めたはずのチャンリョル、
けれど イニから あることを聞かされ、ケインを取り戻す決意を。

チェ会長は美術館の設計は ケイン父に頼みたかった。
けれど断られ 公募することに。
それでも チェ会長のコンセプトは変わっていないはず。サンゴジェのような美術館を作りたいはず。このことはチェ館長も知らないこと。
そのサンゴジェに ジノがゲイだと偽ってまで入りこんだのは 公募のために違いない。
そしてケインと付き合うのも そのために違いない。

そうイニから聞かされ ケインが利用されているのは許せないと思い始める。
中国左遷を断り 今まで通り美術館のプロジェクトを進めることに。
ケインの家具を取り扱うように業者に根回し、
ジノの事務所が入っているマンションを買って 事務所を追い出すことに。

ほんと、イニは自分の都合のいいように解釈する天才。
「ケインが理由もなく愛される女じゃない」って…
自分は誰からも愛される女だと思っているその心を持った女なんて 大嫌い~

ジノは知り合いの現場監督がサンゴジェの建築に携わったことを知る。
サンゴジェに変わった事はなかったかと聞くと、
「韓屋には珍しく地下室があった」と。

ジノは ケイン母の作業室用に作られた地下室を発見。
地下室の天井はガラスがはめられ 上で遊ぶケインの様子が見られるようになっていた。

下から上が見られるということは 上から下から見られるということで…
地下室に入ったケインは 子供の時の記憶がよみがえり倒れてしまう。

13

今回も 寝るの?どうするの?って感じのケインとジノ。
ケインは 「男なら愛する女を抱きたいと思うものです」というジノの言葉が離れず、
ジノは 「男と女が一緒に寝なかったら愛じゃないの?」というケインの言葉が離れず、
一歩踏み出せない。
ジノは「本当に大事に思っている人は大切にしたい」ってことかなぁ…

ジノは サンゴジェに来た理由を話そうとするけれど ケインに止められ話せない。
こういうことって 本人から聞かされれば ショックは少なくて済んで 許せるものだけど
他人から聞くと 歪んで伝わって許せなくなるのよね…
ジノ、地下室でサンゴジェの設計図を見つけて 事務所に持って行ったのよね。
早く 話さないと誤解されると思うけどなぁ。


ジノは倒れたケインを看病。
翌朝 洗った髪をドライヤーで乾かしてあげる。
そして…ケインの首にキス。

それを聞いたヨンソンは ケインをランジェリーショップに連れて行く。
まぁね 準備は必要かもしれないけれど そんな急がなくても…

今日 ケインの誕生日と知ったチェ館長は ケインにアイスリンクの入場券をプレゼントする。
「片思い同好会から脱退したはずなのに沈んだ顔をしてますね。デートして仲直りしてください。有効期限は今日までです」
入場券3枚持っていたけど こっそり1枚抜き取って渡すのよ。
3枚って…ジノとケインと3人で行こうと思っていたのかしら。

ケインがチャンリョルと会っているところを見て 嫉妬してしまったジノ、
ケインが誕生日だと聞いて会いに行く。
「幼稚なことをしてしまったから 仲直りにきました」
そこで 2人はアイススケートに。
転んでキスするなんて ありがち~だけど お気に入りの2人だとドキドキするのよね。

サンゴジェに戻って ヨンソンとサンジュンが用意したケーキでお祝い。
ケインに「プレゼントはないの?」と聞かれ
ジノは「僕がプレゼントです」と答える。
すると ケインは「用意してきます」と。
…何を用意するの~用意しなくていいから ジノから離れちゃダメでしょうが!

お着替えを済ませたケインは ヨンソンの助言通り 頑張るけれど…
どうしたらいいの~私から行くべき~と悩むケイン、
抱きたい衝動を必死に抑えるジノ、
で、タイミングよく雷。
雷が怖いケインは ジノの部屋に。
ジノがダメだと言うのも聞かず ベッドに直行。
一応 同じベッドで寝ることになったけれど 何もなし。

イニの意地悪は続く~
ジノ母に 「ケインのせいで ジノさんが窮地に陥ってます。チャンリョルはケインを取り戻そうと圧力をかけています」と話す。
ホント、何が楽しくて意地悪するのか…
ケインとジノが別れても ジノは手に入らないというのに。

14

ケインのために内緒で改装した地下室。
地下室の天井に強化ガラスをはめて 完成。
しかし…それがケインの記憶を呼び起こすことになり…

下に見える母に声をかけるけれど 母は聞こえず 返事をしてくれない。
床を手で叩くけど 母はこちらを向いてくれない。
もっと大きな音を出そうと ダンベルを持ち出し 床を叩く。
すると ガラスが割れ…
ケインは自分が母を殺し、そのせいで父が自分を憎んでいたと思う。

ケインとケイン父の葛藤。
ジノとケイン父の対決。
…ジノがサンゴジェから持ち出した設計図をサンジュンが見つけちゃったのよね…
勝手に地下室を改造したこともケイン父には怒る材料だろうし…
母の死を思い出しただけでも辛いのに ジノと父が対立したらもっと辛いわよね。


ケイン改造計画でもしているのかしら?
ジノはケインに食器を洗わせ、
一緒に布団を洗い、
爪を切ってあげる。
ケイン、文句を言いながらも 楽しそう。
まぁ この時期は 何をしても一緒にいれば楽しいわけで。

ケインに内緒で進めていた地下室の改装が完成し、ジノはケインを呼ぶ。
しかし ケインと母の写真の写真立てを割ってしまい、ジノは外に。
ケインがサンゴジェに着いた時はジノはいなかった。
ジノを探して サンゴジェを探し回り… ガラスに気付く。
そして 地下室に。
記憶が戻り ケインは呆然として1階に。

そこにジノ母が来る。
「ジノのために身を引いてほしい」と頼むジノ母、
呆然とした様子で聞いていたケインは 段々頭が痛くなり、悲しくなってくる。
言うだけ言って ジノ母は帰り、入れ替わりにケイン父が帰宅。

ケインは父に
「私がお母さんを殺したのね。だから私を憎んだのね」と話す。
ケイン父は呆然と立ちすくむ。
そしてジノが帰ってきて 「ケイン」と声をかける。

15

あ…あ…こうなると思ったわよ。
サンジュンは 事務所にあったサンゴジェの設計図を ジノが美術館を設計したものと思い込み チェ館長に見せてしまう。
急に金が必要になり どうしても美術館の仕事がほしかった。
だから 入札の前にチェ館長の助言がほしかった。
チェ館長、チョン所長はそんなことをする人ではないと思いながらも 事務所が窮していると聞き、特別審査員のケイン父に見せてしまう。
ジノ、サンジュンから設計図を渡したと聞き、急ぐが…
ケイン父が見た後だった。

ケイン父は激怒。
「設計図を盗むために娘を利用したのか」とジノを責める。
「美術館のコンセプトがサンゴジェと聞いて間借りしたけれど ケインさんを好きになってからはやめました」と話すが、ダメ。
「婿になればなんとかなると思ったんだろう」と。
その場にいたケインもショックを受ける。
“利用されていた。私はいつでも父のせいで利用される。父の娘じゃなければ誰も愛してくれない”

ジノ、どうして事務所に持って行ったのよ?サンゴジェで必要な時に見ればよかったのに。

この機会に乗じよう とチャンリョルが父と一緒にケイン父に挨拶にくる。
チャンリョルはジノを批判するけれど
ケインにとって チャンリョルもジノも一緒。父の力が必要で自分に近づいた男。
けれど チャンリョルは自分を傷つけた男で ジノはその傷を癒してくれた男。ジノを信じたい。

ジノもね…
謝ろうとサンゴジェに行ったんだけどね…
ちょうど チャンリョルとチャンリョル父が帰るところで 顔を出せなかったのよね。

ケインはジノからジノの言葉で事実を聞こうとする。
ケインは謝罪を聞きたかった。愛していると言ってほしかった。
けれど ジノは 「ゲイのふりをしてサンゴジェに入ったのは美術館のため。設計図を見つけた時ラッキーだと思った。ばれてもケインさんが何とかしてくれると思った。君を騙したんだ。愛していない。愛しているふりをしただけだ」と。

それくらい言わないと ケイン父、ずっとケインを追い詰めていたことをわからないだろうけど
ちょっと言い過ぎかも。

16

ケインとジノが 寝る場面が 古臭~い演出で 笑ってしまったけれど
無事 深い関係になったので 拍手~

酔ったケインをジノが抱きかかえて帰宅。
それを ケイン父が 自分が抱きかかえようとしてよろけてしまうのにも 笑ってしまったけれど
いつまでも娘を守っているつもりが 、娘に恋人ができると 娘を守る役目を恋人に渡さなければいけない 父親の悲哀も感じてしまって…
…ダメだわ…ケインになったつもりで観ていながら 時々ケイン父やジノ母の気持ちになってしまうのよね…年をとってしまったわ…


ジノの設計は予備審査を通過する。
しかし快く思わないチャンリョル父はチェ会長に手を回す。
「他人の設計図を盗み、破産寸前の男を通過させるわけにはいかない」
そこで チェ館長はジノに融資し、 別荘でゆっくりするように話す。

チェ館長は ケインとジノを仲直りさせようと ケインに話してみるが、
ケインは やり直すつもりはない。
しかし 父から ジノの設計図のコンセプトがリンゴ、それも 以前プレゼントしたリンゴの置物(テーブルかな?)と同じリンゴを横に切った形だと知り、別荘に急ぐ。

その頃、イニは別荘に。
ジノに迫るが きっぱりと断られてしまう。

ジノ、ケインも「帰れ」と言って拒むのよね。
…ここで帰ったら ハッピエンドにならないじゃないの~
「帰れ」なんて強がりで言っただけ 本当は帰ってほしくない。
「行くな」と引き留めて…
めでたく 一緒に寝ることができました~

美術館はジノの設計が当選。
ジノはケインにプロポーズする。

 12345678910111213141516
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは~

面白かったですね~
楽しくて止まらなかったです。
映画、もう観られたんですね。
「セブンディズ」の脚本家の映画なので ぜひ観たい映画です。
8月に日本で公開されるようですが、できればその前に観たいです。
館長は怖い役がお似合いですが、ジノを見るはにかんだ顔もよかったです。役者ですね。

う~~~~ん!?

ドラマとしては良かった方だと思いますが何が??
ソン・イェジンさんがどうもお歳に見えてしまったのがずっと引っかかっていたようで嵌れなかった!!

チェ館長とケインが会話しているシ-ンが落ち着いて見れました。

あの若いお二人も疲れるし***

救いはサンジュン&ヨンソンのお二人!
とくにラストは***楽しかった!

木蓮さん、こんにちは

そう言われると…そうかもしれないですね。
主役の2人がお似合いに見えなかったら いいドラマでも嵌れないし違和感がありますよね。

サンジュン&ヨンソン コンビは楽しかったですね。
ヨンソン役のチョ・ウンジ、「パリの恋人」の時の印象が強く残っています。

はじめてコメントします♪

ソン・イェジンさんとイ・ミノさんのカップルが年の差???を感じて入り込めず、
一度リタイヤして「華麗なる遺産」を見た後に戻りました。

ソン・イェジンさんが元々好きで、年の差?不釣り合い?を感じていたにも関わらず見ていたらしっかりハマりました^^(これはこれでアリだろうと^^) 彼女はやっぱり普通っぽいんですが魅力があるなと再度思いました。

チェ館長・・・リュ・スンニョンさんの演技が意外でした!ちょっとした表情が『可愛い』とまで思えるほど(^m^)

秋桜さん、こんにちは

はじめまして~
主役のカップルがお似合いに見えなかったら 面白くないですよね。
私も 配役を知った時はしっくりこなかったのですが、ドラマが進むにつれて こんなカップルもありかな?と思えるようになり はまってしまいました。
館長役のリュ・スンニョンさんはさすがですね。強面で怖い役ばかりなのに こんな役もできるなんて 驚きでした。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング