FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




いばらの鳥 あらすじ&感想


出生の秘密、生みの親と育ての親。三角関係(四角関係?)
一昔前の韓国ドラマ という感じ。
で、ちょっと暗め。
あえて見る必要はないドラマだと思います。

ハン・ヘジン演じるジョンウンと チュ・サンウク演じるヨンジョ、“どうか2人が結ばれますように”と応援しながら視聴。
この2人が苦手だと 早々にリタイアだったと思います。
悪役のキム・ミンジョンも好きな女優。
「ヒーロー」を降板した時 残念だったので 久々に彼女のドラマを見られて嬉しかったです。
残念だったのはソ・ドヨン演じるガンウの“愛する女性を見守る”シーンが少なかったこと。
ジョンウンがガンウに揺れて ヨンジョが嫉妬するシーンがあるかと期待したのですが、
ジョンウンは一筋。まったく揺れなかったんですよね。
嫉妬するヨンジョも見たかったのに。



全20話 2011年 KBS

出演者 : ソ・ジョンウン・・・ハン・ヘジン
       イ・ヨンジョ・・・チュ・サンウク
       ハン・ユギョン・・・キム・ミンジョン
       チェ・ガンウ・・・ソ・ドヨン

       ユン・ミョンジャ(ユギョン母、女優イ・エリン)・・・チャ・ファヨン

       ヤン・ミリョン(ジョンウン友人)・・・キム・ハウン
       ソ・ハンビョル(ユギョンとヨンジョの娘)・・・キム・スヒョン

       キム・ゲスン(ヨンジョ実母)・・・ソン・オクスク
       パク・ハンス(ヨンジョ異父兄)・・・チェ・ジェウォン
       イ・ヨングク(ヨンジョ異母兄)・・・チョン・ウィガプ

       チェ・ジョンダル(ガンウ父、元イ・エリンのマネージャー)・・・パク・チイル

       ユン・ミョング(ミョンジャ弟)・・・アン・スンフン
       ユン・ハック(ミョング息子)・・・イ・ウォンジェ
       ソン・グム(ミョング妻)・・・イ・ミヨン

       ジョンウンが育った施設の院長…キム・ジヨン
       ユギョン養母・・・チョン・ギョンスン

       パク・ソジン・・・チョン・ウンビョル
       ソジン父・・・チェ・サンフン

       ジョンウォン実母の元夫・・・チャン・ヨン

演出  : キム・ジョンチャン
脚本  : イ・ソニ

 1234567891011121314151617181920


1

ジョンウンは施設で暮らしている。
実母に会いたくて 警察に捜索願いを出す。
見つかるが 会うことを拒否され 名前も住所も教えてもらえない。
ショックのあまり 警察で泣いてしまう。

その警察で ヨンジョに会う。
先日 不良に絡まれているところを助けてあげたことがあった。
ヨンジョもまた 死んだと聞かされた実母が生きていると知った直後だった。
先日絡んできた不良は 実は異母兄。
彼を殴って警察に連れて行かれれば 兄を引き取りに来た実母と会えると思った。
計画通り 実母に会えるが 実母から「あなたを捨てた代わりに美容院を始めるお金をもらったの。あなたはあそこにいるほうがいい。私と一緒に暮らせば 兄のようになってしまう」と言われてしまう。

ジョンウンとヨンジョ、寂しい者同士 食事をして 後日会う約束をして別れる。
しかし その日 2人は会えなかった。

ジョンウンはヨンジョと食事をしたため 仲良しのユギョンとの約束に遅れてしまう。
慌てて待ち合わせ場所に向かうと ユギョンは不良たちに絡まれていた。
ユギョンを助け出すが…

帰宅したユギョンは 母が電話で話しているのを聞き、母が実母ではないことを知る。
また 翌日 学校では不良たちに乱暴されたことが面白おかしく噂されていた。
ショックをうけるユギョン。
イライラの矛先はジョンウンに向かう。
そのことで ジョンウンはヨンジョとの約束を忘れてしまう。
思いだして駆けつけた時には誰もいなかった。

2

10年後。
ユギョンもヨンジョも とてもひねくれてしまった感じ。
実母が誰だか知っているのに 会えない、会いたくない。屈折した性格になっても仕方ないのかも。

ヨンジョは警察で会って以来 実母とは会っていない。
異父兄ヨングクは ヨンジョの名前を借り 詐欺。
ヘジュグループの後継者としては 関わりたくないのかも。

ユギョンは養母の話から推察して 女優イ・エリンが実母だと思う。
ヘジュグループの映画製作チームに就職し エリンと一緒に仕事をすることになる。
しかし 名乗れず 気付いてもらえず 辛い思いをする。

ジョンウンは女優になり母を捜す夢を忘れていなかった。
ヘジュグループの御曹司イ・ヨンジョを名乗る男に騙されたことをきっかけに。
本物のヨンジョと知り合いになり オーディションを受けられることに。
監督の書類審査を通過するが、ジョンウンを憎んでいるユギョンに不合格にされてしまう。
しかし 手違いがあったことがわかり ジョンウンは映画に出演することになる。

偶然 ジョンウンはヨンジョが 10年前警察で会った“お兄さん”だと知る。
嬉しくなったジョンウンは ヨンジョに会うために 製作チームの飲み会に合流。
ヨンジョに話す前に ユギョンに話す。
「警察で会って 一緒に食事した“お兄さん”がイPDだったの」

それを聞いた ユギョンはジョンウンが会う前に ヨンジョを捕まえ
「ジョンウンとはどんな関係?始めに警告したわよね。近づかないでって。私があなたに近づきたいから」と言って キスをする。

3

ユギョン、屈折している。
まぁ…わからなくもないわよね。
実母がすぐそばにいるのに名乗れない。実母は“私には娘などいません”という顔。母に抱きしめてもらいたいのに叶わない。
屈折するのはわかるんだけど…実母を陥れようとするのは…やめたほうがいいと思うんだけどなぁ。

ヨンジョはユギョンの計画に嵌って ユギョンが気になる様子。
でも…ジョンウンのことも気になっているみたいなのよね。
どっちに強く惹かれているのかしら?
そうそう ガンウはジョンウンを好きみたいね。


ユギョンはヨンジョにキスし、そのまま 2人は一夜を共にする。
翌朝 ユギョンはヨンジョに「昨日のことはなかったことにしましょう。秘密にして」と クールな態度を取る。
そうなると 逆に気になるもの。
ユギョンの押したり引いたりの作戦に嵌り ヨンジョはユギョンのことが気になりだす。

ジョンウンはユギョンに
「イPDに過去のことを話すつもりなの?そうやって言いよる女優は多いのよ。彼があなたを覚えているかしら?」
と言われ “お兄さん”だとは話さないことにする。

ジョンウンは 暴走族その1の役を演じたのが認められ“ヘジュ”と契約。念願の女優になる。

映画撮影で エリンは捨てた娘と再会し 抱き合うシーンを撮る。
それを見ていたユギョンは 腹立たしい気持ちになり、
“イ・エリンには隠し子がいる”と匿名の手紙をマスコミに送る。

そして…エリンの娘と名乗る女の告白動画が流れる。
それは…昔 ユギョンがジョンウンを撮ったものだった。
…たぶん そうよね?あのころ ジョンウンは女優になったふりをして それをユギョンが撮っていたものね。

エリンは 映画撮影で胸にしこりがあるのを発見。
検査をし 乳がんと診断される。
リンパ節まで広がっており 医師に手術を進められるが 断る。
エリンも可哀想なのよね。
マネージャーだったジョンダルに勝手に娘と引き離されたようだし。

4

ヨンジョは うどんを一緒に食べた女の子がジョンウンだと知る。
もしかすると ヨンジョの心は ユギョンからジョンウンに移るかも…と思ったら…
ユギョン、妊娠。
結婚する気はない様子のユギョンだけど どうするのかしら。
妊娠を知れば ヨンジョは結婚しようとするわよね。


ジョンウンはユギョンに「実母を陥れるようなことはしてはいけない。イPDに話すわ」と話すが、
逆に「そんなことをしたら あなたの正体をばらす」と脅されてしまう。

エリンは自宅に引きこもる。
ユギョンは訪ねて来たエリン義妹をつれて エリン家に。
夕食を作り エリンに娘のことを聞く。
エリンは
「娘の父親のことは顔も覚えていないわ。彼は妊娠のことも知らず 突然いなくなったの。捜しだした時には刑務所にいた。そこで病気で死んだわ。捨てんじゃないわ。奪われたのよ。でも スターでいたかったの。私が悪いのよ。娘が訪ねてきたら 会いに来るなと言って。私は人間じゃないから会えない」と話す。

ヨンジョは ユギョンが体調を崩していると知り ユギョン家に。
そこで ビデオショップの領収書を見つける。
会社に行くと ビデオの件でおかしなことがあると聞く。
ふと ヨンジョはユギョン家にあった領収書が気になり ユギョン家に。
合い鍵を使って 家に入り…
エリンの娘と告白する動画を見つける。

ユギョンは体調が思わしくないことが気になり 妊娠検査薬で検査。
妊娠していることがわかる。

5

ユギョン、酷いわ。ジョンウンに罪を着せるなんて。
そうまでして ヨンジョと結婚したいのね。
けれど…
エリンから自分を奪ったのは ヨンジョ祖父とヨンジョ父と知ったのよね。
それでも 結婚するの?
でも 仕方ないわよね。未婚で育てるよりは 結婚したほうがいいわよね。



問い詰めるヨンジョ。
ユギョンは「ジョンウンの仕業」と説明する。
ヨンジョは信じようとしない。動画を見て倒れたジョンウンを知っているから。
しかし「エリンの娘かどうか知らない。ただ その写真を母だと自慢していたわ」と言われ 信じてしまう。

ユギョンはジョンウンに「ヨンジョに見つかった」と話す。
「ジョンウンはエリンの娘で 彼女が動画を流したと話したわ。彼はあなたには優しいから見逃してくれるわ。私 妊娠したの。結婚したいから助けて」と。
ユギョンの仕業にジョンウンの怒りはおさまらない。
潔白を証明するために ユギョンを引っ張って エリン家に行く。
しかし 家には誰もいなかった。

その頃 エリンは手術を受けていた。
そして エリンの代理で ジョンダルが記者会見を開く。
「スキャンダルは冤罪です。しかし 騒ぎを起こした責任をとって引退します」

ヨンジョはジョンウンを非難。
「二度と顔を出すな。顔を出したら お前がしたことを公表する」と。
ジョンウンは反論しなかった。

ヨンジョは 詐欺を働き起訴された兄ハンスを助けるために 株を放棄。
会社を辞める。

ジョンウンに映画主演の話がくる。
しかし ヨンジョの言葉を思い出し 断る。
マネージャーから「契約違反だ。移籍もできないぞ」と言われるが どうしようもない。
「結婚する」と嘘をついて 納得してもらう。

突然のジョンウンの引退。
ガンウは本当のことを知りたいと ジョンウンを問いただすが
ジョンウンは「すみません」としか言わない。

ヨンジョはガンウに「エリンが子どもを捨てたいきさつを知らないか?お前の父親ならしっているだろ?」と聞く。
それを聞いていたユギョンは ガンウとジョンダルの話を立ち聞きし…
“ヨンジョ祖父が黒幕。ヨンジョ父が実行犯”と聞く。

6

ユギョンに呆れると同時に
ジョンウンの バカがつくほどのお人好しにも呆れる。
信じてもらえるかどうかとかよりも ヨンジョに本当のことを話せばいいのに。
病院だって 身分証明書を見せればすむことじゃないの?
ジョンウンを利用するユギョンよりも 利用されるジョンウンにイライラする。


ヨンジョはユギョンにプロポーズする。
しかし 断られる。
「あなたがヘジュの後継者だから誘惑したのよ。会社は辞めるわ。ニュージーランドに帰るの。まさか私たちのことを言いふらさないわよね」と。

ヨンジョは悪酔いし ジョンウンを呼び出そうとする。
止めるガンウに
「昔 とても辛い時に あいつといたら忘れられたんだ」と話す。
…そんなこと言ってもね…ジョンウンがくるわけないじゃない。ジョンウンはユギョンを信じたヨンジョを憎んでいるんだから。辛い時に会いたい人なら どうしてジョンウンのことを信じてあげなかったのよ。

ユギョンは中絶を考えるが 安定期に入っていて できなかった。

6ヶ月後。
ヨンジョ帰国。
一文無しの彼が身を寄せるところは 実母のところかガンウのところ。
ガンウはヨンジョの味方だけど ジョンダルはヨンジョ兄のヨングクに味方。
なのに ヨンジョはそのことを知らない。

ヨンジョはペ社長の映画会社に就職。
そこで 見せられたシナリオはユギョンのものだった。

ガンウは市場でジョンウンに会う。
ジョンウンは洋服店で働いていた。
ジョンウンを助けてあげたいガンウ。けれど何もできない。


ジョンウンは ユギョンから連絡があり 駆けつける。
ユギョンはジョンウンの名前で娘を産んでいた。
しかも その娘を養子に出すと言いだす。
ジョンウンは今までの不満をぶちまけ 「すべてヨンジョに話す」と話す。
すると ユギョンは「あなたの友情はこれくらいなの」と脅す。
…まったく 呆れてしまう。あなたの方が友達じゃないわよ。散々利用して 今度は 施設で育ったジョンウンに 施設に預けろ なんてよく言えるわ。
ユギョンは「子どもはいらない。父親はニュージーランドにいるわ。妻帯者なの。認知してほしかったけど それも無理なの。あの人が私を捨てた気持ちがよくわかるわ。我が子でも敵なのよ」と言い放つ。

7

そうなると思ったわよ。
ジョンウンが 施設に預けておしまい にできるわけないわよ。

ヨンジョはユギョンを忘れられない。
ユギョンも忘れられないようだけど やり直すつもりはないから 冷たい態度。

ガンウはミリョンからジョンウンは結婚していないと聞き、
ジョンウン引退の本当の理由を知ろうとする。
けれど ジョンウンは教えようとしない。
ユギョンとヨンジョは知っているような気がするが 教えてくれるはずがない。

ヨンジョはジョンウンに 以前言いすぎたことを謝罪し、
“お兄さん”のように接する。
ジョンウンはとまどっている様子。
…まぁ 憎まれたままでいるよりはいいわよね。本当のことを話すのが一番だけど ジョンウンにできるはずないし。



ユギョンはジョンウンに 養子縁組の書類を渡し 入院費を払わせ 娘を置いて 姿を消す。
ジョンウンは養子縁組の手続きをする。

ユギョンはシナリオ大賞を受賞。
支援してくれていたペ社長を裏切り、ヘジュ映画社に就職する。

エリンの居場所がわかり ジョンウンとユギョンは会いに行く。
しかし 治療で財産を失くしたエリンは 昔の面影はなく やつれ果てていた。
ショックを受けた2人は 会わずに帰る。

ジョンウンの元に 実母の元夫から連絡が来る。
実母はすでに亡くなっていた。
元夫から「シャンプーのCMをよく見ていた」と聞き、母の写真を手渡される。

ジョンウンはユギョンの娘を引き取り エリン家に連れて行く。
「祖母として育ててください」
顔をそむけたエリンだったが、子どもを見た途端 「私の子ども」と言いだす。

8

ジョンウン、エリンの娘として エリンとユギョンの娘と 3人で暮らし始める。
それで よかったのかしら…



娘なのかどうか聞くエリンに
ジョンウンは「私は娘ではありません。けれど この子はあなたの孫です」と答える。
けれど…ユギョンに会った後 エリンの娘になると決心。
帰宅後 ジョンウンのバッグの中の家族証明書などの書類を見たエリンから 再度聞かれ
「そうです」と答える。

ジョンウン、ユギョンに エリンに子どもを会わせたことを話したのよね。
ジョンウンは「お母さんの世話をしながら 子どもを育てて。名乗り出て。お母さんは孫を見て 25年前のあなたにそっくりと言っていたわ。あなたのような思いを子どもにさせないで」と説得したけれど ダメ。
ユギョンに「あなたが娘になればいいわ」と言われてしまう。

エリン弟は ヨンジョが財産を放棄し一文無しだと知る。
ヨンジョを 自分の店に呼び出し、
「この店は君のものだ」と話す。
エリン弟は 祖父から死んだ後のヨンジョのことを頼まれていた。
ヨンジョは 自分は何も分からないと店の経営を断る。

ヨンジョはペ社長の会社をクビになる。
ソジンが ヨンジョとのスキャンダルをネットに流したから
ヨンジョは ソジン父の怒りをかい ソジン父の会社に入社する話しを流れてしまう。
そして…兄から すべてはジョンダルの仕業だと知らされる。
ヨンジョは ニューヨーク支社に行くことに。

ユギョンは留学する前に エリン家に行く。

9

ヨンジョは 自分の娘だとは知らず ユギョンの娘ハンビョルを抱く。
いつか知ることになるんだろうけど…
ジョンウンが父親のことをなにも知らされていないんだもの。知るのはずっと先よね。

そして…
エリンはジョンウンではなくユギョンが娘だと知る。
ユギョンが会いに来たことが気になっていたみたいね。
居場所は誰も知らないはず。ジョンウンはユギョンに話していないと言う。
不思議に思っていた時 ヨンジョから2人は幼なじみと聞く。
で、ジョンウンが女性の写真を見ているのを目撃。
問い詰める。



ヨンジョとユギョンは空港で会う。
ユギョンは「あなたを捨てたのは あなたがお祖父さんの孫で あなたのお父さんの息子だから。悪行をばらしたいけれど やめるわ。2人のせいで私の人生は変わったの。まだ話していないことがあるけれど それを聞いたら私を許せないわ」と話す。
これで ヨンジョは吹っ切れたかしら。

ボイラーが故障し エリンとジョンウンは エリン弟の家に行くことにする。
10年前 エリンはユギョンの養母に渡すためのお金を弟から盗んだ。
だから 二度と行けないと思っていた。
けれど 仕方がない。このままではハンビョルが病気になってしまう。
エリン弟家族に 温かく迎え入れてもらう。

ジョンウンは エリンから「自分がハンビョルを育てるから 自由に生きるように」と言われる。
しかし エリンやハンビョルのそばにいたくて 一緒に住むことを選ぶ。

ヨンジョはニューヨークには行かなかった。
エリン弟の店で働き エリン弟の家に住むことに。
エリン弟の家で エリンとジョンウンに再会する。
ヨンジョ、ハンビョルがジョンウンの娘だと聞いても 不思議そうにしないのよね…
6か月ほど 会っていなかったから その間に産んだと思ったんだろうけど…だけど 疑問に思わないのかしら。

エリンは ジョンウンが女性の写真を見つめているのを目撃する。
「誰?あなたの養母?」と聞きながら 写真の女性とジョンウンを見比べ 驚く。
「もう嘘はつけません。私の実の母です。あの動画は編集されたものです。女優になりたくて 演技の練習をしていたんです」とジョンウンに言われ
「まさか ユギョンが…」と思う。

10

エリンはジョンウンに出て行くように言う。
「あなたに部屋代と生活費を出してもらえない。エリンは賞を取るために外国にいるというのに」と。
しかしジョンウンは「出ていけない。ひとりで暮らすのは辛すぎる。孤児だと言われ続けるのは辛い」と訴える。
ジョンウンは 家族に飢えているのよね。捜し続けた母は亡くなっていた。本当にひとりになってしまった。だから 血は繋がっていなくとも こうやって縁あって家族になったことを大事にしたい。
エリンはジョンウンに「親子になりましょう」と話す。

6年後。
ハンビョルは大きくなり ヨンジョとも仲良し。

ヨンジョとハンビョルとジョンウンは海に。
ヨンジョが取引先と空港で会うことになり 3人は空港に。

ガンウはジョンウンを見かけ 追いかける。
その姿を ヨンジョが目撃。
ジョンウンは 留学からもどったユギョンを目撃する。
ユギョンはハンビョルに話しかけていた。

11

ユギョン、いつまでジョンウンを邪魔するの?ジョンウンが何をしたの?不良に襲われたことをまだ恨んでいるの?傷ついたことはわかるけど もういいんじゃないの?
ジョンウンを起用したいガンウに「彼女はいつも逃げだす」と言ったけど
あなたが意地悪して脅すから逃げざるを得ないんじゃないのよ。

百歩譲って 映画出演を邪魔するのは我慢する。
でも ヨンジョとの結婚の邪魔は絶対にしないでほしい。
やっと やっと ジョンウンとヨンジョは 昔できなったデートから始めることにしたんだから。


ガンウはスタッフに見せられたドラマの中に ジョンウンを見つけ 撮影場所に駆けつける。
ジョンウンは死体役で1時間水に浸かっていた。
ジョンウンを心配するガンウ。
そこに ジョンウンが低体温症になったと連絡を受け ヨンジョが来て…
ガンウとヨンジョは再会することに。

ガンウに見つかったから ジョンダルやヨングクに見つかるのは時間の問題。
ヨンジョはヨングクに挨拶に行く。

ジョンウンは ガンウからシナリオを渡される。
オーディションを受けようかどうしようか迷う。受けたいけれど勇気が出ない。
ヨンジョは「オーディションを受ければいいじゃないか」と背中を押す。
そして…
「新しい家に持って行きたいものがある。ハンビョルとミョンジャおばさん(エリン)とお前。俺たち意外と似合いだろ?」と話す。
「他に女性がいるじゃない」とジョンウン。
「そうだな いるかもしれない。それでも始めないか?俺もオーディションを受けるよ。今度はもっと高級な店で食事しよう」
「木曜の5時。私たちの初めての約束の時間」
ヨンギョは「そうだな、あの時赤いマフラーを買ったんだ。ジョンウン、俺と映画を見に行かないか?木曜日の5時はどう」と手を出す。
その手を握るジョンウン。
…ヨンギョ、お願いだから 何があっても その手を離さないで。ユギョンに再会しても揺れないで。

ジョンウンはオーディションを受ける。

12

酔ってジョンウンを呼び、心の内をさらけ出し 仲直りしたかのように見せたのは 娘と母親の居場所を知りたかったからなの?
そうよね、ユギョンがジョンウンと仲直りしようとするはずないわよね。
娘と母親が気になるようだけど 今更どうするつもりなの?



ジョンウンはユギョンに ハンビョルとエリンの事を聞かれ
「あなたの娘も母親も知らない」と嘘をつく。
信じられないユギョンは 病院で張り込み 診察を終えたエリンの後をつける。
途中 尾行に気づいたエリンは ユギョンをまく。

ユギョンはジョンウンを呼び出す。
「あなたが嫌いなのは あなたが私の過去を知っているから。あなたが母と娘を捨てたとは意外だったわ。私は娘と母だけでなく恋人も捨てたの。彼は子供の存在も知らないの」と話す。
翌朝 ジョンウンの携帯を見て驚く。
そこには エリンと女の子の写真があった。

ジョンウン起用を巡って ガンウはユギョンと対決する。
ジョンウン出演は難しそう。
しかし ユギョンはドラマの方で 演技力を認められ始めていた。

ユギョンに再会したことでジョンウンは動揺。
ヨンジョとの約束を忘れてしまう。
ジョンウンはヨンジョに「私たち付き合うのはやめましょう。私は母親だから。私には許されないことだと忘れていたわ」と話す。
ヨンジョは「俺が好きになったのは 今のお前だ。ハンビョルとミョンジャおばさんの3点セットのお前だ。お前のすべてが好きだ」と。

ユギョンと再会したヨンジョに揺れは見られない。
ハンビョルが実の娘だと知らなければ ジョンウンと別れることはなさそう。
ユギョンはハンビョル父のことを明らかにするとは思えないけれど。

13

ユギョンは捨てたけど気になっている。
気になるだろうけど 名乗り出るのは許されないこと。
エリンは元気になり ハンビョルは可愛い盛り。ジョンウンが羨ましく思える。
だけど それは今まで3人で頑張ってきたから。
赤ちゃんの時には見ようともしなかったのに 手がかからなくなったら自分のものにしようなんて 絶対に許せない。


ジョンウンの人気が上がり 主役のソジンはイライラ。
拒んでいたガンウの映画の主役を引きうける。
ということは…ジョンウンの出演はなしということに。

ヨングクのせいでヨンジョは窮地に陥る。
罠かもしれないとは思っていたが ヨングクを信じたかった。
しかし ヨングクは祖父がヘジュ商会をヨンジョに渡したのが気に入らなかった。
ヨンジョは大量の在庫を抱えることに。

ジョンウンはヨンジョを慰めるため 「演技の練習」と言って キスをする。

ジョンウンの携帯を見て ユギョンは空港で話しかけた子供が娘だと知り 驚く。
ジョンウンを尾行。家を突きとめる。
公園で遊んでいたハンビョルにも会う。

エリンは ハンビョルから「空港で会ったお姉さんとまた会った」と聞き、ユギョンに会いに行く。
「娘は働きに出て 私が孫を育てているの。私はあの子が傷つくのが一番怖いの。この気持ちわかるかしら。他の何よりも あの子が傷つくのは許せないの。元気な姿で会えたこと 本当に嬉しいわ」と話す。

ユギョンはジョンウンに電話する。
「今からあなたの家に行くわ。あの女、わたしのことが誰か知っているの?言わないなら 直接確かめるわ」と。
ジョンウンは急いで帰宅。
玄関前で 2人は会う。
そこにハンビョルが帰ってくる。

14

はぁ…ホント、嫌になってしまう。
自分から捨てたのに…
人生に邪魔だと捨てたのに…
捨てたものを拾い 幸せにしている女が許せない。
それがジョンウンなら尚更。

ユギョンは ジョンウンがいる席には自分がいるはずなのに と思うのだろうけど
それは自ら捨てた席。奪われたのではない。
今更 その席に座ろうなんて 許せない。



ジョンウンはユギョンに
「お母さんにとってあなたは“ハン”さん。あなたのためにそう呼んだのよ。娘だと認めたら あなたのしたことが公になる。それでいいの?母親を破滅させ子どもを捨てたと公表できるの?私たちは幸せなの。あなたが入る隙はないの。二度と来ないで。私の娘に近づいたらタダじゃおかないわ」と強い口調で話す。

ソジンはジョンウンとミリョンの会話を聞き ジョンウンが未婚の母だと知る。
ジョンウンを貶めるため 撮影終了後 スタッフがいる前で ジョンウンが未婚の母だとばらす。
急遽 ジョンウンは記者会見。
未婚の母だと認める。
ドラマは降板。エキストラから始めることに。

ヨンジョは賭けに出る。
デザイナーとソジン父を味方にし ヘジュグループに対抗することに。

エリンは 今でも ユギョンがジョンウンを苦しめていると知る。
ユギョンにおかゆを作って持って行く。
「私とあなたが知っていて 神様が知っている。それで十分ね。後ろを振り向かず 前を向いて進んで」と話す。

ジョンウンとヨンジョの婚約式の日。
出張に行っていたユギョンが帰国する。
ユギョンはガンウに電話。ヨンジョの婚約式だと知る。
事務所を掃除していて ハンビョルが書いた招待状を見つける。
“ガンウおじさん、私のお母さんの婚約式に来てください”
慌てて 婚約式場に向かい、ヨンジョを呼びとめる。
「ジョンウンはダメなの。まだ私たちの関係は終わっていないの」
ヨンジョを迎えに出たジョンウンはそれを聞いてしまう。

15

どうなるの?
ユギョンは話すわよね。話したら 母と娘と夫を手に入れられるのだから。
そうなったら ジョンウンはどうなるの?
まさか ヨンジョ、ユギョンとよりを戻したりしないわよね?



婚約式をすませた後、ジョンウンはユギョンを訪ねる。
ヨンジョがハンビョルの父親かどうか確認したかった。
ジョンウンは「彼なら子どもを引き取ったはず。なのに捨てようとしたの?それも 私にさせるなんて。私の気持ちを知っていたのに。動画を見られたのもわざとよね。私から彼を奪っておいて なぜ捨てたの?」
「彼は仇だったの。ヘジュピクチャーはエリンさんのものだった。彼の祖父が私を捨てるように命令して 父親が実行したの」
「ただの駄々っこだわ。考えを変えれば幸せになれるのに 自分でダメにしたのね。ハンビョルは絶対に渡さないわ。」
「彼を取り戻せば ハンビョルも手に入れられるわ」
「彼は絶対に許さないわ。すべてを打ち明けられるの?」
「彼は許してくれるわ。あの子の母親は私なのよ。娘をとられないために婚約したのがヨンジェ?これってあなたにだけ有利なのかしら?あの魔法瓶はあなたの家のものよ。エリンさんが来たのを知らなかったでしょう。血は水よりも濃いの。私がどんなことをしても許すはず。それが肉親なの。結局あなたは他人なの。私のお母さん。私の娘。娘の父親。すべて私のもの」
「すがっても あなたには渡さないわ」

ジョンウンは落ち着かなくなる。
エリンに「ユギョンの話をしないで。私とユギョンとどちらの味方なの!」と怒鳴ってしまう。
最初についた嘘が後でばれて すべて奪われてしまうのではないかと不安になる。
すべて自分のものだと思っていたのに 自分のものじゃなかったのかもしれない。

ヨンジョが手掛けた洋服に販売禁止の仮処分が降りる。
ヘジュが 先にデザインを登録したと訴えたらしい。
証明するには最低1か月かかる。
ヨングクに「苦しめたいのは俺だけだろう。他の人を巻き込むな」と言うと
「助けてやるから 洋服をヘジュに納品しろ」と言われる。

ユギョンはジョンダルと話していて おかしなことに気付く。
エリンに会い、自分を捨てた本当の犯人はジョンダルと知る。
“仇を間違っていた。ヨンジョの祖父と父が犯人じゃないのなら あんなことはしなかったのに…”
ヨンジョに電話をしようとして ためらう。
夜が明け…ヨンジョに電話する。

16

ユギョンは ジョンウンと代わりたい。
ジョンウンがいるその場所に 自分が座りたい。
私が実の娘で 実の母だから。
ヨンジョがハンビョルの実の父親だから 簡単に代われる 代わるのが当然と思う。



ユギョンはヨンジョに「ごめんなさい。勘違いしていたの。許して」と話す。
ヨンジョは「謝っても何も変わらない。俺は君を憎んでいない」と答える。
「私を愛していないの?ジョンウンに同情しているだけでしょう?もしも私に子どもがいたら…ハンビョルが私たちの娘だったら?」
「どうしたんだ。何を隠しているんだ?」
「話したら あなたは私を許さないわ。私が死んだら戻ってくれる?」
「そんなことはない」

ヨンジョは帰宅し ジョンウンに「ユジョンと付き合っていた。もう二度と君を傷つけない」と話す。

ユギョンはジョンウンに「勘違いしていたの。もう彼を憎んでいないわ。父親だと明かすつもりはないけど いつまで隠していられるかしら」と挑戦的に話す。

ジョンウン、ユギョンには動揺していない素振りをしたが気になってしまう。
ヨンジョにユギョンとのことを聞く。
「誤解が解けたら 元のサヤに収まるの?」
「俺は今ここにいる。君の前に。信じてくれ」と答える。

ユギョンはハンビョルを見に行く。
ハンビョルをエリン義姉が迎えに来て 成り行きで家に。
帰宅して驚くジョンウンとエリン。
ユギョンはジョンウンに「ここはあなたの家じゃない」と話し、
エリンには「すべて自分のものにしたい。私のものなのに。ハンビョルの父親はヨンジョよ」と話す。

エリンとジョンウンとユギョン、
3人の関係が気になるヨンジョは 流失した動画をもう一度見る。

17

産んだから母親 と思っているのよね ユギョンは。
そうではないのに…
産むことは大変なこと。けれど それよりも育てることは大変。比べ物にならないほど大変。
ハンビョルが可愛く育ったのは ジョンウン、エリン、エリン家族、ヨンジョのおかげ。
決して ユギョンのおかげではない。



ユギョンはヨンジョに
「私がエリンの実の娘。動画を流したのも私。クビになるからもしれないとジョンウンのせいにしたの。ハンビョルはあなたの子ども。出産する時にジョンウンの名前を使ったの」と話す。

ヨンジョはショックを受ける。
母親を奪われたユギョン、母に捨てられたハンビョルを思うと辛い。
ユギョンは許せない。
ジョンウンも許せない。
けれど 一番許せないのは自分。

ガンウもこの事実を知る。
そして すべての発端、エリンからユギョンを奪ったのが父親だと知り驚く。

ヨンジョ母はユギョンを呼び出す。
昨夜 泥酔し手を怪我して家に来たヨンジョンの様子で だいたいは想像していた。
それが本当だと知り ショックを受ける。
罵倒するヨンジョ母に
ユギョンは「それでも 私はハンビョルの母親です」と言い切る。

ヨンジョは解任されるかもしれないヨングクに持ち株の委任状を渡し
ピクチャーズを引き継ぐことにする。

ヨンジョはユギョンに
「母親とのことは干渉しない。けれど娘のことは許さない。近づくな。君には何の権利もない。出産する時偽名を使った。親権を放棄したのも同然だ。ジョンウンを守るために近くで監視する」と話す。

18

病気。特に遺伝性の病気だと “実”“血”が重要になるのよね。
それは どうしようもないことだけど ジョンウンには辛いこと。
ただ産んでいないだけ。ただお腹の中で育てていないだけ。
生まれた時から ずっと育ててきた。
けれど お腹の中で育て出産した人には負けてしまうこと。


ヨンジョは揺れない。
ジョンウンと結婚するつもり。
ヨンジョ母も ユギョンを可哀想だと思うけれど 何も知らないふりをするつもり。
ユギョンがすべてを明らかにしても 何も変わらない。
けれど まだ ユギョンは「自分は母親だ」と主張する。
…それなら なぜ捨てたの?捨てた時に覚悟していたんじゃないの?ハンビョルに懐かれて 嬉しいようだけど 実母と名乗ったら憎まれるかもしれないと思わないの?

ヨンジョはヘジュピクチャーズの社長に就任する。
ユギョンが手に入れた ジョンダルの裏帳簿を取り返すために
「渡さなければ 動画の件をばらす」とユギョンを脅す。

ハンビョルが貧血気味で 検査を受ける。
病気は見つからなかったが 家族の検査もしたいと言われ
ユギョンも検査することに。

19

ようやく ユギョンは ハンビョルの母親はジョンウン と思えるようになる。
ヨンジョに「韓国から去ってくれ。消えてくれ」と言われたし、
ジョンダルが エリンの娘はユギョンだと嗅ぎつけたから 韓国を去ることに。
けれど…ユギョンは病気に罹っていた。


検査結果を知りたがるユギョン。
「私も関係あるわ。関係ないのならどうして呼んだの?」と。
ヨンジョは「君は単なる生物学上の母親だ」と言い放つ。

検査結果が出る。
ハンビョルは注射と投薬で治ると言われるが、
ユギョンは自己免疫性肝炎が疑われ 精密検査をするように言われる。

ハンビョルが高い熱で入院する。
たまたま エリンに電話したユギョンは ハンビョルの入院を知り 病院に駆けつける。
看病するユギョン。
ハンビョルはうなされながら「ママ」と呼び続ける。

撮影が終わって 病院に駆けつけたジョンウン。
ユギョンはジョンウンの姿を見て
ハンビョルに「ママが来たわよ」と声をかける。

ユギョンはヨンジョに「韓国を去るわ。ピクチャーズの株はあなたが取り返してくれるのよね」と話して 別れる。
別れた後…ユギョンは倒れてしまう。

20

動画事件が再燃する。
エリンの娘はユギョンだと噂される。

ユギョンは飛行機に乗れないほど 病状が進んでいた。
裏帳簿をガンウに渡し
エリンにヘジュピクチャーズの株主総会を託し、
ニューヨークに行くと言って 姿を消す。

ジョンウンが記者会見をすることに。
そこにエリンが来る。
エリンは株主総会に出席するつもりだったが 考えが変わる。
ガンウから「ユギョンは すべてを失くしても母がいてくれればいい と言っていました」と聞いたから。
エリンは「娘はジョンウンではありません。彼女は肉親ではないのに 死から助けてくれました。実の娘はユギョン。私に失望して去って行きました。彼女が動画を流したのは私への叫びです。母親に捨てられた娘の気持ちを察してください」と会見する。

エリンはヘジュピクチャーズの社長に就任する。

ジョンウンとヨンジョは ハンビョルを病院に連れて行ってユギョンが入院していることを知る。
ジョンウンはユギョンを家に連れて帰り 看病する。

完治したユギョンは育ての母がいるニュージーランドに。
しばらく静養した後はニューヨークに行くつもり。
見送りに来たジョンウンに「いばらの木は離れていた方がいい」と話す。
「遊びに来て。ハンビョルを留学させたらいいわ。ありがとう。ごめんね」と。

 1234567891011121314151617181920


関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)

<視聴予定>
秘密の女たち
復讐の女神

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
萌妃の寵愛絵巻(萌妃駕到)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング