FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




おじさん(アジョシ)




制作年 2010年
監督 イ・ジョンボム


出演 チャ・テシク・・・ウォンビン



う~~~~ん ウォンビンはカッコよかったんですけどね…映画の方はね…
数分たったところで 吐き気がして…
こうなると いつもならリタイアするのですが…
ウォンビンが出演しているから 頑張って観たんですけど…
観なきゃよかった…
これのどこがよかったんでしょうか?

慕ってくれていたソンミが母親と一緒に拉致されてしまう。
テシクはソンミを助け出すために 殺戮を繰り返す。
殺した相手は殺されて当然のことをしてきた男たちなので いいんですけど
あまりに 綺麗に簡単に殺すので ソンミを助け出したいと気持ちが感じられない。
ソンミを助け出した時の感動シーンも それまでの気持ち悪さから まったく感動しない。
やっぱり 観なきゃよかった。

関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

おやまあ~

ウォンビン好きだし、評判良かったから、期待してたのに・・・
韓国人はどうして極端なバイオレンスが好きなのかしらねえ。

>ソンミを助け出した時の感動シーンも それまでの気持ち悪さから まったく感動しない。

ーその気持ち、よくわかります。

最近邦画レンタルで「告白」「孤高のメス」を見ました。
2作とも良かった^o^

asa さん、こんにちは

サスペンス、ホラーは嫌いではないのですが
むやみに殺人を繰り返すだけの話はダメなんですよね。
「レオン」のような映画だと思っていたのが間違いでした。
「レオン」もどんどん人が殺されたはずなんですが それよりも レオンと少女との間の愛情や信頼、ラストの少女の姿に切なくなったことを覚えています。
その思いを感じれるかと思ったのですが…

「告白」は原作を読んだので 観るつもりはないのですが、
「孤高のメス」は機会があったら観てみたいです。苦手な俳優さんが出演していないので観れそうな気がします。
好き嫌いが激しいので“こんな演技でよく俳優しているわ”とか“脚本はいいのに この俳優のせいでダメにしているわ”とか思ってしまうんです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは~

お久しぶりです~
気持ち悪くても 内容がよければいいのですが…
たくさん人を殺して それを気持ち悪く見せればそれでいいと思っているのでは?と思ってしまいます。
殺し合う映画を称賛する人もいるので 好みの問題なんでしょうが。
私も 週末観る予定です。大好きな俳優さん 2人が出演しているので楽しみです。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング