FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




ハヤテのごとく リタイア

12話でリタイア
ちっとも面白く。
いつか最後まで観ようと思っていたのですが…
うじうじ 未練がましいのも 嫌だし…
ほかに観たいドラマがあるし…
リタイアします。



全20話 2011年 

出演者 : 綾崎ハヤテ・・・胡宇崴 ジョージ・フー
       三千院ナギ・・・パク・シネ

       マリア・・・李毓芬 ディア・リー
       橘ワタル・・・邵翔 ショーン
       鷲ノ宮伊澄・・・寺唯宏正 ウェス
       桂ヒナギク・・・李依瑾 リー・イージン
       クラウス(執事長)・・・朱剛 チュウ・ダーガ

       サキさん(ワタルの家政婦)・・・馬世莉 マー・シーリ
       姫神(伊澄の執事)
       ハヤテ父・・・何篤霖 
       ハヤテ母・・・郭靜純

 123-456-89-12

1

パク・シネの吹き替えに 違和感はあるけれど
日本の漫画が原作なので 楽しく観られるのでは…?



綾崎ハヤテは働こうとしない両親のせいで バイトのかけもちをしている。
学費も生活費もすべて自分で稼いできた。
ところが 自転車便、バーテンダーを続けてクビになってしまう。
しかも 今日もらえるはずのバーテンダーの給料は両親が受け取り 使い果たしていた。
そして 母はパチンコ玉3個、父は借用書を残して いなくなってしまった。

借金取りが来る。
返せないのなら 次の3つの中から選べと提案。
1、 当たり屋。契約期間は5年。
2、 麻薬の運び屋
3、 臓器売買
どれも違法だし 危険を伴う。
ハヤテは どれもやりたくなくて 逃げだす。

“いい子で頑張ってきたのに このざま。悪人になってやる!”
決心したそこに タイミングよく 令嬢が現れ…
誘拐することに。
しかし…
結果 ナンパ男たちから令嬢を守ったことになり…
寒そうにしている令嬢にコートをかけてあげ…
令嬢に感謝される。

令嬢が お礼をすると言う。
そこで ハヤテは「君がほしい。一目見た瞬間にわかった。君を捜していた。君を奪うと決めたんだ」と話す。
それに対して 令嬢は「応じるわ。でも二股はダメよ」と返事する。
ハヤテは 令嬢を誘拐するつもりで話し、令嬢は愛の告白をしていると勘違い。
まったくかみ合っていないのに 交渉は成立したらしい。

ハヤテは 令嬢から電話番号を聞きだし 電話をする。
しかし 根っからの悪人じゃないハヤテは つい名前を名乗ってしまい 慌てて電話を切ることに。
自己嫌悪に陥ったハヤテは道路に 大の字になって 反省。
“オレはいつだってツメが甘い。このまま死んでしまおうか”と考える。
そこに 女性が傘をさしかけてくれる。
彼女は令嬢を捜していた。

と、その時 令嬢が本当にさらわれた!
ハヤテは自転車で追いかけ 体当たりで車を止め 令嬢を助け出す。
意識が朦朧とする中 ハヤテは「仕事がほしい。できれば家と食事つきの」とつぶやく。
令嬢はハヤテを執事として雇うことにする。

2

令嬢は大富豪三千院家の娘ナギ
ナギを捜していたのはマリア。

ハヤテはマリアに 正直に誘拐を考えていたと話す。
しかし ナギはハヤテを信じ切っている。初めて告白されて 少々舞い上がっている。
マリアはどうするべきは悩む。
“誘拐を企んでいたと言うけれど 悪い人に見えない。なにより 命の恩人”

執事長は ハヤテを認めようとしない。
追い出したい。
けれど ナギは執事長に反抗。ハヤテをそばに置いておきたい。
そこで 執事長はハヤテをテストすることに。

そのテストで ハヤテは毒蛇にかまれる。
一命を取り留めるが 病院で診てもらうことにし、マリアが付き添う。
ところが 救急車は病院に向かっていなかった。
ハヤテは崖の上に連れてこられ
ここで自殺するか、借金の返済をしてもらう代わりにマリアの指示に従うか、選択を迫られる。

3-4

ハヤテはマリアが気になるみたいね。
もちろん ナギへの忠誠心はある。ナギのためならどんなことでもできる。
けれど ナギよりもマリアに興味があるような?

ナギはハヤテが大好き。
ハヤテが作ってくれたものならば たとえ嫌いなものでも食べる。
ハヤテが風邪を引けば 初めてのおかゆ作りに挑戦する。
ただ…このおかゆ、洗剤入りで食べれなかったけれど。



ハヤテが崖の上に連れてこられたのもテストだった。
財産目当てで近づいたのではないかとテストしたらしい。
ハヤテは合格し 正式に執事になる。

ナギを連れて バスに乗って 日の出を見に行く。
帰宅した後 ハヤテは実家に行く。
そこで待っていたのは 借金取り。

“金返せ。返せないのなら臓器を売れ”と迫られている時に バイク軍団登場。
おじいさんがハヤテに借金を肩代わりしてくれた。

おじいさんはナギの祖父 帝おじい様だった。
帝おじい様は肩代わりと引き換えに あることを要求してくる。
それは 王玉を壊すことだった。

ナギの誕生日に王玉継承式が行われることになっている。
王玉を巡って争いが起こり これまで王玉継承者は非業の死を遂げていた。
帝おじい様は 争いをなくすために 王玉を壊そうと考えたらしい。

ハヤテは 王玉に対するナギの気持ちを知ってしまう。
ナギは王玉で亡くなった母親の温もりを感じたいと思っていた。母が常に身に着けていたものなら 母を感じられるはず。母を感じられるものなら たとえ危険なものでも私にとっては宝物。

王玉継承式。
ハヤテには壊せなかった
ナギを裏切れなかった。
帝おじい様に肩代わりしてもらった借金は ナギが肩代わりすることに。

5

王玉を狙う男たちにナギが拉致される。

「ハヤテ~」と叫びたい。
けれど さっき追い出したから きっと来てくれない。
悲しくなって 泣いてしまう。

ハヤテと伊澄の仲を勘違いして 追い出しちゃったのよね。
伊澄はハヤテの血がほしかった。貧乏悪霊を除霊するために 最強の貧乏の血がほしかった。
それで ハヤテにハグしたり 襲いかかったりした。
それをナギが 2人は愛しあっていると勘違い。
「何をしていたんだ。言えないのか」と責める。
伊澄に口止めされていたから ハヤテは何も言えず…
ナギはハヤテを追い出してしまう。

6-8

ハヤテの夢に出てくる“天王洲アテナ”って 誰?


ナギは犯人たちが録画するカメラに向かって「ハヤテ、バスを運転して迎えに来てくれるか」と話す。
ハヤテはナギと一緒に行った海を思いだしていた。
ワタルと一緒に向かい 無事に助け出す。
ハヤテの活躍というよりも 誘拐犯がおバカだったんだけど。

ナギは漫画家を目指していた。
人ごみが苦手で登校拒否。漫画に没頭していた。
しかし ハヤテに「キャンパスでのお嬢様を見たいな。僕はもう学校へはいけません。勉強できる方が羨ましいです」と言われ 登校する気になる。

久々に ナギ登校。
ナギは ハヤテにお弁当を持ってこさせる。
実は通いたいのに「通いたいと思っていない」と言うハヤテを 学校に行く気にさせたかった。

高校の同級生 桂ヒナギクに再会する。
ヒナギクはまだハヤテを好きらしい。
「あの時 ラブレターは友達から頼まれたもの」と話したけれど。

氷室から 執事には教養も大事だと言われ 編入試験を受けることに。
試験勉強の妨げになってはいけないと 執事の仕事はしばらくお休み。
氷室が代行をしてくれることに。
ハヤテはナギが氷室を頼りにするのを 寂しく思う。

編入試験。
不合格だった。
ところが マリアが“白皇で学ぶ執事のバッジ”をハヤテに渡す。
最高名誉生の推薦があれば 加算されるらしい。
ハヤテは白皇に入学する。

9-12

マリアは 三千院に引き取られる前の記憶がないのね。
ということは…ハヤテに夢に出てくる“天王洲アテナ”(通称 アーたん)がマリアかも。


ワタルがナギに 婚約解消を申し出る。
突然の申し出。
ナギは「くだらない」と一言。もともと婚約者だと思っていなかった様子。
マリアはワタルの真意がわからず話を聞く。
「ナギが好きだ。自分の力で婚約者にしたい。母親同士が決めた婚約では意味がない」と聞き 納得する。

ワタルとマリアが話しをしているのを 途中から聞いたナギは ワタルがマリアを好きだと勘違い。
2人をくっつけようと考える。
ところが ワタルはナギが好きだった。
ワタルから「好きだ」と告白され 動揺。一目散に逃げてしまう。

ワタルがナギを好きだと聞き…
今度はハヤテがナギを気になり始める。
ハヤテはナギを映画に誘う。
しかし 来たのはマリア。
いつのもハヤテなら マリアとデートができて喜ぶはずなのに 今回はがっかり。
“ナギと見たかったなぁ”と。
ナギが体調を崩して来られなかったと聞き 映画を観ずに帰宅する。

ハヤテの心は揺れる。
“ナギを好き。でも自分は執事。お嬢さまを好きになってはいけない”

マラソン大会2位の賞品として 桂先生の家に1泊することに。
…2位の賞品なのに 罰ゲームみたい…
ハヤテは ナギを思って寝付けない。
ナギからの電話を待つ。
…自分からかければいいのに。
同じように ナギもハヤテからの電話を待っている。

ハヤテは予定より早く 桂家を出る。
偶然 2人が歩いているのを目撃。後をつける。

ナギはワタルに「好きな人がいる」と話し ハヤテを思い出して泣きだしてしまう。
ナギが泣いているのに慌てたハヤテは ナギの前に。
ハヤテを見たナギは ハヤテの胸に飛び込む。

マリアを好きだったはずのハヤテ、マリアへの気持ちは家族愛のようなものと気づいたらしい。
好きなのはナギ。

漫画家ナギの筆が進まない。
外出をしないから体験したことが少ない。だからアイデアが出てこないのでは?
ナギとハヤテは旅行に出かける。

 123-456-89-12

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
自白
ある春の夜に
ドクター・プリズナー

扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング