FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




家門の栄光 あらすじ&感想





全54話 2008-2009年 SBS

出演者 : ハ・マンギ・・・シン・グ
       ハ・ソクホ(マンギ息子)・・・ソ・インソク
       ハ・スヨン(ソクホ長男)・・・チョン・ノミン
       ハ・テヨン(ソクホ次男)・・・キム・ソンミン
       ハ・ダナ(ソクホ長女)・・・ユン・ジョンヒ
       ハ・ジュジョン(マンギ妹)・・・パク・ヒョンスク
       ハ・ドンドン(テヨン息子)・・・オアク・チュンモク

       イ・ヨンイン(ソクホ恋人)・・・ナ・ヨンヒ

       オ・ジナ(警察で男と揉めていた女、ハ・スヨンの恋人)・・・シン・ダウン
       ナ・マルスン(刑事、ハ・テヨンの恋人)・・・マヤ
       ヨンヒ(スヨン妻)・・・キム・イェリョン
       テヨン妻・・・ソ・ユジョン

       イ・ガンソク・・・パク・シフ
       イ・マンガプ(ガンソク父)・・・ヨン・ギュジン
       チェ・ヨンジャ(ガンソク母)・・・ソ・グォンスン
       イ・ヘジュ(ガンソク妹)・・・チョン・ヘジン

       ユ・サモル(家政婦)・・・キム・ヨンオク
       ユ・ジョマン → イ・スミン
       キム・ビョンド(ジュジョン後輩)・・・シム・ヒョンソプ
        チョン・ヒョンギュ(ダナ後輩)・・・イ・ヒョンジン
        ユン・テジュ(ガンソク先輩)…チョン・チャン


演出  : パク・ヨンス
脚本  : チョン・ジウ

 12-3456-78-910-1112-131415161718192021222324-2526-2728-2930-3132-3334-3536-3738-3940-4142-4344-4546-4748-4950-5152-5354

1

ひいお祖父ちゃん死亡 で集まる宗家の人たち。
それぞれ問題を抱えていて…

ひいお祖父ちゃんの息子マンギは 自分がおこした会社の会長。
その息子ソクホは社長。
恋人ヨンインの妊娠に慌てる。

ソクホ長男スヨン。
妻に浮気される。
どうも… 妻は離婚したくて 浮気騒動をでっちあげた様子…

次男テヨンは 妻に浮気現場にのり込まれ 姦通罪で訴えられる。
タイミングよく? ひいお祖父ちゃんが亡くなったから 告訴を取り下げてもらう。

長女ダナは助教授。
仕事でソウルから離れたところに来ていたから 臨終に立ち会えなかった。

あと…マンギ妹のジュジョンは放送局PD。


テヨンが姦通罪で警察に連行された時にみかけた 刑事マルスンと 男と揉めていたジナ。
それと 成り金の息子で なんでも金で買えると思っているガンソク。
この3人が 3兄妹と絡むことになるみたい。


期待していたドラマが始まりました。
まぁ こんなもんでしょうか

スヨンが浮気し離婚したがっている妻に 土下座して頼む場面があって…
ひいお祖父ちゃんの葬式に宋婦が必要だからと頼むわけ。
それを見ていたら 「悪い女善い女」を思い出してしまったわ。
チョン・ノミンさん、「悪い女善い女」でも耐える夫でしたよね。

2-3

宗家のしきたりをお勉強するドラマなのね。

葬儀が終わる。
待っていたかのように スヨン妻、テヨン妻は 離婚したいと言う。
どちらも 元に戻るのは難しいみたいね。

スヨン妻は自宅に戻らない。
テヨン妻は自宅マンションに。テヨンとトンドンは実家に。
トンドンはテヨン妻の実子じゃないのね。

ソクホはヨンインにプロポーズ。
結婚に問題はないけれど 生まれてくる子は 甥の年下になるのね。

おごそかな宗家とは程遠いガンソク家。
お金で宗家を買おうと必死のようだけど… あの両親に宗家は似合わないような…

4

ヘジュはヒョンギュが好きで
ヒョンギュはダナが好き。
ヒョンギュはダナ元夫に似ている。
で、ガンソクは ハ家を狙っている。

と、つながり 絡みはじめましたね~
いやぁ~ ヘジュが ヒョンギュが捨てた 紙コップ、ペットボトルを集めているのには びっくり。
ちょっと…異常…
それは別にしても ヘジュは精神を病んでいる様子。
授業の発表ができずに倒れるのもびっくりだし、
ガンソクの心配も 異常。

トンドンが実の母親が 出産のときに死んだことを知ってしまい…
8歳の子供には受け止められないわよね。
今まで 母だと信じていた人が 実は違っていたなんて。
父親がダメな人間だと思っているから 怒りは父親に向きそう。

ソクホは青春真只中。
ヨンイン相手に恋愛を楽しんでいる。
ヨンインに嫌がられているけどね。
そして マンギに 「結婚したい人がいる」と告白。
妊娠もしているし 大騒動になりそう。

ハ家は離婚&再婚で落ち着かない。
その間にイ家は 宗家買取を着々と進めている様子。
資金繰りに困っているマンギ会社に 資金提供を申し出る。
そのうち 乗っ取るつもりかしら。

5

宗婦は処女ではないといけないそうで
マンギの結婚は難しそう。
妊娠しているんだから 早い方がいいのに。
…って、それがまずいのよね。結婚歴があるようだし。

テヨンは 3回連続でマルスンに違反切符を切られる。
どうみても恋愛に発展するようには見えないけれど…

スヨンはジナと再会。
こちらも何事もなく別れ…

ジナがマルスンの家に住むことになったけれど
4人が絡みだすのは まだ先のこと?

ジュジョンにお見合い話が。
同じようにビョンドにもお見合い話。
お見合いしたくない2人が偽の恋人になり 断わるつもりが 結婚させられるのかしらね。

ヘジャはどうみても 病院で診てもらった方がいいと…
“変わっている”の域を超えているような…
発表するのは恥ずかしい。 好きな人がいれば その人を感じられる物を持っていたいと思う。
それは わかるんだけど…
過去に何かあったのかしら? 単に性格とも思えない。
ガンソクは妹の世話を焼き過ぎだし。
母親は娘のことを心配しなさすぎ。


と、 まずはマンギの結婚を中心に進んでいくようで。
マンギ結婚には興味はないけれど 他の人たちの恋愛がどう展開するのかは楽しみです。

6-7

マンギの会社は資金繰りがうまくいかず 不渡りを出す寸前。
融資を受けられるはずが 担保を評価し直すと言われ 保留になってしまう。
裏にはガンソクが。
困っている会社に手を差し伸べ 乗っ取るつもり。

マンギ、結婚でごたごたしている場合じゃないわよ~

スヨン&ジナ、テヨン&マルスン カップルはやたらと再会しはじめ
そのうち付き合うことになるのかしらね。

ダナの脚の傷はどうしたの?
夫が亡くなった事故と関係しているのかしら。


どう考えても ガンソクはヘジュを心配しすぎていて 変。
何があって あんなに妹を心配するのか… 不思議だわ。

8-9

ガンソクがハ家の建物を欲しがるのもわかる。
お金があっても買えない家柄を欲しがるのもわかる。
だから 家系図ね…
家柄を証明するために必要なのよね。
あの重箱のような家系図は 由緒ある家にしかないんだろうけど…

“家系図がそんなに必要なの?”と思ってしまうわ。

ガンソクは 融資を一度は断ったけれど
マンギに頼まれ…
融資することになるのかなぁ。

他に進展なし。
スヨンとジナは偶然が重なり 度々会う。
テヨンは毎日のように マルスンの検問にあい 違反切符を切られる。

ソクホとヨンインの間も 固まったまま。
ヨンインはソクホに 「愛している」とは言ったけれど 結婚する気はないみたい。

そうそう ヨンインが病院に通っていると聞いたテヨンは ヨンインが重病だと勘違いしてしまう。
余命少ない嫁をもらって 父が苦労すると思いこむ。
やっぱり 50歳じゃ 妊娠とは思わないわよね。

10-11

ちっとも 面白くないんですけど…

ガンソクはテソン建設の乗っ取り計画中。
例の家系図をダナが預かっていると知り、
ダナに テソン建設のために 家系図を譲らないかと持ちかける。

もちろん断られる。
命を賭けるならOKのようだけど。

ヘジャはヒョンギュのバイト先に店に入り浸り。
あそこまで一途だと 応援したくなるけれど… どうかなぁ…

ダナはまだ元夫を忘れられない。
ただ時間が過ぎて行くのを待っている人生。この先愛する人が現れるとは思っていない。
そんなダナの心を変えるのは 難しそう。

スヨンはジナのアルバイト先のガソリンスタンドへ。
お互い 気になる存在で、一緒にいて ホッとできる存在みたいね。

12-13

楽しみと言えば…
ヒョンジとトンドンが仲良くなることかなぁ~
トンドンとマンギの会話が面白い。かみ合っているような かみ合っていないような会話。
トンドン親子の会話も。
ヒョンジを見てみたいけれど 登場するのかしら。

ジナは清掃員の仕事に採用される。
担当は スヨンの会社。
ということで 毎日のように 「ごはん食べた?」 で 食事デートしそう。

そして やっぱりわからないガンソク両親。
どうして そんなに 宋家になりたいのか。
きっと 差別があるのだろうけど…
実際 ガンソク母は 歴史の勉強会に入れてもらえなかったけれど…

そういう人たちはそういう人たち、 自分は自分でいいと思うんだけど。
日本より 家柄差別が強いのかしら?
家柄もだけど 金差別も強そうだから お金があればいいじゃない。
… お金があるから 家柄も買いたくなるのね。

ダナは頼まれて ガンソク母に歴史を教えることになる。
マンギは ハ家の気持ちを伝えられて イ家の気持ちを変えられたらと思っているようだけど
無理でしょう。イ家は乗っ取りを考えているのに。
…でも… ガンソクがダナを気になり始めたようだから 可能性はあるのかなぁ…

ソクホはヨンインを遠ざけ始める。
子供をおろしたから 怒っているのかしら。
まったく興味ないので 別れるなり くっつくなり お好きにどうぞ。

14

今回も トンドンとマンギが面白かったわ。
トンドンはテコンドーを習いたい。
マンギは 闘うことを勧めない。そこでトンドンはよける練習。
マンギ相手に練習するから 二人は寝不足に。
マンギがトンドンを殴るまねをして トンドンがよける。おかしかった~

ヨンインは中絶をしていなかった。
ということで ソクホとヨンインは結婚することに。
もちろん マンギという難関があるけれど 妊娠しちゃったから 認めるしかないでしょう。
…どうでもいいんだけど… 他に進展したことがないのよね…

15

ガンソクのダナに対する気持ちって 何なのかしら?
好き…よね…?ダナを見ている顔を見ていると そんな気がする。
でも 自分の気持ちに気付いていないのかなぁ…
ダナに近づくのは 家系図のためという態度なのよね。

ヒョンギュはようやく ヘジュが自分目当てに喫茶店に来ていることに気づいた様子。
後をつけられてもいる。
ヒョンギュがダナを諦めて ヘジュと付き合うとは思えない。
ヒョンギュにその気がないと ヘジュはストーカーになっちゃうのよね…

スヨンとジナ、テヨンとマルスンは 徐々に近づきつつある。
スヨン&ジナ カップルが一歩リード。
テヨン&マルスン カップルは 今は喧嘩相手。

マンギはソクホから ヨンインが妊娠しているから結婚したいと言われる。
テヨンが反対しそうだけど 家族の中では認められそう。
問題は 宋家ってことなのよね…

16

たびたび出会うテヨンとマルスン、
今回は おとり捜査を邪魔されて マルスンは怒っていたはずなのに
一緒に酒を飲んで 意気投合。
我にかえって…びっくり。どうしてこんな奴と~

ヒョンギュはヘジュに 「今後一切ストーカーするな」と怒鳴る。
ヘジュはショックを受けてしまう。
ちょっと きつい言い方なのよね。
ストーカーされるのが嫌なのはわかるけど 自分もダナにストーカーしているようなものなのに。

翌朝 ヘジュは急性アルコール中毒で病院に。
そのあと発作を起こしてしまう。
ガンソクはヒョンギュを連れて来てヘジュに謝らせようとするが、ヘジュはヒョンギュを見て 発作を起こし 気を失ってしまう。

その姿を見て ヒョンギュは反省した様子。

そして ガンソクはダナに提案する。
「恋愛しませんか?」

ヘジュを徹夜で看病してくれたダナを好きになったのかと思ったけれど…
違うみたいね。
ダナが自分と付き合えば ヒョンギュは諦めてヘジュと付き合ってくれるかもと思っているみたい。
そうはいかないと思うけどなぁ…
精神科の医師から 「免疫力をつけるように」と言われたのに…
ヒョンギュとヘジュを付き合わせても ヘジュの病気は治らないと思うけどなぁ…

17

テヨン、やっぱり 面白い。
単純、あまのじゃく、お馬鹿…
ヨンインを “お母さん”と呼びたくないと 駄々をこねていたのに
ヨンインから 「ハ室長、ハ課長は今まで通り “イ室長”と呼んで。ダナは“お母さん”と呼んでいいわ」と言われ
「差別するなんておかしい」と叫び出し “お母さん”と呼ぶことに。

マンギからみると 宇宙人のような宋婦が来て 宋家は少しずつ変わっていきそう。

ジナはスヨンを好きになる。
けれど スヨンはまったく気づかない。
もしかして 気づかないふり?…とは思えない。
気づくといいけど… 一生気づかないかも。

テヨンとマルスンは 今日はサウナへ。
こちらは まだまだ “喧嘩友達”。

ガンソクの申し出を ダナは受け入れる。
ヒョンギュは自分をヘジュに向けるために 演技していると感づいている様子。

ガンソクはダナに恋人のふりをさせて 遊んでいるようだけど
実は ダナに振り回されているような…

18

ダナとガンソクは 芝居と言いながら 本気になりつつある。
でも 本気だと気付くと 芝居だと誤魔化す。
自分の気持ちに素直になって 愛し合うのはいつかしら。

ガンソクはダナから迎えに来てほしいと電話がある。
行くと ダナは足が痛くて辛い様子。
急遽 母に用事があるからと 勉強をお休みにして 遊園地(じゃないわよね…あそこ何?)に。

そこで的当てゲームをする。
ガンソクはなかなか的に当たらない。
だんだん 意地になってくる。
ダナも店のおじさんも呆れる。「ぬいぐるみあげるから 終わりにしろ」とまで言われる。
最後はダナが一発で当てて 終わり。

翌日もそこに。
できるまで諦めないのね。

スヨンはジナをとう受け止めていいのかわからない。
好きなら「好き」って 言えばいいじゃない。
資格とか余計なこと考えても仕方ないと思うけど。

テヨンは マルスンが検問を振り切って走る車に飛び込むのを目撃。
マルスンの入院に付き添う。
喧嘩相手が 入院を機に 恋人に? なるかなぁ…

19

三カップル三様。

テヨンはマルスンのお見舞いに通う。
初日はポータブル・オーディオ。
「古いのを持って来た」と言ったけど わざわざ買ったらしい。
翌日はお弁当。もちろん 家政婦の手作り。
こうやって 恋に発展する… かなぁ…

ジナはスヨンに会うのが辛いと清掃会社を辞める。
けれど 会えなくても辛い。
スヨンもジナに会えずに 毎日 悶々としている。

車で ジナの家の近くまで行く。 しばらくそのまま。ジナに会いに行かない。そして車を出す。
それをジナが見つけ スヨンの車をとめる。
恋に疎いスヨンだけど もう 自分の気持ちに気付いていたはず。 もう恋人同士よね。

ダナの気持ちは元夫に向いたまま。
振り向かせるのは 大変そう。
ガンソクと一緒にいて 時々笑顔になるけれど
元夫を忘れて ガンソクを好きになるのは先みたい。

ガンソクはもうダナのことを好きみたいなんだけど…どうかなぁ…
ダナを振り向かせようと楽しんでいるだけのようにもみえるのよね。

ダナの歌唱力は ガンソクの的当てと同じくらい ひどかったわ。

20

母からお見合いの話をされ ダナの顔をちらっと見るガンソク。
無反応なダナ。
がっかりするガンソク。
後で それを非難するガンソク。
オイオイ 両親の前でも演技するの?ダナが演技したら 両親にダナと恋人同士だと思われるけどいいの?

というガンソクもよかったし、
カラオケで ダナに歌とダンスを教えるガンソクもよかったし、
ガンソクのファンになってしまうかも~

ガンソクと山登りをしたダナ。
以前山登りをした時には 「生きてあげるんだから無理はしない」と思ったけれど、
今回は 「生きているうちは 必死に生きよう」と思ったみたいね。
交通事故から、元婚約者から 立ち直り始めたのかなぁ…
カラオケに行った日は 写真の婚約者に話せなかった。
ガンソクに惹かれはじめたのかも。

ガンソクもそうよね。
ダナの笑顔がみたいなんて…
女には残酷な男だったはずなのに。

ジナは復職。
スヨンとジナは流れにまかせることに。
スヨンがはっきりしないのよね…

テヨンとマルスンは喧嘩友達から 友達に。
テヨンは入院しているマルスンの世話をやく。
お互い気になっているようだけど… この2人の恋愛って想像できないわ。

21

「僕は時々本気ならと思う」とガンソク…
ガンソクは本気なんだけど…ダナは…
10歳の時初めて会って それからずっとでしょう。
親同士が決めた婚約者であっても 10歳から そう思ってきたのなら 彼しか見えなかったはず。
ダナの気持ちがガンソクに向くのは やっぱり時間がかかりそう。

ジナの元彼が復縁をせまってくる。
見て見ぬふりのスヨン。
“関係ない”という態度なのよね。
そうだけど… ジナが困っているのがわからないのかなぁ…
それとも ジナのことをなんとも思っていないのかなぁ…
恋愛下手なのか、 お馬鹿なのか…イライラするわ。

22

ヘジュのために始めた“恋愛ごっこ”
ガンソクはもちろんだけど ダナもガンソクに惹かれ始めている。
なのに 気持ちを隠して 誤魔化している2人。

いつになったら 本当の恋愛になるの~
と思ったら キスしちゃったわよ。
自己嫌悪に陥ったガンソクが酒を飲み、酔った勢いで(じゃないかもしれないけれど)
「一度だけ許してくれ」と言って ダナにキスをする。

ダナ、頬を叩くかと思ったら とりあえず受け入れたわね。
きっと我にかえって 叩くんだろうけど。
そうなると まだ 恋愛ごっこは続くのね。

23

キスをしても 心は許していない。ガンソクが悲しそうだったから キスしただけ。
ガンソクの気持ちは伝わらないわね。
ダナは まだ 新しい恋を始める気はない。ガンソクに惹かれていると思うんだけどなぁ…

ジュジョンは結婚を反対されて 別れたことがあるのね。
その元彼が18年ぶりに会いに来る。
「捨てたわけじゃない。忘れようとしたけれど 忘れられなかった」と。
まだ独身でいるということは ジュジョンも忘れていないのかも。

ジナ元彼再び登場。どうしようもない男。
スヨンも頼りなくて どうしようもない。
あそこでさぁ 嘘でもいいから 「結婚するつもりだ」 ぐらい言ったらいいのに。

24-25

単純な私は “「好きなら好き」と言ってしまおう!”主義なので…
ガンソクが悩んでいるのはわかるんだけど
恋人のふりじゃなくて 恋人になってしまえばいいのに~ と思ってしまうわ。


自分が計画した罠にはまり 身動きが取れなくなったガンソク。
恋人のふりをするつもりが 好きになってしまった。
好きだと言っても 「信じるなと言われた」と言って 信じてもらえない。
おまけにダナの祖父の会社を乗っ取る計画が順調に進んでいる。

ダナに止めてもらいたい。
でも愛する女のために 乗っ取り計画をやめる自分が信じられないし 情けないとも思う。

ガンソクは今日だけは恋人でいようと提案。
お互いに恋人とやりたいと思っていることをすることに。
そして ガンソクはダナに路上キスをする。

この2人の話がドラマの中心なんだけど…
ちっとも面白くなく…

ヒョンギュがとヘジュのやり取りを見て
もしかして ヒョンギュはヘジュを好きになるかもしれないと思いはじめ
そっちの方に興味が…
私の勘が当たるかどうか… 当たるとは思いませんが。

スヨンはやっと男らしく ジナ元彼に 「私にも関係がある」と意志表示。
やればできるじゃない。
「将来の約束はできないけれど 君に会えなくなるのは寂しい」
ってことで 一歩進んだ2人。

テヨンとマルスンは
お互いを異性と意識し始めたような していないような…

26-27

テヨンとマルスンが一気に近づいて 面白くなったわ。
マルスンはテヨンに子供がいると知る。
これをきっかけに 自分の気持ちに気づいたのか 友達以上の関係になろうと迫る。

テヨンは 逆に 子供の存在を知られたことをきっかけに 子供と2人で生きていこうと決心する。
だから マルスンと距離を置こうと考える。

マルスンの攻撃に テヨンは負けちゃいそうね。
マルスンはダメ男を守ってあげたいと思うタイプなのかしら。

スヨンとジナもうまくいっている。
ただね… 結婚となると… スヨンは諦めているような気がする。
宗家を考えると難しいと思っているのかしら。
ヨンインが協力してくれるかも。

恋愛ごっこ といいながら 楽しそうなガンソクとダナ。
演技じゃなくて本気になればいいのに。
ガンソクは会社乗っ取りを諦めるつもりはないのかしら。
本当に好きになったのなら 親の希望とか捨ててもいいと思うんだけどなぁ…
苦労してきた親を思うと 簡単には捨てられないのかしら。

…捨てられないかも…
ガンソク両親の辛い経験。お金がなくて子供を助けられなかったって話を聞くと…
でも…
お金を貸してくれなかった人に 復讐したつもりが そのせいで娘が心に傷をもってしまったわけで…
ガンソク両親がお金に執着する理由はわかるけれど
金持ちになりたい、バカにした人を見返したい という気持ちが強すぎて
それが本当に幸せなのか わかっていないかも。

28-29

マルスンは 借金を返したい病…つまりは テヨンに会いたくてたまらない病にかかる。
で、無理矢理 押しかける。
だからって マルスンからキスするとは思わなかったわ~
テヨンは マルスンを不幸にしたくないから恋人にはなれない と言う。
それって マルスンが好きだと言っているのと同じ。

スヨンはヨンインと話しをして もう少し勇気を出してみることに。

マルスン&テヨン、ジナ&スヨン、恋人になったというのに
ガンソクが乗っ取り計画を明らかにし、恋愛する時間がなくなってしまう。
時間がなくても 愛し合っていると確認できていれば 大丈夫。

愛し合っているのに 大丈夫じゃないのがガンソク&ダナ。
ガンソクが本格的に乗っ取りを始めたんだもの。敵同士。大丈夫なはずがない。

ガンソクはダナを愛しているけれど 親の希望であり、当初の計画をやめることはできない。
ダナはガンソクを愛し、元婚約者を忘れていく自分を許せない。
お互いに求めあっているのに 連絡できない。

そしてガンソクがダナ家に来る。
まさか ダナと結婚したいというはずがないから
乗っ取り計画に関して なにか 条件を出すのかしらね。


今回はヒョンギュが可哀そうだったわ。
ダナに 元婚約者の代わりになってと言われて まさかガンソクへの思いを聞くなんて…

30-31

よかった、よかった、
ガンソクもダナも 自分の気持ちに素直になってくれて。


ガンソクは温情をかける。
「戦っても負けは目に見えている。株を言い値で買ってやる。断わるのならリゾートを売却する」
今までとは違い、去る道をつくる。
ハ家には恨まれたくない。
父親の望みも叶え、ダナのことも考えると…ガンソクにとって最良の策。

ガンソクはダナを忘れられず 酒浸り。
ヒョンギュはガンソクに ダナに婚約者になってくれと頼まれた時のことを話す。
「“コートも着なかったのに 今はマフラーをしている”と言っていた」と。

ガンソクはダナと一緒に行った的当てゲームのところに。
するとおじさんから「さっき彼女も来ていた」と聞き ダナを捜す。

ガンソクはダナに
「君を引き留めたい。彼を忘れろとは言わない。一緒にいてくれ。僕を捨てないでくれ。一緒にいられるなら何でもする。君なしでは生きられないから何でもする」と訴える。

ダナもガンソクを好きだと言ったけれど…
まだ婚約者を忘れられない。今まで通り 演技の恋愛のように会えればいいと思っている。
けれど ガンソクは結婚したい。

ダナは「待っていてほしい。心から別れを言えるまで」と言い、
ガンソクは「あまり待たせないでくれ 呼吸困難で死んでしまう」と答える。

ガンソクの笑顔が増え、少し甘えた感じになり、
ダナも ガンソクといると嬉しそう。

ガンソクとは別の会社が買収を仕掛けてくる。
ガンソクは窮地に。

テヨンに責められるガンソクを目撃してしまったダナは 婚約指輪を通したネックレスをはずす。
そして ガンソクに「あなたが会社に損害を与えても、目の敵でも 離さない。一緒にいるわ」と言う。
2人は婚約者の墓参りに。
「彼女の命を助けてくれたおかげで 彼女に出会い、彼女を愛し、人間になれました。約束します。彼女が死んだら あなたのそばにいかせます。それまでは僕のそばに」


ガンソクが人間になると決心してくれてよかったわ。
ヘジュが「昔のお兄さんに戻って嬉しい」と言ってたしね。
それと…功労者はヒョンギュよね。
ダナの気持ちを伝えて ガンソクの背中を押してくれたんだもの。
しばらくは辛いだろうけど ヘジュがそばにいるから立ち直れるでしょう。今は友達だけど もしかしたら…

ガンソクとダナが結婚するとなると 反対されるのよね…
反対する理由って何?
ガンソクが乗っ取ろうとしたから?娘婿が社長になったと思えばいいじゃない。テヨンもスヨンも失業しなくて済むわ。…って そういう問題じゃないわね。

32-33

ガンソクは 乗っ取りではなく共同経営者になることで 父を説得。了解を得る。
そして ハ家に挨拶に行く。
「ダナさんとの結婚を許してほしい」

もちろん断られる。
今までのことを考えたら 認められない。
“非情な男とダナを結婚させられない”

ダナが本当に愛していると知ったマンギは ダナの気持ちに従うことに。
ガンソク両親が結婚を認めれば 認めることに。

そこでダナがガンソク両親に挨拶に。
どんな良家のお嬢様が来るかと緊張していたガンソク両親。
ダナが来て驚く。

ガンソク両親も反対みたいね。
ダナが未亡人だからよね…

ジナが虫垂炎で入院。
ヨンインの友人医師に頼み ジナの健康診断をしてもらうと 染色体異常による不妊症とわかる。
結果は スヨンとヨンインが聞き、ジナは知らない。
子供を産めない。宗家の長男という立場では結婚できないのかもしれないけれど…
スヨンは別れないような気がする。

テヨンとマルスンは…
いつものように マルスンは積極的。
マルスン母が登場したから テヨンはダブルで結婚を迫られそう。


3組の恋愛をみていると微笑ましい。
ヘジュとヒョンギュも “もしかして…”って感じで楽しみ。

34-35

3カップル3様。

スヨンとジナ。
スヨンはジナと別れることはできない。けれど跡取りとして子供を産まなければならない。
そこで決意したことは “自分に子供を授かる能力がない”と嘘の告白すること。
マンギに告白。
次にジナに 「ジナの夢をかなえることはできないが 結婚してほしい」と話す。
ジナはプロポーズを受ける。

ジナの病気を隠して結婚しても 子供に恵まれなければ 後々問題が起きてくる。
ジナの病気がわかれば 離婚させられるかもしれない。
それなら自分に問題があるとした方がいい。
ハン家の長男に問題があるのなら 誰も文句は言えない。

テヨンとマルスン。
マルスンは自分の家族までテヨンに背負わせることができず 別れを告げる。
あのお母さんじゃね…
テヨンの会社に行き、息子の就職を頼むなんて…
今までのことを考えたら 次から次へと金を無心するのは目に見えている。

でも マルスンもテヨンも愛し合っている。
テヨンがマルスンの本心を知れば 元サヤになりそう。

ガンソクとダナ。
ダナ家族は ダナが愛しているのならと認めることに。
唯一反対していたテヨンも ダナの気持ちを理解し 応援することに。

けれどガンソク両親は大反対。
ガンソク母は ヨンインを呼び出し、
ダナを “数奇な運命の女。結婚式の日に新郎を死なせる女”と罵る。

ヨンインは ダナのことをそう思っている母親の家には嫁がせたくないと家族に話す。
ガンソクが 両親を説得すると訴えたから マンギもソクホも様子を見ることに。

説得するといってもね…
正直 ダナのどこが気に入らないのかわからない。
未亡人ではあるけど 結婚生活はなかったし、最初の夫が死んだからって 次の夫も死ぬわけじゃない。
他に問題はないし…

ガンソク父は息子が会社より女を優先したのが気に入らないようだけど
会社がつぶれたわけじゃない。
息子の幸せを考えてあげられないのかしら。

ガンソクは父に土下座して
「彼女なしでは生きていけない」と頼んだけれど
どうなるか…


ガンソクよりも 自分を病気にしてまでもジナと結婚しようと決心したスヨンのほうがカッコいい。

36-37

いつもいつも思うことだけど 都合よく倒れるわよね…
“ドラマだから~”と思っても “また~”と…がっくり。

ダナ父の涙の訴えが通じ ガンソク父は 結婚を認める。
けれど ガンソク母は認められない。
ハ家に行き、「息子を幸薄い女とは結婚させられない」と言ってしまう。

そんなこと言われてまで結婚させるわけにはいかない。
ハ家は結婚を認めないことに。
話しを聞いたガンソクは 母を責め 母は倒れてしまう。

ガンソク父はガンソク母のために ダナに「別れます」と嘘をついてもらおうと考える。
ところがダナはガンソク母に 「嘘をついて会うこともできますが、嘘は言いません。別れます」と言う。


スヨン&ジナ、テヨン&マルスンは結婚することに。
ジナがマルスンの本心をテヨンに伝え、
テヨンはマルスンにプロポーズ。
ジナとマルスンはマンギに挨拶する。

36話の後半から 37話の前半は3カップルが幸せで 微笑ましかったのに。
次回はスヨン&ジナにも危機が訪れるみたいで…
ドラマだから そう簡単に幸せにならないのね。

38-39

ジナが自分の病気を知ってしまいましたね…
自分のためにマンギに嘘をついてくれたと知り、
マンギに打ち明ける。
「自分のために嘘をついてくれました。結婚できません」と。

マンギが出した結論は 「結婚を認める」
「宗家が血のつながりだけで成り立ってきたわけではない。子供がいなければ養子をもらえばいい。正直に話をしてくれたジナさんだからこそ りっぱな宋婦になってくれる」と。
…“黙っていたらばれないのに“と思った私は 宋婦になれないのね。

ガンソク母が結婚を認められず苦しむ理由がまったく理解できなかった。
ガンソクが母を説得しようとせず 酒におぼれるのも理解できなかった。
結局…(よくある展開で…)
ガンソクがアメリカに行くと言い出し、
ガンソクに会えなくなるのが辛くて ガンソク母は結婚を認める。

結婚は認めたけれど ダナを“幸薄い女”と思っているのは変わらないらしい。
ガンソク父は家系図のことを言い出すし…
もう終わっている話だと思ってたわ。

40-41

ダナは
「人の家系図をもらって 自分や自分の子供の名前を書くよりも 新しい家門を作ってはどうか」と提案。
ガンソク父は納得。

ガンソク父はダナがお気に入りのようだけど
ガンソク母はね…
息子はダナ家に入り浸り、夫も息子もダナの味方。
機嫌が悪くなっても仕方ないかも。

ガンソク母の要求を見ると 娘の結婚で家が傾くのがわかるわ…
賢い息子を産んで 世間で地位が高いと思われている職業につかせて 金持ちの娘と結婚させて 結婚の贈り物にたくさん要求したら 裕福になれそう。

結婚式まで3日。
衣装合わせの帰り ガンソクはひき逃げ事故に遭う。
犯人は ガンソクが乗っ取ったミョンソンの三男キム・ソンテみたいね。

そう簡単には結婚させてくれないわけね。
ガンソク母が 「幸薄い女」と叫びそう。


今回は ドンドンが 面白かったわ~
ヒョンジにプロポーズされて 「結婚したい」と答えたいけれど 他の人を好きになったらどうしようかと悩んだり、
離婚すると騒いだ両親に反省文を書かせたり。
自分の息子だったら手を焼きそうで嫌だけどね。

42-43

ガンソク、二度の手術後、意識を取り戻す。
ガンソクとダナは結婚へ。
と思ったら ダナは交換研究員として中国に行くことに。

ガンソクが意識不明の時に
“彼を助けてくれたら 二度と彼の前には現れません”と誓ったら
ガンソクが目を覚ました。らしい…

だから 中国に行って ガンソクと距離をおこうと思っているらしい…
う~ん… なんで? 会えばいいじゃない。結婚すればいいじゃない。

そんなこと…私は何度もあるわ。
家族が入院した時は いつだって “これからはきちんとします~”“私が代わりに病気になります” なんて祈って、治ったら忘れちゃう。
忘れず 律儀なのがダナなんだろうけど… それって 違うんじゃないかなぁ…

ソンテ、今度はヘジュを誘拐する。
偶然 ヒョンギュはヘジュが拉致されたらしき車を発見。
追跡。一度はソンテに捕まるけれど ヘジュと一緒に脱出する。
ヒョンギュの心に変化が。
だけど…ようやく ヒョンギュが近づきはじめたのに ヘジュは避けようとするのよね…
なんで?

44-45

ソンテは復讐を諦めていなかった。
ガンソクを襲う。
かばったダナが刺されてしまう。

大変なことだけど
雨降って地固まる …ちょっと違うかな?
災い転じて福となす …これも ちょっと違うような…
息子をかばってくれたと ガンソク母がダナに優しくなる。
大怪我ではあったけれど 命は助かったし 姑が優しくなって もう問題なしだわ。

マンギ妹はハ家の取材中 母がマンギを取り上げたという助産婦に話を聞く。
過去が明らかになり
存続にかかわることらしいから 血のつながりのことかしらね。

46-47

ガンソク両親、急にいい人になったのね。
2人並んでパックする姿…
“主役はダナとガンソクなんですけど…”

結婚式、新婚旅行、ダナ実家への挨拶が終了。
いよいよガンソク実家での結婚生活が始まるのね。
ガンソク両親はダナを気に入ってくれているから いじめられることはないはず。
ダナが頑張りすぎないかが心配。
あと…ガンソク父がダナと花札をしたいらしい。どちらも意地になりそう。

ヒョンジュとヘジュはうまくいっている。
ヒョンジュ、「まだ自分の気持ちがはっきりしない」みたいなこと言ってたけれど
昔話にたとえて 自分の気持ちを伝える。
…私は 「好きだ!」とはっきり言われた方が嬉しいなぁ。あれじゃぁ お馬鹿な私は何の事だかわからないわ。

ダナが結婚して 気が抜けたのか サモルに認知症の兆候がみえはじめる。

“いつになったら生まれるんだ~”と不思議だったヨンインのお腹の子。
いきなりヨンインのお腹が大きくなって 次回は生まれるらしい。
ちゃんと妊娠してたのね。

48-49

“カリスマ”だったはずのガンソク、
ダナの前では 子供。
ガンソク両親も ダナを嫁に迎えて 嬉しそう。

ダナとガンソク母が買い物に出かけ 入った喫茶店にいたガンソク母の友人。
この女優さん、最近 意地悪な役が多いわ~

マルスンが妊娠。
そうなるとついついジナにも期待が…
そこで マンギとスヨンは相談し、ジナのために スヨンに問題があると公表することに。
養子をもらうことになりそう。

マンギ妹はハ家の取材をしていて 自分が養女だと知ってしまう。

ソンテはまだ逮捕されていないのね。
ガンソクはダナにも警護をつけている。
まさか また襲って来ないわよね?

50-51

ソンテ自殺。
傍には 警察、検察宛ての書類。
ガンソクは取り調べを受けることになりそう。

サモルは認知症の初期。
ダナはジナ一人がサモルの介護をするのは大変だろうと
ガンソク父の会社のシルバータウンへの入居を勧める。
しかしジナが介護したいと申し出、サモルは今まで通り ハ家に。

そんなこんなことより
ヒョンギュが嫉妬する姿が微笑ましい。
ヘジュ先輩が復学し、ヘジュに優しくするのが気に入らないらしい。
ヘジュが先輩から 「彼か?」と聞かれたのに 答えなかったのもがっかりしたみたいね。
ヘジュはまだ自信がないだけだと思うけど。

52-53

最終回に向けてまとめに入っているように思えたのに
まだ一波乱ありそう。


ガンソクは検察に呼ばれ 取り調べを受ける。
法律では裁けない罪。
ガンソクは罪には問われないけれど
罪を犯したことは本人がよくわかっている。

ガンソクもガンソク父も変わったわ~
ダナがガンソク母の先生をすることになった時に
マンギがダナに「ガンソク家を変えるつもりで」と言ってたけど
ほんとに そうなったみたい。

ガンソク父は株を手放して社員に還元してほしいと申し出る。
シルバータウンの利益も 社会に還元するつもり。
ガンソクも人員整理の対象者にはシルバータウンで受け入れると。

ヘジュは先輩に 「彼に誤解されると困るから頭を触らないで」とはっきり話す。
そばで聞いていたヒョンギュは嬉しくて ヘジュにキス。
ガンソク両親に 「交際を認めてほしい」と話す。

ハ家もガンソク家も家族みんな仲良く幸せに~
なのに ここで問題が起きてしまう。

マンギ妹は宗家の取材で 新事実を聞いてしまう。
マンギは宗家の血を引いていなかった。
不妊症だった夫が兵役に行っている間に不良に襲われ妊娠した。
そして生まれたのがマンギ。

マンギ妹と後輩が黙っていれば済むこと。
けれど その話を 金の無心に来ていた孫が聞いてしまった。

54

マンギは自分の出生のことを知っていたのね。
孫に脅され マンギ妹はソクホに相談。金を渡すことにする。
ところが 孫が脅しているのを聞いた祖母が マンギに会いに来る。
マンギは家族に出生の秘密を明らかにする。

子供の時に知って家を出て行こうと思ったけれど
父が 「たとえ血がつながっていなくても 妻が産んだ子は私の子だ。自分を大事にしろ。お前は大切な人だ」と言ってくれた。その言葉を支えに生きてきた と。

血のつながりよりも大事なもの。
マンギはそれを知っているから スヨンに養子縁組をさせて その子を跡取りにすることにしたね。

1年後。ハ家は賑やかに。
ヨンインが男の子を、マルスンが女の子を産む。
スヨンとジナ夫婦は養子縁組をし、男の子を迎える。
赤ちゃん2人の面倒をみるのは マンギとドンドン。

そしてダナが双子の男の子を産む。
ガンソクが子供を抱く姿がぎこちなかったわ。
ガンソクは育児休暇を取らされるようだけど 大丈夫なのかしら

ヘジュとヒョンギュの交際は順調。
ヒョンギュの除隊後 結婚する予定。
まだ兵役に行っていなかったのね。

子供をあやすダナを見つめながら ガンソクは「ケダモノだった自分を人間にしてくれた」と感謝。
マンギはサモルに 「兄妹のように大事で頼りになる人だった」と感謝する。


いいドラマでした。最終回にも満足。
ダナと付き合うようになって カリスマが崩れたガンソクが面白かったです。
あれくらい崩れて子供みたいな夫の方が 結婚はうまくいくのかも。
相手する妻は大変だけど。

ヒョンギュは最初から最後まで好青年。
彼のような婿なら歓迎するんだけどなぁ。


“自分を大切にすれば 他人も大切にできる。血のつながりだけが家族のつながりではない”
家族の大切さをテーマにしているところではホームドラマだけど
宋家を題材にしたからか よくあるホームドラマとは 少し違っていて よかったです。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)

<視聴予定>
秘密の女たち
復讐の女神

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
萌妃の寵愛絵巻(萌妃駕到)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング