FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




愛に狂う あらすじ&感想




《送料無料》愛に狂う BOX-I(DVD) ◆20%OFF!

《送料無料》愛に狂う BOX-I(DVD) ◆20%OFF!
価格:13,440円(税込、送料込)



全16話 2007年 SBS

出演者 : ソ・ジニョン・・・イ・ミヨン
       キム・チェジュン・・・ユン・ゲサン
       イ・ヒョンチョル・・・イ・ジョンヒョク
       チョ・ミニ・・・キム・ウンジュ
       チャン・ジェフン・・・リュ・テジン
       カン・オジュン・・・ソン・ジェホ
       ユ・スクチャ・・・イ・ギョンジン
       ハン・ボクチャ・・・キム・ヨンオク
       チャ・ヨンドゥ・・・コ・ギュビル
       イ・チョンホ・・・チョン・ソヨン
       チョ・ソグウォン・・・チョン・ギュス
       ナ・ウィソン・・・イム・ソンミン


演出  : ソン・ジョンヒョン
脚本  : クォン・ギヨン

 12345678910111213141516

1

チェジュンは露店で生計を立てている。
チェジュンの彼女ミニの父には借金があり、家や家財道具は差し押さえになってしまう。
チェジュンはアパートを引き払い、保証金をミニ父に貸す事に。チェジュンはもちろんミニたちと同居。

チェジュンは友人のチョンホに仕事を頼みに行く。
昼間はミニがチョンホに頼んでたわね。
クラブの客を送る運転手の仕事をすることに。
仕事に行くと客を送って出てきたのはミニ。

チェジュンはミニを連れて出る。(おーい客をほっぽりだしたらダメじゃん)
ミニは「自分のため 父のために仕事をしている。関係ないチェジュンに迷惑はかけれない」と言う。
チェジュンは「ミニのため 世話になったおじさんのために一緒に借金を返していくのはなんでもない」と。チェジュンはミニにクラブの仕事はしてほしくないのよね。

ジニョンは整備士。婚約者のジェフンはパイロット。
ジニョンの両親はすでに他界。祖母の友人ボクチャと暮らしてきた。

ジェフンの友人ヒョンチョルは誕生日なのに1人。
彼はジニョンが好きなのよ。携帯には彼女からのメールが残っているし、彼女の写真も。
それをジニョンは見てしまう。

ヒョンチョルとジヒョンは会う。初めて会った場所、ジェフンに彼女だと紹介された場所で。
ジヒョンとしては携帯を見ちゃたから…落ち着かないわよね。
ヒョンチョルも今まで必死に隠してきたのに 結婚式の数日前にばれちゃうのは…気になるわよね。

ヒョンチョルは「ここでジヒョンを愛する気持ちは終わりにし 友達でいることにする」と言う。
マンションで別れる時、ジヒョンはヒョンチョルを後ろから抱きしめて「ありがとう」と言う。(でもさ…そんなことされたら余計に忘れなくなるんじゃ?) それをジェフンが目撃している。勘違いするんじゃ?

チェジュンは客から酒を勧められたせいか 居眠り運転をしている。

ジェフンとジヒョンは2003年を迎える午前0時に会う約束をする。
ジェフンにヒョンチョルから電話があり 「結婚おめでとう」と。
ジェフンは「今までジヒョンへの思いを我慢してくれてありがとう」と。(ジェフンは勘違いしてはいなかったのね)

電話をしながら 青信号になった横断歩道を渡るヒョンチョル。
そこにチェジュンが運転する車が突っ込んで…ジェフンは亡くなってしまう。

2

ジニョンは仕事に復帰。
もちろん上司は休むように言う。整備の仕事だから特に間違いがあっては困ると。
でもジニョンは大丈夫と。
彼は長期の出張の時には 俺がいなくても たくさん寝てたくさん食べて仕事をするように言っていたと。
ジェフンの死を信じたくない。だから 死んだとわかっていないのかな?

チェジュンは刑務所の中。
ジェフン両親と面会。
両親は取り乱したりしない。大げさに批判はしない。
でも「ジェフンを連れてきて」という言葉は心にしみたはず。
客から勧められて酒を飲み、断れず車を運転した代償…

ジニョンはジェフン両親と住むことに。
ジニョンは結婚写真を見て ジェフンが死んだことを認識してしまう。
そのまま朝をむかえ 裁判に向かう。
でも裁判所の玄関で倒れてしまい、チェジュンの顔をまだ知らない。

判決は1年6ヶ月。(短いのね)

ヒョンチョルは両親がいるアメリカに行く事に。
ジニョンが好き。ジェフンは死んだからこの思いは我慢しなくていいはず。
でもやっぱりジェフンを裏切る事はできない。
ヒョンチョルは「すぐに戻ってきて 友達でいるという約束を守るから」と。
自分の気持ちを整理するために帰るのね。

ジニョンはチェジュンの面会に。
チェジュンはすぐに行かなかったから ジニョンは手紙を託す。
あなたのせいで死んだ男を忘れないように。笑う時はあなたのせいで笑えなくなった夫と私を思い出さなければならない。生きていることに感謝する時もあなたのせいで死んだ夫と死んだも同然の私を思い出さなければならない。あなたを死ぬほど恨みます。

18ヶ月後、チェジュンは出所。

2006年秋。
ミニはスチュワーデス。ジニョンはもちろん整備士。
チェジュンは代行運転をしているみたい。
ジェフン両親は食堂を経営。

ヒョンチョルが帰国。搭乗している飛行機にはミニがスチュワーデスとして乗務。
チェジュンはミニの ジニョンはヒョンチョルの 迎えのために空港に来るの。4人は同じ場所に居合わせてしまう。

3

チェジュンは空港で不法駐車代行サービス?をしている。
それを咎めるジニョンに
チェジュンは「悪いことをしたから合法的に食べて幸せになっちゃいけない人間なんだ。こんな俺でも怖がらないでおいしいご飯を食べていいのか?」と。
するとジニョンは「いいわよ。合法的に暮らしても誰も何も言わないわ」と言うのよ。
でも彼がジェフンを殺した人だと知ったら…

チェジュンはすべてを捨て ジニョンが書いた手紙のように 死んだ人を忘れないで自分が幸せにならないように生きているの?
今でもその手紙を持っているのよ。
チェジュンは航空整備士を目指し合格する。
チェジュンは心の中で「申し訳ないけれどすべてを忘れます」と。
それがいいことか悪いことかはわからないけれど 一歩踏み出さないと…

チェジュンが研修に行くと ジニョンが講師なのよ。
ジニョンは 資格がないから合格を取り消すと言うのよ。
チェジュンは頼むけれど聞き入れてくれない。
ジニョン、おかしくない?合法的に生きていいと言いながら 以前 不法駐車サービスしていたからってやめさせるの?横暴すぎない?ちゃんと試験を受けて合格したのよ。

考え直したジニョンは1ヶ月滑走路?の掃除当番をすることで取り消しを猶予することに。

ヒョンチョルは操縦士に復帰。
ミニはスチュワーデスだから おなじ飛行機に乗務する。
ミニはヒョンチョルに興味津々。
チェジュンが好き。でも プライドが高くて上昇志向が強いから チェジュンを捨ててヒョンチョルにいきそう。
ヒョンチョルはどうかしらね。そんな簡単にジニョンを忘れたとは思えないけれど。

ジニョンは元気にしていても…ジェフンを忘れられない。
後輩が自分と同じ日に結婚すると聞くと辛い。夜もうなされているみたい。

ジェフンの命日。ジニョンとチェジュンは それぞれ別々に ジェフンの遺骨を撒いた海へ。
ヒョンチョルはジェフンを相手に酒を飲む。
「俺は大丈夫じゃない。許してくれ。いくら努力してもうまくいかない。ジニョンを俺にくれ」と。

すごく悲しいわけではないのに じわじわと涙が出てきそうになるんですよね。
ドラマのせいではなくて 私の精神が不安定だから?

4

ジニョンとチェジュンは屋台で一緒になる。
「何も喉を通らない日なのに…お酒もうどんもスルスル入るの。変だわ」
「早く帰らないとご主人が心配しますよ」
「死んだのよ」
「すみません」
「なぜ謝るの?あなたが殺したわけではないのに」

チェジュンは寂しそうなジニョンを笑わせようとする。
可笑しい。可笑しいけれど…涙が出てきてしまう。
チェジュンもまた涙が出てきてしまう。
自分が殺した人の妻もこうして悲しんでいるかと思うと…
ジニョンは励まそうと「悲しいときもあるけど たいていは元気にしている」と。

飲みながら寝てしまい 2人は一緒に始発のバスで帰ることに。

一晩中チェジュンの家にいたミニは 帰宅したチェジュンに 「どこに行ってたの」と聞く。
チェジュンは「あの人のところへ。殺した日だから」と。

ミニはチェジュンと結婚して一生貧乏暮らしは嫌だと言う。
嫌かもしれないけれど 昨日行ったパーティに参加していたような 家柄がよくて・高学歴・高収入の男がミニと結婚する?
ミニは別れを告げる。チェジュンは引き止める。でも…
考え方が違いすぎるわ。やめたほうがいい。でも…事故を起こす原因にもなったバイトはミニのためなのよね。チェジュンが可哀そう。

ヒョンチョルはジニョンを誘って夕食を。
ヒョンチョルはジニョンに「俺を受け入れてくれ」と。「5年間に逃げて 友達として会えると思って帰ってきたけれど 無理だった」と。「ジェフンは許してくれる。もう友達ではなく、男と女だ」と。
ジニョンは「5年間友達としてのヒョンチョルを待っていた」と答える。

あ~あ、ミニ父はいつまでチェジュンの足を引っ張るのよ。
チョンホに チェジュンは整備士として働いていると言っちゃうのよ。
邪魔されなきゃいいけど。
ほ~ら手下を連れて会いに来ちゃったじゃないの。

チェジュンが刑務所にいたことをばらす。
前科は入社に関係ないというジニョンにチョンホは人を殺したと言うのよ。
ジニョンは 以前チェジュンが言っていた言葉を理解する。

ジニョンはチェジュンを誘うけれど 本題は言えない。
遠まわしに聞くの。そして信じていると。先入観なしであなたを見ているから頑張ってと。
チェジュンはジニョンを家まで送って行くの。それをジェフン父は見てしまう…息子を殺した男だと気付くかしら?

5

店の中からジニョンとチェジュンを見ていたジェフン父、チェジュンに“あれ?”と思ったみたいだけど 確認しようとした時には チェジュンはいなくなっている。

理事がチェジュンに前科があることを知り チェジュンを呼ぶ。
ジニョンが「前科があるということでやめさせるのは違法だし、彼は有能だ」と言ってくれたからクビにはならないわよね。
ジニョンは 「悪い人には見えないし、事情があったのかもしれないし、私はあなたを信じるわ。過ぎたことよ。今のあなたはいい人よ」と言ってくれるのよ。
チェジュンは 信じられない。ここまで自分を信じてくれる人がいることが信じられない。

ジェフンを殺したのがチェジュンと知ったときが…怖い。

ヒョンチョルはジニョンに 「誰かを受け入れる準備が出来たら 1番は俺だ」と。
そういうものじゃないでしょう。“忘れたから次の男にいこう”じゃないでしょう。
誰かのせいで知らず知らずに忘れるのかもしれないし。
いろいろ策略するより 今までどおりに接するのがいいんじゃないかなあ。
もしかしたら 友情が愛情になるかもしれないし。

ヒョンチョルはチェジュンに興味を持ったみたい。
ジヒョンがチェジュンと親しくしているのが気に入らないし、チェジュンをどこかで見た気がしているのよ。
ミニがチェジュンを知っていると聞いて根掘り葉掘り聞くのよ。嫌な感じ。 彼が調べて 事故のことがわかるのかな。

チョンホはチェジュンに会いに来る。
「俺がばらしたのに何故文句を言わない。事故を起したのも俺のせいだと思っているだろう」と。
逆恨みというか 何をしたいわけ? どうしてほしいわけ?彼もチェジュンが前科者になったことに責任を感じているのかも。
殴り合いになって…問題にならなかったらいいけれど。

チェジュンは怪我した顔でジニョンに会い、家まで送ってもらう。
ジニョンは送った後 薬を買って チェジュンの家に。
チェジュンは泣いている。

6

ジニョンはチェジュンが泣いているのを見て 薬をおいて帰ろうとするけれど、チェジュンが気付く
。傷の手当てをし、一緒にラーメンを食べる。
チェジュンはジニョンを好きになったみたいね。

チェジュンはジニョンに電話をかけ、お見合いに行く途中だと聞く。
少し寂しそうな顔をするけれど すぐに「見合いがうまくいってもたまには一緒にご飯を食べてあげるからね」とメールがきて 嬉しそうな顔に。

ヒョンチョルはジニョンの家に行き お見合いに行った事を聞く。
ヒョンチョルは思わず ジェフン両親に「ジニョンと結婚したい」と言ってしまうのよ。
ヒョンチョルは見合いの場所に行き 「チャンスがほしい」とデートを申し込む。
ミュージカルを見て 食事して…
ヒョンチョルはいい人かもしれない。だけどジェフンを思い出しそう。

と心配していたら…
やっぱり。ジニョンはジェフンを思い出すから嫌。でもヒョンチョルは気にならない。
ジニョンはヒョンチョルに「友達としてのヒョンチョルを忘れる。もう会わない」と言うのよ。

酔いつぶれたミニにチェジュンは「ジニョンを愛してしまったみたいだ。こんなにすぐに別の人好きになってごめん」と言う。
そしてチェジュンはジニョンの家に行く。
外から家を眺めるチェジュン。店の中からチェジュンをみかけたジェフン父。ジェフン父はチェジュンを忘れていなかったわね。

偶然、ジニョンとチェジュンは会う。
2人が楽しそうに話しているのを見ているヒョンチョル。怖いわ~ 捨てられた男は怖いわ~
ヒョンチョルはチェジュンに会いに来るのよ。
宣戦布告ってことね。
大事なのはジニョンの気持ちでしょう。ヒョンチョルは 諦めろとか 我慢しろとか
お前には譲れないとか… 何を言ってんだか。そういう自分勝手な所が嫌われているんじゃないの?

7

ボクチャはチェジュンが被害者の両親を探していると知って自分も探してあげていた。
その人がジェフン両親だと知り動揺してしまう。
まさか可愛がっていたチェジュンが親代わりをしていたジニョンの婚約者を殺した人だとは…

ジニョンはボクチャが作ったキムチをチェジュンに届ける。2人はラーメンを食べる。
…チェジュンはジニョンに「好きです」と告白する。
突然で何も言えないままジニョンは帰ってしまう。

翌日ジニョンはチェジュンに「式をあげていなくても私は結婚している」と返事する。遠まわしに断ったのよね。
だけど…チェジュンとの事を思い出してしまうのよ。それって好きってことじゃ?

ボクチャは チェジュンに 被害者両親に謝ったほうがいいと言っていたのに 「相手は思い出したくないかもしれないから 忘れたほうがいい」と言い出す。そしてジニョンが好きなのか聞くのよ。
うなずくチェジュン。ボクチャは反対。2人の因縁を知っているから絶対に反対。
チェジュンは少しショックを受けたみたい。まさかあんなに強く反対されるとは思っていなかったのよね。

ジニョンはキムチラーメンを作りながらジェフンを思い出す。そしてチェジュンも思い出してしまう。

ジニョンとジェフン父。
ジニョンは ヒョンチョル以外にも好きといってくれる人がいることを告白する。
「ジェフンをいつまでも愛していることをおかしいと思われていることは知っている。
けれどジェフンをずっと愛していたい。でも寂しかった。たまには誰かと映画に行ったり おしゃべりしたかった」
父はジェフンを送ってあげようと。「ここまで。これ以上頑張りすぎると強情になってしまう。ジェフンは本当に幸せものだ」と。
「ジェフンと何百回もラーメンを食べて あの子とは2回しか食べていないのに ジェフンのことは思い出さないの。ごめんなさい」とジニョン。

ジニョンはジェフンを忘れないでいるつもりだったのに チェジュンを好きになって そんな自分が許せなかったのね。
ジェフン父はジニョンに自分の道を歩いてほしいのよね。

翌朝、滑走路でジニョンとチェジュンは会う。
チェジュンは「愛している」と言う。
ジニョンは「自分の気持ちがわからない。わかっているのは あなたの笑顔をずっとみていたいということ」チェジュンに惹かれているけれど…ジェフンを忘れることはできない。

気に入っているのですが 辛い。涙は出てくるし…
先がとっても気になっているのに 気持ちを落ち着かせないと見れません。
まだ前半。後半はもっともっと辛くなるのかと思うと…

8

ジニョンはヒョンチョルを呼び出す。
嬉しそうにジニョンを待つヒョンチョル。ジニョンはチェジュンのことを話す。
「チェジュンが好き。誰かを好きになることはないと思っていた。優しくて不憫で面倒を見ていた。一緒にいると楽しくて穏やかになれた。まだ混乱している。ただずっと見ていたい。笑顔でいさせたい。失いたくない」
ヒョンチョルは反対だし許せない。でもヒョンチョルの許しは必要ないのよね。

ジニョンはとても辛い顔をしていて チェジュンはジニョンを抱きしめてしまう。
「あなただけを見ていきたい」と。

ヒョンチョルは というと…酔った勢いでミニにキスをしてしまう。

ミニにつきまとうチョンホ。
ヒョンチョルがミニの新しい恋人だというから因縁をつけるのよ。「俺は前から好きだったんだ」と。ヒョンチョルは「いつ出会ったとか。付き合いが長いとか関係ない」と言う。言いながら昨日の自分とジニョンを思い出してしまう。

チェジュンは車にひかれそうになる。
ジニョンは「私のそばにずっといてほしい。愛している」と。チェジュンが死ぬかも と思って 自分の本当の気持ちに気付いたのね。

ヒョンチョルはミニを夕食に誘う。
ヒョンチョルはミニにチェジュンのことを聞く。ミニは自分の家族のせいで 交通事故を起したことを話す。
そしてヒョンチョルは知ってしまう。チェジュンがジェフンを殺したことを。 ジニョンに知らせていけない。誰にも言ってはいけない。

チェジュンとジニョン、愛し合う2人はデートをして…キスして…
辛い事実をいつ知るのかしら?

9

真実を知ったヒョンチョルは、チェジュンに会いに行く。
ミニはヒョンチョルに電話をし、「過失だった。真実は伝えないで 別れさせればいい」と言うけれど ヒョンチョルはもちろん反対。
事故の後の5年間を思ったら チェジュンを許せない。2人を別れさせるなんて無理。

ヒョンチョルはチェジュンに“お前は殺人者だ。どこかへ行ってしまえ”と言うのよ。
チェジュンはもちろん拒否。「そばにいると約束したから」と。

一夜明け ヒョンチョルは知らせないで別れさせることにしたみたい。ミニにチェジュンを説得してくれるよう 頼む。

ジェフン母の誕生日。ジニョンはチェジュンを招待するのよ。
顔を合わせる4人。
ジェフン両親とチェジュンはすぐにわかってしまう。
ジェフン母は倒れてしまう。

ヒョンチョルはチェジュンには「ジニョンに気付かれないように別れろ」と言い、
ジニョンには「自分がチェジュンは貧乏で前科者だと言ったからジェフン母は倒れた」と嘘をつく。

チェジュンは呆然とし、泣き、そして結論を出してしまう。“決して許されないこと。神がいないなら 自分も神を必要としない”と。
会いにきたジニョンに冷たい言葉を言うのよ。突き放すことしかできないから。

チェジュンは辞表を出す。 問いただすジニョンにチェジュンは「辛いんだ。ミニが戻ってきたから ジニョンに会うには辛い。別れよう」
でも ジニョンはチェジュンの本心ではないことはわかっているのよ。

ジェフン両親はチェジュンに会いに来る。
「故意ではなく過失だった。だけどあなたは生きている。息子は死んだ。あなたは歳を取る。息子は取らない。ジニョンは私たちの娘なんだ。奪わないでくれ」

10

チェジュンに「ミニが戻ってきたから別れよう」と言われたから ジニョンはミニに会って聞いてみる。
ミニは「その通り」と。
ジニョンは チェジュンの態度はおかしいと思うけれど 理由がわからない。ミニに聞いてもヒョンチョルに聞いてもわからない。

ジニョンはチェジュンの家に行ってみる。
チェジュンはチョンホの店にいるから不在。
ジニョンは鍵を探して 家に入るの。見つけたのは…手紙。

その頃チェジュンはボクシングをしていて 傷だらけの顔で帰る途中、歩いているジニョンを見つける。
ジニョンはフラフラと道路に飛び出すから チェジュンが慌てて抱き寄せると
ジニョンは「触らないで」と。夫を殺した男だと知ってしまったから。

2人が言い争いになってしまったから警察が来てしまう。
チェジュンは警察でも騒ぎ ひと晩留置所に入る。
ジニョンは帰りかけたけれど 警察署の前でチェジュンが出てくるのを待つ
。 ジニョンは気持ちの整理がつかないのよね。憎い。でも憎みきれない。

ジニョンは仕事に没頭することで忘れようとする。けれど…思い出してしまう。
「ジェフンの記憶を消して自分の思い出を残して言った」それだけチェジュンを愛していたのよね。
ジニョンはどうしてもチェジュンに会いたくて ミニに連れて行ってもらう。

チョンホの店。
ボクシングをするチェジュン。
ジニョンが「私の前で殴り殺されるがいい」と念じるように チェジュンは殴られ倒れてしまう。

愛した人が婚約者を事故で殺した人。
前科者でも胸を張って生きていい と言ってくれた人が殺した人の婚約者。
…愛してしまったから…忘れることができなくて……どうするんだろう…

11

チェジュンはすぐに気がつき、その夜はボクチャの家に泊まる。
チェジュンは 絶対に外に出てはいけないと言われているのに やっぱり店に行ってしまう。
もちろん チョンホからも ここには来るなと言われる。

ヒョンチョルはチョンホの店に来て「チェジュンに仕事させないでほしい。静かに暮らしてもらわないと困る」と言うの。チョンホと取引するみたい。

ジェフン母は ジニョンにヒョンチョルと一緒になるようにと言い出すのよ。
急に態度を変えちゃってさ。まあチェジュンよりはいいんだろうけれど。

チェジュンは会社に退職の手続きを。
ジニョンがまとめた荷物の中には あのストラップがある。
帰りにすれ違うけれど…「公私共に楽しかった」と心にもないことを言うのよ。

そしてチェジュンは急に倒れてしまう。
検査の結果は異常なし。(あんな風に倒れて 異常無しなんてどんな検査してんのよ)

チェジュンはジェフン父に会う。
「好きな人と2度も別れることになるジニョンのために見なかったことにしようと思ったが…できない。すまない。辛いのはよくわかる。私たちはずいぶん前に許した。すべてをジニョンも忘れてしっかり生きてほしい」

チェジュンは幸せを掴んだら なくなってしまいそうで怖い。
ジニョンに会いたい。

ヨンドゥはついジニョンに電話してしまう。
「チェジュンが死にそうなんです。助けてください」
ジニョンは断ったけれど 気になってしまい…来てしまう…

「わるふざけはしないで」
「だったら来なきゃいい」
帰るジニョンを追いかけて チェジュンはキスをする。

12

チェジュンはジニョンにキスした後に「これを期待して来たんだろう」と。

チェジュンもジニョンも愛し合っている。でも愛してはいけない。
ジニョンはチェジュンを憎むことで、憎んでいると思うことで耐えようとしている。
チェジュンは ジニョンから憎まれ 離れることがジニョンのためだと思い 耐えている。

ジニョンはヒョンチョルと結婚することに。
ヒョンチョルはジニョンが自分を愛していないことはよくわかっている。ジニョンを守っていくつもり。少しずつでも愛してくれればと。

ジニョンは…心を支えてくれる人がほしいのかな?
(悪く言うと)チェジュンを忘れるために ヒョンチョルを利用するのね。
そんなことしても忘れられないと思うけれど。

ミニ父がチェジュンに言うの。「ミニとはダメだ」と。
理由を聞くと、「ここまで幸せに見放されたチェジュンの人生が怖い」と。
そうなんだけど…
それはチェジュン本人がよくわかっていること。他人に言われたくないことよね。

チェジュンはボクチャ、ヨンドゥと一緒に暮らすことに。
ボクチャはジニョンを店に呼んで チェジュンと暮らすことにしたから これからは会えないと言う。
そこにチェジュンが来てしまう。
帰ろうとするチェジュンにジニョンは「あなたは私から何でも奪っていくのね。偶然会ったからと言って 逃げないで。あなたに会うと生きようと思うから」と言う。
わかるけど…そんなに憎まなくても…憎んでいいから 無視して。
チェジュンは人生を捨ててしまいそう。

ミニがチョンホに連れ去られてしまう。
それを目撃したヒョンチョルはチェジュンに連絡し 自分も追いかける。
ミニを助けるために チェジュンはまた頭を強く打ってしまう。

チェジュンは歩き…着いたところはジニョンの家。
それを窓から見たジニョンは外に行き、「チェジュン~」と呼び止める。
チェジュンは満面の笑みで「課長!」
えっ?何今の?頭を打って記憶を失くしたの?んなはずないから…なに~?

13

チェジュンの顔はすぐに真顔になる。
ジニョンに「どうしたの?何をしに来たの」と聞かれる。でもチェジュンにもわからない。
チェジュンは振り向き、ジニョンは家に入る。
だけどジニョンは「課長」と笑った顔が忘れられなくて チェジュンを探し始める。

「殴られると少しは楽になるの?憎んでも気が休まらないの」
「期待したほどじゃないよ」
ジニョンのもらった絆創膏を貼ろうとしてなかなか貼れないから ジニョンが貼ってあげる。
2人ともお互いの体調を気にしている。
みつめる2人。
「出会わなければよかった。時々会って憎みあおうというのは嘘。もう会わないようにしましょう」そう言ってジニョンは帰ろうとするけれど 倒れてしまう。

ジニョンは病院に。
ヒョンチョルからジニョンに電話があり チェジュンがでる。
チェジュンは帰ろうとするけれど ジニョンが無意識に手を握ってくるから帰れない。チェジュンもジニョンを残して帰れない。
駆けつけたヒョンチョルは その姿を見て 穏やかではない。

ヒョンチョルは婚約式を早めるのよ。ジニョンには相談なし。
あせってるわ~そんなあせらなくても…かえって逆効果では?
ジニョンの心は99%チェジュン。もう少し自分に向くのを待ったほうがいいような気がするわ。

婚約式のドレスを選ぶ2人。
ヒョンチョルだけが嬉しそうで ジニョンはちっとも嬉しくない。
お互い息が詰まりそうなのに ヒョンチョルはジニョンを離そうとはしない。
ジニョンは追い詰められていく。

ボクチャの店に入ろうとして 楽しそうにしているチェジュンを見てしまう。安らぐ。だけど声はかけられない。
1人食事をしながら チェジュンを思い出す。
チェジュンも同じ。こちらを見ていたジニョンが気になって店を飛び出す。
そして2人は会ってしまう。

「もう憎んでいない。ずっと前、あなたに会う前に許していた。あんなひどい手紙を送ったことを後悔していた。あなただと知った時驚き辛く当たったけれど もうしない」
そう言ってバスに乗り込んだジニョンをチェジュンは追いかける。
「会った時から今までありがとう」と。
すべてのわだかまりが消え 穏やかな気持ちの2人。
心は惹かれあっているのに…ジニョンはやっぱりヒョンチョルを選ぶの?

婚約式。
式に向かう途中、ジニョンはチェジュンに「愛してる」と言った時のことを思い出している。
車を降り、チェジュンに電話する。「いまどこにいるの?」

14

ジニョンはチェジュンがいる島に渡る。
「すべてを捨てて来たの。会いたかった」
でもチェジュンは自分が許せない。
ジニョンを置いて その場を離れる。だけど…
一緒にいる決心をし、戻って ジニョンを抱きしめる。

翌朝、ヒョンチョルとミニは島へ。
ジニョンはヒョンチョルに「彼だけを考えて生きていく」と。

戻った4人の前にジェフン両親。
チェジュンとジヒョンは手を握り合って 離れようとしない。
チェジュンが 大丈夫だから帰るように言う。

チェジュンはボクチャに非難されるし、
ジニョンももちろん。
でも2人は信じあっている。許してもらおうと頑張るしかない。

チェジュンはジニョンの家で正座をするの。それを見たジヒョンも部屋で正座を。
ジェフン父はジニョンに チェジュンか自分たちか どちらを選ぶか迫る。
ジニョンはチェジュンを選ぶ。
「彼は今まで苦しんできた。私は彼を苦しめるものを許すことはできない」

婚約式ではなくチェジュンの元に行った時には ジニョンの心は決まっていたから もう誰が何を言おうと無理。
ジェフン両親はジニョンの両親ではない。代わりをして寂しさを紛らわせていただけ。
ジニョンはジェフンを忘れたわけではないだろうけれど、心変わりをすることを責められない。相手が誰であろうと愛してしまったら仕方がない。

15

ボクチャの家に泊まることに。
ボクチャの家で待っていたミニは罵倒するけれど 2人が迷惑かけた人ってジェフン両親とヒョンチョルよね。
ミニには迷惑かけてないわよ。1人であっち行ったりこっち行ったり騒いでいるだけじゃない。

ボクチャとジニョン、チェジュンとヨンドゥが同じ部屋に寝る。
でも夜中にジニョンとチェジュンは起きて話すの。そのまま寄りかかって眠ってしまう。
朝、2人の姿を見たら…ボクチャも認めてくれるかしら。

ボクチャがジェフン両親に「昨日は自分に家に泊まったけれど 帰らせます」と電話すると、
「その必要はない。返さないでください」と。

ジニョンを訪ねてヒョンチョルが訪ねてくる。
もっともなことを言うんだけど…相変わらず自分の気持ちの押し付けなのよね。
「世界中 誰ひとり君達を認める人はいない」と言い出すから ボクチャがたまらず言うのよ。
「私が認める。二人がいいならいいんだ。可哀そうだと思うけれど 男なら気持ちよく送り出してあげるべき」と(ボクチャに拍手~)

ジニョンは会社に復帰。
噂は広まっているから 針のむしろ。
チェジュンはジェフン父に会いに行き 「ジニョンを許してほしい」と頼むけれど 一言も口をきいてくれない。

チョンホはチェジュンと決着をつけることに。
ミニにチェジュンとジニョンを別れさせてくれたら 女になってもいいと言われたから。
ところがずっと頭が痛かったチェジュンは倒れてしまう。
チョンホは慌てて病院に運ぶ。

検査の結果。
脳内出血。危険な状態。手術が必要。
チェジュンは少し時間がほしいと頼むけれど…もうそんな時間は残っていないみたいなのよね。
チェジュンはチョンホに 2~3日黙っていてほしいと頼む。

やっと幸せになれると思ったら…病気。ミニ父が言ったみたいに 運命に見放されてるようで可哀そう。

16

チェジュンは記憶がおかしくなっている。
ミニのところに行って「昨日は待たせてごめん」と。昨日待たせたのはジニョンなのに。

チェジュンが先生に症状を聞くと、
「手術をしても記憶が元に戻る保証はない。でも手術しないと命にかかわる」と言われるのよ。

ミニは昨夜チョンホに聞いたチェジュンの病気の話をジニョンにするの。
「殴られて殺されろというから 頭を打ち、昨日チョンホと喧嘩をして 同じところから出血した。望みどおりになったわね」
ジニョンはしばらく泣いた後、“泣くわけにはいかない。しっかりしないと”と思い直す。
ジニョンは何がおきても チェジュンのそばにいることに。

チェジュンは記憶がどんどんおかしくなっているのよ。
事故も ジェフンも ジェフンとジニョンの関係も すべて忘れてしまったみたい。

ボクチャのことはわかるのに ジニョンのことはわからない。
愛する人ではなく 課長なの。
最後に 手術の前にデートをすることになっていたのに…

チェジュンの幸せそうな顔を見ると 悲しくなってしまう。
自分と会う前はこんなに幸せだったのに 私に会って辛いことばかりだったのね。
それでもチェジュンが心配で ミニの家に行くチェジュンのあとをついていってしまう。
病気のせいだとわかっていても 辛すぎる。

ミニは昔のチェジュンが来てくれて嬉しい。
でも 今愛しているのは私ではなくジニョンだと教えてあげる。

記憶が戻って部屋を飛び出すと そこにはジニョン。ジニョンはずっと待っていたのよ。
そして約束したデートを。

手術。
無事に終わったみたいね。
入院代をみんな払おうとしてくれるのよ。ヒョンチョルが払って、次にチョンホ、その次はミニ父。みんなチェジュンが好きなのよね。

チェジュンは記憶が飛んでいて ジニョンのことは覚えていないみたい。
チェジュンはジニョンとすれ違った後、ジニョンを呼び止める。
「僕のこと知りませんか?」
「よく知っているわ」

記憶が戻るかどうかわからないけれど 2人で歩き始めてほしい。

よかったわ~ユン・ゲサンいいわ~
最終回は大泣きでした~

病気にしたのは解せないけれど その方がハッピーエンドになるのかも(厳密に言えばハッピーエンドではないですが)
ヒョンチョルは手術代を払ってくれたし、ジェフン父は「ピザは好きかな?」と言ってくれたし…
ヒョンチョルがジェフン両親に言った言葉「こんな状況でも2人は幸せそうに笑いあっていた」そんな2人だから みんなは許して認めて見守ることにしたのかもしれない。


関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
自白
ある春の夜に
ドクター・プリズナー

扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング