FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




ニューハート あらすじ&感想



【送料無料】ニューハート DVD-BOX 1 [ チソン ]

【送料無料】ニューハート DVD-BOX 1 [ チソン ]
価格:17,270円(税込、送料別)



全23話 2007年 MBC

出演者 : イ・ウンソン・・・チソン
       ナム・ヘソク・・・キム・ミンジョン
       チェ・ガングク・・・チョ・ジェヒョン
       イ・ドングォン・・・イ・ジフン
       ミン・ヨンギュ・・・チョン・ホグン
       キム・テジュン・・・チャン・ヒョンソン
       イ・スンジェ・・・ソン・ドンイル
       キム・ジョンギル・・・イ・ギヨン
       パク・ジェヒョン(院長)・・・チョン・ドンファン
       キム・ヨンヒ・・・パク・クァンジョン
       ペ・デロ・・・パク・チョルミン
       ウ・インテ・・・カン・ジフ
       チョ・ミナ・・・シン・ドンミ
       ソル・レヒョン・・・キム・ジュノ
       チョ・ボッキル・・・チョン・ギョンスン
       キム・ヘスク(ガングク妻)・・・イ・ウンギョン
       イ・イノ・・・イ・チャンジュ
       チェ・ヒョンジョン・・・ソン・ヨウン
       キム・ミミ・・・シン・ダウン
       ハ・テジン・・・チョン・チャン

 1234567891011121314151617181920212223

1

ガングクは 国内初の移植手術を成功させたが 今は地方にとばされている。
予定していた手術が 患者が拒否したため中止になり 釣りに行く。
喧嘩をし 額を縫うため 病院に行く。処置した研修医はウンソン。
そこで 危険な状態の患者の手当てをする。

お腹に血がたまっているのをウンソンは見逃すのよ。
レントゲンで 真っ白になっているのは 血がたまっているからなのに 「レントゲンを撮りなおせ」なんて言ってしまうわけ。
で、ガングクは「患者を殺す気か!」と叫び、手際よく処置しちゃう。
腕はよくても 大病院は会社と同じで 上司に逆らったり 組織からはみ出すような行為をすると 田舎にとばされるのよね。

ガングクの手術を拒否した患者は 患者の家族の希望で ソウルの本院で手術受けることになったが
執刀できる医師がおらず 急遽 ガングクがすることになる。もちろん科長には内緒。
この科長、手が震えて執刀できないのよ。

本人の新院長になったジェヒョン。
胸部外科は金にはならないが 病院の顔になると考えている。
そこで ガングクを胸部外科長として(他にも肩書がたくさんあったけれど…) 本院に戻すことに。

ウンソンはガングクに出会い、胸部外科医をめざすことにし、本院に願書を出す。

ある日 ウンソンは交通事故に遭った男性の付添で救急車に乗る。
それを見たガングクは タクシーで救急車を追う。
男性は以前ガングクが処置したように お腹に血がたまっていた。
そこでウンソンはボールペンでお腹に穴をあける。ウンソンの処置で一命を取り留めるが 肝臓を傷つけてしまう。

胸部外科に願書を出したもう一人は ヘソク。
優秀だが 情に欠ける。
ジェヒョンの娘かな?仲はとっても悪そう。


三流大学出身で正義感だけはあるウンソン。
首席だけど 思いやりがないヘソク。
対照的な2人が 仲良くなっていくわけね。

友人は「医龍」に似ていると言っていましたが、
私は観ていないので 「救命病棟24時」を思いだしてしまいました。
胸部外科ってことは 「医龍」に近いのでしょう。

チソンが兵役にいったとは思えないほど 昔のままの ィエそれ以上の可愛いさと かっこよさで 満足です。

2

合格者なし。

ウンソンもそうかもしれないけれど ヘソクのショックは大きい。
首席で 失敗したことないんだろうなぁ…

他の医師は負担が減らず 怒り心頭。
ストライキをする。

ウンソンは 「地方大学差別」、
ヘソクは 他の医師たちも加わって 「女性差別、不合格の理由をはっきりしろ」と抗議をはじめる。

ウンソンもヘソクも ガングクのほしい医師ではないんだろうけど
最初からりっぱな医師なんていないわけで…
教え、育てるのが ガングクたち 先輩の役目なのに。

翌朝 何がガングクの気を変えたのか ウンソンとヘソクを受け入れることにする。
ウンソンはもちろんOK。
ヘソクは…
ヘソクにはアメリカの病院に行く話があるのよね。ジェヒョンが裏で手をまわしているんだろうけど。

ガングクなりの信念があるんだろうけど
科長という立場は 胸部外科をまとめることも重要な仕事。
勝手な言動、行動で これからも摩擦はたくさんおきそう。
ウンソン、ヘソクと同時にガングクも成長しないといけないみたい。

3

ヘソクは 一度はアメリカの病院に行くことにするが ジェヒョンが仕組んだことと知り 断る。
やはり 自分のしたいことは胸部外科。
いやぁ~それにしても 胸部外科って大変なのね。外科に限らないでしょうが。

ウンソンが一緒に救急車に乗り込んだ男性キムの主治医テジュン。
以前キム患者の容態が悪くなった時 女性といて 連絡を無視したんだけど…
結婚していたんだ~ 同じ病院の医師ミナと浮気してるんだ~
で、不妊治療しているのね。

テジュンの義父は保健相。
ヘソクが協力すると申し出た研究を共同で行うことで 次期院長になろうと考えている。
テジュンはヘソクが院長の娘で 仲が悪いことも知っているのよね。

ウンソンはヨンヒに頼み レントゲンの勉強を始める。

キム患者が背中の痛みを訴える。
ウンソンは医療資料から大動脈腸瘻ではないかと考える。
そこにキム患者吐血の連絡が入り、ウンソンは上司の指示を無視し CTを撮る。
それが…十二指腸潰瘍…
もちろんウンソンは怒鳴られるし、テジュンからは「おれの患者に手をだすな」と言われてしまう。

ヘソクは ヤクザさんを内科に送れないかと レントゲンとにらめっこしている。
“もしや大動脈腸瘻?”と思っているところに タイミングよく ヤクザさんが吐血。
上司の指示は内視鏡。
ヘソクは内視鏡検査をしようとするが、ウンソンはCTを撮ろうとする。


これって大動脈腸瘻なのよね。
ウンソンは上司の指示を無視したから怒られる。
でも患者を助けたことになる。
で、ガングクとテジュンももめることになるんだろうなぁ。

4

テジュンは「好きにしろ」と言う。「その代わり辞めてもらう」と。
ウンソンは 自分のことよりも 患者を優先させる。自分が辞めさせられることよりも 患者の方が怖いと。
ヘソクはそれを聞いて 悲しくて悔しい。自分もおかしいと思い テジュンに進言したのに 否定され それ以上何も言えなかったから。

ヤクザさんはやはり大動脈腸瘻。
テジュンはウンソンを辞めさせたいようだけど ガングクはその気なし。

俳優ドングォンが運ばれてくる。
ドングォンはヘソクの同級生で ヘソクが好き。
「付き合おう」と言うけれど 拒否され 無理矢理ヘソクにキスをする。
と、そこにウンソン。
だけど ウンソンとヘソクはただの同期だから 何も起きるわけないのよね~

科長の座を奪われ 手術もさせてもらえなくなったヨンギュは ジョンギルを抱きこむ。
自分を指名して転院してきたことにして 手術を行うことに。
同じ日 ガングクも 手術を行う。
ガングクは 難しい手術を成功させ ヨンギルの技法は古いことを証明したい。


医師だって人間だから いろいろあるだろうけど 勝ち負けの材料にされる患者の身になると嫌な気分。

5

ヨンギュは手術を成功させる。
患者の状態を確認していなかったから 急遽 手術方法を変更せざるを得なくなるが 無事に終わらせる。
結果的には ヨンギュの評価はあがることに。
次の作戦も考えているみたい。
“次は自分の番”と思っていたら 左遷された男が戻ってくるんだもの ヨンギュは嫌よね。

女優スジンがマルファン症候群で運ばれてくる。
心臓に障害があり 手術をしなくてはならない。
心臓の手術…胸に大きく傷跡が残る。

水着もタンクトップもVネックも無理。
ヌード写真集の話もあったのに…

スジンは手術を拒否する。
ウンソンもヘソクも もちろん他の医師も 拒否することが信じられない。
「手術したら 生きられるのに。糖尿病で足を切断して義足になった人も生きようと努力していた。彼女は逃げてばかりで問題を直視しない」と。

スジンは病院を抜け出す。


手術をしたら生きられる。そう思っても すぐには決断できないと思う。
傷痕ぐらい…だけど 今のスジンには大事なこと。


今回はチソンの歌が聴けました~

6

病院を抜け出して CM撮影をしていたスジン。もちろん倒れてしまう。

隣のベッドのおばあさんスンジンが スジンに
「人目を気にせず 手術を受けて 美しい今を笑顔で生きてほしい」と言うけれど…手術を承諾しない。

それでもスジンの気持ちは少しずつ変わってくる。
スジンは手術を受けることに。
傷痕が小さくて済むロボットによる手術を行うことに。執刀医はテジュン。
もちろん手術は成功。
ただね…ヨンギュを差し置いて テジュンが執刀することになったから ヨンギュの顔色を気にして 助手につく医師がいなくなっちゃうのよね。
ロボット手術を提案したウンソンが手伝うことに。

テソングループの会長が入院してくる。
ガングクが手術することに。
ガングクはVIPだからと特別視しない。だから会長はイライラ。
手術の時間になってもガングクは 前の手術が長引いていて 来ない。
やっと来たと思ったら 急患が入り 手術は中止になってしまう。
会長の怒りは頂点に。

7

会長の手術が翌日になったことを知ったジョンギルは 内科でステント治療をしないかと もちかける。
会長は承諾し 手術が行われるが 失敗する。
手術中に出血を起こし 血が止まらない。

ウンソンはエクモという機器を取りに行き 会長が危険なことを知る。
ガングクは 外科で手術をすると言って 無理矢理連れて行く。
ジョンギルは「内科の患者を奪った」と怒るけれど 先に奪ったのは内科じゃないの?

ジョンギルは賞罰委員会の招集を頼むが 結果はジョンギルもガングクも ついでにウンソンも減俸1か月。
内科であのまま治療したら会長は死んでいたはず。でも承諾なしに患者を移動させてはいけないってことね。
外科が手術したから助かったわけで 死んでいたらジョンギルは左遷されることになって ガングクにとってはいいことだったかも知れないのに

心臓病の妊婦。
ヘソクが薬を飲むように言っても 赤ちゃんに影響があるからと拒否。
このままでは出産の時に死ぬかもしれないと脅しても無理。

帝王切開で出産するが…脳死状態になってしまう。

ヘソクは望みのない患者には治療しないと 放りだすが、
ウンソンは足をさすって回復させようとする。
故郷の病院に転院することになり ヘソクがつきそうことに。
しかし…手動の呼吸器しかなく ヘソクは長い間 呼吸器を押し続けなければいけなくなる。
無事転院先に到着。移送中に足が動いたように見えたから もしかしたら いつかは目が覚めるかも。

ウンソンは技術がない。
ヘソクは優秀だけど 思いやりにかける。
ガングクは 技術がいいだけでは いい医師とは言えないと考えている。


難しいところだけれど
外科だから 技術が一番。あとは体力と強靭な精神力。
息子は虫垂炎と肺気胸で 2度 外科にお世話になったけれど
まずは手術を成功させる技術が大事。その後は 不安を聞いてくれること。
ヘソクはきつい口調が 柔らかくなるといいのに。

8

ガングクは仲良くなるどころか ますます敵を作っているみたい。

掃除のおじさんが心臓腫瘍で入院する。
腫瘍がある位置が悪く 手術は難しい。もし手術をしても 多少命が延びるだけ。
あとは心臓移植しかない。

おじさんは息子が行方不明で 孫と2人暮らしなのよね…
ウンソンは病気のことを説明し 退院してもらわなければいけないのに 言い出せない。
ヘソクが伝えるんだけど…おじさんは号泣。孫のためにも息子が帰ってくるまで生きたいと。

ガングクは手術できないかと考える。
けれどこの手術は行わないと 会議で決めたし 院長も絶対にやらないように言ってたのよね。
ガングクは心臓血管センター長の座を諦めて 手術をするのか…
って…するんでしょうね。


ヘソクはウンソンが気になり始めたみたいね。
ウンソンは少しずつ変わってきている。おじさんのことだって 宣告する前に 福祉課で今後のことを相談してるのよ。
ウンソンは…正義感は人一倍。もう少し世渡り上手になるといいのかな?ガングクにも言えることね。

9

ついにキスしてしまった…
ここから 恋に発展することになるんでしょうか~ って…ならなきゃ つまらない。

婦女暴行犯が被害者に包丁で刺されて 運ばれてくる。
スンジェとヘソクが 手術を行っていたが 血管が破裂し 血液を浴びてしまう。
ところが その血液はHIVウィルスに侵されていた。

2人は薬を飲み、様子を見る。
心配で仕方がない。
もしかして死んでしまうかも…
ヘソクは耐えられなくなって ウンソンに気持ちをぶちまけてしまう。
「このまま死んだら…キスもせずに死んでしまうのよ」

そして ヘソクはウンソンに キスして と言う。
ためらうウンソン。
ヘソクは自分がHIVだからウンソンがキスしないと言う。
だけど…キスって 頼まれたからって 誰にでもできるものじゃない。病気だからじゃなくて 恋人じゃないのにしていいのかと思っただけじゃないの。

ウンソンはヘソクにキスをする。

掃除のおじさんの手術は 院長の反対を受けたけれど
ガングクは無視して行う。
自家移植という方法を取り、無事終了する。

10

内科だ、外科だ、って 患者には関係ないことなのに。

食堂のおばちゃんが運ばれてくる。
胸部外科のベッドで 担当は内科。ややこしいことに。

おばちゃんの呼吸がおかしい。
ウンソンが 肺に水がたまっていると内科に言うが 無視するのよね。
おまけに ウンソンと看護師長の処置に文句を言って あぶない状態にするのよ。

ヨンギュはライブ手術をしたい。名声をあげたいのよ。はぁ~よ~やるわ。
しかも手術を受けるのは食堂のおばちゃん。
患者を利用するな~


視聴率がいいと聞いていたから 期待しすぎたのでしょうか。
(何度も視聴率に裏切られているのに やっぱり参考にしてしまうんですよね)
あまりおもしろくないんですよね…

医者たちの間で争いがあるのはわかるし、
出世したいと思ってもおかしくないとは思うのですが、
患者が利用され 実験台になっているような気がして あまりいい気がしません。

11

ヘソクはウンソンが好き。
ウンソンに告白するけれど…
ウンソンはヘソクが好きなはず。
だけど 「今は恋をしないようにしている」と答える。

食堂のおばちゃんの手術。
ヨンギュは自信満々のはずなのに 緊急事態発生。
血液に空気が入り 心肺停止になってしまう。

ウンソクがヨンギュに除細動器を渡すが
動転しているヨンギュは 使えない。
人工心肺をつけることになり ガングクが手術に加わることに。

プライドだけ強くて 技術も精神力もないなんて ヨンギュに執刀してほしくないわ。
医療ドラマをみると 先生にも当たりはずれがあるんだなあと 改めて思うのよね。
はずれだったら…どうするのよ~

12

え~ 食堂のおばちゃん、亡くなってしまったわよ…

責任をとって ヨンギュは辞職するように言われる。
ガングクは 辞めさせても解決しないと訴えるけれど ガングク自身も危ないのよね。

心臓血管センター設立委員を外されてしまう。
代わりに委員になったのがテジュン。
ヨンギュ後の副教授を狙っているみたいね。義父は大臣だからね~
浮気さえばれなければ 大丈夫でしょう。

ガングクは掃除のおじさんの件で訴えられている。
再三の警察からの連絡を無視したから 任意同行になり 刑務所に入れられることになるみたい。
ガングクはますます窮地に。


それにしても…
食堂のおばちゃんの息子は 訴えてもおかしくない状況なのに
「力を尽くしてくれたのなら それでいい。寝たまま死にないと言っていたから 母の望みどおりです」と言う。
なのに 助けてもらった掃除のおじさんの息子は 実験台にしたとか 声が出なくなったとか 難癖をつけて訴える。

先生も 変な患者に当たったら大変なのね。

13

ウンソンは 今後のこと、ヘソクに迷惑をかけることを考えて 積極的ではない。
ヘソクは好きなんだけどね…
ところでドングォン出てこないわね。

ヨンギュが担当するはずの手術が 患者の意向もあって テジュンが担当すること。
テジュン義父の力もあって これからテジュンが強くなるのね。

ガングクは食堂のおばちゃんの死から 立ち直れない。
“人を救えるのが喜びなのに メスを持てない”と。

そして ガングクは警察に連行されてしまう。
すぐに 戻ってくるけれど 手術をしなくなる。
ヨンギュとテジュンにまかせちゃうのよね…
病院のやり方に文句を言う患者には転院をすすめるし…

その上 家族はアメリカに行ってしまう。
頑張っても訴えられ、家族に見放され 落ち込んでしまう。
訴えられたのはショックだろうけど 家族のことは 自業自得。
…もっと強い人かと思ったけれど 案外弱いのね。

ミミが失敗してしまう。でもウンソンのせいになってしまうのよね…
ウンソンは白衣を脱ぎ いなくなってしまう。

我慢の限界だったのかなぁ~
一生懸命やっているのに 認めてもらえないし、
事あるごとに 出身大学のことを言われるし。

ミミは自分の失敗を明らかにしない。
ほんと、可愛いふりだけは上手なのに 何にもできない
だいたい デロがミミを可愛がるからこうなったのよ。

ガングクがウンソンに 「お前だけは心を涙で満たす医師になってほしい」と言っていたのに…


そのうち ウンソンは戻ることになるのでしょうが、何がきっかけで戻るのかなぁ~
お母さんが 倒れてしまうとか?

14

心臓血管センターの副教授にガングクはハ・テジンを推薦する。
院長から そのことを聞いたテジュンは 公開採用をするよう頼む。

ウンソンのことでもわかるように よそ者は嫌われる。
テジュンが副教授になる可能性が高い。

テジュンは成績を上げるため 危ない手術はしない。
ガングクが手術を勧めても 「科長がすればいい。私を信用しないから 他から副教授を連れてくるんでしょう」と挑戦的な態度。

ウンソンは ゴルフ場の住み込みの医師に。
イギリスの前首相ハミルトンが ゴルフ中に倒れてしまう。
心停止。
救急車では間に合わない。ヘリで病院に運ぶ。もちろん自分の病院に。
ウンソンはハミルトンを病院に送り届けたあといなくなってしまう。

ハミルトン側は 手術をイギリスでするか、イギリスから医師を呼んでしたい。
もちろんそれでは困る院長は
ガングクが執刀し、1週間で退院させることで 了承を得る。

院長はガングクに 訴訟の件は病院で対処するから 手術をしてほしいと頼むが、
ガングクは断る。
「もう患者は見たくない」と。


ウンソンはそのまま病院に残るのかと思ったら残りませんでしたね…

今回はドングォン登場。
“ヘソクがウンソンを好きなことを知っているから もしウンソンが戻ってこなかったら 僕の所に”みたいなことを言ってましたね。

15

ガングクはハミルトンの手術を拒否。
ガングクが推薦したテジンに頼みに行くけれど もちろん断られる。

ここで 性懲りもなく 手を挙げたのがヨンギュ。
一体 何人殺したら諦めるのかしら。

ヘソクがウンソンを迎えに行き、ウンソンは戻ってくる。

ガングクが休暇中で執刀できないと聞いたハミルトンはイギリスに帰ろうと病院をでる。
しかし途中で容態が悪くなり 緊急手術をすることに。
執刀はヨンギュ。テジュンが助手につく。

ところがヨンギュは震え、危ない。テジュンは今回の手術は経験がない。
デロ、ウンソン、ヘソク、みんなでガングクを説得に行く。

手術中、ヨンギュの酷さに院長はテジュンに代わるように指示するが ヨンギュは無視する。
そこにガングクが戻り ヨンギュと交代する。
ヨンギュはさっさと交代すればいいのに 「執刀医は俺だ~」と叫ぶのよ。子供の遊びと違うのよ いい加減にしなさい。

ガングクは掃除のおじさんの再手術をするつもり。
退院後の療養に問題があった。
食べてはいけないものを食べていたのよね。
おじさんもよくならないのは 自分に問題があったことがわかり ガングクに謝罪する。

ウンソンはヘソクが嫌いではない。
でもヘソクはお金持ちの娘で、自分は孤児院育ち。
孤児院の“お母さん”に相談するのよ。
「もしつきあって あとで「取り消し」と言われたらどうしたらいい?」
そうしたら 「こっちも取り消しと言ったらいいのよ」と言われる。

ウンソンは ヘソクの気持ちを受け入れることに。
「もう捜させたりしない」

16

ウンソンはヘスクの気持ちをうけいれるわけではなかったのね。
同期として見守っていくってことなのね。
互いに好きなのは 間違いないんだけどなぁ。

ウンソンとヘソクがどうなるか ということよりも
ヨンギュにイライラ。誰か辞めさせて~

成功率が低い手術。
ガングクは テジンを推薦し 彼が執刀することに。
テジンがよそ者ということもあって 反論する人も出てくるわけ。
で、もちろんヨンギュも自分は手が震えるくせに言うのよ。
それも「失敗する方に10万賭ける」だって…
患者の命を賭けるの? そのひげ気持ち悪いから剃って!

おまけに正月の時期の態勢についての会議中、自分だけサンドイッチ食べてるし、
「自分は家族とゆっくり過ごしたい。正月に病気になるのが悪い」と…
本当に医師?

医師もミスするし、嫌な患者もいるだろうし、挫折もあるだろうけれど
患者のために頑張っている姿をみたいのよね。
患者を置き去りにしている姿ばかり見せられてもね…

掃除のおじさんの容態が悪くなるが ジョンギルと内科のスタッフのおかげでよくなる。
懸命に治療する医師たちを見て 掃除のおじさんの息子は気が変わり 訴えを取り下げることに。
いつもは意見が対立するガングクとジョンギルだけど 患者のために一緒に頑張っているのをみると ホッとするわ。

17

ウンソンが施設で一緒に育ったスリョンが入院してくる。
末期の肝臓がん。胎児も心臓病。
子供は帝王切開で生まれるが父親は手術を拒否。
逃げてしまったのだ。

戻ってきた父親に承諾を迫るウンソン。
「この子が憎い」という父親。「この子がいなければ妻は助かったかも」と。

スリョンは子供の手術をしてほしいと頼み、父親は渋々承諾する。
スリョンは生きた証を残したかった。中絶しても延命するだけなら 子供を産みたかった。

ガングクはテジュンを新しく設立されるセンターの副教授に推薦する。
面白くないヨンギュは製薬会社から金を引き出し 科長の座を狙っている。
院長は自分に逆らうガングクを地方にとばすつもりでいるが、その前にガングクは辞表を出すつもりでいる。

ウンソンとヘソクは恋人に。
首席だから、院長の娘だからと 踏み出せなかったウンソン。
やっと、やっと、「最初から好きだった」と告白。

きっと2人のキスにドキドキするはずなんだろうけど…
はっきり言って この2人が恋人になろうとどうなろうと興味なし。
なぜ?

18

ウンソン、ヘソク、仕事中にいちゃいちゃするな~

以前院長がガングクに書かせた念書の件が問題になる。
センターの人事では 胸部外科は冷遇されている。
そこでテジュンは義父の力を借りて 院長を変えようと考える。

8歳の子が脳死状態になる。
スンジェは心臓病のユナに移植できないかと提供を頼みに行くが、
もちろん追い返される。

インテは恋人インギョンに捨てられる。
インギョンは父の希望通り眼科医と結婚することに。
ショックを受けるインテ。

ユナが倒れ 徐細動を使用しなければいけないのに 当直のインテは行方不明。
看護婦がウンソンに連絡。
ガングクが看護婦に徐細動を使用するように指示を出そうとするとき
ヘソクが携帯を奪って 指示をする。

看護婦は使えないんですよね…
まったくインテは何をしているのか。

19

ユナは助かる。

インテは自殺を図る。
まったく女ぐらいで…それにさ…自殺するなら 休みの日にしなさいよ。何が純情な奴よ。アホなだけじゃない。

ウンソンはユナが可哀そうで
再び脳死状態の子の祖父に移植を頼みに行くが やはり断られてしまう。
そうよね…もう生き返らないと言われても信じられない。今にも「お祖父ちゃん」と言ってくれそうな気がする。それに 目を開けなくても 話せなくても そこにいるだけでいいと思ってしまう。

ヘソクも説得。
お祖父ちゃんが移植を承諾してくれ ユナの手術は成功する。

一連のことで賞罰委員会が開かれ、ガングクはインテの自殺騒ぎの責任を取って辞表を提出する。
そうなると 喜ぶのがヨンギュ。まったく こいつときたら…
ガングクがするはずの手術を横取りしようとするのよね。もう うんざり。

胸の痛みを訴える男性を ウンソンは診察。
通常の検査ではわからず CTを勧めたが断られ 帰宅していた。
しかし意識不明で運ばれてくる。
手術は成功するが 半身不随になる可能性がでてくる。

ガングクにはテジンの病院から声がかかる。
妻子はアメリカにいるから 心が動いているかな?

院長解任のための署名運動が起こるのよ。
院長か ガングクか。
もめるのかなぁ~

チソンが踊りを披露。
可愛かったけれど…ちっともときめかない。
チソンが悪いのではなく このドラマの脚本がね…と 脚本のせいにしたりして…
ホント、なんでときめかないんだろう?

20

麻酔科のミナが辞表を出す。

病院は大騒ぎ。
ミナとガングクがいなくなったら病院は大変なことになると
胸部外科レジデント5人、みんなで辞表を出しに行く。
院長は去る者は追わないらしい。
抗議なんて まったく気にしない。

患者が暴れ出し ヘソクを庇って ウンソンは右手を骨折してしまう。
神経を損傷している可能性があるのよね。そうなると外科医としては無理。
ウンソンの様子を見ると 大丈夫じゃなさそう。

ジョンギルから ガングクが辞めた後、誰が代わりに手術をするのと 聞かれ、
ヨンギュは自分がするつもりでいる。
しかし ガングクはスンジェを推薦する。
ヨンギュはガングクからはっきり無理だと言われるのよ。
ぎゃあぎゃあ 叫んでいるけど、手は震えるし、看護婦からの信頼はないし無理でしょう。

スンジェが以前手術したことのあるドゥヨンの手術。
ヨンギュが執刀することに。大丈夫か?殺すなよ~
…と 思ったら…
失敗。血管を切ってしまい…ヨンギュは何もできない。

スンジェが交代することに。
こうなってもヨンギュは自分がすると叫ぶのよね。できるんだったら最初からちゃんとやりなさいよ。

手術は無事成功。

院長はジョンギルから ガングクに 念書の件を謝って 辞表を撤回するべきだと言われる。
でも 院長はまだまだ諦めていない。

院長はスンジェを第3病院に異動、辞表を出した5人がクビにする。
ガングクは 院長から 教授協議会で 他病院からスカウトされ自分から辞表を出したと言えば 今回の人事を撤回すると言われる。


院長はどうなってもいいけど
ウンソンの手は治ってほしいわ。

21

ガングクは教授協議会で 自己都合で病院を辞めることにしたと発表。
妻と子がいるアメリカの病院に行きたいと。
レジデントに辞表を返し 病院を去る。

院長に総長から職務停止処分が下される。
ガングクに証言してもらってダメだったみたいね。

そして急性心筋梗塞で倒れてしまう。
ジョンギルが手当てをするが 手術しかない。
ヨンギュがすることに。
ヘソクは院長に ガングクを呼び戻してはどうかと言うが、
「あいつがいないだけで死ぬはずがない」と言われる。
ヨンギュじゃね…死ぬかもね…

ヨンギュは悩むのよ。
“成功すれば次期科長になれる。でも失敗したら…”
そしたら こいつ(失礼)自分の指をドアで挟むのよ。
「俺がいるのに 誰かがドアのトイレを思いっきり閉めたから怪我した」だって…

手術はテジュンがすることに。
手術は終了するが容態は悪くなり 心臓移植者リストにのることに。


だから…院長はどうでもいいから…
ウンソンの手は治るの?

22

心臓提供者が現れる。
ガングクには連絡が取れない。

スンジェとヘソクとウンソンは空港へ。
ウンソク、右手を骨折しているのに 運転するなんて。
家族にしか認められないというのを頼みこみ、搭乗中のガングクに連絡するが 断られる。

ガングクは断ったものの気になる。
ガングクは空港で妻に会い、
「愛してる。必ず戻ってくるから」と言って 再び飛行機に。

手術は無事終了。
助けてもらっといて 院長はガングクにまったく感謝していない。
ヘソクも呆れている。

全く あのまま 臓器提供者も見つからないで 死んでたらよかったのよ。

ウンソンの手の神経はなかなか元に戻らない。
焦るウンソンは 「大丈夫」と手術に参加するが やはり使えない。
ウンソン、あなただけは違うと思っていたのに。 手が使えなくて失敗したらどうするのよ

23

ミナは卵巣ガンで手術をすることに。
しかし手術中 静脈が切れ テジュンに来るように連絡がある。
ん?奥さん、虫垂炎の手術じゃなかった?
テジュンは動揺が激しく ついて行ったウンソンが テジュンの指示のもと手術を行う。
ウンソンの右手は治ったみたいね。

ウンソンはそのことよりも テジュンに「ありがとう」と言われたのが嬉しかったかも。
今までのことを謝ってくれて 認めてくれたしね。

結局 テジュンはミナの元に残る。
そして 離婚し 病院を去る。

院長は亡くなる。
最後まで嫌な奴だったけれど ヘソクには遺書を残したから 彼も父親だったってことね。
それにしても 正妻と娘たちが見舞いに来なかったのは何故?(ドラマだからね)

ガングクは妻と仲直りし、韓国に残ることに。
センター長に就任。
ミナと暮らしているテジュンを迎えに行く。

ヨンギュは動物実験室長。
手が震えても辞めさせることはできなかったのね。

インテはキム看護師と結婚。キム看護師は妊娠中。

そして今年もレジデントの面接。
ミミとイケメンが採用されることに。
そうそうスンジェが科長に。髪がちりちりで ちょっと…変。


…こんなものでしょうか。
続いた医療ドラマの中では やはり 他の2作の方が好きです。
でも 好みの問題もあるし、「外科医ポン・ダルヒ」と比べて 大きく劣っているとは思いません。

とにかく 私はヨンギュが大嫌いでした。
医者も人間だとよくわかっています。
患者を後回しにして 自分の欲を主張することもあるでしょう。
けれど ヨンギュはひどすぎる。
ヨンギュが出てくるたびにイライラ。視聴意欲が低下。

最後にもう一度 「ヨンギュを出し過ぎ」

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング