FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




ピンクのリップスティック あらすじ&感想


やっぱり復讐ドラマは見ない方がよかったかも。
ドラマとは全く関係ないのですが…
パク・ウネ、実際に会えば 太ってはいないのでしょうが、女優の中では太って見えてしまう。
だから…洋服を考えた方が…いいのでは?
はちきれそうに見える洋服はちょっと…
広がったタックが気になって仕方がなかった。



全149話 2010年 MBC

出演者 : ユ・ガウン・・・パク・ウネ
       パク・ジョンウ・・・イ・ジョンヒョン
       ハ・ジェボム・・・パク・クァンヒョン
       キム・ミラン・・・ソ・ユジョン

       ユ・ドングク(ガウン父)・・・ナム・イル
       チョン・ヘシル(ガウン継母)・・・キム・ヨンラン
       ユ・ソンウン/ギョンチョル(ガウン弟)・・・ムン・ジユン
       ユ・ヨンウン(ガウン異母妹)・・・キム・ミンジャ
       ユミ(ガウン友人)

       ジョンウ母・・・オ・ミヨン
       パク・ジョンヒ(ジョンウ妹)・・・メイビー

       メン・ホゴル(ジェボム父の友人)・・・トッコ・ヨンジェ
       メン・ソジン(ホゴル息子、ジェボム友人)・・・ソン・ウン

       ミラン母・・・ユ・ジイン
       チョ・ヨンガプ(ミラン母の恋人)・・・イ・ジョンヨン

       オ・スジ・・・ウォン・ジョンネ
       ミジュ・・・イム・ジヒョン

演出  : チェ・チャンウク
脚本  : ソ・ヒョンジュ

 1-45-89-1213-1617-2021-2425-2829-3233-3637-4041-4445-4849-5253-5657-6061-6465-6869-7273-7677-8081-8485-8889-9293-9697-100101-104105-108109-112113-116117-120121-124125-128129-132133-136137-140141-144145-149

1-4

KNTV本放送の時は ドロドロの復讐ドラマを見る気がしなかったのでパスしたのですが、
見たくなってきたので 再々放送を見ることに。


ジョンウは二股をかけていた!
お金持ちの娘ガウンと婚約中。
なのに アメリカ研修中に知り合ったミランとも続いていた。
ミランとは アメリカにいる時だけの恋愛だったのかしら。
ミランからのメールを返信せず削除。このまま連絡が取れないままの状態が続いたら 諦めるだろうと思っていたのかもしれない。
ところが ミランが帰国。
どうやって穏便に済まそうかと悩んでいたのに…
なんと 彼女はガウンの親友だった。

第1話の冒頭から察すると
ジョンウはガウンと結婚。その時点でミランとは別れるべきだったのに ズルズルと6年間続けていた様子。
そして ついに ガウンが夫とミランの仲を知ることに。

これは 浮気では済まされない関係よね。
ジョンウとガウンの間には娘がいるけど やっぱり離婚かしらね。
興信所で不倫の証拠を集めて 慰謝料をもらって離婚 かな?
ジョンウは結婚と同時にガウン父の会社入社し常務になったけれど 離婚と同時に退職してもらわないと。

ジェボムはアメリカから帰国後 父の友人であるメン・ホゴルの会社の本部長に就任する。
帰国の飛行機の隣の席がミランで ミランのパソコンを壊してしまったから パソコンを預かって修理中。
恋人気取りで迎えに来たナナに 恋人がいると分からせるために ミランを迎えに来たガウンを利用する。

5-8

ヨンウンがミランのパソコンの中の写真を見たから “ばれるか~”と期待したのになぁ。
ミランは「観光案内した時にふざけて撮った」と説明。
ヨンウンは一応納得。
ガウンを傷つけたくなかったんだろうけど…あの写真、ふざけているとは思えないけどなぁ。

飛行機の中でミランのパソコンの写真を見たジェボムは ガウンとジョンウが仲良く買い物をしているのを見て ガウンがミランの男を取ったと勘違い。
「まっとうに生きろ」とガウンを非難する。

ジョンウはガウンと結婚するつもり。
ガウンの条件は捨てがたいわよね。ちまちま頑張ってもいつ常務になるか分からないのに 結婚すれば常務なんだもの。捨てられないわよ。
けれど 愛しているのはミランのようで…
「目標を達成したら戻る」とミランを説得しようとする。
当然ミランが納得するわけがない。

ミラン、ジョンウとの仲をばらすつもりで ガウンに「恋人を紹介する」と約束。
どうなるのかしら。
…ばれずに結婚し 妻と愛人の二重生活を続けてきたから 第1話の冒頭シーンのようになるわけよね。

9-12

ばれそうなのにばれない。
ばらした方がいいのにばらさない。
ガウンのためには ジョンウとミランの仲がばれたほうがいいのに。
ジョンウとミランが別れるつもりならいいけれど この2人、絶対に別れないわよね。(別れないのは第1話で分かってますが)


ヨンウンはジョンウとミランのことをガウンに話すべきかどうか悩む。
ヨンウンが写真を見たことを知ったジョンウは ヨンウンの前で芝居をする。
ミランにストーカーされ 写真で脅され金を要求されたことに。
ヨンウンは信じてしまう。

ガウンはジェボムからパソコンを受け取る時 ガウンを連れて行く。
ガウンにジョンウとの写真を見せるつもりだった。
ところが…
ジェボムはガウンがミランの婚約者を奪ったと勘違いしているから パソコンを渡す前に ジェボムとガウンは言い争いに。
そうこうしているうちに パソコンを渡すと知ったヨンウンがガウンを呼び出し ガウンは写真を見ずにその場を離れることに。
まぁ ヨンウンが削除したから ガウンがいても見せられなかったんだけどね。

ジョンウはミラン継父に再度金を渡して 念押しする。
「ミランをガウン家から追い出し 監視するように。結婚式で騒ぐようなことがあったら3倍にして返してもらう」
それでも 足りないのか ミランにブレスレットをプレゼントし、
「お前を手放したくない。愛している。信じて待っていてくれ」と言う。
…本心なんだろうか?ミランを黙らせるために作戦なんだろうか?

13-16

ミラン、妊娠ね…
ミランはこれでジョンウを引き留められると思っているようだけど…
無理だと思うよ。出世のためなら 平気で中絶させる男だと思うよ。
だからって 妊娠のことをジョンウに黙っておくわけにもいかないし…
なんだかなぁ…ミランは ジョンウに愛されていて 目的を達成したら自分のところに戻ってくると信じているのかしらね。
ミランもガウンも こんな男のどこがいいのかしら?

ジョンヒとヨンウンの喧嘩が ジョンウとガウンの破談にまで発展。
ガウン母が「あんな非常識の家に娘はやれない」と反対。
けれど 最後は折れて 予定通り式は行われることに。

結婚をやめるのにいい機会だったのになぁ…
ヨンウンがジョンウとミランのことを話そうとするんだけど ガウンは母に反対されて気持ちが高ぶっていて ヨンウンの助言を素直に聞けない状態。
冷静な時でも ジョンウを信じ切っているから 何を言われても聞かないわよね。

何も知らずに結婚して 幸せになれるのなら 余計なことは言わない方がガウンのためとは思うけど
夫の不貞がばれないはずはないし…ばれた時 ショックだろうし…それが結婚前からだと知ったら 死にたくなるほどのショックだろうし…

さてさて ミランが「結婚は無効よ」と式場に怒鳴りこんだけど どうなるんでしょう…
破談になることを期待したいけど 結婚してたものね。ミランの妄想かしらね。

17-20

ジョンウはミランをどうやって陥れるつもりなのかしら。
ミランはお腹の子どもがいればジョンウが戻ってきてくれると思っているらしい。
甘いのよね…ジョンウを愛して ジョンウに愛されていると信じているからだろうけど
ジョンウはミランよりも子供よりも出世する方が大事。ガウンを捨ててミランを選ぶはずがない。
で、ジョンウ母も同じみたいね。飲み屋の女と浮気していると思っている。
ガウンと別れて金ヅルを失うわけにはいかないから ミランと別れさせようとするみたいね。

そうそう前回の式場でのミランの告白は ミランの妄想でした。
いっそ 言ってしまったほうが ガウンにもミランにもよかったような気がするけど。

21-24

ジョンウよりもミランの方が上手かな?

ジョンウの最終的目標はガウン父の会社の乗っ取り。
ミランもそのことを知っている。
そして それは ミランの憎しみを消してくれるものでもある。

ミランはガウンの父の世話になってきた。留学もさせてもらった。
恩を感じるべきなのに ミランは“ペットのように扱われただけ”と逆に憎んでいる。
ガウンを嫌っているから ガウンの男を奪いたいという気持ちもあって ジョンウに執着している。


ジョンウはミラン母に罠を仕掛け イカサマ賭博の罪を着せる。
ミランに 「釈放されるようにするから 代わりに中絶して渡米するように」と話す。
ミランは一度断るが、母を見捨てられず ジョンウの提案を受け入れる。
しかし…
“ジョンウが乗っ取りに成功したら ガウンを捨てて 私の所に来てくれるはず。その時にはお腹の子どももいてほしい。もしかしてジョンウが心変わりした時のためにも子どもはいた方がいい”と思ったのか、
ミランは ジョンウに中絶したと嘘をつく。

ガウンはミランとジョンウをまったく疑っていないのよね。
ガウンには人を疑う気持ちはない。
それは悪いわけではないけれど…
ガウンがミランに気を使うのを見るたびに 可哀想に思ったりイライラしたり。
早くに ジョンウとガウンのことがばれたらいいのに…ずっと先なのよね…

25-28

ミラン、アメリカに行ったようにみせかけて東京に。とんぼ返りしてソウルに。
臨月まで 先輩のダンス教室に隠れていたけれど 母に見つかり 実家に。
出産まであとわずかという時に ガウンの妊娠を知ってしまう。

ガウンが出産してはマズイ。
ということで ミランは母の内縁の夫を使って 漢方薬をすり替える。
流産を誘発するであろう漢方薬。
しかし ガウンは気持ちが悪くて漢方薬を飲めなかった。
ミランの攻撃がこのまま終わるとは思えないわよね…

ミラン母もガウン妊娠で焦る。
このまま娘が捨てられたら困る。もちろん養育費として金が欲しい。
ジョンウ母に 中絶していないと話す。

29-32

ミランは死産したと思っていて
ガウンはミランの子供だとは知らずに 養子を育てているわけね。
酷い話。


ミランのせいでガウンは流産。
二度と子どもを産めなくなってしまう。
同じ時 ミランは娘を出産する。

そこで ジョンウはミランが産んだ子を引き取って育てることにする。
もちろん 堂々とミランが産んだ私の娘です とは言えない。
まず 偽の母親を用意。その母親にミランが産んだ子どもを渡す。
母親は保護施設に身を寄せる。
ジョンウはその施設にガウンを連れて行き ボランティアをするように仕向ける。
ガウンは施設に通い始め 母親と親しくなる。
親しくなったところで 母親はガウンに 娘をお願いしますと手紙を残していなくなる。
ガウンは娘を引き取り ナリと名付ける。

考えたわね…
この企みを知っているのはジョンウとジョンウ母とミラン母だけ。
ミランは死産だったと聞かされる。
ジョンウはミラン母に金を渡す。
「ミランと一緒に外国に行くよう」と。

行方不明だったソンウンが見つかる。
ソンウンはミラン母の恋人の後輩、あの素行が悪かった男ギョンチョルだった。
入社させて ジョンウが面倒を見ることに。
突然現れた後継者に ジョンウは大慌て。
でも 今更ギョンチョルがジョンウ以上のことができるとは思えない。
ジョンウの会社乗っ取り作戦はうまくいくんじゃないかしら。

6年後。
ミランは有名なデザイナー ジュリアとして帰国。
ジョンウは契約したいと会いに行き ジュリアがミランと知ってびっくりする。

33-36

ジョンウ、やりたい放題だわ。
ガウン父は体調が悪く ジョンウが実権を握っている。
ガウン父はソンウンを後継者にしたいようだけど ソンウンがあれでは…
“ソンウン、しっかりしなさい!”なのよね。
チンピラがいきなり社長の息子。仕事をしろと言われても困るとは思うんだけど 仕事を覚えようと頑張ってみなさいよ。遊んでばかりじゃ…ジョンウを喜ばせるだけじゃない。

ジョンウはミランとデザイナー契約を結び、 そのまま 不倫関係に突入。
ガウンに悪い なんてまったく思っていない。
それどころか ガウンにとても冷たい。
会社乗っ取りのためにガウンと結婚したのだから “結婚前は優しく 結婚後は冷たく”なんだろうけど ちょっと酷過ぎ。

37-40

ミランはガウンの娘ナリが自分の子どもだと知ることに。
ショックを受けたミランは ジョンウ家に踏み込み ナリを奪おうとする。
ミラン母から連絡を受けたジョンウが駆けつけ ミランを止める。

ジョンウの気持ちはミランに向いている。
ミランと暮らすつもりでいる。
ただ 会社の実権を握るのに まだ時間が足りない。もう少し時間がほしい。
それまでは ミランには大人しくしていてほしいと思っている。
「ナリの気持ちを第一に考えろ。今 ガウンから引き離すわけにはいかない。時間をかけてナリと仲良くなればいい」と説得する。

同じ理由で ガウンの機嫌を損ねるわけにはいかない。
義母には 口答えするなと叩かれ ジョンウは冷たい。浮気している気配もある。
耐えられずガウンはサウナで1泊し 実家に遊びに行く。
ジョンウは何事もなかったかのように ガウンを迎えに来る。
「帰らないわ。我慢する必要があるのかしら?最後に私と話したのはいつ?私は殴られるほどの悪い嫁ではないわ。あなたには寂しい思いをさせられたわ。私を愛しているの?私は何なの?」と訴えるガウンを
ジョンウは結婚前のような嘘の優しさでなだめる。

ガウン、ナリのことを出されたら弱いのよね…
ナリが待っていると言われて 帰るのよ。
浮気の証拠もないし…子どもために我慢するしかないのかなぁ。

41-44

ガウンが ジョンウとミランの不倫を目撃。

ミランが酔って ガウン家に来た。
ジョンウが帰宅し、ミランを送って行くことに。
ガウンはミランが忘れた携帯を渡しに行って
ミランが「いつまで待たすのよ」とジョンウに絡んでいるのを目撃。
ミランの携帯には“私の男 ジョンウ”と登録され 何度も電話をかけていた。
ミランのマンションに行くと ジョンウとミランが抱き合い キスしていた。

こんなところを目撃したらショックよね。
しかも相手が親友だと信じていた女。
夫は女に「俺にはお前しかいない」と囁く。
即 離婚よ。
子どものために我慢。一度だけの浮気だから我慢。私の元に戻ってきてくれるなら我慢。
我慢する理由はあるけど…相手がミランじゃ…我慢も限界よ。

それに早く両親にジョンウの裏切りを話さないと。
ジョンウの会社乗っ取りは最終段階なんだもの。
ジョンウは会社の資金繰りが苦しいと噂を流し、ガウンに貯金と株を出させた。
ソンウンを社長にして 裏で操り 放漫経営の責任をソンウンに取らせようと考えている。
ガウン、ガウン家族はすべてを失うかも。

ミランとジョンウが自分たちの不幸に浸っている姿が とっても気持ち悪い。
ガウンのように恵まれた生活じゃなかったのは分かる。
苦しい生活で ずっと抜け出したいと思っていたのは分かる。
だからって こんなやり方は酷いわ。

45-48

ガウンは ミランとジョンウの思い通りにはさせない と離婚を思いとどまる。
ナリに「離婚しないで」と泣かれちゃったのよね。
それに 離婚経験がある友人の助言も。
「離婚には準備が必要よ。恨みを晴らしてから別れても遅くないわ」と。
そこで 浮気調査を頼み、証拠を集めることに。

確かに準備は必要だと思うわ。
お金に、仕事に、離婚を有利に進めるための証拠。
友人が講師をしている文化講座で ホームウェア講座の講師をすることになったから 十分とは言えないけれど とりあえず仕事はOK
お金は…貯金と株は渡したままよね…
証拠は探偵に頼んだから すぐに集まるはず。

ただ…
ガウンは ナリがミランの子どもだと知らないのよね。
ミランの子どもを育てさせられていたと知ったら 即 離婚かも。
でも そうとなると ナリを置いて出ることになるかも。

49-52

ガウンが離婚を決意。

「ミランはストーカーだ」「ミランとは終わった」「努力している」「愛しているのは君だけだ」
そんな言葉、信じるわけがない。
ガウンは探偵からジョンウとミランが会っていたと報告を受け、ミランのマンションの駐車場で2人が抱き合っている写真を渡される。
ガウンはジョンウに「離婚する」と話す。
「相談ではなく通告」と。

ジョンウ、いずれ離婚するつもりではいたけれど 彼が考えていた時機よりは早いのよね。
ソンウンに粉飾決算などの罪を押し付けてから ガウン、ガウン家族を捨てるつもり。
だから ガウンをなだめようと必死。
けれどガウンの気持ちは揺るがない。
“ジュリア・キム、不倫?”とネットに流す。

離婚となると ナリの親権が問題になるんだけど…
ガウンはナリを引き取るつもり。
でも ナリはジョンウとミランの子どもなのよね…
ミランがDNA鑑定を頼んでいたから その結果が出たら…
ガウンはひとりで 家を出ることになるわよね。

ジェボムはヨンウンの話から 自分が誤解していたことを知る。
婚約者を奪ったのはガウンではなくミランだった。
誤解して ガウンにミランのことを話さなかったことを後悔。ガウンの人生をダメにしたと思っている。

その気持ちはわかるんだけど…なぜ ガウンに謝るの?
「ミランの話を鵜呑みにして 勘違いして酷い態度を取って申し訳なかった」って 今更謝られても…配慮なさすぎ。ガウンの気分を余計に害するだけ。そんな謝罪よりも これから力になってあげるほうがいいんじゃないの?

53-56

ミランはガウンに「ナリは私とジョンウの子ども」と ナリとジョンウのDNA鑑定を見せる。
中絶していなかったこと、自分は死産だと聞かされていたこと、最近ナリが娘だと知ったこと、母親も承知していたこと などを話す。
驚きのあまり ガウンは倒れてしまう。
ガウン、ショックで声が出なくなった時には どうなるかと思ったけれど 復讐するために 立ち直った様子。

ガウンはひとやま越えたようだけど…
会社が大変なことに。
ジョンウは辞表を提出。
すぐにドリームのメン会長の元に。
「ドリームとの契約をまとめたのは自分だから 太陽アパレルではなく自分と提携してほしい。自分は今後もジュリア・キムと仕事をします。太陽は今危険です」と話す。
ジョンウが流した “太陽アパレル不渡り説”が広がっていた。

会社の乗っ取りは結婚前からジョンウが計画していたことだけど
ソンウンが もう少し ましだったらなぁ…
能力もないのに 親の力で副社長になって 遊び放題。身の程を知らないから 建設業にまで手を広げようとする。これじゃぁね。

57-60

ミラン、ガウン父まで殺しちゃったわよ。
ジョンウを奪い、ガウンを傷つけ、ナリをストレス性退行症にし、それでも足らずに ガウン父まで…自分のことしか考えない女。


ガウンはナリを実家に連れてくる。
しかし ジョンウとジョンウ母が怒鳴りこんできて ナリを連れて行く。
ナリの世話をしていたミランが 懐かないのに怒って 自分が実母だと話してしまう。
ナリはショックでストレス性退行症に。話すこともできなくなってしまう。
困ったジョンウ母はガウンに助けを求める。
ガウンはナリの姿に驚き 実家に連れて行く。

会社の方は…もう大変。
ジョンウの裏切りを知ったガウン父が倒れる。
持ち直したところに ガウンの告白を聞いて 亡くなってしまう。
ガウン父は ガウンの離婚も ジョンウとミランのことも ナリの出生の秘密も 何も知らなかったのよね。

ソンウンは横領と脱税で逮捕される。
家は競売にかけられ ガウンたちは引っ越す。
会社はジョンウに買い取られる。

ジョンウとミランの会社“スターファッション”の創立式。
ヨンウンは乗り込んで ジョンウが会社をのっとったこと、ミランと不倫していることをぶちまける。
太陽アパレルに投資した人たちも現れ 式はめちゃくちゃになる。

ガウンに同情し、力になりたいと思っているジェボムが力になってくれそうだけど
ジョンウをすぐに倒すのは無理よね。
あと…葬式に現れた“チョンダム物産”のオ・スジが「助けが必要な時は連絡を頂戴」と言っていたけど 本当に助けてくれるのかしら。そうなら嬉しいけれど。

61-64

アラブの石油王の14番目の妻 って本当だったのね。
ミランが冗談を言っているんだと思っていたわ。
私生活がよろしくないミラン、ジェボムは契約解除も考えているようだけど メン会長はそんな気はないらしい。私生活はどうでもいいらしい。
確かに 自分が気に入った洋服を買うわけで デザイナーの私生活は関係ないけど…でも 印象は悪いと思うけどなぁ。

メン会長はジョンウに頼まれ ミランの私生活を暴いた記事を 広告に差し替える。
会社にとって大事だと思っているから助けてあげているだけで 不利益になると思えばすぐに切り捨てるんだろうけど…ジョンウを助けるメン会長が憎らしい。

離婚に応じないガウンを追いこもうとするミラン。
ガウンが働き始めた焼き肉店に男たちを使って嫌がらせ。ガウンは辞めさせられる。
ジェボムとの仲を疑い 2人を隠し撮り。ジェボムに吹き込む。
まったく 手当たり次第に男をあさる女には すべての男女が恋愛関係だと思えるのかしらね。

65-68

離婚。
ナリを引き取ることにこだわっていたガウンだったけれど 妹を助けるために離婚を決意。
ソンウンの裁判費用と慰謝料、ナリとの月2回の面会を条件に 離婚する。



ミラン、やり方がきたない。
ガウン母を騙して家の保証金を投資させ 無一文に。
ヨンウンを興奮させて 自分を殴るように仕向け 警察に訴える。
ガウンに 離婚に応じれば示談に応じると持ちかける。
ヨンウンを前科者にはできない。離婚するしかない。

ナリのことは心残りだろうけど…
離婚して 前向きに歩き始めたほうがいいわよね。
離婚すれば ジェボムも援助しやすいし。
ガウンはホームウェアの店を出すことに。

離婚したことだし これからガウンの復讐が始まるのかしら。

69-72

復讐開始?
復讐ってほどのものではないけれど ミランがイライラしているのは事実。
自分がガウンにしてきたことをされているだけなのに。

ジェボムはガウンに 自分の気持ちを告白するが…
ガウンの頭の中は 復讐しかない。
ジェボムが 会社を乗っ取るために自分に近づき結婚したと知り 復讐する気持ちがますます強くなる。



ガウンはジェボムから ジョンウがオ・スジ社長に会ったと聞かされる。
オ社長…父の葬儀の時に「困った時には来てほしい」と言ってくれた人。
スジはガウン父の昔からの知人で ジョンウの企みの証拠を握っている。

ガウンはスジに 証拠を見せてほしいと頼む。
しかし オ社長はジョンウに弱みを握られて口止めされていて 話してくれない。
「自分で証拠を見つけなさい」と言われてしまう。
そこで ガウンはオ社長に「強い女性にしてください。裏切り者に思い知らせたい。父の会社を取り戻したい」と頼む。

オ社長に教える価値があるかどうか見たいと言われ
ジョンウとミランの新婚旅行の邪魔をする。
自分がミランにされたのと同じ。
相談があるとジョンウを呼び出し、新婚初夜にミランをひとりにさせる。

オ社長に「男を知るべき」と言われ
“世間知らずのおバカな女”のふりをして ジョンウに助けを求める。
親密そうにしているのを目撃したミランは怒り狂う。
結婚したのだから 堂々としていればいいのに それができないミラン。
ジョンウがね…ガウンに頼られて まんざらでもない顔をするのよね。
これから 捨てたガウンが素敵に見えてくるのかしらね。

73-76

ジェボム、ガウンに一途。献身的。
だけど…ガウンは恋愛対象には思っていない様子。現実 それどころじゃないしね。

ガウンはやはりナリを引き取りたいのね。
でも ガウン母もヨンウンも反対しているから 引き取るのは難しいかも。
ミランは“ガウンに会わせる”とちらつかせて ナリを懐かせようとする。
そして ナリとガウンを離れさせるために 工作。
ガウンに会わせるとナリを連れ出し、ガウンの家に連れて行かない。
ナリに「連絡がないわね。ママは忙しくて来れないみたいね」と話す。
家で待っているガウンには「ナリが遊園地に行きたいと言うの。あなたの家よりも遊園地がいいみたい。疲れて寝てしまったから 日を改めましょう」と電話する。
このまま会えなくなってしまうかも。
ナリが ガウンに捨てられたと思ってしまったら マズイわよね…ミランの目的はそれなんだろうけど。

朝は新聞配達、昼はオ社長の会社“ジス物産”、夜はピアノ弾き。
今度は ドリームのデザイナー募集に応募するつもり。
採用されるといいけど…そうなると 仕事でもミランのライバルになるのよね…仕事上でもミランを潰すことになるのかしら。

77-80

復讐を決意した女は強い。
ガウンは以前とは違う。自分よりも他人のことを優先させるガウンとは違う。
ただ…ガウンの強さよりも ジョンウやミランのバカさが目立つ。自分たちの方からおバカを露呈し自滅してくれたら復讐はやりやすい。



ガウンは ミランが父にショックを与え死なせたと知る。
復讐を決意。
オ社長の命令で 家族にはミラノコレクションに行くと話して 復讐の下準備を始める。
ジェボムとは一線を画すことにし、
メン会長に近づく。

ドリームが募集したデザインコンテスト。
大賞受賞者は共同主任デザイナー待遇。ミランと同じ立場になる予定。
ガウンもオ社長に頼んで 応募していた。

大賞は“マリア”に決定する。
授賞式に現れたのはガウン。マリアはガウンだった。

ここからジョンウとミランは 恥知らずな行動をしはじめる。
ガウンを見たミランはとりみだす。
「偽物だ。盗作だ」と騒ぎ出す。
自分も推した作品なのに ガウンと知った途端に非難する。
ガウンには実力はない。盗作だと決めつける。

うるさいジュリアを黙らせるため ジェボムは最終選考者4人を呼んでブラインドテスト、その場で課題を出してデザインさせ ジュリアと外部審査員2人が審査を行うことに。

ジョンウは審査員を買収。
ミランはガウンと思われる作品を評価しないことにする。

結果、外部審査員2人の評価は ガウンが断トツ。文句なしの結果だった。
すると ジョンウが文句を言いはじめる。
「満点はおかしい。審査員の勘違いか手違いだ。買収したに違いない」と。
目の前で非難された審査員が黙っているはずがない。
審査員は「評価は妥当」と話し、ジョンウに賄賂をつきかえす。
それでも ジョンウは「自分は渡していない。ハ本部長の策略だ」と。
…はぁ…ここまで醜態をさらしても ガウンを貶めたいの?

ガウンを助けるために ヨンガプに近づいているユミから ガウン母とヨンガプが “スターファッション”の販売店を開くために資金を集めていると聞く。
ジュランの洋服は 契約上 百貨店でのみの販売と決められていて 販売店を開けるはずがない。ガウン母たちはそのことを知らず 娘の洋服で一儲けしようと企んでいた。
ガウンは 男を使って ユミ母と販売店契約を結び、契約料を払った後 「詐欺だ。ミラン母に騙された」と会社に怒鳴り込ませる。

一連の騒ぎを知ったメン会長は ジョンウとミランを呼び出す。
ここで いきなり 2人を切ることはないと思うけど…
何らかの罰を与えてくれると嬉しんだけどなぁ。

81-84

家でも会社でも追い詰められるミラン。
唯一の味方だったジョンウにも見放されそう。
ジョンウはミランの行動に “うんざり”の様子。
気持ちはわかるけど…傲慢ではちゃめちゃなミランが好きだったんじゃないの?



ミランが 「ママに会わせてあげる」と言って無理矢理「ママ」と呼ばせていたことや
叩いていたことが 家族に知れてしまう。

会社では…
ガウンとミランのデザイン品評会が行われることに。
ガウンは順調に進んでいたが、ミランは進まない。
困ったミランは ガウンのデザイン帳を盗む。
ライバルのデザインで勝っても 情けないだけなのに ミランはどうでもいいみたいね。とにかく勝って ガウンを追い出すのが大事。

ところが ミランが盗んだデザインは 以前ロンドンのファッションショーで紹介されたものに 酷似していた。
ガウンは 盗むことを察知していた。
ミランが盗んだデザイン画はダミーだった。

盗作騒動を起こしたミランの処分はメン会長が下す。
ジョンウとミランは審査員買収事件と詐欺事件で メン会長から厳重注意を受けたばかり。契約を解除される可能性もあるらしい。
契約解除 が希望だけど どうなるかしら。

85-88

ガウン、メン会長陥落作戦は順調に進行中。
復讐のための作戦だから うまくいってほしいけれど…
一途なジェボムを思うと…
メン会長を利用して復讐しながら、ジェボムと恋愛… って無理よね…やっぱり。



メン会長はミランを切らなかった。
捨てるには惜しいと。
しかし ミランはガウンの企画商品を担当することに。ガウンがメイン商品を担当するから ミランは補助的立場に。
屈辱を感じたミランは すぐに反逆。
これが また 汚いことしかしないのよね。
デザインでガウンを負かせばいいだけなのに 自分の実力に自信がないようで…

サンプルを作るためのガウンの依頼者を差し替え、
閉所恐怖症のガウンを 倉庫に閉じ込める。
サンプルの件は オ社長に頼んで1日でサンプルを作成。
倉庫からはジェボムが助けてくれた。
どちらの事件も 防犯カメラがなく 決定的な証拠はないけれど ミランの仕業なのは明らか。
倉庫の件では ドアの前にミランのピアスが落ちていたし、ガウンの罠にはまって ミランが 自分が閉じ込めたと白状したけれど それで罰せられるかは まだわからない。

もういい加減 メン会長はミランを切るわよね。
ミランは “スターファッション”の理事からも 副社長退陣要求の話が出ている。
そろそろ 失脚してほしいのだけど…
ミラン、まだ ガウンを罠にはめようとしているのよね。
ヨンガプに頼んで ガウンのデザインの洋服を市場に流そうとしている。
ガウンにどう影響するのか心配。

89-92

ガウンはジェボムが好き。
けれど 自分の復讐のせいで ジェボムに迷惑かけたくない。
ミランが 自分と本部長の仲を あることないこといいふらしたら ジェボムが困るに違いない。
だから ジェボムとは距離を置かなければならない。

距離を置くべきだと思いながらも 踏ん切りがつかなかった。
そこに ナナから「結婚話が進んでいる」と聞かされる。
ガウンは ジェボムを愛していると嘘をついて ジェボムに別れを告げる。


そうするしかないのかしらね…
復讐かジェボムか…
ガウンは復讐をとるのよね。

93-96

“ガウン デザイン”のコピー商品が出回る。
デザインを流した犯人を見つけられない。
ヨンガプがユミに “ガウン デザイン”のコピー商品をプレゼントしたから
ヨンガプが関係しているのは間違いない。
となれば ミランが関係しているのも間違いない。
でも 証拠がないのよね。証明できない。


ガウンはジェボムが責任をとることになりそうだと知り 辞表を出す。

ガウン、オ社長から「メン社長に助けてもらったら?」と言われるんだけど
些細なことで メン社長の力を借りたくなった。復讐のために もっと大事なことで借りたいと考える。

メン社長は ガウンから「仕事のことで悩んでいる」と聞かされるが、
まさか それが自分の会社だとは思わない。
ガウンが デザインを盗まれた新人デザイナーだと知らない。
だから メン社長、新人デザイナーに厳しい。
ジェボムに「そのデザイナーは信用できるのか!」と。
あとで ガウンだと知った時 後悔するかも…。
イヤ 犯人がミランだと明らかになった時に後悔するはず。「捨てるに惜しい」とジェボムの助言を無視して切らなかったから こんなことになったんだもの。

97-100

メン社長、ガウンが太陽アパレルの社長の長女で ジョンウの元妻と知る。
意図的に自分に近づいたのでは?と思いながらも ガウンに会いたい気持ちが強い。
オ社長が「メン社長はスンデが嫌いなの。それを食べたということは あなたを好きになったということよ」と言っていたけど ほんと ガウンに落ちたみたいね。

ガウンはメン社長を利用するだけだと思っていたけれど
復讐するつもりなのね。
父を裏切って ジョンウと提携をしたから 太陽アパレルは倒産した。復讐するのは当然ね。。
ということは…会社を潰し、財産も奪うつもりなのかしら?


ジェボムは コピー商品を作った会社からさかのぼり デザインを流した犯人ヨンガプにたどり着くが 逃がしてしまう。
ミランまでたどり着けるのかしら。

ジョンウは 自社ブランドを立ち上げるためデザイナーを捜している。
なかなか いい人が見つからない。
ガウンが辞表を出したと知り 「うちで働かないか?」と提案する。
…節操のない男。ミランに嫌気がさし “どうしてガウンと離婚したんだろうか…”と考える。ガウンから「私にはあなたとナリだけよ」と言われるから その気に。騙されているとも知らずにバカな男。

101-104

よかった~~~雨降って地固まる?怪我の功名?違うような…?
ジェボムが怪我したことで ガウンは「ジェボムを失いたくない」と強く思う。
「彼が助かるのなら 復讐をやめる」とまで。
デザイン流出事件も解決したし、
ガウンとジェボムは幸せになるのね。
…って 最終回まではまだまだあるから…幸せになれないのかも…
メン会長がね…ガウンにご執心なのよね。
ガウンあてに カルビやらイチモチやら紅参やら贈る。
家と車も用意しているのよね… 嫌な予感がするわ。



ガウンはミラン母を誘導。
デザイン流失はヨンガプが刑務所仲間としたこと。私とミランは関係ない。どうやってサンプル依頼書を手に入れたか知らない。盗んだに違いない と証言を得る。

ヨンガプがユミの前に現れる。
ガウンはミラン母の証言を聞かせる。
怒ったヨンガプは「サンプル依頼書はミランからもらった。すべてミランの計画だ。ミランからの入金と協力者への振り込みが記帳された通帳をもっている」と証言。
金を渡して 通帳を手に入れる。

ジェボムもヨンガプを見つけたと情報を得て 駆けつける。
しかしジェボムを捕まえようとして 階段を落ち 意識を失ってしまう。

ジェボムは意識が戻らない。
メン会長は出張中。
この状況でも “ミラン デザイン”の商品開発は進んでいる。
ガウンは会社に行き 「デザイン流失の犯人がわかった」と言い、
ヨンガプの証言を聞かせ 通帳を見せる。

こうなってもミランは ガウンの策略だと言い張るが…
メン会長はミランを切り、
“スターファッション”は多額の違約金を請求される。

ジョンウ、ガウンが実はジェボムを好きだと知って 騙されていたと知る。
ガウンが自分以外の男を好きになるはずがない と本気で思っていたみたいね。
おバカな男。
多額の違約金、評判もおちるだろうし…
ジョンウとミランの惨めな姿が見られるかしら。

105-108

ガウン、メン会長に 復讐するために近づいたことを話す。
謝罪して関係を断ち切って ジェボムの元へ。
今すぐにでも 結婚して幸せになってほしいけれど…
やめたはずの復讐を再開しそうな気がしてならない。
メン会長が ガウンを忘れられないでいるのも気になるわ。


心が穏やかになったガウンは ミランの嘘泣きに騙され ナリのために許すことに。
“スターファッション”は 提携解消は免れる。
違約金と慰謝料を払えばすむことに。
反省しないミランはガウンに感謝しない。
ガウンに証拠の通帳を握られているのが不安で 盗みだす。

昔 家政婦だったおばさんに再会する。
同じ頃 ソンウンのペンダントが見つかる。
行方不明になった時に ソンウンがしていたはずで 20年以上も見ていないものだった。
そのペンダントはミランが持っていたもの。
ミランはソンウン行方不明に関係していた。
ソンウンに ガウンのピアノ教室に連れて行ってあげると約束して代わりに ペンダントをもらう。しかし 喧嘩になり ソンウンを置き去りしてしまった。
証拠のペンダントを隠していたが ナリがしているのを見つけ 慌ててゴミ箱に捨てる。
それを拾ったジョンウ母が ジョンウを通してガウンに返す。
ガウンは ミランがゴミ箱に捨てたと聞き 気になる。
そこでおばさんに会いに行く。

オ社長から ジョンウが太陽アパレルを乗っ取った経過が詳しく記された書類を渡される。
こんなものを読んだら 復讐したくなるわよね。
服役しているソンウンの無実を証明したいだろうし。

ジョンウはミランと離婚したい。
しかし ミランの妊娠がわかり できなくなってしまう。
ミランと別れて ガウンとよりを戻そうと考えるなんてずうずうしいのよ。

109-112

ガウン、気が変わり 復讐することに。
ソンウンが心臓発作で急死したのよね。
それに オ社長からもらった書類も見ちゃったのよね。
復讐したくなるのは仕方ないかも。

で、それなら メン会長を利用するのが一番。
メン会長に「“スターファッション”の筆頭株主パウロについて知りたい。パクを破滅させたい。会長の力を借りたい」と頼む。
すると「力を貸す代わりに 君をそばに置きたい」と言われる。
ガウンは復讐のため メン会長と結婚することに。

ガウンとの結婚目前だったジェボムはショックを受ける。
ジェボムはガウンの本心を知ろうとするが、
ガウンに「騙されたと思って。私のような女のことは早く忘れて」と言われてしまう。
メン会長に「彼女は自分が愛する人で 結婚する約束をしていた。彼女はおじさんを愛していない」と話す。
けれど…メン会長、復讐のことは承知だし、何よりガウンを愛している。ガウンを手放したくない。

ガウン、ジェボムに「復讐に協力する」と言われたけれど
愛しているからこそ ジェボムを巻き込みたくない。
ジェボムの気持ちを断ちきるため、メン会長の疑いを晴らすため、
2人の前で「本部長は上司として 学ぶことの多い人だったわ。でもそれだけよ」と話す。

ミランの洋服の売れ行きは好調。
しかし それには裏があった。
ジョンウがミランの洋服を買い占めていた。
女優にも金を渡して タイアップを頼んでいた。
ミランもジョンウもこれで メインデザイナーになれると喜ぶが、ジェボムはそのつもりはない。
ガウンがメン会長と結婚すれば ガウンが本部長になる予定。
そうなると ますます メインデザイナーにはなれなくなるわね。

113-116

ジェボムが本社に異動になると知り ミランもジョンウも大喜び。
嬉しくて仕方がないミランはガウンを呼び出す。
「妊娠したの」と話し、ソンウンへの香典を投げつける。
勝ち誇った顔のミラン。

ところが…
メン会長の婚約者になったガウンが 本部長に就任。
ガウンは ジョンウがミランの洋服を買い占めしていたとして 提携関係を破棄する。
ジョンウ、メン会長に泣きついたけれど 当然ダメ。
メン会長はガウンを手に入れるために ジョンウを捨てなかったらしい。
ガウンを手に入れたから ジョンウは用なしってことね。

ジョンウは ガウンを罠にはめるため 尾行。
ジェボムとの密会写真を撮ろうとしていた。

ガウンは“スターファッション”が契約しようとしていたデザイナーのミジュと交渉。契約を邪魔する。
また ジョンウの片腕キム室長が横領していることを掴む。

ミランはジョンウに捨てられないために 弱みを握ろうと書類を捜していて 流産する。
流産したことが知られたら 絶対に捨てられる。
そこで キム室長に協力を頼む。

ジェボムはショックから立ち直れない。
メン会長の息子ソジンはヨンウンを愛しているから 父とガウンの結婚を阻止したい。
ガウン母は 娘を売るようなことはしたくないと反対。
どんなに反対されても 結婚はできるけど…
やっぱり ガウンにはジェボムと結婚してほしいわ。
婚約中に ジョンウとミランとメン会長に復讐して ジェボムと結婚 ってことになるといいのに…無理よね。

117-120

復讐は順調に進んでいるけれど…
ジェボムが辛そうで…
でも 今更メン会長を捨ててジェボムと結婚するのも無理だろうし…
う…ん…メン会長が急死するのを待つ とか?ダメ?


ジョンウは“オリエンタル”との提携とミジュとの契約を進めている。
ガウンは どちらもダメになるように企む。

ガウンは“オリエンタル”のハン専務に独立を手助けする約束をし 協力を頼む。
ハン専務はジョンウと会い 会長に会わせると約束。
ジョンウは 提携話は決定したと思う。

ガウンはミジュに「夢を叶えられるよう お手伝いします」と切り出す。
ミジュは身分の店を持つのが夢だった。
ミジュはガウンとも交渉しているように見せる。
どうしても契約したいジョンウは 契約金を倍額にする。
ミジュは 条件付きでジョンウと契約する。
条件とは “オリエンタル”と提携すること。

ハン専務が姿を消す。
“オリエンタル”では “スターファッション”との提携話などなかった。
こうなると ミジュとの契約はなかったことに。当然 ミジュに払った契約金は戻ってこない。
“スターファッション”の株価は下がり、ジョンウは資金繰りに困る。

困ったジョンウはメン会長に ガウンとジェボムの仲を告げ口する。
代わりに 現在のもっている売り場の確保を約束してもらおうと考える。
しかし メン会長に「2人の仲は知っている。元妻の恋愛に口出しするな」と一喝されてしまう。
メン会長、2人のことは気にしていない風を装ったけれど…心の中は嫉妬で一杯。結構 嫉妬深そう。

ガウンは キム室長を味方につける。
ジョンウは多額の借金を抱えている。評判も落ちてしまったし…そろそろ 終わりかしら。

121-124

ジェボムはガウン母から ガウンがメン会長に対しても復讐を考えていると聞く。
「あなたと結婚して復讐すればいいと説得したけれど 愛と復讐は共存しないと。あなたを巻き込むことはできなかったのよ。ガウンはあなたを最後まで思い続けるはず。あまり苦しまないで」と。
ジェボム、ガウンに「メン会長に復讐するのは危険だ」と話すけれど ダメ。
メン会長には「ガウンさんの復讐が終わったら 用済みになるぞ」と話すけど やはりダメ。
ガウンは何があっても復讐をやり遂げようとするはず。
メン会長は…ガウンを信じ切っていないようだけど…ガウンに復讐されるほどバカじゃないだろうし…ガウンに復讐もされることも 捨てられることもないと思っているのかも。


ジョンウは海外ブランドのコピーを作っていた。
ガウンはキム室長からその情報を得、証拠の動画を録画。ネットに流す。
ジョンウは詐欺罪で逮捕される。

釈放されたジョンウは金策に走り回る。
高利貸しさえ 貸してくれない。
ガウンはキム室長にある男の名刺を渡す。
「パク社長に 貸してくれる人を見つけたと話して」


ヨンウンはソジンがメン会長の息子と知る。
ガウンに「あなたと彼はダメなの。パパのことを考えて」と言われる。
ソジンが悪いわけじゃないんだけどね…

125-128

メン会長、随分と心の狭い男だったのね。
ウエディングドレス選びにジェボムを呼ぶ。
ナナとの結婚を進めようとする。
ガウンを諦めさせ 争うのをやめようとしたんだろうけど 逆効果。

ジェボムは アメリカの百貨店、不動産を売り “スターファッション”の株を買う。
ジェボムは メン社長は ずっとガウンをそばに置いておくために“スターファッション”を潰す気はないと考えている。
メン会長とは違う方法で ガウンを助けようとする。

ガウンは メン会長に押し切られ 1ヶ月後に結婚式を挙げることに。
それまでに 復讐を終えたいようだけど…
メン会長の協力がなければ 復讐するのは無理。
ジェボムが考えるように メン会長がガウンをそばに置いておくために復讐に協力しなかったら 復讐が終わることはない。
メン会長と結婚、いつまでたっても 復讐は終わらない、最悪なことになりそう。
メン会長が亡くなるのが一番なんだけどなぁ…


ジョンウは キム室長が見つけて来た男からビルを担保に金を借りる。
ラクに多額の金を得ようと 絵に目をつける。
十倍の額になるはずの絵を オークションで手に入れる。
しかし それは偽物だった。
すべて ガウンの策略だった。


ナリが行方不明になる。
ナリはミラン母が連れて行っていた。
ミランはそれを隠して ガウンを責める。
ところが ナリはミラン母の家からもいなくなってしまう。
ミランって…はぁ…

129-132

ミランは“スターファッション”を助けるため 元夫からもらったダイヤの指輪を売ることにする。
しかし それを知ったガウンが指輪をすり替えたため 指輪は売れなかった。

チェ理事もガウンの味方に。
ガウンに頼まれて ジョンウにドバイの投資会社を教える。
ジョンウ、信用できるのかどうか悩んでいたが 投資した人の話を聞き 投資することに。
もちろん 投資した人もガウンの味方。
投資するために ジョンウは自宅を担保に金を作る。

ジョンウは会社を手放さないために必死。
ミランはどちらかというと ガウンの幸せを奪おうと必死。

ミランはパウロをえさにジェボムとガウンをホテルにおびきだす。
ホテルの部屋に入るところの写真をメン会長に送る。
メン会長は逆上。ホテルに駆けつける。
しかし ジェボムとガウンは部屋を出た後だった。
後日 メン会長はミラン母の携帯から写真が送られたと知る。

ジェボムに誕生日のプレゼントが届く。
中にはガウン署名のカードが入っていた。
これも ミランの仕業かしら?

133-136

今度は記憶喪失?


ジェボムに送られた誕生日プレゼントはミランの仕業だったみたいね。
しかし ミランの思惑とは違い、メン会長はガウンを疑わなかった。
カードの筆跡がガウンのものとは違う。
毎日 ガウンと仕事をしているソジンの証言だから間違いない。

ミラン、今度は ソンウンをだしにおびき出して ガウンをエレベータに閉じ込める。
これも ガウンの様子を不審に思ったジェボムが 駆けつけて 大事には至らなかった。

ガウン、反撃。
泥酔したミランは男に誘われてホテルに。
翌日 男とのツーショット写真が送りつけられる。
結局 ミランはメモリーカードを取り返すために 金を払う。

ガウンとミランは言い争う。
ミランがガウンを押し…ガウンは床に倒れて気を失う。

気がついたガウンは記憶を失っていた。
ガウンは病院を抜け出し 家に帰る。
そこは ジョンウの家だった。

というか…ガウンは記憶を失ったふりをして 家に入りこみ ジョンウの裏帳簿を捜しだすつもりらしい。もちろん ミランを苦しめる目的もあるけれど。
ガウン、流産したのはミランのせいだと知ってしまったのよね。
ジェボムが事件を調べるつもりのようだけど…ソンウンが関わっていることを知ったら…

137-140

「結婚を拒めば周りの人が傷つく。君が一番悲しみそうな人を選ぶ。まずはジェボムだな」
メン会長はガウンを手放す気は全くない。
ガウンは 復讐が終わっても メン会長から離れられない。
…だから やっぱり メン会長が急死してくれないと ガウンは幸せになれないのよ。元気そうだから 病気するとは思えないし…バイク事故しかないかなぁ…
メン会長急死。ジェボムとガウンは結ばれる。 なんて結末になったら “信じられない”と叫ぶと思うけど 激しく希望。


ジョンウは記憶喪失のガウンを利用して ガウンの財産で借金を返そうと考える。
しかし その前にガウンは裏帳簿を発見。
記憶喪失のふりをする必要がなくなったガウンが ジョンウのために財産を手放すはずがない。
ジョンウは自宅を差し押さえられる。

ミランはアルコール中毒で 入院。

ジェボムは ミランがガウンを流産させたと告白した録音テープを入手する。
しかし ガウンのショックを思うと ガウンに聞かせるのをためらう。

“スターファッション”の株主総会が開かれることに。
そこではジョンウの解任が決議される予定。
正体のわからないパウロはジョンウに一任するはず。
パウロがジョンウ解任に賛成してくれないとジョンウを解任できない。
パウロ捜しが始まる。
キム室長がガウンのスパイだと知ったジョンウは それを利用することに。

141-144

ガウンのジェボムへの本当の気持ちが録音されたレコーダー。
それを見つけたヨンウンは ジェボムに渡す。
ガウンの本心がわからず 憎むこともあったジェボムが、
ガウンとの愛のために メン会長と戦う決心したようだけど…
メン会長が簡単に倒れるはずがないし…
私が激しく希望するように 急死するはずないし…
あとはメン会長がガウンを手放すことを期待するしかないのかしらね。



ガウンはジョンウの罠にはまり 偽のパウロに振り回される。
パウロは ガウンからジョンウの罪を聞かされ協力すると言うものの 株主総会に行こうとしない。
パウロがジョンウらしき男と電話で話しているのを聞き、ガウンはようやく騙されたことを知る。

株主総会に駆けつけた時、ジョンウは勝ち誇った顔でいた。
「パウロから預かった委任状には 株主としての全権を渡しに預けると書いてある。パウロと私の株を合わせれば51%。会社の経営権は私にある」
ところが そこにメン会長が本物のパウロを連れて登場。
状況は一変。
ジョンウは解任され 横領で検察の聴取を受けることに。

すべては ガウンを得るためのメン会長の策略だった。
ジョンウとミランは会社、財産を失った。
けれど“太陽アパレル”はガウンの元には戻らなかった。
メン会長は “スターファッション”からジョンウを引きずり下ろしたのは ガウンへのプレゼントと言うが、ガウンはこんな形での決着は望んでいなかった。ナリのために ジョンウの横領を通報することもためらっていた。
ガウンは“太陽アパレル”を手に入れられず 奴隷のように 一生メン会長のそばにいることになってしまった。

ジョンウがガウンを拉致する。
メン会長に海外逃亡のための金と偽パスポートを要求する。

ジェボムがガウンを助け出す。
ジェボムはガウンに「君から拒まれるたびに揺れることもあったが、君も本心は僕と同じ気持ちだと知った」とレコーダーを見せる。
しかし やはり ガウンはジェボムを拒む。

ジェボムは メン会長のマネーロンダリングを暴こうとするが、
頼りにしていた弁護士は メン会長を怖れ 協力してくれない。
唯一の頼りは元“オリエンタル”のハン専務だけど…

145-149

一気に30話ほどみたから 疲れた~~~~頭ががんがんする~~~
頭が痛くて 吐いて…大変だった…
もうとにかく イライラ日々ドラマを早く終わらせたかったのよね。

激しく希望したように 急死はありませんでした。
メン会長が自分の過ちを知り ガウンを手放すことで 一件落着。
それにしても…誰かが傷つかなければ 過ちにい気付けないなんて…メン会長もジョンウもミランも情けない。


ガウンは ナリのやけど、ジョンウ母の認知症を見て 心が痛む。
復讐のために周りを不幸にし、何が幸せなのかを見失っていた気がしてならない。
だから 今までのことを謝罪したミランの涙を信じたいと思った。
しかし メン会長は違う。
「2人が海外に行くのを手助けしてほしい」と頼むが、
「裏切り者は息の根を止めるべきだ」と。

メン会長はジェボム専務室を盗聴していた。
ジェボムがマネーロンダリングの証拠を掴んだと知り
専務室を調べるが 見つからない。
そこで拉致する。

メン会長は結婚式を控え ガウンを繋ぎとめるために必死。
式が済んだら “スターファッション”をガウン名義にする。ジェボムを“ドリーム”の副社長にすると。
あくまでも “式が済んだ後”なのよね。
で、拉致したジェボムのことは ヨーロッパ視察に行かせたことに。

ジェボムがヨーロッパに行っていないと知ったガウンは メン会長に聞く。
「彼に邪魔されないように 監禁したんですか?私は彼を守るために結婚するんです。父の会社よりも彼が大事です」
こんなこと言われても メン会長は結婚を取りやめるつもりはない。ガウンが誰を思っていようと関係ない。手に入れると決めたものを手に入れればそれでいい。

ガウンに頼まれたキム室長とソジンがジェボムを助け出す。
ジェボムは 式場からガウンを連れて出し 逃げる。

メン会長は ジョンウとミランを利用する。
ミランに「ナリが病気」と電話をさせる。
ジェボムは罠かもしれないと言うが、ガウンは確かめないと安心できない。
2人はミランに会いに行き…拉致され…メン会長の前に連れ出される。

メン会長に何を言ってもダメ。
ガウンがジェボムを庇い、ジェボムがガウンは会長のコレクションじゃないと言うが、メン会長を煽るだけ。
怒り狂ったメン会長はゴルフクラブを振り降ろす。
倒れたのはガウンだった。
正気に戻ったメン会長はガウンを諦めることに。

 1-45-89-1213-1617-2021-2425-2829-3233-3637-4041-4445-4849-5253-5657-6061-6465-6869-7273-7677-8081-8485-8889-9293-9697-100101-104105-108109-112113-116117-120121-124125-128129-132133-136137-140141-144145-149

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング