FC2ブログ
2019/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>




神のクイズ3 あらすじ&感想


今回も 面白かったです。
ユン・ジュヒに代わってアン・ネサン演じるペ刑事が登場。
どんな役でもばっちりの俳優さんなので リュ・ドックァンとの相性もばっちりでした。

希少疾患ゆえの事件というよりは 事件に巻き込まれた人が希少疾患だった という事件が多くて シーズン1、2に比べて 面白く思えなかったのですが、
後半 ジヌの多重人格が発覚してからは 面白かったです。



全12話 2012年 OCN

出演者 : ハン・ジヌ・・・リュ・ドックァン
       ペ・テシク・・・アン・ネサン

       チャン・ギュテ教授・・・チェ・ジョンウ
       チョ・ヨンシル所長・・・パク・ジュンミョン
       キム・ソンド研究員・・・キム・デジン
       ユ・ソイ研究員・・・ハン・ソジン
       研究員・・・オク・クァンミン

       イ・ラン刑事・・・パク・ヒボン
       刑事・・・イ・テクチン

       カン・ギョンヒ・・・ユン・ジュヒ

       医師(第2話)・・・パク・ヒョンジュン
       パク・ジョンミン(第3話)・・・パク・チェジョン
       キム・デホン(第4話)・・・イ・ビョンウク
       ユギョン(第5話)・・・パク・クリナ
       ソ・インガク(第10、11、12話)・・・コ・ギョンピョ


演出  : アン・ジヌ
脚本  : パク・ジェボム

 123456789101112

1

【第1話 : 未確認生命体 / 関節弛緩を伴う脊椎骨端異形成症】
女性がミイラの状態で発見される。
調査の結果 交通事故で亡くなったことになっていたとわかる。
彼女の遺体を引き取ったのは恋人。
恋人は彼女の事故死を疑っていた。他殺ではないかと。
後々でも彼女の死の原因を調べられるように ミイラにしたと思われる。
ところが…恋人が見つけた真犯人は…


≪ハン・ジヌの様子≫
恋人ギョンヒがアメリカ研修中で 寂しい様子。

医師から「副作用以外に問題が起こる可能性がある。感情のコントロールが難しくなるとか 統合失調症になるとか。あまり感情的にならないように」と注意されていた。
手術を受けず 自分の意思で乗り越えようと思っていたが…
取り出した脳を見ると ハユンや事件を思い出してやりきれないのか 怒りにまかせて 脳が入った容器を床に投げつける。
…ホルマリン漬け?の脳を部屋に飾っておくのが 理解できない。

2

【第2話 : ホスピス / ベーチェット病】
末期患者のための施設内で殺人事件が起こる。
加害者は 幻覚症状を起こし 被害者を殺さなければと思ったらしい。
その幻覚症状は故意に引き起こされたと思われる。
施設内で行われていた ある犯罪。
被害者はそれを目撃したために 殺されたのだった。


≪ハン・ジヌの様子≫
飼っていた鳥を殺した?
ジヌには覚えがない。

3

【第3話: CRPS / CRPS複合性局所疼痛症候群】
パク・ジョンミンが 病院への移送中に脱獄する。
彼はCRPSという病気で 全身の痛みに苦しんでいた。
その病気の原因になったと思われる事件…自分と恋人を暴行した犯人たちに復讐するために脱獄したのだった。
脱獄犯は刑事に撃たれ亡くなる。
「銃に撃たれた方がずっと痛くない」とつぶやいた脱獄犯の言葉が 病気の痛みの辛さを語っている。
≪ハン・ジヌの様子≫
目が覚めると 部屋が片付いていた。
寝るとき 部屋は散らかっていたはずなのに…

4

【第4話 : 地獄図 / 原因不明の遺伝疾患】
酔っ払いが 背後から襲われ 金を奪われる事件が 連続で発生する。
この事件と同じ犯人かもしれないと思われる殺人事件が発生。
その被害者から 犯人と思われる男が浮上する。
犯人は…被害者から非情な仕打ちを受けた母子だった。
生きるために強盗を繰り返していた。
加害者母子の置かれた状況に ぺ刑事たちはショックを受ける。
ケチで有名なぺ刑事は 母子の食事代をポケットマネーから払う。


≪ハン・ジヌの様子≫
ジヌは 寝ている間の自分の様子を確かめるために 部屋にカメラを取りつける。
カメラ4に 夜中に目を覚ましたジヌがカメラに向かって 不敵に笑う様子が 録画されていた。

5

【第5話 : デスマスク / SLE皮膚エリテマトーデス】
皮膚組織、血液、毛髪が付着した人顔の石膏型が発見される。
死ぬ直前の顔を石膏型にしたと思われる。
先生に認められたいという思いが 犯人を殺人者にした。


≪ハン・ジヌの様子≫
カメラ3には カメラに向かって 手を挙げて挨拶する自分が録画されていた。

6

【第6話 : イ議員殺人事件 / クライン・レビン症候群】
イ議員が殺害される。
養子である次男が犯人かと思われたが、
財産目当てで 兄が弟に罪をかぶせたとわかる。
事件の真相がわかり 犯人たちは逮捕される。
しかし…一連の事件が起こるように仕組んだのは次男だったのかもしれない。


≪ハン・ジヌの様子≫
記憶にない自分の姿。
彼はカメラ3に向かって「僕は僕の唯一の友だ」と言う。

ある時 目を覚ますと
体に切り傷があった。
パソコンには“ジヌへ よく眠れ ジヌより”と書かれたメモが貼られていた。

7

【第7話 : 有毒ドラマ / ギッテルマン症候群】
交通事故に遭い搬送された患者が 手術中に覚醒し死亡するという事件が起こる。
覚醒するように輸入禁止の植物の毒を注射されたらしい。
娘を殺された父親の復讐だった。

ぺ刑事はドラマ「福寿草」に嵌っている。
しかし 事件解決後 ドラマを観るのをやめる。
「本当の愛と憎しみと裏切りはドラマにはない」と悟ったらしい。

また解決後 ぺ刑事はジヌに「あの頭の良さをいいことに使えばいいのに 人を殺しとは。先生も気をつけろ。先生の犯行だと警察はお手上げだ」と言うシーンあり。
もしかして ジヌは事件を起こすの?

≪ハン・ジヌの様子≫
解剖後 死因が特定できず SMDS青壮年急死症候群と断定した遺体の所見書。
ジヌは 知らないうちに 所長にメールで所見書を送っていた。

8

【第8話 : 怨霊 / ラフォラ病】
新興宗教に嵌った母親。
悪魔払いと称して 夫と娘2人を殺害する。


≪ハン・ジヌの様子≫
ジヌが書いた所見書には“胸部のあざと東部の傷痕は拷問によるものと推定”と書かれていた。
所長もジヌも 異常なし と判断したはずなのに。
再度 解剖が行われる。

事件捜査中 幻覚剤を摂取してしまう。
所長たちは 自分が怖いと思っているものを見る。
ジヌが見たのは 自分だった。

9

【第9話 : ハン・ジヌ シンドローム / MELAS症候群】
15歳の男の子が亡くなる
彼は28種類の物質にアレルギーがあった。
捜査の結果 自殺と判断する。
母は多額の借金を抱え 昼夜 働いている。
自分の世話をしてくれている祖母はガンを発症するが 治療を受けられずにいる。
自分がいなくなれば…と思ったらしい。

ぺ刑事はSMDSの男性ヤン・ジュヒョンの事件が気になっている。
“あの天才ハン先生が拷問と判断し 撤回した。何かあるかもしれない”
彼の株価操作で被害に遭った人が多数いた。
そのうちの一人チョ・ワニが自殺する。
彼女の弟チョ・ワノはジュヒョンの同僚だった。
チョ・ワノを尾行していて 轢き逃げに遭う。


≪ハン・ジヌの様子≫
SMDSの男性の第3次解剖が終了する。
結果は やはり SMDSと判断される。

ジヌはイ刑事に誘われ 一緒に食事。
別れ際に イ刑事にキスをする。

この事件で 新たな希少疾患を発見?
所長たちと“ハン・ジヌ シンドローム”と名づけようと盛り上がる。

そして…
目覚めると 3日間眠っていたと知る。
覚えのない“ハン・ジヌ シンドローム”の論文が出来上がっていた。
イ刑事から キスしたと聞かされるが まったく記憶がない。

カメラ3に「おはよう。驚いたろ。3日間お前になってみた。悪くはなかったが ストレスがたまった。いい子ぶって 礼儀正しく。自分を偽るなよ。それにイ・ラン刑事、ものすごく可愛いね。カン刑事より彼女の方が僕のタイプなんだ。ハン・ジヌ シンドローム、僕たちの共同作品だぞ。僕の優れた脳とお前のくだらない同情と憐憫の共同作品。おかげで有意義な3日間を過ごせたよ。これからもよろしく」と話すジヌが録画されていた。

轢き逃げに遭ったぺ刑事から「何を隠している」と責められるが、
ヤン・ジュヒョンやチョ・ワノを調査していたことはまったく記憶になかった。

10

【第10話 : シナプス / 亜急性連合性脊髄変性症】
ホームレスが公園のベンチで亡くなっているのが発見される。
農薬パラチオン中毒死。
人の命を賭けた 賭博が行われていた。


ぺ刑事は チョ・ワノを尾行していた部下が女に襲われ 怒り爆発。
ジヌを問い詰める。
この時のジヌはもう一人のジヌ。
ジヌは ワノがおかしいと思った理由、ヤン・ジュヒョンが拷問死だと思った理由を 得意げに説明する。
ぺ刑事には いつものジヌとは違って見える。

チョ・ワノは職務質問を受け 逃げる。
彼が引きずっていた鞄には 死体が入っていた。
チョ・ワノが「知り合えて光栄です」と言って 自殺する。


≪ハン・ジヌの様子≫
白または黒 の洋服を着ている時が もう一人のジヌ?

キム・研究員から チョ・ワノの医療記録を渡される。
しかし なぜ頼んだのか 記憶にない。
もう一人のジヌが依頼したことだから。

チョ・ワノは脳の手術後 シャルル・ボネ症候群を患っていた。

ぺ刑事から 知っていることを話せ と問い詰められて 困ってしまう。

もう一人のジヌから「さっき ペ刑事がいいことを言っていた。信頼。いい言葉だ。なぜお前は俺を信じない。俺はお前を信じているのに。自分自身を信じろ。何事件の解決を手伝ってやってるだろ?シャルル・ボネ症候群のことは黙っといたよ。どうせ分からないから。誰かはわからないけれど犯人は僕らと同じだ。そいつはたぶん 天才であると同時に芸術的な域に達している。どうだ?意地でも勝ちたくなっただろ?もう一つ教えてやる。僕らの関係は単純な関係じゃない。僕が君を越えている。いつか僕に感謝する時がある」

自殺したチョ・ワノは シナプスが切断され 恐怖を感じなくなっていた。

そして メールが届く。
“知り合えて光栄です”

11

【第11話 : ファントム・イン・ザ・ブレイン(前編) / シャルル・ボネ症候群 / カプグラ症候群】
チョ・ワノが遺棄した遺体を解剖すると脳がなかった。
鼻腔から吸引したと思われる。
彼もシャルル・ボネ症候群だった。

また 科捜研で脳のない遺体4体が発見される。
ガスによる窒息死と思われる。

ぺ刑事は所長に ジヌの言動がおかしいと相談する。
すると ジヌの脳は時限爆弾のようなものだと言われる。
そこで イ刑事にジヌを尾行させることに。

刑事を襲った女の身元が分かる。
彼女は脳の手術後 カプグラ症候群になっていた。
養父を殺して 自殺する。

ジヌを尾行していたイ刑事は 女子高生?に刺される。


≪ハン・ジヌの様子≫
ジヌはもう一人のジヌの存在に苦しむ。
もう一人のジヌは 今までは ジヌのように振舞おうとしていた。
しかし 素をさらけ出すように。
その 過激な言動に 教授、ペ刑事、所長たちは戸惑う。

チョ・ワノの背後にいると男は ファントムと名乗る研究者だと思われる。
ジヌはファントムから挑戦を受ける。

12

【第12話 : ファントム・イン・ザ・ブレイン(後編) / コタール症候群 / クリューヴァー・ビューシー症候群】
もう一人のジヌはファントムの挑戦を受ける。
ファントムから「博士は近いうちに親しい人を殺すだろう。感情はニュートロンと脳下垂体の単なる化学反応。感情は悪霊と同じく虚像ということだ。恐怖心をなくしてやり憎悪という虚像を与え絶対服従野命令を下すと 皆そのとおり反応した。知りたかったのは博士のように理知的で自制心と道徳律が強い人の反応だ。これが私の究極の研究で博士とのゲームだ。誰かを殺すのが怖くて逃げ出さないで下さいよ」と言われる。

教授は 所長たちに ファントムの仕業だと話す。
「ハン先生の別の人格が彼を突き止めた。ファントムの目的は希少疾患の治療ではなく 感情にする実験だ」と。

イ刑事を襲った女子高生チェギョンは やはり 脳の手術をしたことがあり
コタール症候群を患っている。

ペ刑事は ファントムと名乗っている男はソ・インガクとわかる。
ところが…インガク逮捕に向かった刑事たちが インガクに高周波で殺害される。

教授がインガクに拉致される。
戻って来た教授は 頭に高周波発生器を仕掛けられていた。
ジヌ、ペ刑事、所長たちは 教授からのメールで集められ 高周波で苦しめられる。
みんなを助けるためには 教授を殺すしかない。
ジヌはできない。
もう一人のジヌが 殺そうとするが…
ジヌともう一人のジヌが交代を繰り返し…
撃てない。
教授自ら 頭を撃つ。

教授はジヌのために もう一人の人格を消す装置を残していた。

ファントムのIPアドレスを調査して驚くことがわかる。
昨年2月から1年間は ジヌの家だった。その後4月から 今のIPに。
ファントムの名で発表された学説は もう一人のジヌが発表したものだった。

ジヌはインガクと対決。
高周波でインガクを苦しめる。
インガクが死ぬ前に 駆けつけたペ刑事に止められる。

1年後 ギョンヒ帰国。
ジヌは ギョンヒが待つ公園に。
会う前に もう一人の人格を消す装置を外す。
歩き始めると…
ジヌは倒れる。

関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

Ⅲも良かったですね

最初2話まで観てホントに最後なのか!?と最終話の最後の最後の数分観て最後なのか****シリーズを重ねるたびに悪くなるものが多い中.良いドラマで終わって正直安心したりしてでも寂しい!!

アン・ネサンssi登場で良い人の役を見たことが無いくらいの俳優さんで最後まで観
れるかと思いましたが良い人でしたね。

良いドラマを教えていただきありがとうございました。

木蓮さん、こんにちは

やっぱり最後なんでしょうか?
あの終わり方だったら 無理矢理でも続編作れるかも と期待したり
でも 好評のまま終わる方がいいかも と思ったりします。

私は アン・ネサン=不倫 とか だらしない夫 のイメージなんですが、
どんな役でもこなせる俳優さんなんですよね。
初めて希少疾患にかかわったペ刑事の正直な気持ちが新鮮でした。

希少疾患を扱ったドラマ。
リュ・ドックァンが出演するので 期待していたのですが 正直 ここまで嵌るとは思っていませんでした。
考えさせられることが多くて 観てよかったと思います。
第3話で シン・ドンウクさんが闘っている病気が取り上げられ 彼の苦痛がどれほどなのか知って とてもショックでした。

撮影**

始まるようですね!シーズン4!!

新しい方も出演されるようでこれが心配でもありますがまあシーズンも4だとしょうがないですかね!?

手に取れるのはまだまだ先ですが楽しみが出来ました。

木蓮さん、こんにちは~

5月から放送開始のようですね。
シーズン3の終わり方が どちらともとれる終わり方だったので 続編が放送されることになって嬉しいです。
カン・ギョンヒ役のユン・ジュヒが戻ってくるので とても楽しみです。
でも…話題は 出演が決まったエリート法医官役の彼のことばかりのようで…
彼のことは嫌いではないですが リュ・ドクファンのファンとしては寂しいです。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
BAGABOND<バガボンド>

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
花不棄(カフキ)
  -運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
スィート・ドリームズ(一千零一夜)
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
大唐見聞録 皇国への使者(唐磚)

<視聴予定>
ただひとつの愛 11/9~KNTV
ウェルカム2ライフ 11/21~衛星劇場
君の歌を聴かせて 12/18~衛星劇場
SAVE NE2(助けて2) 12/23~衛星劇場

寵妃の秘密2 12/2~lalaTV
将夜 1/7~DVD発売
刺客列伝 1/~lalaTV
愛される花1/7~DVD発売
招揺DVD発売予定
鳳囚凰DVD発売予定

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
     
  神龍      海上牧雲伝

     
瓔珞<エイラク>    晩媚と影

     
 ミーユエ      霜花の姫

     
永遠の桃花~三生三世  擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング