FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




大胆な彼女あらすじ&感想


スニョンが幸せになる姿を見たくて KNTVでの放送を待ち切れずにレンタル。
少しずつ 意地悪セビンが不幸になってくのは嬉しいけれど
スニョンはなかなか幸せにならず…やきもきしました。

なんてことはない 普通で ありがちな日々ドラマなんですが、結構嵌りました。



全105話 2010年 SBS

出演者 : チ・スニョン・・・イ・ユリ
       ハン・ギュジン・・・イ・チャンフン

       ワン・セジュン(スニョン夫)・・・カン・ソンミン
       ワン・セビン(セジュン妹)・・・ソ・ジヨン
       ワン・マンギル(セジュン父)・・・キム・ハギュン
       ハ・ウンシル(セジュン母)・・・キム・チョン
       ワン・セッピョル(愛称 タルギ)(スニョン娘)・・・イ・チャンジュ

       ハン・ジュミョン(ギュジン長男)・・・イ・ジュンムン
       ハン・ジュラン(ギュジン長女)・・・ホン・イニョン
       ホン・ボオク(ギュジン母)・・・キム・スミ

       コ・ミンジャ(スニョン叔母)・・・イ・ジョンナム
       ファン・モラン(ミンジャ娘)・・・ソン・フャリョン
       ペク・ドンス(ミンジャ夫)・・・チョンウ

       キム・サンス(スニョン同僚)・・・
       教授・・・キム・イェリョン
       ノ・ウンギョン(ギュジン友人)
       オ・ドンジェ(ジュラン先輩)

演出  : イ・ドンフン
脚本  : パク・イェギョン

 1-345-89-1213-1617-2021-2425-2829-3132-3334-3637-3940-4243-4546-4849-5152-5455-5758-6061-6364-6667-6970-7273-7576-7879-8182-8485-8788-9091-9394-9697-99100-102103-105

1-3

愛する夫が亡くなってしまった。ひとりで生きるために就職した会社は 夫の技術を盗んだ会社だった!
…って よくある話ですが…“会社に復讐する”話が中心にならなければ 楽しくみれそうです。

ハン・ジュミョン役のイ・ジュンムン、今回も あまりいい役じゃなくて…
「18.19」のヌン君の時はよかったのになぁ…
そのあとパッとしないのよね(あくまでも 私の中で)

それにしても…とりあえず1話を見てみよう とレンタル。しばらく放っておいている間に KNTVでの放送が決定。
…もう~ 借りなきゃよかったよ~


スニョンは主婦で大学生。
夫と夫の両親の4人暮らし。
夫の妹は 留学中(のはず)
スニョンの両親はすでに他界。親戚は叔母とその娘だけ。

夫セジュンは長年研究してきた化粧品の開発に成功する。
特許を取り 商品化できれば 会社の資金に余裕ができるはず。
苦労をかけてきたスニョンや両親に楽させることができる。
ところが 信頼していた後輩にデーターを盗まれてしまう。

後輩…父親の入院費がかさんでお金に困っていたらしいのよね。
商品化するまでの期間さえも 待てなかったらしい。
夜中に会社に侵入。サンプルとデーターを盗みだし、エンプ化粧品会社のジュミョンに売ってしまう。

翌日 盗まれたことを知ったセジュン、連絡が取れない後輩を疑いつつも 信じようとする。
しかし 後輩が借金を返したことを知り 警察に盗難を届ける。

ジュミョンは社長ギュジンの長男。
ギュジンとは違って 怠け者。父に認めてほしくて 仕方がないけれど 実力がない。
そこに ふってわいたような話。
ジュミョンはすぐに技術移転の契約をし、会社でプレゼン。商品化されることに。

4

セジュン、人が良いというか…世間知らずというか…
後輩を訴えたくない気持ちはわかる。長年苦労を共にしてきたし 父親の入院費のためにやむなくしたことだと思うから 穏便に済ませたいはず。
でもね…きちんと調べてもらうべき。後輩だけじゃなくて 技術を買った人もいるわけで 何が起こり 何が問題なのかはっきりするべき。
その結果 後輩が罪に問われても 技術が戻ってこなくても仕方ない。


セジュンは後輩の通話記録から 後輩が技術を渡した男を見つけ出す。
男に会い、「技術を返してほしい。後輩が罰を受けるのは望まないので訴えるつもりはありません。しかし難しいなら法的に解決します。契約金はお返しします」と話す。
セジュンは名刺を渡したけれど 男から名刺をもらわなかったのよね。
後日 新聞で 先日会った男がエンプ化粧品の社員だと知る。

セジュン妹セビンが未婚の母となって帰国。
セジュン母が見た胎夢はセビンのことだったみたいね。

5-8

短絡的。おバカ。冷静に判断できないのか~
セジュン、亡くなっちゃいました…
セビンの子どもを養子にし 家族写真を撮って 幸せいっぱいだったのに。
あの赤ちゃん、タルギちゃんのことどうするんだろう?
セジュンが亡くなったら あの姑のことだから スニョンを追い出すわよね。
で、スニョンはダルギを連れて出ようとするだろうけど。
実はセビンの子供だから 姑はタルギを渡せないはず。
う…ん、実の子供じゃないんだし タルギを置いて出た方がいいのかも。

それにしても セジュン母には驚いたわ。
娘をシングルマザーにしたくない気持ちもわかる。
でも 姪の子どもと偽って 息子夫婦に押し付けるようなやり方は酷いわよね。
セビンに責任取らせなさいよ!甘やかせすぎよ!…ってね…最近 娘を甘やかせすぎたと反省している身としては 大きな声で言えないのが辛い。

技術が盗まれたことに関して
セジュンは訴訟を起こさないことに。
後輩は自分が研究開発したと偽っていた。ジュミョンやエンプ化粧品の非を追及するのは難しい。
そこで セジュンは「開発技術の権利を放棄するので 他の技術を買ってほしい。今工場は危機的状況にあるから 投資してほしい。社長に会わせてください」と頼む。
しかし 「社長は出張中」と言われ 会わせてもらえない。

そして…セジュンは ジュミョンがエンプ化粧品社長の息子と知る。
“工場が強盗に荒らされたのもジュミョンの差し金だったに違いない。直接社長に会わなければ”
セジュンはジュミョンに会い 非難した後 エンプ化粧品に向かう。
車を降りた横をバイクが走り去る。
バランスを崩し 書類が道路に散らばる。
そこに 車が来て セジュンは跳ね飛ばされ 地面にたたきつけられる
セジュンと別れた後 ジュミョンはまた「何とかしてくれ~」と電話していたけれど
セジュンを殺そうとしたのは バイクの方?車の方?

9-12

韓国ドラマの姑は理不尽なものと決まっているけれど…
セジュン母 酷過ぎ~
セジュンが死んだのはスニョンのせい。
夫を亡くして辛いのに 姑から責められ タルギの世話に家事に ボロボロ。
で スニョンは流産。
それも スニョンのせいらしい。
まったく 流産はストレスを与え こきつかったあなたのせいでしょうが~

セジュン母は息子を殺した嫁の顔は見たくないとスニョンを追い出そうとする。
セジュン父はずっとスニョンを庇っていたが 流産直後ということで養生させるために 叔母の家に行かせる。
けれど…スニョン、叔母の家にも居づらいのよね…
結局 スニョンは戻ることに。

その頃 セビンとセジュン母はタルギの世話に困っていた。
セビンは自分の子どもなのに世話できないし、セジュン母は娘に世話させたくない。
仕方ないからスニョンを呼びもどそうと相談。
だから スニョンが戻ってきてくれて ラッキーだったはず。

数年後 タルギは保育園に通っている。
セビンが実の母だということはもちろん知らない。
我儘で自分勝手で母に文句ばかりを言うセビンが大嫌い。
セビンは自分のことを棚に上げ 自分になついてくれないタルギを可愛く思えない様子。

スニョンはエンプ化粧品に就職。
当初はマーケティング部に配属されるが 部長のジュミョンに嫌われ 倉庫に配属される。
在庫整理をしているところに タルギ行方不明の連絡が入り 帰宅。
タルギが見つかった後 残りの仕事をするために倉庫に。
そして 頭から血を流して倒れているジュミョンを発見する。

ジュミョンは不良品が市場に出回っているということで 原因を突き止めようとしていた。

13-16

セビンならしそうなことよね…
で、両親は 事実を知りながら セビンを庇うし…
頼る人も庇ってくれる人もいないスニョンが可哀想。


スニョンはジュミョンの携帯で救急車を呼び、
ジュミョンが救急車に乗せられたのを確認した後 帰宅する。

ジュミョンの事故はスニョンのせいではない。助けたのはスニョンなんだから 感謝されるべき。
なのに 事故の責任を取らされて辞めさせられる。

ジュミョンは女性が通報したと聞き、女性がいたことを思いだす。
女性物の上着で頭が止血されていたと知り、女性を捜すことに。
上着のポケットに入っていたチラシを頼りに セジュン両親の不動産屋に。

店番をしていたのはセビン。
セビンはスニョンから話を聞いていたから 救急車を呼んだことなどを話し始めて…
セビンが命の恩人になってしまう。
というか…セビンははじめから騙すつもりではなかったんだけど…ジュミョンが勝手に勘違いしちゃったのよね。
セビンは ジュミョンに一目ぼれ。社長の息子だから逃がしてはいけないと ジュミョンの勘違いを利用することに。
倉庫にいた理由を聞かれて「義姉が倉庫で働いていて 姪が会いたいというから会いに行った」と説明する。

セビンから話を聞いたセジュン母はスニョンに話すように諭す。
けれど 娘には弱い。
娘から「好きになったの。逃したくない」と訴えられれば協力するしかない。
ジュミョンが来たこと、セビンが恩人になっていることを隠すことに。
隠そうとすると 困ることが出てくる。
ジュミョンからお礼の品が届いたり ジュミョン祖母が家に来たり、そのたびにスニョンを誤魔化さなければならない。
いつかはばれてしまう。
そこで セジュン母はスニョンを再婚させようとする。
「再婚する時は タルギを置いていっていいから」と。

再婚に反対していたセジュン母の態度が急に変わったことに不信をもったセジュン父、
妻と娘の会話を聞いて セビンが恩人のふりをしていることを知る。
で、セジュン父がどうしたかというと…
スニョンに「このままだと家政婦のようにこき使われるだけだから 独立したらどうか」と。
この人もセビンが可愛いのね。

17-20

セビンのジュミョン獲得作戦 そのものは ありがちな手だから いいんだけど
恩人のふりをして近づいたわけだし、スニョンに対する態度が酷いから イライラするのよね。
ジュミョンはおバカだから セビンの罠にはまってしまいそう。

スニョンは提案した企画が認められ エンプ化粧品に再就職する。
で、元の部署に。
ジュミョンが部長で セビンもそこで働いている。
家でも会社でもセビンに悩まされそう。

スニョンはセビンに虐げられてばかり。
でも いずれ この2人は姑と嫁の仲になるのよね。
その時が とっても楽しみなんだけど そうなるのは 後半になってからよね。

21-24

セビン、スニョンに「あ~ムカつく~」と叫んでいたけれど
私はあなたにむかつく~
娘のことしか考えていないセジュン母にもムカつく~
ついでに ジュミョンもムカつく~

セビンとジュミョンにいじめられるスニョンだけど ギュジンは本当のスニョンを見てくれている様子。
部長にいじめられても 社長に認められればいいのよ。スニョン、頑張れ~
ものすごくスニョンが可哀想 ってわけじゃないけれど セビンとジュミョンが意地悪だから 応援したくなってしまうわ。



ジュミョンは相変わらずスニョンに意地悪。
売上報告書を明日の朝までに仕上げるように と命令。
スニョンは同僚のキムが貸してくれた昨年の実績が保存されているUSBメモリを参考に作成する予定。
ところが 自宅でするつもりが 会社にUSBメモリを忘れてきてしまい…
タルギを連れて 会社ですることに。

この時に 会社内でタルギが迷子に。
残業していたギュジンが見つけてくれて 問題はなかったんだけど…
ギュジンは“子どもを連れてきてまで残業するのか?もしかしてジュミョンはひとりに仕事を押し付けているのか?”と思った様子。
…そうなのよ、あなたの息子はとんでもなく公私混同する男なのよ。

翌日。
売上報告書は完成するが…
なんと セビンにUSBメモリを盗まれ…
スニョンは また作成することになってしまう。
そうそう この時スニョンはジュミョンに罵倒されるんだけど ギュジンが目撃していたのよね。
…これでわかったでしょう。あなたの息子は社長になれる器じゃないのよ。

で、またタルギを連れて 会社で残業。
今度は タルギ、設置中の高価な彫刻を壊してしまう。
ギュジンは会社内で起こったことだからと スニョンに賠償を求めなかったのに
ジュミョンは 返済の覚書を書かせるのよ。
まったく ギュジンに「大きなミスでも庇った時に 本当の部下になるんだ」と諭されていたけれど こんな男、今更 諭しても まともになるとは思えないんだけどなぁ。

スニョンは原料の件で キムと農場に行くことに。ジュミョンも同行する。
しかし 途中で セビンが怪我をしたと連絡が入り、ジュミョンはスニョンを降ろして 病院に向かう。

まったく…怪我したくらいで 仕事を放り出すなんて…
だいたい セビンの怪我って スニョンとジュミョンが一緒に出かけたと聞いて スニョンが何か話すんじゃないかと心配で慌てていて階段から落ちたからなのよね。たいした怪我じゃないし。

スニョンがバスで農場に向かい、話を聞いて、会社に戻って報告書を書いている間。
セビンとジュミョンは仲良く回転すしで食事…あり得ない~

ギュジンはジュミョンの行動に「公私混同するな」と怒る。
セビンとの結婚にも反対する。
しかし ジュミョンは反対されればされるほど意地になるらしい。
ギュジン母の提案もあり、
ギュジンは「お前の意見を尊重する。本当に愛しているのなら 距離をおいてゆっくり考えるように。客観的に考えるように。それでも考えが変わらないのならはじめればいい。お前を信じる」と話す。

ジュミョンはセビンに「家族に認めてもらうために 距離を置こう」と連絡。
セビンは唖然。
このまま捨てられては困ると ジュミョンの車に立ちはだかる。
騙して 押して 引いて 駆け引きして 結婚までたどりつけたのに 放っておけないわよね。

25-28

なんだかね…やるせないというか…
両親がいなくて 叔母に頼れなくて 亡き夫の家族にうとまれて
スニョンが可哀想…
セビンが 自分が助けたと嘘をついたのは許すことにしたけれど
まだ スニョンは知らないことがあるのよね。
タルギがセビンの娘だと知ったら…


ジュミョンは家族の反対を押し切って セビンと結婚することに。
反対というか…セビンとのことにかまけて 仕事をおろそかにするから 信用をなくすのよ。
きちんと仕事をすれば 信用ができ、“ジュミョンが好きな人なら…”ってことになるのに
セビンと付き合いだしてからおかしくなったと思われるから ゆっくり考えるように言われるのよ。
結局ギュジンとギュジン母が折れることに。

スニョンはギュジンとジュミョンの言い争いを聞いて
倉庫で ジュミョンを助けたのがセビンになっていることを知る。
義両親も知っていて黙認していたことも知る。
悩んだ結果 スニョンは事を荒立てないことにする。
ダルギがセビンと同じことをしたらどうするだろうかと考え、自分に良くしてくれた義父に報いることに。
そして スニョンとダルギは セジュン家を出て行く。

29-31

セビン母(セジュン母)は タルギが可愛くないのかしら?
表向きは血のつながっていない孫だけど 実はセビンの子ども、実の孫。可愛いはずなのに…
スニョンと一緒に追い出して関わりたくない様子なのよね。

スニョン叔母は スニョンがセビン両親から渡されたお金が少ないと スニョン両親に文句を言う。
スニョン母は十分だと思っている。これ以上 入学金だとか授業料だとかでせびられたくない。
そこで タルギを隠し、スニョンに 「覚書を書けばタルギを返す」と持ちかける。
スニョンはタルギと離れて暮らせないから 覚書を書くはず。問題は内容なのよね。

スニョンがもらったお金が少ないとか 入学金をせびられるとか そんなことより タルギが可愛いなら 離れて暮らしてもできる限りのことをするはずだと思うんだけどなぁ…
孫より娘が大事なのよね。

セビンとジュミョン、結婚。
助けたと嘘をつき 素敵なお嬢さんのふりをして 計画通り “次期社長の奥様”の座に。
セビンの化けの皮をはがしてやりたい気分。
代わりに ジュランがしてくれそう。期待してるわ、ジュラン。

32-33

展開は想像できるんですけどね。
スニョンがギュジンと結婚した時の セビン家族の反応とか
セビンの嘘がジュミョンにばれるのか とか
セジュンの死の真相が明らかになるのか とか
気になるんですよね。
なので レンタルしてしまいました。



ギュジンはスニョンが酔っ払いに絡まれているのを目撃。
酔っぱらいを殴る。
助けるのが当然なんだけど…
ギュジンがそんな行動を取るのは珍しいらしい。殴っちゃったしね…
“M化粧品の社長 暴力”とネットに流れてしまうし 問題が大きくならないといいけど。

で、そばでその様子を見ていた ギュジンが大好きなウンギョンは ギュジンの気持ちに気づいたかも。
ウンギョン、いい人そうだけど 何年も待ち続けたギュジンをスニョンに取られると思ったら 悪女に変身するかも。


セビン母がスニョンに書かせた覚書の内容は
“再婚せずタルギだけを見て タルギの母としてタルギの権利と責任を放棄しません”
というもの。
セビン母は「これは あなたが望んだこと。私たちの関係はこれで終わりにしましょう」と。

そこまでして娘を守りたいのか! って感じ。
セビン父、覚書のことを知って 家を売ってスニョンにお金を渡そうとするんだけど 離婚問題に発展しちゃったのよね。
スニョンが「自分から覚書を書くと言いました。私はお金よりも亡くなった夫と娘がいれば幸せです」とセビン父を落ち着かせて この話は終わり。
う~~~納得できない。


セビン、パスタに失敗。
翌朝は 朝食の用意がほぼ終了した頃に 起床。
いつになく早起きしたジュランに 味見したスープに塩を大量に入れられ 濡れ衣を着せられることに。
こんなことでは まったくめげていないようだけどね。

でもさぁ… 買ったものを弁当箱に詰めてジュミョンに持って行くより 料理を習いに行った方がいいんじゃないの?いつまでも誤魔化せないと思うけどなぁ。
それに わざわざスニョンに「私が誰だかわかりますか?」って…
後でスニョンのことを「お義母さま」と呼ぶことになった時が楽しみだわ。
それはジュミョンにも言えることよね。
スニョンを目の敵にしていじめて こちらも「継母」と呼ぶ時が楽しみだわ。

34-36

早い展開にびっくり。
ギュジン、
母に「もしかして思っている人がいるの?」と聞かれて スニョンの顔を思い浮かべて すぐに否定していたのに…
飲み会で ジュミョンに「社長の周りをうろつく目的はなんだ!」と言われて飛び出したスニョンに「特別に思っているのは本当です。もっと気を配るべきでした。僕のせいで すみません」と。
翌日 「誤解を招く行動はやめてください」と話すスニョンに「誤解ではありません。僕の正直な気持ちです。一人の女性として特別に思っています」と。

…スニョンを好きなのは分かっていたけど こんなに早く自分の気持ちを伝えるとは思っていなかったわ。
もしかして…最終バスを逃したスニョンを送って行った時 スニョンがタルギに歌ってあげた子守唄で ぐっすり眠れたせい?

スニョンとギュジンの噂を聞いてセビンは慌てふためく。
スニョンに「何が目的でお義父に近づくの」と怒鳴る。
翌日 飲み会での話を聞いて 今度はスニョンの気持ちを確認。
スニョンに その気はないと聞いて ホッとする。

ジュミョンは飲み会で爆発させただけでは怒りがおさまらない。
ギュジンに「スニョンはセビンの友人だ」と話す。
当然、セビンがスニョンに悩まされていたというセビンの嘘も話す。

ギュジン、母からも「彼女のおかげで眠れるようになったけれど 嫁と友人なんだから 早く整理した方がいい」と言われたのよね…諦めちゃうのかしら…別に 友人でもいいと思うんだけど。

セビンのせいで スニョンが悪く思われるのがたまらないわ。
スニョン、ウンギョンにスニョンのことを聞かれて あからさまに悪口は言わないけれど
「あの子に会うと胸が苦しいんです。どうして あんな…すべて環境のせいです」と返事するのよ。
“スニョンには問題があります~”って言っているようなもんじゃないの!まったく。

ウギョン、セビンを信じているのよね…
ジュランに セビンの留学時代のことを調べてほしいと頼まれたけど 断ったし…
調べたら マズイ過去がたくさん出てきそうなのに。

そうそう ジュミョン、セビンの兄が化粧品の開発をしていたことを知ったけれど そこまで。
写真を見たら 驚くはずなのに…

37-39

え~~~なんでそうなるかなぁ…でも…仕方ないのかなぁ…
まぁ ギュジンと結婚して苦労を背負うことはないわよね。
でも…スニョンがギュジンを好きになっていたから スニョンの気持ちを思うと…可哀想。
それも これもあのセビンのせいだわ!



ジュミョンが社員の前でスニョンを罵倒する。
それを目撃したギュジンはスニョンの腕を引っ張って 出て行く。

それを聞いたセビンはまたまたスニョンを呼び出す。
いきなり水をかけて罵倒。
けれど スニョンだって黙っていられない。
「私たちは他人でしょう?他人なら口出ししないで」と。
すると セビンは覚書のことを持ち出す。

ギュジン母はギュジンの気持ちを信じることにし、スニョンに会う。
しかし スニョンから「好きだけど 社長には釣り合う人と一緒になってほしいです」と言われてしまう。

セビンは ギュジン母がスニョンに会いに行き、好感をもった様子なのを見て
「スニョンには 他に男がいます」と話す。

それでも 落ち着かないセビンは またまたまたスニョンに会いに行く。
やっぱり いきなりスニョンの頬を叩き、
「お義父さんと結婚するつもりなの?義理の姉妹だった私たちが親子を分け合うのね」と話す。
ところが スニョンの後を追いかけて来た ギュジンが話を聞いていた!

するとセビンは「話したかったけれど スニョンに口止めされたんです。お義父さんに近づきたかったからだと思います」と言い訳する。

ジュミョンに責められ、
ギュジンに無視され、
その上 セビン母にも責められる。
「私はどうなるんですか。 いつまで濡れ衣を着せられるんですか?」とセビン母に話すスニョン。
…ほんと 可哀想…誤解されたままなんて…
同僚のキムに 泣きながら話して 少しすっきりしたようだけど…
頭にくる~~~助けたのは自分だ ってぶちまけたら?でも信じてもらえないわよね。

ギュジン、スニョンのことを信じているようだけど 諦めることに。
母の願いどおりに ウンギョンにプロポーズする。

40-42

ギュジン、酷い男。
散々 スニョンを振り回して 嫁と友人で義姉妹だと知った途端に スニョンを捨てて ウンギョンと婚約 なんて。
ギュジンが余計なことを言わなければ スニョンにとって“素敵な社長”でいたはずなのに
「一人の女性として特別に思っています」と言われたら その気になってしまうわよ。
おまけに 嘘をついたのはスニョンが頼んだから ってことになってるし…
ギュジンは スニョンとセビンが言い争っているのを目撃したから 他にも隠していることがあるのかも と思ったようだけど スニョンがセビンの悪口を言うはずないから 誤解されたまま。はぁ…

同僚にも冷たく言われ…
ギュジンにも 他の会社を紹介すると言われ…
それでも スニョンは頑張るつもりでいた。
けれど ウンギョンがわざわざ呼び出してギュジンにキスするのを見せつけたのに 耐えられずに 退職届を提出。
その日に 私物を整理する。

ジュミョンはセビンの嘘が許せない。
セビンの嘘をセビン両親も知っていたはずと確認に行く。
けれど セビン母に言いくるめられ 悪いのはスニョン ということで納得する。

セビン父は本当のことを言うべきと ジュミョンとセビンを呼び出す。
それが…先にセビンに相談するのよね…まったく…相談したら「言わないで」と泣いて頼まれるに決まっているじゃない。
予想通り 「1人身じゃないのに離婚されたら困る」と泣かれて 何も話せないまま。

この時セビンが嘘をついた“一人身じゃない”=妊娠で 大変なことに。
ジュミョンは大喜び。もちろんギュジン母も大喜び。
ウンギョンが知り合いの産婦人科を予約し 付き添うと言いだす。
とりあえず 産婦人科に行くのは 風邪を理由に中止したけど いつまでも嘘はつけないから…ばれたら また 夫婦中に亀裂が…個人的には そうなったら とっても嬉しいけどね。

ウンギョンは スニョンを忘れられないギュジンの心変わりが心配。
やっと手に入れたギュジンを失いたくない。手にしたものを奪われたくない。
そこで ウンギョンはスニョンを呼び出し、
「食堂で働いているそうね。新しい仕事を見つけるのは大変よね。結果的には迷惑をかけたことになって申し訳なく思っているわ。私たちの気持ちです」と金を渡す。
怒りがおさまらないスニョンは ギュジンに金を叩きつける。

43-45

そうよね、賢明な人なら 自分が惨めになるようなことしたくないわよね。それに 愛している人が不幸になるのも見たくないはず。

それに比べてギュジンの優柔不断なこと。
スニョンを忘れられない気持ちは分からないことはないけど…
結局 2人の女性を不幸にしていることがわからないのかしら。
スニョンと結婚できないからって すぐにウンギョンにプロポーズするのが間違っているのよ。

ギュジン、ストレスで入院。
しかも 一時減っていた睡眠薬がまた増えたらしい。
付き添っていたウンギョンは ギュジンが苦しんでいるのを見て 別れを告げる。

マンマミーアが商品化されることに。
ギュジンが会社に戻るようにと説得するが…
スニョンは悩む。
“商品化はしたい。けれど 針の筵のような会社には戻りたくない。他の会社での商品化は難しい…”
キムに説得され…もう逃げないことに。
スニョンは会社に戻ることに。

セビンは嘘の妊娠を事実にするために 妊娠を急ぐことに。
ところが…母と言った漢方医で 前回の妊娠の時に養生しなかったために妊娠しにくいと言われてしまう。

46-48

なんて奴。
セビン、妊娠を誤魔化すためにスニョンを利用。
スニョンが押して階段を落ち 流産したことに。
そこまで スニョンを利用するなんて…スニョン、これ以上 セビンの嘘に付き合う必要はないわよ。

しかし…
神様はいた!というか…いつまでもヒロインが辛い思いをするはずがない。
ギュジン母とジュランと3人で 健康診断を受けに行き…
流産どころか妊娠していないことまで明らかに。
ざまみろ。これから どんどん おいつめられればいいのよ。

何も知らないスニョンは セビンを流産させた罪悪感で耐えられない。
ギュジンが 再び スニョンとの結婚を考え始めたと言うのに
スニョンはギュジンを不幸にしそうで 受け入れられないし、
ギュジン母もスニョンとは結婚させられないと言うし…
はぁ…

49-51

すっきり~
…はしたけど…やっぱり すっきりしないのよね…

妊娠、流産が嘘だったとばれ セビンは家族から責められる。
ギュジン祖母は倒れるし、
ジュミョンは距離を置いて考えたいと セビンを実家に帰らせる。

スニョンが濡れ衣を着せられたことも明らかになった。
ギュジン母のスニョンへの誤解も少し解けた。
ギュジンとスニョンは急速に近づく。

けれど…うまくいかないのよね…
ギュジン母もジュミョンもセビンも反対。
父とスニョンの仲を知らなかったジュランはショックを受けると同時に猛反対。直接スニョンに言うほど。

スニョンはギュジンと別れることにする。
別れを告げられたギュジンは 再び 睡眠薬のお世話になりそうな様子。

スニョンとギュジンのことで ジュミョンのセビンへの怒りはうやむやに。早々に 仲直りしちゃうのよね。
こんな簡単に仲直りするなんて…
ジュミョンもギュジン母も “命の恩人だから”と許す気になったようだから
ジュミョンを助けたのはセビンじゃないと明らかになればいいのに。

52-54

スニョンとギュジン、結婚。
タルギも一緒に ギュジン家に同居することに。
ジュランの反応が心配だけど…時間をかけて認めてもらうしかないわよね。
もともと ギュジンの結婚に反対だった。それが 自分とそれほど年の変わらない人が母親になり 小学生の妹ができたんだもの。
ジュランの多少の反抗、意地悪はがまんしなくちゃ。
で、我慢する必要がないのは セビンの意地悪。
嫁と姑なら 姑の方が上。頑張れ スニョン~~~~


やられっぱなしはイヤ! とスニョンは 自分の幸せは自分で勝ち取ろうと考え始める。
諦めない。我慢しない。
ギュジンもその気持ちを受け止めて 2人で幸せになろうと誓う。

結婚に反対のギュジン母、
でも 実は スニョンのことは“会って話した印象ではいい子”と 思っているのよね。
けれど セビンが話すスニョンとはあまりに違いすぎて 自分の見る目に自信がもてない。
そこに でてきた セビン母が書かせた覚書。
スニョンが姑にいびられていたことは一目瞭然。
反対するのにも疲れ ギュジン母は結婚を認める。

どうして 覚書の存在を ギュジン母が知ったかというと…
セビン父は覚書をスニョンに返す。
スニョン叔母は スニョンの部屋で 覚書を見つけ 手元に。
スニョンの結婚を知ったセビン母が タルギを連れて行こうとして スニョン叔母と取り合いに。
連絡を受けたスニョンが帰宅して セビン母に抗議。
セビン母も黙っていない。いつものようにスニョンを非難。
当然 スニョン叔母も黙っていない。覚書を出してきて セビン母を非難。
スニョンと一緒に来たギュジンは そのやりとりを目撃。覚書を奪い取る。

誰がみても びっくりの覚書。
元姑が元嫁の再婚を禁じるなんてこと 普通 考えられないこと。
こんなことを書かせるセビン母とそんな母に育てられたセビン。
ギュジン母が もっとセビンを疑ってくれたらいいのに。

55-57

倉庫で事故が起きる。
その話をしていて セビンの話が腑に落ちないジュミョン、
事故の調査のために 倉庫に入り おかしいことに気づく。
“IDカードがなければ 倉庫には入れない。あの時 確かにドアを閉めたはず。セビンはどうやって倉庫に入ったんだ?”
そして 事故の時の記憶がよみがえる。
“あの時 そばにいた人がしていたネックレスには2つの指輪があった”
そのネックレスはスニョンのもので今はタルギがしている。
朝 ジュミョン、タルギがしているのを見て 見覚えがあるような気がしたのよね。
スニョンが話さなくても ジュミョンが事実を突きとめるかも。

セビンとジュミョンの夫婦仲は 以前のようにはいかなくなっていた。
セビンはジュミョンの信頼を取り戻すために 妊娠を願う。
しかし 妊娠が難しいと知り ショックを受ける。

ジュランは スニョンとギュジンを避ける。
傷ついているジュランに ギュジンはジュラン母の死の真相を話す。
病死と思っていたジュラン母は自殺だった。
受け止められないジュランは ますます反抗するようになる。

58-60

この日を待っていたわよ。
それでも セビンはスニョンのせいにしようとするし…まったく…


ジュミョンが事故に遭った日、119番への通報は録音されていた!
それは…セビンの声ではなかった!
ジュミョンはショックを受ける。

そして… 倉庫の防犯カメラの画像も残っていた!
画像を見つめるギュジンとジュミョン。
そこに写っていたのはなんと スニョンだった!

ジュミョン、今になって “カメラを確認すればよかった”と後悔。
でも… 命の恩人に会いに行って 好みの女性で 舞い上がったのは自分じゃないの?
好みの女性じゃなかったら セビンの作戦に嵌らなかったはず。
スニョンが命の恩人でも スニョンとは結婚しなかったはず。
ジュミョンは セビンを信じ、スニョンに冷たくした自分が情けない。
帰宅し、セビンを無理矢理 実家に連れて行く。

翌日 ジュラン、ギュジン母も ジュミョンのパソコンに保存されていた動画を見て
助けたのはスニョンだと知る。
2人で驚き、どう判断していいのか困っている時に…

実家から戻って来たセビンはスニョンを責める。
「あなたがばらしたんでしょう?私の人生を邪魔するのは許せない。話さないと約束したじゃない。あんたが黙っていれば秘密は守られたのに。なんとかしてよ」

セビンはギュジン母に泣いてすがる。
「スニョンが秘密を守ってくれると言ったから。それなのに裏切られました。私が憎いからって 私を追い出すなんて。私たちは幸せだったのに。助けてください」

今更 泣いてすがられてもね…
ギュジン母はセビン母を呼びつけ 「連れて帰るように」と話す。
「これ以上一緒に暮らせません。嘘ばかりついて 人をばかにする嫁はいりません。私の手で追い出す前に 連れて帰ってください」と。

61-63

セビン、人騒がせな女。今度は自殺未遂。…セビン母の早とちりのような気もするけど。


ジュミョンはセビンと離婚することに。
出会いそのものが嘘だったんだものね。すべてが嘘に思えるわよね。
それに まったく反省せず まだスニョンを非難している姿も 見ちゃったのよね。幻滅するのも当然。
でも…時間をかけて考えたらいいのに… 結婚を決めるのも 早かったし、じっくり考えることができない男なのね。 まぁ セビンが嫌いな私としては嬉しいけど。

スニョンとギュジンの結婚後 荒れていたジュランだけど 落ち着き始める。
ジュランもスニョンも 悪い人間じゃない。
多少の不満はあっても 歩み寄ろうとする気持ちがあれば大丈夫よね。

64-66

次の問題はタルギなのね。
タルギが養子だと聞いたギュジンはタルギの母親を捜すつもりらしい。
タルギを返すとか ダルギ実母を困らせるわけではなく 純粋に実母を捜したいと思っている様子。
「生活が苦しいようなら 援助してもいい」と。

タルギがスニョンの実の子どもではないと知った時の ギュジン家族の反応が心配だったけれど
今までと同じようにタルギに接してくれる。
実の子どもではないのに 夫が亡くなった後 夫の実家で5年間も暮らし 一人で子育てしてきたスニョンに同情すると同時に 苦労をねぎらってくれる。
スニョンの株が また上がった感じ。
逆に 親戚の子どもを無理矢理押し付けたのに 覚書を書かせ 生活費の援助をしなかったセビン両親への不信感は大きくなった様子。

タルギの実母のことを聞いたギュジンを セビン母は どう誤魔化すのかしら。

そうそう タルギの実父、セビン元恋人って ジュラン先輩の恋人かも。
世間が狭い韓国ドラマのことだから 間違いない!?


セビンはジュミョン家に戻ってくる。
自殺未遂効果があったみたいね。
というか…スニョンのおかげかな?

自殺未遂したセビンを見ても
「うんざり。責任は感じるけれどやり直そうと思わない」と思うジュミョン。
ギュジンは「離婚は最後の手段。出来る限りのことをしてから離婚を考えても遅くない」と説得。
スニョンも「セビンはジュミョンさんの課題だと思う」と話す。

自殺未遂までしたのに ジュミョンの気持ちが変わらないことに怒ったセビンが 自ら自分から自殺未遂をリーク。
“エンプ化粧品社長の息子の嫁が自殺未遂”と公になってしまったから 家に連れて帰るしかなかったのかも。

67-69

やっぱりね。そうだと思ったわよ。
…と自慢げに言いたいところだけど…誰でもわかるわよね。

ジュラン先輩オ・ドンジェは セビンの元恋人で タルギの実の父親。
ドンジェ、自分の子どもがどうなったか知りたくて セビンに電話。
うわ~~~~どうなるの~~~



どうやらジュランは恋をしているらしい。
スニョンはジュランの片思いの人ドンジェを見たくて タルギを連れて アトリエにお弁当を持って行く。
食事した後 外出して歩いている時に タルギがオートバイに轢かれそうになり、ドンジェが助けてくれる。

後日 スニョンはお礼に ドンジェを食事に招待する。
その時 ドンジェはジュラン兄の結婚写真を見て驚く。
そこに元恋人セビンが写っていたから。

ドンジェはセビンが産んだはずの子どもが気になりだす。
“あの子供はどうなったんだろうか?セビンは子どもを連れて結婚したんだろうか?”
ジュランに確かめると 「タルギは父の再婚相手であるスニョンの子どもで セビンには子どもはいない」と言われる。
そこで ドンジェはセビンに電話をする。



ジュミョンはセビンを家に連れて来たけれど 許したわけではない。
セビンの顔を見たくなくて 接待や仕事を理由にして 遅く帰宅する。
ジュミョンがそうだと 当然セビンは辛くなる。
ただね…セビン、反省が足りないのよね。
すべては自分のせい。ジュミョンが受け入れてくれないと嘆くけれど それだけのことをした。それがわかっていない。許してもらえるまで ただ耐えるしかないのに。
セビンはまったくわかっていない。許してくれないと人のせいにする。いい加減 反省しなさいよ!

夫婦仲をよくするために 子どもの存在は大事。
セビンもジュミョンも 妊娠を期待する。
けれど…セビンは不妊治療が必要。
ジュミョンに相談して 2人で協力したらいいと思うんだけど…
不妊と知られたら 即離婚。出産経験まで知られたら大変なことになると思っていて 話せない。
これでタルギの実の両親のことが明らかになったら どうなるのかしら…

そうそう ギュジンのタルギの実母 捜しは…
スニョンから「結婚して幸せなら 波風を立たせたくないから そっとしておきましょう。もし会いに来たら その時は受け入れましょう」と言われ 中止することに。

70-72

スニョン、妊娠。
嬉しいはずなのに…悩む。
複雑な家族関係。ジュミョン、ジュラン、タルギは子どもが生まれても大丈夫だろうか。
心を開き始めてくれたジュランが また心を閉ざすかもしれない。
スニョンは家族に妊娠を言いだせない。

そんなスニョンのために モランはスニョンとギュジンとタルギを食事に招待し ギュジンの気持ちを聞くことに。
それが…ギュジン、「今 十分幸せだから タルギの兄弟は望んでいない」って言っちゃうのよ…
スニョンにプレッシャーをかけたくなくて 言ったのかもしれないけれど
そばで聞いていたスニョンは ショックを受ける。
…中絶するかも。


セビンはドンジェに「子どもは生まれてすぐに死んだ」と話す。
しかし ドンジェは納得しない。
なぜ死んだのか 詳しく知ろうとする。
万が一 ジュミョンが セビンの出産経験を知ったら…今度こそ 離婚よね。

73-75

よかった。
こうなるのがお決まりのパターンと思っていても 気になるのよね。

スニョンは ギュビンとギュビン母の会話を 偶然聞いてしまう。
「子どもをほしいと思っていません」
スニョンは中絶を決意。
「3日間 休暇をください。体調が悪いので叔母の家で休みます」と 家を出る。

モランに付き添ってもらって 病院に。
モランはずっと気になっていた。スニョンはギュビンには言わないでと言うけれど 母が言うように 父親が妊娠を知らないのはおかしいと思う。
スニョンが処置室に入った後 ギュビンに連絡する。

中絶手術を取りやめ ギュビンはスニョンを連れて帰宅する。
ギュビンは子どもがいらないのではなく ジュラン母のように出産後に体調を崩すのが心配だったらしい。
ジュランの反応は…
複雑な心境みたいね。喜んではいないけれど 大騒ぎもしない。結婚の時のように 大声で反対されなかっただけでもよかったのかも。
それだけ ジュランは成長したし スニョンを受け入れたということね。


ドンジェは 自分の子どもの行方が気になって仕方がない。
執拗に セビンに連絡してくる。
気になる気持ちはわかるんだけど…
セビンと子どもを捨てたのよね?捨てたのに 今更 ずうずうしくない?

ドンジェはタルギの誕生日だと知る。
セビンが出産した時期と重なることに気づき…
タルギにヘアピンをプレゼント。
ヘアピンをつけてあげる時に 髪を抜き 鑑定に出す。


スニョンの妊娠を知り、 ますます ジュミョンは子どもがほしくなる。
セビンと一緒に病院に行くことに。
不妊を知ったスニョンから「辛いことだけど 打ち明けて 2人で頑張ってみたら?」と言われたセビンは ジュミョンに告白する。

76-78

スニョン、どうしてセジュンと結婚したのよ。
…って 今更言っても仕方がないけど セジンと単なる同級生だったら 関わることがなく こんな仕打ちされることもなかったのに…



ドンジェとタルギは親子。
鑑定結果に驚くドンジェ。
その結果をジュランが見てしまう。
ジュランはすぐにギュジンに報告。
ギュジンはドンジュを問いただす。

ドンジェは タルギ実母のことは一切明かさない。
「タルギがりっぱな両親に育てられて感謝しています。今まで何もしていないから 親であると言うつもりはないです。イタリアに戻るつもりです」と。

そこでギュジンはセビン母を問いただす。
「オ・ドンジェという人を知っていますか?」と聞く。
セビン母は「知りません」と答えるが、その様子で嘘だとわかる。

ギュジンはドンジェに尾行をつけていた。
予想通り ドンジェはセビンと会う。
その様子を見て ギュジンは怒り…
セビンとセビン両親を呼び出し…
「妻を騙して 僕を騙して 夫を騙して 家族を騙して隠し通せると思っていたんですか。恥知らずもいいところです。娘のために人の人生を邪魔するとは」と非難。
「妻にも ジュンミョンにも黙って 静かに去ってくれ」と話す。

セビンはジュミョンに「離婚しましょう」と話す。
ジュミョンは納得できない。
不妊治療を頑張ろうと約束し 仲直りしたはずだったのに…
ギュジンに相談するが 「別れた方がいい」とそっけない返事。
いつもなら 離婚しないようにと助言してくれるはずの父が 離婚した方がいいなんて なにかあるのでは?と感じる。

セビンから離婚すると聞いたスニョンもギュジンに相談するが
ジュミョンの時と同じように ギュジンの返事は素っ気ない。
そこで セビン実家に。
そして…3人の会話を聞いてしまい…タルギがセビンの娘だと知る。

79-81

こんなことになっても まったく反省しないセビンとセビン母。
スニョンのお腹の子どもだけじゃ足りなくて タルギまで殺したいの?とことんスニョンを辛くさせないと気がすまないの?
反省して心から謝罪されれば 許せることも ここまで開き直られたら…
セビンに唖然。こんな人もいるのね。



ショックを受けたスニョンは流産する。

セビンは父にスニョンに謝罪するようにと言われるが…
「私は謝り方を知らないの。タルギと幸せになってほしかった。流産させようと思っていなかった。悪いことの区別はわかる」と。
まったく 神経逆なですることしか言わない。
…それで謝っているつもりなの?心から謝罪している人は くどくど言い訳しないものよ。ただ一言「申し訳なかった」と頭を下げるだけでも 心から謝罪すれば通じるものよ。自分が悪いことをしたと思っていないから こんなことしか言えないのよ!

何も知らないジュミョンは セビンと話すためにセビン実家に。
そこに ギュジンの秘書が来る。
ギュジンに頼まれて 書類を持ってきたらしい。
中には“タルギの親権を放棄すること”と書かれた覚書が入っていた。

セビンがタルギの実母で、父が自分には内緒で 離婚を進めていると知る。
ジュミョンが暴走しはじめる。
この人もセビンに負けないくらい自分本位で 周りの人のことを考えられないのよね。
なぜかギュジンに怒り、
ドンジェのアトリエに殴り込み。
ところが セビンとドンジェが抱き合っているのを目撃し 逆上。
セビンを家に連れ帰り、「この家にいて騙した罪を償え。離婚してラクしようと思うな」と怒鳴る。

ジュミョンの仕打ちに セビンは開き直りで対抗する。
スニョンにも ギュジン母にも 強い態度をとる。
…まったく どういう神経しているのか…

ギュジンはジュミョンに離婚するようにと話す。
しかし ジュミョンは「苦しみを味あわせたい。しばらく放っておいてほしい」と受け入れない。
それを聞いていたスニョンが
「それなら私が出ます。セビンと同じ家では暮らせません。友達 家族としての感情は残っていません」と言いだす。

ギュジン母が決断。
セビンに「あなたを受け入れられない。午前中に家をでてほしい。二度と現れないで。タルギとも関わらないで。道で会っても他人のふりをして頂戴。常識のない人間とは関わりたくないの」と話す。
すると セビンは「タルギを連れて行きます」と。
もちろん そんなこと許されない。

…まったく…産んだだけで育ててもいないくせに よく言うわよ。「タルギは スニョンや家族に冷遇される」って?今まで自分が冷遇していたくせに よく言うわよ。捨てた母親がよく言うわよ。

セビンは幼稚園からタルギを連れ出す。
夕方までに見つけられなかったら 誘拐 として届けることに。
それがさぁ…スニョンがセビン母に「これは誘拐です」と言ったら セビン母「産んだ子どもなのに 誘拐?」と言うのよ。セビン母も反省なし。

セビン母は セビンから電話があり、会いに行く。
「1日だけ一緒にいさせてほしい」と泣きつかれ セビン母はセビンとタルギを残して帰る。
…この時 セビンが泣きながらタルギへの愛情を訴えるのよ。で、セビン母は娘を不幸にしたのは自分だと泣くのよ。2人のこんな反省したかのようなシーンを見せられても ますます頭にくるだけ。今更反省しても 接待に許せない。

タルギは家に帰りたがる。
セビンは最初は優しくタルギをなだめるけれど だんだん扱いきれなくなって 怒鳴ってしまう。
タルギはセビンから逃げるように走り出す。
すると タルギの目の前、道路を挟んだ向こうに スニョンがタクシーから降り立つ。
タルギはスニョンの姿を見て 駆け出し…車に轢かれる。
…お決まりのパターンで テンションが下がるわ。セビンを誘拐で訴えればいいのに。離婚が成立していないから ハン家の醜態をさらすことになってしまうけど。

82-84

タルギは 数日後に目を覚ますが 記憶を失っていた。
それも 少しずつだけど戻ってきた様子。
すぐに 元気なタルギに戻るはず。

ジュミョンとセビンは離婚する。
ジュミョンはセビンに精神的苦痛の慰謝料を請求する。
予想していなかった請求に驚くセビン家族。
セビン母は「何もくれずに追い出すなんて」と怒る。
…はぁ…この人 なんにもわかっていない。呆れるくらいにバカ。それだけのことをしたことがわからないなんて。当然の要求だと思うけど。「苦労したのに こんな風に終わるのね」って…どんな苦労をしたの?苦労をすべてスニョンに押し付けて 嘘をつき放題。のうのうと暮らしてきたくせに。

ドンジェはイタリアに帰る予定。
「一緒に行かないか」とセビンを誘う。
「よりを戻すつもりはない。タルギのために 離れた方がいいと思うからだ」と。
それを知ったジュミョンは 怒りが増し…
慰謝料のためにセビン家を仮差し押さえする。


ドンジェがセビンを捨てなければ…
ドンジェが帰国しなければ…
セビン、セビン家族はそう思っている様子。
確かにそうなんだけど…妊娠させたのに責任を取らず 捨てたドンジェが悪いんだけど…
セビンにまったく非がないわけじゃない。
親戚の子どもと偽ってスニョン夫婦に押し付け、セジュンが亡くなった後も押し付けたまま。覚書を書かせるほど。ばれそうになっても 自分から告白しない。言い逃れする。ばれても言い訳ばかり。反省しない。ジュミョンを助けたと嘘をついて結婚したのも理解できないこと。
そこのところを よーく反省してほしいけど…反省しないんだろうなぁ。

85-87

いよいよ 最後の秘密 セジュンの死の真相が明らかになりそう。
ジュミョンが絡んでいることがわかったら ギュジンとスニョンはどうなるのかしら?ジュミョンとセビンは?


ジュミョンが結んだ契約は二重契約だった。
他社に先に発売され 新商品を発売できなくなってしまう。
新商品の開発を急がなくては 会社が危ない。
スニョンは会社のためになればと思い、セジュンの開発ノートをキムに渡す。
「私にはわからないから 商品になりそうなものがあるかどうか見てほしい」と。

そのノートには ジュミョンに奪われた技術の開発についても書かれてあった。
キムは 技術を契約したいきさつをジュミョンに聞くが、
ジュミョンの説明は歯切れが悪い。
“技術の開発者がスニョンさんのご主人なのは確かなのに スニョンさんは会社が技術を買ったことを知らない様子だ”
そこで キムはスニョンに 聞いてみる。
「ご主人が開発した技術はどうなりましたか?」
スニョンは「主人の後輩が盗んで売ったんです。主人は後輩を追っていて事故に遭って亡くなりました」と答える。

その日 スニョンはギュジンにも同じことを聞かれ
キムに話したのと同じように 亡くなったいきさつを話す。


セビン家族は家を出て 地下部屋を借りる。
そのことを知ったスニョンはギュジン母に相談。
セビンからということで 「これでアパートを借りてほしい」と金を渡す。
しかし スニョンは突き返す。
ジュミョンはセビンに未練があるのかしらね。
だから関係を断ち切れないのかも。

88-90

キムに「もし 技術を買った会社がわかったらどう思いますか?」と聞かれて
「何とも思いません。会社に悪気はなかったし 彼も許して亡くなったから。人を憎む方が辛いです」と答えたスニョン。
技術のことだけなら許せるかもしれない。
でも…夫を殺した犯人となれば違うはず。夫の無念、夫が亡くなった後の苦労、そんなことを考えたら とても許せるはずがないわよね。
そして 自分がその許せない家族の一員になっていると知ったら…
ギュジンと結婚して 幸せになれたのに…



セジュン脅しを頼んだコ室長から電話がかかってくる。
ジュミョンは脅しに屈しないつもり。
ジュミョンの態度に怒ったコ室長は“セジュン家族”の写真を送りつける。
そこにはセジュンとスニョンが仲良く写っていた。
驚くジュミョン、今までの スニョンやセビンを罵倒したことなどを思いだす。
どうすればいいのか…ジュミョンは悩み…
酔いつぶれたジュミョンは セビン家に行き、「申し訳なかった」と言いながら 寝てしまう。

キムは社長に 5年前にジュミョンが買った技術がスニョン元夫だったということを 話そうかそうしようか悩む。
とてもスニョンには言えない。けれど社長には言うべきだ。どうせ開発ノートを見ればわかることだ。
キムはギュジンに「5年前の技術の元の開発者は奥様のご主人です。ノートに開発の過程が書かれています」と話す。

ジュミョンが帰った後 録音機が見つかる。
なにげなく再生すると…
ジュミョンらしき声ともう一人の男の会話が聞こえてきた。
「殺せとは言っていません」
「ワン・セジュンの死はあなたのせいです」
「脅せと言っただけ。話なたが殺した」
「いずれにせよ あなたのせいです」

91-93

スニョン、タルギを連れて 家を出る。
それしかないのかしらね…
“ジュミョンを憎んでしまう。愛する人の息子だから大事に思っている。けれど愛せない。愛せないけれど 大事に思っているから 自分を傷つけないでほしい。自殺騒ぎを起こしたジュミョンの心を少しでも軽くしてあげたい。自分がいなければ ジュミョンは家族の中で楽でいられる”
…そうなんだけど…スニョンとジュミョンが顔を合わせない方がいいのかもしれないけれど…
ギュジンと離れて暮らせるの?ギュジンを愛していないの?



セビン家族が会社に怒鳴り込んできた。
ジュミョンに「あなたが息子を殺したの?息子を返して!」と迫る。
それをスニョンも聞いてしまう。

セビン両親は警察に告訴し、捜査が始まる。
ギュジンは弁護士に相談。
セジュン死亡の件は殺す意図はなかったと認めてもらえる可能性はあるが、倉庫に押し入った件は罪を免れないだろうと言われる。
なんにせよ コ室長の証言が重要。けれどコ室長は姿を消してしまう。

セビン母がギュジン家に来て セビンとタルギを連れて行こうとする。
「セジュンを殺した家に孫を預けられない」と。
セビンもスニョンに「タルギを渡して」と話す。
セビン家族の怒りはよ~くわかるんだけど…これは違うわよね。

ジュミョンはスニョンに会わせる顔がなくて 家に帰れない。
ジュランから「兄さんのせいで あんなに仲がよかったお父さんとお義母さんがよそよそしい」と聞き、自分さえいなければ と自殺しようとする。
スニョンは 自分のために自殺しようとしたと知る。
元夫を殺した憎い人であると同時に 愛する人の息子でもある。自分を大事にしてほしい。
スニョンはタルギを連れて 叔母の家に行く。

94-96

やっぱり 別れるしかないのかしら。
ジュミョンを許せない。自分だけ幸せになれない と思うスニョンの気持ちはわかるんだけど…
ギュジン、ジュラン、ギュジン母に会いたくて 交番に「お父さんを捜してください」と頼んだタルギのことを思うと…
なんとかならないかしら。


ギュジンはスニョンと離婚するつもりはない。
しかし スニョンが家を出たと知ったジュミョンがスニョンに
「僕のせいで父を不幸にしたくない。戻ってきてください。僕は外国に行き 二度と戻りません。僕に一度だけ親孝行をさせてください」と頼むのを見て 決心する。
息子と妻、どちらも選べない。けれど どうしてもどちらかを選ばなければならないのなら息子を選ぶ とスニョンと別れることに。

セジュンの開発ノートから生まれた“マンマミーア2”
ジュミョンの件で 中断していた。
別会社を作ってスニョンが進めることになった様子。
ギュジンはキムに スニョンと一緒に進めてほしいと頼む。


セビンはスニョンから 元の家の登記書を渡される。
名義がセビンに変更されていた。
ジュミョンは取り上げるつもりはなかった。
「ジュミョンさんはあなたを愛していたわ。とても苦しんでいたわ」とも聞かされる。

セビンもジュミョンを愛しているのよね。
愛しているから憎んでしまう。愛していると言ってほしいのに 言ってもらえずに憎んでしまう。愛していると言えばいいのに 愛していないと言われるのが怖くて言えない。
セビンもジュミョンも 素直になれなくて 強がってしまう。
セビンは ジュミョンを許してあげたいと思う。
けれど 母は「セジュンのことを考えて。セジュンはあなたの留学費も出してくれたのよ。ジュミョンさんはあなたを懐柔して許してもらおうと考えているだけよ」と言われてしまう。
よりを戻すのは難しいとしても セビンの気持ちを考えてほしい。

97-99

スニョン、妊娠したのに ギュジンに話そうとしない。
離婚するかどうかは別にして 父親には話すべきじゃないの?
強情なスニョンに呆れる。

そして…初めからずっと呆れているのがセビン母。
息子を亡くした母親の気持ちがわかるから ジュミョンやギュジン、ギュジン母を罵倒するのは仕方ないと思っていた。
“今までの自分の所業を棚に上げて よくもまぁ 人のことを非難できるわ”と思うけど この件に関しては 仕方ないと思っていた。
でもさぁ スニョンに「よりを戻すな。戻したらタルギを渡せ」なんて おかしいわよ。そりゃぁ 元嫁が息子を死に追いやった男の父親と結婚するなんて いい気持ちはしない。阻止したいと思うのも当然。だけど スニョンの人生はスニョンが決めること。タルギのことにしたって 理由はどうあれ スニョンを騙して押し付けた子供を 返せ なんて… タルギがセビンの子どもだと明らかになっていなかったら 返せとは言わなかったはずよね。そう思うから 余計に腹立つわ。



セビン両親が合意しなかったため
ジュミョンは起訴され 拘置所に収監される。
ギュジン母は体調が悪いのをおして セビン両親に会い、合意してほしいと頼む。
しかし 罵声を浴びせられるだけ。合意してもらえない。

翌日 ギュジン母が亡くなる。
心労が重なったのよね。
最後の夜 スニョンが会いに来てくれて 手を繋いで寝て 幸せな気持ちで逝けたのが救いかも。

セビン両親は ギュジン母の最後の願いだったからと 合意する。
セビンも望んでいたことだしね。
これで 一区切りついたとして セビン家族は元の家に戻る。

スニョンの会社が動き出す。
室長以外の3人がスニョンの会社に移り 4人での始動。
なぜか 室長も 毎日のようにやってくるけどね。

ギュジンは辞職するつもりでいる。
それを知ったスニョンは心配で ギュジンに会いに行く。
仕事人間だったのに 仕事を辞めて大丈夫なのか心配らしい。
心配なら そばにいればいいのに…
ギュジンに「本当に戻ってくる気はないのか?」と聞かれて 返事しないし…
ほんとに離婚したいの?

セビン母はわざわざスニョンに会いに来て
「あの家と関わろうとしないで。それができないなら タルギを渡しなさい」と脅す。
どこまでも自分勝手な女。

100-102

ほんと、うんざり。
「タルギを渡せ、タルギを渡せ、よりを戻すなんて許さない、タルギを渡せ」
セビン母、いい加減にしてよ!
そんなに大事な孫なら どうしてスニョンに押し付けたのよ。セジュンが亡くなった時に引き取ってもよかったんじゃないの?スニョンとタルギを追い出して、覚書まで書かせて。それで今になってタルギを返せ?自分勝手もいい加減にしてよ!
「セジュンが可哀想」って…その気持ち よくわかる。だからって スニョンが幸せになろうとするのを邪魔するのはおかしい。もういいじゃない。スニョンだってわかっている。自分だけ幸せになれないと思ったから家を出た。悩んだ末に決めたんだから せめて罵声を浴びせるのはやめてよ。



スニョン妊娠を知ったセビン母は 「あの家に戻るな」とくぎをさす。
“きっとよりを戻すはず。そうなったら絶対にタルギを渡してもらわなければ”と思う。

ギュジンから「一緒に暮らそう。僕を信じてついてきてほしい」と言われ、
ジュランからは「父さんのそばにいてほしい」と言われ、
スニョンは 家に戻る決心をする。

スニョンはセビン両親に やり直すことにしたと話す。
当然 セビン母は罵る。

スニョンは セビンに
「お義母さんが育てる方がいいと思っている?タルギには私が必要だとわかっているでしょう?あなたもタルギの母親よね?タルギのために考えて」と頼む。
セビンはタルギを諦めることに。
権利放棄覚書を作成し、スニョンに渡す。
そのことを知ったセビン母は覚書を破り捨てる。
セビンもセビン父も 諦めるようにセビン母を説得するけれど セビン母は納得しない。

スニョンは セビン父に見送られて ギュジン家に戻る

ジュミョンとセビンの離婚はまだ熟考期間。
セビンは離婚届けを役所に提出しようとするが できなかった。
「ジュミョンさんとやり直したい。助けてください、お義母さん」とスニョンに頼む。

103-105

スニョンとギュジンは幸せに。
セビンとジュミョンは…明確な答えを出すことは難しいから 含みを持たせた終わり方。



ジュミョンを忘れられないセビンは ジュミョンに会い、気持ちを伝える。
2人は一夜を過ごす。

翌日 2人は一緒に裁判所に。
セビンを捜して裁判所に来たセビン母は セビンを怒鳴りつけて 無理矢理連れて行く。
しかし 抵抗するセビンに「お母さんが私を不幸にした。私の人生は後悔しか残っていないわ」と言われてしまう。
ショックでふらふらと道路に。
車が近づいて来ているのを見たセビンは 母を助けて 車に轢かれる。

2年後
スニョンは男の子を産み、会社も順調そう。
ジュミョンはスニョンの会社を手伝っているみたいね。

セビン家族は 病院から姿を消したまま。
ジュミョンは まだセビンを捜していた。

スニョンは会社でボランティアをしている施設でセビン母を見かける。
セビン母に「セビンは死んだ」と言われるが、セビンは生きていた。
セビンに「ここにいることは言わないでほしい」と頼まれるが、ギュジンと相談し、ジュミョンを施設に連れて行く。

 1-345-89-1213-1617-2021-2425-2829-3132-3334-3637-3940-4243-4546-4849-5152-5455-5758-6061-6364-6667-6970-7273-7576-7879-8182-8485-8788-9091-9394-9697-99100-102103-105

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

こんばんは♪

mikajunさん こんばんは♪

大胆な彼女 今日が95話まででした。

KN版で気になる事
私がイチャンフンシより亡くなったセジュンを好きだったから思うのでしょうが
KN版の字幕の前のご主人 前の夫が気になってなりません...
レンタルの字幕はどうだったですか?
離婚した訳じゃないし亡くなったのだから
亡くなったご主人と訳して欲しいと思うのは私がセジュンを好きだったのと
あんなに早く死んでしまった切なさから思うのかしら?
イチャンフンシも役は嫌いじゃないですが
スニョンにはセジュンがお似合いだったし
イチャンフンと結婚する前のスニョンが好きでした~
スニョンの幸せを祈って来ましたが
結婚した途端何となく(笑)

ジュミョンも昔を思えば良い人なのでしょうけど
セジュンの死に結果 加担してしまった事を
そんなに苦しんでたとは思えず
今さら???ハルモニとかが今まで苦しかったでしょう?と言っても
何だかね~と...

大胆な彼女を観て今 きらきら光るも観てますが
イユリちゃんは大胆な彼女 限定かも?
キムヒョンジュが好きな事もありますが
グムランもイユリちゃんだからなのか尚更?
苦手であります。
でもこのドラマ 楽しみなドラマです!

涼子さん、こんにちは

レンタルでどうだったのか覚えていませんが、
“亡くなったご主人”ではなかったと思います。
韓国語で“前の夫”なのか“亡くなったご主人”なのかわかりませんが、
簡潔に訳す必要があるので 仕方ないのかもしれません。

ジュミョンは嫌いです。
能力のない息子が 父親に認められたくて しでかした事件。
どう考えても自業自得で 同情する余地はないですよね。
そうはいっても 身内、特に祖母にとって孫は可愛いだけでしょうから 「苦しかったでしょうね」となるのでしょうね。

イ・ユリさん、私は「ラビング・ユー」の悪役を見ていないせいか いい印象があり 好きな女優です。
「きらきら光る」では悪役ですね。
最初はグムランには同情していたけれど ジョンウォンへの意地悪が酷くなるようで嫌いになりそうです。
キム・ヒョンジュさんも好きな女優で 演じているジョンウォンも好きなので とても楽しみなドラマです。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

三国志~司馬懿 軍師連盟
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
町の弁護士チョ・ドゥルホ2
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング