FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




ブレイン あらすじ&感想


普通。
ありがちな医療ドラマ。
つまらない とは思わないけれど これまで見た医療ドラマと比べて いいかと言われたら…
普通。



全20話 2011年 KBS

出演者 : イ・ガンフン・・・シン・ハギュン
       ユン・ジヘ・・・チェ・ジョンウォン
       ソ・ジュンソク・・・チョ・ドンヒョク
       キム・サンチョル・・・チョン・ジニョン

       コ・ジェハク科長・・・イ・ソンミン
       ファン・ヨンソン院長・・・ハン・ヒョジョン
       パク・インボム副院長・・・パク・チョロ

       ヤン・ボムジュン・・・クァク・スンナム
       チョ・デシク・・・シム・ヒョンタク
       ヨ・ボング・・・クァン・セイン
       トン・スンマン

       ホン・ウンスク看護師長・・・イム・ジウン

       ガンフン母・・・ソン・オクスク
       ガンフン妹・・・

       ジュンソク母・・・ソン・ビョンスク

       チャン・ユジン・・・キム・スヒョン
       チャン会長(ユジン父)・・・コ・インボム
       (ガンフン先輩、ユジン義兄)・・・

       パク・ドンファ・・・イ・ヒョヌ

演出  : ユ・ヒョンギ、ソン・ヒョヌク
脚本  : ユン・ギョンア

 1-34-56-78-910-1112-1314-1516-1718-1920

1-3

シン・ハギュン、チョン・ジニョン出演 ってことで 飛び付いたんですが…
なんだか 「白い巨塔」を思い出させるんですよね。
天才外科医だけど性格に難あり なんて よくある設定。
これで 主役が病気になったら そのまんまだから 別の人が病気になるのよね、きっと。
ドラマ的に ライバルか 嫌っている上司か どっちかかしらね。
ライバルは性格が抜群にいい というのが定番だけど このドラマのライバルは “性格良さそうに見せて 実はイヤな奴”という設定になっているみたいね。


神経外科専任医イ・ガンフンは 優れた技術をもつ。
出世のため コ・ジェハク科長に取り入って 可愛がられている。
しかし 最高の神経外科医と言われているキム・サンチョル教授には 嫌われている。
出世と手術回数・技術に重きをおき 患者を第一に考えていないと 思われているから。
…本当のことだから 仕方ないわよね。

キム教授は有名で 指名する患者も多い。
コ科長はそれをこころよく思っていない。
キム教授を追い出すため 話題つくりが必要だと考える。
そんな時 テレビ局から取材を依頼される。

キム教授が行おうとしている“覚醒手術”を取材したいらしい。
それを聞いたガンフンは コ科長が執刀すれば 有名になれると考える。
だからといって 患者を奪うわけにはいかない。
しかし 患者が執刀医を変更するのは問題ない。
ガンフンは 手術のことで悩んでいる患者の相談にのるふりをして さりげなくコ科長を推す。

患者はコ科長に執刀医を変更。
手術が始まるが…
患者がてんかんを起こしてしまう。

ガンフンの同期ソ・ジュンソクは 留学する予定だった。
しかし スタンフォード大学に落ちたと嘘をつき 病院に残ることに。
ユン・ジヘから離れたくないのかしら?

ジュンソクはジヘを愛しているようだけど
ジヘのほうはジュンソクに恋愛感情はまったくない様子。
どうやら ジヘはガンフンが好きみたいね。

4-5

コ科長に裏切られ ガンフンは助教授になれなかった。
助教授になったのは ジュンソクだった。
…って予想を裏切らない展開。

ガンフンが母親の借金返済に困っていると知ったチャン会長の愛人の娘ユジンが ガンフンに金を貸す。
ガンフンが自分から借りるのは嫌がるはずとわかっているから ガンフンの先輩でもある義兄に頼んで 義兄が貸したことに。
…ガンフンに惚れたからって そこまでする?

ジュンソクは 仕事よりもジヘを手に入れるに必死な様子。
…これって 恋愛ドラマ?医師だって恋愛するんだから まぁいいんだけど…

と、つまらないわけじゃないけれど 面白いというほどでは まったくなく…
今のところ期待外れ。

ガンフンって 余裕がないのよね。
ジュンソクのように 父親の力で助教授になれるわけじゃないから 常に全力なのは仕方ないけど 少し肩の力を抜いたらいいのに。



覚醒手術のミスをカバーした。
執刀医を変更させた件もコ科長は何も知らないことで通した。
コ科長の名前で出す論文の準備は進んでいる。
コ科長のために あらゆることをしてきたのは 助教授になるためだったのに
土壇場で裏切られる。
コ科長は 次期院長候補の息子ジュンソクを推した。

ショックを受けるガンフン。
ジュンソクが 大学に合格したのに 不合格と嘘をついたことも頭にくる。
神経医科学会での発表もジュンソクに奪われてしまい 爆発寸前。

キム教授は ジュンソクの論文の出来がよくなくて ガンフンと共同研究したらどうかと提案する。
ガンフンもジュンソクも提案を受け入れ 共同で研究を進める。
しかし 途中でジュンソクがひとりでやると言いだす。
そこで ガンフンは 自分の担当分の論文を 一部を削除して ジュンソクに渡す。

ガンフンは予定通り神経医科学会で ジュンソクの論文を批判する。
壇上で惨めな思いをするジュンソク。
ガンフンは ジュンソクをやりこめられて嬉しい。

キム教授がガンフンを共同研究者にしたのにはわけがあった。
今回の研究実績によっては 特別助教授に推薦するつもりだったのだ。
しかし それもいまとなっては 無理。
その上 ガンフンが意図的に一部を削除したものをジュンソクに渡したとばれたら ガンフンの立場は苦しくなってしまう。

6

MVのシーンはこれだったのね。
ジヘの口の周りに何がくっついているのかしら と思っていたら ガムだったんですね。

ジュンソクはやっぱりイヤな奴だったわ。
保身とガンフンに責任をなすりつけるために 検査項目を変更。
実力がないのに助教授になっちゃったから 必死なんだろうけど
それじゃぁ ジヘに嫌われるんじゃないの?



ジュンソクはコ科長の入れ知恵で 助教授風を吹かせ始める。
ガンフンを自分のアシスタントにすると言いだす。

ジュンソクが主治医の患者の手術。
ガンフンが執刀することになっていたが 面接を受けるため「用事がある」と言って帰宅。
ジュンソクが執刀する。

手術後 患者の容態が急変し 再び手術になる。
患者の血が止まらない。
ジュンソクは アスピリンを服用していたことを黙っていたガンフンをなじり、
ガンフンは アスピリン服用は6日前で問題はなく 他に問題はなかったか検査を怠った主治医に問題があるとジュンソクをなじる。

ジヘは患者の血液検査をオーダーする。
ところが 血液検査項目が変更されていることに気づく。
ジュンソクが勝手に血液検査の項目を変更したのだった。
ジヘはジュンソクに 検査し直すと報告するが「必要ない」と言われる。
ジヘは患者の娘に 血液検査したいと頼む。
しかし 医療ミスがあったのではと疑う娘から断られる。
それでも 頼み続けるが、頬を叩かれてしまう。
それを見たガンフンは 娘に自分の落ち度だと謝罪する。

結局 血液検査はやり直したようで…
ガンフンのミスではなかったとわかり、
患者の娘も落ち着き ガンフンに謝罪する。

ガンフンは ジヘが自分にこだわるのを鬱陶しく思っていた。
論文の原稿を盗んだり 必死に血液の再検査をしようとしたり。
自分にどうしてほしいのかわからない。仕返しなのか?感謝してほしいのか?もしかして自分を好きなのか?わからない。
その思いをジヘにぶつける。
「ありがたくない。俺の問題は自分で解決できる。人を助けて満足しているようだが俺には通用しない。二度と関わるな」と。

ジヘは言い返せず 屋上へ。
そこで 師長に「愛しているなら伝えるべきです」と言われ
ガンフンに「好きだからしました」と告白する。

ガンフンはジヘにキスをする。

7

ガンフンの父はウィシン大に運び込まれた後 亡くなったみたいね。
担当医はキム・シヌ。
ガンフンは 医療ミスがあったのでは担当医を問い詰めていた。
そのウィシン大にはキム教授もいたらしい。
今後 どう関係してくるのかしら。

キスしたガンフンとジヘだけど…
急速に発展することなく 何事もなかったかのような2人。
しばらくは こんな感じなの?


ガンフンはヘソン大学の助教授面接を受けた。
しかし ヘソン大学出身者を助教授にすることがほぼ決定していた。
ガンフンは諦められない。
ジュンソクの意地悪は酷くなるばかり。いじめて辞職に追い込むつもりのようだった。

ガンフンはヘソン大学のアン教授を訪ねる。
アン教授は手術中。会うのは難しいと断られる。
それでも チャンスを待って 手術服を着て待機する。
チャンスがきた。
アン教授が倒れる。
ガンフンは「私がやります」と名乗りでる。
ところが ジヘから 患者の容態が急変したと連絡がはいる。
さぁ ガンフン、どうする。

8-9

ガンフン父の手術でミスしたのは キム教授だったのね。
ガンフンは気づいていたのかしら?
だから ガンフンには キム教授がいい医者の仮面をつけているように思えて 反発していたのかも。
そして キム教授は 昔の自分を見ているようで ガンフンに厳しくしていたのかも。

キム教授は病気みたいね。
その手術をガンフンが執刀することになるのかしらね。


大変な思いをして手術をしたというのに…
ガンフンは助教授になれなかった。

ガンフンは ヘソン大学の手術をしたせいで 担当患者の手術が後回しになってしまったことで非難される。
また コ科長が論文のために自分を利用しようとしているのも気に入らない。
ヘソン大学の結果とは関係なく大学を辞め 別の病院で働き始める。

ガンフンは父の手術の件で キム博士を捜していた。
アン教授に入院していることを教えてもらい 会いに行く。
キム博士は認知症を患い 記憶がはっきりしないことが多かった。
正気の時に連絡してほしいとメモを残す。
すると キム博士から連絡があり 父の手術の執刀医の名前を聞く。
キム博士は 前途有望な医者の未来を思って 手術ミスを隠したのだった。
ガンフンはキム教授に会いに行き
「なぜ隠したんですか?すべてを隠ぺいして 世界一の善人のような振る舞いを?殺人者」と迫る。

10-11

ガンフン父の手術をしたのはキム教授ではなかったの?
ガンフンはキム教授を責めるけれど
「その病院にいたことはない。自分ではない」と認めない。
じゃぁ 誰なの?手術ミスしそうなのはコ科長だけど。

ガンフン母の検査結果が出る。
膠芽腫。
治る見込みはほとんどなく 余命は長くても1年ほど。

ガンフンは 母には告知していないが、母は何も言わないまま死にたくないと 話し始める。
ガンフンは母のことを勘違いしていた。
妹ハヨンは実の妹。父は同じだった。
ハヨンを妊娠した時に ガンフン父から「誰の子どもだ!」と殴られたから 身の危険を感じて出て行ったのだった。
母を憎んで 冷たく接してきたことを後悔する。
なんとしても母を救いたいと 膠芽腫の研究をしているキム教授に「手伝いたい」と頼む。

しかし キム教授は断る。
自分の研究は再発の人のためのもの。ガンフン母には使えないと。
はいそうですか と引き下がれない。
ガンフンはキム教授の研究室の前で立ち続ける。

キム教授は 研究員としてガンフンを雇うことにし コ科長に許可を求める。
しかし認めてもらえなかった。
コ科長は 論文のことで ガンフンに怒っていた。

そこで キム教授は自分の個人研究員として雇うことにする。
「正社員ではないから後輩の管理も先輩面もできない。キム教授の命令に従わなければならない。それでもいいか?」と。
ガンフンは承諾する。
ところがそこには裏があった。
ジュンソクも手伝うことになっていた。
当然 立場はジュンソクが上。ジュンソクの指示に従わなければならない。
それでもガンフンは受け入れる。
…ジュンソク、嫌な奴。優越感を味わいたくてキム教授にガンフンを雇うように頼んだの?

12-13

キム教授はなんの病気なのかしら?
いつもは穏やかなのに 突然怒り狂う。
ガンフン父の手術の件に関して キム教授は否定したけれど どうやら忘れている様子。
脳の病気なのかしら。



キム教授は 企業の支援を受けようとしないため 研究費不足で研究が進まない。
ガンフンは焦る。
ユジンが寄付し 研究費の件が解決する。

ガンフンはお礼のかわりにユジンと食事をする。
それを知ったジヘは落ち着かない。
ジヘはお金持ちの娘。ガンフンを援助できる財力があるけれど 自分には何もない。
先日 ガンフンとジュンソクが ガンフンがジュンソクを動揺させるために自分を利用したと口論しているのを聞いてしまったから 余計に落ち着かない。

しかし ガンフンから ジュンソクと話をしていたのは本心じゃないし 寄付のお礼に食事をしただけと聞き 落ち着く。
そして 思い切って告白する。
ガンフンのことを考えて脳が活発に活動している写真を見せて「私の気持ちです。断るならゴミ箱に捨てて 同じ気持ちならポケットに入れてください」と。
ガンフンは 写真をポケットに入れる。

ガンフン母の状態が思わしくない。
ガンフンは研究中の試験薬を使いたい。
しかし それはやってはいけないこと。
肝炎保菌者であるガンフン母には使えない薬だし 投薬がIRBにばれたら試験は中止になってしまう。
ガンフン母ひとりのせいで 研究が中断し 薬を待っている他の患者が困ることになる。

キム教授はガンフンが試験薬を盗むことを怖れ ジュンソクに命令して 保管室と保管庫の暗証番号を変更する。
盗めない。
ガンフンは金づちで壊すつもりで 保管室に。
すると なぜか 暗証番号は元にもどり 保管庫も空いていた。
ガンフンは 薬を盗み 母に投薬する。
ジヘはガンフンが薬を手にしているところを目撃するが 知らないふりをする。
キム教授もなぜかガンフンを庇う。
しかし 薬の効果はあらわれなかった。

コ科長はガンフン母のカルテを見て 投与薬について疑問を感じる。
ジュンソクに確認するが 試験薬は投与していないと言われる。
しかし キム教授がセンター長就任を阻止するため キム教授が不法投薬したとIRBに申告する。

IRBの調査員が病院に来る。
いつもは穏やかなキム教授。
しかし 今日は違った。
不法投薬を認めた後 不法投薬を責める調査員を大声で非難する。

試験薬を投与した患者が2人 相次いで亡くなる。
試験薬に問題があるのは確か。
そこに IRBから監査をすることになったから 監査期間は実験を中止するようにと連絡がくる。
キム教授は 臨床試験を中断すると怒鳴る。

キム教授は研究室に戻り少し落ちついた後 自分が怒っていたことに驚く。

14-15

ガンフン、退職→助教授として復帰。
開業する道もあると思うんだけど…
あくまでも大学病院にこだわるのよね。
けれど…順調に行きそうだったジヘとの交際は破局。
ガンフンがデートより緊急手術を選んだからではなく 野心のために断ることもできた手術を選んだのが ジヘは気に入らなかった。



病院内での会議で…
ジュンソクはガンフンに責任を取らせようとする。
父の提案でガンフンに責任を取らせ ほとぼりが冷めた後 研究を再開させるつもり。
キム教授もガンフンがしたことは知らなかったと話す。
ガンフンは 自分に責任があると認める。

ジヘは キム教授が研究のためにガンフンひとりに責任をとらせたことに驚く。
少しは擁護してくれると思っていたのに…

ガンフンはIRBの調査員に 投薬した経緯を説明し 責任は自分にあると話す。

ガンフンは先輩でユジンの義兄の病院で働くことに。
そこは主にVVIPの健康診断を行っていた。

キム教授は ファソングループ会長と手術の件で揉め 会長を怒らせる。

ガンフンはユジンの協力でファソングループ会長に接触。
ミニ開頭手術を提案するが 断られてしまう。
ところが ファソングループ会長が急に倒れ…
ガンフンは自分が執刀することにする。

ファソングループ会長の承諾を得ないで手術はできない。あとで訴えられる可能性がある。
ユジン義兄はキム教授に助けを求める。
キム教授は チョナ大学に連れて来るように ガンフンを説得するが ガンフンは無視。
そこでキム教授はネットで手術を監視することに。
手術は無事終了する。

予想通り 会長の承諾なく手術をしたと問題になる。
キム教授がガンフンを擁護。
回復が早く 商談がうまくいったため ファソングループ会長の態度が軟化。
訴えられずにすむ。

ガンフンはファソングループ会長からマンションをプレゼントされるが、マンションの代わりに別の頼みをする。
ファソングループはチョナ大学とのMOU締結を決定する。ただし条件がひとつ。それはガンフンを神経外科の助教授にすること。

ガンフンはチョナ大学に復帰する。

16-17

キム教授が壊れてしまった。

手術中に目がかすむ。
検査をすると 髄膜腫だった。
神経を圧迫していているため 目がかすんだり 頭痛や感情がコントロールできなくなっていた。
そして…おびえた姿をみせる。



ガンフンは院長までも味方につけ怖いものなし。
院長は 次期院長選挙で再選を目指しているらしい。
この人も 素晴らしいことを言いながら 権力に執着する人だったのね。

ガンフンは患者をキム教授にとられる。
抗議したいが 以前 キム教授の患者を横取りしたことがあり 我慢するしかない。

手術中 キム教授は目がかすんで見えなくなる。
そこで ガンフンに助けを求める。
意地悪ガンフンは 手術があると断る。
しかし 状況は深刻だった。キム教授は続行できないほど体調が悪かった。

ガンフンが執刀医として手術を行うが 患者の容態が思わしくない。
再手術をすることにして 手術を終える。

患者の容態が急変する。
患者の家族は病院と執刀医のミスを追及する。
ガンフンは 手術に問題はなく 患者の急変は予想できないことだったと説明する。
キム教授にも 説明してほしかったが 連絡がつかない。
ガンフンはキム教授の研究室に行き 怯えてうずくまるキム教授を見つける。

ジュンソクは 執刀した患者が亡くなったことをきっかけに 手術室に入れなくなる。
診断は恐怖症。
数日休んだ後 手に包帯を巻いて出勤する。
手術ができないとは口が裂けても言いたくないだろうけど いつまでも隠せないだろうに…

18-19

すべてがいい方向に。
ジュンソクの恐怖症も治ったようで…
もっとひっぱるかと思ったけど あっさりと解決しちゃって 拍子抜け。
まぁ 治らないと困るんだけどね。

キム教授は 留学先のアメリカで交通事故に遭い ウィシン大での記憶を失くしてしまった。
解離性障害。
思い出したくない記憶だけを削除したらしい。
だから ガンフン父の手術のことをまったく覚えてのね。



患者の家族から手術ミスだと抗議を受けた件。
キム教授が過失を認め 患者に謝罪する。
ガンフンに「ミスは犯してはいない。なのになぜ?」と問い詰められ
「退任まで残り少ない自分が罪を被る」と答える。

ガンフンは 手術室で 手術映像を録画したメモリーを見つける。
そのメモリーをキム教授に見せ
「私がミスをする映像が録画されています。これを公表します。そうすれば教授にまた傷がつきます。手術させてくれれば 教授の望み通りにします。完璧なキム教授の過去になりましょう。教授のように私も自責の念に苦しんで生きます。最高の脳医学博士の脳を手術すれば後継者だと証明することになるんです」と手術を受けるように説得する。

キム教授は手術を受けると返事する。
ただし 手術中覚醒し自分の脳を見ることが条件。

手術は無事に終了する。
キム教授は メモリーの映像から ガンフンはミスをしていないと知る。

ジヘは徹夜でガンフンの研究を手伝い 風邪をひく。
それを知ったガンフンはジヘのマンションに。
ジヘを看病し…
2人は仲直りする。

20

キム教授はガンフンに冷たい態度をとってきたけど
実は認めていたのよね。
だから 手術を任せたのだし、ガンフンの気持ちを思って 視力が回復しなかったことを隠したのよね。

ガンフンは 冷静になって考えると
父の死を キム教授のせいにすることで 頑張れたのかもしれないと思う。
あの日 父を背負って病院に向かって走りながら このまま死んでくれたら…とも思った。
そのせいで 父が亡くなったのかもしれないと思うと胸がつぶれそうだった。
キム教授のせいにすることで 自責の念を感じないようにしてきた。

で、ガンフンとジヘの仲は…
まだまだ。これからみたいね。



キム教授の視力は回復していなかった。
回復しているふりをしていただけ。

ガンフンはキム教授の意志を無視して 再手術を決める。
ところが キム教授がいなくなってしまう。
“私のことに構わず 他の手術をしろ”と書き置きして。
また ガンフンの研究への助言も書き残していた。

1年後。
ガンフンとジヘかと思ったら…
ガンフン妹の結婚式が行われる。

ガンフンは医学賞を受賞。
ヘソン大学の脳腫瘍センターの研究責任者に就任することになっていた。
ジヘもまたチェイル大学に行くことになっていた。
ガンフンはジヘに ヘソン大学のフェローを志望するように話すが、断られる。

ジヘはガンフンを愛している。
ガンフンも自分のことを好きだと思う。
けれど 2人の仲は進展しそうにない。
だから 離れることにした。

ガンフンは「そばにいろ」と言って ジヘを引き留める。
しかし ジヘは行ってしまった。

医学賞受賞記念講演会。
会場に向かいながら ガンフンは考える。
“地位を得、名誉を得、すべてを得た。しかし 本当にそうだろうか?俺は幸せだろうか?大切なものを失おうとしているのではないか?”
壇上に立つと…
会場に ジヘがはいってくるのが見えた。
ジヘはバスには乗らず 戻って来たのだった。


関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

こんにちは!

あらすじで流れ着きました。

BSで今放送中ですね。
わたしも・・・確かに医療ドラマってちょっと食傷気味というか、
全然おもろくないわけではないけど、普通・・・という印象です。

シンハギュンさんが2年目のフェロー・・・ってのもちょっと年齢上過ぎ、かなぁ。
彼は映画人・・・と思っていたので、ドラマ?というのもありますね。

せにょさん、こんにちは

そうですよね。
よくある医療ドラマとさほど変わらないですよね。
演技力のあるシン・ハギュンさん出演ドラマなので ひねりがあるかもと期待していたのですが。
彼はドラマより映画の方が圧倒的に多いので 映画にしかでない という印象がありますね。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
ドクター・プリズナー

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング