FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




カクテキ あらすじ&感想






全44話 2007年 MBC

出演者 : チョン・グマン(ハンモ父)・・・キム・ソンギョム
       ナ・ダルレ(ハンモ母)・・・ナ・ムニ
       チョン・ハンモ・・・キム・セユン
       ペク・グミ(ハンモ妻)・・・コ・ドゥシム
       チョン・ドンジン(ハンモ長男)・・・キム・スンス
       チョン・ドンシク(ハンモ次男)・・・キム・フンス
       チョン・ドンミン(ハンモ三男)・・・ソ・ジュニョン
       ソ・ジヘ(ドンジン元妻)・・・キム・ボギョン

       イ・スンヨン・・・ソ・インソク
       チェ・ジスク(スンヨン妻)・・・キム・ジャオク
       イ・ミンギ(スンヨン長男)・・・キム・ジョンハク
       パク・ジェヨン(ミンギ妻)・・・パク・ジョンスク
       ユ・ウノ(スンヨン次男の妻)・・・ユ・ホジョン
       イ・ミンド(スンヨン長女)・・・イ・ミンジョン

       ソン・スナム・・・チェ・ラン
       パク・ジェウ(スナム息子)・・・チュ・サンウク

       チャン・サヤ・・・パク・シネ


演出  : クォン・ソクチャン
脚本  : イ・ドクチェ

 1-234567-8910111213-1415-16171819202122232425262728293031323334353637-3839-4041424344

1-2

サヤは自販機にお金を入れるけれど 商品が出てこない。
自販機を蹴っていると そこにドンシクが通りかかるの。
「俺の自販機を蹴るなよ」
ドンシクは自販機の鍵を探すけれど見つからない。仕方なく自販機に体当たりしてお金を出すことに。
でも…そこにお巡りさんが。

ドンシクを迎えに兄ドンジンが来てくれるんだけど、ドンシクは父の通帳を盗んだから家に帰りづらい。今までにも いろいろやってこけてばかり。
確かにチキン店を開店したら鳥インフルエンザ、って言うのは可哀そうだと思うけどね。
“長男はまじめで親に逆らったことがない。次男は親を困らせてばかり。三男はマイペース”とありがちパターンの次男ドンシク。
お祖父ちゃんはドンシクに念書を書かせることに。“年利10%で半年後に返すこと”

サヤは尼寺で修行中なのね。住職が迎えに。

ミンドは年下男に振られ ドンシクを呼び出してやけ酒。付き合わされるほうが大変。
ミンドの家には亡くなった下の兄の妻ウノが同居。
今度上の兄ミンギ夫婦がオーストラリアから帰国。

サヤが再び家出しようと 雨の中 外に出ると 男が1人倒れているの。
彼はミンギ妻ジェヨンの弟ジェウ。
ジェウはサヤがタオルで作ったぞうに興味を持った様子。このぞう 可愛いのよね。
ジェウはサヤに名刺を渡すの。「ソウルに来たら訪ねて」
でも住職が破ってしまのよ。サヤはソウルに興味があるからがっかり。
きっとサヤはまた家出して ジェウを訪ねることになると思うけどね。

ミンギ夫婦はジェヨン母が用意してくれたマンションに住む予定。でもそれをミンギ両親には伝えていなかったからミンギ母はカンカン。
でも“お嬢様”ジェヨンとは同居しないのがいいような気がするからいいんじゃない。

ウノが勤め始めたラジオ局にはドンジンが勤めていて 同じ番組を担当することに。
ドンジンは離婚して娘が1人。再婚同士ウノとドンジンが付き合うことになるのね。

さて~ドンシクは ミンドから浮気元彼を懲らしめてほしいと頼まれ、暴力を振るうのよ。相手は入院したようで 母がドンシク家に駆け込んでくるの。慰謝料がどうのこうと揉めそうな感じ。
悪い男だけど あれはやりすぎよね。

ウノ&ドンジンがドラマの中心なのかしら。これに両親のいないサヤの出生の秘密が加われば面白くなりそう。(出生の秘密があるかはわかりませ~ん)

3

サヤは尼さんになるのはやめてソウルに行くみたいね。

住職に「父親を探したいか?」と聞かれて 複雑な顔をしていたけれど 探すことになるんでしょうね。
ジェウは タオルを見てサヤと象を思い出す。
きっとサヤが連絡してくるだろうから ジェウが面倒をみてあげているうちに……となるわけね。

ミンドはドンシクが訴えられると聞いて 元彼に謝りに行く。
鼻の骨と肋骨を折ったと聞いていたのに 実は鼻の骨だけ。
ミンドのせいでもあるから 2人で示談金を用意しないとね。

ウノの仕事はうまくいっているみたいね。
部長とドンジンと3人で 潔癖症と評判の作家の接待。
ウノはドンジンのお尻が汚れているのを隠すのに必死。でもドンジンには作家に媚を売っているように見えたみたい。
帰り際に それは自分を助けてくれていたと知って ウノに感謝。
こうやって 愛が芽生えていくのね~

長いドラマの導入部分。進展なし。
ウノとドンジンの恋愛が中心だと思うけれど サヤとジェウの恋愛のほうが楽しみ。
“スナムとジェヨンの出番を少なく”を希望。

4

ミンド元彼の慰謝料はミンドが払って おわり。

ドンシクもドンジンに借りて用意したのよ。そのお金はどうしたの?ドンジンに返していないわよね。ドンシクのことだから ぱぁ~と派手に使っちゃう?

ウノとドンジンは取材で地方へ。
お互いの身の上話をして 一歩近づいた…かな?

で、ミンギ、しっかりしなさいよ!
母から家に来るように電話があるのよ。母はジェヨンを正座させて説教をしようと考えているわけ。
ジェヨン母との食事の約束があるというのに 行くと返事するのよ、優柔不断ミンギが。
先約があるんだから 理由は適当に言って断るべきよね。
両方にいい顔をしようとするから ぐちゃぐちゃになるのよ。

サヤの父親。
住職によると サヤの祖母らしき人が信徒の中にいたみたいなのよ。
サヤは祖母の住所を書いたメモを持ってソウルに。
どういういきさつで捨てられたかわからないけれど 会ってもらえるかしら。心配。

5

ドンジンの番組のDJのピンチヒッターに来たのは元妻ジヘ。

むちゃくちゃ気まずい雰囲気。ウノは事情を知らないから “???”
ドンジンお祖父ちゃんはウノが気に入ったみたいね。そうそうお祖母ちゃんは「送金してくれ~」の電話ばかり。いつ頃帰国かしらね。

サヤは寺を後に。
父の住所だったところにはマンションが建ち 、転居先は不明。
仕事探し、家探し、しばらく大変そう。

ドンシクは例のお金で起業を考えているのね。
お金がほしい。だけど努力していない。 こんな男嫌いだわ。
示談金はミンドと折半にするべきよね。…彼のことは どうでもいいわね。

こちらもどうでもいいことですが、ミンドとジェヨンは引っ越し祝いに両家を招待することに。
暗くなるか、喧嘩になるか、どっちかよね。

サヤとジェウが絡んでほしいわ。

6

ウノには再婚してほしい。だけど ジェヨンとジェヨン母が勧めると 邪魔だから追い出しているように聞こえるわね。

サヤはホテルを借り ファーストフード店でバイトを始める。
ところが 客に残した食べ物を持って帰るように言って トラブルをおこしてしまい クビになってしまう。
ホテルに戻ると フロントの男が客のお金を持って逃げてしまっている。

河川敷でポン菓子を食べていると 雨。
踏んだり蹴ったりで 悲しくなって 寺に電話をする。
住職の声を聞いたらますます悲しくなってしまう。

ジェウはお寺にお布施を渡しに行く。
目的はサヤよね。プレゼントを持っていくのよ。でもサヤは不在。
家に帰ってもジェウは不機嫌。
母はそんなジェウが心配。母の勘はするどいからね~

サヤは新しいバイト先が見つからずに途方にくれる。
そんな時 ジェウが履いていた靴をみて ジェウを思い出す。
ホテルに行くけれど 名前を覚えていないから見つからない。
だけど運良くジェウに会うことができる。
ジェウの嬉しそうな顔。
(携帯を忘れるなんて…ばればれの設定だけどね)

やっと期待していた2人の絡みだわ。

そうそう ドンシクが示談金を払っていないことがばれてしまいました~
そのお金…もうすでに使い道がきまったみたい。掃除がどうとか?
結局 ドンジンは金を返してもらって おしまい。使い込まれる前でよかったわ。

7-8

サヤはジェウの紹介で客室係りの面接を受けるが、

結果は ×
無理に雇っても…なんか問題起こしそうなのよね。野性児、世間知らず。お寺で育ったから仕方ないとは思うんだけど。

ジュノはサヤの父をラジオで探してもらおうと 姉ジェヨン経由でウノに頼む。
その件でサヤはジュノに会いに行く。
そこで面接担当者と会うのよ。(むちゃくちゃできすぎなんだけど)サヤを再度面接してくれるわけ。その時にタオルで作った象を見て感激。作り方を教える代わりに採用してもらうことに。

ドンジンはウノにやさしい。
ウノを好きでやさしくしているのか ジヘを意識しているのか わからないけれど、
明らかにジヘは嫉妬しているのよ。なぜ?

サヤの件が放送される。ドンジン母は思い当たることがあるみたいね。予告で感動の対面をしていたから見つかるのね。

やっとお祖母ちゃん帰国。
それがお祖母ちゃん、大変身なのよ。お祖父ちゃんは元に戻ってほしい。
で、家族会議で多数決を取ることに。3対4で お祖母ちゃんは元に戻ることに。
派手なお祖母ちゃん、可愛かったのに。
(お祖母ちゃんは他のドラマで忙しかったのかしらね)

9

やはりドンジン母はサヤ父ファン・サンボムのことを知っていました。

昔お世話になった人の息子さん。
でもドンジン父には黙っていてほしいなんて 訳ありよね。

ジヘはウノに嫉妬。
自分から離婚を言い出したのに ハソムにもドンジンにも未練たっぷり。
ウノに「ご主人が心配しているでしょう。既婚者だから変な噂がたったら困るでしょう」なんて言って…ウノは独身です~情けない女。

サンボムが見つかり 次回対面。
ドンジン母も会いに行くみたい。なんだか様子が…初恋の人に再会したって感じなのよね。まさかサヤの母がドンジン母ってことはないわよね。だってサヤが娘なら家族みんなが妊娠に気づくものね。

ミンドはジェウを好きになったみたいね。

ジェウはサヤが職務規定に違反していることを知っているのに黙っているつもりなのかしら?
サヤが好きだから黙認するの?


10

ジェウはサヤに 父親が見つかったことを伝える。

サヤは嬉しい。でも父が自分に会ってがっかりしないか心配。
ジェウに聞くのよ。「私は可愛い?ブサイク?」
ジェウは答えられない。ジェウの気持ちを聞いているわけじゃないんだけどなぁ~

ジェウはジェヨンに頼んでサヤの洋服を選んでもらい プレゼントする。
お礼のメールを見てにやける顔。
でもジェウはチェヨンという婚約者がいるのね。
サヤと結婚ってことにはならないのかしら。あの母親が許さないわね。

サヤ父は入院している。
はじめはサヤを拒んだけれど 会いたくないわけではないものね。

ジヘのウノに対する意地悪はひどくなる一方。
ウノがハソムと親しそうに話をしているのが気に入らなかったみたい。わかるんだけど…大人げないというか結局自分の首を絞めることになるのよね。

11

サヤの母親は誰なの~

サヤ父はジェウ母と結婚していて全財産を持って逃げられたらしい。
ということは…ジェウ母がサヤ母?サヤとジェウは兄妹?

ドンジン母はサヤ父に再会。
訳ありみたいだけど…恋人同士だったという感じでもないのよね。

ドンジン母はサヤがホテルや病院で寝ていると聞いて 部屋を探してあげる。
その返事の電話をお祖母ちゃんがとったから大変。家を出て行くと勘違い。
急にドンジン母にやさしくなるのよ。朝食は自分が作ると約束。
確認するのが先なのになぁ…

お祖母ちゃんの“ウノを孫の嫁に”作戦はハソムを利用。
旧盆に遊びに来るよう 無理矢理約束させる。
遊びに来てくれたウノをみんなで歓迎しているところに ジヘ登場。
ジヘはハソムにまで嫌われているようで・・・

サヤ父が滞納している入院費はジェウが立て替えてくれそう。
サヤとジェウが歩いているところをジェウ母が目撃するみたいなのよね。
反対するのは当然として サヤ父のことを知ったらどうなるかしら?

12

ハソムはジヘを見て ウノの後ろに隠れる。
いくつの時に別れたかは知らないけれど 子供から母親とわかってもらえないのは辛いわね。

ドンジン母がお金を工面して入院費を払おうとすると 支払済み。
ジェウが支払ったみたいね。

お祖母ちゃんの“ウノを孫の嫁に”作戦。
今度はウノの自宅に押しかける。
事情も知らずに 事情を知らないミンギ母に「娘さんを孫の嫁に」と言っちゃうのよ。
娘はミンド。ウノは嫁なのよね。
ミンギ母、完璧勘違いして ミンドに怒るのよ。「お祖母さんが挨拶に来たわよ。バツイチの男と付き合っているの?家に挨拶に行ったんでしょう」
で、それをウノに相談する。ウノはミンドと話して…
ウノは事情が呑み込めたみたいね。

サヤ父が亡くなる。やっと会えたのに。
仕事中なのに外出するサヤを目撃し ジェウも病院に。
葬儀後 ドンジン母はドンジン父に サヤを家に連れてきたいと頼む。

ジェウのサヤに対する気持ちは?
妹みたいで 心配で放っておけないって感じなのかな?
やっぱり サヤ母が誰なのか気になるわ。サヤは気にならないの?

13-14

ドンジン母は幼い時に両親を亡くして サヤ祖母に育ててもらったのね。

まずはサヤを家に呼んで それから祖父母に了解を得ることに。

ジェウは眠ってしまったサヤを起こせず、車を河原に停める。
夜になってもサヤは起きない。
結局朝まで一緒にいたみたいね。

ジェウはサヤへのプレゼントの時計をホテルの倉庫のサヤの私物が入っている段ボール箱に入れる。
それをチーフが見つけ自分のものにしちゃうの。勘違いする?誰宛とも書いていないのに。
そうとは知らないジェウはサヤからの電話を待っている。
なぜ直接渡さないのよ。直接のほうが喜ぶ顔が見れていいのに。

サヤはドンジン家に招待される。
サヤはお祖父ちゃんたちに気に入られたみたいね。

ジェウは時計がどうなったか確かめに行く。
サヤは受け取っていないみたい…「誰が持っていったんだ?」
って、チーフよ~
チーフは完璧勘違い。
ジェウの机の上でみた時計をチーフがしているのをみてジェウ母も勘違い。
でも…ジェウ母は勘違いしてくれているのがいいのかも。サヤと仲良くしているのを見て怒っていたものね。

ドンジン祖母はまたミンギ母に会う。
ミンギ母は ミンドではなくウノだと知ってびっくりする。

サヤ担当の客の指環が無くなり サヤは疑いをかけられる。
広間で酔いつぶれたサヤをジェウはホテルの部屋に寝かせる。
ジェウはその部屋を自分の名前で借りて サヤに使わせてあげる。友人が借りている部屋だと言って。

ハソムの誕生日。
ジヘはプレゼントを持っていくが お祖母ちゃんに追い返されてしまう。
ウノはプレゼントをドンジンに渡す。それを見ていたジヘ。怒るのよ。「娘にまで手を出さないで」
ウノも黙っていない「ハソムが欲しいものが何か知っているの?知らないのに母親と言えるの?」

ウノはドンジンが気になりだしたの?
それともジヘが嫌いなだけ?

やっぱりサヤ母が気になる~ジェウはサヤを好きになり始めているのに 兄妹だったらどうするのよ。

15-16

指輪は見つからない。
サヤは社長から辞表を出すよう言われる。

で、ジェウとは会えなくなるから 今までのお礼をとプレゼントを探すわけ。
それが…ジェウは使わないんじゃ?と思うものばかりなのよ。
苦笑するジェウの顔が浮かぶわ。

ところが指輪が見つかる。洗濯物のなかにあったのよ。客のミス。
サヤは戻れることに。

ドンジン母は サヤに家に住むように伝えるためにホテルに来る。
そしてジェウ母を見かける。
宿泊客にいないか聞くけれど…社長だからね、宿泊客にはいないのよね。

サヤからのプレゼント。
ジェウは「これを着ろというのか」なんて言いながら ちゃんと着るのよ。おかずを落としてしまって 「シミになる前に洗わなきゃ」だって。可愛いわ(私の好みじゃないけどね)

サヤがホテルに泊まっていることが ジェウ母にばれてしまう。
ジェウ母はジェウが借りたことを知り、マスターキーを使って部屋の中に入り サヤを追い出す。

サヤはドンジン家に。

ウノとジヘの対立はますますひどくなっている。
ジヘは ハソムが自分よりウノになついているのが気に入らないんだろうけれど 今まで離れていたから仕方ないこと。これから頑張ればいいじゃない。
そんなに大事な子なら 離婚しても会えるようにしておけばよかったんじゃないの?ドンジン家の人たちの様子からすると “捨てた”みたいね。

17

サヤはドンジン母の子供だったのね。

サヤ父は結婚していたから サヤは愛人の子。
サヤ祖母の言う通り サヤ父の妻スナムに渡したけれど 亡くなったと聞かされた。
実は祖母は寺に捨てていて、その子がサヤ。
(と思ったのだけど…スナムの子かもしれないのよね。でもスナムの子供だったら捨てないわよね)

スナムはうなされていて どうも…子供殺したか殺そうとしたか…その子供は自分の子か愛人の子か。
ジェウとサヤは異母兄弟ってこと?
でも祖母が「スナムとは1年暮らした」と言うことはスナムがジェウ兄弟を連れて結婚したの?祖母と同居したのが1年ってこと?
まだ謎は残っているわ。

ウノが有名な弁護士チャン・ヒョンギと食事をしたと知ってドンジンは不機嫌に。
自宅でチャン・ヒョンギを検索するのよ。

18

ジェウはサヤの手を握ろうとするけれど…うまくいかないのよね~
でも最後は腕を組むことに成功。無理矢理だけどね。

ドンジンはずっと挙動不審でイライラ。もちろんウノのせい。
酔って ウノを呼び出し 「彼とは会わないでほしい」と言う。
先走りすぎよ~
ウノは「いつ私に好きだと言いましたか。確信させてほしい。少し心が揺れたけれど もう思い直しました」と。
ほらほら~ 「好きだ~愛してる~」と言わないと。

ドンジンはウノのマンションに行き 叫ぶ。
「ウノ~下に降りて来い~」
ドンジンはウノを抱きしめ 「すごく好きだ」と言う。
後はミンギ母を説得するだけね。…ジヘがハソムを引き取りたいと言い出すかしら。

19

サヤとジェウはどんどん仲良くなっているわ~

今日もデート。
サヤは川に入りはしゃいでいたけれど おもちゃの蛇を本物だと勘違い。
慌ててしまい 転んでしまう。それを助けようとしてジェウも転んでしまう。2人はずぶ濡れ。

濡れて帰ってきたジェウを 母は不審に思う。
不審に思うのは当然。だからって 車の中まで見に行く?
子供なら“いじめ?”なんて思うけれど、ジェウは大人なんだから 無関心を装うのも必要だと…

ドンジン母とドンジン父の会話を聞いていると サヤはジェウ母の子供みたいなのよね。
死んだ子がドンジン母の子供とは限らない。ドンジン母がそう聞かされていただけ。
う~ どうなの~パジャマを着ていたからうまくいくみたいですね~ )

ドンジンの「あなたを想ってもいいですか?」の返事を迫られているウノ。きっとOKでしょう。

20

母が心配しているというのに ジェウはサヤにメール。

にやにやしていたら母がやってきて尋問。
ジェウは“うざっ”という気分なんだろうなぁ~

サヤはホテルの客に襲われる。
サヤと約束していたジェウが 倒れているサヤを見つける。
最低男。ホテルをなんだと思っているの!

ウノの返事はもちろんOK
ハソムも一緒にデートをすることに。
ジヘがね…嫉妬しているみたいなのよね。変よね。

21

ジェウの怒りはすごかったかった~

当然だし、もっとボコボコにしてもよかったのに。

ドンシク、実はサヤが気になっているみたいね。
ジェウがサヤを医務室に連れて行くのを見た時の顔、とっても心配していたのよ。

サヤが心配でホテルに来たドンジン母、ジェウ母に会う。
「スナムさん、娘のことで話が」
「死んだ娘のことで私をゆするつもりなの」

昔死んだのはドンジン母の子ではなくジェウ母の子なの?
だからサヤは捨てられたの?

ジェウ母は酔ってジェウに「身寄りも力もない女が生きていくすべはお金持ちの息子を手に入れること」と言う。
自分がそうだから みんなもそうだと思っているのね。

翌日サヤはジェウ母に呼ばれる。
そして ジェウが室長で社長の息子だと知る。
社長の息子だから ではなく 嘘をついていたから サヤはジェウに冷たくする。もう信じられない。

22

サヤはジェウを振り切ってタクシーに乗る。

ジェウはサヤの家の近くまで行き 誤解を解こうとするが、サヤは取り合わない。

ジェウ母はジェヨンの助言を受け入れて サヤを秘書室に異動させることに。
“怒っても反発するだけ。堅い木は折れる。しなる方がいいのよ”
そうかもね~ 無理矢理別れさせても 隠れて会うかもしれないしね。
ジェウは母がサヤを認めてくれるかもと期待しているだろうけれど…違うわよね。
いじめるか、失敗させて自分から辞めるように仕向けるか、どっちにしても別れさせるために異動させるのよね。

ドンシク~感謝の言葉は素直に言わないとダメだよ~
看病してもらったんでしょう~
ドンシクはサヤを意識。三角関係に突入かなぁ~

ジェウはサヤに会いに来る。
「一日会えないと1年会わなかったみたいだ。会いたくなかったのか。会いたかった?」
「会いたかった」
「僕も会いたかった」
2人は抱き合う。って、早いなぁ~ イヤ普通かな?

それよりさあ 抱きあっているところを ドンシクは目撃しちゃうのよ。
くしゃみをしていたサヤのために風邪薬を買って 仲直りしようと思ったのにね。

サヤは異動を断る。
サヤは想像するのよ。うまくいかないでいじめられるか、認められるか。
ジェウの好きだけど 付き合うのは躊躇している。それなら母に近づかないのが一番。

ドンジン母はサヤ父の友人に会いに行く。
サヤはドンジン母の子だった。

あの時に死んだのはジェウ母の子。「他人の子は育てられない」と言われ ドンジン母を探したが見つけられず寺に捨ててきた。ジェウ母が財産をもって逃げた後 病気になったし 家を建て直すことに必死だった。だからサヤを引き取りにいけなかった。

サヤ祖母にとって サヤはたった一人の孫。サヤはドンジン母の子。
…ジェウとサヤは兄妹じゃないのね。よかったわ。
…ジェウ母がジェウとジェヨンを置いて外国に行っていたのは嘘で その間サヤ父と結婚していたのね。

23

サヤの家まで押し掛けたジェウ。そんなにサヤが好きなんだ~

お祖母ちゃん、お祖父ちゃん、ドンジン母の前で「俺が惚れてます」と告白。
お祖母ちゃんは大喜び。
ドンジン母は…慎重。社長の息子が相手ではサヤが辛い思いをするのがわかるものね。

サヤのベッドに座って 「ここで寝てるんだ~」って そのにやけた顔~
それに ジェウでも鳥肌ものの言葉を言えるのね。「一日中僕の頭の中をうろついていて疲れない?」「君が目に入って痛い」笑ってしまうわ。

ジェウが「君ならできる。ずっと一緒にいたい」と説得し、サヤは秘書室異動を承諾。
ジェウは「母と仲良くなって」と言うけれど心配だわ。ジェウ母は2人を引き離そうとしているんだもの。

ジェウにサヤの家までの地図を書かせたってことは訪ねて行くつもりなのよね。
きっと「サヤはうちの息子にふさわしくない」とか言うつもりなんだろうけれど、ドンジン母に会ってびっくりよね。

ウノはドンジンに頼まれ ハソムを人形劇に連れて行く途中、ハソムを車に置いて 家に帰ってしまう。
用を済ませて車に戻るとハソムはいなくなっている。
ハソムはジヘに電話をし、ジヘが迎えに行く。
ウノの立場が悪くなっちゃたわね。

24

ジヘがハソムを迎えに行って良かったけれど…
ドンジンに連絡するべきよね。

ジヘはハソムを泊めたのね。
翌日ドンジンに会ってもハソムのことは話さない。
誘拐と思われても仕方がないと思うんだけどなぁ~

デパートに連れて行き 洋服やおもちゃを買い 楽しく過ごすけれど、
ハソムは「家に帰りたい」と泣き出してしまう。
ジヘはハソムを家まで連れて行く。

玄関前でハソムとジヘを見たドンジンとウノ。
ウノとジヘは言い争いになってしまう。
迷子にしてしまったウノも 黙って一晩過ごしたジヘもどちらも悪いわよね。

どうしてドンジンはジヘが連れてきたことを言わないの?
確かに大騒ぎにはなるだろうけれど、はっきりした方がいいと思うんだけどな。

サヤ初出勤。
ジェウ母は心配だけど…ミンギが好意的だから少し安心…かな?

パソコンと英語の勉強が必要みたい。
パソコンをドンシクに教わるサヤ。それを見たドンジン母。変に気をまわしそう。

25

ドンシクはサヤにやけにやさしい。好きになっているわよね。
みんなは2人が仲良くなって嬉しい。けれどドンジン母だけは違うみたいね。血はつながっていないんだし 神経質にならなくてもいいんじゃないかな?

サヤが「母には会いたくない。恨んでいる」と言った時の ドンジン母、可哀そうだったわ。
やっぱり母と名乗りたいのかしら。そうよね~ でも名乗ったら 事情はあったにしても 子供を捨てたということが家族にわかって辛くなりそう。

今日のジェウとサヤ。
パターゴルフをすることに。負けたら相手の願い事を聞く約束をして サヤが負ける。
それがジェウはなかなか言い出せないのよ。やっと聞いた願い事は“ぽっぽ”
サヤは嫌がっていたけれど 観念して…するとジェウは口にキス。
微笑ましいというか…ジェウは ポッポは初めて なんて言ってたけど本当?

26

ジェウの机から見つけた ファン・サンボムの入院費の領収書。
ジェウ母は聞いた名前で慌てる。
ジェウに 誰か問いただし、サヤ父で 亡くなったと聞く。
自分が財産を奪った男だとは信じたくない。

そこでサヤ父の情報を提供した人の連絡先を聞き 会いに行く。
サヤがサンボムの子で…と知るわけね。
どうするんだろう?ジェウと別れさせようとするのかしら。

でもジェウとサヤはどんどん仲良くなっていて そう簡単には別れられないわよね。
特にジェウ。「キスした責任を取って」と言い出すし、“離れられない”って感じ。

ドンシクはやはりサヤが気になるようで…
優しくなったのはいいけれど 実らない恋になりそうで 可哀そう。

27

ジェウがサヤにプロポーズ。
はや~
“離れたくない。ずっと一緒にいたい”と思うなら 結婚しかないものね~

キャンディとチョコが詰まった大きな箱の中に 指輪とカード。
「僕にとって君は最後の女で、君にとっても僕は最後の男でありたい。OKなら指輪を持って公園に来てくれ」

一目散に公園に行くと思ったら…
サヤは行かないのよ。
「捨てられそうで怖い。母親にも捨てられて もう二度と捨てられたくない」
聞いていたドンジン母、辛いだろうなぁ。

ジェウ母はサヤの身辺を探り サヤがお世話になっている人がグミ(ドンジン母)だと知る。
“サヤが実の娘だと家族にばらす” なんて脅迫しないといいけれど。

ドンジンとウノは進展なし。

そうそうドンシク、ジェウがプロポーズしたと知ったらショックだろうなぁ。
サヤにパソコンを教えるからと 仕事を定時で終えて家に帰ったりして 本気でサヤを好きみたいなのよね。

28

ドンジン母の説得で サヤは公園に。
ジェウは歌でプロポーズ。生演奏付き。
お金あるからって…恥ずかしいわ~(って 私がされたわけではないですね)

ジェウ母はグミ(ドンジン母)のことを知って荒れる。
プロポーズしたことを知って ますます荒れる。
でも考え直し、グミ(ドンジン母)に会って 破談にすることにしたみたいね。

ジェウは母親の言いなりではないから 何があってもサヤと結婚するだろうけれど、
過去のことがどこまで明るみになるのかしら。
サヤの実の母が誰かわかるということは 自分の母が男をだまして全財産を奪ったことも知ってしまうのよね。…ショックよね…

ウノとドンジンは…
ミンギ父はドンジンと会う。
ミンギ父にとってウノは嫁ではなく娘。両親を亡くし、祖母を亡くし、夫を亡くしたウノが幸せになれるように ドンジンにウノを頼みたかった。

ミンギ両親が賛成してくれれば問題はないと思うけれど
ジヘとハソムの問題が残っているわね。

29

さすがジェウ母。何にも知らないふりして チクリ、チクリ。

ジェウ母との顔合わせ。
ドンジン母はジェウ母を見てびっくり。
とりあえず食事は済み、ジェウとサヤは先に出る。

その後の二人の対決。
ジェウ母が「浮気してできた子を他人の子として引き取ったとばらすわよ」と言えば、
ドンジン母は「私が先にジェウにあなたのことを話すわ」と。

以前、NGスペシャルで ジェウとサヤがお揃いのパジャマを着ていたのは ドンジン母の想像でした。…結婚できるのかしら?
今日もジェウの鳥肌ものの言葉が全開だったから ジェウを信じることにするわ。

ドンシクはどんどんせつなくなる。本気だったのね…
サヤに会いたくて秘書室の花を取り替えに。
サヤが社長に頼まれた宛名書きが多すぎて困っていると知り 手伝う。
喜んでいるサヤを見る嬉しそうな目。
ジェウが来て ジェウに笑いかけるサヤを見るせつない目。
可哀そうになってしまうわ。

30

占いの結果は本当なの?別れさせるため?

ドンジン母がジェウとサヤの相性をみてもらうと…最悪の相性。
でも そんなことで2人が別れるかしら。いい気分ではないけれど それが理由には…ならないでしょう。

サヤはドンジン母から相性が悪いから別れるように言われる。
「聞かなかったことにする」と言ったけれど ドンジン母は別れた方がいいと。
サヤはジェウに話すみたいね。

次回 ジェウはサヤ母に会い、サヤ父友人にも会うみたい。
すべてを知ってしまうのかしら。

ウノとドンジン。
ミンド母はドンジンに会う。
反対する理由はないし 結婚に向かってすすむでしょう。
ジヘが邪魔しないといいんだけどなぁ~

31

サヤから 占いの結果が悪いからドンジン母が結婚に反対している と聞いたジェウ。
いやぁ~さすがというか…母親のことをよく知っている。
急にそんな理由で反対するはずがないから 母が何か言ったのだと思い 母を問い詰める。
もちろんジェウ母が認めるはずがないから 喧嘩になってしまう。

ジェウはドンジン母に会うが…
やはり反対する理由がわからない。

とにかくジェウの気持ちが揺れていないのがいいわ。

サヤのことを思うなら サヤが実の娘なら 夫にすべてを話してほしい。
それでサヤがジェウと結婚できるなら。
ドンジン父なら大丈夫だと思うんだけどなぁ~
どう考えてもドンジン母の秘密よりジェウ母の秘密の方がばれるとマズイと思うのよね。

ジェヨンが サヤ父の友人に会ってから母の様子がおかしいと言い出したから
ジェウはさや父の友人に会いに行く。

ついにジェウ母の秘密が…

32

サヤ父友人ジョンテははっきりしたことは言わない。
「君が6歳のころ母親と離れたことはなかったか」「人を傷つけた時はその子や孫だろうと詫びるべきだ」とだけ。

ジェウが出入国を調べると 母は西ドイツには行っていなかった。
ドンジン母に会い「昔からの知り合いだったのではないか」と聞くが…「知り合いではない」と答えるだけ。

ドンジン母が日記を書いているときに ジェウ母が家を訪ねてくる。
慌ててジェウ母と出掛けたから 日記はいつもなら鍵をかけるのに そのままにおいて出かけてしまう。
サヤは鋏を取りに部屋に入り、日記に挟んでいた写真を見てしまう。裏には父サンボム、母クミ、10月5日生まれ、と書いてあった。
…私はドンジン母の子?

サヤ~ひとりで悩まないで吐き出してほしい。大きすぎる悩み。ジェウを信じて ジェウに相談してほしい。以前 捨てた母を許せないと言っていたから ドンジン母が実の母なんて 辛いだろうなあ…

33

サヤは辛くて耐えられなくてドンシクを誘って飲みに行く。
酔っ払ったサヤを負ぶったドンシクは どさくさに紛れて告白。
「もしも室長に振られたら 俺がもらってやるから」
でも…サヤは聞いていなかったみたいね。

ドンジン母はすべてを知っていた。自分が娘だと。
でも違うふりをして 他人のふりをしてやさしくした。
サヤはそれが許せない。

サヤは早朝家をでたみたい。でも出社していない。
部屋には手紙がおいてあった。「今までお世話になりました」と。

翌日 ジェウとドンジン母は寺に行ってみる。

ジェウには相談してほしかったなぁ…

34

ドンシクがいい奴だったよ~

サヤに電話をすると 民宿のおばさんが出る。
「夫です。喧嘩してしまって 子供が泣いて困っているんです。居場所を教えてください」と言う。
駈け出したドンシクだったけど ジェウに連絡したのね。
サヤに会いに行ったのはジェウ。

サヤがドンジン母には会いたくない と言うから ジェウはドンシクにも口止めする。
けれどドンシクは母に伝え、ドンジン母はサヤに会いに行く。

サヤはドンジン母に「捨てた娘を 何故また拾ったの?」と言う。
ドンジン母は サヤが 自分が実の母だと知ったことを 知る。

ジヘ、むしがよすぎるわ。
誰だって 結婚して子供を産んで “人生、こんなはずじゃなかった”と思いながらも 子育てしているのよ。
夫も子供も捨てたくせに 今更何!

35

ドンジン母はサヤにすべてを話す。
横で聞いていたジェウは サヤを捨てるように言ったのは自分の母ではないかと思う。
ドンジン母は 消息は知らないと言ったけれど ちょうど母を疑っていた時だから もしやと思う。

サヤは帰宅。みんなが温かく迎えてくれて サヤは一安心。
でもジェウは悩んでいる。
ドンジン母の話、ジョンテの話、どう考えても 母に違いない。
尊敬していた母が 最低の人間だったなんて 耐えられない。

母親たちの事が明るみになってくるのね。
サヤとジェウはどうするのかしら?

36

ジェウはサヤ母に確認する。
サヤを捨てさせた女、サヤ父と夫婦同然に暮らした女は母ではないかと。

ジェウはサヤに申し訳なくて サヤを失いそうで怖くて 愛しているから手放したくなくて 辛い。
ジェウは母を問い詰める。「サヤ父を無一文にし、サヤを23年も親から放したのは誰なんだ」

事実を知ると サヤはジェウ母を恨むはず。
でも事実を言わないわけにはいかないし、いずれ知るはず。
サヤが事実を知った後でも ジェウと結婚する気があるかどうか…

ジヘがストレスで倒れ ウノが看病している。
ハソムのことで辛かったようだけど 言いたい放題、我儘にしているのに ストレスがあるのね。

37-38

ジェウ母はジェウに「母親なら何でもできる」と 言い訳をする。
でもやっていいことと やってはいけないことがある。犯罪は…

ジェウが母を許すはずがない。
ジェウは辞表を出す。
そしてサヤに海外で暮らそうと言う。
サヤはジェウについて行くつもり。

ジェウ母はドンジン父に サヤの実母はドンジン母だと言ってしまう。
自分の過去を息子にばらされたと思っているから 復讐のつもりよね。
それで ドンジン母には復讐したことにはなるけれど ジェウはますます反発することになるんじゃないかしら。
ジェウに謝って サヤとの結婚を認めるのが ジェウもホテルも失わない方法だと思うんだけどなあ~

ドンジン父は ドンジン母に問いただす。
ドンジン母は認める。

ドンシクもサヤと母のことを知る。中1の時 母の日記を読んでいた。
一度は腹を立てるが、けれど 母を許すつもりになる。
「父が許すなら 自分も許す。みんなには黙っておこう」と。

しかし ドンジン母は義両親に打ち明けようとする。

ジェウとサヤのことで どうでもよくなった感じのドンジンとウノ。
ウノはハソムのために 別れを切り出す。
ドンジンが納得するはずはない。
ジヘが…ハソムの母親になろうとするのが気に入らないわ。
母親ならハソムの立場になって考えたら?いつまでも自分のことしか考えない。それで母親?

39-40

お祖父ちゃん、お祖母ちゃんが ドンジン母を許すはずがない。
特にお祖母ちゃんは 事情を知った後でも 絶対に許そうとはしない。

ドンジン母とサヤは家を出る。
旅館に泊まり、 ドンジン母は焼き肉店で働き始める。

ジヘがウノにハソムのことを頼み、ウノはドンジンと結婚することに。
ドンジンが 母が帰って来てから結婚したいと言うから
お祖母ちゃんは許すことに…なるわね。

サヤはジェウ母に 外国に行かないように説得してほしいと言われ
ジェウに話すけれど ジェウはひとりでも行くつもり。
サヤは ドンジン母をおいてはいけないと悩んでいる。

そこにジェウ姉から電話がある。
ジェウ姉は 母の代わりに謝りたいと言い出す。

サヤはジェウ母が自分を捨てたとは知らないのよね~
ジェウまで嫌いにならないでほしいけれど…

41

ジェウ姉は母を許してほしい一心だった。

でもね~サヤは ジェウ母が自分を捨てさせたとは知らなかったのよね。
ジェウは 姉が話したことを知って サヤに連絡する。
ジェウは憎んでもいいからそばにいさせてほしいと頼む。
しかしサヤは 別れをつげる。
…ジェウを愛していても ジェウ母を憎んでいては一緒に暮らせないわよね…
でも本当にジェウと別れられるのかしら。

ドンジン祖母はスーパーでミンギ゙母に会う。
ミンギ母を家に呼んだのはいいけれど 「ドンジン母はどちらに?いつお帰りですか?」と何度も聞かれ ドンジン祖母は 「明日に」と答えてしまう。
ということで ドンジン母とサヤは家に戻ることになりそう。

42

サヤは辞表を出す。

ジェウ母がひざまずいて謝ったのに罵ってしまった とサヤは反省。
でも反省する必要なし。
あれくらい言って当然だし、絶対に許せるはずがない。

ジェウ母は全く反省していない。
ジェウ姉が 子供のことを思うなら すべてをサヤに返すように言っても その気なし。
子供よりお金が大事なのねと ジェウ姉とも喧嘩。

しかしジェウが航空券を購入したと知り 家を出ることに。
あの置手紙を読むと 自殺するつもりかと思ったけれど そうではないみたいね。
途中車が動かなくなり 携帯電話もバッテリー切れ。そこで通りかかった人に助けを求める。

ところが悪い人で 襲われ 金を奪われる ってことになるのかしら。

ドンジン母とサヤは家に戻り ウノが挨拶に来る。
サヤの結婚話が円く収まれば ハッピーエンドになるのに。

43

ジェウ母は強盗に遭い 頭を強打される。

一命を取りとめたけれど 意識は戻らない。
戻っても脳の損傷が激しいから 以前のような生活は望めない。

ジェウ母からドンジン母とサヤに手紙が届く。
今までのことを詫び、サヤにはジェウと結婚してホテルを継いでほしいと書いてあった。

サヤは別れたけれど ジェウを思うと辛く 悲しい。
ドンジクから ジェウ母が入院していると聞き 見舞いに行く。
仲直りしてくれるといいのだけれど…サヤはジェウ母を許せるかしら。

ドンジンとウノの結婚式が行われる。


予定話数より短くなってしまったから 急いでまとめに入っているという感じですが
みんなが幸せになってくれればいいですね~

44

ジェウ母は意識を取り戻す。
しかし 障害は残っている。

1年後。
ドンジンとウノは相変わらず仲がいい。
ウノとジヘとハソムは2週間おきに会っている。

ドンシクとミンドは結婚し 食堂を経営している。
ミンド両親と同居。ウノを嫁がせて寂しくなっていたミンド両親だけど うるさいドンシクのおかげで毎日楽しそう。
ドンシクの提案で ミンギ夫婦、ウノ夫婦、ミンド夫婦たちが1か月に1度 集まっている。

ジェウとサヤも もちろん結婚。
ジェウ母が子供になってしまったので サヤは世話が大変そう。
でもジェウ母はサヤを“オンニ”と頼っているし なにより ジェウと一緒にいられるから 幸せよね。きっと。


サヤとジェウが結婚できて よかったわ~
ドンシクとミンドの結婚は余計だけど 楽しそうだから よしとして。
このドラマ結構好きでした。
サヤとジェウの恋がどうなるか楽しみで。最後はこじれてしまったけれど ハッピーエンドで ホッとしました。
関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング