FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




メイクィーン/MAY QUEEN あらすじ&感想


ヘジュとサンが爽やかだったせいか 復讐ドラマにありがちなドロドロ感がなくて よかったです。
養母のいじめ チャン会長の圧力 チャンヒの裏切りにめげずに 健気に生きるヘジュ。
ヘジュに幸せになってほしいと思いながら観ました。

後半 ヘジュが実の娘だと知った後の グムヒの変わりようと
ヘジュの実父に関して 驚きの真実に 違和感がありましたが、
最後まで 面白く観れました。



全38話 2012年 MBC

出演者 : チョン・ヘジュ・・・ハン・ジヘ
       カン・サン・・・キム・ジェウォン
       パク・チャンヒ・・・ジェヒ
       チャン・インファ・・・ソン・ウンソ

       チョン・ホンチョル(ヘジュ養父)・・・アン・ネサン
       チョ・ダルスン(ヘジュ養母)・・・クム・ボラ
       チョン・サンテ(ホンチョル息子)・・・ムン・ジユン
       チョン・ヨンジュ(ホンチョル長女)・・・チョン・ヘウォン
       チョン・ジンジュ(ホンチョル次女)・・・ユン・ジョンウン

       パク・ギチュル(チャンヒ父)・・・キム・ギュチョル

       チャン・ドヒョン・・・イ・ドクファ
       イ・グムヒ(ドヒョン妻、ヘジュ実母)・・・ヤン・ミギョン
       チャン・イルムン(ドヒョン息子)・・・ユン・ジョンファ

       カン・デピョン(カン・サン祖父)・・・コ・インボム
       ユン・ハクス(ヘジュ実父)・・・ユン・ハクス
       ユン・ジョンウ(ハクス弟)・・・イ・フン
       イ・ボンヒ・・・キム・ジヨン

       チョン・ヘジュ(子役)・・・キム・ユジョン
       カン・サン(子役)・・・パク・チビン
       パク・チャンヒ(子役)・・・パク・コンテ
       チャン・インファ(子役)・・・ヒョン・スンミン
       チョン・サンテ(子役)・・・キム・ドンヒョン
       チャン・イルムン(子役)・・・ソ・ヨンジュ


演出  : ペク・ホミン
脚本  : ソン・ヨンモク

 1-23-45-67-891011-1213-1415-1617-1819-2021-2223-2425-2627-2829-3031-3233-3435-3637-38

1-2


欲望のために殺人を犯し、
殺した男の妻と結婚するために その娘を殺害させる。
そんな男が事業に成功し 金持ちに。
で、その子どもたちも親の力を借りて やりたい放題。
この設定に ものすごくうんざり。
…なんですが…せめて 子役時代は観ることに。
そして いつものことですが 子役の演技がよすぎて 大人に交代する時が心配。
特に ヘジュ役。  



ユン・ハクス博士は 味方だと思っていたドヒョンに裏切られ 殺される。
その場に居合わせたパク・ギチュルは 命乞いし 助けてもらうが、
ハクスの娘ヘジュを殺害するように命令される。
ドヒョンはハクスの妻イ・グムヒと結婚したいと思っていた。

ギチュルはヘジュを 軍隊時代の後輩チョン・ホンチョルに預ける。
ホンチョルは 妻には 浮気してできた子どもと嘘をつく。

ドヒョンには先妻との間の子どもが2人いる。
ドヒョンは 子どもたちの母親になってほしい とグムヒにプロポーズする。
夫が亡くなり 娘は行方不明。そんな状況で結婚など考えられるはずがない。
しかし ドヒョンの娘の泣く声に グムヒは心を動かされる。

10年後 ホンチョルは夜逃げしてギチュルを頼る。
しかし 断られてしまう。
ギチュルはドヒョンの元で働いており ヘジュをドヒョン、グムヒに会わせるわけにはいかなかった。

ホンチョル家族は 路頭に迷っているところを 助けてもらい、
空き家を世話してもらう。
助けてくれた人はハクスの弟ジョンウ。
ハクスが困っている人のために購入した梨畑を守っている。

ヘジュ、ヘジュの義兄サンテはそれぞれ 小学校、中学校に転校する。
それが…ドラマなので…
ヘジュのクラスにはドヒョンの娘インファ、
サンテのクラスには ギチュルの息子チャンヒ、ドヒョンの息子イルムンがいる。
インファもイルムンも お金持ちの子どもの悪い例の典型。
学校でやりたい放題している。
あっ、でも サンテのクラスにはイルムンより強いサンがいるから やりたい放題というわけにはいかないかも。
サンの祖父は“海風造船”のカン代表。ドヒョンと対立している。

ヘジュは空き瓶を集めて換金し、そのお金で家族の食料を買っていた。

ヘジュが空き瓶を集めていると知ったインファは 家には空き瓶がたくさんある と言ってヘジュを家に連れて行く。
大量の空き瓶を見せた後 家の中へ。
高価な壺を 手に取り ヘジュに渡そうとして 落としてしまう。
インファは ヘジュの首の後ろにやけどの痕があるのを見つける。
ヘジュには 幼い時に負ったやけどの痕があるはずだった。
しかし まさか目の前の娘が我が子だと思わない。

ヘジュは ホンチョルが海風造船に就職した縁で サンと知り合う。
サンはイルファから無理矢理家に連れて行かれそうになる。
サンが ヘジュも一緒なら行く と言ったため ヘジュもイルファの家に。
そこで ヘジュはイルムンの横柄な態度に怒り 喧嘩になる。

3-4


ヘジュは 自分が母の子どもではないと知っていたのね。
それでも 褒められたくて頑張った。
けれど 褒められることはなく いじめられてばかり。
愛人の子どもだと思っているから 辛く当たる気持ちもわからないでもないけど…
ヘジュが可哀想。


ヘジュの出生の秘密の件…
ギチュルは ホンチョルがヘジュの実の親のことを知っていて金をせびろうとしていると勘違いしていた。
しかし ホンチョルは何も知らない。
ホンチョルは ギチュルから「チャン会長の家に近づくな。ここから出て行け」と再三言われるのを不思議に思っていた。
そして ふと気づく。
“もしかして チャン会長と関係があるのか?”
チャン会長の妻が娘を亡くしたと聞く。ギチュルが子守りをしていたが 目を離した隙に海に落ちて死んだと。
ホンチョルは 会長夫婦が再婚だとは知らないから ヘジュはチャン会長の娘だと思う。


ヘジュはサンに頼まれ 溶接を教えていた。
そこにインファが来て 父の船を見せる。
インファを呼びに チャンヒが来て…
ヘジュが誘い 4人はチャン会長の船に乗り込む。

船には鍵がついたままだった。
インファは運転できないくせに サンにいいところを見せようと鍵をまわす。
動き出す船に慌てるインファ。
ヘジュがハンドルを握る。
ヘジュが運転できると知ったインファとサンに 沖に出ようと言われ ヘジュは船を走らせる。
そして…インファがハンドルを握ると…船は止まってしまう。
実はこの船は故障していて 部品を交換する予定だった。
浸水し始め 4人は救命胴衣をつけて 海に飛び込み 浮輪につかまる。

子どもたちが帰ってこないため 親たちが心配し始める。
船に乗って沖に出たのでは と捜すが見つからない。
翌日 4人は救助される。

元はといえば インファがエンジンをかけたのが悪いのだけど
ヘジュが責められるのよね。

5-6


追い込まれたギチュルは ホンチョルを殺害することに。
チャン会長から離れて 息子と2人で暮らした方がいいだろうに と思うのだけど…
離れたら 裏切り者として殺されると思っているのかしら。
チャン会長なら 本当に殺しそう。  



インファは 保身を図るような子どもではなかった。
意識が戻ったインファが ヘジュのおかげで助かったと話したため
ヘジュは 責められずにすむ。

チャン会長は 一緒に船に乗った子どもたちと家族を食事に招待する。
その席でも ダルスンはヘジュに冷たい。
インファから「おばさん変よ。ヘジュにお弁当も持たせないし 毎日同じ服を着せるし おばさんは継母なの?」と言われる始末。

ホンチョルはますますインファが可哀想になる。
捨てられなかったら インファと同じように親に愛されて幸せに暮らしているはずなのに と思う。
そこで チャン会長に ヘジュを預かった時に着ていた洋服を見せる。
しかし「娘は死んだ」と言われる。

ギチュルは ホンチョルが洋服を持っていた件で チャン会長に問いただされ
ホンチョルに殺すのを手伝ってもらったと説明する。
しかし「彼を連れて来い。一緒に話を聞きたい」と言われ 困り果てる。
そこで ホンチョルに金を渡して 蔚山から出て行くように話すが、断られてしまう。

ホンチョルは チャン会長夫婦が再婚で インファとイルムンはチャン会長の連れ子だと知る。
再婚するのに ヘジュが邪魔だったのでは? と思うが、
それでも 母と娘を会わせるべきだと思う。

ホンチョルは 蔚山から出て行こうとしない。
このままでは自分が殺される。
ギチュルは トラックで ホンチョルを轢き逃げする。

7-8

  
ホンチョルが亡くなったと知り チャン会長は
「悪人に天罰は下るものだ」と言う。
…って あなたが一番の悪人でしょうが!そっくり そのまま あなたに返したい。いつ天罰が下るのか 楽しみ。

ダルスンはヘジュを頼りにするようになった様子。
出産を手伝ってもらったのが きっかけかな?
あの長男じゃ まったく頼りにならないものね。

そして…
ヘジュ、チャンヒ、サンは 離れ離れに。

サンは アメリカに留学する。
チャン会長の罠に嵌り“海風造船”がチャン会長に売られてしまったから。
サンはアメリカに行く前に ヘジュにドリルシップの模型を渡し、代わりにカチューシャをもらう。
また チャンヒには「この家を出ろ。お前ならどこに行っても大丈夫だ。この家は俺の敵になる」と言う。


ヘジュは…
ホンチョルが亡くなる。
ダルスンは 女の子を出産する。
チャン会長が 梨畑一帯を手に入れたため ヘジュ家族は追い出されてしまう。
グムヒとボンヒがチャン会長と交渉し 住民に補償金が支払われることになったが、
ヘジュ家族は 住居期間が短くて もらえなかった。

行くあてもなく 橋の下で雨宿りをするヘジュ家族。
ジョンウからヘジュのことを頼まれていたボンヒは とりあえず姉の家に連れて行く。
チャンヒが申し出てくれ チャンヒの家に居候することに。

チャン会長は ヘジュの首の後ろに火傷痕があるのを見て 驚く。
ダルスンに「実の娘さんですか?」と聞くと
「ヘジュは私にそっくりよ」と言われる。
それでも 安心できない。
ギチュルに ヘジュ家族を追い出すように 命令する。

ギチュルは 借金取りに ヘジュ家族の居場所を教える。
借金取りが現れ ヘジュ家族は困る。
そこで ギチュルは 自分が借金を返済する と提案する。
代わりに 蔚山を出て海南の自宅に戻ってほしい と頼み、ヘジュ家族を追い出すことに成功する。

ヘジュ家族が引っ越し後、残されたゴミの中に ヘジュが来ていた黄色い洋服が入っていた。
グムヒは驚く。
もしかしたら ヘジュがユジンかもしれない とすぐに 海南に向かう。

慌てたギチュルは 借金取りに連絡して ヘジュ家族を自宅に行かせないようにしてほしいと頼む。
「ヘジュという子を 海南から追い出してくれ」と。

ヘジュ家族は 借金取りに倉庫に閉じ込められる。
自力で脱出するが 借金取りが戻ってきてしまう。
そこで ヘジュは自分が囮になり 母たちを逃がす。
そして…借金取りに追い詰められ 海に飛び込む。

9

  
15年後。
ヘジュは 高校を中退。今は溶接工として働いている。
兄サンテと妹ヨンジュを大学に行かせるために 高校を中退して働いたというのに
サンテは卒業後 まともに働いていない様子。
ヨンジュは 勉強よりも クラブ通いの方が楽しいらしい。
ヨンジュは まだ大学生だから仕方ないとして 問題はサンテよね。
おバカなサンテに 期待したのが間違いだったわね。

チャンヒは検事に。
ギチュルは当然だけど チャン会長も嬉しい様子。
イルムンがぱっとしないからね…
会社を大きくする前に 息子の教育をした方がよかったかも。

ヘジュはチャンヒと恋人同士。
チャンヒは父にヘジュを紹介したいが ヘジュはまだ早いと思っている。
天地造船の面接を受けることになっていて 社員になってから 紹介してほしいと思っている。

サンは マサチューセッツ工科大学卒の船主監督官ライアン・カン として帰国。
天地造船関係の仕事をしているらしい。

ヘジュは天地造船の面接を受ける。
面接官にイルムンがいるが ヘジュには気づいていない様子。
イルムンは 中卒のヘジュが面接を受けているのが気に入らない。実技試験の評価が高かったと聞くが それでも 面接試験まで進んだのが不服。

面接中に ライアン・カンが怒鳴りこんでくる。
設計図と実際の船とが違うらしい。
設計図を放り投げるライアン。
ヘジュはそれを拾い集めて ライアンに渡す。
目を合わせた2人は驚く。
2人は 先日 クラブで顔を合わせていた。
ヨンジュを連れ戻しにクラブに言ったヘジュが ヨンジュといたライアン・カンを投げ飛ばしたのだった。

10


やっぱり…
ギチュル、凄い形相で反対していたわね。
チャンヒからヘジュを紹介されて ギチュルは大反対。
インファと結婚すれば 夢が叶う と思っているらしい。
でも…インファと結婚することがいいことなの?チャン会長の家族になることがいいことなの?婿になっても いいように利用されて虐げられるだけじゃないの?


ヘジュの面接中に 怒鳴りこんできたサン。
目の前の女性がヘジュだとは気づかない。
ヘジュはろくに面接を受けられず 中卒ということで 不採用になる。

翌日 サンは 面接を受けていた女性が“チョン・ヘジュ”という名前だと知る。
履歴書を見て 後輩で 好きだったヘジュだと気づく。
ヘジュは サンの口添えで 採用になる。

巨済島からは通えない。
ヘジュは チャンヒの紹介でジョンウの家に同居することに。
ジョンウに再会し 懐かしんでいると ボンヒがくる。
で、再会を喜んで 酒を飲んだらしい。

翌朝 ボンヒは姉の家に朝帰り。(姉の一家と一緒に住んでいるみたいね)
外出しようとしていたグムヒに会い、ヘジュと一緒に酒を飲んだと話す。
天地造船に就職したと。

グムヒはすぐに天地造船に行く。
ヘジュを捜して トイレに。
手を洗っているヘジュの首の火傷痕に 驚く。

11-12


あれ?と思ったことがあって…

グムヒは ヘジュの首の火傷痕を見て 娘だと確信。
ダルスンに会いに行く。
黄色い洋服と幼い時のヘジュの写真を見せて ダルスンを問い詰める。
しかし 洋服はもらったもので 写真の子どものことは知らないと言われ がっかりする。
そのことを知ったチャン会長は ヘジュの履歴書を グムヒに見せるのよね。
「血液型が違う」って。

ヘジュはグムヒの娘のはず。
なのに 血液型が違うっていうのは チャン会長が改ざんしたの?
イヤ 改ざんしたのなら 改ざんする前に 血液型が合っていることに驚くわよね。
じゃぁ…もしかして…父親が違うの?
え~~~ それって 夫をとても愛していたはずのグムヒが浮気したの?


サンは
ヘジュとチャンヒが15年前から付き合っていて 結婚するつもりでいると知って かわいそうなくらい落ち込んでいる。
「アメリカに行かなきゃよかった」とつぶやくのがね…
あの時は それが一番だったと思うし、だからこそ 今のサンがある。
でも その間に ヘジュとチャンヒが付き合っていて 自分は思いを伝えることも チャンヒと奪い合うこともできなかった。
後悔する気持ちもわかるかも。
まぁ そばにいても ヘジュにはチャンヒしか見えていなかった と思うけどね。


ギチョルは ヘジュとチャンヒの交際に大反対。
本当に 息子がインファと結婚できると思っているところが 笑える。
ずっと いじめられ続けて チャン会長のことを知らなさすぎ。

ギチュルに平手打ちされ、
土下座して 泣き落しされ、
ヘジュの心は揺れる。
チャンヒに「別れましょう」とメールする。
しかし チャンヒにその気はない。
逆に 強く愛しあっていると 気持ちを確かめあうことに。

ギチュルはダルスンに「ヘジュをチャンヒに会わせないでください」と金を渡す。
これが 以前のダルスンだったら 金を受け取ったはず。
けれど ダルスンは変わった。ヘジュに優しくなった。
愛しあっているのならと2人を応援。
金を チャンヒに返す。

ヘジュは実力を認められ チャン会長の一声で プロペラチームに配属される。

ヘジュはチャン会長に招待される。
行ってみると そこには チャンヒとギチュルもいた。
その席で チャンヒは ヘジュと交際していて結婚するつもりだと明らかにする。

ギチュルは再びダルスンを訪ね
「金をやったのに なぜ2人を会わせるんだ。溶接工が検事を狙うのか」と叫ぶ。
そこに ジョンウが帰宅。
「私がヘジュの叔父になります。叔父として力を貸します。彼女を見るとユジンを思い出すんです」と言われ 複雑な気持ちになる。

ヘジュは 新聞の写真の男を見て驚く。
自分を拉致して 崖に追い詰めた男。
チャンヒは ヘジュを警察に連れて行き 面通しする。

チャンヒは男を尋問。
どうしてそんなことをしたんだと 問い詰める。
すると「依頼されたんだ。パク・ギチュルという男に」と言われ 愕然とする。
呆然として 警察署を出て行くと
いきなり サンから胸を掴まれて「お前 ヘジュを諦めろ」と言われる。

サンは 設計を教える予定だったのに来なかったヘジュを心配して 家に行き
ヘジュがギチュルから 叩かれ髪を掴まれて引っ張られているところを目撃したのだった。


ボンヒはジョンウが好き。
あの手この手でジョンウを落とそうとするが 失敗してばかり。
う…ん、ジョンウは色気では落ちないと思うけどなぁ。

13-14


ダルスンがヘジュに謝罪してくれて ヘジュの苦労が報われたみたいで 嬉しい。
ダルスンは ヘジュに八つ当たりしているとわかっていても 止められなかったのよね。
それが幼いヘジュにもわかったから ヘジュは我慢した。
度が過ぎたいじめだったけど ヘジュが頑張ったおかげで 苦労を共にした家族として抱き合うことができた。
ほんと よかった。

サンの両親の死には秘密がありそう。
サンは母が溶接工だったから ヘジュを好きになったらしい。
ヘジュが嬉しそうな顔をして チャンヒの車に乗り込みを見て 切ない顔をするサン。
叶えてあげたいけど ヘジュとチャンヒが別れることはないだろうなぁ と思っていたけど…
すっかり忘れてたけど ギチュルはホンチョルを殺したのよね。
このことを知ったら…ヘジュとチャンヒは別れるかも。  



チャンヒはギチュルを問いただす。
「どうして13歳の子を売ろうとしたんだ。なぜ借金を返すと言いながら裏で残忍なことを」
すると「私がやった。お前のためにやったんだ。勉強もせず彼女を追いまわしていたから。お前の将来のためなら同じことができる。ヘジュと別れるか 俺を捕まえろ」と言われ…
チャンヒは家を出て行く。

チャンヒは ヘジュに「結婚しよう」と言う。
けれど ヘジュは 結婚する と言わない。
ヘジュは家族を捨てられないし チャンヒにも捨ててほしくない。

ジョンウはイルムンの裏金などの件で イルムンを起訴しようと準備をしていた。
イルムンと同じ家に住んでいるチャンヒには極秘に進められていたが、
なんと ジョンウの部下がチャン会長に内通していた。

チャンヒは チャン会長から 逮捕されないようにしてほしいと頼まれる。
しかし…
チャンヒは密かにチャン会長を起訴しようと準備を進めていた。
ジョンウに チャン会長にイルムン起訴の件が洩れたと話し、
「代わりにチャン会長を逮捕しましょう」と話す。

チャン会長は検察の内通者から ジョンウとチャンヒが自分を狙っていると聞く。
そこで ギチュルを呼び出し、
ホンチョルを轢いたトラックの血の付いたナンバープレートを見せて 脅迫する。

ギチュルはチャンヒに「チャン会長を逮捕しないでくれ」と懇願する。

15-16


やっぱり…
父が愛する人の父を殺した とわかったらね…
チャンヒはヘジュに「僕たち別れよう」と。
これしかないのかしらね…
ないのよね…

サンはヘジュへの気持ちを断ちきれない。
ヘジュを好きな気持ちのまま インファとは付き合えない。
インファのことは 妹としか思えない。
インファに「お前と俺はダメだ。お前のことを好きになろうとしたし 付き合おうとしたけれど こんな気持ちでは無理だ」と言う。
インファは納得していないようだけど 仕方ないわよね。

イルムンは 偶然 グムヒとボンヒが話しているのを聞いてしまう。
グムヒには亡くなった娘がいて グムヒはヘジュを娘のように思っているらしいと知る。
おバカなイルムンが ひらめくなんて不思議だけど 2人のDNA鑑定をおこない 親子だと知ることに。
知ったのはいいけど…これからどうするつもりなのかしら。  



チャンヒは父の懇願を無視。
チャン会長の「こんなことをしたら お前たち親子は破滅する」という脅しも無視。
チャン会長の自宅と会社を家宅捜査。
チャン会長に手錠をかける。

ところが…
チャン会長は 取り調べ中に
チャンヒに ギチュルがホンチョルを轢き逃げしたと話す。
証拠のナンバープレートを見せ、ギチュルの自白を聞かせる。

ギチュルは チャンヒから 殺害した理由を聞かれ
金を巻き上げられていた と嘘を話す。

チャンヒはチャン会長を不起訴にし、辞表を出す。
父と一緒に チャン家を出るつもりでいる。
しかし チャン会長はチャンヒを手放すつもりはない。一生飼い殺しにするつもりでいた。

17-18


チャンヒとヘジュ、
やっぱり 別れちゃったのね。
ようやく ギチュルが目を覚まして 考えを変えてくれたけど…
遅いわよね。

ギチュルはチャンヒに「ヘジュと一緒にここを離れて2人で暮らせ。私を捨てて 今からでも幸せに暮らせ」と言う。
チャンヒは 荷物をまとめて 家を出る。
途中でヘジュを車に乗せ 空港へ。
空港で 一緒に外国に行こう とヘジュに打ち明ける。
しかし ヘジュを説得できない。
いきなり 連れてこられて一緒に逃げようと言われて「わかりました」と返事する人なんていないわよね。

説得中に チャン会長から電話がくる。
同じ時 チャン会長はヘジュの携帯に ナンバープレートの画像を送る。
父がチャン会長から殴られた。この先も酷い仕打ちをされるはず。
そう思うと チャンヒは父を捨てられない。

ヘジュは「一緒に逃げない」と空港から去っていき、
チャンヒは チャン会長が差し向けた男たちに拉致され 連れ戻される。

チャンヒはチャン会長に忠誠を誓うが、
密かに復讐を誓う。

翌日 チャンヒはヘジュに別れを告げる。
冷たい言葉を浴びせ
「君は僕に釣り会わない。このまま僕の人生から消えてくれ。二度と連絡するな」と。

ヘジュは チャンヒとの別れが辛い。
…それはチャンヒも同じことだけど。
ヘジュは熱を出し うなされる。
父の轢き逃げ事故のことを思い出す。
すぐに ジョンウに会いに行き 事故のことを聞く。
すると「公訴時効は過ぎている。事故の資料はパク検事が持って行った」と言われる。


グムヒは病院で検査を受け 珍しい血液型だと言われる。
“シスAB型”
通常では考えられない血液型の子どもが生まれる可能性があるらしい。
父親がO型の場合 AB型の子どもが生まれる可能性がある。
グムヒは ヘジュがAB型だったのを思い出す。
もしかしたら ヘジュは娘かもしれないと思う。


サンに働き口を頼んだサンテ。
行ってみると…
待っていたのはサン祖父。
溶接を 厳しく教えてもらうことに。
これで 真面目人間になってくれたらいいのだけど。

19-20


はぁ…サンテ、なんて奴なの?
家族みんなの前で ヘジュが母の実の娘ではないと叫ぶなんて。
兄なら 「俺は家長だ」と豪語するのなら 言っていいこと悪いことぐらいわかりなさいよ!

サンテは 偶然母とヘジュの会話を聞き ヘジュが母の実の娘ではないと知る。
そのことが頭から離れない。
ヘジュから 仕事のことで責められ 思わず「妹じゃないくせに」と叫んでしまう。

家族に知られて動揺するヘジュ。
それでもヘジュは ホンチョルが父だと思っていたから まだ大丈夫だった。
ところが…
ダルスンから 実の父はユン・ハクスで実の母はイ・グムヒと聞かされる。

ダルスンは グムヒから「ヘジュは本当に実の娘ですか?AB型の子どもも生まれる可能性があるとわかったんです。首には火傷の痕がある」と涙で訴えられても 認めなかった。
なのに…
実の母に育てられたら こんな苦労しなかっただろうにと思いはじめ、
ジョンウの部屋の家族写真を見て ジョンウがヘジュの実の叔父だと知り、
家族が ヘジュが実の娘ではないと知ってしまった。
潮時だと思ったのかも。

一方 グムヒは ダルスンに否定されても諦めきれず
ギチュルに会った帰りのヘジュをお茶に誘い、髪の毛と唾液を採取。
DNA鑑定に出す。
イルムンが尾行していたけど まさか鑑定の邪魔をしないわよね。


ヘジュはジョンウに 携帯に送られてきたナンバープレートの事を話す。
しかし 携帯がないため写真を確認できない。
ヘジュの同意があれば 送信者を調べられると聞き 調査を頼む。
調査の結果 架空名義の携帯から送信され チャン会長の家の周辺から発信されたとわかる。

また ヘジュは 自分を拉致した男から 命令したのはギチュルだと聞かされる。
驚いて ギチュルを問いただすと
「息子から離したかった」と言われる。


イルムンが研究費を流用していることが チャン会長に知られる。
自社製のプロペラはでき上がらない。
輸入製品を使用するにしても 手元に届くのには時間がかかる。
契約通りに 船を完成させるのは無理。
チャン会長は 違約金を支払うことに。

ジョンウは サンからイルムンが研究費を流用していることを聞き、
イルムンを 横領疑惑で逮捕する。
天地造船の経営企画本部長に就任したチャンヒは イルムンを不起訴にするため
ジョンウの弱みを捜す。


サンは実の両親のことを調べていた。
祖父は 母のせいで父は祖国と家族を捨てたと怒っていて 話してくれない。
父がユン・ハクスと親しかった ということまではつきとめた。

ある日 サンに本が届けられる。
“ユン・ハクスに贈る、カン・ウン”と書かれてあり、
チャン会長とユン・ハクスとカン・ウンが写った写真が挟まれていた。
この本はチャン会長が持っていたもの。
チャン会長は サンがイルムンの横領のことを知っていたのに黙っていたことに怒っていた。
…チャン会長は復讐するつもりだろうから…どんな秘密があるのかしら。

21-22


イルムン、やっぱり やっちゃったのね。
やらないはずがないとは思ったけど…
普通 頼まれて偽造するとは思わない。
でも 他のドラマでもあったのよね、偽造を頼むのが。で、ちゃんと偽造された鑑定書が発行されたのよね。
あってはいけないことなのに…ありうるところなの?  



サンの玄関の前に置かれていた“備忘録”
中には ハクスに宛てたウンの日記が書かれていた。
“ウンはサン母に出会い 結婚を決める。しかし サン祖父に反対され 日本に渡る。サンが生まれ 日本に帰化し“アキヤマ”と名乗る。家族3人の幸せな生活、そこに祖父がやってきて サンを奪って行った。サン母はショックで失語症になってしまう”
サンは祖父を恨み 距離を置くようになる。
日本から帰国したボンヒによると サン両親は心中だった。

ヘジュは ホンチョルの遺灰を撒いた海岸に行き グムヒを遠くから見つめ 帰宅する。
ヘジュにとっては 苦労を共にした今の家族が家族だった。
ジョンウにも事実を話さず 今まで通りに生活しようと思う。

チャンヒはジョンウを陥れる。
ジョンウの不正を作り 密告。
ジョンウは停職になり、イルムンは釈放される。

イルムンは 本部長から降格される。
当然 この人事に不満を持つ。
イルムンは ジョンウから提案を受けるべきかどうか迷う。
取り調べの時にも「このままではお前は後継者になれない。会社に尽くしたのに悔しいだろう?知りたいのは会長のことだ。彼がいる限りお前はトップになれない」と言われていたのよね。
釈放されてからも「王座を得るためには親兄弟を捨てる冷酷さが必要だ。僕は1か月で復帰する。お前はトップになるのに何年かかる?チャンヒがなる気がする」と揺さぶられて…
今の 冷遇されている状況を思うと 父の不正の証拠をジョンウに渡すかも。

ジョンウがチャンヒのせいで解雇されたと知ったヘジュはチャンヒを非難。
解雇される。
その時のチャンヒの表情や言葉はとても冷たく ヘジュはショックを受ける。
忘れたいと思うのに 忘れられない。
付き合っていた時のチャンヒからの手紙を見ると 涙が止まらなくなる。
そして 泣きながら チャンヒからの手紙を燃やす。

ヘジュは サンと祖父を仲直りさせようとする。
しかし 失敗。
サンから“備忘録”を見せられ サンの苦しみを理解する。
そして 父ハクスとサン父ウンが果たせなかった夢を果たすためドリルシップを作りたいと思う。
それを聞いたサンは ドリルシップを建造できる造船所を作ろうと考える。

ダルスンは いままでのヘジュのことを思うと やりきれない。
ヘジュは 家はこの家だけ と言ってくれたけれど それでいいのだろうか と。
決心して グムヒに会いに行き、
「私がウソを。ヘジュは奥様の娘です。ヘジュがあなたの娘のユジンなんです」と話す。

ダルスンが決心して 本当のことを話したけれど すんなり とはいかないわよね。
グムヒは DNA鑑定書で 親子ではないと 知った後だし、
なにより そこに ギチュルがいるのがね…なんだかんだ言って ヘジュは娘じゃないと言うだろうし。

チャンヒはインファを振り向かせることに成功。
結婚するつもりでいる。
イルムンはおバカだし、インファと結婚すれば 会社は自分のものだものね。

23-24


まさか サンテがスパイするとは思わなかったのだろうけど…
祝完成の飲み会に サンテがいるのが間違いなのよね。
それにしても サンテ おバカすぎ。金に釣られて妹を売るなんて…いつまで妹の足を引っ張ったら 大人になるのかしら。 



ダルスンは グムヒの告白に驚く。
しかし DNA鑑定では親子ではなかった。
ダルスンに そう話す。

イルムンが投資した油田で火事が起こる。
死者も出て 被害額が大きくなりそう。
その上 イルムンの横領の影響で 船で設計とは違うものを使っていたことが判明。
変更するのに またお金がかかる。

チャン会長はサンが邪魔。
そこで ノーブル社に サンが工場経営を優先させているとちくる。
サンは 会社に残るか 工場経営に専念するか迫られ、
辞表を出す。

イルムンはサンテに金を渡して スパイをさせる。
「プロペラがいつ頃でき上がるか調べろ」と。

プロペラが完成する。
サン、ヘジュ、サン祖父、サンテ、4人で完成を祝う。

サンテは席を立って イルムンに報告する。
すると 模型と設計図を持ってくるように言われる。
そこで 船に忍び込む。

船には監視カメラがとりつけてあり サンのスマホで見られるようになっていた。
サンテが船に忍び込んだことに気づいたサンは ヘジュと一緒に船に急ぐ。
その間 船では 覆面の男たちも忍び込んでいた。
駆けつけたサンとヘジュは 男たちから 設計図と模型を奪い返し 走り出す。
車の中から その様子を見ていたイルムンとチャンヒ。
イルムンは サンとヘジュに向かって車を走り出す。
チャンヒは止めようとするが…2人を轢いてしまう。


サンは父が死んだ日と ユン博士が死んだ日が1日違いだと知る。
“やはりなにかおかしい。チャン会長が関係しているのではないか”
ジョンウにこのことを話し、備忘録を見せる。

ジョンウは兄の墓から 弾を取り出す。
調査の結果 その弾は韓国の諜報機関のものだった。

ジョンウがグムヒを嫌っているのは チャン会長と再婚したからではないのね。
もちろん それもあるかもしれないけれど それよりも グムヒがチャン会長と浮気したと思っているから 嫌っているのね。

グムヒとチャン会長とユン・ハクス。
三角関係はどのようなものだったのかしら?
グムヒはチャン会長と浮気したの?

25-26


まずは 訂正。
サンを轢いた車を運転していたのはイルムンじゃなかったわね。
チャン会長秘書かな?
彼は サン祖父を殺害する。

サン両親が亡くなった事故の事実が明らかに。
やはり チャン会長がしたこと。
サン両親が乗って車を追いかけ 崖下に転落させた。
マイクロフィルムを手に入れるためにしたことだったけれど サン両親は持っていなかった。
そこで 翌日 ユン博士を殺害して 手にいれた というわけ。

この事実は 安企部の要員だった男からサン祖父が聞いたこと。
サン祖父はジョンウから「ドヒョンが兄を殺した。あなたの息子さんもドヒョンに殺された可能性がある。2人は1日違いで亡くなっているんです」と聞かされ、
金を渡せば当時のことを話してくれる人がいると教えてもらい 話を聞きに行ったのだった。
けれど このことで サン祖父は チャン会長の秘書から 感電死させられることに。


サンテが盗んでイルムンに渡した設計図&模型も
チャンヒが男たちに盗ませた設計図と模型も
本物ではなかった。
サンの怪我はたいしたことはなく ヘジュと天地造船に乗り込むが 証拠を手に入れられなかった。

チャン会長は サンかヘジュに協力を求めて 天地造船でプロペラを作りたいと考える。
しかし チャンヒから 2人とも拒否するだろうと言われる。
そこで チャンヒの提案で サンに圧力をかけることに。

サン祖父は借金の返済を迫られ 工場が差し押さえられる。
ヘジュは工場を助けるため チャン会長に頼む。
天地造船でプロペラを作るから 工場を助けてほしいと。
ヘジュは技術開発チーム長に就任する。

サンはノーブル社から 辞表は受け取っていないから ボーリング権を獲得するために協力してほしいと言われる。
天地造船も狙っているから 情報を探ってほしいと。
サンは 自分たちの手でドリルシップ作り ボーリング権を獲得しようと提案。
ノーブル社から 了解を得る。


イルムンは不正融資の資料を手に入れ ジョンウに渡す。
これ 実は イルムンが部下に資料を盗んで来るように命令して 手に入れたもの。
しかし 部下はイルムンを裏切る。
イルムンが欲しがっていると承知の上で チャンヒが用意したもの。
チャンヒは何を考えているのかしら。

27-28


チャンヒの予定通り チャン会長は辞任。イルムンが会長に。
能力のないイルムンは すぐに失脚するだろうから…
インファと結婚したチャンヒが実権を握るわけね。

さぁ チャンヒの計画通り うまくいくかどうか…
チャンヒの知らないこと、ヘジュはグムヒの実の娘、チャン会長はサン父とユン博士を殺害した、サン祖父の死に関わっているかもしれない、それらのことが明らかになった時 何かが起こるかも。  



サン祖父の葬式の時
チャンヒは サンがノーブル社と協力して ドリルシップを作ろうとしていると知る。
サンの工場を手に入れ、
ノーブル社と手を結ぶ。

サン祖父にはサンの知らない多額の借金があり、すべてを処分しても返済できなかった。
工場を奪われ、
一文無しになり、
多額の借金があり、
ノーブル社から手を切られ、
サンは姿を消し レストランでコックとして働き始める。

ジョンウはチャン会長を逮捕する。
チャンヒはチャン会長に 実刑を免れるためには 会長の座を退き 財団を作って私財を寄付するべきだ と話す。
納得できないチャン会長。
しかし あらゆるところをあたり それが一番だと知る。

チャン会長は 理事会で 会長の座を退くことを発表。
次期会長には チャンヒが推したイルムンがなる。
そして チャンヒとインファの結婚式が行われる。


ジョンウはサンから ヘジュがダルスンの娘ではないと聞く。
すぐに ダルスンに確認すると
「ヘジュは検事さんの実の姪。ユジンという子なんだ」と言われる。
ジョンウはヘジュに会い、姪が生きていて嬉しいと話す。


ヘジュは サンを見つけ出す。
「ボトルシップを造りたかった人の血が自分には流れていると先輩は言っていた。私にも流れているかもしれない。私の実の父はユン博士かもしれないの。ボトルシップは私と先輩の父の叶えられなかった夢なの。諦めないで」と説得する。

ヘジュは サンをジョンウのところに連れて行く。
サンはジョンウから「君のお祖父さんは殺された可能性が高い。おそらくドヒョンの仕業だ。君の父親と僕の兄も殺された可能性が高い。そのせいでお祖父さんも殺された」と言われる。
そして ヘジュには内緒にしてほしいと あることを聞かされる。

29-30


チャン会長も ヘジュがユジンだと知ってしまった。
ジョンウはヘジュの安全のために チャン会長には知られないようにと思っていたけど 無理だったわね。
さぁ…チャン会長がヘジュをどうするか…
ヘジュの能力をかってるから 家族だから一緒に住もう なんて言いだすのかも。  



ジョンウは ヘジュとグムヒのDNA鑑定を行う。
当然 結果は親子。
前回の鑑定は 鑑定者を問いただし イルムンが偽造させたと知る。

ジョンウはグムヒに ヘジュがユジンだと話す。
前回の鑑定は イルムンが捏造していたと。
ヘジュに会い、すぐにでも家に連れて行こうとするグムヒ。
ジョンウはそれを止める。
「ドヒョンがヘジュを捨てさせた。殺そうと命令したのかもしれない。あなたと結婚するために。ヘジュが13歳の時 パクは島に売ろうとした。あなたは本性を知らない。彼は悪魔です。兄を殺した男ならなんだってやるはずです」と。
そして 「ヘジュの安全を守るために冷静になるように」と強く言う。

ヘジュは天地造船を辞め、
サンと一緒に ドリルを開発することに。
出資金を募るためにプレゼンを行うことにする。
しかし チャン会長の邪魔が入り、失敗する。

チャンヒはチャン会長に 密告者はイルムンだったと話す。
怒ったチャン会長はイルムンを罵倒する。
「戸籍から抜くから 家からも会社からも出て行け。愚かな奴だ。だからヘジュにも劣るんだ。彼女は中卒なのにアジマススラスターを造ったんだ。お前がやったのは父親の告発だけだ」
すると「あの女は母さんの娘です。ヘジュはユジンなんだ」と言われる。

31-32


サンの片思いが ようやく実を結んだみたいね。

チャン会長は「生きていたのか~」としらじらしい嘘をつくかもと思ったけど
目の前からヘジュを消すことにしたのね。
けれど 失敗。
秘書がジョンウに逮捕されちゃって…
チャン会長の悪事も これで終わり?  



チャン会長は イルムンを解雇し、チャンヒを会長代行にする。
ヘジュがユジンだと グムヒには絶対に知られたくない。
知られる前に ヘジュを海外に行かせようと考える。
ヘジュに 海外留学をしたらどうかと言うが 断られる。

サンは チャンヒから ドリル開発に協力すると提案される。
チャンヒが何を考えているのか、裏にチャン会長がいるのか 気になる。
利用されて 奪われるに違いないと思うが…
資金が足りない。グムヒから援助してもらったが やはり苦しい。
提案を受けることにする。

サンは フィリピンのダイヤ製造工場に 出張することに。
チャン会長は そのことを聞き ヘジュをフィリピンに行かせるよう 秘書に命令する。
秘書は サンを監禁し 連絡取れないようにする。
そして ヘジュに サンの代わりにフィリピンに行くように言い 空港に連れて行く。

チャンヒは ヘジュがフィリピンに行くことになったと知り 不安になる。
チャン会長はヘジュを海外に行かせたいと言っていた。秘書はどんなことでもする。
すぐにヘジュに電話。
「空港に着くなり逃げろ。君が危険だ」と言う。

チャンヒは空港に行こうとするが チャン会長と一緒に出かけることに
そこで サンにメールする。
“すぐ空港へ行け。ヘジュが危ない。”
タイミングよく サンは監禁場所から脱出したところ。
すぐに空港に向かう。

ヘジュは秘書たちから逃げだすが…
捕まり…
連れて行かれそうになっているところにサンが駆けつけてくれて…
助かる。
報告を受けたジョンウはすぐに 秘書を逮捕しようとするが 姿をかくしていた。
また秘書の携帯が 犯罪に関係している携帯と同じだとわかる。

イルムンはグムヒに ヘジュがユジンだということ、DNA鑑定を捏造したこと、父も知っていることを ぶちまける。
グムヒは イルムンから聞いたと チャン会長を責める。
「ヘジュが生きていたと隠していたのね」と怒鳴り 家を出る。

チャン会長は ギチュルを責め 殴る。
「すべてお前のせいだ。ユジンを殺さずにチョンに預けたからだ。お前のような奴は死ね。寄生虫のような奴」と。

その様子を聞いていたチャンヒは 父を問いただし…
「ユジンはヘジュだ。チャン会長の殺せと言われたが 殺せずにチョン先輩に預けた。そのことがばれ 私がチョン先輩を殺した。チャン会長はヘジュの実の父親を殺した」と聞く。

ジョンウは チャン会長の秘書を逮捕する。

ギチュルはヘジュに謝罪する。
「私がチョン先輩を殺した」と。

33-34


チャン会長を倒すため
巨大なチャン会長だから 復讐するために インファを利用して婿になった。
信用させるために 悪事を働いた。
そうさせたのは ヘジュ。
そのヘジュから あなたもドヒョンと同じ悪魔 と言われたら 辛いだろうなぁ…
まぁ 言われてもしかたないけどね。
復讐するというわりには いつまでたっても ドヒョンに加担して ヘジュたちを苦しめているんだもの。  



ギチョルは グムヒに すべてを話す。
ドヒョンがハクスを殺した、グムヒと結婚するために ユジンを殺すように命令されたけれど殺せず預けたと。
「殺したのは 奥様だけが原因ではないです。フィルムを奪うためにハクスを殺したようです」と。
グムヒは フィルムを見つけるために 家に戻る。
ドヒョンに「インファと同じように ヘジュにも会社の株をあげて」と言い、
株券を ヘジュに渡す。

ドヒョンがサン両親を事故死させた証人のキム・ジョンボがシンガポールから帰国する。
ジョンウは 記者会見を開き ドヒョンがサン両親とハクスを殺したと明らかにしようと考える。
記者たちの前で ジョンボとギチュルに証言してもらうことにする。

しかし 記者会見場に 証人が現れない。
2人はドヒョンが開いた記者会見場にいた。
ドヒョンに脅され ジョンウに証言するように脅迫されたと証言する。

ジョンウは失脚する。

ところが チャン会長が ジョンボを殴り脅迫している様子が テレビに流れる。
サンとヘジュが ジョンボの部屋にカメラを仕掛けたのだった。

35-36


ヘジュが チャン会長の子どもだったなんて…
自分の人生を狂わせた男が 実の父。…最悪。  



ジョンボは 検察で チャン会長に脅迫されたことを証言する。
しかし ギチュルは チャン会長の関与を認めない。
国家情報院は 中央情報部の裏金の行方の調査を開始する。

サンとヘジュはオーシャン造船と提携する。

イルムンは サンとヘジュが開発したビットを盗もうと忍び込む。
ところが 不注意で火事を起こしてしまう。
ヘジュは 資料を運び出そうとして煙に巻かれ 倒れる。
幸い ヘジュは右手を怪我しただけだった。

グムヒは チャン会長の血糖値が高く 子どもに遺伝することもあると知り 驚く。
さっき ヘジュの病室で ヘジュの血糖値が高いと聞いたばかりだったから。
嫌な予感がし グムヒはヘジュとチャン会長のDNA鑑定を行う。
結果は 親子だった。

グムヒはショックをうける。
結婚する前 グムヒはチャン会長と付き合っていた。
しかし 親に反対されたこともあって チャン会長は別の人と結婚した。
その後 グムヒもハクスと結婚したが、
結婚後も チャン会長は たびたびに会いにきていた。
ある時 グムヒはチャン会長に襲われる。
グムヒは ハクスに 離婚を申し出るが 応じてもらえないまま ヘジュを出産。
ハクスから 父娘であると書かれた鑑定書を見せられ それを信じた。
なのに…
グムヒは気持ちが悪くなり 病室のベッドに鑑定書を置いたまま トイレに。
その後 ヘジュが病室に入り 鑑定書を見てしまう。

ヘジュの動揺も激しい。
恨んでいる男が 実の父親だとは信じたくない。
あんな悪党の娘だなんて耐えられない。

ヘジュはジョンウに打ち明ける。
今度は ジョンウが動揺。
グムヒに冷たい言葉を言ってしまう。
しかし ダルスンから “家族は血を分けることじゃない。悲しみや苦しみやひもじさを分かち合うことだ”というホンチョルの言葉を聞き 落ち着く。

輸入したダイヤが工業用のものではなかったとわかる。
確かに 工業用を発注したはず。
どこで 誰が すり替えたのか 悩んでいる時
サンテから 秘書のキムが設計図を見ていたと聞き 彼がスパイかもしれないと思う。
そこで 偽の設計書を盗ませる。

天地造船は 盗んだ偽の設計書で プレゼン。
ということで オーシャン造船がボーリング権を獲得する。

グムヒは 金庫から フィルムを盗み ヘジュに渡す。
ところが その様子を チャン会長に見られてしまう。

37-38


自殺…
それしかないわよね。
罪を償ったから 仲良くしましょう なんてあり得ないし…
犯した罪と相応の罰は これしかないのかも。  



ヘジュは サンのプロポーズを断る。
実父がチャン会長だと知ったから。
何も知らないジョンウは なぜ断られるのかわからない。
そこで ジョンウに相談。
ヘジュの実父がチャン会長だと知る。
祖父の顔が浮かび…
ヘジュの顔が浮かび…
サンは どう受け止めたらいいのか悩む。

サンはヘジュに「やつの娘だと思っているのか?違うなら 何が問題なんだ。お前だって俺と同じ。ユン博士と育ててくれた父を奪ったのはチャン・ドヒョンだ。お前の母親と結婚しようとしてお前を殺そうとした。血なんて関係ない。お前がまっすぐ育ったのはユン博士と育ての父のおかげだ。お前なしでは生きられない。やつの血なんかどうでもいい」と話す。
そこまで言われたらね。サンを愛しているんだもの サンが受け入れてくれるのなら ずっとそばにいたいわよね。
ということで いつもの2人に。
サンは遠回しにキスを要求し、ヘジュは 気づかないふりをしてキスをする。

グムヒはインファに チャン会長がしてきたこと すべてを話す。

グムヒが金庫から盗んだフィルムは偽物だった
本物は貸金庫に隠していた。

オーシャン造船は チャンヒから ボーリング権購入を打診され 売ることにする。
ただし 権利はサンが半分持っている。
サンは オーシャン造船から あとは天地造船と交渉してくれたと言われ 頭にくる。

サンは 「汚いやつ。どこまでやる気だ。何の恨みがあってボーリング権まで奪おうとするんだ」とチャンヒを罵倒するが
チャンヒの様子がおかしいことに気づく。
もしかしたら チャンヒは自分たちを同じ目的を持っているのかもしれない と思い始める。

チャンヒは 裏金の流れなどを調査し ジョンウに送る。

チャン会長はチャンヒが自分を陥れようとしていると知る。
ギチュルを無理矢理車に乗せ チャンヒに会いに行く。
ギチュルを殴り殺そうとするチャン会長。
そこに ギチュルが拉致されるのを目撃したインファが来る。
インファの通報で 警察も駆けつける。

チャン会長は逃げ グムヒに会いにホテルに行く。
そこで ヘジュを見て逆上。首を絞める。
すると グムヒから「この子はあなたの娘よ」と言われる。

チャンヒインファに別れを告げる。
「愛のない結婚だった。復讐のために君を利用した。復讐は終わった。利用価値はない。君と一緒にいれば 君の父親を思いだす。僕たち親子を もう君の家から解放してくれ」と。

チャンヒは記者会見を開き チャン会長の所業をすべて明らかにする。
チャン会長に殴られたせいで 下半身不随になったギチュルは 病室でチャン会長の悪事を告白する。

チャンヒはヘジュに 天地造船の株や資金など すべてを渡す。

チャン会長から ヘジュあてに 荷物が届く。
中には 本物のフィルムと遺書。
ヘジュは 慌てて 造船所に行き チャン会長の自殺を止めようとするが、
チャン会長は 海に飛び込む。

1年後。
ボクヒはジョンウと結婚し 妊娠中。
地方で ギチュルと暮らすチャンヒのもとに インファが訪ねてくる。
やり直すことにしたみたいね。

ヘジュとサンは もちろん 仲良く 夢を実現中。
これからの課題は 結婚生活&子育てと仕事のバランス みたいね。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

良かったですね

おっしゃる通り、サンとヘジュが爽やかでぶれないのが良かったですね。
血縁で二人がグダグダ悩むのは、うんざりだなあと思っていたので。

キム・ジュウォン氏、ピークは過ぎたかなと思っていたけど、コミカルな感じも良かったです。
一皮むけた感じがしました。
反対にジェヒは、ちょっと貫録不足な感じが否めませんでした。
童顔なのが、アダになっているのかも。
雰囲気は好きな俳優さんなんですが・・・

ラストは相変わらず詰め込み過ぎで、悪人全員が突然いい人になるのは・・・
もう少し前から、少しずつというのは無理なのかしらねえ。



asaさん、こんにちは

復讐ドラマなのに どろどろ感が少なかった気がします。
このドラマでは ジェヒよりキム・ジェウォンの方が素敵でしたよね。
そうですよね、最終回で 悪人が突然いい人になるのは 無理矢理すぎですよね。
ドラマとしては その方がいいんでしょうね。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング