FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




総理と私 あらすじ&感想



面白かったです。
韓国での視聴率が悪かったし
ユナのドラマとは相性が悪いので 躊躇したのですが、
予想を裏切られました。
展開はわかるのだけど 楽しく視聴できました。

イ・ボムスとユナ。
お似合いには見えないし
結婚式のシーンは 父と娘みたいに見えたけれど
耐えられないほどの違和感はありませんでした。

現実味が感じられない とか 面白味と感動が不足している とか
韓国で批評されたようですが、
まぁ 好き嫌いは人それぞれですからね。



全17話 2013年 KBS

出演者 : クォン・ユル・・・イ・ボムス
       ナム・ダジョン・・・ユナ

       ソ・ヘジュ(室長、ユル秘書)・・・チェ・ジョンアン
       カン・イノ(課長、ユル秘書)・・・ユン・シユン

       パク・ジュンギ(ユル義兄)・・・リュ・ジン
       クォン・ウリ(ユル長男)・・・チェ・スハン
       クォン・ナラ(ユル長女)・・・チョン・ミンソ
       クォン・マンセ(ユル次男)・・・イ・ドヒョン
       ナ・ヨンスン(ユル家の家政婦)・・・チョン・ウォンジュ
       シム・ソンイル(ユル運転手)・・・イ・ヨンボム

       ナム・ユシク(ダジョン父)・・・イ・ハヌィ
       コ・ダルビョ(スキャンダルニュース編集長)・・・チェ・ドクムン
       パク・ヒチョル(カメラマン)・・・イ・ミノ

       ピョン・ウチョル(新聞記者)・・・ミン・ソンウク
       カン・スホ(イノ兄)・・・キム・ジワン
       ナ・ユニ(ジュンギ妻)・・・ユン・ヘヨン
       ペ・イングォン(ジュンギ秘書)・・・チャン・ヒウン
       キム・テマン大統領・・・ソン・グィヒョン
       コン・テクス(ジュンギ側近、ユル先輩)・・・キム・ジョンス
       チャン・ウネ(ジュンギ妻)・・・ホン・ソンスク
       イ・タルジャ(長官夫人)・・・イ・ヨンイ

       ルリ(アイドル)・・・コ・ジュヨン
       ハン・テウン(ウリ友人)・・・スホ
       ナ・ユニ父・・・イ・ドクファ
       ユルと同じ病院の患者・・・オ・マンソク
       パク・ナヨン(ユル妻)・・・チョン・エヨン

       総理警護員・・・ソン・ボウン
       総理警護員・・・キム・ジェウン
       総理警護員・・・コ・ギュピル
       総理警護員・・・ハン・ヨンジェ

演出  : イ・ソヨン
脚本  : キム・ウニ、ユン・ウンギョン

 1-23-45-67-89-1011121314151617

1-2


ユナのドラマと相性が悪い…と思っているので 迷っていたのですが、
悪くなさそうです。  


“スキャンダルニュース”の記者ダジョンは
総理内定者クォン・ユルの私生活を追いかけていて
クォン内定者の次男マンセと知り合いになる。
記者に連れていかれて困っていたマンセを助けてあげたのだった。

しかし クォン内定者からマンセを誘拐したと誤解され
「二度と私の前に現れるな」と警告を受ける。

翌日 クォン内定者はマンセから話を聞いて ダジョンを誤解していたとわかる。
お詫びの印に 個別インタビューを許可する。

クォン内定者はダジョンから 子供のことを聞かれ 答えられない。
妻を事故で亡くし 3人の子どもを育てているが、
仕事を優先させるため 子供の趣味や夢などまったく知らなかった。

クォン内定者とダジョンの写真が新聞の一面を飾る。
ダジョンがクォン内定者から警告を受けた時に写真を撮られていたのだ。
あの女は誰だ、どういう関係だ、と
大騒ぎに。

ダジョンは クォン内定者が 総理を辞退すると知る。
悩んだ結果…
記者会見場に乗り込み
「私たちは愛し合っています」と発言する。

カン課長の考えだった。
ダジョンは 卑怯な手を使う記者というレッテルをはられるよりはまし と考えたのだった。

クォン内定者とダジョンは 公聴会が終わるまで恋人のふりをすることにする。

公聴会で クォンの総理就任が承認される。
これで 恋人契約は終了。

ダジョンは 父が余命半年だと知る。
父が生きている間に結婚式を見せてあげたい。
ダジョンは クォン総理に 契約結婚を提案する。

カン課長…
志願して クォン総理の秘書になったけれど
クォン総理を憎んでいる様子も見られる。
復讐するために近づいた?

3-4


楽しくて ちょっとほろっときて
“このドラマ 面白い!”
ということで
脚本家キム・ウニ、ユン・ウンギョンの他の作品をチェックしたら…
「冬のソナタ」
「夏の香り」
「知ることになるさ」
「ランラン18才」
「雪の女王」
「ラブ・トレジャー~夜になればわかること~」
「お嬢様をお願い」

全部 観てます…
「ランラン18才」は最高でした。
このドラマと「フルハウス」と台湾ドラマの「イタズラなキス」は
何度でも観たい 大・大・大・・・好きなドラマです。

さて 「総理と私」ですが、
クォン総理とダジョンは契約結婚することに。
ダジョンは父のために
クォン総理は ダジョン父とマンセのためと人気のために 結婚することにした。
そこに 愛情はない。

だけど…
クォン総理は ダジョンとカン課長が仲良くするのは 嬉しくないみたい。  


クォン総理は 酔ったダジョンを自宅に送ろうとするが 自宅が分からない。
仕方なく公館に泊める。

翌朝 ダジョンはクォン総理から「子供が学校に行ってから帰ってくれ」と言われるが、
マンセにみつかり 一緒に遊ぶ。

マンセはダジョンを慕い、
クォン総理の携帯でダジョンを呼び出す。
クォン総理から「会ってはいけない」と言われて 食事ができないほど落ち込む。

クォン総理は ダジョンに 契約結婚しないと断ったが、
なぜ契約結婚したいのか 気になる。
ダジョンを調査し ダジョン父の病気のことを知る。

クォン総理は ダジョンと結婚しないと発表することにする。
しかし…
別れたら 国民から非難されるかもしれない。
マンセは 日記に “おばさんがお母さんだったらいいのに”と書くほど ダジョンを慕っている。
ダジョン父は余命半年。

悩んだ結果 クォン総理はダジョンと結婚すると決める。
2人は 契約書を作成する。

初雪が降る日。
ダジョンは 父と一緒に バージンロードを歩く。


クォン総理の携帯に ソ室長から電話がある。
ダジョンが出ると
“総理に伝えてください。公館にスパイがいます。誰も信じないで”と。
急いで クォン総理に伝えようとするが、
クォン総理は 契約書に追加したい などと言って ダジョンの話を聞こうとしない。
ダジョンはキスしてクォン総理の口を塞ぐ。

5-6


パク長官はヘジュが好きなのね。
けれど ヘジュはクォン総理が好き。
叶わぬ恋を諦めて 出世のために結婚した…ような?
息子は実の子じゃないし 妻を愛しているようにも見えない。

パク長官に クォン総理の言動を報告するスパイ。
どうやら ウリ みたいね。
父よりも伯父であるパク長官に懐いている様子。
仕事を優先させる父に反抗しているのかも。  


ダジョンをいじめる女3人。
ユニ、ヘジュ、ナラ。
ナラがダジョンを気に入らないのは 理解できるから おいといて。

まずはユニ。
百合会にダジョンを誘って 会員の前で ダジョンをいじめる。
1回目の集まりでは やられっぱなしだったけれど
2回目は 反撃。
ユニは 間抜けな意地悪女 だから それほど怖くないかも。

手ごわいのがヘジュ。
ダジョンに「存在そのものが迷惑」と。
“いつかクォン総理の妻に”と思っていたのに 契約とはいえ ダジョンに奪われたんだもの。むりないわよね。
それに クォン総理は 子供のことなど私的なことはダジョンに任せることにしたらしいのよね。
クォン総理に世話をすることが生きがいだったヘジュにとっては 悲しいはず。
ダジョンを嫌いになるのは仕方ないのかも。


ダジョンと子供たちの関係は…
ダジョンは ウリの弱みを手に入れる。
ウリは バンドをやっていた。
しばらくは ウリの反抗を止められそう。

ダジョンは マンセのお遊戯会を 家族全員で見に行くことに成功。
マンセを喜ばせる。
クォン総理も 父親らしいことができて 嬉しそう。

ただ…ナラは “私の時には来てくれなかったのに ズルイ”と思っているみたいなのよね。
ダジョンからのクリスマスプレゼントに喜んでいたけれど
ナラと仲よくできるようになるのは まだ無理そう。

7-8


ダジョンと総理…
互いに意識し始めた様子。

2人とも 契約結婚している間は 妻として夫としての役目をしようと考える。
ダジョンは 緊張が続く総理に心を解きほぐそうとし、子供たちにも気を配る。
総理は プライドが邪魔をしてダジョンに優しくできないけれど ダジョン父のことを気にかける。
互いに 気にかけ 優しくする。
それが 少しずつ 愛に変わってきている様子。

子供たちは…
マンセは もちろんダジョンに懐いている。
ナラは 以前よりもダジョンに好意的になっている。
ウリは…ちょっとだけ ダジョンを受け入れるようになったかなぁ…?

ダジョンと総理が愛し合わないようにと牽制するのが
総理を好きなソ室長と
ダジョンを好きなカン課長。
いつか契約解除され ダジョンと総理がフリーになるのを待っている。
で ただ待っているだけではなく
ソ室長は ダジョンに 「総理は奥様を愛している。誰も総理の中には入れない」と忠告。
カン課長は ダジョンに「好きだ」と告白する。


さて 総理官邸のスパイは誰か! ですが…
ウリが パク長官からもらったスマホを持っていたから
“もしや?”と思ったけれど
どうやら 違うみたい。
本当のスパイは カン課長 らしい。
カン課長は 兄の交通事故のことで総理を憎んでいる。
だから パク長官と手を組んだらしい。

カン課長はパク長官から 契約結婚の証拠を持ってくるように言われ、
「渡せない」と答える。
「目的は総理だけ」と。

カン課長の兄の交通事故。
カン課長が総理に話したことによると
カン課長の兄は愛する人と車に乗っていて事故に遭い 愛する人は亡くなった らしい。
つまり 愛する人は総理の妻。
ということは 総理の妻は不倫していたわけ?
それなら 悪いのは不倫した2人じゃないの?
なぜ 総理のせいになるの?
もしかして…交通事故は仕組まれたことだったの?

9-10


総理がやり終えた宿題…ダジョンのために何をしたらいいのか…
答えは…?
婚姻届けを出すのか…
別れるのか…  


総理とダジョンの記者会見。
ピョン記者は 契約結婚ではないかと質問するつもりだった。
証拠は ダジョン父の病院で撮ったダジョンとカン課長が仲良くしている写真。
しかし 体調不良で質問できなかった。
スキャンダルニュース編集長がダジョンに飲ませようとしていた下剤入りの飲み物を パク記者に飲まされたからだった。
パク記者は 飲み物を飲ませた時に 写真を抜き取っていた。

パク長官は ピョン記者から スマホに保存した写真(ダジョンとカン課長の写真)を見せられる。
これだけでは 不倫の証拠としては弱い と考える。
そこで ダジョンとカン課長を罠にはめる。

2人を別々にホテルに呼び出す。
当然 記者も集めている。
ホテルでの密会。
不倫の証拠になる。
しかし 計画は失敗に終わる。
総理が やってきて ホテルで会うのは自分とダジョンで カン課長はダジョンを連れてきただけ と説明する。
パク記者が総理に連絡したのだった。

総理はソ室長から 婚姻届けを渡される。
契約結婚ではないと示すために出した方がいいと。

総理は ダジョンのために何をしたらいいのか 考える。
総理の妻 として ダジョンに無理を強いているのではないか、
ダジョンを辛い状況においているのではないか、
ダジョンを危険な目に遭わせているのではないか、
また パク長官から「あの女(ダジョン)のせいで妹を忘れたようだが それでいいのか?」と言われたことも気になっている。

総理は ダジョンと100日記念を祝う。

11


出ていったと思ったら すぐに戻ってくることに。

ダジョンは総理が好き。
総理はダジョンを好きだけれど 認めない。
互いに好きだけど 相手の気持ちを知らない。

この状況がいつまで続くかと思っていたら…
“総理 刺される!”事件発生。
これで 素直になって 相手の気持ちを知ることになるのかしら。  


総理はダジョンに「官邸から出て行ってほしい」と言う。
「子供に情が移っては困るし 君のことを負担に思っている。お父さんに会いに行ったことにすればいい」と。

ダジョンは父の病院に。

ダジョンがいなくなった官邸では…
総理は 自分が思っていた以上に 子供たちがダジョンに懐いていて ダジョンが子供たちの世話をしてあげていたと知る。
また 総理も ダジョンを思い出す。

ソ室長は ダジョンがいなくなった今がチャンスと 料理を作る。
これから 母親代わり妻代わりをしたい と思っていたらしいが…
総理から 断られてしまう。

ダジョン父は ダジョンと総理が喧嘩したのではないかと考える。
総理が浮気したのではないかと。
そこで 無断で病院を抜け出し 総理に会いに行く。

ダジョンは 父を探して 官邸に。
ダジョン父はやはり総理に会うために なぜか国会議事堂に行っていた。
カン課長がダジョン父を迎えに行き 官邸に連れてくる。

ということで ダジョン父は数日官邸に泊まることになる。
ダジョンも ダジョン父を安心させるために 官邸に泊まる。

ダジョンは 総理とソ室長の会話を聞いてしまう。
総理が ダジョンのことはなんとも思っていない と言うのを聞いてショックを受ける。
一方 ソ室長は 総理の言葉の裏に ダジョンへの愛を感じて ショックを受ける。

総理辞任を求めるデモが起こる。
総理は デモの人たちと話していて 刺され倒れる。

12


総理の元妻ナヨンが生きてる!
生きていて 浮気相手…カン課長の兄の看病をしている!

どういうこと?
遺体がないまま葬式をしたの?
総理はナヨンが生きていると知っているの?  


ソ室長は 辞表を出す。
総理が刺された時の ダジョンの慌て方、
手術後のダジョンと総理の様子、
2人が愛し合っていて 自分が入り込む余地はない と思い知らされる。
これ以上総理のそばにはいられない と離れることを決めた。

総理は ソ室長に突然去られてショックを受ける。
ダジョンに 去る時は前もって話してほしい と言う。
すると 私は出ていかない と言われる。
「総理を愛しているから」と。

13

 
ナヨンは“行方不明”なのね。
まだ失踪宣告をしていない。
ということは 戸籍上は 総理とナヨンは夫婦?  


カン課長は ナヨンの失踪宣告の手続きを取るとともに
ナヨンが生きているかどうか確認することに。
そして…
ナヨンを見つける。

ダジョンに告白された総理。
ナヨンとの結婚生活の辛い思い出にとらわれ 誰も愛したくないと思っていた。
ダジョンに 「妻を許せない。浮気したことではなく 寂しくて耐えられなかったという言葉を最後にいなくなったから。許しを請うこともできずに旅立ったことが許せない。妻にそうさせた自分が許せない。また誰かを寂しくさせるかと思うと愛せない」と言う。

そう言われてもダジョンは揺れない。
総理の側にいるだけでいい。少しずつ総理に近づければいい と思う。

総理は ダジョンの笑顔や優しさに 心を動かされる。
ダジョンから「過去から抜け出してもいいのでは…」と言われ ピアノをリビングに移動させる。
ダジョンと一緒だと眠れることも 総理を決心させる。

総理はダジョンに 愛していると告白する。

総理の秘書を辞めたソ室長。
政務首席になったパク・ジュンギの補佐官になる。
総理を裏切ったように見えるけれど
パクとカン課長がつながっていると知ったから 総理のために補佐官になったのかも。

14


本当の夫婦になろうと思い始めたダジョンと総理。
2人の仲を裂くのが ソ室長でもカン課長でもなく 元妻ナヨンだとは…
生きてましたと戻って来られても やり直すとは思えないけれど
ダジョンは複雑よね。  


カン課長は ナヨンから 事故の真相を聞く。
事故は 総理が2人を殺そうとしたものではなかった。
車の中で 言い争いになり ナヨンが走行中の車の中から降りようとして起きたものだった。

カン課長は ショックを受ける。
熱をだし 寝込むほどのショック。
総理に復讐しようとしていた 今までの時間や感情はなんだったのか と思う。

カン課長は 兄の病院で 再びナヨンに会う。
総理、子供たちの生活を乱さないでほしい、姿を現さないでほしい、遠くから見守るのもやめてほしい と頼む。

同じとき 総理とダジョンは ダジョン父に会いに来ていた。
ダジョンは ナヨンに似た女性を見かけ、
総理は カン課長の兄が ナヨンの浮気相手だと知る。

ナヨンは マンセを迎えに行き ナヨンを見かける。

15


ドラマ的には そうなると思うけど…
黙って去ることがいいこと?  


ナヨンが生きていた。
ダジョンは どうしたらいいのか悩む。
ウリに 母親に会いたいか聞いてみる。
「母に会いたい。生き返るのならなんでもしたい」と言われ 決心する。

ダジョンはカン課長に「ナヨンに会いたい」と言う。
「会うべきではない」と言われ
「子供たちを母親に会わせるべき」と答える。
すると「総理と幸せになりたくないんですか?」と言われる。
ダジョンは 総理の元を離れようと考える。

ソ室長は カン課長から ナヨンが生きていると聞く。
総理に話すべきかどうか悩むが、総理任期中は話さないと決める。

ソ室長は パク・ジュンギが事故の再捜査を警察に依頼したと知る。
また パク・ジュンギが総理を解任させようしているとも知る。
パク・ジュンギにナヨンは生きていると明らかにする。

ダジョンはナヨンに会い、
「もとに戻ってください。子供たちが母親に会いたがっています」と言う。
次に 総理とナヨンを別々に呼び出し、2人を会わせる。
そのあと 子供たちに ダジョン父のところに行くと言って 官邸を出る。

ナラが ダジョンの様子がおかしいと気づく。
そこで ウリは 総理に 電話する。
総理はすぐにダジョンを探しに行く。

16


別れて 数年後に再会 って展開?

死んだと思っていた母が戻ってきた。
ウリは素直に受け入れられない様子。
今まで自分たちに会いに来なかった…浮気して自分たちを捨ててアメリカに行こうとしていた…
そんなことを知ってしまったら 会いたいと思っていた母を憎んでしまうかも。  


ダジョンは総理に
「総理のことは好きだけど 子供たちの母親になるのは別。
本当の母親が現れたから 席を譲るべきだと思った。
契約結婚した最初は映画のようで楽しかったけれど 本当に結婚することになったら怖くなった。自分が生きたいように生きるために出た」と言う。

総理はナヨンに「子供の母親には戻れ。けれど妻には戻れない」と言う。

パク・ジュンギは 総理に 元サヤに戻ってほしいと頼む。
…よくもまぁ 散々総理を罵っておいて よく言えるわ。しかも 非はナヨンにあるというのに。
総理に断られ 必死に説得。
そのやりとりをウリに聞かれ ナヨンが生きていると知られてしまう。

総理は辞表を提出する。

ダジョンに ソ室長から 総理と連絡がつかないと電話がある。
総理を探して思い出の場所に。
総理はそこにいた。
総理から「君は俺なしでも生きていいけるのか?」と言われる。

そのころ 子供たちは ダジョンに会うために ダジョン父の病室にいた。
ダジョンが戻ってこないため 帰ることに。
帰り際に ウリはナヨンを見つける。

17


見事に丸くおさまりました。
おさまりすぎ のような気もして…

クォン・ユルが総理を辞め 一個人“クォン・ユル”に戻った時
ナム・ダジョンとクォン・ユルとして再スタートしてもよかったと思うのだけど。
子供たちと5人で食事をするシーンを見たかったなぁ。  


ウリはナヨンを見て 「お母さん」とつぶやき
ナラは「お母さんに似ている」と言う。
しかし ウリは ナヨンを母とは認めなかった。
ナラとマンセに「母ではない。生きているなら会いに来るはずだ」と。

ナヨンは ショックを受け 総理に不満をぶつける。
しかし…
焦りすぎていたと気づく。
ゆっくりと進んでいこうと考え直す。

ダジョン父は ダジョンの日記を読んでしまう。
契約結婚だと知り、
自分のせいでダジョンが契約結婚したのだと悲しむ。

しかし 最期は ダジョンが契約結婚したことを忘れ
穏やかに亡くなる。

ウリは ダジョン父が亡くなったことで
死んだら会えなくなると 改めて思う。
生きているのなら 生きている間に会うべきだと。
ウリは ナヨンに会う。

ダジョンは旅行に行くことにする。
総理に「いつか縁があれば その時は総理の手を離しません」と言い残して。

数年後。
ソ室長は国会議員に。
クォン・ユルは大統領選に出馬する予定。
パク・ジュンギには なんと子供が生まれていた。

ダジョンは 旅行から戻り 絵本を出版していた。
ダジョンは 父の墓参りに行く。
絵本を供えようとすると すでに供えられていた。

ダジョンは絵本作家として クォン・ユルに再会する。
「構想を練っている本“総理と私”の取材をお願いします」と。

ナム・ダジョンとクォン・ユルの恋がはじまる。


関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

予想外

私もユナのドラマで面白かった記憶がないのですが、今回は期待して良さそうかしら。DATV契約してないので、見られませんが、どこかで放送になったらぜひ見てみたいです。

asaさん、こんにちは

私は面白く観ましたが、
韓国での視聴率はよくなかったので どうでしょうか?
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
検法男女2

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)
  -運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
チョン・ヤギョン李氏朝鮮王朝の事件簿
       10/6~チャンネル銀河

蘭陵王妃 9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送終了
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
大唐見聞録 皇国への使者(唐磚)
         11/~チャンネル銀河
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング