FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




ラブ・ミッション‐スーパースターと結婚せよ! あらすじ&感想


実際に“韓流スターを騙し 結婚して 北朝鮮に亡命させよ”なんて命令はないと思うので
北の政府が韓流スターの拉致を命令する?
北のスパイがあんなに大ボケでいいの?
などの疑問は無視して
「ロミオとジュリエット」みたいな2人の恋愛ドラマ と思ってみれば 楽しめる…かな?

韓国で全18話。 全16話ぐらいにおさめたほうがよかったのにと思います。
後半 カンウがミョンウォルをスパイだと知った後の展開が だらだら なんですよね。
韓国で暮らそう、それはできない。出国しようとして失敗。やっぱり韓国で暮らそう、それはできない。
同じことの繰り返しが多くて 少々うんざりでした。
それでも エリックもハン・イェスルも好きなので カンウがミョンウォルを一途に思う気持ちには ドキドキしました。

ドラマの内容は平凡で保存するほどではないと 保存しなかったのですが、
カンウとミョンウォルのデートシーンは好きだったので
…というか エリックがカッコいいので
“エリックにドキドキ”シーンDVDを作りたい気分。
随分昔は 気に入ったシーンだけ編集してDVD作ってたんですけどねぇ…気力がなくなってしまった…



全22話(韓国 全18話) 2011年 KBS

出演者 : カンウ(俳優・歌手)・・・ムン・ジョンヒョク
       ハン・ミョンウォル(北・韓流取締班)・・・ハン・イェスル

       チュ・イナ(俳優)・・・チャン・ヒジン
       チェ・リュ(北・特殊工作隊 少佐)・・・イ・ジヌク
       ハン・ヒボク/“妙香山7号”(韓国在住の北のスパイ)・・・チョ・ヒョンギ
       イ・オクスン(韓国在住の北のスパイ)・・・ユ・ジイン

       カンウの芸能事務所社長・・・パク・ヒョンスク
       カンウのマネージャー・・・シン・スンファン

       チュ会長(イナ祖父、ホテル会長)・・・イ・ドクファ

       NSA要員・・・イ・ビョンジュン
       ユ・ダヘ(NSA要員)・・・

       北・政府高官・・・キム・ハギュン
       ダヘ(北・政府高官の娘)
       キム・テギュ(北・人民武力部 政治局員)・・・パク・ヒョジュン


演出  : ファン・イニョク、キム・ヨンギュン
脚本  : キム・ウンリョン、キム・ジョンア

 1-23-4567-89-1011-1213-141516171819-202122

1-2

いろいろと話題になったドラマですが…
待ちに待ったエリックのドラマ。楽しみです。
楽しみにしていた「ポセイドン」が 中断→エリックの出演なし。
ほんと…長かった~~~
まぁ「ポセイドン」は チェ・シウォン主演でも 満足なのでいいのですが。

さて 確か 韓国では全18話だったと思うのですが
<完全版>と銘打って 1話60分に編集して全22話で放送されるようです。
韓国放送版をカットすることなく放送してくれるのでしょうか?
なにかのドラマのように 放送されなかったシーンも含んでの完全版なのでしょうか?

“完全版”“ノーカット版”といっても 何をもって そう謳っているのかわからないことが多いんですよね。
韓国放送とまったく同じなのか、カットありなのか…
著作権の問題で 音楽が差し替えになっているドラマもあるし…
放送局によって 編集が違うこともあるし…
文句を言い始めたらきりがないです。



北で韓流取締の仕事をしているミョンウォルは 特殊工作員になるのが夢。
しかし 採用試験は不合格。
どうやら 後先考えずに行動する性格が災いしているらしい。

ミョンウォルは政府高官の娘ダヘに同行し シンガポールに行く。
ダヘは韓流スターのカンウの大ファン。
シンガポールにはカンウのショーケースを見に来た。

ダヘがカンウのサインをもらうために外出しようとする。
ダヘを外出させないために 自分がサインをもらうことにしたが…
後先考えないミョンウォルは どこまでもカンウを追いかける。
追いかけて オークション会場に潜り込む。
そこで 襲われたカンウを助けることに。

北に帰国したミョンウォルは カンウを襲った男が 一緒にダヘを警護していたチェ少佐だと知る。
チェ少佐はミョンウォルが落札した古書を手に入れようとしたらしい。
失態を挽回するため ミョンウォルは韓国に潜入する。

ミョンウォルは古書を手に入れ 北に持って帰ろうと考える。
高校生になりすまし カンウの撮影現場を見学。
崩れるセットからカンウを守り 大怪我をする。

韓国在住の北のスパイ“妙香山7号”は北の命令を受けて ミョンウォルに命令もなく韓国潜入しカンウを助けた理由を聞く。
ミョンウォルは 北の韓流ブームを止めるため元凶であるカンウを殺害に来た と説明する。
ところが…
“妙香山7号”の北への報告は どこで間違ったか
カンウの写真を撮るために撮影現場に行った と報告されてしまう。

ミョンウォル暗殺命令が下される。
殺されるわけにはいかないと ミョンウォルは古書を手に入れるために カンウ家に侵入する。
しかし カンウに見つかり 精神がおかしくなったふりをして逃げだす。

チェ少佐は韓国に行き ミョンウォルに命令を伝える。
“3か月以内に カンウを騙し 結婚して 北朝鮮に亡命させよ”
成功させるために ミョンウォルは 北のスパイのイ・オクスンの“カンウ誘惑”特訓を受ける。

ミョンウォルはカンウに会いに行き、
「会いたかった。なにも望まないわ。ただ そばに…愛しています」と話す。
驚くカンウ。
しかし つきまとうイナを諦めさせるために ミョンウォルにキスする。

3-4

カンウは10年以上も人捜しているらしい。
恨みがあるらしい。
オークションで古書を落札したのは 偶然ではなかったのかしら。

同じように その古書を捜しているリュは
こちらも同じように古書を手に入れようとしている(すでに手に入れた?)チュ会長に頼まれて 鑑定をすることに。
チュ会長の家に同居し 古書を盗むつもり。

古書“四合書”は 4巻揃ってこそ 解読できるものらしい。
4巻のうちの1巻が行方不明ってことで リュは手に入れようとし、チュ会長は手に入れたものが本物かどうか知りたいってことね、たぶん。
で、チュ会長の動向を監視しているのが“NSA”
北と接触していたことに注目しているようだけど
NSAの要員ユ・ダヘは カンウがシンガポールのオークションに参加していたのが気になる様子。


さて ミョンウォルの婚活大作戦は…
いやはや…なんというか… それじゃぁ 上手くいくはずないじゃん!って感じなのよね。
ミョンウォルがときめきを知らないのが問題 なんじゃなくて
年寄り2人ヒボクとオクスンの作戦が問題だと思うんだけどなぁ。

最初の作戦に失敗。
ミョンウォルはカンウの警護員になり 婚活作戦を続行することに。
これもね…オクスンのずれた作戦と恋の駆け引きを知らないミョンウォルでは うまくいくはずがない。
カンウはミョンウォルに落ちるどころか ミョンウォルのことを“イカれた奴”と認識している様子。
それでも ミョンウォルがドレス姿で現れた時には 空いた口が塞がらないほど 驚いたようだけどね。
…はぁ…どうでもいいけど 美人は得よね。ドレス姿でうっとりさせて落とすことができるんだから。カンウは落ちなかったようだけどね。

5

“万里の長城”作戦。
下された命令は カンウの誕生日に カンウと一夜をともにしろ。
カンウの気持ちを無視して 成功させるためには 酔わせるか薬を飲ませるしかないわね。


お色気作戦はうまくいかない。
北からは 早くしろとうるさく言われる。
そこで 作戦変更。
カンウの弱み、心の傷を見つけることに。
ミョンウォルは カンウがうなされるのを目撃するが…
普段のカンウを見ていると 心の傷があるとは思えない。

撮影で 女性スタントのかわりに ミョンウォルが出演する。
その時に カンウは シンガポールでオークションの後に襲われた時に助けてくれた女性ではないかと 思う。
否定しながらも 気になる。
シンガポールには行ったことがない と言うけれど 銃の扱いに慣れている様子。
カンウは気になって気になって仕方がない。
ミョンウォル家に押し掛け、
出入国記録まで調べる。
出入記録が真っ白で 別人だという結論に落ち着いたみたいね。

リュから カンウの誕生日に一夜をともにしろ と命令され
ミョンウォルは 頭を抱えてしまう。

6

ミョンウォルはカンウを見て ドキドキするように。
カンウは恋愛感情はないかもしれないけれど ミョンウォルのことが気になる様子。
これで 作戦が成功する可能性がでてきたわけだけど…
本気になっては困るのよね。
でも ミョンウォルは 本当に好きになっていそう。



ミョンウォルはオクスンの指示に従い、カンウをベッドに押し倒すが…
カンウが鼻血を出してしまい…失敗。
めげずに次の作戦“カンウの誕生日を祝う”でハッピーバースディを歌うが
カンウは怒りだす。
誕生日に父が死んだから 自分には誕生日をないと思っているらしい。
失敗続きで ミョンウォルは カンウのために用意したワインをがぶ飲み。
酔ったミョンウォルは カンウに背負われることに。
で、この時 ミョンウォルは「カンウを愛している」とつぶやくのよね。
ミョンウォルはオクスンから受けた 色気を出す訓練を思いだしただけのようだけど
カンウはどう受け止めたかしら。

翌日 ミョンウォルはカンウを見て ドキドキし始める。
本人はオクスンの教育が功を奏して 色気が出て来たと思うが、
オクスンから「本当に好きになったのでは?」と心配される。
「そんなことはない」と言い張るけれど カンウに声をかけられるとドキドキしてしまう。

カンウはカンウで 急にミョンウォルがよそよそしくなったような気がしていた。
“もしかして傷つけてしまったのかもしれない”と反省。
ミョンウォルに優しくするようになる。

カンウが優しくすればするほど
ミョンウォルはドキドキするから 必死に素知らぬふりをする。
カンウはミョンウォルが思い通りの反応をしてくれなくて不満に思っているみたいね。

7-8

やっぱり リュはミョンウォルが好きなのね。
この作戦が始まってから 好きになったのだと思っていたけど…
ずっと以前からかも。



カンウが撮影場所に現れない。行方不明。
落ち込むと山に行くらしい。
どうやら インタビューで父親のことを聞かれたのが原因らしい。
父との思い出の山、父を散骨した山、“誕生日を一緒に過ごしたいと言わなければ…あの時 父が来なければ…あの時ボールを投げなければ”と思ってしまう山。
天気が崩れる予報が出ていて ミョンウォルはカンウを捜しに行く。
カンウを見つけ 翌日 下山する。

山にいる間 ミョンウォルもカンウも素直な気持ちで接するから とってもいい雰囲気だったのに…
リュがミョンウォルを捜しにきたから おしまい。
もう少し はしゃぐ2人を見ていたかったなぁ。

新聞に カンウがミョンウォルを背負った写真が掲載される。
熱愛 と報道され 大騒ぎに。
カンウはミョンウォルをクビにする。

任務遂行できなければ “北”に抹殺されてしまう。再び 警護員として雇ってもらわなければ。
ミョンウォルは カンウの家に忍び込んで いくつかの作戦を実行するが すべて失敗してしまう。

カンウ、家にミョンウォルがいなくて 寂しそうではあるんだけど…
なんだかんだミョンウォルを拒否しながらも ミョンウォルと話している様子は とても楽しそうなんだけど…
雇ってはくれないのよね。

カンウのショーケースの日。
ミョンウォルはカンウを拉致しようと考える。
しかし 失敗。
カンウから 「なぜこんなことまでするんだ」と聞かれ
「好きだから。近くにいたいから」と答える。
しかし カンウの心を揺らすことはできず「顔も見たくない」と拒否されてしまう。

その直後 ミョンウォルは拉致される。
カンウに出演交渉をしていて 断られたミネルバホテルの男たち。
ミョンウォルのことをカンウの恋人だと思って 拉致したらしい。
カンウを脅すが「好きにしろ」と言われてしまう。

「好きにしろ」と言ったけれど ミョンウォルのことが気になる。
ショーケースを無視して ミョンウォルを助けに行く。
が、やられてしまう。
で、助けたのは ミョンウォルだった。

帰宅したカンウは 男たちを叩き潰すミョンウォルを思い出す。
“一体 お前は何者なんだ”
部屋のどこを見てもミョンウォルが見えてしまう。
“もしかして 俺はミョンウォルを…”

9-10

なんだかんだ言って カンウはミョンウォルが好き。
常にクールだけど リュもミョンウォルが好き。
ミョンウォルは自分が2人から愛されている実感 まったくなし。
この三角関係は どういう風に決着させるのか気になるわ。



ミョンウォルは警護員に復帰。
カンウの提案で 1日だけ恋人になってデートする。
「俺を惑わせる。どんな理由があってそばにいるのか、俺が好きでそばにいるのか 心が乱れる」と言われ
ミョンウォルはカンウにキスする。
カンウは拒まず ミョンウォルにキスする。

カンウの苦悩は ますます深まる。
ミョンウォルを好きなのかどうか自問自答。正体がわからないから好きになってはいけないと 自分を戒める。
それでも やはりミョンウォルを意識してしまう。
口、胸、お尻、何を見ても ドキドキ。
ついには洋服にまで 文句を言いだす。
ショートパンツはよくないとか 髪型が変だ と言いながら 心の中では“可愛い”とつぶやく。
…まぁ 好きになると あばたもえくぼというか どんな格好していても可愛く見えるのよね。
で、ミョンウォルに惹かれる自分を持て余して 意地悪したり 無視したり 子供のような行動をする。

ミョンウォルは そんなカンウのことを オクスンに相談。
オクスンは カンウがミョンウォルを好きになっていると確信。
リュと恋人のふりをして カンウを嫉妬させる計画を立てる。

計画は成功。
カンウは嫉妬し ミョンウォルに怒りだす。
リュがミョンウォルにキスをするのを見て リュに殴りかかる。

ところが!
リュとミョンウォルが話しているのを聞いているのをイナに録画されていた。
リュに「本当にカンウを好きになったのか」と聞かれ
ミョンウォルは「私の目的はひとつ 結婚だけです」と答える。
それを録画されていた。
イナはそれをカンウに見せ…
カンウはミョンウォルを呼び出し「意図的に近づいておいて よくも愛なんて言えたな。俺を騙すなんて なぜ俺と結婚したい?俺は誰とも結婚しない。お前が俺と結婚するにはレベルが違いすぎる」と。

ミョンウォルたちは落ち込む。
これからどうしていいのかまったくわからない。これ以上任務遂行はできない。
しかし “北”から 失敗すれば北に住む家族の生命も危ないと連絡がはいる。
ミョンウォルはスターになる決心をする。
カンウが スターならレベルが同じと言ったから。

事務所のオーディションは不合格になるが、社長が面倒を見てくれることに。
カンウはミョンウォルの特訓を申し出る。

11-12

カンウを好きになったミョンウォルは 平静でいられない。
カンウはイナと交際宣言。カンウとは結ばれそうにない。たとえ結ばれても騙していたと明かせない。本当のことを知ったら嫌われてしまう。私はこんなに愛しているのに…
ミョンウォルは任務をやめたいと思う。けれど それは許されないこと。

カンウもミョンウォルへの気持ちを抑えるのに必死。
傲慢なイナ祖父を牽制するために イナとの交際を宣言したけれど 気持ちはミョンウォルに向いている。
ミョンウォルに冷たく接するけれど いつでもミョンウォルのことを思っている。
オーディションを受けるミョンウォルが合格するように
はじめての役を上手く演じられるように 助ける。

ミョンウォルから任務をやめたいと言われたリュ、
任務を中止して ミョンウォルと一緒に“北”に帰りたいと思っている様子。
本心は ミョンウォルと結婚したいのよね。
そういうわけにはいかないけれど。



ミョンウォルはオーディションを受ける。
台本に書かれたカンウのアドバイスのおかげで合格。
お金持ちのお嬢様の役をもらう。
しかし 降板。
次に決まったのが スパイの役だった。
それが ミョンウォルとまったく同じ任務を命じられたスパイなのよ。
任務のためにカンウ演じる男に近づき 本当に愛してしまう。最後は男を殺し自殺する予定。

撮影が始まる。
デートシーンを演じるミョンウォルとカンウ。
カンウがうまくリードし 本当の恋人のように演じる。
最後のキスシーンは カットがかかってもキスをやめない。
本気でキスをしていた。

最後のシーンの台本を受け取る。
台本を読んで 落ち込むミョンウォル、
カンウに「これが実際の話なら?」と聞いてみる。
カンウは「許さない。愛していたとしても 俺を騙した奴を許さない。だからお前を許さない。俺を騙したから。早く正気になって 俺に対する期待を捨ててくれ」と。
ミョンウォルはますます落ち込む。
冷たく言い放ったカンウも ミョンウォルへの気持ちを持て余して落ち込む。

最後のシーンの撮影。
ミョンウォルは台本と違う言葉を話しはじめる。
「全部嘘だった。けれど 一緒に過ごした時間は本当だった。幸せだった。あなたと過ごした日々は」
それに対してカンウは「俺とここで暮らそう。俺が許すと言うんだ。だから一緒に生きよう」と。
そして…
ミョンウォルは「私を許さないで」と言って 拳銃で頭を撃つ。
驚いたカンウはミョンウォルに駆け寄る。
撮影だということを忘れ ミョンウォルを抱きかかえ 号泣する。

13-14

ミョンウォルとカンウが恋人同士に。
作戦成功 と大騒ぎしたいところだけど…
ミョンウォルは本当にカンウを愛しているよね…
カンウがミョンウォルの正体を知った時のショックを思うとね…

カンウの父はひき逃げに遭い 死亡。
どうやら この事故にイナ祖父が関係しているらしい。
でかい態度のイナ祖父とイナだけど 事件が明るみになると マズイことになりそう。



ミョンウォルを好きになったと気づいたカンウは イナに別れを告げる。
そうなると イナとイナ祖父の怒りを買うわけで…
その怒りはミョンウォルに向かう。
脚本が変更になりミョンウォルの出演続行が決定したこともあり
カンウは ミョンウォルのために 前言撤回。
イナとの交際を今まで通り続けることする。

ミョンウォルの人気が上昇。
ミョンウゥルは正式に事務所と契約し、カンウの家を出て 1人で暮らすことに。

執拗にミョンウォルをいじめるイナ。
カンウはミョンウォルを守るためイナの味方をするしかない。
自分のためにわざと冷たくしているとわかっていても ミョンウォルは悲しい。

ミョンウォルへの気持ちを押さえようとしても押さえられない。
気になって 会いにいくが、リュに断られる。
それでも 離れられない。
その様子を見たイナは祖父に告げ口。
ミョンウォルは降板させられ 契約していたCMも破棄される。

カンウはイナ祖父と決別する決心をする。
公演を前にして 記者のインタビューに応え 経歴詐称を告白する
「父は医師ではありません。施設で育ちました。私の経歴はつくられたものです。イナさんとの交際も作り話です。これ以上 偽りの姿で生きたくありません。ミョンウォルさん、見ていますか?愛しています」

ということで…幸せな2人。
だけどね…
ミョンウォルは これから どうしようと思っているのかしら?


リュは考古学者の死を調べていた。
ひき逃げで死亡したとされているが
目撃者に話を聞くと 殺害目的で轢いたようだった。
当時の新聞記事などから 考古学者は“トケビ”と書かれたメモを握りしめていたことがわかる。
そこで ヒボクに“トケビ”捜しを依頼する。
すると 以前 カンウがヒボクに“トケビ”捜しを 依頼していたことを知る。

リュはイナ祖父に カンウの父親のことを聞いてみるが、
「知らない。カンウは父親のことを話そうとしない」と言われる。
しかし イナ祖父は 考古学者の事故の記事を集めており 考古学者の長男の名前がイ・カンウだと知っていると思われた。

カンウがミョンウォルに話したことによると
“カンウ父はカンウが10歳の誕生日に交通事故で亡くなった。
キャッチボールをしていて ボールを拾いに行って 轢かれてしまった。
誕生日に来てくれと頼んだから死んでしまったと思って怖かった。
事故の真相を知りたい。単なる事故だとは思えない。
考古学者で四合書のせいで追われていた”

15

カンウがミョンウォルとリュを疑い始めた。


ふと 以前イナが話していたことを思い出し、
シンガポール公演のDVDを見る。
ミョンウォルらしき女性が 写っているのを見て 驚く。

リュは イナから カンウが四合書を買ったと知る。
そこで ミョンウォルに 四合書を盗めと命令する。

イナ祖父は リュがカンウが四合書を持っていることを 自分に話さなかったのが気に入らない。
リュを拉致。
ミョンウォルに電話し
「リュを拉致した。返してほしければ 四合書を持ってこい」と脅す。

プロポーズしようとしていた日、
カンウはミョンウォルが四合書を盗むのを見てしまう。(ミョンウォルが盗んだのは偽物みたいね)
ミョンウォルが怪我したリュをマンションに連れて行くのを目撃。
“リュのために盗んだのか?2人がどういう関係なんだ?”
気になって仕方がない。
愛しているから 嫉妬してしまう。

カンウは イナにリュのことを聞く。
イナは「祖父が仕事の手伝いをさせると連れて来た。初めて会ったのはシンガポール。あなたがオークションに買った本に興味があるようだったわ。そのことで祖父とトラブルがあったみたい」と。

もう一度 シンガポール公演のDVDを見る。
ミョンウォルとリュ、2人が並んでいるのを見つけ…
“もしや 四合書目当てで近づいた?”と疑う。

16

カンウが ミョンウォルのすべてが嘘だと知る。


ミョンウォルを愛している。
ただ ミョンウォルの本当の心を知りたいだけ。
ミョンウォルに愛されていると信じたい。信じさせてほしい。

カンウはミョンウォルが何者で 何の目的で近づいたのか気になる。
愛しているがゆえに リュに嫉妬。
ミョンウォルをいじめたくなる。

酔ったカンウを介抱するミョンウォル。
カンウは「愛しているかと聞いているんだ。本当に愛しているか?どれほど愛しているか見せてくれ」と迫る。
苦悩するカンウを見て ミョンウォルはカンウを受け入れる。

翌朝 ミョンウォルの愛を確かめ カンウは幸せいっぱいだった。
依頼していたミョンウォルの調査結果が届くが “彼女の気持ちさえ本物ならいい”と開封せず ゴミ箱に捨てる。
ところが 本物の四合書を盗むために侵入したリュとミョンウォルが話しているのを聞いてショックを受ける。
“やはり四合書が目的だったのか”

カンウはミョンウォルに身元照会結果報告書を突きつける。
「お前は俺を騙し続けた。すべてが嘘だったんだな。お前の真実は何だ。お前は何者だ。四合書を盗んだのはお前だな?四合書のためにリュと計画的に近づいたんだな?違うなら目的は何だ。何か理由があるんだ。いつか話してくれる。許そうと思っていた。今からでも正直に言ってくれ。今からでも話せば 許す。言わないのなら 消えてくれ」

ミョンウォルはリュに「カンウがすべてを知りました」と報告する。
「少佐殿、もう無理です。できません。どんな処罰でもうけます。私はもうダメです」と訴えるが リュは聞き入れない。
「不可能な任務はない。中途放棄はない。命令は最後まで完遂する。無理なら強制的に亡命させる」と。

17

カンウは 父を殺した男を見つける。

カンウ、ミョンウォルを忘れたい、憎みたいと思っても それはできないようで…
ミョンウォルがスパイじゃなきゃね…
そうよ、ミョンウォルが韓国に亡命すればいいんじゃない?
そうなると リュたちの身が危なくなるから それは無理なのかしら?
…って 現実には こんな任務ありえないわよね。



リュは四合書をヒボクとオクスンに預ける。
それを知ったミョンウォルは 四合書を盗み カンウに返す。

実は リュは 任務が失敗した時は3人を殺して帰還するよう命令されていた。
四合書があれば 任務が失敗しても殺さずに済むのではと考えていた。

トケビの正体が明らかに。
リュはヒボクから トケビは骨董を扱う仲間の仲では有名な男と報告を受け トケビの印章を手に入れる。
イナ祖父の家に忍び込み 印章を確認。
トケビはイナ祖父だった。

リュはカンウを呼び出し、
「20年前にひき逃げされた考古学者はあなたの父親ですね。父親を殺したトケビの正体を教えます。四合書を渡してください」と話す。

カンウは四合書を持って 約束場所で待つが イナ祖父の手下に拉致される。
リュが助け出そうとするが…2人とも拉致される。
そこに イナ祖父が現れる。
カンウはイナ祖父がトケビだと知る。

リュはカンウに
「すべては彼女が選んだ道ではない。彼女が自ら選んだのはあなただけだ。彼女のすべてが嘘でも あなたへの気持ちは本物だ。もしも彼女を傷つけたら あなたを殺す」と話す。
カンウは「もし生きてミョンウォルに会えたら 絶対彼女を話さないと約束する」と答える。

リュとカンウが行方不明。
ミョンウォルはイナに助けを求める。
「カンウさんが行方不明です。チェさんも一緒のようです。会長に聞いてもらえませんか」

イナは祖父の手下に聞いてくれたみたいね。
ミョンウォルは 2人を助け出す。
そして…
カンウに拳銃を突きつける
「私と一緒に来て カンウ同志」

なぜ カンウに銃を突きつけるの?
心変わりしたの?
リュが自分たちを生かすために 四合書を必要としていたと知って
任務に忠実になろうと考え直したのかしら。

18

カンウはミョンウォルと一緒にいたい。
そのために 自首させたい。
ミョンウォルは…自分の任務を知られた以上 カンウを殺さないためにも 北へ連れて行くつもり。でも 本当は 逃げてほしいとも思っている。



ミョンウォルはカンウに
「あなたを亡命させるため 北から来たの。怪我をしたくなければ命令に従いなさい。これからは 北朝鮮韓流取締班所属のハン・ミョンウォルの下士よ」と正体を明かす。
カンウはリュとミョンウォルの監視下に置かれる。
中国経由で 北に連れて行かれることに。

カンウはミョンウォルの本心を知りたい。
しかし ミョンウォルは「すべて任務のため。嘘だった」と。
カンウは信じない。信じたくない。

カンウは「身辺整理をしたい」頼み、ミョンウォルの付き添いで外出する。
カンウは社長に挨拶。
「仲直りしたから ミョンウォルをアメリカに一緒に連れて行きたい」と話す。
父との思い出の場所に行き キャッチボールをする。
キャッチボールをしながら
カンウは“ミョンウォルの気持ちを変えて 韓国にいられるようにしたい”と考え
ミョンウォルは“カンウを北に連れて行きたくない”と考える。

ミョンウォルはわざとボールを遠くへ投げる。
“どうか 戻って来ませんように”
しかし カンウは戻って来た。
リュから 自分が北へいかなければ ミョンウォルは殺される と聞いていたから。

カンウは スパイが韓国で生きるためには 自首すればいいと知る。
自首すれば 政府が生活を援助すると。

ミョンウォルに「どうしてさっき去らなかったの?」と聞かれ
カンウは「お前はただ俺が愛する女で 俺はお前が愛する男だ。そうだろう?それが真実なら南でも北でも関係ないはずだ。自首しろ。自首してくれ。そうすればすべて許される」と話して 抱きしめる。
「俺を逃がそうとしたじゃないか。お前も俺を愛しているだろう」

イナが酔って リュを訪ねてくる。
リュはイナを利用することに。
イナを人質にして イナ祖父から四合書を受け取る。

19-20

飛行機で出国→失敗。
船で出国→失敗。
で、結局 カンウだけが北に帰ることに。
それで 北が納得するはずがなく…



リュ、ミョンウォル、カンウは空港に向かう。
ヒボクとオクスンとは空港で落ち合う予定。
イナ祖父はそれを阻止しようとする。
リュは自分が盾になり 2人を先に行かせる。
しかし ミョンウォルはカンウを逃がし 空港にはいかなかった。

イナ祖父はリュとミョンウォルがスパイだと知る。
カンウに電話する。
「通報しようと思う」
カンウは「父の事故の事を問わない。四合書は自分が見つけるから 通報しないでくれ」と頼む。
そして ミョンウォルに会いに行き 「結婚しよう。ここで暮らそう。自首してくれ」と言う。

カンウはミョンウォルに指輪を渡す。
「人間兵器として人生をおくるつもりか?普通の人のように人生を楽しんで生きたくないか?人を殺すのではなく 人を愛し 人に愛されて生きてみないか。ここで新しくはじめよう。結婚しよう」
リュもまたミョンウォルにプロポーズする。
「祖国に帰って 俺と一緒になろう」
ミョンウォルはリュを選ぶ。

船で出国しようとするが 失敗。
警官たちに追われるミョンウォルを助けたのはカンウ。
カンウとミョンウォルが抱き合うのを目撃したリュは ミョンウォルを諦める。

「君が幸せになることを祈っている。君は自分の幸せを掴んでくれ」
そう言って リュは去る。

結婚式を挙げた後 ミョンウォルは自首する予定。
カンウはイナ祖父から 四合書を持ってくるように言われる。
リュに頼み、
リュがイナ祖父に渡す。

式の日。
庭で写真撮影中。
男が 別のビルからミョンウォルを狙っていた。
カンウはミョンウォルを庇って 撃たれる。
出国予定だったリュは連絡をうけ 駆けつけるが間に合わなかった。

21

おっと~~~そんな気はしてたけどさぁ。まさか告白するとはね。
イナはリュに「自首して。会社で雇ってあげるから。好きなの」と。
もちろん リュは丁重にお断りしたけどね。


イナ祖父が通報。
ミョンウォルは追われることに。
これ以上 カンウを危険にさらすわけにはいかない。
ミョンウォルは北に帰る決心をする。
意識が戻ったカンウを見舞い 出国まで山の中に隠れる。
そこは カンウが遭難した時に一緒に過ごしたところだった。

カンウはミョンウォルがスパイだとばれたと知り ミョンウォルを捜す。
また イナ祖父を「約束を守らなかったから 父の事故の真相を明かす」と脅す。

カンウはイナに頼んでリュを呼び出してもらう。
リュに頼みこんで 隠れ場所を教えてもらい 会いに行く。

カンウは「離れない。行くな」と言うが 説得できない。
「今晩だけ 一緒にいさせてほしい」と頼み 一晩過ごす。

「誰も知らないところで 身を隠して 誰にも邪魔されずに暮らそう」と言うカンウに
ミョンウォルは「そんな人生はやめて。北朝鮮で生まれたことも 韓国人を愛したことも こうして別れることも運命。もしもこの出会いが運命なら 必ずまた出会えるわ」と。
翌朝 ミョンウォルはすでにいなかった。

22

ミョンウォルが拉致される。
拉致したのはイナ祖父。
目的は イナ祖父がカンウ父を殺した証拠とリュが持っている四合書のデータ。

リュは 四合書のデータとイナ祖父の悪事の証拠が入ったメモリーをカンウに渡す。
「これで ミョンウォルが韓国で暮らせるように 韓国政府に北と交渉してほしい。ミョンウォルを頼む」

イナ祖父はミョンウォルを助けるつもりなかった。
カンウに殺人の証拠を渡されても
リュに銃を突きつけられて脅されても
助けるつもりはない。
「ミョンウォルを始末しろ」と命令する。

カンウは リュ渡されたデータを提出したらしい。
イナ祖父は逮捕される。

リュはイナから監禁場所を教えてもらい ミョンウォルを助け出す。
そして ミョンウォルを連れて カンウとの約束の場所に向かう。
ところが リュとミョンウォルが乗った車は狙撃され 崖下に落ち 爆発する。

1年後
カンウは 毎日のようにミョンウォルの夢を見ている。
気分転換に アメリカに行くことにし 空港に。
そこで ミョンウォルに再会する。
今までどこにいたのか ミョンウォルは話してくれないけれど リュも生きていて韓国にいる様子。
怪我が完治するのと 北との交渉に1年かかった ってことかしら。

 1-23-4567-89-1011-1213-141516171819-202122


関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

エリック・・・

GyaOで1話限定配信を観たら面白かったので
全話視聴しました^^

エリックって 全然好みじゃないけど・・・(神話全員;;)
このドラマのエリックがすごく良かったです~~♪
ストーリー自体は すごく面白い!って感じじゃなかったので
彼じゃなかったら こんなに余韻が残らなかったと思います

壁に向かって独り言(完全に好きになったと)を言うシーン、
ミョンウォルの髪をぐちゃぐちゃにしたらセクシーで「ワォ☆」と言ってしまうシーン、
銃を向けあう撮影で「許すから一緒に生きよう」と言うシーン、
撮影なのに 銃で撃たれた演技のミョンウォルを抱いて泣き叫ぶシーン、
ミョンウォルをベッドに押し倒し「心を見せてくれ」と言うシーン、、、etc

観終わったら 余韻が残っちゃって ちょっとボーっとしました(笑)

 > “エリックにドキドキ”シーンDVDを作りたい気分。
 随分昔は 気に入ったシーンだけ編集してDVD作ってたんですけどねぇ…
 気力がなくなってしまった…

すごく同感です^^
女子万歳・イブのすべて・がんばれクムスン・宮・美男ですね
これは何日もかけて 好きな役のシーンを編集したんですが
よく頑張ったなぁ。。。と、今では考えられないです;
カンウのシーンばかりを編集したDVDがないかなぁ。。。

今の想いをどうにかしたくて コメ書きました(笑)
脚本家が変わらなかったり ハン・イェスル騒動がなかったら
 もっと面白かったのかなぁ?

銀杏* さん、こんにちは

エリック カッコよかったですね。
ドラマはイマイチでしたが、カンウには嵌りました。
ほんと カンウのシーンだけのDVDがあればほしいかも。
あっ、イブのすべて・がんばれクムスン・宮・美男ですね のDVDもほしいかも。

トラブル続きのドラマでしたね。
以前 エリックのドラマで 撮影の際の事故による怪我で中止になったことがあるので
今度ももしかしたら と心配でした。
トラブルがなかったら 面白かったか…どうでしょうね。
わかりませんが、途中で脚本家が変わったり 出演者がドタキャンしたり そんなドラマが面白いはずがないですよね。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

三国志~司馬懿 軍師連盟
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
町の弁護士チョ・ドゥルホ2
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング