FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




セレブの誕生 あらすじ&感想


楽しく観ましたが 可もなく不可もなく。
ナムグン・ミンが 悪役だったので 気持ちがのらなかったです。

全20話 2010年 KBS

出演者 : チェ・ソクボン(オソンホテル ベルボーイ)・・・チ・ヒョヌ
       イ・シンミ(オソングループ本部長、後継者)・・・イ・ボヨン
       チュ・ウンソク(フロンティアグループ後継者)・・・ナムグン・ミン
       プ・テヒ(プホグループ後継者)・・・イ・シヨン

       パク・カンウ(ソクボン友人、ベルボーイ)・・・キム・ギバン
       ソクボン上司・・・パク・チョルミン

       シンミ父・・・ユン・サンジュン
       ハン・ソジョン(シンミ秘書)・・・シン・ダウン

       テヒ父・・・キム・ウンス
       ウンソク父・・・パク・ヨンジ

       カンウ父・・・チョン・ハニョン
       カンウ母・・・キム・ミギョン
       カンウ妹・・・パク・ミンジ

       バン・スンジン(芸能記者)・・・オク・チヨン
       ウ・ビョンド(怪しいおじさん→ソクボン同居人)・・・ソン・ジル
       ブンオ(ビョンド息子)

       ソクボン父・・・ソン・ホヨン
       ソクボン母・・・チェ・ソンヒョン
       ソクボンの中学の先生・・・イ・ウォンジョン
       チェ・ソクボン(子役)・・・パク・コンテ

       パク・テリア・・・イ・ハンウィ
       ワン会長の母・・・サ・ミジャ
       ミョン代理・・・イ・ゴン
       ユチーム長・・・キム・ドンギュン


演出  : イ・ジンソ
脚本  : チェ・ミンギ

 12345678910111213141516-17181920


1

父は財閥と信じるソクボン。
信じるのは勝手だし、母の話からすると間違いないんだろうけど、
今更 「息子です」と現れても困るだろうし…
まぁ 財閥の息子と信じたおかげか ちゃんとした大人になったようだから よかったということで、


ソクボンはオソンホテルのホテルマン。
実は母が財閥と一夜を共にしてできてしまった子供。
話せば長くなるけれど…

ソクボン母は自分を捨てた元彼に文句を言うために空港に。
元彼にケーキをぶつけてすっきりして椅子に座る。
隣に座っていた男が 何か言ってくるけれど 適当にあしらって歩きだすと その男が追いかけてくる。
なんと ソクボン母のお尻に 男のチケットがくっついていた。
男はチケットを取ろうとするが チケットは遠くへ~
で、一緒に酒を飲み…気がついた時にはベッドの上。
そして…驚くことに 男が乗ろうとしていた飛行機が墜落。
男は命の恩人と感謝し、ペンダントをプレゼントする。
別れ際 男は“グレート・ギャツビー”の本に電話番号を書き 「1週間後に電話してほしい」と言い残す。
1週間後 ソクボン母は公衆電話から電話をしようとするが、
転んだおばあさんを助けて 公衆電話に戻った時に本はなくなっていた。
連絡が取れないまま…

ソクボンは財閥のパーティに参加して ペンダントに見覚えがある人を探し、
古本屋で 電話番号が書かれた“グレート・ギャツビー”を探していた。

ソクボンはドケチで有名で気難しいオソングループの後継者シンミのルーム担当になる。
シンミが“グレート・ギャツビー”を持っていることを知り、パーティに出席している間に 盗み見すると 電話番号が書かれていた。

シンミにいいよっている男がフロンティアグループ後継者のウンソク。
ウンソクは自分のものと勝手に思いこんでいる女がプホグループ後継者のテヒ。
ソクボン、シンミと四角関係になるのかしら。

2

いったい 何のガンなの?
言いたくないところのガンなのよね…どこ?
何のガンなのかはおいといて 生存率90%の治療があるけれど 高額。1億必要。
そこでソクボンはシンミに頼むことに。
シンミが交通事故を起こした時、爆発寸前の車から助けたお礼として1億ほしいと。

助けてくれたお礼は食事をしたことで終わったと言っていたシンミだけど 条件を提示。
「ホテル用地の買収に成功したら 1億をあげる」
ソクボン、買収が難しいのはわかっているけれど やらなければならない。引き受けることに。

本に書いてあった電話番号はウンソクの携帯電話の番号。
携帯ってことは ソクボン父が書いたものではなかったのね。
当時 携帯はなかっただろうし…

シンミは母が息を引き取る時に父が会社を優先させたことで 父と確執がある様子。
でもケチな性格は似ているようだけどね。

3

いやぁ…これはコメディ?
ウンソクがシンミにプロポーズするために指輪を入れたカクテルを ソクボンが飲みほしちゃって 大笑い。
真面目な顔をして 上司に対して辛辣な シンミ秘書とテヒ秘書。
極めつけは とてもファッションデザイナーとは思えないパク・テリア。


リタイアを考えたけれど
ナムグン・ミンが出演しているし…
ソクボンの父が誰かを知りたい気もするし…
もう少し見ることに。

そうそうソクボンは乳がんでした。
男性でも罹るようですが 確かに言いたくない病名だわ。


ソクボンが買収しなければいけない土地の所有者はテヒ。
テヒは シンミにウンソクと別れさせるために シンミがほしがっている土地を購入した。…といっても シンミとウンソクは付き合っているわけじゃなくて ウンソクの片思いなんだけどね。

ソクボンが頼んだからって テヒが簡単に手放すはずがなく…
ソクボンは どうしたらいいか悩む。
カンウはシンミの弱みを握って取引しようと提案するが ソクボンはしたくない。

そこで テヒが契約予定のファッションブランド“ドナ・プリマス”を横取りし、土地と交換することに。
「これは割り込みではなく サッカーのインターセプトです」とシンミを説得。ドナ・プリマスのパク・テリアに近づく。
で、ありがちな展開で シンミはドナ・プリマスとの契約に成功。
テヒの土地を手に入れる。

ソクボンは土地の契約書を持って シンミ家に。
シンミがお金を持ってくるのを待っている間に シンミ父の書斎に入ってしまい…
ペンダントと同じ模様が入った封筒を見つける。

4

あ~~~~グダグダ前置き言わないで 黙ってペンダントを目の前に出せばいいのに。
今度もきっと邪魔が入って失敗よね…はぁ…

そういえば (主要登場人物のなかでは)ウンソク父だけが ペンダントを見たのよね。
ソクボンを尾行しているってことは ソクボン父のことを知っているのかしら。

コメディぽいのは相変わらずですが
テヒが可愛くてお気に入りのキャラクターになりそう。
我儘お嬢様。絶対に嫌いなタイプなのに なぜか可愛く思えてしまうのよね。


ソクボンはシンミ父に会って確かめたいのに 会わせてもらえない。
やっと会えたと思ったら 犬に邪魔されて ペンダントを見せられないまま追い返されてしまう。
シンミに頼むが… 会わせてもらえるはずがない。

シンミが難しい立場に。
シンミが社内の反対を押し切ってイメージキャラクターにした女優の過去が明るみに。
証拠の動画が公表されれば オソングループは損害を被ることになり シンミは責任をとって辞任することになってしまう。

シンミ父に会いたいソクボンはシンミに取引を申し出る。
動画を持っている男を捕まえるたら シンミ父に会わせてほしいと。
シンミとソクボンは 男が現れる可能性が高い場所を徹夜して張り込む。
そして…ようやく男を捕まえるが…動画を他の人に売った後だった。

その動画…買ったのはウンソクだった。
シンミはウンソクから受け取り 解決。

結局 自分の手で解決できなかったソクボンは シンミ父に会わせてもらえない。
そこで 執事がいない日を狙い 家に忍び込み、入浴中のシンミ父の前に。
今度こそ ペンダントを見せられそうなんだけど…今度は犬は邪魔しないと思うんだけど…また失敗しそうな予感。

張り込む中。
どちらがテントで寝るかを決める辛し入りおむすび対決。
シンミはほんと負けず嫌いなのね。辛いはずなのに絶対に言わない。
そんな可愛げのないシンミがテレビを見て笑っているのをソクボンは目撃。
こんなことから好きになっちゃうのよね。

5

え~~~もう誰が父親かわかっちゃうの?それもシンミ父だったなんて…
シンミとソクボン、テヒとウンソク、ガンウとシンミ秘書、が付き合うものだと想像していたのに…違うのね…

ウンソクは 父がソクボンを尾行させていることを知る。
だからか ソクボンと親しくしようとしているような?
ペンダントのことも知っているようだけど いつ誰から聞いたの?ソクボンが話した?ソクボンは父親を探そうと あっちこっちで見せていたようだから たまたま聞いたのかしら?


ソクボン、シンミ父にペンダントを見せようとしたら…ペンダントがない!
食い下がるソクボンは 模様が似ていると事情を説明するけれど
実際に見ないとね。シンミ会長は信じない。

ソクボンは以前男を捕まえた時に落としたのではないかと探すけれど見つからない。
男を捕まえた時に近くにいた ビョンドに聞くけれど
「見た気がするな~」と 散々ごちそうさせて 肝心なことは何も言わない。
本当は持っているのに 言わないってことは パパラッチの直感で何かを感じたのかしら?それとも後で金と交換しようと思っているのかしら?

ガンウの提案で DNA鑑定をすることに。
問題は シンミ父の髪の毛の入手。
シンミ秘書に頼むが 失敗。
シンミ父を追い 機会を狙う。
シンミ父、テヒ父、ウンソク父の会合があり シンミ父に近づこうとするが失敗。
ところが その会合、以前ソクボンが助けたワン会長の母の誕生会だった。
ソクボンはワン会長に シンミ父の髪の毛を取ってきてほしいと頼み、成功する。

そして…鑑定結果が… 99.999…%親子。

秘書から 事情を聞いたシンミは 父が浮気したことが信じられない。
金庫から 父が愛人に宛てたらしいラブレターを見つけショックを受けてしまう。

6

そんなぁ~
自分専用のブラシだから ブラシに絡まっているのは自分の髪だと思うわよ。まさかシンミの髪の毛が混じっているなんて…“財閥の息子”がぬか喜びだったなんて…

テヒがペンダントを知っているようで…
もしかして テヒと異母兄妹?


シンミ父は DNA鑑定結果を見ても ソクボンを息子と認めない。
シンミ父はやましいこと、妻を裏切ったことはないと言いきれるのよね。

シンミ父に ペンダントを持ってこいと言われたソクボン、
ちょうどビョンドから連絡があり、路上ライブをした売上金と交換でペンダントを取り戻す。

ペンダントをシンミ父に見せるが…
シンミ父はその場で 自分とソクボンの髪を抜き DNA鑑定を行う。
結果は 親子関係不成立。
なんと ソクボンの髪の毛だと思っていた髪の毛はシンミのものだった。
シンミ、男を探してテントで1泊した時に ソクボンのブラシを使ったらしい。
ショックを受けるソクボン。

シンミ父によると シンミ父が持っていた封筒はシンミ叔母がもらったラブレター。
シンミ父はペンダントの模様については知らないと言ったけど 実は知っているのみたいねのよね。
シンミ父が会いに行った あの人がソクボン父なのかしら?

“シンミ父の隠し子発覚、シンミとソクボンは異母姉弟” という噂は あっという間に広まる。
テヒは嬉しくて仕方がない様子。シンミのがっかりする顔を見たいのよね。
ソクボン家を探していると ソクボン登場。
テハはソクボンを呼び止め 話をしようとして ソクボンのペンダントを見て 驚く。

7

テヒはピアスをもっているのね。
テヒ母がテヒ父からプレゼントされたものらしい。
ペンダントとピアスはセットで テヒ父はペンダントをソクボン母に ピアスをテヒ母にプレゼントしたってことなのね。
…やっぱり テヒとソクボンは異母兄妹なの? でもなぁ…ソン・ホヨンが老けたらテヒ父に?信じられない~ ってそういう問題じゃない?

シンミは ソクボンが以前渡した金を同僚の妹のために使ってしまい、治療費がないことを知る。
“もしかしたら 私を助けたのも金のためではなかったのかも…”と考え始める。
ソクボンが本当にガンだと知ってから ソクボンのことを妙に気になっていた様子だったものね。
シンミは ソクボンに治療費を貸すことに。

シンミはコーヒー事業の撤退を迫られ 業績回復を約束する。
アメリカから輸入すると 焙煎後3か月の豆を挽くことに。
国内産なら 焙煎後すぐの豆が挽ける。
シンミは国内産にこだわり 調査する。

シンミは父から 母がコーヒー好きで“カフェ天使”に通っていたと聞く。
カフェ天使の豆は国産。しかし 社長夫婦が逃げていなくなったため どこで焙煎したものか分からなかった。
困っている時に “妖精の贈り物”という豆を見つける。
それは なぜかソクボン部屋に同居することになったビョンドが話していた名前だった。
ビョンドが言うには 焙煎の仕方が違うらしい。
シンミとソクボンはビョンドと一緒に焙煎工場に向かう。

国内産の豆が手に入ることになったし、
ソクボンも手伝うことになったし、
コーヒー事業は上向くことになるわけね。

ソクボンはシンミから「コーヒー事業を手伝ってほしい」と頼まれた時に
「父親を探したい」と断るのよ。
その時に ビョンドが「捜しているのは金持ちなのか?父親なのか?」と。
その言葉で考え直して 手伝うことにしたみたいね。

それにしても…ビョンドの正体って?まさかソクボンの父親じゃないだろうし…

8

テヒが姉でソクボンが弟なのね。
ソクボン、テヒからピアスを見せられ テヒ父に会いたいと思う。
けれど テヒから 「父はもう息子は望んでいない」と聞かされる。
偶然 テヒ父が息子に「後継者争いをしなくて済むから 息子はひとりがいい」と話しているのを聞いてしまい ショックを受ける。

ソクボンは父に会うことだけを考えていた。父が自分の存在を喜ばないかもしれない なんてこと考えたことがなかった。
それが普通よね。

ソクボンとシンミの関係はますます接近。
ウンソクは 親密になるのを恐れて ソクボンの借金を肩代わりしようとするが 断られてしまう。
ソクボンは多少ふざけることはあるけれど きちんと仕事するし、時には頼りになる。
おまけに 昔シンミ親子が落書きした部分を使って 写真立てを作る優しさまである。
好きになってしまうわよ。

コーヒー店は 好調な滑り出し。
ところが 記者を招いての試飲会で コーヒー豆が入れ替わっているのが発覚。
テヒに頼まれて 豆を入れ替えようとした人が証言。テヒは取り調べを受ける。
でも…他にも妨害する人がいるみたいね。ウンソクかなぁ…

9

テヒ父はソクボンの父じゃないの?
テヒ父の告白では ピアスは盗んだものらしい。
じゃぁ ピアスの持ち主は誰なのよ~ ソクボンの父は誰なのよ~

ソクボンはテヒの改造まで手掛けることに?
もしかして テヒは自分にきつく言ってくれるソクボンに恋しちゃうかも。

シンミは 自分とウンソクの記事を書いたのがソクボンの友人と知り、
ソクボンが自分を売ったと勘違い。
ウンソクが そう思うように誘導したからなんだけど…
接近していたソクボンとシンミだけど 少し離れちゃったかも。

シンミから ソクボンを正社員にしたいと相談され シンミ父はソクボンに課題を与える。
プホ生命で働いている息子がいる人を オソン生命に加入させること。
加入させることよりも その人にソクボンを見てほしかったみたいね。

10-11

チョルミンって誰よ~
ジュンテが登場したばかりなのに~
で、恋仲になれない仲 って何よ~

ソクボンはシンミを好きなのよね?
だから ソクボンがシンミを裏切っているようなことを シンミに吹き込んでいるのよね?
会社のためにシンミに近づいているのかも?と思ったりして…


ソクボンの味方をして ソクボンとシンミと仲良くさせ ウンソクと付き合おうと考えているテヒ。
ソクボンの父親を捜すため 父の行動に目を光らせる。

父がピアスの持ち主に会いに行くと知り、ソクボンと一緒に尾行する。
父が会った人は 義兄、テヒの伯父ジュンテだった。
ジュンテは精神を病んでいるようで ソクボンがペンダントを見せると怯えだす。

ソクボンとジュンテのDNA鑑定を行うが、親子ではないという結果。
ということは…ソクボンの父親は ジュンテからペンダントを盗んだの?
で、テヒ父とウンソク父の会話に 「あれはチョルミンのものだ」とあったけど…そのチョルミンって誰よ!
で、で、シンミ父が指輪を持っているって どういうことよ!

ソクボンはシンミ会長の紹介でスマートカードに入社。
シンミもスマートカードを任されることに。
ソクボン、“落下傘”と意地悪をされていたが 提案した“ウィンウィンカード”が採用されることに。
…“88万ウォン世代”(1977~1986に生まれた世代。大卒の就職率が悪く 平均給与が88万ウォンだから 名付けられたらしい)の就活中の人をターゲットにしたカードが採用されるなんて 出来すぎだけど。

シンミは ソクボンとテヒが仲良くしていているのが気になり 少しイライラ。
ソクボンから 「テヒに頼まれて チェさんは君に近づいたらしい。僕が君を諦めるように」と聞かされ 確かめに行く。
テヒに頼まれたから近づいたわけじゃないし、最近一緒にいるのはテヒ父がピアスを持っていたからだと知り ホッとしたシンミ。
おまけに カフェの妖精のキャラクターのモデルが自分だと知って ご機嫌に。
…むちゃくちゃ単純なんですけど…

ご機嫌なシンミは ソクボンと一緒に 本部長室で仕事。
のはずが じゃれあっているうちに ソクボンからおでこにキスされる。
ところがそれをシンミ父が目撃。
「おまえたちは恋仲になれない仲なんだ」と言いだす。

12

だから サンチョルって誰よ~
シンミ父はジュンテとサンチョルに何をしたの~
ペンダントが希少金属でできているのはなぜ~
結局 ソクボンの父親がわかるのは最終回なのよね。はぁ…


父からソクボンとの交際を反対されたシンミ。
でも 反対されたからって 「言うとおりにします」という年齢じゃないしね。

ウンソクはシンミを好きじゃなかったのね。
会社のため、シンミと結婚してオソングループから援助を受けるため だったのね。
ウンソク父はシンミ父から「ウンソクとシンミと結婚しても 会社のことは別」と言われ、
ウンソクにシンミから 以前プレゼントした髪飾りが送り返されてくる。
ウンソクはテヒに乗り換える。
そしてブホカードとフロンティアカードは合併する。

ウンソクはソクボンを陥れるために プレミアムカードの情報を盗む。
外部者は忍び込めないはず。犯人は内部の者に違いない。
ソクボンは疑われ ウィンウィンカード開発から外されそうになる。
それを助けたのが “落下傘”とソクボンに意地悪したスマートカード開発のミョン代理。
「確固たる証拠がないのに処分するのはおかしい」と。嫌な奴に見えるけど 実はいい人なのかも。

13

知っているのなら 取引しないで教えてあげなさいよ!
シンミ父も ウンソクもいやらしいわ。

ウンソクはテヒにべったり。
テヒは念願のウンソクと付き合えて喜んでいるように見えて…
ソクボンのことも気にかかっている様子。
ソクボンの父を見つけてあげたい気持ちが大きいとは思うけど ウンソクと一緒にいても心ここにあらずで “もしかしてソクボンを?”と思ってしまう。


ジュンテが話せるようになったと言うが ジュンテからは何も聞き出せない。
テヒは父に聞くが 話してもらえない。
テヒ父とウンソク父は シンミ父を脅す材料にしようと思っているのよね。

シンミが父に聞くと
「チェと関わらないと約束してくれれば チェの父親のことを話す」と。
シンミは 卑怯な取引を聞くつもりはない。ソクボンと別れるつもりはない。

ソクボンをプレミアムカード情報盗難の犯人にするため ウンソクは作戦を命令。
金で雇われた男が ソクボン家に忍び込み、情報を引き出しにいれてくる。
ユチーム長がソクボンを酒に誘い、ソクボンの家に泊めてもらう。
翌朝 「爪切りを貸してくれ」と引き出しを開けて 情報を見つける。

ソクボンは逮捕されるが…
忍び込んだ男がバカなのよ。携帯を落としていたのよね。
ビョンドが見つけて 警察に届けて 男は逮捕され ソクボンは釈放される。
男は電話で雇われ 金も会わずに受け取ったらしく 黒幕の犯人は分からない。

しかし シンミには想像がつく。ソクボンが目障りな人間。オソングループを陥れたい人間。
シンミはウンソクに会い、「汚いことはここまでにしたら?人を陥れる人が大嫌い。今度は許さないわ」と。
そこで ウンソクが取った行動は ソクボンを引き入れること。
ソクボンに 「僕はペンダントの秘密を知っている。父親探しを手伝える。ただし条件がある。僕の下で働いて。そうしたら今ここで父親のことを話す」と話す。

14

やっと ソクボンは父の名前を教えてもらう。
よかった。知っているんだから 教えてあげるべきよ。
シンミ父もウンソクも取引に材料にしちゃってさ。
シンミもソクボンも お互いを失いたくないから取引に応じないけどね。

そんな時…
娘に説得され、施設で父を思う女の子を見て、
テヒ父はソクボンに 「父親はカン・チョルミンだ」と話す。
チョルミンはジュンテの親友らしい。
この2人にシンミ父は何をしたのか、チョルミンってどんな人なのか、は 次回。

シンミ父も手術前に シンミにソクボン父のことを話した様子。
何をどう話したのかしら。

ウンソクの過去がちらっと出てきましたが、
父の期待にこたえようと頑張ってきたのはわかるけど やり方が汚くて…
テヒへの気持ちは本当だと信じたいわ。

15

まさか亡くなっているなんて ちらっとでも思うはずないわよ。
父に会い 手を握りあって 抱きあって、感動の対面を夢見て 捜すんだもの。

父はすでに亡くなっていると聞かされ ソクボンはショックを受ける。
“どうして 亡くなっていることを考えなかったんだろうか…「俺が父親だ」と言ってほしかっただけなのに”

失意のソクボンが会いに行ったところは ジュンテのところ。
ジュンテに 父への思いを泣きながら話すのを見ていたら ジュンテが実父だったらよかったのに と思ってしまったわ。

退院したシンミ父、寝ていなければいけない体で チョルミンの墓参りをする。
そこで ソクボンに会い、チョルミンのことを隠していたことを謝る。
「チョルミンと妹は愛しあっていた。チョルミンが事故死した後 妹は後追い自殺した。それなのに チョルミンに息子がいたとは受け入れられなかった」

ソクボンはひとり墓を後にする。
残されたシンミ父は チョルミンの墓に「どうして私はお前を死なせてしまったんだろうか?あの時事故がなければ…」と話しかける。
それをテヒが聞いていた。

16-17

シンミ、父がソクボン父を死なせてしまったと知ったけれど ソクボンを諦められない。
「彼が閉じていた心を開いてくれた。彼を逃したら また心を閉ざして暗闇に戻る」と。
シンミはソクボンに 「私の父があなたのお父さんを死に追いやったの」と話す。

ソクボンはどう反応するか…
シンミを好きだからと簡単に割り切れないだろうし…
でもシンミを失いたくないだろうし…

テヒはソクボンを好きに?
どうしてもソクボンが気になるらしい。
その気持ちをウンソクに告白するところがね…テヒらしいというか…
告白されたウンソクは落ち込むわね…

それでも テヒはウンソクをずっと見てきたから ウンソクのことをよく知っている。
ウンソクが会社の危機で辛かった時も見てきた。
テヒの優しい気持ちが ウンソクに伝わるといいのに。
そうすれば 策略とか復讐とか忘れるはず。ウンソクにいい人になってほしいわ。

18

え~~~~ちょっと~
ソクボン父はチョルミンってことになっているけど
シンミ父とチョルミンとジュンテが写っている写真で ソクボンが「ハ・ジュンテさんだ」と指差したその人が ソクボン母にペンダントを渡した人じゃないの。
ソクボン父はジュンテってこと?。
あっ でも 確か DNA鑑定したわよね?あれって…、もしかして 偽の鑑定結果なの?
ちょっと、はっきりして~
死んだと思った父が生きていたら こんなに嬉しいことないもの。親子の対面をさせてあげたいわ。



シンミ父とチョルミンは工事中のビルで喧嘩になって シンミ父が殴ったら チョルミンは下に落ちてしまったのね。
ソクボンにしてみたら 話す機会はあったのに 知らないふりをされたんだもの 許せないわよね。
シンミには関係のないこととわかっていても 気持ちを整理する時間がほしい。

ソクボンは辞表を出し、ビョンドと希少金属を扱う会社を設立。
シンミ父のことは 父の友人ではなく 愛するシンミの父親と思うことに。
シンミに「二度とイ本部長の元には戻らない。スンミならともかく」と。

ウンソクがスパイを使って カードの開発データを盗んだことが明らかに。
これを機に反省してほしいけれど…

19

ウンソク、ちっとも反省していない!
テヒを本当に好きになって テヒを利用したくなくて婚約破棄を言いだしたのは認めたい。けれど…モリブデン鉱山の件は何よ!
偽造に 脅迫。いい加減にしなさい!

そして
ソクボンはジュンテの息子じゃないのよ~
どうしてそれを隠すの?


ウンソク、スパイの件は どこかの政治家のように “秘書がしたこと”に。
それでも 少しは反省しているかと思ったら
ウンソク父が ジュンテの金庫から盗んだ モリブデン鉱山の開発権のコピーを使って 詐欺まがいのことを。

ソクボンは日本の会社と契約することになっていたが、
フロンティアが割り込み、契約破棄になってしまう。

ソクボンはフロンティアがジュンテの書類を偽造したと知り、ジュンテの後見人のテヒ父に会いに行く。
事情を説明して 開発権の再発行を頼むが…
運悪く ウンソクが来てしまい…
テヒ父を脅すから テヒ父はソクボンを追い返すことに。

実はネックレスは2つあった。
ひとつはチョルミン、もうひとつはジュンテが持っていた。
ウンソク父が持っているのはチョルミンのネックレス。
ということは ソクボンが持っているのは ジュンテのネックレス ということに。

テヒ父はソクボンの父がジュンテだとは明らかにしたくないらしい。
どうして? と思うけど たぶん会社の相続のことよね。
もともとはジュンテが継ぐものだったのが ジュンテが病気になったからテヒ父が継いだ。
それをジュンテの息子であるソクボンに渡したくない。自分の息子に渡したい。
…これじゃ 子供に 「お父さんはお金が大事なのよ」と言われても仕方ないかも。

ジュンテは訪ねてきたウンソク父に怒り 倒れてしまう。
ソクボンは看病していて ジュンテが書いた女性の似顔絵を見つける。
それは母にそっくりだった。

20

このままジュンテが亡くなったら ソクボンが可哀想だよ~ と心配したから 一緒に住むことになってよかったわ。


テヒ父は 子供たちに「お金のことしか考えていない。お父さんは恥よ」と言われたのがショックだったらしく
ソクボンに ジュンテが父親だと告白する。

ウンソク父は会社の株を整理し、鉱山の開発権を売って日本に高飛びする予定だった。
テヒ父は開発権の更新を行い、契約場所に向かう。
シンミにも 契約が行われると情報があり、ソクボンと向かう。

ところがテヒ父とテヒは向かっている途中 拉致されかける。
通りかかったシンミとソクボンが助けに入る。
そして…テヒから“助けて”とメールが入ったウンソクも 契約中に席を立って 助けに向かう。
警察が来て 拉致犯は逮捕される。
拉致教唆でウンソクも逮捕される。
…テヒがいるとは思っていなかったのかしら?

1年後。
テヒは相変わらず 我儘で天然ボケ。
ウンソクは刑務所に入っているけれど ウンソクに愛されているから 幸せかな?

ソクボンはプホグループには入らず ビョンドと始めた会社を続けている。
そして シンミにプロポーズする。

 1234567891011121314151617181920
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング