FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




製パン王キム・タック あらすじ&感想


悪くはなかったけれど 平均視聴率38.7%、瞬間最高視聴率58.1%、最終回視聴率50.8%と 華々しい記録の割には…
と言いながら いつタックが巻き返すか、マジュンはタックは仲良くなれるのか など気にはなりました。
ただ…う…ん DATVの週1話の放送はやめてほしいなぁ…のらないんですよね。まとめて一気に視聴した方が面白いかも。
で、大人気のユン・シユンよりも チュウォンの方が好みでした。

そうそう フジテレビの韓流αで放送されるのを記念して ユン・シユンとチュウォンが来日するそうです。
イベントに参加したい気はあるけれど…猛暑続きなので 断念です。



全30話 2010年 KBS

出演者 : キム・タック・・・ユン・シユン
       ク・マジュン・・・チュウォン
       ヤン・ミスン・・・イ・ヨンア
       シン・ユギョン・・・ユジン

       ク・イルジュン(タック父、ユソン食品会長)・・・チョン・グァンリョル
       ソ・インスク(イルジュン妻)・・・チョン・イナ
       ハン・スンジェ(会長秘書室長)・・・チョン・ソンモ
       ク・ジャギョン(イルジュン長女)・・・チェ・ジャヘ
       ク・ジャリム(イルジュン次女)・・・チェ・ユニョン
       タック祖母・・・チョン・ヘソン
       キム・ミスン(タック母)・・・チョン・ミソン

       パルボン先生・・・チェン・ハンソン
       ヤン・インモク(ミスン父)・・・パク・サンミョン
       ホ・ガプス・・・イ・ハヌィ
       チョ・ジング・・・パク・ソンウン
       オ・ヨンジャ(ミスン母)・・・ファン・ミソン
       ユン医師


演出  : イ・ジョンソプ
脚本  : カン・ウンギョン

 123456789-1011-1213-1415-1617-1819-2021-2223-2425-2627-2829-30

1

どうしても息子を産まなければいけない。なのに2人目も女の子。
占ってもらったら 夫との間には男の子は絶対に産まれない。夫以外の男の子供を産むか、他の女が産んだ子供を引き取るか、と言われてしまう。
ショックを受けて帰宅したら 夫イルジュンが使用人ミスンを妊娠させていた。

妻インスクが怒るのは当然よね。
一番悪いのはイルジュン。インスクが3か月家を空けていたのは どうかと思うけど だからって 浮気していいわけじゃない。
けれど イルジュンも義母もミスンの味方。ミスンであろうと インスクであろうと 男の子を産めばいい。
インスクはミスンに中絶を迫り、
ミスンは病院から逃げ出す。
そして インスクは イルジュンの秘書室長で元恋人スンジェと関係を持ち 妊娠する。

スンジェは インスクからとイルジュン&イルジュン母からと それぞれ ミスンを捜すように命令されていた。
見つけ出したミスンは臨月。男の子タックを出産する。
スンジェは タックを連れて行くつもりだったが ミスンに「コソン食品と関わらないように」と約束させ 見逃すことに。
部下、インスクからは子供を始末するように言われていたのよね。でもさすがに殺せないわよね。だからといって 連れて帰ったら 産まれてくる自分の息子がコソン食品の後継ぎにはなれない。見逃すことしかできない。

時が経ち、
タックは 大家の息子に唆され コソン食品の工場に侵入。
パンを盗むが 見つかってしまう。
ちょうどイルジュンが息子をつれて工場視察に来ていた。

2

親子の再会はまだ先だと思っていたけれど そうではなさそう。
イヤ そう思わせといて 再会できないかも。
再会できたとして…あのインスクの息子マジュンが 母親に似て 気位だけは高いから いじめられて辛い毎日かも。


タックはイルジュンに盗んだパンの代金を払うため 金物の廃品回収でお金を貯める。
イルジュンに「責任も取れないのに盗みをするのは臆病者だ」と言われていたのが気になっていた。
イルジュンは 代金を支払いに来たタックに 名前を聞き “キム・タック”と知る。

タックという名は珍しい。
しかも 名前の由来が 卓球ではなく卓越の“卓”に求める“求”と聞くと 気にならないはずはない。
スンジェに調査させる。
想像通り。スンジェが本当のことを報告するはずがない。
「タックの母親は別人だった」と報告する。

スンジェに脅されたミスンは タックを連れて逃げることに。
しかし タックに拒否されてしまう。
「もう逃げるのは嫌だ」
思いなおしたミスンは タックに父親を会わせる決心をする。

イルジュンの誕生会。
ミスンはタックを連れて 訪ねる。
しかし スンジェに力ずくで追い返される。

3

親子の再会をして…
タックは父親に預けられることに。
う…ん 将来を考えたら 父親のもとで育つ方がいいんだろうか?経済的には余裕はあるけど あんな家族の中では しっかりした子供でもおかしくなってしまいそうで…母親と2人の生活の方が幸せかも。

インスクとマジュンはタックを敵視。
特にマジュンは タックを泥棒呼ばわりしていじめる。
祖母、ジャギョン、ジャリムは マジュンがタックを敵視していることを よくわかっている。
表だって 味方はしてくれないけれど いじめないだけましと思うしかないわね。

4

イルジュン母が マジュンの出生の秘密を知る! と期待したけど…
まさか…イヤ やっぱり… イルジュン母 倒れちゃうのね…
あそこで インスクとスンジェ相手に怒鳴ってもね…殺されることも考えられるし。
で、それをマジュンが聞いていた!こっちの方が大事よ。

タックはあっという間に父親のお気に入りに。
家族のだれ一人として入ったことない作業室の出入りを許されるし、
発酵の度合いを嗅ぎわける力をもっているし、
マジュンにとっては嫉妬することばかり。
その上 自分が実の子供ではないと知ったら…ひねくれるに決まってるわ。



イルジュンはマジュンとタックを連れて工場視察に。
インスクはタックを連れて行ったことが気に入らない。
工場に押しかけ マジュンを連れて帰る。

イルジュンはタックを連れてミスンの家に行く。
タックはユギョンに再会するが それをユギョン父に見つかり追いかけられる。
ユギョンから事情を聞いたイルジュンがタックを助ける。

スンジェ、凶暴なユギョン父を使って何か企んでいる様子。
タックを殺させるつもりなのかと思ったけれど ミンスを殺そうとしているのかも。

夜、イルジュン母は雨の中インスクとスンジェが歩いているのを見かける。
後をついて行き、2人の話を聞いてしまう。
「あなたを愛しているわ。あなたは息子の父親だもの」
ショックを受けるイルジュン母、インスクとスンジェを罵倒する。
その様子をマジュンが見ていた。

5

スンジェに金で頼まれたユギョン父、ミスンを拉致し 小屋に連れ込む。
そこに 謎の男登場。
謎の男は ミスンにとって敵か味方か~ 気になる~なぜ 週1話しか放送しないのよ~


イルジュン母はインスクとスンジェを罵倒する。
インスクはイルジュン母にすがり謝罪。スンジェはそれを止めようとする。
はずみで イルジュン母が倒れてしまう。
スンジェは イルジュン母を見捨てる。
でも…その一部始終をマジュンが見てしまったのよね。出生の秘密を知った上に母の罪を目撃。母がそこにいたことがばれないようにと 母が落としたブレスレットを拾い 父の部屋のドアを叩くことで 祖母が倒れていることを伝える…可哀想に…

イルジュンはドアを叩く音に気付いて 部屋の外に。
母がいなくなっていることに気付いて 捜し 発見するが、
イルジュン母は亡くなってしまう。

秘密を知っているイルジュン母が亡くなっても落ち着かない。
スンジェはユギョン父に金を渡して ミスンを襲わせる。
2人の話を聞いたユギョンは タックに“母 危険 ウルモク峠”と電報を打つ。
タックはすぐにでも母に会いたいとイルジュンに話すが、「調べる」と言うだけで タックを行かせようとしない。
そこで タックは家を抜け出す。
すると なぜかマジュンもタックについてくる。
2人は一緒に ウルモク峠に向かう。

マジュンは家出したのね。
父の子供ではないと知ってしまったし、
父がタックを戸籍に入れ 長男ク・ヒョンジュンを名乗らせると知ってしまったからよね…
息子の苦悩も知らずに タックが金庫の金を盗んだと大騒ぎするインスク…
盗んだのは あなたの息子のマジュンだと思うけど?

6

襲われそうになっていたミスンを連れ去った男は イルジュンに雇われた男だったのね。
それならそれでミスンに事情を説明しないと…
拉致されたら 逃げだそうとするのが当然。
ミスンは逃げ出し…滝壺に落ちてしまう。
きっと、たぶん、そうじゃないとドラマじゃないから、ミスンは生きているはず…よね?

目の前で母を連れ去られたタックは 母を探し歩くが見つけられない。
会長の命令で 2人を迎えに来たスンジェに 家に連れ戻されてしまう。

父の暴力がエスカレートし 施設に行くことになったユギョンからタックに手紙が届く。
そこには スンジェが父に頼んでミスンを誘拐させたことが書かれていた。

それを知ったスンジェは「母の居場所を知っている。しかしこの家を出るのが条件だ。家を出るなら教える」とタックを騙す。
タックは疑うことを知らない。
スンジェに言われるままに車に乗り 埠頭に。
タックは売り飛ばされる手筈になっていた。

逃げだしたタック、
今のタックには 母親のことしかない。イルジュンのことも、イルジュンにパン作りを教えてもらうこと、助けてくれたおじいさんからもらったパンのことも、どんなことよりも 母親が心配で会いたい。
タックは母を拉致した男、腕に風車の入れ墨のある男を探すことに。

12年後。
まだ タックは 刺青の男を探している。

タック、とっても元気そうなんだけど…
あれから どうやって生きてきたの?そのことも気になるんだけど…
イルジュンはタックを探そうとしなかったのかしら?

7

間違っているでしょうがっ!
執行猶予中で 守る妹がいるから 隠れる。
犯人の気持ちもわからないわけではない。
でも でも 母親を拉致されて12年間捜し続けたタックを目の前にして そんなことができるなんて…
イヤ 犯人より 匿うパン屋のおじさんの方が間違っている!


ようやく タックは風車の入れ墨をした男がいるパン屋を探しあてる。
しかし 従業員の腕を見るが、刺青をした男は見つからない。
見つからないけれど ここに間違いない。
追い出されたタックは店の前に座り込む。

確かに 刺青の男はパン屋の従業員の中にいた。
しかし パン屋の主人は彼を庇う。
…男の腕にはまだ刺青があるのよね…タック、刺青のある腕を 左右勘違いしているのかしら?

タックは座り続ける。
12年間の思いを考えれば ここで座ることなど大したことない。
翌日になって 店の主人の義父…こっちが主人かな?が帰ってくる。
その男はタックが家を逃げ出した時に出会った男だった。
タックは気付かなかったが、彼はタックに気付き、彼をパン屋に入れ パン屋で働くための試験を受けさせることにする。

タックと一緒に試験を受ける男がもう一人。
ソ・テジュと名乗ったけれど たぶん マジュンよね。

8

捜し続けていた母親が亡くなっていたなんて ショックが大きすぎて立ち直れないわよね。
生きる目的を失って 放心状態のタック。どうしたらいいのかわからない。
そんなタックパルボンは パンを焼いてあげる。
「パンを見ると 恨みや辛い記憶を思いだす」と話すマジュンに
「パンと仲直りして 恨みや辛い記憶とも仲直りしなさい」と。
パルボンがいてくれてよかった…パルボンはタックとイルジュンの事情をどこまで知っているのかしら?


タックもテジョ(マジュン)も合格。パン屋で働くことに。
それを知ったスンジェはヤクザを雇って拉致しようとする。
ジングはタックを守ろうとして タックに風車の入れ墨を見られてしまう。
タックに母親の居場所を聞かれるが 「俺を許すな。遅かった。まさかあそこに絶壁があるとは思わなかった」と話すだけ。

イルジュンは師匠であるパルボンに会いに来る。
この時 階下では スンジェが雇ったヤクザがタックを拉致しようと大立ち回りの真っ最中。 イルジュン、騒ぎが気になるけれど パルボンに止められ騒ぎを見なまま帰宅。
マジュンが働いていることは知ったけれど タックが働いていることは知らないまま。
あの時 階下を覗いていたら…タックの泣き声が聞こえた時 確認していたら…親子の再会ができたのに。

イルジュン、スンジェを信用しているわけではないのに いまだに片腕として雇っているのは何故かしら?さっさと解雇してしまえばいいのに。

9-10

天真爛漫笑顔のタックより 人を馬鹿にした笑顔のマジュンにドキドキ。
これじゃぁ…ドラマに嵌れない?イヤ タックのこと嫌いじゃないし、マジュン母とその愛人が悪い奴なだけでマジュンは悪い奴じゃないし、あっ、ちょっと嫌な奴だけどね。だから大丈夫。それなりに楽しめるかしら?


タックとユギョンが再会。
タックは母のことでパン屋を飛び出していたけれど ユギョンに会ったことで 少しやる気になった様子。ユギョンに「パン屋で働いている」と言ってしまったしね。
パン屋に戻り 頼みこんで 働かせてもらうことに。母のことも 新聞広告などを出して 探してみようかと考える。

ユギョンは大学生。学生運動をしている。
マジュン姉のジャリムも仲間。
ジャリムはユギョンが好きで加わったようで 学生運動に関しては本気ではなさそう。
警察の捜査を逃れて ユギョンはマジュンを頼ってパン屋に泊まることに。

インスクは会社の株を手に入れ 経営に口を出し始める。
まずはマジュンを会社に就職させ 後継者の地位を確保したい。
そこで邪魔になるのがタックなのよね。
マジュンが後継者になるのは間違いないと思うんだけど タックはイルジュンの息子として戸籍に入っているし、イルジュンはマジュンよりもタックを気に入っている様子。マジュンの出生の秘密が明らかになれば マジュンは放り出されるだけものね。インスクは落ち着かないわよね。
だからって タックを目の敵にして消そうとしなくても…
タックを消すより イルジュンを消す方が手っ取り早いと思うけど さすがにそれはできないわよね。

11-12

根性悪~いマジュンにイライラするけれど
だからといって タックを応援する気にもならず…
イマイチのらないのよね…

タック母が生きていて ク家のかかりつけ医師の助けを借りて 復讐しようとしているらしく…それは少し気になるかなぁ。家政婦さんも気になるのよね。タック母の仲間なのか、“家政婦は見た”みたいにク家の秘密を探っているのか。
インスクに送りつけられた“殺人者”と書かれた手紙はタック母の仕業かしらね。


ユギョンが逮捕される。
マジュンはタックに「ユギョンを助ける。その代わり2年間ユギョンに会わずにパン作りを勉強して パルボン先生のテストを一緒に受けよう」と話す。
タックは条件を受け入れ ユギョンは釈放される。

マジュン、自分がタックに劣っているのが気に入らない。誰もがタックに一目置いているようで気になる。
“あの男のどこがいいんだ?俺の方が上だと証明してやる”って感じかなぁ。
で…もしかすると 一番の目的は タックからユギョンを奪い取ることかも。ほんと 自分がタックに劣っているのが気に入らないのね。
まぁ 下心があって出した条件だけど タックがやる気になったから よかったのかも。

タックはミスンの助けを借りて パン作りの勉強を始める。

13-14

パルボンの店を訪れたイルジュン、タックに気付くか~ ってとこで終わりましたが…
気付くんでしょうかね…
誰か邪魔が入るんだろうなぁ…
タックとタック母も病院でニアミスしたけれど こちらも気付かないまま。
タックはガス爆発のせいで 目に包帯。タック母は目の病気で 視力が低下している。これでは すぐ近くにいても無理よね。

タック母は角膜移植しかないほど 目の病気が進んでいるらしい。
医師とナ社長の助けをかりて コソン食品の株を買い始めるが、希望の株数になるまでには時間がかかりそう。
はやく手に入れてインスクとスンジェに復讐してほしいわ。

インスクとスンジェ、嫌な奴。
パン屋で起きたオーブンのガス爆発事故は スンジェの策略。
金をもらった従業員が故意に起こした事故。
犯人が明らかになって 金をもらったと告白したらいいのだけど

インスクはマジュンに手を出すユギョンが気に入らない。
ユギョンが手を出したわけではなく マジュンが勝手に好きになっているだけなのに母親にはわからないのよね。
ユギョンが借りていた部屋を家賃2倍で借り、ユギョンを追い出す。
ところが ユギョンがコソン食品に入社してきた。
インスク、「今すぐやめさせて~」と叫んだけれど 自分勝手な意見が通るはずがない。

15-16

やっぱり マジュンの方がカッコいいのよね。
決して タックを嫌いなわけじゃない。タックを応援しているけれど
最後は タック、マジュン、2人とも後継者になって 力を合わせて頑張ってほしいわ。


素直でひたむきなタックは 人の心を動かす。
あのマジュンもタックを好きになってしまう。
タックはマジュンに「俺たち友達になろう」と話す。
そう話して 仲良くなったはずなのに…
インスクがマジュンに会いに来て…
マジュンの正体を知ってしまう。
どうなるのかしら、この2人。パルボン先生の作戦で やっと仲良くなったというのに。

インスクがなぜマジュンに会いに来たかというと…
タック母に頼まれて ナ社長がインスクに貸した金を回収しようとし始めたから。
返せなければ 株で返すしかない。そうなれば発言力が弱くなってしまう。今すぐマジュンを後継者にしたい。
そこで マジュンを連れ戻しに来た。
母の思い通りに息子が動くと思えないけどなぁ。
悪あがきはやめて さっさと失脚してほしいわ。

17-18

インスクに タックがいることを知られたから 妨害があるかと心配したけれど
イルジュンと再会したから 大丈夫かしらね。
インスクの頭の中は マジュンを後継者にすることで一杯のようだし。

マジュンは タックがいることを隠していたと イルジュンに責められて 可哀想だったわ。
話すべきだったとは思うけど、マジュンの葛藤もわかるのよね。
跡取りだとちやほやされ我儘に育てられていたのに いきなり兄登場。
父は愛する人との子供だし、今までの何もしてやれなかった分溺愛する。
母は兄と仲違いするようなことしかしない。
突然現れた兄にどう接していいのかわからないのに 誰もフォローしてくれない。
その上 自分が父の子供ではないと知ってしまう。
屈折して育ってしまったのも理解できないでもない。
でも もう子供じゃないんだから仲良くするふりぐらいしたら? とも思うけど。

さぁて…
イルジュンが タックをどう扱うつもりなのか、
後継者の椅子を巡って イルジュンとインスクは対立することになるのか、
マジュンの実父がスンジェだといつばれるのか、
タック母の復讐は成功するのか、
気になることはあるけれど 私は4人が一次試験で作ったパンがどんな味なのかが とっても気になるわ。

19-20

マジュン、最低。あんなこと考えるなんて…
密かに マジュンを応援していたけれど もう応援しない!
堂々と戦いなさいよ!まったく いつまでひねくれているのよ。

マジュン実父スンジェも最低。
イルジュンを交通事故に見せかけて殺そうとするのよ。
ところが イルジュンが行方不明だと聞いたインスクに 罵倒され ショックを受ける。
インスクはイルジュンを愛しているのよね。
スンジェ、もしかして愛されていると思っていたの?なんてお気楽な。愛されているはずがないじゃない。利用されているだけよ。バカな男。


2次試験の決め手は 発酵種を何にするか。
マジュンは会社の研究員に実験させるが、父に見つかり怒られてしまう。
そこで パルボン先生の“発酵日記”を盗み見しようとする。
しかし パルボン先生に見つかり…
「発酵種がわかったとしても 残り数日では無理だ。しかし嗅覚の鋭いタックなら もしかすると成功するかもしれない」と言われてしまう。
“誰もがタックの力を認め 自分より上だと言う”
マジュンは 嗅覚を失わせる薬を手に入れる。

マジュン、その薬を タックの水差しに入れようとするんだけど…
邪魔が入ったりして ためらったりで タックに飲ませられない。
ところが…
タックが倒れ、マジュンが持っている薬だから高価なものに違いないと思い込んだミスン母が タックに飲ませてしまう。

イルジュンはタック母と連絡が取れ 会いに行く。
スンジェは交通事故に見せかけて イルジュンを殺そうとする。
スンジェに雇われた男たちは イルジュンの車が崖下に落ちたのを確認して去っていく。
その後 ユン医師がイルジュンを助け 病院で手当てをし 家に。
イルジュンはタック母と再会する。

21-22

マジュンはどんどん深みにはまっていく。
タックが飲んだ毒薬のことを話すべきだった。
でも 自分の悪事を告白するのは難しいことだから 話せなくても まだ許せる。
許せないのは 人のレシピで合格しようとしたこと、合格できなかったのを人のせいにして放火し発酵日誌を奪ったこと。
情けない…密かに応援していたのに…曲がった性格をしているのはわかっていたけれど ここまでだったとは…


タックは薬の影響で味覚と嗅覚を失ってしまう。
パルボン先生はマジュンが毒薬を持っていたことを知るが、知らないふりをして 試験を行う。

タックはミスンに手伝ってもらい 発酵食品を使って試行錯誤をするが パンは作れなかった。
マジュンは…パルボン先生に恨みを持つ男チュンベにボンパンのレシピをもらい 作る。
パルボン先生の判定は タック合格。マジュンは失格。

マジュンはチュンベに唆される。
「パルボンが俺のレシプを盗んだんだ。発酵日誌をもってこい。日誌は俺の物だ。パルボンは盗んで今の名声を手に入れたんだ」
パルボン先生に「機会を与えてほしい」と頼むが 突き放され 放火し日誌を盗みだす。

そして…
チュンベが ボンパンは自分が作ったものだと陳述書を提出する。
タックは 倒れたパルボン先生の代理で異議を申し立て、製パン協会の技術再審査が行われることに。
チュンベの代理でマジュンが、パルボン先生の代理でタックが パンを作る。

パルボン先生とチュンベが一緒にボンパンを作ったのね。
しかし チュンベは金儲けに走ったため 仲違い。
パルボン先生はチュンベを追い出す。
それから別々にパンを作るが チュンベが負けてしまう。
…金儲け主義ってところが マジュンにそっくりなわけね。

23-24

マジュンの心は腐りきっている。
ボンパンの審査員を買収して勝とうとするなんて…情けない。
インスクの育て方に問題があったのは明らかだけど 今までにも改心するきっかけはあったはずなのに やっぱり裏工作することしか頭にない。
で、裏工作したのに「タックのパンを食べたら気が変わった。あのパンは本物だった」と裏切られて 負けてしまう。
そろそろ 心をこめてパンを作ることが一番大事だと気付いてもいいんじゃないの?
亡くなったパルボン先生の遺言
“3次試験の課題はこの世で最も幸せなパンだ。この世で最も腹を満たすパンは人を思いやる心だ。この世で最も面白いパンは自分が楽しむ心を育てるためのパン。この世で最も幸せなパンはこれからの人生で作っていくべきパンを示している。3次試験の課題をやり遂げてほしい”をかみしめて 心を入れ替えてくれるといいんだけど。

タックが作ったボンパンは認められ 認定書は剥奪されなかった。
しかし すぐに問題発生。パンに鉄粉が入っていたと嫌がらせを受け 慰謝料を請求される。
やはり 裏にはスンジェがいる。
タックは 慰謝料を請求した男と接触した男が乗っていた車がコソンの車だと知り、イルジュンに会いに行く。

イルジュンはスンジェの仕業と知り 辞職を迫る。
しかしスンジェは辞職する気などまったくない。それどころか 理事たちを集めてクーデターを計画していた。
クーデターを成功させるためには タック母から奪った株、味方にした理事の株を集めても 足りない。
そこで インスクはマジュンをソチャン物産の娘と結婚させようとする。

マジュンはユギョンと結婚したい。
イルジュンも2人の結婚を認めるつもりでいる。
けれど インスクは認める気はない。マジュンのために後ろ盾は必要だと考えている。
母と衝突したマジュンは 祖母が亡くなった時に母が落としたブレスレットをユギョンに渡し、家族と会う日につけて来るように話す。
インスクがそのブレスレットを見て どう反応するのか…それでマジュンとユギョンの結婚を認めるとは思わないけど マジュンが話しを聞いていたと知ったらショックよね。

イルジュンが倒れる。
インスクとスンジェは 長男であるタックが会社を相続するのを怖れ 書斎をあさる。
しかし イルジュンはこうなることを怖れて 手を打っていた。
弁護士がタックを訪ね、書類を渡す。
会社の権利書、株券と委任状。会社を引き継ぐための書類だった。

タックはどうするか…
どっちが後継者になっても構わないけど インスクとスンジェは何とかしてほしいわ。

25-26

最終回に向けて 再会シーンが続々と。
タック親子の再会は感動シーンになりそうだけど
ユギョン親子の再会は…ユギョンにとって辛いものになるかも。「一度くらいは親らしいことを」とタックに言われたことを思い出して ユギョンのことを「娘ではない」と言ってほしいけれど…
スンジェに連れて来るようにと言われ 病院に行ったジング、タック母に再会。まさかスンジェのところに連れて行かないわよね?


タックは父の意思をうけて 会長代理になる決心をする。
タックが乗り込んできたのを見て マジュンもやる気になる。

タック、書類の山に悪戦苦闘する。
「自分らしく」とミスンに励まされ タックは考えを変える。
パンから責めることに。

理事会。
新事業計画を提出したマジュンに対して タックは手作りのパンを持ってきて訴える。
「コソンが守ってきたのはパンの味です。マーケティングを知らない私が会長の代わりにできることはパンを作ること。それが代理に指名した理由のはず」

タックの会長代理の件は猶予される。
業績が悪化している青山工場で新商品を開発し たてなおせば 会長代理として認められることに。
青山工場は酷いものだった。
ミスン父らベーカリーの仲間に頼んで 調べてもらったところ パンの味がおかしい。小麦粉の在庫量もあわない。質も悪い。本社では手当は出ていることになっているのに 実際には払われていない。着服も行われているらしい。

青山工場に ユギョン父が警備員として働いていた。
ユギョン父はまだユギョンを憎んでいる。タックはマジュンとの結婚を控えているユギョンには教えないことに。
ところが…ブレスレットのせいで渋々承諾したインスクが ユギョンから身を引かせるために 実父捜しをスンジェに命令し…
スンジェは 衣装合わせ中のユギョン、マジュン、インスクの前に ユギョン父を連れてくる。

27-28

タック、母と再会。
14年間…長い間離れ離れだったのよね。
何が何でも母に会いたい というタックの気持ちに負け タック母を拉致したヤクザは手を引き…再会する。

タック母を拉致させたのは もちろん スンジェ。
タック母が持つ株が目的だったみたいね。
もちろん タック母は株を譲らない。今更 脅されてもね…タック母は息子のためなら死んでもいいと思っているだろうし。
タック母拉致の実行犯はジング。
それを知ったタックはジングを恨む。
しかし 裏があった。
スンジェの悪事の証拠を捜すため イルジュンの命令でジングはスンジェの味方をしていた。

タックが再生させなければいけない青山工場だけど…もうボロボロ。
小麦粉の質が悪い。質が悪いからパンがおいしくない。
値段と質が釣り合っていないから誰かが差額を着服しているのは確か。
タックは取引先を変えることにする。
それに文句を言うスンジェ。
タックが びしっと「代理とはいえ私は会長です。人事権も持っています」と言ったけれど…裏で 青山工場を操っているのはスンジェなのよね…
タックがひとりで再生できるとは思えない。
イルジュンが理由あって意識のないふりをしていると知ったジャギョンが 協力してくれるといいのだけれど。

マジュンとユギョンは結婚する。
マジュンはユギョンにブレスレットの秘密を打ち明ける。
そして 急に態度が変わり 毎日酒と女で帰宅しなくなる。
ユギョンを愛していると思ったんだけどなぁ…
「望み通り結婚してやったから 今度は俺の望みを叶えてくれ」なのよね。
まぁ タックに嫉妬しているからだと思うけど。
で、ユギョンはマジュンに協力するため インスクにブレスレットを見せながら
「これはお義母様のものだそうですね。14年前に 離れの庭で拾ったとききました。その日は大雨だったそうです。記憶にありますか?」と話す。

慌てたインスクはスンジェを呼び 14年前の話をする。
「マジュンが見ていたかもしれない」
ところが 2人の話をイルジュンが聞いていた。
証拠が見つかり 問題なくタックに引き継げるようになるまで 意識のないふりをしておくつもりだったろうに…
起きるのが早かったかも…また倒れたりしないでほしいわ。

29-30

ジャギョンが会長代理になれるんだったら
男の子にこだわらなかったら
イルジュンがタック母に手を出さなかったら
インスクはスンジェと浮気しなかったかもしれない。
タックが生まれず スンジェが自分の子供であるマジュンを後継者にしようとしなかったら…
たられば のことを言っても始まらないけどね。

スンジェはマジュンが後継者になれば インスクが自分のもとに来てくれると信じていたのね。
しかし 可哀想にインスクはイルジュンを愛していた。
男の子が生まれず 夫は浮気。思わずスンジェにすがっただけ。昔も今もイルジュンを愛し、イルジュンに愛されたいと思っている。
けれど インスクがマジュンに固執すればするほど スンジェが卑怯な手を使えば使うほど イルジュンの心はインスクから離れてしまった。


タックはジャギョンの協力を得て 米を使ったパンを作る。
“白いパン”はおいしくできた。
しかし 取引先の社長は工場長の顔色をうかがい “白いパン”を否定する。
ところが…
やっぱり おいしいパンを売りたいと思うわよね。
社長はタックに納品してほしいと依頼。
工場長もタックに「工場を立て直しましょう」と説得される。

母が不倫してできた子ども。
誰にも言えず 何も知らないふりをして生きてきたマジュン。
スンジェに従順だったマジュンはスンジェを切り捨てる。

イルジュンに悪事がばれ マジュンにも捨てられ
スンジェはタックを殺そうと考える。
今更 タックを殺しても何も変わらないのに スンジェはそれしか考えられないらしい。
タックを拉致し 会社の屋上に連れてきて 殺そうとする。
しかし タックが秘書に連れ出されて行方不明だと知ったマジュンが秘書から話を聞きだし、警察を呼ぶ。
スンジェは逮捕される。
マジュンは二重帳簿を警察に渡す。

株主総会 タックは代理にジャギョンを推薦する。
マジュンも同意し、ジャギョンが代理に就任する。
理事たちは「女だから…」と異議を申し立てるが タックとマジュンの持ち株が50%を超えるから 覆せない。

タックはベーカリーに戻り、
マジュンはユギョンを旅行に出る。

 123456789-1011-1213-1415-1617-1819-2021-2223-2425-2627-2829-30
関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
検法男女2

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)
  -運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
チョン・ヤギョン李氏朝鮮王朝の事件簿
       10/6~チャンネル銀河

蘭陵王妃 9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送終了
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
大唐見聞録 皇国への使者(唐磚)
         11/~チャンネル銀河
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング