FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




必殺!最強チル あらすじ&感想



必殺!最強チル DVD-BOX1

必殺!最強チル DVD-BOX1
価格:13,389円(税込、送料別)



全20話 2008年 KBS

出演者 : チェ・チル・・・エリック
       ソユン・・・ク・ヘソン

       チェ・ナムドゥク(チル養父)・・・イム・ハリョン
       チル養母・・・チェ・ラン
       チル養祖母・・・キム・ヨンオク

       ミン・スングク・・・チョン・ノミン
       チャジャ・・・イ・オン
       フクサン・・・ユ・アイン
       キム・ジャソン領議政(フクサン養父)・・・イム・ヒョク
       ヨンドゥ・・・キム・ビョル

       ウヨン(チル妹)・・・パク・ボヨン
       キム・ホンジョ(ウヨン養父)・・・ナム・イル
       チル父・・・オ・マンソク
       申聞鼓を鳴らそうとした男・・・キム・ジソク(1話)
       ホ・ウォンド・・・パク・ヨンギ(1・2話)
       チル友人・・・シン・スンファン
       キム訳官・・・ウ・ヒョン
       王世子・・・イム・ホ
       チョ・ソンドゥ(王世子の腹心)・・・ナム・ソンジン
       チェ・ウォンシク(王世子の腹心)・・・キム・ギュチョル


演出  : パク・マニョン
脚本  : ペク・ウンチョル

 1234567891011-1213-1415-1617-181920

1

こんな悲しい話だったとは…

チルは父を殺され 妹ウヨンと2人残される。
それぞれ別の家の養子になる。

ウヨン養父は 借金の返済が遅れ 百叩き?の刑に処せられる。
そして ウヨン養父が亡くなる。
死因についておかしな点があったが 溺死で処理されてしまう。

ウヨンは 以前 父が 自分が死んだら私塾の台石の下を掘るように言っていたことを思い出す。
そこには 世子が毒殺されたことが書かれた紙があった。

ウヨンはそれを提出して ウォンドの罪を暴こうとする。
しかし そうなるとウヨンの命が危ない。
チルは ウヨンを止めようと わざと気絶させる。

チルが ウヨンを連れて逃げようと旅支度をしている隙に
ウヨンは気がつき いなくなってしまう。
そして ウヨンはウォンドに殺されてしまう。


チル父は “生きろ、世の中を変えろ”と残して亡くなった。
正攻法では 世の中は全く変わらない。
身分差別撤廃を叫んだ父は 政局に利用されて 殺された。
だから チルは 表では ぐうたらな役人を演じる。
しかし 裏では 世の中を変えたいと思っている。


“必殺仕事人”のリメイクらしいのですが
そう思ってみると ぐうたらなチルが 中村主水と重なるような…
イエ 重なりません。 エリックと藤田まことが重なるはずがありません。

次回から 恨みを晴らす仕事が始まるのかしら。
チルと 初恋のソユンとの 恋愛も楽しみ。

2

チルはウォンドを殺害する。
そこには もう一人刺客がいた。
彼に追われて逃げ込んだ家は ハン家。

ハン家では 嫁が自殺をする。
というのは 嘘で…
嫁が夫の死後 不貞をはたらいた罪で 一族の手で処刑されたのだった。
まったくこの義父、自分が手を出しといて。

夫の死後 貞操を守ると門が立ち、その一族は優遇されるらしい。
だから 義父は 自分が手をつけた嫁が妊娠しちゃって 慌てたわけね。

孫ドヨンは母が処刑されるのをすべて見ていた。
チルは はじめ ドヨンの話を信じなかった。
しかし 門が立ち、ドヨンが話していた馬を見、ドヨンの世話をしていた下女が死に、ドヨンが母の実家に行かされたと聞き…
チルは ドヨンの話が事実だと知る。

殺されそうになっていたドヨンを助け、義父を殺す。

チルは ウォンド殺害の時に会った男に再会する。
彼は 役人だった。
チルのように “悪い奴は許さない”と思っている人は 他にもいるわけね。


あと…
幼馴染のフクサンが そろそろ登場するみたい。
どんな再会になるのかしら。
フクサン父がチル父を裏切って殺したのよね。
フクサンはチルをかばってくれたから フクサンには恨みはないかもしれないけれど
フクサン父には恨みがあるだろうし… どうなるんだろう…

3

チルとスングク。
お互い “顔を見られたからには 生かしておけない” と思っている。
チルは 妹の敵を討つために ウォンドを殺した。
スングクは ウヨン養父がもっていた 世子毒殺が書かれた紙のために 殺された仲間の敵を討ちたいと思っている。

スングクがチルに 「真の敵は他にいるはず」 と 大きなことを言うから
信念を持って 刺客をしているのかと 思ったら…大きな間違い。
ワイロをもらって 真犯人を見逃すような 情けない男。

同一犯人による連続無差別事件が発生。
犯人は両班のバカ息子アンジュンとその仲間。
犯人はわかっているのに 父親がワイロを渡したから
罪のない官奴を犯人に仕立て 処刑して終わり。

唯一犯人グループの一人を目撃したクモクが 違うと訴えるが、 誰も聞かない。
犯人グループは クモクを殺害。
死に際に クモクはスングクに指輪を渡す。
チルはそれを奪い取る。
するとスングクが 「俺が依頼された」と言う。
2人は犯人を殺しに。
ところが 犯人グループはすでに殺されていた。
胸には 見たことがある 傷があった。

4

いつの間にか チルとスングクは仲良く。
ほんと、 いつの間にか~

アンジュン仲間の胸の稲妻型の傷。
ウヨン養父とスングクの仲間にも 同じ傷がついていた。

アンジュン仲間を殺したのは 世子の元護衛官チェ。
汚名を着せられて殺された護衛官たちを復讐するために生きてきた。
アンジュン父に頼まれて殺したのは 護衛官の家族で妓女になった者を助け出すための金が必要だったから。

チェはキム訳官殺害を計画していた。
ソユンはチェを知っていて 彼の計画を止めようと チル養父に相談。
チルはそれを立ち聞き、 チェと対決する。
その時につけられた傷が 例の稲妻型だった。

チルとスングクはチェを問い詰め 彼も世子暗殺に関係して復讐しようとしていることを知る。
3人は一緒にキム訳官を殺しに行く。

アンジュン仲間の稲妻型の傷はチェだけど
ウヨン養父とスングク仲間の傷は別人、護衛官を殺した者の仕業みたいね。

3人は仲間になり、
チェは “チャジャ”と呼ばれることに。


突っ込みどころ というより ついテンションが下がってしまった場面がいくつかあり…
本当の馬に乗っていないのはいいんだけど…
あの馬…アップになると 本物じゃないというのがわかって がっかりなんですけど…

馬に乗って曲芸する必要があるの?

あと… 馬に引っ張られたチルがザル?笠?でスケボーするのも おかしすぎなんですけど…

5

そんな簡単に正体を知られてどうするのよ~
仕方ないから 仲間に入れました…

スングクが刺客団結成を提案。
だけど チルは断わり、チャジャと2人で結成しようと約束。
その後 今回の以来の件を経て 6人の刺客団が結成されることに。
このメンバーで 大丈夫なんだろうか… すぐにばれそう。


ジョヒョンは 巷を賑わしている“詩人ソクヒョン”のオッポンを身代わりにして
科挙に主席で合格者する。
ところが ジョヒョンは“詩人ソクヒョン”になりすまし、
オッポンを殺そうとする。

ジョヒョンからオッポンを捜してほしいと依頼を受けたのがナムドゥク。
それを手伝ったのが ソユン弟チョルソク。

一方オッポンが首を絞められているのを目撃し、オッポンを助けた娘が
チルに ジョヒョンを殺してほしいと依頼する。

同じ事件を調査する2組。
2組は出会い、 刺客は正体を知られたら殺すはずだけど 助けて仲間に。
チルとスングクとチャジャとナムドゥクとチョルソクとオッポンを助けた娘ヨンドゥの6人…
変な組み合わせ。

6

ソユンは世子を殺した犯人を見かける。
犯人ってフクサンなの?
…ユ・アインくんって 唇厚いのね…

世子暗殺の時 ソユン一人が助かった。
その時に 犯人と顔を合わせていた。
ソユンは フクサンが来るのでは?と落ち着かない。


今回の依頼主は 象に踏み殺された男の娘3人。
清から送られた象。
地方で飼われていた。

群守は 「象は米しか食べない」と言って 民に多額の税(米)を納めさせていた。
民の不満は大きくなり 象を殺そうとする者が現れる。

男は象を殺そうとして 踏み殺されたことになっていたが
群守に 大きな木槌で殺されたのだった。

韓国に 野生の象はいないので (日本もそうですが)
象がどんなもので 何を食べるのか 全くわからない。
刺客団も 米しか食べないと聞いたら “そうなんだ~”と思う。
ところが 象は草を食べていた~ ってことで 群守の不正発覚。


どうも… 刺客団のなかでスングクだけが仲間外れなのよね…
仕方ないけどね。 理論で押し通すんだもの。 他の5人は感情が先だからね。

7

戊寅会、世子暗殺が書かれている記録を捜す会。
フクサンは父の命令で 戊申会のメンバーを殺している。

今回の依頼は
剣契(暴力団)ウンギ派のウンギ親分を殺した子分のテスルを殺してほしいというもの。
テスルは剣契(暴力団)将軍派の仲間になり ウンギを殺して ウンギ派を壊滅しようとしている。

今回も やっぱりスングクが反対。
チルはこの際スングクを仲間からはずそうと考えるが
結局スングクは戻ってくる。

テスルを捕まえて 話を聞く。
こんな奴は信用できるはずがないのに 信用し、
スングクとチルは将軍派のアジトに。
スングクが捕らえられてしまう。

チルとチャジャがスングクを助け出す。

再びテスルを尋問すると
スングクが捜していた オム吏官の遺体処理の話が出てくる。
オム遺体を掘り起こし、
ウンギに遺体処理を依頼した者の名前を聞こうとするが
テスルはフクサンが投げた短剣で死んでしまう。
オム吏官の傷はあの稲妻だった


やっぱり “何あれ、がっかり~” みたいなのがあって…
演出?殺陣? なんだか… ちゃっちい…

8

ソユンの弟ってことになっているチョルソクは 世子の子、つまり王孫なのね。
済州島で王孫を殺害した時
フクサンは ソユンの訴えに負けて ソユンと王孫を助けてしまった。

剣契(暴力団)同士の抗争の件は 義禁府の手柄で処理される。
ところが 実は 義禁府が到着する前に終わっていたことがわかり 刺客捜しが始まる。

剣契(暴力団)の件を依頼したチル養母と養祖母が義禁府に調べられる。
そして 依頼した小屋がわかり 義禁府は急行する。

そのころ小屋では チル養父がファン・ガンヒと言う娘から依頼を受けていた。
彼女の母は 刺客の格好をした男3人組に殺されたのだった。

ということで 偽の刺客登場。
彼らは両班の妻ばかりを殺している。
昼間は化粧品売りになりすまして 家の下見をし、夜 盗みに入っていた。


偽刺客のことより チルとフクサンの対決の方が楽しみ。
…あの鞭では フクサンに負けるだろうけど。
子供の時に兄弟の約束をしたけれど 今は対立する立場。
フクサンが養父を裏切るはずないわよね…

9

チル養母・養祖母は嘘の証言をしたみたいね。

偽の刺客の件。
チルたちも義禁府もフクサンも 化粧品売りが昼間下見をし、夜盗みに入ることを知る。
違うのは義禁府とフクサンは 本物の刺客と思っていること。

夜、偽の刺客のターゲットの両班の家には
偽の刺客、本物の刺客、フクサン、義禁府が集合。
フクサンが偽刺客を殺害。

翌日 フクサンは偽刺客の遺体を確認。
“昨夜確かに腕に傷を負わせたはずなのに 傷がない”
フクサンは偽刺客を殺す前に 本物刺客と戦って チルの腕を斬ったのよね。

ということで フクサンの刺客捜しは続く~
フクサンは 何かとソユンを気遣っている。
秘密を握っているからかなぁ… 好きってことはないわよね。

10

清から龍骨大将軍が来る。
とっても嫌な奴。

今回は軍馬1万を差し出せと言ってくる。
王は軍馬を3千にし、残りは貢女にしてほしいと頼む。

貢女…両班の未婚の娘が連れて行かれる。
連れて行かれる前に結婚しちゃえ~と思うけれど…
それができないように 結婚禁止令も出るのよね。 まったく…
逃れるためには 尼になるか病気になるか。

スングクの妹も結婚を半年後に控えていた。
(スングクの妹が「あなたは星」のファヨンなのよね… 意地悪なファヨンがちらついて同情できない…)

チルたちに助けてほしいと依頼が殺到。
またもや スングクは賛成しない。家族より国が大事なようで…
まぁ 最後は参加するんだけどね。

チルたちはロシア兵になり済まし、貢女たちを助ける。
ご機嫌なチルたちだけど
そのころソユンは大変なことに。

ソユンは 龍骨大将軍と会わないために 飼育場で働いていた。
ところがそこに龍骨大将軍が来て ソユンは連れて行かれてしまう。
龍骨大将軍は世子の死について調べているから ソユンから聞きだすつもり。

フクサンもソユン奪還に動き出し、
そのうちチルたちも動くでしょう。
フクサンはソユンを助け出した後 殺すのかしらね。


面白く観ているのですが
「快刀ホンギルドン」「一枝梅」と比べてしまうと…
この3作品を比べることが間違っているのかもしれないけれど
ギルドン、イルジメの親、世の中に対する思い、辛さが 強く感じられるのに対して チルのは感じられない。
ギルドン、イルジメに比べて 危なくなることが ほとんどない。

ドキドキ感も、涙を流すような切なさも、ギルドン、イルジメを抱きしめてあげたいという思いもチルには全くなく…

はっきりとは書けないけれど 劣ります。(はっきり書いてるじゃん)
“必殺”のリメイクと思えばいいのでしょうが。

11-12

ソユンを巡って何度か戦うことになった チルとフクサン。

フクサンはチルの剣法が 父の剣法と同じで驚く。
チルはフクサンとソユンを追いかけて 昔 フクサンと交換した鉢巻を見つけ 驚く。

フクサンは父の消息を知らない。
裏切り者の父の罪滅ぼしに と言われ 剣術を磨き、言われるままに 人を殺してきた。
チルは フクサン父の指導を受けていた。
だから チルはフクサン父と同じ剣法。

少しずつわかってきた フクサンとチルの生い立ち。
再会して 協力して フクサン養父を倒すことになるといいのだけれど…


清に連れて行かれそうになったソユンは 今フクサンと一緒にいる。
チルは フクサンに捕まったソユンを助けだす。
しかし 再びフクサンに連れ去られる。
その時 スングクが放った矢がフクサンに刺さり、フクサンとソユンは崖下に転げ落ちる。
ソユンは 怪我をしたフクサンを置いて行けず、 治療する。

フクサンは 2度もソユンを殺すことができなかった。
「殺す前に 心で殺すのだ」と養父に言われてきたが ソユンは心で殺せなかった。
愛とは違うのかもしれないけれど 惹かれるものがあるのかしら。

チルたちは 何故ソユンが狙われているのかわからない。
わかるといいのだけれど… ソユンしか知らないこと。
ただね… チョルソクが狙われているのを知らないのがね…
今のままじゃ チョルソクを守ることができないのよね…

13-14

ソユンは フクサンから 弟を殺すように命じたと聞き、山を降りる。
途中 チルが助けにくる。
あの~ チルとソユン…抱き合うのはいいんだけど…
早くチョルソクを助けに行かないと 殺されちゃうんだけどなぁ…

ほ~ら 遅かった。家が荒らされている。
けれど チョルソクは賢い。 捕まえに来た男に チョルソクの友人と自己紹介。無事逃れる。

ソユンはチョルソクを連れて 遠くへ行こうとするが、
途中 チョルソクとはぐれてしまう。
チョルソクを捜すため ソユンは 何故チョルソクが狙われるのかを チルたちに話す。
王が世子と世子妃を殺したこと、チョルソクが王世孫だということ。

…おっと~ チョルソクは隠れ家に戻っていたのね。
幸い 話は聞いていなかったようだけど。

ソユンとチョルソクに逮捕状が出る。
チルは 2人を死体のふりをして城から出し、以前住んでいた村に向かう。
そこには 傷ついて避難してきたフクサンがいる。
そして、そして スングクとチャジャは ソユンから話を聞いた 世子の腹心2人を連れて 無倫堂に向かっている。
そして、そして、そして フクサン養父も フクサンを捜して 村に。


フクサンは実父が裏切り者だと思って生きてきた。
けれど フクサン父の後ろに本当の裏切り者がいて それは フクサン養父。
フクサンは養父に刀を向けるのかしら。

15-16

フクサンは以前住んでいた家で自分の位牌を見つける。
“父が生きていたなんて。何故 私は父が死んだと思っているのだろうか…”
そこに ジャソン領議政が来て、フクサンは一緒に村を出る。

ジャソン領議政はフクサンの行動を警戒。
フクサンを義禁府の都事にし、無倫堂討伐に向かわせる。

チルはフクサン父と再会。
そしてスングクたちと合流する。

スングクたちは王を変えたい。
チルはソユンとチョルソクを守りたい。
意見が対立してしまう。

そこに ヨンドゥが 義禁府が来ることを知らせにくる。
フクサン父に従って抜け道を通り 市中に戻る。

スングクは戊寅会のメンバーを集め 謀反計画を立てる。
そのためには 王世子暗殺を記録した紙が必要。
チルに渡すように頼む。

けれど 隠した場所にない。
ヨンドゥが 何が書いてあるかもわからず持っていっちゃたのよね。
ヨンドゥは それをチョルソクに解読させるんだけど…
チョルソクは自分が王世孫だと知っていているから… ショックを受けそう。


やはり 無倫堂事件の首謀者はジャソン領議政だったのね。
フクサンは養父を裏切ることはないと言っているけれど どうなるか…

フクサン父は息子が生きていて ジャソン領議政に養子になっていると聞いて 息子に会いたくて仕方がない。
ソユンに息子に会わせてくれと頼む。
もちろん 会えるはずがない。

17-18

チョルソクは父が殺されたと知ってショックを受ける。
戊寅会の会合の場所に行こうとする。
しかし 襲われ チルに助けられる。

チルはチョルソクを守ることだけを考えている。
これ以上愛する者を失いたくない。
しかし チョルソクは違う。
「罪もなく死んだ人たちが可哀そう。恨みを晴らしたい」

チョルソクは戊寅会の会合に 王世孫として出席する。
戊寅会は活気づき 兵を集め 決起をする日を待つ。

でも… 戊寅会にはジャソン領議政のスパイがいるのよね…
次回会合の日、スパイは兵を連れて行く。

フクサン父とチョ・ソンドゥが捕まってしまう。

チルはフクサンに会いに行き、フクサンに無倫堂のカン・チルだと名乗る。
フクサンは実父が捕らわれていることを知り、ジャソン領議政と対決する。

ジャソン領議政が母を殺し、祖母を殺し、父を裏切り者にし、父を殺そうとしたことを知る。
が… 結局殺せない。
「育てたのは俺だ。2人の父を殺して自由になるか、私に従うか。私に従えば 実の父は殺さない」
そう言われて フクサンはふりあげた剣をおろす。
育ててくれたから?実父を死なせたくないから?

王も王世孫が生きていることを知る。
暗殺を恐れるが明の皇帝の祭祀は予定通り行うことにする。

戊寅会は その祭祀の時に 決起することに。


…緊迫感が足りないのよね…
どうしてなのか…
見ている私の気持ちのせいかしら。

19

チルたちの計画は失敗。
計画はすべてばれていた。
そりゃぁそうよね。戊寅会には裏切り者がいたんだから。
フクサンとソユンも捕らえられ ジャソン領議政が調べる。

王は王世孫が捕まったことを知り、会いに行く。
そして チョルソクにお茶を出す。もちろん毒入り。
チョルソクはまさか自分が祖父に殺されるとは思わない。
だから お茶を飲み干す。

王とチョルソクが対面しているところに チル、スングク、チャジャ、そしてフクサンが助けに来る。
フクサンは 記録を持ってくれば父を解放すると ジャソン領議政に言われ チルと取引したのだった。

救出後 チルは記録をフクサンに渡そうとする。
もちろん スングクが反対するけれど 約束したこと。
それに…チョルソクから言われるのよね。

「これ以上自分のために死んでほしくない。私が王世孫と言うのなら 私に従うべきだ。父が無念の死を遂げたことは もう忘れる」と。

フクサンはジャソン領議政との取引に向かう。
それぞれ部下を一人連れ、ジャソン領議政はフクサン父を、フクサンは記録を持って行くことになっていた。
しかし ジャソン領議政は裏切り、フクサンは取り囲まれる。
信じてはいけないと気をつけていたのに…

チョルソクは後になってから 毒が効いてくる。
そして亡くなってしまう。

ソユンは刺客に依頼する。
「医師イ・ヒョンイル、パク・ミョンウォン都提調、キム・ジャソン領議政、イ・ジョン王を殺してほしい」


孫まで殺して 王でいたいのか~
清で8年間人質として過ごし、ようやく帰ってきた息子を簡単に殺す男だものね。

20

フクサンは 父を助けるために ジャソン領議政に屈服する。
そして 5日以内に 3人の首を持って来るように言われる。

チルは 王を狙う張り紙をする。
すると 王は恐怖で フクサンに 自分を守らせる。
だんだん不安が増す王は フクサンに外に逃げ出したいと話す。
そこで フクサンは王を連れ外に。
しかし そこには チルたち刺客が待っていた。

そう フクサンはチルと仲間に。
チルはフクサン父を助け出し、フクサンは王を連れ出す約束をしていた。

ソユンが王に銃をむけると 王は命乞い。
そして息子の声が聞こえはじめ 気がおかしくなる。
ソユンは撃てなかったが、 王は気がふれ 数日後亡くなる。

ジャソン領議政は
ミングク、ソユンは自首すること。しなければ捕らわれている戊寅会のメンバーを殺すと お触れ書を出す。

すると 以前刺客たちに助けてもらった人たちが結束。
処刑場には 刺客たちを助ける民衆が集まり、フクサンも現れる。

チルたちは 逃げたジャソン領議政を追いかけ 追い詰めるが、取り囲まれてしまう。


その後 どうなったのか…ジャソン領議政が死んだのかはわからないけれど
チルたちの元気な姿が流れたから 少なくともチルたちは死ななかった…のよね。


話しは悪くなかったと思うのですが…
軽すぎましたね。脚本も演出も すべてにおいて。
悪い奴らは許さない という気持ちも 胸に迫ってこなかったし…

 1234567891011-1213-1415-1617-181920

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
自白
ある春の夜に
ドクター・プリズナー

扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング