FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




嘆きのピエタ







制作年 2012年
脚本 キム・ギドク
監督 キム・ギドク


出演 イ・ガンド・・・イ・ジョンジン
    チャン・ミソン・・・チョ・ミンス



ヴェネチア国際映画祭 黄金獅子賞受賞。

取り立て屋のガンドは 返済できない債務者を障害者にし、保険金で返済させていた。
そんな非道なガンドの前に 母親と名乗る女ミソンが現れる。
本当に母なのだろうか?
疑いながらも 少しずつ受け入れていくガンド。
いつしか ミソンがいる生活が普通になり ひとりでは寂しくて生きられないほどになっていた。
ところが…
ミソンには秘密があった。


切ないような やりきれないような すっきりしないような なんと表現していいのか…
観終わった後 もやもやした気持ちでした。
とにかく 愛情を知らずに育ったガンドが切なくて。
復讐のためにガンドに近づいたミソンが いつのまにか ガンドのことが可哀想に思えてくるのですが、
それほど ガンドが切なくて可哀想で…
ミソンとガンドと 一緒に暮らす結末でもよかったんじゃないの?と思ってしまうほど。
そんな結末では 絶対に 受賞はなかったと思いますが。


母の愛情を知らずに孤独に育ったガンドは 債務者に同情を感じることはなかった。
ところが ミソンが現れてから 変化する。
生まれてくる子どものために障害者になって保険金を得たいと言う債務者。
今までのように 自ら手を下して 債務者の手を切断することができない。

「今日は誕生日よ」と ケーキにろうそくを立て ハッピーバースディ~~♪と歌ってくれるミソン。
とても嬉しそうな顔をするガンド。
ミソンが編んでいたセーターを 自分への誕生日プレゼントだと思い欲しがるガンドは 幼い子どものよう。

実はそれは実の息子のために編んだものだった。
ガンドはそのことを 亡くなったミソンを埋めようとして知ってしまう。
ミソンが生前指定したその場所には セーターを着た実の息子の遺体が埋められていた。
実の息子、ミソン、セーターを着たガンド。
川の字のように並んで横たわる3人。
ガンドは何を思い そこに横たわったのか…
母の愛を感じ安心したのか、それとも今までの非道な取り立てを後悔したのか…
ガンドの気持ちはわからないけれど 最後 債務者の希望をかなえてあげようとしたことからして 後悔したのは確かなのでしょう。

ただ…あれでは 債務者が逮捕されるのでは?と気になりましたが。


                                 (2013/7/4 映画館で)
関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
ドクター・プリズナー

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング