FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




推奴 あらすじ&感想


でだしはよかったんですけどね…
段々 わくわく、どきどき感がなくなってきて つまらなく。
なぜなのか…う…ん。

この時代 クーデターで光海君を廃位させ 即位した仁祖が長男 昭顕世子を毒殺した時代は 題材になることが多いような気がするんですよね。
「一梅枝」「最強チル」、「タムナ」も仁祖の時代。すぐには これぐらいしか思い浮かばないけれど “また?”と思ってしまう。
仁祖か昭顕世子かを主役にして長編時代劇にすれば それはそれで面白かったかもしれないけれど テーマは推奴。テハが王孫を擁立しようとした頃から テーマは推奴なのか時代なのか 分からなくなって つまらなくなった気がします。

何より オンニョンに執着するテギルの気持ちが イマイチ理解できなかった…
オンニョンを捜すために推奴になり 奴婢から嫌われていたけれど 裏では奴婢を助けていたわけで 推奴を続けるうちにオンニョンよりもそちらに力をいれてほしかったわ。


全24話 2010年 KBS

出演者 : イ・テギル・・・チャン・ヒョク
       オンニョン・・・イ・ダヘ
       ソン・テハ(訓練院の将校→厩舎の奴婢)・・・オ・ジホ

       ファン・チョルン(訓練院の将校)・・・イ・ジョンヒョク
       オッボク・・・コン・ヒョンジン

       ワンソン・・・キム・ジソク(テギル子分)
       チェ将軍・・・ハン・ジョンス(テギル仲間)
       オ(捕校)・・・イ・ハンウィ
       チョン・ジホ(推奴、テギル元親分)・・・ソン・ドンイル

       絵師・・・アン・ソクファン
       馬医・・・イ・ウォンジョン

       クンノム(オンニョン兄)・・・チェ・ジェワン
       オンニョンの結婚相手・・・アン・スンフン
       結婚相手に頼まれた刺客・・・ユン・ジミン

       食堂の女将・・・チョ・ミリョン
       食堂の従業員・・・ユン・ジュヒ

       仁祖・・・キム・ガプス
       仁祖の世子・・・カン・ソンミン

       “あの方”・・・パク・キウン
       チャッキ・・・アン・ギルガン

演出  : クァク・チョンファン
脚本  : チョン・ソンイル

 1234567891011-1213-1415-1617-1819-2021-2223-24


1

「済衆院」同様 期待していたドラマ。
期待通りで 楽しみです。

推奴師・・・逃げた奴婢を見つけ出す仕事。
両班だったテギルが推奴師になったのは 奴婢だったオンニョンを捜すため。

オンニョンはテギルの家の奴婢で、テギルはオンニョンに恋していた。
ある日 オンニョンが清の兵士に連れて行かれてしまった。
テギルは助けようと 清の兵士に鎌をふりあげてしまった。
将校たちに助けられ 事なきを得たが、
オンニョンはテギルを誘惑したと言われ 売られることに。
すると オンニョンの兄クンノムが 家に火をつけて オンニョンをつれて逃げてしまった。
テギルの家は没落し、テギルはオンニョンを捜すために推奴師に。

テギル、“非情な推奴師”ってことになっているけれど
実は そうではない様子。
母娘の奴婢、仕事として 両班に連れ戻したけれど 夜に両班の家に忍び込んで 助け出し 頼る先も教えてあげるのよ。

捜し続けたオンニョンが見つかったと聞き、テギルは急ぐ。
オンニョンは結婚式の最中。
奴婢だったはずが 両班になっている様子。
何がどうなって両班に?
そして テギルはオンニョンをさらって逃げるのかしら?

オンニョンが清の兵士に連れて行かれた時に テギルとオンニョンを助けたテハ、
今は厩舎の奴婢に。
こちらも何がどうなって奴婢に?
ただ… ては、どうもスパイのようなことをしている様子なのよね。

2

テギルとオンニョンの悲恋。
最後には結ばれるのかしら?
逃げ出したテハとオンニョンは 途中で出会い、一緒に逃げるようだし、
テギルは推奴師として 2人を追うことになるのよね…


“オンニョンが見つかった”というのは 偽の情報だったのね。
テギルをおびきだすためのジホの嘘。

オンニョンは結婚式を終えるが…
逃げ出してしまう。
テギルは死んだと思っているけれど を忘れられないらしい。
テギルから 「俺は一生をお前と過ごす。そう決めた」と言われたから オンニョンもそのつもりなのかしら。

オンニョンの結婚相手は 懸賞金を出して オンニョンを捜す。
恥をかかせられたから 殺してもいいと思っている。
クンノムは オンニョンが殺されないように 先に見つけなければならない。

テハは毒殺された世子と親しかったのね。
世子からの手紙を読み、厩舎から脱走することに。
同じ頃 他の奴婢も脱走を計画していた。
結局 一緒に逃げることに。
そして テギルが彼らを捜すことになり テハと対峙することに。

3

あっちとこっちで嫌われているテギル。

テギルを狙っている1人目はジホ。
テギルがテハと戦っているところに向かって弓を引く。
表の目的はテハを捕まえること。
裏の目的は テギルを殺すこと。
間違って テギルに刺さったと言い訳できるからね。

テハは 矢が刺さるが、逃走。
途中、男たちに襲われているオンニョンを助ける。

2人目は テギルが連れ戻した奴婢オボック。
オボックは火縄銃の名手。
“両班狩り”の奴婢集団に参加。
最初のターゲットをテギルに決める。
出発しようと馬にまたがっているテギルを狙い、
頭を撃ちぬく。


テハは同志を連れて 清に刀を向けたことがあるらしい。
歴史はさっぱりなので理由や背景はわからないけれど
清の人質になった世子に同行していたテハには 世子が西洋かぶれして王に疎まれているのが気に入らなかったのかしら?
チョルンは同志の中で ただ一人裏切ったから 出世したのかしら。

旅芸人の一座から逃げ出した女ソルファは テギルたちの部屋に逃げ込む。
一緒に旅することになるのかしら?
母は売られ 父は亡くなった。母を捜すために旅芸人になった と話した身の上話は嘘だと思うけど
この先 誰かと関係してくるの?テハの子供にしては大きいし…
それとも 登場は今回だけ?

4

すご~ テギル、弾をよけたのね。
かすっただけで 無事。
チェ将軍とワンソンが 犯人を捕まえようと駆け出すけれど ダメ。

まずは 自分を殺そうとした男を見つけ出すのが先 と推奴の仕事をお休みに。
の予定だったけれど 高額で テハ捜しを依頼され 推奴に戻ることに。

左相大監は テハはイム・ヨンホを訪ねると考える。
訪ねる前にヨンホを殺したい。
左相大監、チョルンの義父。
なのに チョルンを テハたち奴婢の集団逃走の責任を問って 職位をはく奪。投獄する。
そして テギルにテハ捜しを依頼する。

オンニョンは 自分を助けた後 倒れたテハを山寺に連れてくる。
テハは 傷が治るまで数日過ごし、発つ。
しかし オンニョンを捜している男たちを見つけ 再び寺に。
ちょうど オンニョンは 男たちと 言い争っていて…
テハは男たちを斬る。
…オンニョン兄が雇った男たちなのよね…殺さない方がよかったような気もするけれど…オンニョンは帰りたくないから よかったのかしら。

テハは 寺を発つオンニョンを 一緒に連れて行くことに。
オンニョンを好きになったのかしら? 追われている娘を一人で行かせるのは心配だしね。

2人が出発した後 テギルたちが寺に。
東、南、北、三方から登って来たのに 誰にも会わず 誰もいない。けれど おしろいの匂いがする。
テギルたちは 山寺の西側に急ぐ。

川船の上にテハを見つけ、弓を構える。
気がついたテハはオンニョンを庇うように立つ。
構えていたテギルが 力を緩める…
オンニョンだと気がついたのかしら?

5

テギル~ 何故、宿のおかみに テハの絵だけを見せるのよ。
オンニョンの絵は?テハと逃げている女がオンニョンとは思えないから?いつでも どこでも オンニョンの絵を見せなきゃ。そうじゃないと 見つからないわよ。


テギル、テハを矢で射とめることはできず…
船に乗っている女性が オンニョンだとは気付かず…

テハはオンニョンを連れているから 思うように先に進めない。
テギルたちにも ソルファはいるけれど 馬がいるせいか、数日後 テハたちに追いつくことに。

しかし テハとオンニョンは宿を出た後。
テギルたちは急いで 後を追う。
ところが… テハとオンニョンは隠れていただけ テギルたちが出た後 馬に乗って発つ。
テギルは からくりに気付き、宿に戻って 再び 2人を追う。

6

“両班狩り”の奴婢集団の活躍を密かに期待していたのに 今回も活動なし。
それと…
チョルン、気に入らない妻でも 出世のために利用しているんだから 優しくしてあげなさいよ。


テハとオンニョンは馬に乗らなかったのね。
馬は囮。自分たちは徒歩で山に。
忠州まで同行し、別れる。

テギル、また逃がしてしまい、
闇雲に追うよりも テハのことを調べ 行きそうなところを見つけ 先回りすることに。

チョルンは ヨンホと済州島にいる王孫を殺害に向かう。
殺した後の処理をさせるために ジホを雇う。

最初に ヨンホのところに着いたのはチョルン。
ヨンホを殺す。
そこに テハ。
2人が戦っているところに テギル参戦。三つ巴に。

テハと別れたオンニョンは 兄に頼まれた護衛に見つかり追われる。
テハからもらった笛を吹き、テハに助けを求める。
笛の音を聞いたテハは テギルと戦うのを止め オンニョンのところに。
それを追うテギル。

ということで テギルはオンニョンに再会?

7

ナイフを投げた後で “オンニョン?”と思うなんて…
遅い!ナイフはオンニョンに刺さっちゃったじゃないのよ~


オンニョンを追うクンノムの護衛武士ペッコたち。
助けようとするテハ。
テハを追いかけて来たテギル。
屋根の上から様子をうかがっているチェ司菓が送った女刺客。
遅れて来たチョルン。

乱れに乱れて…
女刺客がオンニョンに向けて投げたナイフは オンニョンをかばったペッコに刺さる。
テハはオンニョンを連れて 馬で逃げる。
テギルはナイフを投げ、オンニョンに刺さる。
その女がオンニョンに見え 呆然としたテギルは 後ろから チョルンに斬られる。

ペッコはオンニョンに 「テハと夫婦の契りを結んだ」と言われて
一旦 帰ることにしたみたいね。
ペッコが帰ってもね…まだ 女刺客はいるわけで…
テハも追われているし…
というか… オンニョンとテギルの再会が遅くなればなるほど オンニョンとテハが愛しあってしまうんじゃないかと 私は心配…

左相大監はチョルンに 「これが成功したら お前にすべてを譲る」と言っていたのに
別の両班にも同じことを。
「私には息子はいない」って…婿がいるじゃないのよ~

“両班狩り”の奴婢集団 活動開始。
オッボクはパク・ビョンキを襲う。
当然ながら火縄銃なのよね。
一人撃って、火薬を詰めて火をつけて、また一人撃って、火薬を詰めて火をつけて。
肝心のビョンキを殺し損ねるんじゃないかと心配したわ。

8

テハは済州島にオンニョンを連れて行くそうで…
オンニョンを好きになったみたいね。
オンニョンは?
当然 テギルを忘れられないけれど テギルを死んだと思っているし、
兄のところに戻る気はないし、
テハについていくわよね。

テギルは…
テハが済州島に渡ると考え、船着き場に。
オンニョンとテハは テギルより先に 船着き場に向かっていた。
しかし 女刺客に襲われる。
オンニョンとテギルは再会するかなぁ… って ここで再会したら面白くないから まだまだ先よね。

オンニョン兄は ベッコから テギルがオンニョンとテハを追っていると聞かされる。
死んだと思っていたテギルが生きていた。推奴師になって。見つかったらどうなるか。
オンニョン兄は ベッコにテギル殺害を命令する。


テハが済州島に向かい、
それに合わせるように テハの元部下や応援する両班たちは挙兵する様子。
チョルンも済州島に行く予定。
ジホたちも チョルンと一緒に行くつもり。
テギルは チェ将軍から 「今、済州島に行くと政変に巻き込まれる」と助言され
済州島に渡る前に テハを捕まえたい。
だけど たぶん 渡ることになりそうな気がするし…
次回の舞台は済州島かしら。

9

舞台は済州島に?と思っていたら…
テギルは渡らず オンニョン捜しに。
で、クンノムに再会。
殺しそうな勢い。オンニョンの近況を聞いた後 殺しちゃうのかも

女刺客とペッコは 早くも殺されてしまい…
女刺客はもっと粘ると思ってたんだけどなぁ。
死んだかどうか定かじゃないですが。

それと テハ元部下(「ソル薬局の息子たち」のブルータス or 「熱血商売人」のスンギル)は
テハを裏切ったのかと思っていたら
裏切ったふりをして 王孫を守っていたのね。


女刺客に襲われるオンニョン。
テハは女刺客を殺し、2人は済州島に。

船着き場に向かっていたテギルの前には ベッコが立ちはだかる。
ベッコは オンニョンの絵を差し出して 「テギル、この女を知っているか?」と聞いてくる。
驚くテギル。
どういう関係なのか、オンニョンはどこにいるのか、何故俺の名前を知っているのか、
聞きたいことは山ほどあったのに チェ将軍がベッコを殺してしまう。

テギルはベッコが住んでいた町へ。
ベッコが住んでいたという両班の家に。
そこにはクンノムがいた。

チョルンが済州島に来たと知ったテハ元部下は 王孫を抱いて逃げる。
それがね…王孫の面倒を見ていた人が 元部下を信用していないのよね。
途中 靴が脱げちゃったし…
チョルンに見つかってしまいそう。

テハとオンニョンが王孫の家に着いた時には 逃げた後。
チョルンが見つける前に 元部下と合流できるといいけど。

10

オンニョンって そんなにいい女なのか~
私よりは若いし、きれいだし、まぁ認めるけどさぁ
オンニョンがテハと結婚したと聞いて テギルは腑抜けになっちゃうし、
チョルンは王孫を助けるために済州島に来たのに なんか王孫よりはオンニョンが大事みたいだし。
キスしている間に 王孫が死んだらどうするのよ~


テギルはクンノムから衝撃的なことを聞かされる。
クンノムはテギルの義兄だということ。
テギルがオンニョンと結婚したいと言いだしたために テギル父の怒りをかい、矛先はオンニョンに。
オンニョンは捕らわれ 水一滴も与えられず 死ぬ寸前だというのに テギルは何もしてはくれなかった。
だから 「一度だけ息子の頼みを聞いてほしい」と頼んだが ダメで 殺してしまったということ。
オンニョンはテハと結婚したから そっとしていてほしいと。

クンノムは自害し、
テギルは 酔いつぶれ オンニョンの幻想が見えてしまうほど。

テハ元部下ハンソムがチョルンと戦っているところに テハが。
テハはチョルンを倒す。
テハとチョルンは王孫を連れて 筏で海に出、漁船に乗り換えるつもり。
ところが チョルンは 「待っている人がいる。時間になっても戻ってこなければ先に行ってくれ」と言ってオンニョンのところに。

再会を喜ぶオンニョンとテハ。
どうでもいいけどさぁ… テハ、王孫のために生きてきたんじゃないの?それなのに 王孫よりオンニョンが大事なの?キスしている間に 王孫は連れ戻されているかもよ。

つまんない。

11-12

どうもね…
なんか かったるいのよね…
戦闘シーンがスローなのが原因かなぁ。早い方が迫力あるようなきがするんだけど まぁ好みの問題ですね。
それと テギルがだんだんカッコよく見えなくなってきて…


チェ将軍が持って行きた暗号文からテハたちは雲住寺に向かうと考え、
テギルたちも向かう。
しかし 雲住寺に着いた時は 出発した後。
痕跡も消され 後を追えなかった。

潜伏先を探している途中、雲住寺の近くに捨ててあった籠を見つける。
籠の持ち主を脅し、籠を貸した人を聞きだす。

そこでは オンニョンとテハの婚礼が行われようとしていた。
テギルはオンニョンとテハを見つけ、その場に座り込んでしまう。

どうして そこで 「オンニョン~」とか 叫ばないかなぁ…
「俺がこんな人生なのに。幸せになどさせるか」 って…
こんな人生になったのは自分の責任じゃないの?

13-14

「幸せにさせるか~」と思っていたテギルだけれど
実は オンニョンの幸せを願ったのか、
テギルは テハを追うのをやめ、推奴師をやめて のんびり暮らそうと考える。

チェ将軍は テギルがオンニョンに会い、諦めたと想像。
テギルに従うことに。
けれどワンソンは従えない。
探しあてた隠れ家に行き、テハを殺して 大金を手にしようと考える。

ところが…
そこには チョルンも来ていた。
チョルンはワンソンを殺し(たぶん)、花火を打ち上げて 仲間をおびきだす。
ワンソンを探していたチェ将軍は 花火を見て 駆けつけ チョルンと対決することに。
テギルも花火を見て 走り出す。

市場で テギルを見かけたオンニョン。
けれど 声はかけないまま。
テハと結婚した後ではね…テギルが生きていても 一緒になることはできないし。

王孫を担いでいるチョルンたちは 文官と武官の間で 考えの違いが表面化してしまう。
こんなんで 王を倒して 王孫を王にできるのかしら?

15-16

テギルもテハも ついでにテハ仲間の儒教者チョ先生も捕まり、チョルンの拷問を受けることに。
オンニョンは王孫を連れてどこかに…

オンニョンと再会したテギルは 冷たい言葉しか言わない。
ずっと探していたのに、オンニョンのために推奴師になったのに、それほど愛していたはずなのに。
オンニョンがテギルの使用人で奴婢だったと知ったテハはショックを受ける。
テハ、オンニョンに「過去より これからを考えて生きて行こう」と言ってたけど 身分を気にする男だったみたいね。


ワンソンもチェ将軍もチョルンに殺されてしまう。
チョルンは ワンソンとチェ将軍の形見をソン・テハの名前でテギルに送る。
テギルはテハに殺されたと思い込み テハに会いに行く。

その頃 テハたちは 味方してくれる兵力の調査のために 武官と文官が1人ずつ2人1組で旅に。
時間差で出かけるが それが仇になり 次々とチョルンに殺されてしまう。
テハは最後に立ち、仲間が殺されたことを知り 戻る。

戻ると テギルがオンニョンの首に刀を突き付けていた。
テギルは ワンソンとチェ将軍を殺したのはテハだと思い込んでいるし、
テハは テギルが “この男がここにいるということは部下はこいつに殺されたのか?”と思うし、
愛するオンニョンはいるし、
火花バチバチ。
だけど オンニョンが2人の間に入って 邪魔をする。
オンニョンは 過去の男と現在の男が争うのは嫌みたいね。
そこで テギルとテハは場所を変え、テギルはテハを捕まえる。

テハを左相大監に差し出し、テギルの仕事は終わり。
のはずだった。
左相大監はテハなどどうでもいい。必要なのは王孫。
王孫の行方を探すために テギルを捕まえる。

チョ先生は テハたちがいなくなった後 オンニョンに知られないように王孫を連れ出す。
気づいたオンニョンは追いかけ 言葉巧みに説得。とりあえず王孫を抱きかかえる。
王孫を抱いたまま チョ先生の後をついて行っていたが チョルンが現れ オンニョンは王孫を連れて逃げる。
捕まったチョ先生は テハとテギルと一緒に拷問を受けることに。

オンニョンは王孫と一緒にテハの帰りを待っていたが、
王孫を連れて 逃げることに。

“両班狩り”の奴婢集団に 手紙を送って指示をしていた“あの方”が姿を現す。
奴婢とは思えない顔立ちと話し方。
いずれ テギルかテハと仲間になるのかしら?
そうなるとは思えないから…
左相大監を殺すのかなあ…

17-18

オンニョンを愛する2人だから 仲良くできないのはわかるけど
今は オンニョンを助けるのが先。
喧嘩は後にして オンニョンを助けに行きなさいよ。


テハとテギルは処刑されることに。
テハ奴婢の身分で逃走した罪。テギルはジホの子分を殺した罪。
役人の姿をして 処刑場に潜り込んでいたジホがテギルを助けようとして 処刑場は混乱。
テハは清の大使ヨンゴルテの部下に助けられ、
テギルはジホと逃げる。

テハはオンニョンを探して オンニョンの実家があるヨジュに向かう。
テギルもテハと同じ。ヨジュに向かう。
で、2人は再会。
テギルは役人に連れて行かれるオンニョンを見たはずなのよね…
2人とも あーだこーだ言い合うのは後回しにすればいいのに。

捕まったオンニョンは 実家に里帰りと説明。
でも…確か オンニョン兄は亡くなったわよね?兄の死を知らない妹なんて おかしいと思われるかも。

ワンソンとチェ将軍は死んでいなかったのね。
チャッキという男を頼る。
チャッキがいる場所は 以前 テギルが奴婢の母娘を助けて頼る先に教えたところだったみたい。

19-20

オンニョンを助け出したテギルとテハは チャッキのところに。
テギルはワンソンとチェ将軍と涙の再会をしたわけだけど…
チョルンがすぐそこまで追ってきているのよね。
チョルンとテハが戦うのは勝手だけど 両班から逃れて平穏に暮らしている人たちを巻き込まないでほしいわ。

チョ先生は左相大監に寝返り、仲間の名前を教える。
仲間たちは捕まり…これじゃぁ テハの夢は叶えられそうにないわね。

21-22

「会いたいと思っている時も辛かったが 毎日会える今も辛い」とオンニョンを思うテギル。
テギルに振り向いてほしいのに テギルはオンニョンを愛していて振り向いてもらえず 辛いソファ。
“辛いよね…”と思うところなんだけど…気持ち入らず… ただただ消化視聴してます。


テハの最後の綱は世子だった。
テギルと一緒に会いに行くが 王孫を助けられないと断られてしまう。
世子に 「挑戦をでるしかない」と言われたけれど それしかないかもね。

清の龍骨大将軍は 王孫を連れて帰ろうと 部下に行方を捜させていた。
オンニョンから王孫を奪い 逃げようとするが、チャッキたちに囲まれ捕まってしまう。
チャッキたちにはオンニョンが連れている子供が王孫だとは知らないし、(チェ将軍は知っているようだけどね)
彼らが清の人間だということも知らない。
知っていても テハがいない時に 王孫を預けるわけにはいかないし…

23-24

…生きててほしかったなぁ…


奴婢たちを扇動していた“あの方”は左相大監に命令されて 奴婢たちを利用していたのね。当然 身分は奴婢ではなく両班。
裏切られたことを知ったオッボクは 宮中に侵入し、“あの方” 、左相大監、チョ先生を銃で殺す。

テハは清に渡ることを決意。
チャッキに手紙を送り、オンニョンと王孫を連れて来てもらうことに。
無事 合流できるが チョルンも追って来ていた。

テギルはチョルンを食い止め その間にオンニョンとテハを逃がす。
チョルンもテギルも極限まで戦い…
チョルンはテハを追うのを止める。
テギルは追いかけてきたソファに看取られて亡くなる。

 1234567891011-1213-1415-1617-1819-2021-2223-24
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

三国志~司馬懿 軍師連盟
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
町の弁護士チョ・ドゥルホ2
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング