2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




イタズラな恋愛白書Part2(愛的生存之道) あらすじ&感想



やっぱり ダメでした。
“30歳代独身女性の恋愛。仕事か 結婚か”は苦手だとわかっていたんですけどね…

でも…
ダメだった理由は これ↑ではないです。
主演男性2人が ダメでした。
イーカンは 後半は好きになったのですが、
ウェイティンは まったくダメでした。
外見も中身も 受け付けない。
ハイルンの父に認められなかった時、ハイルンの幼なじみが登場した時、出版社が倒産した時 などなど
あんな女々しい男は 気持ち悪い。

それでも 内容がよければ…ってことなんですが、
頑なにイーカンを受け入れようとしないアンレイにイライラ。
恋愛に自信を失くしたアンレイの気持ちを理解しつつも
“そんなんじゃ いつまでたっても恋愛できないわよ!”と怒鳴りたくなりました。



全20話 2014年 

出演者 : 紀安蕾 ジー・アンレイ・・・隋棠 ソニア・スイ
       黄以康 ホァン・イーカン・・・楊祐寧
       何偉霆 ホー・ウェイティン・・・荘凱勛
       沈海倫 シェン・ハイルン・・・謝沛倫

       ティファニー(アンレイ友人)・・・小嫻
       阿泰 アタイ(ティファニーの恋人)・・・郭鑫
       羅家怡 ジアイー(アンレイ友人)・・・張家彗
       文哥(ジアイーの夫)・・・徐詣帆

       アンレイ母・・・林美秀 リン・メイシュウ
       アンレイ父・・・陳文彬
       顧小芸 シャオユン(アンレイ姪)・・・辛樂兒
       周大凱 ダーカイ・・・林柏宏
       アンレイ姉・・・海裕芬
       アンレイ姉の夫・・・王宏恩

       サイモン・・・簡宏霖
       ココ・・・李佳豫
       志偉・・・曾昱嘉
       小琳・・・呉心緹

       ハイルン父・・・謝宇威
       ハイルン母・・・劉暁憶
       ルールー(ジムのトレーナー)・・・謝翔雅
       ピーター(ハイルンの幼なじみ)・・・邱昊奇

制作総指揮 : チュウ・ヨウニン
演出  : リー・チンロン

 1234567891011-1213-151617-1819-20

1


“30歳代独身女性の恋愛。仕事か 結婚か”
のドラマは苦手なんですが…

それよりも!「イタズラな恋愛白書」の時も思ったけれど「イタズラな恋愛白書Part2」っていう邦題 なんとかならなかったんでしょうか?
制作総指揮がチュン・ヨウニンだからって…
しかも “Part2”って…  


ジー・アンレイは34歳。独身。
22歳の姪シャオユンが結婚することになり 少々焦っている。

で、アンレイ以上に焦っているのがアンレイ母。
娘を連れて 鳥占いのモニカ・チェンに占ってもらう。
占いの結果は
“生涯ひとり身。孤独な生涯。仕事は努力しても成果なし”

アンレイは 占いを信じていない。
なぜか…
仕事は順調で 近々昇進予定。
結婚は「35歳で独身だったら嫁に来い」と言ったホー・ウェイティンから
「人には帰る場所が必要だ。帰る家が。旅は終わりだ」と言われたから。
ウェイティンとは 3回つきあって3回別れた仲。
はっきりプロポーズされたわけではなかったが、そう受け取っていた。

2


男も仕事も同じ女に奪われてしまった。それも小娘に!
って 気持ちよね、アンレイは。

恋愛は年齢じゃないから 男を奪われたのは仕方ないとしても(実際には奪っていないけど)
仕事のほうは 頭にくるわよね。  


アンレイが勤める“ペイイージー社”で 会長が重大発表する。
ジェイソンが移籍したため 空席になった社長の発表。
社員誰もが アンレイが 指名されると思っていたが…
紹介されたのは 会長の娘 シェン・ハイルンだった。

今まで一緒に働いていたのならともかく
突然 やってきて 娘だから社長になります じゃね…
納得できないかも。

アンレイは ウェイティンと会う。
大事な話がある と言われていたから プロポーズに違いないと期待する。
社長になれなかったから 結婚退職する覚悟はできていた。
ところが…
大事な話というのは 婚約者を紹介することだった。
しかも その婚約者はハイルンだった。…最悪。
人生一番最悪な日になってしまった。

落ち込んで帰宅したら
家に シャオユンの元教官ホァン・イーカンがいた。
シャオユンに借りたらしい。
そのシャオユンは 予定より早く 新婚旅行に行った後だった。

すぐにでも出て行ってほしいアンレイ。
しかし 友人のジアイーとティファニーの取りなしで 数日泊まることを了承する。

3


ハイルン もてるわね。
イーカンもハイルンを好きだったなんて。


アンレイは ウェイティンに会い、
ウェイティンが アンレイに 35歳まで独身なら嫁に来いと言ったことを覚えていると知る。
「3回も傷つけたから 嫁に来いとは言えない。友人でいてくれる。それだけで感謝すべきだ。生涯失いたくない」と言われ 複雑な気持ちになる。

イーカンは ハイルンに告白するために 台湾に来た。
彼女が失くしたと言っていた母の形見そっくりのネックレスを用意して。
ところが 彼女には結婚を考えている人がいた。
撃沈。
アンレイ家に戻り やけビールを飲む。

アンレイ帰宅。
イーカンは アンレイがふられたことを知っている。
で、アンレイとイーカンは 一緒にやけ酒を飲むことに。
“いい友達の仮面”で意気投合する。
“本心を隠すのに最適。けれど付け続ければ外せなくなる”

好きなのに 気持ちを隠して友達でいるのは辛いわよね。
特に 恋の相談をされるのが一番辛い。
アンレイ、ハイルンへのプレゼントを買うのにつきあわされるなんて 最悪。

4


楽しさ とか ノリ とか いきおい とか なら 「イタズラな恋愛白書(我可能不會愛你)」
対して Part2は 落ち着いていて盛り上がりに欠けるけれど だからこそ考える時間を与えてくれる。  


ウェイティンは ハイルン両親に会う。
しかし 経済的に安定していないなどの理由で 受け入れてもらえなかった。
落ち込んだ気持ちや 愚痴を聞いてほしくて アンレイに会いに行く。

「君にしか話せない」と言うウェイティン。
まったく アンレイをバカにするにもほどがある。
で、イーカンが同居しているのを知って
「俺のレイレイに恋人ができたと思った」とか「恋人ができたら 今まで通り連絡できなくなる」と。
…は?何それ?じゃぁ あんたは?あんたには恋人がいていいわけ?
そして…
「シェン家は想定外だった」とも。
…は?そんなこと わかってことじゃない?親なら 誰で娘に金の苦労をさせたくない。金よりも愛 といっても 結婚相手には 安定した職についていてほしいと思う。それって当然じゃない。そんなこともわからずに“自分なら認めてもらえる”って思ってたわけ?お気楽な男。私が親なら おどおどしていて賢そうにみえない男は 別れさせる。

アンレイはウェイティンに “別れなさい。ほかにも女はいるわ”と言いたいのを我慢して
「努力して信頼を勝ち取るしかない」と助言する。
また アンレイは 結婚するためなら就職してもいい と言うウェイティンに驚いていた。
以前 頼んだ時は嫌だと言われたのに 今はハイルンのために就職しようとしている と。


アンレイはイーカンから
過去を忘れて前向きになろうと 偉そうに意見され 意地悪したくなる。
「元カレと恋人に会ってほしい」と。
アンレイは イーカンが好きな人がハイルンだと知っている。
好きな人とその恋人を前にして 冷静でいられるのか見てみたいと思ったのだった。

5


アンレイ、ウェイティン以外の男を見なさい!

結婚しなくてもいいと思うし、無理して恋人を作る必要はないと思うけど
ウェイティンよりは素敵な男はいっぱいいるわけで…
固執しなくてもいいのに。

でも そう簡単にはいかないのかなぁ。
ウェイティンの恋人が まったく関係のない人だったら違ったのかもしれないけれど
密かに狙っていた社長の座を 娘だからという理由だけで奪った女だから
張りあう気持ちが出てくるのかも。
私なら“あんな男 くれてやる”と 他の男を探すけどなぁ。  


2人だけで盛り上がるハイルンとウェイティン。
その前で 動揺を必死に隠しながら 食事をするイーカン。
アンレイは 意地悪するつもりだったけれど イーカンが可哀想に思えてくる。

ティファニーからは 新しい男を見つけたほうがいいと言われるけれど
アンレイは ウェイティンを取り戻したい という気持ちが強い。
それなら…とティファニーから提案されたのが イーカンとの共同戦線。
「共同戦線を張って攻撃すればいい。協力して別れさせたらいい」と。

6


イーカンは アンレイの提案に
「賛同できない」と。
「君が求めているのはウェイティン。僕が求めているのはハイルンの幸せ」ってことらしい。
ということは ハイルンが幸せではないと思ったら 共同戦線を張るのかしらね。  


ハイルンは 進めていた企画を破棄。新企画を提案する。
アンレイは 転職を考えている割には 全力で企画に打ち込む。
イーカンは 得意客に贈る商品のデザインを依頼され、
ウェイティンは 旅行講座の講師を引き受ける。
ということで 4人が仕事で顔をあわせることになりそう。

7


ウェイティン、失敗。
おまけに ハイルンに八つ当たり。
こんな男はダメ。
ハイルン、ウェイティンと別れるべきよ。
なぜ イーカンじゃダメなの?

アンレイも ウェイティンを忘れたらいいのに。
ほかにも男はいるわよ。
“お姫様になる気はない。ガラスの靴を失くせば自分で買う。自分の人生を王子様に預けるより 自分の幸せは自分で探すほうがいい。お姫様じゃなくても 私の幸せはある。お姫様じゃなくても騎士はいる”と思っているんでしょう?
こんな男を長い間思い続けているなんて 信じられない。


イーカンはアンレイに
「君は人に対して強い女を装っている。怖いものなしに見えるが 実は臆病。気は優しいが 態度は強硬で意固地。譲歩も受け入れない。外見と中身が全く違う人間だ。自分を偽る必要がまったくない人間を探すんだ」と言う。

イーカン、アンレイのことわかっているじゃない。
そうなのよ。
“私は強い”と見せる人間ほど 弱いのよ。
それに 恋愛 特に結婚する相手は 素の自分でいられる人を見つけるべき。

ほんとイーカンが素敵。
ウェイティンがどうしようもないから 余計に素敵に見える。  


ハイルンが初めててがけた企画が行われる。
ウェイティンは講演をすることになっていたが…
見学に来たハイルン父を見て ハイルンと別れるように言われた時のことを思い出し…
講演を失敗する。

ハイルン父は社長。見学に来るのはわかっていたことだと思うのだけど…
それに 別れるように言われたのを思い出したのなら “見返してやる。ハイルンにふさわしい男だと見せてやる”とか おもわないのかしら。

で、ウェイティンはハイルンに八つ当たりする。

イーカンは その様子を見て 決心する。
ハイルンに 自分という選択肢もあると知らせたいと思う。
そこで アンレイに
ハイルンの会社で働くことにしたこと、以前提案された共同戦線を受け入れる と話す。
それをうけて アンレイも会社を辞めないことにする。

8


ウェイティンに会いながら 逐一 イーカンにLINEで報告するアンレイ。
もしかして イーカンのことが気になっている?

アンレイとイーカンは “協力”を名目に 会話が増えている。
いつの間にか 同居生活に慣れ、そばにいることが当たり前になっている。  


アンレイは ウェイティンを励ましに行く。
講演で失敗し 引きこもってやけ酒。みすぼらしい様子のウェイティン。
「誰かを愛せばこの気持ちがわかる。相手を助けるつもりが逆に苦しめた。ハイルンをどなったんだ。後悔しているよ。合わせる顔がない」とアンレイに言う。

アンレイは 優しく声をかける。
ネックレスに気づかれると「あなたの贈り物は全部持っている」と言う。
弱っている時に奪還 と考えたが…
ウェイティンの中には ハイルンしかいなかった。

イーカンも同じだった。
アンレイに「彼女の心にはウェイティンしかいない。僕はまたいい人だ」と報告する。

けれど まだ諦めていない。
イーカンはアンレイに「2人は壁にぶつかっている。責めるなら今しかない」と言う。

9


アンレイ、ウェイティンに告白。
ただね…あんな形の告白じゃね…難しいかも。

ウェイティンは アンレイから告白されて 呆然。
まさか アンレイが自分を愛しているとは思っていなかったみたいね。
それは…ウェイティンがおバカすぎ。…と思うけど…
ウェイティンにとって アンレイは親友。ハイルンは恋人。
悲しいけど アンレイは受け入れるしかないわよね。

私…
ウェイティンのすることなすことすべて 嫌。
ハイルンも好きになれない。
そろそろ 2人の出番を少なくして アンレイとイーカン中心に展開してほしい。  


ハイルン父は ハイルンとウェイティンの交際を認めることに。
“2人の住む世界が違うと反対したけれど 簡単に解決できる。同じ世界にすればいい”
ということで ウェイティンをオーロラ社の副編集長に抜擢する。

ウェイティンは “ペイイージー社”の社員食事会の席で聞かされる。
驚き ハイルン父に コネ入社は受け入れられないと言う。
で、2人はまた喧嘩。

アンレイは 事前にハイルン父から聞かされていた。
しかし ウェイティンには話さなかった。
突然聞かされて ウェイティンは断るに違いない。そしてきっとハイルン父と喧嘩になるだろう。そうなれば ハイルンと別れるはず と考えたのだった。

アンレイは ウェイティンに「彼女とでは あなたが思う立ち位置を確保できない。だったら愛していても一緒にはいられないでしょう?気づいてほしかった、ふさわしい愛があると。そうすればあなたは自由よ。幸せになれる。無力を感じる必要はない。自由で自信にみちたあなたはどこにいったの?なぜ彼女に固執するの?ふさわしくない愛のためになぜ苦しむの?」とぶちまける。
「見そこなった。親友に裏切られた」と言われて カチンとくる。
「親友なんて誰が言ったの?ごめんだわ。愛してるから。今までずっと。今でも愛している」と叫ぶ。
「俺はどうしたらいい?会長の厚意をうけて言われるままに職に就くべきか?彼女を忘れて君を選ぶべきか?今必要なのは信頼できる親友と飲み明かすことだ。以前のように腹をわって。けれどあいつはいない」と言われる。

10


アンレイとイーカン、それぞれ片思いを整理。
いよいよ新しい恋の始まり?  


アンレイはイーカンに「2人を見るたびに 幸せになる時機を逃したと感じていた。私は34歳よ。時間を無駄にできない。自分に正直でいたい。幸せになろうとするのがそんなにいけないの?」に訴える。
…結婚すれば幸せになる というわけじゃないんだけどなぁ。
すると「まだわからないのか?時機は逃したんだ。君は彼を奪おうとしている。親友の座まで失うぞ」と言われる。

イーカンは 自分の片思いにケリをつけるため ハイルンに告白する。
見事ふられたけどね。

イーカンは アンレイが心配で 探しまわり メールしまくる。
アンレイは あっち行ったりこっち行ったりして 気持ちを整理してから ウェイティンに会いに行く。

アンレイはウェイティンに「あなたは精神的な支えだった。恋人じゃなくても いつも連絡をくれていた。必要とされている 愛されていると感じられたわ。それが大切だったの。あなたと結ばれることを夢見ていた。人を愛する力を失わずに済んだわ。あなたはハイルンに会い 新しい道を歩き始めた。私だけが昔と同じであることを望んだ」と言って ウェイティンへの思いを終わりにする。

突然 アンレイ姉が家に来た。泊まるらしい。
お見合い話をする姉を牽制するように イーカンを恋人候補と紹介する。
けれど 同居しているとは言えず…
イーカンは アンレイ姉に見つからないように 息をひそめて過ごすことになりそう。

11-12


中断している間に 最終回まで放送されたので 慌てて 再会。
やっぱり ハイルンとウェイティンがダメだ~~
どっちも 苦手なんですよね。
外見が苦手でも 見ているうちに 気にならなくなるものだけど
この2人は 中身もダメ。

ハイルン、あなた何様?
「アンレイから ウェイティンを奪って 未来を奪った」って。
あなた そんなにすごいわけ?
確かに ウェイティンを奪う形にはなったけど だからって アンレイの未来まで奪えないわ!


イーカンは アンレイを 好きになったようだけど
アンレイは まだウェイティンを引きずっている様子。

忘れられない って気持ちはわからないでもないけど
いつまでも 戻ってくるあてのない男を思ってもしょうがないのに。
アンレイ、イーカンから「君は彼に何を求めている?」と聞かれて
彼と恋愛していた時の自分を取り戻したいのかも と答えていたから
ウェイティンを愛している というより ふられたことで自分に自信をなくしたのかも。
彼と一緒にいたときが一番幸せだったと思っているのかも。
幸せなんて これからもたくさん感じられるはずなのに。

無理に 新しい恋をする必要はない。
でも 新しい恋をすることで 自信を取り戻せるのなら 必要かも。

13-15


アンレイにイライラ。

まったく ソニア・スイ出演 ってだけで 頑張って観ているのに
ソニア・スイ演じるアンレイがダメになったら…
もう耐えられない。

かろうじて イーカンが好青年だから
イーカンを応援するつもりで観ている。
でも アンレイのあまりの酷さに
“アンレイなんて もういいじゃない。仕事は辞められないとしても 引っ越してアンレイから離れたら?アンレイにこだわる必要ないわよ”と言いたくなる。

アンレイが 恋愛に臆病になっているのも
やっと ウィエティンをふっきれたばかりで イーカンのことを恋愛対象に見られないのもわかる。
でもさぁ…

イーカンの「僕は君を好きになったらしい」という告白を
“たちの悪い冗談”と一蹴するのは 酷いんじゃない?

アンレイの周り…家族や同僚も 正直 鬱陶しいのよね。
アンレイが 誰と付き合おうと 結婚しようと どうでもいいんじゃない?
特に 同僚。
家族や親友が うるさいのは心配しているから とわかる。
でも 同僚が 騒いでいるのを見ると “そんな暇あるなら仕事したら?”と思う。
もしかして 同僚は家族と同じ。アットホームな会社なのよ とか?

16


アンレイとイーカン、一気に進んじゃった。

ふたりで出張に行き、
山の中で ガス欠。
車の中で夜を明かすことに。

で、イーカンが積極的に。
アンレイにキス。
アンレイは拒まず、
その先まで。
翌朝 2人は裸。

こうなっても アンレイは 一夜だけのことにしたいらしい。
でも 本当にそう思っているのなら イーカンに会っても平気なはず。
なのに 会社を休んで会わないようにしたり イーカンを避けるのよね。

ティファニーとジアイーから「体はなにより正直。イーカンと話しあいなさい。逃げちゃダメ」と言われたけど
大丈夫かしら。

アンレイは 年齢的にこれから付き合う人は一生の伴侶と考えると前に進めない と思っている。
でもね…そんなこと言ってたら 一生恋愛できないんじゃ?
付き合わなきゃ 相手のことはわからないし、結婚しようと思わないと 思うんだけどなぁ。

17-18


突然 アンレイに告白したサイモンが とても鬱陶しい。

私にとって…たぶんドラマ的にもどうでもいい…ウェイティンとハイルンの恋愛。
わざわざハイルンの幼なじみを登場させて ウェイティンを嫉妬させるなんて展開も 鬱陶しい。

さて 次回予告でイーカンが出て行っちゃうみたい。
そりゃぁ そうよね。
思いが実らないのなら 諦めるしかない。
諦めるためには 目の前からアンレイを消すしかない。
それなら 会社を辞め 引っ越すのが一番。
ってことよね。たぶん。

それとも…
ひなぎくの花が咲いたから?  


まぁ イーカンもね…どうしようもない奴よね。
酔いつぶれて ジムのルールーをアンレイと間違えてキスするなんて。
それをアンレイに見られちゃって…

アンレイは 自分の気持ちがわからない。煮え切らない。
イーカンが ダーカンに アンレイは友達と言っているのを聞いて がっかりする。
そして とどめの イーカンとルールーのキス。
アンレイは イーカンと距離を置く。

イーカンを避けるアンレイ。
しかし イーカンが 無断外泊した時は 心配で仕方がなかった。

イーカンは 再び 告白する。
「あの時はルールーを君と間違えたんだ。ここ数日で 以前君が好きだと言った言葉は 本心だったとはっきりわかった」と。
しかし 「今の話は聞かなかったことにする」と言われる。

イーカンは 無断外泊した時 アンレイからたくさんのメールが届いていたと知る。
アンレイの気持ちは 自分に向いていると思い 嬉しくなる。
しかし…
やはり アンレイから 突き放される。
どんな言葉を尽くしても アンレイは聞き入れようとしてくれない。
否定するばかり。

19-20


イーカンは 置き手紙をして 家を出て行く。
“距離を置くことで答えが出るかも”と書かれていた。

アンレイは イーカンを思い出して 寂しくなる。

サイモンが仕事でミスをする。
責任をとって 上司であるアンレイも損失を補うことに。
金を用意するために 家を売りに出す。

不動産屋が 購入希望の客を連れてくる。
その客は イーカンだった。

ということで アンレイとイーカンは気持ちを確かめあう。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

未見ですが…

mikajunさん、こんにちはm(__)m

日本側で名づけたpart1&2ともに未見です(T_T)1は見たいです。

主演男優さん、検索したらお二人とも昭和なお顔ですね(^_^.)

最近台湾明星の大陸進出が止まらず、台湾ドラマの主角男優不足というのがわかります(T_T)

俳優さんのお名前で見る限り、わたしが知っているのはメイシュウさん以外ピーター役の方だけです。

彼は現在進行形のジョセフドラマで結構重要な役をしています。

最初…でしたが、ジョセフと同じくらいの長身で、溝端淳平さんに似てなくもないのでだんだんよく思えてきました。

このドラマは福山さんがエンディングでゲストで出ていますし、必ず日本に来ると思います。お話は難しいですが…(^_^.)

Heさん、こんにちは

“主演男優不足”困ったものです。
俳優は演技力が一番とわかっているのですが、
やはり 好みの外見のほうが 視聴する楽しみがあります。
演技力がある人は 観ているうちに素敵に見えてくる時もありますが。
そこまでの演技力がある人は…少ないような?

ピーター役の俳優が 溝端淳平に?
このドラマでは 絶対に見えないので
ジョセフのドラマで確認します。

「ショコラ」の予告 見ました。
放送が待ち遠しいです。
そのまえに HDに録画できるように「僕たちのプリンセス」「LOVE NOW」を観ないと…

Peter

mikajunさん、こんにちはm(__)m

ちらっと見てみました。

Peter役の方、わたしも最初溝端淳平に似ているとは思わなかったのですが、じわじわです。
台湾ではウーズンに激似という記事がありました。

これから露出が多くなるのでは?

ジョセフのドラマでもチャン・チュンニンちゃんとの絡みが多く結構いい役です。

「ショコラ」はわたしも楽しみです♪中文のみ視聴なのでサイドストーリーがイマイチ理解できていません。8月1日から1話のネット配信があるそうでそれを見ようと思っています。

アーロンのドラマもあと2回で終了なので、これも日本に来るかな~と思っています。半端なくかっこいいです♪

Heさん、こんにちは

え~~ ウーズンに激似?
それは…やめて~~~

今回は あまりいい役ではなかったですが、
主演か 主演に準じる役をもらえると 人気出るかもしれませんね。
どちらかというと 可愛い顔ですし。

ショコラもアーロンも楽しみです。
今 中国時代劇のDVDの発売が多いようですが、
台湾ドラマも忘れないでほしいです。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング