FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




ショコラ あらすじ&感想



まったくドキドキせず…
秦是吾がいつ千恵を好きになったのか、
どれくらい好きなのか、
さっぱりわからなかった。
ラン・ジェンロンじゃなかったら リタイアしたと思います。



全22話 2014年 台視

出演者 : 辰巳千恵/施瑪亞・・・長澤雅美
       秦是吾・・・藍正龍

       麥松奇(“ケーキハウス マヤ”の店長)・・・馬如龍
       修造(“ケーキハウス マヤ”の店員)・・・應蔚民
       阿栗(“ケーキハウス マヤ”の店員)・・・巫建和
       阿門(“ケーキハウス マヤ”の店員)・・・黄緯豪

       葉徳隆(稲重会会長)・・・張魁
       河合幹人(稲重会)・・・北村豊晴

       凌奈奈(秦是吾の元恋人)・・・曾珮瑜
       楚椎名(秦是吾の幼馴染、奈奈の恋人)・・・洪天祥

       阿泉・・・黄鐙勤
       謝達・・・天哲

       小荳(千恵の友人)・・・五熊
       音楽学校の副校長・・・高英軒
       達人・・・鄭有傑

演出  : 北村豊晴
脚本  : チー・シーリン、チェン・ホイルー

 123-56-78-910111213-1516-22

1


ホームドラマチャンネルの“第1話 先行 無料配信”を観ました。
漫画ちっくで “ざ・台湾ドラマ”(日本の漫画をドラマ化することが多かった頃の台湾ドラマ) って感じで 面白いです。
…って 漫画が原作でしたね。
原作も 日本ドラマも 観ていないので 楽しく観れそうです。
ラン・ジェンロンは コミカルだけど…やっぱり カッコいい。


秦是吾は 5年の刑期を終え 出所。
刑務所の門を出たら 組員たちが ずらっと並んでいる…はずだった。
しかし 誰も いなかった。
そこで 組事務所に行くと…
なんと そこは “ケーキハウス マヤ”になっていた。

組長の麥松奇は 妻の施瑪亞が亡くなった後 組を解散したのだった。
財産を売って 組員の退職金に。
残ったのは ケーキハウスとおんぼろ車だけだった。

あまりの変わりように 戸惑う秦是吾。
麥松奇や 残った組員の修造、阿栗に詳しいことを聞こうとするが、
“ケーキハウス マヤ”に 予想もしなかった客が来て それどころではなくなる。

やってきたのは 施瑪亞の娘の千恵だった。
千恵は 自分を捨てた母と 母と一緒になった麥松奇を快く思っていない。
それなのに 麥松奇を訪ねてきたのは 父を心配してのこと。
千恵の父は 会社が倒産した後 ヤクザに命を狙われていた。

2


千恵は 自分を捨てた母を恨んでいる。
その恨みを麥松奇にぶつけて 晴らしているかのよう。
我儘言って 傲慢な態度の千恵は ちっとも可愛くない。


麥松奇は組を解散したことに後悔はない。
ケーキ屋で生きて行こうと思っている。
それに対して 秦是吾は血廉組の再興を考えている。

再興する と言っても簡単にはいかない。
何より 金が必要。
けれど 秦是吾には再興できるほどの金はない。
そこで ちらっと頭をよぎるのが 稲重組会長の言葉
「再興を手伝う」
秦是吾は稲重組に助けを求めるが…

3-5


藍正龍が観れるから満足しているけれど
話は…ちょっと つまらない。
千恵と秦是吾の仲が接近してくれば 面白くなるに違いない…と信じてる。


千恵は 麥松奇たちに反抗してばかり。
母は亡くなった。父は行方不明。
そんな状況で 自分は何をしたらいいのか、なぜここにいるのか、わからなくて戸惑う。
その気持ちを麥松奇たちにぶつけている。

そんな千恵が起こした騒動の後処理をするのが秦是吾。
文句を言いながらも“瑪亞の娘を守ろう”と決めているらしい。

そして 千恵は秦是吾と関わっているうちに 惹かれはじめている様子。
千恵本人も 自分の気持ちの揺れに気づいているようだけど
“まさか”と思っている。

秦是吾たちは 組再興を願っていたようだけど
ケーキ店を手伝うことにしたみたいね。
麥松奇は秦是吾たちに「スマイル~~」と強調するけれど
まずはケーキの味よね。

6-7


結婚していないからって
よりを戻せるわけないじゃない。  


秦是吾のことが好きかも? と思い始めた千恵。
拉致された自分を助けに来てくれて
自分を助けるために 殴られて
そんな秦是吾を見て 完全に落ちる。

千恵は自分の気持ちを隠そうとしない。
秦是吾が自分をかまってくれるのが嬉しくて仕方がない。

秦是吾は千恵をどう思っているかというと…
妹みたいな存在かなぁ…
愛おしい顔で千恵のことを見るけれど “愛”とは違うような?

秦是吾には 忘れられない元恋人がいた。
その元恋人で 幼馴染の凌奈奈に再会する。
凌奈奈は 千恵の先生だった。(千恵は音楽学校に編入)

昔…秦是吾は 組長のために 殴り込んだ。
この時 凌奈奈から「私と組長とどっちが大切?」と止められるが 振り切る。
結果 秦是吾は 刑務所に。

秦是吾は何通も凌奈奈宛てに手紙を書いた。
けれど 返事はこなかった。
やつれていく秦是吾。
見かねた阿栗と修三は 凌奈奈の結婚招待状を偽造し、秦是吾に見せる。
秦是吾は 結婚したと信じる。

凌奈奈は結婚していなかった。
秦是吾は 花束を持って 凌奈奈に会いに行く。
しかし 凌奈奈はよりを戻す気はなかった。
凌奈奈の中では 秦是吾が自分よりも組長を選んだ時 2人の仲は終わっていた。

8-9


凌奈奈の恋人は 幼馴染の椎名だった。
ってことで 秦是吾は凌奈奈への思いにけりをつけられたのかしら。
一緒に施設で育った椎名が相手じゃ 祝福するしかないわよね。  


秦是吾は 奈奈にふられる。
千恵は 落ち込む秦是吾を見ていられず
「協力する」と約束してしまう。

次の日から 秦是吾と千恵は 奈奈を尾行。
どうやら 奈奈の恋人は副校長らしいとわかる。
副校長には負けると諦めかけた秦是吾だっだが…
なんと 副校長には 男の恋人がいた。

秦是吾は 奈奈が遊ばれていると思いこみ、副校長を殴るが…
奈奈は知っていた。
秦是吾を諦めさせるために 恋人のふりをしてもらっていたのだった。

奈奈の本当の恋人は 幼馴染の椎名だった。
秦是吾は 平気な顔をして 祝福する。
しかし 内心では動揺していた。
帰宅後 何があったか聞きたがる千恵に 何を思ったかキスしてしまう。

我に返って焦る秦是吾。
千恵から 「謝らないで」と言われたから 謝るわけにもいかず、
話題にもできず、
どうしたらいいのか悩む。

10


椎名は 麥松奇が襲われた時に 足を撃たれ、
その後遺症で 片足を引きずるようになった。

ということだけど…
真相は…
みんなが撃たれた後 自分で自分の足を撃って 撃たれたふりをした。
麥松奇は 瀕死の状態の中 それを目撃した。
だから 椎名のことを信用していない。

麥松奇が 椎名を調べると
ヤクを売りさばいて財産を蓄えたとわかる。

そんなことなんか知らない秦是吾は椎名を信用。
奈奈との結婚式の介添人を頼まれ (表面上は)快く引き受ける。

千恵は秦是吾が可哀想でたまらない。
愛している人と奪った幼馴染の結婚。
介添人を頼む椎名も非常識だし、
引き受ける秦是吾もおかしいと思う。
また 奈奈はまだ秦是吾を愛していると思う。
秦是吾と奈奈にやり直してほしいと思う。

椎名が襲われる。
麥松奇も 秦是吾が止めなきゃ 椎名をやっていた と言っていたし、
結構恨まれているのかも。

11


理解できない椎名の行動。
でも 秦是吾が千恵を助けることで  2人の仲が近づくのなら まぁいいけど。
イヤ 千恵が秦是吾の元に戻ってくるかも…  


麥松奇は椎名に会いに行く。
「撃たれたあの日すべてを見た。秦是吾を苦しめないために始末しなかった。裏で稲重会と組み ワシの命を狙ったとなれば秦是吾は死をもって償うだろう。結婚して この町を去り 二度と現れるな」と忠告するが、
椎名は まったく動じない。
「間抜けな秦是吾を守るために おやじが秘密を守ると知っている。俺が何をしようと あいつが泥をかぶることになる」とほざく。

秦是吾は 血鷹組から呼び出される。
どうやら 椎名を襲ったのは血鷹組らしい。

そのころ 千恵は拉致されて、
犬に襲われそうになっていた。

また 奈奈と椎名の結婚式が始まろうとしている教会では
椎名が麥松奇に 秦是吾から参列しないと連絡があったと報告していた。

秦是吾は 血鷹組員らあいてに大暴れ。
そして 自分を襲わせたのは椎名だと知る。
秦是吾は教会に乗り込み、椎名を問いただす。
すると 奈奈との結婚も秦是吾に勝つためと言われ ショックを受ける。

参列者は 秦是吾の顔を立てて出席した人ばかり。
椎名を囲み 殺気立つ。
麥松奇は 騒ぎにならないように 椎名に このまま立ち去るように言う。
すると 椎名から 千恵が犬に襲われそうになっている動画を見せられる。

12


やっぱり理解できない。
なぜ 椎名は自殺したの?
裏社会から足を洗うにはこれしか方法がなかったのかもしれないし、
麻薬王とつながりがあって これ以上秦是吾を巻き込みたくないと思ったのだろうけど…
やくざの世界のことはわからないからなぁ…

で、椎名のバックの麻薬王が 秦是吾の命を狙っているらしい ということで
秦是吾は身を隠すことに。
なぜか 千恵も同行。
身を隠すというよりも“愛の逃避行ごっこ”という感じ。

13-15


秦是吾が千恵を押し倒した時も キスした時も ときめかない。
ときめかない ってことは イマイチつまらない…
ラン・ジェンロンはカッコいいんだけどなぁ。
長澤まさみとお似合いだと思ったんだけどなぁ。  


秦是吾殺害を請け負った“カンパニー”
麥松奇と取引して 殺害を中止する。

殺される寸前で命拾いした秦是吾と千恵は
危機を乗り越えたことで 自分の気持ちに素直になり キスする。

ところが…
これで うまくいくかと思ったら…
秦是吾は 臆病になる。
おまけに 麥松奇から 千恵はやくざとは結婚させない と言われ
千恵を遠ざけるようになる。

そこに タイミングよく
高校時代に千恵を追いかけていた達人が現れる。
達人は麥松奇に弟子入り。ケーキ作りに打ち込む。

達人…
千恵を追いかけて台湾に来ただけと思ったのだけど…
謝沢の友人で…
葉徳隆の息子のようで…
何かウラがあるのかも。
でも…
具合が悪そうだったから もしかしたら 死ぬ前に千恵に会いたかった ってことかもしれない。
…また人が死ぬのは嫌なんだけど。

千恵は秦是吾から避けられ悩む。
“このいくじなし!”と思ったりもする。
しかし 秦是吾から 好きだけれど離れるしかない と言われ、
納得する。

16-22

プロポーズするシーンが このドラマの中でよかった。  


達人は心臓を患っていた。
いつ死ぬかわからない状態で やりたいことをやっていた。
“千恵に告白”
を終えて 次の目的地に。

千恵の父が現れる。
しかし 河合に拉致される。
千恵は秦是吾の助言で“おばば”を頼る。
“おばば”の助言は“血漣”
秦是吾に組を再結成するようというメッセージだった。

一方 麥松奇は “ご芳志”を購入した葉徳隆から 消えてほしいと要求されていた。

千恵の父が解放される。
千恵の父は秦是吾に 千恵の実父は麥松奇だと明かす。

秦是吾が血漣組を再結成。
稲重会との抗争が激化する。

秦是吾の両親を殺したのが麥松奇だと判明。
秦是吾は 親の仇と 麥松奇を撃ち、
謝沢が秦是吾を撃ち、
秦是吾と麥松奇は亡くなる。

6か月後
千恵は2人の墓参りをする。
その帰り“ケーキハウス マヤ”を見つける。
なんと 秦是吾と麥松奇は生きていた。

実は…
謝沢はインターポールの潜入捜査官だった。
彼の依頼で2人は死んだふりをしたのだった。

秦是吾は千恵にプロポーズする。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

とっくに

諦めてよかった^^
せっかく日本から長澤まさみちゃんがゲスト出演したのに、彼女のキャピキャピぶりも見てるのがつらかったし、ストーリーも1ミリも魅力的なところがなかったので、前半で捨てました。
彼女は吹き替えじゃなかったんでしょ?
せっかく中国語勉強したなら、今度はもっと良い作品に出て欲しいですね。

asaさん、こんにちは

彼女はこのドラマに出演したおかげで ジョン・ウー監督からオファーがあったので
彼女にとっては いい仕事だったのではないでしょうか。
当初吹き替えだと思っていたのですが、記者会見では吹き替えではないと言ってましたよね。
どっちにしても 私はダメでした。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
秘密の女たち
復讐の女神

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
萌妃の寵愛絵巻(萌妃駕到)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング