FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




ボスを守れ あらすじ&感想


楽しかった~~
最後の最後まで 笑わせてもらいました。

何と言っても チソンが最高。
こんなチソンはじめて。可愛くて面白い。
もちろん ジェジュンもチェ・ガンヒもワン・ジヘもハン・ジェスクもよかった。
5人が生き生きとしていて 輝いていて素敵。

ジホン父、ムウォン母、ナユン母の駆け引きも コメディタッチで描かれているので
その間抜けさに笑ってしまう。
子どものことで ウンソルに文句を言うムウォン母とナユン母が 結局 ウンソルに負けちゃうのも面白かった。

登場回数は少なかったけれど ウンソル父も面白かったし、
チャン秘書もジホン父とのかけあいが最高だったし、
ちょっとどぼけたジホン祖母も素敵。



全18話 2011年 SBS

出演者 : チャ・ジホン・・・チソン
       ノ・ウンソル・・・チェ・ガンヒ
       チャ・ムウォン・・・キム・ジェジュン
       ソ・ナユン・・・ワン・ジヘ

       イ・ミョンラン(ウンソル友人)・・・ハ・ジェスク
       チャ会長(ジホン父)・・・パク・ヨンギュ
       シン・スッキ(ムウォン母)・・・チャ・ファヨン
       ジホン祖母・・・キム・ヨンオク

       ジホン秘書・・・キム・ヒョンボム
       チャン秘書・・・キム・ハギュン
       ウンソルが就職した高利貸しの社長・・・アン・ネサン

演出  : ソン・ジョンヒョン
脚本  : クォン・ギヨン

 123456789101112131415161718

1

さぁ~~ ダメダメ財閥三世ジホンが 秘書ウンソルのおかげで生まれ変わるでしょうか?
従兄弟のムウォンは会社の後継者になるつもりなのかしら。
ジホンが相手じゃ 勝ったも同然よね。
“ジホンの秘書には 三流大学出身のウンソルを採用したから ジホンが今より良くなる可能性はない。採用の時 ウンソルを強く推したのは自分だから 恩に着て スパイをしてくれるはず”
ムウォンは そう思っているようだけど 上手くいくかしら。



就活中のウンソル。
ようやく決まった会社は 暴力団が経営する高利貸しの会社だった。
歓迎会でセクハラする社長に我慢できず
昔とったきねづかで 社長をボコボコに。
組員に襲われるが それもボコボコにする。

ウンソルと組員の喧嘩に巻き込まれてしまったのが 財閥三世のジホン。
潔癖症で 仕事が嫌い。どうしようもない放蕩息子。
ジホンはウンソルの仲間と勘違いされ ウンソルが逃げた後 ボコボコにされてしまう。

あざ&傷だらけのジホンの姿を見たジホン父は逆上。報復する。
ところが ジホン秘書のミスで そのことがネットに流れ…
ジホン父は執行猶予2年 社会奉仕活動180時間の判決を受ける。

ウンソルは“DNグループ”の面接を受ける。
しかし 三流大学出身のウンソルには質問さえない。
怒ったウンソルは 面接官に演説し 帰る。
で、面接官、そんな面接官が働く会社、韓国という国を批判したのに なぜかウンソルは採用される。

ウンソルは ジホンの秘書に。
ウンソル、ムウォンの強力な推薦で採用されたと評判で どうやら 他の秘書から嫉妬されている様子。
ジホンにも 他の秘書にも 頭を悩ますことになりそう。

2

暴力的で威圧的な父親に「長男はいない。後継者はお前だけだ。秀でなくてもいい。人並みでいいから」と言われ続けたら おかしくなるわよ。
ジホンのパニック障害の原因はわからない。
兄の死 かもしれない、父の期待によるプレッシャーかもしれない、失恋かもしれない。
とにかく 乗り越えないと…


ジホンはウンソルが気に入らない。
こき使って 自分からやめるように仕向ける。
しかし ウンソルは頑張る。
やっと 見つけた“まとも”な就職先。簡単には辞められない。

ジホンに真面目になってほしいジホン父は ウンソルにジホン教育を頼む。
ウンソルは腕力使用を許可してもらい 1ヶ月の時間をもらう。

朝、ウンソルはジホンを起こしに ジホン家に。
そこで 自分らしき女性の等身大のパネルと靴を見つける。
ジホンに「顔は覚えていないが その靴でわかるはずだ。この女のせいで 父は社会奉仕をすることになったし 俺は父に怒鳴られることになったんだ。恨んでいる。絶対に見つけ出す」と言われ 驚く。
ジホンから「女を見つけたら正社員にする」と言われたけど…自分なんだもの 正社員よりもクビになる方が怖いわよね。

エレベーターで一緒になったジホンとジホン父。
例のごとく ジホン父はジホンを怒鳴りながら殴る。
で、ジホンを庇ったウンソルの頬を叩いてしまう。

それが…このことで ジホンはウンソルが気になり始めたいみたいなのよね。
ウンソルが 他の秘書にいじめられていると知って 助けるし、
さりげなく 頬に塗るための薬を渡すのよ。
こんな早くに気になりだすなんて 意外。

ウンソルはジホンとデパート視察に行き、
人ごみでパニックになったジホンを目撃する。

ウンソルから ジホンの病気のことを聞かれたムウォン、
思い当たることがあり 調査。
パニック障害と知る。
そこで 財団の創立式で ジホンに演説させることにする。

今回 ジホンは頑張る。
ウンソルと一緒に何度も練習する。
しかし いざ壇上に立つと パニックに。
おまけに 元カノ?の姿を見てしまい
後を秘書に任せて 壇上を降りてしまう。

帰宅後 ジホンはゲームに夢中になっていたが
父に怒鳴られ 家を飛び出す。
しかし 財布も携帯も持たずに飛び出してしまった。
そこで 追いかけて来たウンソルの家に泊まることに。
そして…
ウンソルの家に あの靴が左右揃って置かれているのを 目撃する。

3

ジホンが可愛い。
特に ウンソルといる時のジホン。
だから 元カノのナユンといる時の仏頂面と比べて ジホンはウンソルが好きなのかも と思うのよね。
どうなのかなぁ…
まぁ 恋愛関係は別として ジホンをやる気にさせる秘書はウンソルしかいないわよね。
怒ったりなだめたりおだてたり ジホンをあしらえるのはウンソルだけ。
ジホンが言うように ウンソルがバカだから自分が賢く思えてやる気になれるのかも。


クラブ暴行事件の原因がウンソルだと知ったジホン、ウンソルを責める。
ウンソルが「入社してからわかったんです。だから必死にお仕えすることで罪滅ぼししようと考えたんです」と謝罪する。
ジホンは「もう信用できない」と言い、ウンソル家を出て行く。
しかし 夜道が怖い。
迎えにきたウンソルに文句を言いながらも ウンソル家に泊まる。

翌日 クラブ暴行事件の話は決着していなかったのか
ジホンとウンソルは会社で「いつかばらすぞ」「それなら私だってパンツの柄や寝像をばらすわよ」と言い合う。
ところが 話をしているのを聞いた秘書が ネットに流してしまう。
ウンソルは“枕営業”と非難され
入社前のこととはいえ 会社に損害を与えたとして 辞表を書くように言われてしまう。

ウンソルは実家に帰り 泊まる。
その頃 ジホン父はジホンに 殴ったことを謝罪。
「過去は忘れて 未来へ突き進もう」と話す。

ウンソルは 辞表を提出。
ジホン父に謝罪しようと 電話。
「クラブ暴行事件のことですが…」と切りだす。
ジホン父は 過去は忘れると決心したばかり。クラブ暴行事件を蒸し返したくない。
「忘れろ。過去は過去のことだ。なかったことにしよう」と返事する。

会長が不問にしたことと ジホンがウンソルを庇ったことと ムウォンが入社前のことを原因にクビにはできないと言ったこと でウンソルは辞めずにすむ。

ジホン父は 役員会で ジホンを後継者にすると発表。
役員に ジホンが立派な後継者になるように手助けしてほしいと頼む。

ジホン父はクラブ暴行事件の原因がウンソルだと知る。
過去は忘れると言ったのに 「ウンソルを辞めさせる」と言いだす。
ジホンは ウンソルのクビにしない代わりに テーマパークの入場者増加 を約束する。

ジホンはウンソルを同行し テーマパークを視察。
その後 ウンソルはアトラクションに乗る。
ジホンは 手を振るウンソルを笑顔で見つめる。
その様子を ナユンとムウォンが目撃する。

4

ジホンは 自分がウンソルを好きなのかどうなのかわからずに 悶々 としているようだけど…
悩まなくてもわかるでしょうが~~~~ って感じ。
ウンソルの事が気になって仕方がない様子だし、
ムウォンと食事をすれば 子どものようにやきもち。
なにより 等身大の“ウンソル パネル”を大事にしているところが “ウンソル大好き~”と表しているじゃない。
で、酔って本音がでたのか
ウンソルに「本当に埋まってしまった。宇宙の石が 大脳辺縁系の扁桃体に埋まってしまった」と言うのよね。
何を言っているのか 理解できない言葉だけど
要は 頭の中はウンソルでいっぱい。ウンソルに嵌ってしまったよ~~~ ってことよね。

ムウォンもウンソルを好きになったのかしら?
今まで周りにいた女性とあまりに違いすぎるウンソルが面白くて 関わってくるのかと思っていたけど
そうではないかも…?


テーマパークの件は…
ジホンはやる気を出し、企画案はできた!
ところが ここで問題が。
そう プレゼンしなくちゃならないのよね。
人前では 緊張し 話せない。
ジホンは逃げだそうとする。

ウンソルは ジホンに発表させる方法を考える。
考えた結果は…会議には参加しないでプレゼンする方法。
ジホンはネットでプレゼンする。

5

ジホンは ウンソルにいかれてしまったらしい。
なぜ好きになったのか 考えてもわからない。けれど好き。
ウンソルは戸惑っているみたいね。
立場上 恋愛関係になるわけにはいかないと冷静に考えている。

テーマパークに関する ジホンのプレゼンは成功。
ジホン父はご機嫌。
だけど… ウンソルを痴漢した男を殴った写真を撮られてしまったから…
ジホンは父に殴られるかも。



ジホンのプレゼンが成功し ムウォン母は機嫌が悪い。
ムウォンは「頑張っているのに母に認められない」とウンソルに愚痴る。
毎日10時に帰宅している人が12時に帰宅すると遅いと怒られる。12時に帰宅している人が10時に帰宅すると 早いと褒められる。いつも優等生すぎたんだ。
ということで 戦略的反抗を行うことに。
けれど「優等生だからちょっと…顔を知られているからちょっと…」と言って クラブやゲームセンターに行こうとしない。
ウンソルが変装用の眼鏡を買ってあげて 落着。
ムウォンははめをはずしすぎて 泥酔してしまう。
ウンソルはジホンを呼びだして ムウォンを家に送り届けてもらう。

ジホンは ウンソルがムウォンと仲良くしていたのが気に入らない。
「好きなのか?」と聞く。
すると 逆に「もしかして 私のことが好きですか」と聞かれる。
ジホンは「好きだ。認めるまで苦しんだ。何度も自問自答した。俺はいかれている。お前の気持ちは?」と。
「目を覚まして。受けいれられないです」
「なぜ?」
「1、上司と秘書でそんな関係になれない。誤解されたら困る。2、会長が知ったら何をされるか怖い。3、好きです。でも上司として。だから1と2の壁を乗り越える自信がありません。社長が心の傷を受けることよりも 仕事を失わないかの方が心配なんです。冷静になって考えてください」

ミョンランの作戦で ウンソルはジホンの愛がさめるように 汚く ださくすることに。
けれど ジホンも負けていない。
「俺のことを好きになるまで働かない。お前を正社員にもしない」と。

ウンソルはジホン父から「ジホンを真人間にしてくれ 頼れるのは君だけだ」と言われる。
成功したら昇給してくれるらしい。

ウンソルは ジホン父の頼みもあり 根負け。
ジホンに「考えてみるから 仕事をしてほしい」と話す。
ジホンは大喜び。
ウンソルに「これからジホン改造計画を始める。まずはパニック障害の克服から」と言われても 気にしない。ウンソルに調教されて 嬉しいらしい。

6

ムウォンが参戦。
ウンソルに「君に男として見られたい」と。
ちょっと ちょっと待ってよ。あなた ナユンを好きだったじゃない。ふられちゃったから のりかえたの?確かに ウンソルに惹かれているような感じはあったけど…でも…
なぜにウンソルがもてる~~~財閥の御曹司には珍しいタイプなのかしらね。元気ありすぎるけど 普通の女だと思うけどなぁ…まぁ 私も好きだけどね。

ジホンはウンソルにぞっこん。
ウンソルと一緒にいるだけで幸せ。
ウンソルと一緒にいられるなら ウンソルのためなら 仕事も頑張る。
今回の企画は ムウォンと同じになって残念だったけど。

ウンソルは 2人から気に入られているのに まったくなんとも思っていない様子。
ナユン母とムウォン母と立て続けに 付き合うな みたいなことを言われたようだし…
もちろん「後継者に興味はありません」ときっぱり返事したけどね。
ジホン父もナユンと結婚させるつもりのようだから ウンソルと結婚すると言ったら反対するだろうし…
平穏に暮らしたいなら ジホンもムウォンも愛さない方がいいかも。
まぁ 心を操れるわけじゃないから どうなるかわからないけどね。

ジホン父 対 ムウォン母。
ジホン父は社内監査を始める。
ムウォン母の裏金を見つけたい。
ムウォン母は ジホンが痴漢を殴った写真を 新聞に掲載するつもり。
結局…どちらも弱みを握られてしまったわけで… 監査中止&掲載中止ということに。

そうそう ウンソル友人、痴漢を逮捕。
これで逮捕は3人目らしい。すごい。

7

ウンソルはジホンを好きなのね。
でも
“人はいつか目が覚める。本部長たちもいつか目を覚まして自分の場所に戻る。だから浮かれて流されないように気を引き締めなきゃ。そうしなきゃ不幸になる”
と思っているから 気持ちを押しこんできた。秘書として そばに入られればよかった。
それができなくなりそう…


「会社も全部譲るから ウンソルを断念してくれ。彼女は俺のものだ」と言うジホンに
ムウォンは「俺も彼女の慰めが必要だ」と。
ついには 殴り合いになってしまう。

女のせいで殴り合いになったと知ったジホン父は ナユンが原因だと早とちり。
ナユンがジホンを好きだと知り 食事会をセッティングする。
ところが
ジホンは ナユンとは結婚できないとはっきり返事する。
「ナユンが何も告げずに去った日 兄が事故死した。ナユンを追いかけた俺のせいで兄が死んだ。ナユンを見るたびに思い出して辛い。だから結婚できない」と。

ナユンからも ムウォン母からも ナユン母からも「鈍い」と言われたジヒョン父、
ようやく ジホンがウンソルを好きだとわかる。
ウンソルを呼び
「お前は俺のお気に入りだ。けれど息子の嫁にはできない。君はいい女だ。でも…わかってくれ」と話す。

ウンソルは異動になることに。
そこで ジホンを山登りに誘い 最後のパニック障害克服訓練を行う。
「おばさんたちの前で3分スピーチをするように」
ウンソルに言われ ジホンはウンソルへの思いを熱く語る。
「彼女さえいれば 自分が賢く何でもできる気がする」

ジホンはウンソルと別れ 父と車に乗る。
今日のウンソルの様子がおかしいことに気付き 父にウンソルに なにか言ったか聞く。
ジホンは車を降りる。
ジホンはウンソルがいないと何もできない。
“母や兄は自分から去ってしまった。ウンソルだけは自分から去ってほしくない”

ジホンが何も持たずに降りたのに気づいたジホン父はウンソルに電話。
ウンソルはジホンを捜しに行く。
実は ウンソルはムウォンと約束していた。
ムウォンに電話をするが ムウォンは電話を車に置いたまま。
何も知らず ムウォンはレストランでウンソルを待っている。

8

ジホンとのキス。
これで 2人の関係は一気に加速する?

ウンソルはジホンが気になる。
好き。
けれど それが男として好きなのか、息子を思う母親の気持ちなのか わからない。
イヤ わかっているけれど ジホン父の反対や 立場の違いを考えると 近づかない方がいいと ブレーキをかけてしまう。
そうなのよね…ウンソルが言っていたけど ジホンが後継者じゃなくて 普通の人だったら “好き!”と突っ走れたのよね。



ヒールが高いパンプスを履いて走り回って ようやくジホンを見つける。
「あなたに毎日走らされてかかとが痛いの。足だけでなく頭も痛いの。好きだから一生そばにいたいと言ったわね?じゃぁ私は?私は一生あなたの世話をするの?私は普通の人間なの。スーパーヒーロじゃないわ。頼らないで。私も辛いの。頼りたいの。しっかりして。誰でも辛いの。でも泣きごと言わずに頑張っているの。それを忘れずに頑張って頂戴」と一気話す。
でも ジホンはウンソルに愛想尽かされたとは思ってない。今度は自分の話を聞いてほしい。
ムウォンとの約束の場所に向かうウンソルにくっついて行く。

ウンソルはムウォンと食事。
ジホンは その様子を外から見つめる。
ウンソルがかかとを怪我しているのを思い出し ジホンは薬局に。
そこで ナユンに会う。
今度は ジホンとナユンの2人が外から見つめる。

“二兎を追うもの一兎も得ず”のナユンは
ウンソルを送って行こうとして揉めるジホンとムウォンを見て 嫌な気分に。
自分がウンソルを送ると言いだす。
で、ウンソルとナユンは飲みに行き…
ナユンが潰れたから ムウォンに電話したら ムウォンもジホンも潰れていて…
ウンソルはジホン父に連絡。緊急連絡網で ムウォン母とナユン母に伝える。

はぁ…ウンソル、お子様3人のお世話 御苦労さま。
翌日にはお子様3人の幼稚な保護者の相手 御苦労さま。
6人のおこちゃまの相手は 疲れるわね。

ウンソルの言葉を思い出したジホンは 大勢の前で歌を歌い、マラソンもする。
褒めてもらおうと ウンソルに報告する。
「ウンソルに頼らない男になるために努力中だ。けれどまだ ウンソルが必要だ。反省して努力する。行かないでくれ。お願いだ」
が ウンソルは素っ気なく返事をする。
本当は 涙を流すくらい 感動したのに。

ジホンはウンソルに「頼れる男になるように頑張るから 秘書としてでもいいからそばにいてくれ」と話す。
ジホンの連続告白攻撃。ウンソルは 冷静を装うのが限界にきていた。
ウンソルは「私の大脳辺縁系にも本部長が埋まっています。でも確信がないんです。気になっているけれど 男としてなのか 息子としてなのか 混乱しています」と話す。
すると「確かめよう」と言って ジホンはウンソルにキスをする。

9

ムウォンはウンソルに母親を求めている?
ウンソルを好き というより 恋愛している自分に酔っているようにも見えてしまう。
周りにいなかったタイプだから 興味があるだけのようにも見えてしまう。
ただ ジホンに対抗しているだけのようも見えてしまう。
そうだとしても ムウォンとジホンから思われているなんて
ウンソルは悩ましいだろうけど 私は羨ましい。
私ならこの状態をなるべく長く楽しみたいと思ってしまうけど
ナユンは そうやって 楽しんでいるうちに2人とも失っちゃったのよね。



ジホンにキスされたウンソル。
ジホンに男を感じた様子。
でも はっきりできない。
好きだけど一歩踏み出せない。一歩踏み出してはいけないと思ってしまう。
ジホンが自分にまっすぐだから 苦しい。
素直に受け止めたいけれど ジホン父との約束もあるし 受け入れた先に“あの世界”があると思うと 考えてしまう。

家出したナユンはホテルに。
しかし母が市内のホテルすべてに連絡しているのが 気に入らなくて 宿泊を取り消す。
行き先をもとめて
ジホンに電話。出てくれない。
ムウォンに電話。出てくれない。
ウンソルに電話。
ウンソルの家に泊まることに。ウンソル御苦労さま。
ナユンは ウンソルとジホンがキスした知り 大泣き。
泣くのは勝手だけど シャワーの出しっぱなしはもったいないんですけど~

ジホン父は ジホンがパニック障害で治療中だと知る。
「入院させる~」と騒ぐが ジホン祖母にたしなめられる。
「黙って 見守りなさい」と。
そこで ウンソルに詳しいことを聞く。
ウンソルがジホンに聞いたところによると
ジホンのパニック障害は母親が家出した時始まった。その時は兄がいてくれた。治癒したはずだったのに兄が亡くなって再発した。
ジホン父はウンソルに「息子のそばにいてくれ。調教でも何でもいいから息子を頼む。お願いだから。ノ秘書が治してくれ」と頼む。
ウンソルから「そうしたいけれど 本部長の気持ちを受け入れないと約束しました」と言われるが 「その話は後にしよう」と。

パニック障害克服訓練 再開。
ジホンはコーヒーショップでバイトすることに。

10

「本部長が住む世界がイヤ。イケメンの代理がいい」と言うウンソル。
それに対して
ジホンは「自分がウンソルの世界に行く」と言い、
ムウォンは「自分が世界を変える」と言う。

ジホンもムウォンも親同志の醜い争いに嫌気がさしたのかなぁ。
ジホンは父から「ノ秘書は認める。ただし 力を身につけろ。俺らの世界は特殊だ。すきがあればすぐに噛みつく。ノ秘書を守りたければ 自分を守れる男になれ」と言われる。
バイトになれてきたし、ウンソルが今後も自分の世界で暮らすつもりなら 自分がウンソルの世界に行こうと考えたみたいね。
ムウォンは 総帥になる夢を捨てるつもりはないから 自分がいる世界をウンソルが住める世界にしようと考えた様子。

で、ウンソルもそろそろ気持ちをはっきりする時かも。
「お前の好きにしろ。心に従いなさい。自分の心をよくみろ」と言うウンソル父に
ウンソルが「どっちかに決めたら1人は傷つくわ」と言う。
すると ウンソル父は「今2人とも傷つけている。それをなぜ1人にしない」と。

好きなら 愛しているのなら 住む世界がどうのこうのなんて関係ないと思うんだけどなぁ。
世界が違うと冷静に思えるのは まだ それほど愛していないのかも。
…イヤ ウンソルは大人だから 愛しているけど冷静なのよね。

11

ウンソルが選んだのはジホン。
まぁ わかっていたことだけどね。
住む世界の違い、ジホン父の反対、なんやかやで ジホンの気持ちを受け入れられずにいた。
ジホンを好きだけど 口にしたら ムウォンを傷つけてしまいそうで怖かった。
けれど そろそろはっきりさせるべき と決心する。

翌日 ウンソルはジホン父から「健康に注意してくれよ。家族になるんだから」と言われる。
驚くウンソル。
「不良だったから反対したんじゃ…」
「だから ジホンが治ったら留学して 学歴も身分も洗浄しろ。君は問題ないが周りが問題なんだ。苦しめられるぞ」
“ジホンを後継者にする”条件つきだけど ジホンが後継者にならなくても ジホンにはウンソルしかないもの 後継者にならなかったからダメ とはならないわよね。

ウンソルはムウォンに気持ちを伝える。
覚悟ができていたムウォンは 冷静に受け止める。

12

ジホン父に認められ
財閥の奥様教育も始まった。
“ジホンを唆して後継者にさせる”課題は残っているけれど
結婚に向けて 順調そう。

ところが ウンソルは会長室で 怪しげな書類を見てしまう。
それは たぶん 裏金や相続に関するもの。
たぶん…
財閥では 裏金を作り より多く子どもたちに相続したいと思い 法律すれすれの事をしている。
それは よくあることで 特別なことではない。財閥やお金持ちの間では。

しかし 普通の人間ウンソルにとっては 奇異なものに見えるはず。
結婚して お金持ちの仲間入りをすることが決まっていても ウンソルが黙って受け入れるとは思えない。
そんな仲間にはなりたくないと言いだすかもしれない。
ウンソルがどう動くか楽しみ。

13

経営権譲渡に関する不正。
ウンソルはどうしたらいいのかわからない。
ジホン父の秘書チャン秘書からは「財閥では誰もがやっていること。見なかったことにしろ。ボスの秘密を守るのが秘書だ」と言われたけれど それでいいのかわからない。
検察から車いすで出てきたジホンが記者に囲まれる夢を見ると 心配で仕方がない。

ウンソルはジホン父に それとなく不正はよくないと話そうと考えているようだけど…
そんなことより パク常務の動きが心配。
ウンソルとチャン秘書の会話を立ち聞きして 何か企んでいるようなのよね。
それに ウンソル、“経済改革市民連帯”のアン・ヨンサムと会っているのを写真に撮られちゃったのよね。
ウンソルが情報を流したと疑われるんじゃないかと心配。

そうそう ウンソルはチャン秘書から ジホンは「贈与税は払う。車いすに乗りたくない」と言っていると聞いて 嬉しかったみたいね。
ジホン教育はばっちり。
でも… 財閥のなかでは 多少の不正、駆け引きができないと 生き残れないのよね…

14

ナユン母とパク常務が仕掛けた罠。
ジホン父の不正を検察に告発する。
ただ…それが…告白したのはウンソルだと ジホン父に疑われちゃったのよね。
ウンソルはクビ。ジホンとの結婚もなし。
ウンソルは巻き込まれただけなのに…


ジホン父の不正を知ってしまったウンソル。
ジホン父自ら不正をただしてほしいと思っていた。
ジホンに話したいと思うが やっとよくなってきた親子関係を壊したくないと チャン秘書に止められる。

そんな時に ウンソルは“経済改革市民連帯”のアン・ヨンサムに会う。
どうやら ウンソルもヨンサムも 誰かにおびき出されたらしい。
ウンソルは 利用され 巻き込まれるのを怖れ ヨンサムに忠告する。
「私には連絡しないでください。これは陰謀です。私を名乗る電話が会ったら録音して 番号をメモしてください。私に連絡する時は公衆電話を使ってください。私の名前で何か届いたら 開けないで私に渡してください」
しかし…
ヨンサムに差出人不明で“DZ裏帳簿”が送られてくる。
ヨンサムはウンソルが送ったものだと思い、ウンソルに連絡。
2人が会っているところをジホンに目撃されてしまう。

ジホン父は チャン秘書やウンソルの様子がおかしいことに気付き チャン秘書を問い詰める。
「ノ秘書に帳簿を見られました。彼女は市民団体に接触しているようです」と言われる。
確認しようとウンソルを呼びつけると
「自分でけじめをつけてください。帳簿が検察に渡ります。そのまえに申告すれば 罰せられない可能性もあります」と言われる。

ウンソル、帳簿は見たけど 誰にも話していないと釈明するんだけど
ジホン父は信じないのよね。
チャン秘書に ウンソルのクビを命令。
ジホンに 「ノ秘書と別れろ」と言う。

ムウォンは母から ナユン母とパク常務が告発したと聞かされる。
「何が目的ですか。大事になる前に収拾してください」ナユン母を怒鳴ったけれど…
もうどうすることもできないわよね。

検察の捜査が入る。

15

「君との恋愛を休業する」
ジホンはウンソルに そう伝える。
別れるのではなく 休業。いつか再開するということよね。


ウンソルはジホンに 告発したのは自分ではないと話したい。
けれど ジホンは聞こうとしない。ウンソルを無視する。

ジホンはウンソルに「信頼されなかった自分に腹が立つ。頼りにも相談相手にもなれなかった。君とって俺は何なのか考えてみたい」と話す。

ジホンもジホン父もウンソルが告発者ではないとわかっている。
ウンソルは罠に嵌められただけ。パク常務、ムウォン母、ナユン母の仕業だと薄々感じている。
しかし それでも ジホン父はジホンにウンソルと別れるようにと話す。
「発端はあいつだから」と。
ジホンは「別れます」と答える。
その様子を見ていたウンソルは落ち込む。
“私は秘書だから守らなければいけない。頼れなかった”

ジホンは証拠不十分で不起訴。
ジホン父は懲役5年が求刑される。

ジホンはウンソルをデートに誘う。
別れ際「君との恋愛を休業する」と話す。
これ以上ウンソルを巻き込みたくないのよね。ウンソルの世界に行く用意ができるまで休業するということかしら。
私の希望は ウンソルが来ても大丈夫なように ムウォンと一緒に自分の世界を変えることなんだけどなぁ。

16

ウンソルもジホンも 意地をはっていないで 素直になればいいのに。


ウンソルは「いっそのこと閉店に」と言いだす。
ジホンは受け入れ
別れる。
…ウンソル、別れて辛いなら どうして“閉店”なんて言っちゃうのよ。

ウンソルは遼山の物流センターに異動になる。
倉庫わきに置かれた机がウンソルの席。
仕事はない。
会社は 干して ウンソルが辞表を出すのを待っている。
まぁ ウンソルがおとなしく受け入れるわけないわよね。

ジホン父に 執行猶予つき懲役3年と200時間の社会奉仕の判決が下る。
ジホン祖母はムウォン母を会長にする。

ムウォンは ウンソルの力になりたいと思っている。
ジホンに任せようとしていたが ウンソルと別れたジホンは何もしようとしない。
母が会長になった今 ウンソルを異動させることができる。
ムウォンはウンソルを本社に戻そうと考える。

ウンソルは本社を去る前 ジホンに動画メッセージを残していた。
それを見たジホンはウンソルに会いに行く。
しかし ムウォンが先に来ていた。
ウンソルに声をかけられず…帰ろうとしたら 財布も携帯もない。車の中。
秘書に電話をして 持ってきてほしいと頼むが 断られる。
仕方なく ウンソルに頼むが断られてしまう。
断られても…帰りたくても…帰れない。
結局 ウンソル家に1泊。翌朝 ソウルに送ってもらう。

別れ際 ジホンは「後悔した。お前にあんな言葉を言った瞬間に。お前は?いいのか?」と聞く。
「大丈夫よ」と言われ
ジホンは車を降りる。
その瞬間 ウンソルは後悔する。
…だ・か・ら 後悔しているんだったら 素直にならなきゃ。

17

「1発でメロメロ」…ジホンらしい言葉だわ。
記者の前で 堂々と認めるとは思ったけどね。できれば 密告者じゃないと言ってくれたらよかったんだけど。


ジホンはクラクションの音に反応。
すぐにウンソルの元に戻る。
「休業は終わり。新装開店だ」と。
ウンソルがどんなに否定しても ウンソルの気持ちはわかっている。
素直に自分の気持ちを素直に出せるのがジホンのいいところ。
ウンソルがどんなに強がっても 最後にはウンソルの気持ちを引きだす。
で、開店したような?

ところが…
ウンソルと3時間後に会う約束をしてわかれたけれど…
ジホンは入院中の父に会い 考えが変わる。
変わるというか 今は父を安心させることを優先させたいと考える。

ジホン父は組織検査をすることになる。
ガンが発見されたとしても初期。心配することはない。
けれど ジホン父は弱気になり 息子の行く末を案じる。
“俺が死んだら息子はどうなるんだろうか。会長になれなくても 会社には残ってほしい。仕事に専念してほしい。席だけでも取り戻してほしい”
ジホンはウンソルに「今は親孝行をしたい。待ってほしい」と話す。

約束して11日…音沙汰なし。
1か月…やはり 連絡なし。
3.5か月…待つことを諦め 会社を辞めた。
0.7か月…月給88万ウォンの生活。
そして…
ヘッドハンティングされて 行ってみると…
そこにいたのはジホン。
仕事はジホンの秘書だった。

ウンソルは断り続けるが
ジホンが本部長に復帰すると同時に 秘書に復帰する。

そうなると ムウォン母は心配になる。
ジホン祖母に動きがあると聞くと気になる。
取り巻き連中から「ジホン本部長を永久に追放しましょう」と提案される。

ジホンが密告者であるウンソルと交際している と記事が出る。
記者が押し掛け ジホンとウンソルを取り囲む。
ジホンは真偽を問う記者に向かって「間違いの正すのはカッコいい。だから惚れた。一発でメロメロです」と答える。

18

結婚~~~
結婚式シーンはないかも…と思っていたから…嬉しい。
それにしても ドレス姿で缶を蹴って ひったくり犯を捕まえる人なんて そうそういないわよね。


ジホンが交際宣言をしたから ネットは大騒ぎ。
ウンソルの過去が暴露される。
“ウンソルはもと不良”“国民的不良”

騒ぎになり…
こうなることを望んだムウォン母の取り巻きたちが 役員会でジホンを突き上げる。
ジホンは「告発者との恋愛はいけませんか?忠臣国の奸臣と奸臣国の忠臣とはどちらが悪人ですか?どちらも悪人だと思います。ノ秘書が奸臣でも責めることはできない。不正は事実だから。けれど会社に迷惑をかけたことは認めます。なので 悪くない俺たちが自分の足で出て行きます」と話す。

ジホン父はテレビ番組に出演し
「経営権を守るために不正を働きました。反省し 息子を後継者にしないと決心しました」と話す。

ジホンはウンソルにプロポーズ。
結婚式を挙げる。
ナユンが結婚指輪を家に忘れちゃったから 即席の指輪での指輪交換だったけどね。

ジホンはベンチャー会社を起業。起業支援も行っている。
ウンソルは学生。
ジホンとウンソルは相合傘で散歩。
何度もキス。
お幸せに。

…幸せそうな2人のキスよりも 傘に目がいき…どこの傘?

 123456789101112131415161718

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

Re:

いやな悪役が出てこない楽しい気分になるラブコメでしたね。脇役のキャラもとってもよかったんで私の韓ドラの原点1%の奇跡みたいにサイドストーリーでムウォンとナヨンたちや財閥らしくないパパ、ママにおばあ様の恋愛物語でつないでもっと見たかったなぁなんて思いました。

Sukumaさん、こんにちは

ナユン、ナユン母、ムウォン母、悪役なのに 憎めなかったですね。
ウンソルに意地悪するつもりが 言い負かされたりして 可愛かったです。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)

<視聴予定>
自白

法医秦明
扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング