FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




深夜病院~傷だらけの復讐~あらすじ&感想


妻を殺され 犯人にされた天才医師。
真犯人を見つけることに命をかけている。
“妻を殺害したのは誰か、
移植手術をしてくれたら 犯人を教えてくれるらしい。本当に教えてくれるだろうか、
犯人かもしれない男を手術中の事故だと嘘をついて 殺そうか”
試行錯誤しながら 真犯人を突き止める。
興味ある内容だったので 面白く観れました。
もっと ミステリアスに 思わせぶりに 味つけたのではないかと思ったりもするのですが…
そんなこと ど素人が意見することじゃないですね。



全10話 2011年 MBC

出演者 : ホ・ジュン・・・ユン・テヨン
       ホン・ナギョン・・・リュ・ヒョンギョン

       ユン・サンホ・・・ユ・ヨンソク
       ク・ドンマン・・・チェ・ジョンウ
       チェ・グァングク・・・キム・ヒウォン

       イ・グァンミ・・・ペ・スルギ
       カン・ムソン(刑事)・・・パク・ウォンギル
       オ・ジンマン(ホ・ジュンの後輩医師)

 1-23-45-67-89-10

1-2

ドラマ題から 医療ドラマかと思ったら…
サスペンス。復讐ドラマ。
真犯人を見つけ 自分にかけられた容疑を晴らすことができるか。

無罪の判決がおりたのに いまだに犯人扱いなんですよね。
それも 警官が。
自分が逮捕したのに無罪になって悔しいようだけど 警官がそれじゃぁ困るでしょっ。



優秀な外科医だったホ・ジュンは 3年前 妻を亡くした。
帰宅すると 妻が刺されて床に倒れて 助けを求めていた。
駆け寄ろうとするが 自分も襲われる。
とっさに 手に持った刃物で 犯人の左手を突き刺すが 首を絞められ 気を失ってしまう。
気がつくと 手には凶器のナイフが握られていた。

ジュンは妻殺しの容疑で逮捕されるが
無罪判決を受け 釈放される。

ジュンは妻を殺した犯人を見つけるため 格闘技大会に出場していた。
犯人は 格闘家にしかできない技をもっていたから。
また 犯人は左手に傷痕があるはずだった。

ある日 ジュンは暴力団“東方派”のク会長から 取引を持ちかけられる。
自分の肝臓移植手術を成功してくれれば 真犯人の証拠を渡すと。
ジュンは悩む。
証拠は欲しい。しかし…
実は ジュンは右手が震え 手術できる状態ではなかった。

ク会長は医療法人を設立。
疑われないために 夜だけ開業することにする。

手術が行われる前に 証拠を手に入れられればいいが、うまくいくはずがない。
ジュンは 自分の代わりに 手術をしてくれる医師を雇うことにする。
格闘技大会でリングドクターをしていたホン・ナギョンを思いだす。

彼女は 薬を盗んだ容疑で 病院を辞めさせられていた。
ナギョンは就職先が決まっていたが、ナギョンを諦められない。
ジュンはナギョンの就職先に 前病院を退職した理由を話し ナギョンが辞めさせられるように仕向ける。
予定通り 無職になったナギョンを雇う。

肝臓の提供者が見つかり 移植手術が2週間後に決定する。
ジュンは 2週間で 手術ができるように ナギョンを特訓する。

ジュンには 監視がついていた。
監視者はユン・サンホ。
サンホは 以前 ナギョンの患者だった。

サンホは看護師である友人の姉を ジュンに紹介。
雇ってもらう。

ク会長が“深夜病院”に来た。
ちょうど 怪我したナギョンを治療していた。
ク会長はジュンに自分が見ている前で ナギョンの傷を縫合するように話す。
“東方派”のNo2チェ・グァングクはジュンの手の異常に気づいたようなのよね。
ク会長はグァングクから話を聞いたのか、ただ ジュンの実力を試したかったのか。

突然 言われたジュンは大慌て。
すぐに 震えを止める薬を注射することに。
しかし グァングクに薬を奪われてしまう。

3-4

サンホはナギョンが好きなのね。
あの ナギョンを優しそうに見つめる目。いい感じ。
「かぼちゃの花の純情」の時は まったく カッコよく見えなかったんだけどなぁ…


ナギョンは深夜病院で ク会長の違法肝移植手術が行われると知ってしまった。
知ってしまったら 深夜病院にはいられないわよね。

グァングクは 場合によっては ジュンを助けてくれる。
自分も妻を殺されて犯人を憎む気持ちがわかるから らしい。
…それって ほんと?

そして…ジュンの妻を殺した犯人は 入院中のよう。
グァングクは事件発生の時から 犯人を知っていたのよね?
犯人を治療した医師と3年前から知っていたわけだから。
なのに 犯人だと警察に突き出さないということは…
犯人は知り合いなのよね?
それなら 事件の証拠をもっているのも納得できる。
犯人は誰?ク会長の息子とか?  



ジュンは ナギョンの怪我を 問題なく縫合する。
グァングクに薬を奪われ 震えは止まらないし 相当ヤバかった。
そこで わざと指を切って震えを止め 縫合する。

深夜病院の以前の病院は 東方組専用の病院だと噂されていた。
ヤクザを治療したと思われるカルテが多数あった。
その中に“手のひらに貫通傷”と書かれたカルテがあった。日付は事件の日。
治療した医師の名は ハン・ジュンソプ。
ジュンは すぐに 働いている病院に行ったが…
医療機器を盗んで逃亡していた。

ジュンは ジュンソプ医師を見つけるために カン刑事を利用しようと考える。
ヤクザのカルテを渡すから 医師を見つけてほしい と頼む。
しかし 断られてしまう。

“手のひらに貫通傷”のカルテが盗まれる。
指示したのはグァングクだった。
カルテによると“手のひらに貫通傷”の男には甲状腺疾患があった。
ジュンはグァングクが甲状腺の病気を患っているのを思い出す。
“もしかして 彼が犯人か?”
しかし 彼の左手には 傷はなかった。

ク会長の指示で ジュンは手の検査を受ける。
結果は 問題なし。
検査を担当した医師はグァングクに頼まれ 嘘の結果を報告したのだった。

ナギョンは ジュンが必死に縫合の練習をさせる理由がわからない。
また ジュンがわざと指を切った理由もわからない。
ジュンに「教えてもらうまでは練習しない」と言っていた。
そして ナギョンは ジュンの手が震え 手術できない状態で 震えを止めるために 指を切ったのだと知る。
また ジュンから「外科医の才能があるから すべてを教える。薬物事件も吹き飛ぶように 俺より優れた医師にしてやる」と説得され 練習を再開する。

カン刑事からジュンソプ医師を見つけたと連絡がくる。
ジュンはカン刑事と一緒に ジュンソプ医師が出入りする賭博場を見張る。
ジュンソプ医師を見つけるが…
ジュンソプ医師はグァングクに拉致されてしまう。

深夜病院に 男が訪ねてくる。
「熱がでた。手術を前に抗生剤は飲めないから 飲める薬を教えてほしい」
病院にいたのはナギョンだけ。
男はナギョンを 手術を担当する医師だと思いこみ 「手術室を見せてもらえますか?肝臓は元気です。よろしくお願いします」と話す。
ナギョンは 移植待機リストにク会長の名前があるのを見つけ…
違法肝移植手術が行われることになっていて ジュンは手が震えて手術できないから 自分に教えている と知る。
ナギョンは 深夜病院を出て行く。

5-6


ジュンの妻を殺害したのは クォン・デウン…らしい。
本人は 否定しているけど。
犯人かどうかは別にして
ジュンが手のひらを傷つけた男はクォン・デウンで間違いない。
で、彼は事故で亡くなったことになっているけれど 生きていて入院中。意識はない様子。
デウン姉…深夜病院の看護師…は デウンが生きていることを知っている。
生きていることを隠し 死んだことにしている のはなぜ?ジュン妻を殺した犯人だからじゃないの?  



ジュンは ジュンソプ医師から「(手のひらを怪我した男の)顔は覚えていないが ク会長が連れて来た」と聞く。
その後 ジュンソプ医師は自殺(?)
これ以上 話を聞くことができなくなる。

ジュンはナギョンに 妻が殺され その犯人を探している と告白する。
「治らない傷はない。いつか治るはず」と励まされる。

ジュンは カン刑事に協力を頼んで 映像を奪おうとするが 失敗する。

ク会長が倒れる。
ジュンは すぐには死なないと 治療しない。
サンホから「会長の命より犯人か」と非難されるが…
最初に命を賭けたゲームを仕掛けたのはク会長の方。映像を出せば助けてやる と言いたくなっても仕方がないわよね。

サンホはナギョンを呼ぶ。
ナギョンが「医者の前ではみな平等」とジュンを説得。
応急処置をして 他の病院に移送する。

ナギョンはジュンから「すべてを解決したら呼び戻す」と言われるが、
今 行くあてがない。
ク会長の手術に関わらない方がいいと言われるが、深夜病院に戻る。

ク会長はジュンに「手術直前に映像を渡す」と約束する。

サンホの友人ジェボムが出所。
ジェボムは デウンを殺したのはサンホだと サンホを憎んでいた。
ジェボムは デウンから ロッカーの鍵を預かっていて 危険を感じていたから鍵を預けたのではないかと思っていた。それもサンホではなく自分。サンホを信じられない状況だったのでは と。
サンホは デウンが身の危険を感じていたことは知らなかった。

サンホはク会長から 映像を見せられ 「犯人を知っているか?」と聞かれる。
心あたりはあったが「知らない」と答える。
すると「手術までに調べろ」と言われる。

サンホは 映像の犯人がデウンだとわかった。
デウンが犯人なら…今 デウンのロッカーを開けに行ったジェボムが危ない。
サンホはロッカーに急ぐ。

ロッカーから荷物を出すジェボム。
中に デウンの告白映像が残されていた。
「女を殺したのは俺じゃない」と告白していた。
そして ジェボムは拉致される。

グァングクはジュンに 犯人に心あたりがあると話す。
「クォン・デウン。死んだ」と。
しかし デウンは死んではいない。
意識が戻らないまま入院中。
デウン姉も そのことを知っていて 見舞いに行っていた。

7-8


ナギョンがジュンを好きなのは 薄々わかっていたけど…
今 告白しても 叶うことはないとわかるだろうに…
妻が殺された。犯人は見つかっていない。犯人を見つけるために 違法な手術をする覚悟でいる。頭の中は 犯人を見つけることだけ。他のことは考えられない。
そんな人に「過去からも 奥さんからも もう歩きだしませんか?こうまでするのを奥さんは望んでいないのでは?私はここにいます。もうそろそろ振り向いてくれませんか?私のことも少しは見てくれませんか?」と言ってもね…
わたしなら 無理。



ジュンはグァングクから「映像を渡すから ク会長を手術室で殺せ」と言われる。
ク会長からは「手術が始まったら映像を渡す」と言われ、
ジュンは どうしたらいいのか悩む。

また イ看護師は 会長から 手術室に入ってほしいと頼まれる。
「いつ殺されるかわからないから 見張ってほしい」と。
イ看護師、承諾したものの…実は ク会長を憎んでいた。

そして 手術の日。
どうしたらいいのか 悩む中…
ク会長が吐血。
すぐに 内視鏡で止血したため 命に別条はないが、移植手術は延期になる。

ジュンは グァングクから なぜ助けたのか と責められる。
それを聞いていたナギョンは 殺すための手術だったのかと思い ショックを受ける。

ジュンはカン刑事にデウンのことを調べてもらっていた。
デウンが孤児院出身で 格闘技をしていたと知り 孤児院に行く。
姉がいると知り 名前を聞くと イ看護師だった。

グァングクはデウンが生きていると知り イ看護師を問い詰めようと病院に。
ちょうどその時 病院からじゅん、ナギョン、イ看護師が出て タクシーに乗り込むのを目撃。あとをつける。

ジュンに デウンのことを聞かれたイ看護師は ジュンとナギョンをデウンの入院先に連れて行く。
デウンは意識はあるが 脳に障害があり 反応が鈍い状態だった。

グァングクは3人の目を盗んでデウンを刺し 逃げる。
ジュンとナギョンが発見し 病院に搬送する。

デウンが襲われたということは デウンは犯人ではないかもしれない。
ジュンは デウンの手のひらの傷は自分が傷つけたものだと思うが、襲われたことを考えると デウンを操った人間か真犯人がいるのではと考える。
また ク会長は グァングクへの疑いを強める。

デウンが死ななかったことで グァングクは追い詰められる。
ナギョンを拉致し、
ジュンを「手術をしろ。そして手術中に殺せ」と脅す。

ジュンとサンホは 監禁場所に駆けつけ ナギョンを助けようとするが、
相手は大勢。2人ではどうにもできない。
そこに ク会長が現れる。
ク会長はグァングクを始末するつもりできたのだった。
ク会長はジュンとサンホとナギョンを解放させたあと グァングクと対決する。

病院に戻った3人。
ナギョンはジュンの手当てをしながら
「過去からも 奥さんからも もう歩きだしませんか?こうまでするのを奥さんは望んでいないのでは?嬉しかった。私を助けるために命をかけてくれて。先生に会えないかと怖かった。私はここにいます。もうそろそろ振り向いてくれませんか?私のことも少しは見てくれませんか?」と告白する。
ジュンはなんと言っていいのかわからない。

カン刑事が証拠を持って病院に来る。
ジュンは証拠を持って 病院を飛び出す。

9-10

悪い奴は ク会長か グァングクか。
流れからして グァングクだとわかるわよね。
妻の復讐だとはわかるけど それがジュンとどう関わるのかがわからなかった。
ジュンを憎んだ理由が “慌てて考えた” って感じだけどね。



グァングクはク会長の代わりに服役した。
その間 妻のことをク会長に頼んだ。
しかし 妻が行方不明になったのに ク会長は捜そうとせず 見つかったのは死後1か月経ってからだった。
だから グァングクはク会長を憎んでいた。

ジュンは今までの手術記録を調べる。
ジュンはク会長に恨まれていたらしい。
3年前 ク会長の移植手術をする予定だった。
しかし ク会長が金で臓器を買ったと通報があり 手術は中止になった。
ク会長は その通報者をジュンだと勘違いしたかもしれない。

グァングクはジュンに デウンの告白動画を見せる。
「俺は殺していない。やったのはク会長だ」

ク会長の移植手術が始まる。
提供者はサンホ。
ナギョンを犯罪者にはしたくないと 提供者になったのだった。

手術が始まる前 ク会長の容態が急変する。
(イ看護師が何かしたのかと 思ったけれど 違うみたいね)
蘇生処置をしようとしないジュン。
ナギョンに「先生は人を助ける医師でしょう?もしも会長が犯人じゃなかったら?復讐心で真実が見えていないのでは?今は助けるべきです」と説得される。
移植手術は 無事 終了する。

グァングクの妻は肝臓の移植手術の待機患者だった。
しかし 体調が悪く 手術は延期。
代わりに 理事長が移植手術を受けた。
そのことを知ったグァングクは ジュンが妻を見殺しにしたと逆恨みしていた。
ジュンの妻を殺したのはグァングク。
グァングクはク会長の命令だと嘘をついて デウンに殺害するように命令した。
しかし デウンは殺せなかった。
そこで グァングクが刺殺した。
病院に ク会長が違法移植手術をしようとしていると電話したのもグァングクだった。

ジュンは ナギョンの再就職先を手配。
ナギョンに「深夜病院は閉鎖し 遠くへ行く」と話す。

2年後。
ナギョンは深夜病院に。
そこには ジュンがいた。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング