FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




台湾映画「モンガに散る(舺艋)」第23回東京国際映画祭―台湾電影ルネッサンス2010-美麗新世代―




監督 : ニウ・チェンザー
制作年 : 2010年

出演者 : モンク・・・イーサン・ルアン
       モスキート・・・マーク・チャオ
            ・・・マー・ルーロン
            ・・・リディアン・ボーン
            ・・・クー・ジャヤン



行ってきました~
まず映画に関しては…
2時間を超える上映時間。大嫌いなヤクザ映画。
なのに 時間なんて まったく気にならない。“まだ終わらないの?”とまったく思わない。どんどん引き込まれて 終わったのに 終わったのに気付かない。
ということで おかしな理由ですが いい映画です、たぶん。
イーサン・ルアンとマーク・チャオは間違いなく いい役者です。

裏社会の世界に入ったのは本人の責任。
それが どんなに辛くても切なくても 私は知らない。好きで入ったのなら好きに死ねばいい。
と ヤクザ映画を見ると思ってしまうんですよね。
「舺艋」に関して そういう思いは多少あったのですが…
本人の意思とは関係のないところで 裏社会に入らざるを得ない状況、入らないと生きていけない状況もあるんですよね。
その中で 精一杯生きてきたけれど 友人のためにと思って頑張ってきたけれど ちょっとしたずれで 友人を敵にし 命を落としてしまう。
最後 モスキートが手を広げたのは モンクと抱き合うためと信じていたのに モンクを刺すためだったなんて…
その時のモスキートの顔が 焼き付いています。

この映画 ―台湾電影ルネッサンス2010-美麗新世代―のオープニング作品だったので
映画の前に 舞台あいさつ。
映画の後 Q&Aと「台湾電影ルネッサンス2010-美麗新世代」記者会見
長い時間 イーサン・ルアンとマーク・チャオを堪能できました。
しかも 実質最前列(A列はカメラ席) 運の良さに感謝でした~
イーサン・ルアン目当てでしたが マーク・チャオの方が好みかも。
そして ビビアン・スーとチャン・チュンニンはとってもきれいでした。
「ズーム・ハンティング」はチケット取ったのですが
彼女の舞台挨拶がある回は上映時間が遅かったので取らなかったんですよね。だから 彼女を見られて最高でした。

前日のグリーンカーペットが急遽中止になったことをとても残念がっていました。
詳しいことは分かりません。ドラマを見る限りでは 関係は良好になりつつあるのかなと思っていたのですが…
衣装を着、準備していたイーサン・ルアン、ビビアン・スー、チャン・チュンニン、ニウ・チェンザー監督の気持ちを考えると残念です。




テキトウあらすじは…
映画館で見たので 見返すこともできず いつも以上にテキトウです。











転校生モスキートは お弁当の鶏のモモ肉のことで揉め いじめられる。
いじめられている現場を見ていたモンクとドラゴンは モスキートを仲間にいれることに。
2人の幼なじみ アペイ、白ザルも加え 5人は義兄弟の契りを交わす。
ドラゴンは モンガに数人いる親分の中で一番の力を持つゲタ親分の息子。
モスキートの母は 「悪い連中とつるんでいないで 学校に行くように」と息子を心配する。
しかし モスキートにとって 彼らははじめてできた友人。彼らがいるから生きていけると思っていた。

モンガに大陸の極道から 手を組まないかと話がくる。
ゲタ親分は断るが、
ゲタ親分をはじめとする長老たちの考えの古さに嫌気がさしていた男が モンクを誘って 大陸の極道と手を組むことに。
まず ゲタ親分ともう一人力を持っている親分の殺害を計画。
モンクはゲタ親分を殺害する。
実は モンクは父の片腕を切り落としたのがゲタ親分と知り 恨みを持っていた。

モスキートは偶然モンクと大陸の親分が一緒にいるのを目撃。
ゲタ親分殺害と関係があるのでは?と考え始める。
モンクが自分たちをフィリピンに逃がそうとしているのも裏があるのでは?と。

フィリピンに行く日。
モスキートはモンクを詰問。
義兄弟の契りを結んだ2人だったが 敵対することに。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

羨ましいです

ただ作品を観るだけでなく出演者や関係者に触れられる環境は本当に羨ましい田舎者です。

ニュースで色々知ってこんなところまで国の干渉が働くのかと思っていました。

作品も良かったようで観てみたいです。

木蓮さん、こんにちは

数年前「王の男」でイ・ジュンギが来たときは関西に住んでいて行けなかったので
今回 台湾特集がある時に東京に住んでいてラッキーでした。
席も 映画を見るには最悪の席でしたが舞台挨拶としては最高の席。
こういうときだけ 転勤族の主人に感謝してます(笑)
ヤクザ映画+青春映画なので ヤクザ映画が苦手な人も楽しめると思います。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング