FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




結婚の裏ワザ あらすじ&感想


4人の娘の恋愛、母の病気、出生の秘密、父の死の真相 etc.
50話ほどの 長編ドラマでもおかしくないエピソードがてんこ盛り。
それを どうでもいい話を切り捨て、だらだら感を無くして 16話。
展開が早いのはいいけれど 問題があっさり片付いてしまうので物足りない気も。
“出生の秘密”は要らなかったのでは?

それでも ゴンヒとガンジェのラブコメと思えば それなりに楽しめます。
出演者に 苦手な人がいなくて
イ・ヨンウン、カン・ヘジョン、パク・ミンジ、イ・ギュハン、イ・ミヌなど
好きな俳優さんが多かったので 面白く観れました。

[DVD] 結婚の裏ワザ DVD-BOX1

[DVD] 結婚の裏ワザ DVD-BOX1
価格:11,970円(税込、送料別)



全16話 2012年 tvN

出演者 : ソ・ドゥリョン(母、“チンジョンキムチ”会長)・・・チャ・ファヨン
       ユ・ソンヒ(長女)・・・イ・ヨンウン
       ユ・ゴンヒ(次女、“サンチャリム”チーム長)・・・カン・ヘジョン
       ユ・ミンジョン(三女)・・・キム・セジョン
       ユ・ミンジ(四女)・・・パク・ミンジ

       イ・ガンジェ(下宿人、“サンチャリム”会長の息子)・・・イ・ギュハン
       ソ・ジャンウォン(下宿人)・・・イ・ミヌ
       パク・セウォン(下宿人)・・・キム・ジェドゥク
       キム・スンドル(下宿人、ドゥリョンの運転手)・・・ソ・ジェギョン
       パク・スホ(ゴンヒ先輩)・・・キム・ウォンジュン

       イ・ハックン(“サンチャリム”会長)・・・ユン・ジュサン
       パク理事(“チンジョンキムチ”理事)・・・キム・イクテ
       チャン・ドクパル(医師、ドゥリョンの恋人)・・・チャン・スンホ
       オ部長・・・キム・ドンス
       ベラ秘書(“サンチャリム”会長秘書)・・・ソン・ジョンミン
       ジャヨン(ゴンヒ友人、パク・スホの婚約者)

演出  : イ・ミヌ
脚本  : パク・ヒョンジン

 1-23-4567-89-1011-1213-1415-16

1-2

あまり期待していなくて…
好きな女優カン・ヘジョンとイ・ギュハン主演なので 観るつもりではいたのですが、
後回しにしていたドラマ。
期待していなかったせいか 意外に面白いです。

子どもたちに嘘をついてまでも 家族再生を図ろうとする母親の話。
娘たち4人の恋愛を中心に展開するようです。
夢中で子育てして ふと振り返った時 子どもの姿に子育ての失敗が見えたりするんですよね。
失敗というか…親に似ない子どもは生まれないので…子どもが自分そっくりで それが自分の短所だと“似ないでほしかったなぁ。似ないように育てたつもりなんだけど…”と落ち込みます。



ドゥリョンは夫が亡くなった後 キムチを扱う食品会社“チンジョンキムチ”を興した。
会社の経営は順調。
しかし娘4人は…思うようには育ってくれなかった。
おっとりした長女、何にでも噛みつく次女、お金を使うことしか考えていない三女、学生の四女。
子育てを怠けていたわけじゃないけれど 日々の生活と会社経営に忙しすぎた。
気づいたら 娘たちとの間に溝ができたような気がする。
これで家族と言えるのか疑問に思う。
娘たちとの絆を再生し 娘たちによき伴侶を見つけるのは今しかない と決断。
娘たちに 会社経営が苦しいと嘘をつき 経営から身を引くことにしたと話す。
「土地を売り払い 会社の借金にあて 下宿を始める」と。

ドゥリョンは下宿人=娘婿のつもりでいる。
そこで 娘たちと面接し 高得点を取った者を住まわせることにする。


次女ゴンヒは食品会社“サンチャリム”で働いている。
しかし ドゥリョンはサンチャリムを嫌っている。
「食べ物は工場では作らない。サンチャリムの商品は食べ物じゃない」と。
実は サンチャリムの会長は父の友人。
なのに ドゥリョンは嫌っているのよね。
過去に何かあったのかしら?

ゴンヒは女性蔑視の上司ガンジェと一緒に キムチ事業を担当していた。
サンチャリムのキムチが大好きな会長は 自分の会社でも同じようにおいしいキムチを売りたいと思っている。
ところが…ゴンヒはプレゼンで失敗。
ガンジェとともに左遷されることに。

ガンジェは テレビ番組を観ていて ゴンヒがチンジョンキムチの会長の娘だと知る。
娘なら簡単に合併できる と思ったのか 父である会長に直談判。
2人はキムチ事業部に配属される。
ただし 今まで部下だったゴンヒがチーム長、上司になっていた。

ガンジェはドゥリョンに直接会いに行き 合併の話をしようとする。
ゴンヒはそれだけはやめてほしい。
自分がキムチを大嫌いだということを 知られたくなかった。

ガンジェは ドゥリョンが下宿人を捜していると知る。
そこで 面接を受けに行く。
ゴンヒは反対する。ドゥリョンも反対するが…
…合格するみたいね。

3-4

衝突してばかりのゴンヒとガンジェだけど いいコンビ。
ガンジェはゴンヒを好きになっているみたい。
ガンジェ曰く 「2人とも世間が怖いのが似ている」らしい。
ゴンヒは 世間の目を怖がっているように見える。
常に優等生でいようとする。世間の評価が怖いから。だからいつだって全力投球。力を抜かない。
とても 疲れちゃうだろうなぁ。

ドゥリョンはもしかして病気?
お腹が痛そうだったし、通院しているようだし。



下宿人審査に合格したのは
イ・ガンジェ、ソ・ジャンウォン、パク・セウォン。
ソ・ジャンウォンはアクション監督。
ミンジは 彼がアクション監督だと知っていて 興味がある様子。
パク・セウォンはミンジョンの友人の調査によると 財閥の御曹司らしく
ミンジョンは彼を狙っている。

4姉妹はゴンヒが「男たちに主導権を握らせるな~~」と言い、
下手人たちはガンジェが「姉妹に主導権を握らせるな~~」と言う。
そこで対決することに。
4姉妹の圧倒的勝利。
で、この時 マラソン対決で ソンヒは足を挫いた時に手当てをしてくれたジャンウォンに恋した様子。
彼を巡って姉妹で対決することになるのかしら。

サンチャリム会長はドゥリョンと会い 合併は無理だとわかる。
オ部長から キムチ事業には将来がないと報告を受ける。
そこで キムチ事業部の廃部を決定する。

承知できないゴンヒとガンジェは 手作りのキムチを会長に食べてもらって 決定を撤回してもらおうと考える。

2人がキムチを作っている時 「会長は塩辛いのが好きだから塩を多くしよう」などと話していると ドゥリョンがすごい勢いで怒るのよね。
「身体に悪いものを作るのがサンチャリムのやり方?それが あなたが作りたいキムチ?サンチャリムは商売人よ。母親は子どもたちの食事をいい加減に扱わない。人が口にする物は正直であるべきよ。合併はありえないわ。訳があるの。それは知らなくていいこと」
…ここまで腹を立てるなんて…ほんと なにがあったのかしら。

キムチ事業部はチンジョンキムチとの合併に向けて努力する ってことで存続することになったみたいね。

5

ソンヒとゴンヒ、どっちが捨て子なの?
2人は別々に 母が「どうやって4人も育てるの?捨て子だった子を養子に出せば済むことよ」と言われるのを聞いていた。
2人とも自分のことだと思いこむ。
だから いい子になろうと頑張ってきた。
ソンヒは母や姉妹に従順。ゴンヒは優等生を目指した。



ドゥリョンが娘たちに 恐ろしい話(?)をする。
「会社には40億のお金がある。けれど債権満期まで半年は頑張らないといけない。半年の間に 結婚した人に会社を譲るわ。誰もしなければ 会社を分ける。すべてを社員に分ける。あなたたちの取り分はゼロよ」

ゴンヒは悩む。
“結婚したくない。仕事を続けたい。イヤ 最近は共働き。でも家事は女が負担することになる。家事ができる人と結婚すればいいけれど そんな人いるかしら?出産もしたくない。子どもは嫌い”

ドゥリョンの話を立ち聞きしたガンジェはゴンヒに結婚を迫る。
「チンジョンキムチがチーム長のものになれば すぐにサンチャリムと合併できる。キムチ事業が成功すれば昇進できる」と。
ゴンヒは 今のところは その気はないみたいね。

家の前に赤ちゃんが置かれていた。
母親が迎えに来るかもしれないと 一晩預かることに。
ソンヒはゴンヒとガンジェに赤ちゃんの世話を頼んで出かける。

子どもが嫌いなゴンヒ、赤ちゃんをどう扱っていいのかわからないガンジェ。
大騒ぎしながら 世話をする。
ところが パク課長が遊びに来て 3人で食事をしている間に 赤ちゃんがいなくなってしまう。

ゴンヒは「赤ちゃんが自分と同じ捨て子になってしまう」と呆然。
ガンジェに「実の親を知らなくても君のように強くなれる。今は捜さないと後悔する」と言われ 、我にかえり 捜し始める。

赤ちゃんを連れて行ったのは 捨てた母親だった。
ゴンヒは母親に
「母親は自分の方が愛していると思ってるけど 本当は母親のわが子への愛より子どもの愛の方が大きいの。子どもは疑わないから。母親がダメな人間とか母親の役割をできるかと 自分が我が子を愛せるかどうか母親は不安に思うけど 子どもは愛されないなど考えない。できるだけ愛してあげればいいんです。そうすれば子どもは最上の愛として受け止める」と話す。
…ゴンヒ、母親に反抗しているように見えるけど 母親をとっても愛していて認めてもらいたくて一生懸命なのね。

その様子を見ていたドゥリョンはゴンヒに
「私の生きてきた姿が人生で一番の自慢」と話す。
…そう言えればいいけれど…

ソンヒもまた 自分が捨て子だと思っていた。
そのことをジャンウォンに告白する。

6

これで ゴンヒとガンジェは 恋人に?

セウォンは株に失敗して家を追い出されたらしい。
その事実を知り ミンジョンはセウォンを避けるようになる。

酔って庭に寝ていたおじさんは ソンヒに「昔 住んでいた家だから 無意識に来たらしい」という説明。
どうやら ドゥリョンの知り合いらしい。
医師らしいから ドゥリョンの担当医師かしら。



ガンジェはパク課長の存在が気になる。
“ゴンヒのことをどう思っているのだろうか、ゴンヒはパク課長を好きなんだろうか”
ガンヒが外泊したと知ると 誰とどこで外泊したのか気になって仕方がない。
友人のジャヨンの家にいたと知り ホッとする。

ゴンヒは “大学の時にパク課長と恋人になっていたらどうなっていたかしら?”と考え パク課長を意識し始める。
大学の時 パク課長はゴンヒを好きだった。
しかし ゴンヒはそのことにまったく気付かなかった。
ガンジェがパク課長のことを気にするから 余計に意識してしまう。
“一緒にいて退屈しないのはガンジェだけど…”と思うけど それが好きと同じなのかわからない。

ゴンヒは ガンジェがパク課長を呼び出し、ゴンヒと付き合っているのかどうか 聞こうとしていると知る。
ガンジェに「合併のために結婚しようと思っているから知る権利があります。パク課長が好きなんですか?早く決着付けてください」と挑発され パク課長に告白しようと決心する。

ゴンヒがパク課長に会っている頃
ガンジェはパク課長がジャヨンと婚約したと知る。
“告白して惨めな思いをしているかもしれない”
ガンジェはゴンヒが心配になり ゴンヒを捜す。
雨に濡れながら捜し、ようやくゴンヒを見つける。
ゴンヒは雨宿りしていた。

「どちらが先に話を?ゴンヒさんですか?パク課長ですか?答えてください。恥をかかせるのはイ・ガンジェだけです。あなたが先ならパク課長を許さない。噂が流れないように埋めます」
「パク課長が先よ」
ガンジェはゴンヒに上着をかけ、
「泣いてはいけません。隠れてならいいです。雨の中なら 雨か涙かわかりません。思いっきり泣いてください。弱くなっていいです」と言う。

7-8

“無理矢理連れ出して死なせた”
ドゥリョンは 夫の死をそう思っているみたいね。
死の原因はたぶん事故。
けれど サンチャリム会長がドゥリョン夫を連れ出さなければ死ぬことはなかった。夫は行きたくないと思っていたのに…と恨んでいる。

ドゥリョンの病気は深刻そう。
亡くなった後 困らないようにと 会社の今後をきちんとしたいと思っている様子。
病気のことを知っているのは パク理事と運転手だけみたいね。
娘たちには病気のことを隠したいようだけど…
話した方が 娘たちはいい子になるかも。特に三女と四女。

ゴンヒはガンジェに惹かれているのに、自分でもそれがわかっているのに 素直になれない。
ガンジェは素直に気持ちを伝えているのだから 受け入れたらいいのに。
まぁ ガンジェはふざけることがあるから 本気かどうかわからないこともあるんだけどね。  




ゴンヒは 婚約式を終えたパク課長とジャヨンが宿泊する部屋の飾り付けを任される。
ガンジェが手伝い 2人で飾り付け。
ガンジェは 脚立から落ちたゴンヒを受け止め 抱き寄せる。
ゴンヒに「私のことが好き?」と聞かれ 「そうみたいです」と答える。
「惚れそうで怖い?」と聞くと ゴンヒから「そんなことはない」と言われるが、
キスをして「そんなに嫌い?」と聞くと 「死ぬほど嫌いだったけど 今は違う」と言われる。
酔っているせいか ゴンヒは素直。
キスして…
翌朝 2人は ベッドで寝ていた。裸で。

大慌ての2人。
まったく…人の部屋で何してんの?友人のために飾り付けた部屋で自分たちが寝るなんて…

2人は 洗車中の車の中で 話しあうが…
決裂。
ガンジェは付き合いたいと言うけれど ゴンヒはなかったことにしたい。
洗車が終わった後 ゴンヒはガンジェに水をかけて置き去りにする。

そのせいで ガンジェは風邪をひいてしまう。
タイミングがいいのか 悪いのか 家にはガンジェとゴンヒだけ。
ゴンヒはガンジェの看病をする。

9-10

捨て子だったのは ゴンヒだった。
自分は捨て子ではなかったと知ったソンヒは ショックを受ける。
自分がゴンヒに向かって「私が捨て子だと知ってるわよね?だからそんな態度を取るのよね」と言ったのをきっかけに ゴンヒが捨て子だと家族のみんなが知ることになったから。
そして 今まで捨て子だと思って生きてきたのは何だったんだろうと思う。

ソンヒは家出。
捜して迎えに来てくれたのはジャンウォンだった。
今までは 自分の気持ちを押し殺して生きてきた。
けれど ソンヒは生まれ変わる。
自分のために行きようと思う。
ソンヒはジャンウォンに告白するが ジャンウォンは受け入れられない。
離婚歴があるから。
それでも ソンヒはジャンウォンと結婚したいと思う。

ゴンヒとガンジェは はっきりと約束したわけではないけれど 恋人のようにいい感じ。
ところが…
破談したパク課長が ゴンヒを揺さぶりだしたのよね。
今更遅いわよ! って感じなんだけど
「お前しかいない」と言われたら揺れるのは仕方がないかも。
けれど ゴンヒは「好きな人がいる」と返事する。

ゴンヒの好きなことを列挙するパク課長。
そんなに好きなら「好きだ」と押しまくればよかったんじゃないの?
一度でも「好きだ」と告白した?
ジャヨンに押し切られて婚約したけれど ゴンヒを諦められない。バカな男。

ミンジョンはガンジェがサンチャリム会長の息子だと知り ガンジェに近づく。
けれど ガンジェに相手にされない。
ミンジョンを相手にしてくれそうなのは セウォンの後に下宿することになった運転手のスンドルなんだけどなぁ。
ミンジョンは「嫌だ~~」と叫びそうだけどね。

キムチ事業部は…
サンチャリム独自のキムチの開発を始めるが、
チンジョンキムチに叶わない。
ゴンヒはチンジョンキムチが危ないと思っているから 合併を考える。
サンチャリム会長も チンジョンキムチを救うために 合併しようと考えていた。
チンジョンキムチの経営は問題ない。しかし 倒産の危機と噂が流れていた。

一方 ガンジェは 合併をするつもりはない。チンジョンキムチを守りたいと考える。
「チンジョンキムチだからあの味がだせる。サンチャリムではサンチャリムの味になってしまう」と。

11-12

パク課長がゴンヒの心を揺らそうとしても ゴンヒの気持ちは揺れなかった。
パク課長は思い出。今 好きなのはガンジェなのよね。
揺れていたのはガンジェの方。
ゴンヒの気持ちがわからずに あたふた。あれこれ考えて不安になり大騒ぎする。
パク課長から「ゴンヒを大切にしろ。傷つけたら僕が許さない」と言われて ようやく 気づく。
振られたのはパク課長。ゴンヒは自分を選んでくれたと。

ということで 楽しそうなガンジェとゴンヒ なんだけど…
ガンジェが 父がゴンヒの父を殺したと知ってしまったのよね。
新聞記事によれば ゴンヒ父は水死。
ゴンヒ父が殺したわけではないのかもしれない。
けれど その後 一緒に経営していた会社を父が経営。今 チンジョンキムチを手に入れようとしている。
ガンジェが 父がゴンヒ母からすべてを奪おうとしている と思っても仕方ないかもしれない。

ガンジェは ガンジェの素性を知ったドゥリョンから ゴンヒと別れるように言われる。
ガンジェは下宿を引き払い 自宅に戻るつもりらしい。
ゴンヒと別れるつもりはないようだから…
どう解決しようとしているのかしら。


ガンジェは偶然ドゥリョンの薬を見て 病気だと知る。
ガンジェは誰にも話さなかったが ガンジェが話さなくても 明らかになるのは時間の問題だった。
ドゥリョンは味覚がおかしくなっていた。
家族の食事が辛くなるくらいなら大きな問題はない。
しかし チンジョンキムチの味はドゥリョンがすべて決めていた。
味が変わったと噂になり 返品も。
また 塩の業者が 納品を断って来た。

そして ドゥリョンは家で倒れ 病院に運び込まれる。


ソンヒとジャンウォンは結婚することに。
ミンジョンはスンドルといい雰囲気。
ミンジは ジャンウォンを姉にとられて 悔しくて寂しくて辛そう。

13-14

ゴンヒは ガンジェがサンチョリム会長の息子だと知る。
騙されていたと知り 悲しいし憎い。
また 父の死の真相…溺れたガンジェ父を助けようとして亡くなったと知る。
これではね…ガンジェを憎むわよね。心の底では愛しているのだろうけど。  



ガンジェは父に「商品事業部本部長に昇進させてほしい」と頼み、
本部長に昇進する。

チンジョンキムチでは 返品が相次ぎ、塩の調達もできない。
社長の味覚がおかしくなったと噂がたてば 倒産する可能性もある。

ドゥリョンは 養生するため 経営権をパク理事に渡す。
すると パク理事はすぐに サンチョリムに連絡。
ガンジェ父に 経営権譲渡契約書を渡そうとする。
しかし ガンジェ父から「ソ女史がいないチンジョムキムチはいらない。主人や同僚を平気で売る汚い人間と契約しろというのか」と一喝される。
…ドゥリョンから憎まれているけれど 彼は彼なりにドゥリョンとチンジョンキムチを守りたいと思っているのよね。彼女が同意していないのに 勝手に合併することはできないわよね。

ガンジェはゴンヒを拉致。
デートを楽しむが…
翌朝 ゴンヒより先に立ち ソウルに向かう車の中からゴンヒに電話。
「終わりにしよう。別れよう」と告げる。

“チンジョンキムチ脱税疑惑”と記事がでる。

ドゥリョンは経営から退くことに。
ゴンヒに「会社はあなたに任せるわ。3人と相談して決めて」と話す。

ゴンヒはサンチョリムを辞める。
パク理事に会い 父の死の真相と 母が父のために会社を興したと聞かされる。
ゴンヒは チンジョンキムチを救うため サンチョリムとの合併を考える。
しかし 従業員の反対にあう。

ゴンヒは父のことを思い出していた。
キムチを食べられないのではなく 父に会いたくなるのが怖くて 食べられなかったのだと気づく。
母に「会社を守るわ。ガンジェのことは忘れる」と話す。

ガンジェは チンジョンキムチを立て直してから合併しようと考え 秘密裏にプロジェクトを進めることに。
ドゥリョンから会いたいと電話があり 行ってみると…
待ち合わせの店に ゴンヒがいた。
ガンジェはゴンヒとやり直したいと思っている。
「ケンカしたい。一緒にいたい。会いたい。話したい。愛している」と言うが、
「できない」と言われる。

15-16

ドゥリョンは娘たちに
“終わりだと思ったら 始まりを思い出しなさい。自分がしてきたことの意味がわかるわ”と話す。
この言葉で ゴンヒは原点に戻って ドゥリョンの味を再現することに成功したんだけど…
どんなことにでもあてはまるわよね。
結婚だって 結婚したいと思った時の気持ちを思い出せば 離婚を回避できるかもしれないし。(…ほんとに?)   



ゴンヒもガンジェを愛している。
けれど ガンジェよりも家族が大切。
“チンジョンキムチ”を立て直したい。
チンジョンキムチは味が落ち 取引先が減ったうえに 異物混入事件も起こり大打撃をうけていた。
ゴンヒは 母の味を再現しようと キムチ作りを始める。
ガンジェは 陰ながら助ける。

ゴンヒは 母の味のキムチを作ることに成功する。

ソンヒは ゴンヒがガンジェと別れ キムチ作りに孤軍奮闘している姿が気になっていた。
自分だけが幸せになれないと思う。
そこで 母にゴンヒとガンジェを認めてほしいと話す。
すると 母から「もう憎しみも和解もないわ」と言われる。
母が許していると知り ゴンヒとガンジェの仲を取り持つ。

ドゥリョンは 自分の気持ちに固執して ゴンヒを不幸にしてはいけないと思う。
イ会長と和解はできないけれど 理解することはできる。
自分と同じように イ会長も夫のことを思い 夫の意志を叶えたいと思ってきた。
娘のために 過去を整理しなくては。
ドゥリョンは ガンジェに「ゴンヒを頼むわ。守ってあげて」と話す。

ソンヒとジャンウォンの結婚式を見届け
ドゥリョンは亡くなる。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング