FC2ブログ
2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>




スポットライト あらすじ&感想





全16話 2008年 MBC

出演者 : ソ・ウジン(GBS社会部記者)・・・ソン・イェジン
       オ・テソク(社会部キャップ)・・・チ・ジニ

       イ・ジュヒ(社会部副キャップ)・・・キム・ボギョン
       イ・スンチョル(社会部記者)・・・チン・グ
       チェ・ミョンウン(社会部記者)・・・チョ・ユニ
       ムン・ジェグク(報道局長)・・・イ・ギヨル
       アン・ジュンソク(社会部長)・・・アン・ソクファン
       チョン・ソンイル(政治部長)・・・チョン・ギュス
       オム・スヒ(社会部記者)・・・ミン・ソヒョン

       コ・ビョンチョン(刑事、班長)・・・イ・デヨン
       イ・チュンギ(刑事)・・・イム・スンデ
       刑事・・・チェ・スンギョン

       チュ・ミョンフン(社会部元キャップ)・・・イ・ビョンウク
       キム・ミヒ(アナウンサー)・・・チョン・ヘヨン
       イ・ミンソン(プロデューサー、ミヒ夫)・・・キム・チョルギ

       ウジン父・・・チョン・インテク
       ウジン母・・・クム・ボラ
       ウジン兄(ミョンソン新聞社記者)・・・キム・ジョンウク

       チャン・ジンギュ(脱獄犯)・・・チョン・ジン
       警察署長・・・メン・ボンハク
       チョン記者(ミョンソン新聞社記者)・・・イム・ジヒョン
       イ・ジェミョン(ヨンファン建設常務)・・・パク・ヨンギ
       シム・ジェホ代理(ヨンファン建設)・・・シム・ヒョンタク


演出  : キム・ドフン
脚本  : イ・ギウォン

 1234567891011-12131415-16

1

ドラマの内容が どうのこうのと言う前に
やはり 吹き替えに違和感あり。
俳優さんの声を知らなければ 全く気にならないのでしょうが、
アン・ソクファンさんの声はもっと低くて渋くて ちょっと嫌みっぽくって… そんな声じゃない!


ウジンに 脱走犯ジンギュを見たというタレコミがある。
ウジンは ホテルのジンギュの部屋にコーヒーの出前を持って行く。
小型カメラをまわし ジンギュに話を聞く。
「警察が警戒しているのに よく捕まりませんでしたね?」
「俺はまず所轄の警察に行って 警戒態勢を確認するんだ。そう言えば 俺に「脱走犯ジンギュに似ている」と声をかけた刑事がいたよ」

その部屋は刑事も見張っていたが
結局取り逃がしてしまう。
ウジンのカメラは没収されてしまう。

刑事は ウジンのカメラにニュースで流されてはまずいものが入っていることに気付く。
ジンギュに話しかけたのに 警官の洋服を着ていたから疑わなかったなんて…上司に知れたらクビ。
そこで 細工をして ウジンに返すことに。

後日返却されたカメラのデーターには音声が入っていなかった。

社会部キャップが警察署長を殴り左遷。
新しいキャップ、オ・テソクが赴任する。
テソクはウジンに 「機器のチェックはしたか。機器とデーターは肌身離さず持っていたか」と聞く。
ウジンは警察に没収された時に 映像だけダビングされ それを渡されたのでは と疑う。


一時期はやった職業ドラマでしょうか。
テソクとウジンが恋愛になるとは想像できないので 恋愛話はなくてもいいかな。

2

ウジンは警察にマスターテープを取りに行くが 見つからない。
だいたい テソクには 「マスターテープはあります」と断言したけれど
あるのかさえも定かではない。

寝ボケた刑事にカマをかけ 存在することだけはわかった。
あとはどうやって手にするか…

タイミングよく脱走犯ジンギュから電話がかかってくる。
それと引き換えにチュンギ刑事と取引。
マスターテープのありかはわかったけれど… 他のゴミと一緒になってくしゃくしゃ…

ウジンが つい兄に話した “社会部記者が警察署長を殴った件”が ミョンソン新聞に掲載されてしまう。
殴った上に 事件をもみ消し。
GBSは暴力団と同じとまで言われてしまう。

ネタ元がウジンだとばれ ウジンは肩身が狭い。
ミョンウンにネチネチと怒られ ますます落ち込む。
それを見ていたテソクは 自分が掴んだネタをウジンに送ることに。

ネタとは
ミョンソン新聞社社主の家が農地を不正に住宅地に変更した土地に建てられていた。
管轄官庁との癒着か官庁の職務怠慢か。市長も関係している可能性もある。
ヘリを飛ばし取材することに。


ウジン兄、最低。
しゃべってしまったウジンが悪いんだろうけど
ウジン兄情けない。

社会部にインターンが来て ウジンにはイ・スンチョルがつく。
大学の同期で、以前ウジンはスンチョルに告白したことがあるらしい。
そんな男が後輩で入社してきたら 嫌だわ…こうなったら いじめるしかないわ。

テソクは3年前に ある事件が原因で左遷されたらしい。
その事件にはテソク父も関係していたらしい。

3

ウジンが取材した “ミョンソン新聞社社主 用地不正変更”
双方のトップの話し合いでは 記事にならない可能性も出てくる。

ウジンはスンチョルと 偽グランド販売の潜入取材を行う。
しかしスンチョルが隠しカメラで撮影しているのがばれ 脅されることに。
フイルムと交換し 解放されるが ウジンはスンチョルを怒る。
「新聞記者には向いていない」

スンチョルは屋台で悪酔い。
泥酔して 警察署の記者の仮眠室で 寝てしまう。
洋服を脱ぎ パンツ1枚で寝てしまったスンチョル。
無意識に 隣で寝ているミョンソン新聞の女性記者チョン記者の胸に手を置いてしまい…

チョン記者はスンチョルを告訴。
この件が “ミョンソン新聞社社主 用地不正変更” 記事の取引材料にされてしまう。
暴力団&セクハラ集団のレッテルを貼られては イメージダウンになってしまう。
記事は取り上げないことに。

代わりに “偽ブランド販売の実態”が放送されることに。
スンチョルのカメラは取り上げられたけれど ウジンのカメラは無事だったからね。

脱走犯ジンギュからウジンに電話がかかってくる。
「遊ばないか」

ウジンは警察に通報するのか、
通報せず同僚と一緒にスクープをモノにするか。
たぶん後者ね。


テソクの父は政治家
3年前 記者である息子が父親を糾弾したってことね。
収監されていたが 恩赦で釈放されるらしい。

まぁまぁ 面白い。
取り上げる事件の取材が 浅いのが気になりますが
ウジンの成長ドラマだと思えば こんなものかと。

4

ウジンは脱走犯ジンギュから電話があったことをテソクに報告する。
スンチョルからの報告で 警察がウジンの携帯通話記録を調べていることを知る。
テソク&同僚の意見は 警察に報告し、代わりに逮捕を独占取材させてもらうこと。
ウジンは 単独インタビューにこだわる。

脱走犯ジンギュから 再びウジンに連絡がある。
「1時間後に会おう」
警察は盗聴しているから 2人が約束した場所で張り込む。
ウジンはテソクに内緒で会いに行く。

テソクはウジンの姿が見えなくなったことで ウジンが脱走犯ジンギュに会いに行ったことを知る。
警察と協力することにするが、
ウジンは脱走犯ジンギュに拉致されてしまう。

このことは極秘。
他局も知らないはずだった。
ところが SNSが ウジンが拉致されたことを報道してしまう。
脱走犯ジンギュに ウジンは記者だとばれてしまう。


コーヒー配達のヨンウンと高飛び最後の夜を過ごすつもりだったのに
実は記者だったと知り、脱走犯ジンギュは逆上。
奪った猟銃を持っているから 何をするかわからない。

ウジンの携帯から居場所が分かり 警察とテソクたちは 監禁場所を包囲する。
そして 銃声が聞こえる。


報道機関って スクープ合戦なのよね。
他社より早く報道すること。
だからって 誘拐事件を報道していいのか… それで危険にさらされるかもしれないのに。

5

中では ウジンが銃を持っていた。
ウジンが脱走犯ジンギュに銃を突きつけて インタビューを要求していた。
しかし 電話でテソクと話している隙を突かれて 銃を奪われてしまう。

脱走犯ジンギュは単独インタビューを受け入れると言い出す。
急遽 生で放送することに。
事件のことなど話した後 脱走犯ジンギュは顔も知らない母親に向かってメッセージを残す。
インタビュー終了後自殺しようとする脱走犯ジンギュを ウジンは説得する。
「必ずお母さんを捜すから」

ウジンは解放され 脱走犯ジンギュは逮捕される。

ウジンは月刊記者賞を受賞。
女子高生にサインを求められたり、花を送られたり、雑誌の表紙のモデルの依頼があったり、ウジンの周りは一変する。

浮かれ気分のウジンにテソクは一言
「喜んでいる場合じゃないと思うが」
今回の件 結果的にはスクープになったけれど
警察の捜査の邪魔はするし、放送事故を起こしかねない状況だった。
一歩間違えていたら ウジンは責任をとって辞表を出していたかもしれない。

新アンカーのオーディションが行われることに。
局長は 時の人であるウジンを推薦しようとするが、
テソクは 条件を満たしていないと一蹴。ミョンウンが推薦されることに。

ミョンウンはウジンの先輩なんだけど どう見てもミョンウンが年下に見えてしまう。
配役のせいかと思っていたら、
年齢はミョンウンが下だけど 入社はミョンウンが先だったってことみたいね。

6

アンカーオーディション。
社長の推薦でウジンも参加することに。

オーディションに参加する人は 通常の仕事から離れて アンカーの勉強、メイクアップをするそうで…
当然 ウジンもアンカー勉強のスケジュールが組まれる。
ところがテソクは無視して ウジンを取材に行かせる

両方しなければいけないウジンは大変。
取材のために病院に待機&取材。
途中抜け出して アンカーの勉強のために局へ。
テソクの電話に振り回され 散々。

何の準備もできないまま 病院で一夜を明かした状態で 一次オーディションを受けることになってしまう。

ウジンはエレベーターでテソクと一緒になる。
テソクは「どうして そんなにアンカーになりたいものかな?頭でっかちになると顔を出したがるものらしいが」と話す。
ウジンは「なりたがってはいけませんか?」と言い返す。


テソクがどうしてウジンがアンカーになるのを邪魔するのかわからない。まだ早いと思っているのかしら。
それとも ウジンのためにしているの?

ウジンが スンチョルが汚い字で書いた取材メモを見ながら きちんと文章にしてテソクに報告するのをみると
“ウジン、すごい~”と思ってしまったわ。

7

ウジンは二次に合格し、最終面接に残る。

最終面接の日。
病院に待機して取材を申し込んでいたお婆さんの娘から 今日ならインタビューを受けると電話がある。
しかし ウジンは面接会場に。
スンチョルから“お婆さん危篤”の連絡が入るが 面接を優先させる。
面接中 “最初に伝えたいニュースは?”の質問に答えながら ウジンはいてもたってもたまらなくなり 面接を勝手に打ち切り 病院に行く。

臨終に間に合わなかった。
しかし 娘さんから 肉声の遺書を渡され、
大変な思いをしながら取材したニュースを伝えることができる。


二次で テソクはウジンに最高点を与えていた。
それを知ったウジンはテソクに 「アンカーになるのを反対していたのに何故」と聞く。
テソクは ウジンに記者としての見込みがあると思って 一人前の記者にしたかったみたい。
だからって わざとオーディションの評価を悪くするつもりはない。
公正に判断して ウジンの二次の評価は素晴らしかった。

8

キム議員が刺される事件が起こる。
単なる強盗事件、通り魔事件と思われるが、
ニューシティ事業とヨンファン建設が関係しているという情報も。
しかし いろんな思惑があり 追及できない。

深層リポートの放送時間が長くなったのに伴い 特別班が編成される。
テソクはウジンも入れる予定だったが 最終で外すことに。

外したのには理由があった。
ニューシティ事業とヨンファン建設を 秘密裏に取材するためだった。
テソクはウジンにまかせることにする。

ところがムン・ジェグク報道局長の情報から
ヨンファン建設のジェミョン常務はウジンに圧力をかけてくる。
そして社員のジェホがウジンの大学の先輩だと知り、利用することに。

ジェホは偶然を装ってウジンに声をかける。


ウジンはジェホの影響を受けて記者になったらしい。
好きなのかも。
だったら 近づいてきた理由を知ったらショックだろうなぁ。

9

ウジンとジェホは喫茶店に。
テソクはウジンが気になる イヤ ジェホが気になる かな?
テソクはウジンに “休憩室に来い”とメールするが、無視。
スンチョルに頼んで連れ出してもらう。

罠だと思いもしないウジンは ジェホに高価なバッグをプレゼントされ大喜び。
それを激写されているなんて思いもしない。

スンチョルに頼んでいた “決定的な証拠”が完成。
テソクに見せ、局長に頼み、報道が決まる。

ところが…
ヨンファン建設の嫌がらせは 相変わらず続いているし、
今回の報道で “便法”を“不法”と誤報道したから大騒ぎ。
減給などの処分はウジンだけでなく テソクにも及ぶことに。

そしてウジンがバッグを渡されている写真が新聞に掲載される。
“放送の見返りに賄賂か?”
ウジンはジェホに電話をするが 着信拒否。
ウジンははめられたことを知る。

父が会社を辞めさせられていたことも知り…
ヨンファン建設の下請けの会社に勤めていたから圧力をかけられていた。

家族を苦しめ、上司を苦しめ、
賄賂に対して注意が足りなかった。
ウジンは辞表を出すことに。


久々にあった大学の先輩に バッグをプレゼントされたことに 何の疑いも持たなかったことがおかしい。
記者じゃなくても “下心あり?”と警戒するはず。
何も考えず大喜びするのは間抜けすぎる。

10

辞表は保留。
停職1か月となる。

スンチョルはウジンに真実を明らかにすることが大事だと励ますが…
ウジンはショックの方が大きい。

テソクはジェホを見つけ出し 証言を得る。
ジェホの承諾を得て 放送することに。

ところが上層部は別のことを考えていた。
取引。
ジェホの証言テープをヨンファン建設に渡す。
ヨンファン建設からの圧力はなくなり、誤報道の件も不問に。

GBSはニュースの冒頭で誤報道を謝罪。
この件は終了。
のはず…だけどウジンは納得できない。

スンチョルを隠れ蓑に ニューシティ事業の問題を再度取材する。
結局テソクにばれるんだけどね。
チョルソクがニュースでレポート。
上層部はご機嫌。ウジンは評価され復帰することに。

駆け引きとか どれが問題で どれが問題ないのか よくわからないけれど…
まぁウジンが復帰して また頑張り始めたのは確か。

11-12

不定期だった“深層報道リポート”が定期の1時間番組になることに。
取材だけでなく番組の進行も社会部がすることに。
女性がいいということでミョンウンとウジンのどちらかがすることに。

いくつかの課題をこなして 結果を見て決めることに。
4つの課題の結果は甲乙つけがたい。

最後の課題は
所属弁護士グループの不法秘密資金を暴いて潜伏したチョ・サンミン弁護士の取材。

ウジンは弁護士に直接話を聞こうと考える。
やっと捜しだした弁護士にインタビューを交渉中。
拘束されてしまう。

課題の時間は迫る。
拘束されたままのウジンは時間に間に合いそうにない。
進行役はミョンウンにほぼ決定し、録画が始まろうとしていた。

13

拘束したのは国家情報院&大統領府?
ウジンはこのまま拘束が続けば ニュースで取材中の記者が行方不明になったと放送されると脅す。
国家情報院&大統領府が出した条件をのみ、ウジンと弁護士は解放される。

局では録画が始まろうとしていた。
テソクもミョンウンと一緒に進行することになっているが、
ウジンのことが心配で仕方がない。

録画開始。
しかし テソクにウジンから連絡が入り、録画は中断される。
大統領府からGBS社長に連絡があり
9時のニュースで弁護士のインタビューが放送されることに。

インタビューといっても…
ウジンの好きなようにできるわけではなく国家情報院&大統領府が決めた台本通りなんだけど…
放送中 弁護士は隠し持ったメモリーをウジンに渡す。

メモリーにはパスワードがかかっていた。
数日後弁護士が自殺を図る。

知り合いに頼んでパスワードを解いてもらう。
メモリーには国家とヨンファン建設の裏契約書が入っていた。
もしかすると弁護士は自殺ではないかも…
テソクは ウジンにも危険が及ぶと思い ウジンに取材をやめさせようとする。

テソクとウジンは弁護士が入院している病院に。
そこでヨンファン建設のイ常務に会う。
イ常務は拘束された時に見かけた男と一緒にいた。

14

ウジンとテソクが調査していると知ったヨンファン建設側は圧力をかけてくる。
局長も二の足を踏む。
そこでGBS社内の記者に訴える。

ただね…テソク父オ・ソンファンが関係しているのよね…
ウジンはテソクをはずそうとするが
テソクはそのつもりはない。記者の立場を貫くだけ。

テソクは局長に頼みこみ
国家とヨンファン建設の裏契約書を報道する。

ヨンファン建設側のターゲットはテソクに。
脅迫で身柄を拘束される。
“弁護士を脅迫して取材を受けさせ 証拠のメモリーカードを手に入れた。そして自殺においやった”と。

15-16

テソクの容疑ははれ 釈放される。
しかし 今度は 税務監査。
GBSを潰すために 次から次へと圧力をかけてくる。

反撃開始。
ヨンファン建設と大物議員との関係が明らかになれば…
しかし…やっぱりオ・ソンファンが関係していて…
情報はテソクに渡らない。

ソンファンはテソクとウジンに取材を止めるように言うが
もちろん 拒否。

局長、アン社会部長、テソクは左遷。
ヨンファン建設のスパイ、チョン政治部長は昇格。

ソンファンはヨンファン建設と関係のある議員のリストと 密談の録音をウジンに渡す。
「時期が来たら連絡するから その時に報道してくれ」と。

3か月後。
ソンファンから連絡がある。

テソク、ウジン、スンチョルは賭けに出る。
ヨンファン建設と国家情報院に リストを公表するとメールする。
報道される前に説明しようと イ・常務はインタビューを受けることに。
その前に ソンファンのインタビューを報道。
ソンファンは 今まで地位を利用してきたことを告白し謝罪する。

イ常務のインタビューは墓穴を掘ることに。
ソンファンが ヨンファン建設と政府に賄賂の授受があったと告白したから
もうボロボロ。


まぁまぁ そこそこ 楽しかったのでは?
報道機関が一会社の圧力を受けるなんて困るけれど
何を取材し 報道するか、何を焦点に報道するかで 視聴者を誘導しようと思えばできることなんですよね…

大学生の時に 何を議論したのか覚えていないのですが 議論していると
先輩から「それは何の受け売りだ?自分で調べたことか?」と言われて
「じゃぁ 先輩は自分で取材してきたんですか!」と喧嘩になってしまったことがあって…

一般人には自分で見聞きすることには限界があって
どうしても報道に頼ることになってしまう。
だからこそ 公正な報道をお願いしたいけれど…
現実はどうでしょう???
報道に振り回されてしまう自分もいるし…

 1234567891011-12131415-16
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
自白
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫
  ~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
扶揺 8/2~レンタル、8/29~lalaTV
神龍 9/3~レンタル、U-NEXT、秋~DATV
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
花不棄-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
         9/11~衛星劇場
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング