2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




美女の誕生 あらすじ&感想



楽しかったです。

映画「美女はつらいの」のドラマ版だと思っていたのですが、
ミステリー、復讐、恋愛、後継者争い…と盛りだくさんな内容でした。

ただ 盛りだくさんすぎたかなぁ?とも…
後継者争いは必要なかったのでは?
恋愛ドラマは 一度は“別れ”があるのが定番。
そのための後継者争いだったのだと思うのですが、
後半 後継者争いが中心で つまらなかったです。



全21話 2014年 SBS

出演者 : ハン・テヒ・・・チュ・サンウク
       サラ/サ・グムラン・・・ハン・イェスル

       イ・ガンジュン・・・チョン・ギョウン
       キョ・チェヨン(ガンジュン愛人)・・・ワン・ジヘ

       ハン・ミニョク(テヒ異母兄)・・・ハン・サンジン
       ソン・ジスク(ミニョク母)・・・キム・チョン
       パク女史(テヒ祖母)・・・キム・ヨンリム
       ミニョク秘書・・・ソ・ゴヌ
       チェ・チーム長・・・クォン・シヒョン
       キム理事・・・チェ・ジョンファン

       サ・グムラン(ガンジュン妻)・・・ハ・ジェスク
       シム・ヨオク(グムラン母)・・・イ・ジョンナム
       ウン・ギョンジュ(グムラン友人)・・・シム・イヨン
       ガンジュン祖母・・・キム・ヨンオク

       イ・ジョンシク(ガンジュン父)・・・ハン・ジニ
       コ・スンドン(ガンジュン母)・・・キム・ヨンエ
       イ・ジニョン(ガンジュン姉)・・・カン・ギョンホン
       イ・ミニョン(ガンジュン妹)・・・チン・イェソル

       キョ・ジフン(チェヨン兄)・・・イン・ギョジン

演出  : イ・チャンミン、パク・ソンホ
脚本  : ユン・ヨンミ

 1-2345-67891011-1213-1415-1617-1819-2021


1-2


映画と同じ と思って観るつもりはなかったのですが、
意外と面白いよ と聞いて 観ることに。

浮気して自分を捨てた夫に復讐するドラマ…のようですね。  


整形番組“チェンジ”に出演しているナ・グムラン。

グムランは太っている。
太っているせいで グムランを見る世間の目は冷たい。

夫ガンジュンはアメリカに単身赴任中。
グムランはガンジュンの家族…義両親と義妹2人と認知症の義祖母と暮らしている。
ガンジュンに日課のように動画メールを送るが、ガンジュンからメールが来ることはない。
それでも ガンジュンの家族に献身的に尽くしている。

それなのに ガンジュンに裏切られていた。
ガンジュンは帰国していて 愛人チェヨンと暮らしていた。
しかも ガンジュン家族は 愛人の存在を知っていた。

失意のグムランは 車ごと海に飛び込み 死亡。
遺体は見つからなかったが、
自殺と断定される。

こんなにも不幸なグムラン…
彼女に同情する女。
可哀想だと泣く女。
実は この女は ナ・グムラン本人だった。


自殺したことになっているグムランは 実は生きていた。
自分の葬式を目撃してショックを受けたグムランは “チェンジ”に出演している先生を訪ねる。
拝み倒して 全身整形をしてもらう。
整形は成功したが、
全身麻酔の後遺症で 自分を他人だと思い込む意識障害を患うことになってしまう。

ガンジュンはHBS代表取締役に就任。
チェヨンと3週間後に結婚すると発表する。

グムランと先生は 2人の結婚を阻止することで 意見が一致する。
先生は チェヨンと幼馴染で 振られたために 復讐したいと思っているらしい。
グムランは 復讐するよりも ガンジュンの妻になりたいと思っている。

実は 先生…グムランが “チェンジ”のキョ・ジフン先生と思っている先生の正体は ハン・テヒ。
グムランを手術したのは ハン・テヒではなくキョ・ジフン。
ハン・テヒが住んでいる家は キョ・ジフンのものだった。

グムランは サラと名乗って ガンジュンに近づく。
また ガンジュン両親とも知り合いになり、
ガンジュン家の近くに 住み始める。

サラに興味を持ったガンジュンは サラに電話する。
「今 少し 会えないか」と。

近所の公園で会うサラとガンジュン。
その様子を ガンジュンに会いに来たチェヨンが目撃する。

3


急に サスペンスドラマに。

サラは ガンジュン父から
グムランの死が自殺断定されたのは 遺書があったから と聞く。
当然 グムランは書いていない。
では 誰が遺書を書いたのか…

どうやら ガンジュンは グムランの事故を目撃したらしい。
ということは ガンジュンが誰よりも先に グムラン事故→死 を知りえたわけで…
遺書を書いたのはガンジュンかしらね。

そして…
テヒにも なにやら秘密が…
チェヨン、ジフン兄妹と一緒に育ったらしいけど
テヒは 自分が何者なのかわからないのかも。
イヤ 知っているけれど なんらかの理由で隠しているのかも。

テヒの実祖母と思われる人は テヒが亡くなったと思っているようだし
どうなっているのかしら。

で、テヒは ウイナーグループの後継者。
テヒは テヒ祖母と再会したら即後継者争いに巻き込まれることに。  


サラは 一夜限りの情事しかない と
ガンジュンを誘うが うまくいかない。

チェヨンは ガンジュンがサラと会っているのを目撃しても 動揺したそぶりは見せない。しかし 内心 サラの存在が気になっている。
サラを呼び出し、
「彼は私のために尽くした妻を捨てた。私たちは平凡な関係じゃないの」とけん制する。
…チェヨン、浮気する男は繰り返すのよ。妻に勝ったつもりだろうけど いつかあなたも別の女に奪われるのよ。

4


テヒは 両親が亡くなるのを目撃して 精神を病んだみたいね。
それで 身を隠したのかしら。

そして グムラン事故の犯人はガンジュンだった。
チェヨンも ガンジュンがしたことを知っていた。

グムランは 夫が犯人だとはまったく考えていなかったらしく
ショックが大きい。  


サラは 事故の真相を調べ始める。

グムランの遺書はメールで届いたらしい。
IDはグムランのもの。
グムランのIDを知り パスワードを予想できる人は 家族に違いない。

また グムランが実父から相続した土地が ガンジュンに所有権が移転され、
その土地に建てられたキャンバスビルの名義はチェヨンだと判明する。

サラはジフンの催眠療法を受ける。
事故の原因となった対向車の 車の色は黒で、ナンバーは“38ゴ814…”とわかる。
それはガンジュンの車と一致している。

事故があったあの日。
グムランはガンジュンと言い争いになり、
不倫していると明らかにすると言って 家を出た。
ガンジュンはすぐにグムランを追いかけ、
グムランの車を追い越した後 Uターン。
ライトを点灯して 事故を引き起こしたのだった。

チェヨンも あの日 事故直後に現場にいた。
2人が言い争うのを見て 追いかけてきたのだった。


グムラン母は グムランが事故の日に不妊クリニックを予約していた と知る。
娘は自殺していない。
グムラン母はHBS社屋ビル前でデモを行い、
娘の死の真相を明らかにしてほしいと訴える。

ガンジュンの友人でHBSの親会社のウイナーグループの後継者ハン・ミニョク。
祖母が 亡くなったと思われている孫を探していると知る。
祖母が自分を後継者にするつもりはないと知り 頭にくる。


ガンジュンは チェヨンの提案で 結婚式を早める。

5-6


心理分析しなくても…
誰が見ても…
テヒがサラに恋していることは 明らか!
サラは ガンジュンとチェヨンに復讐することしか考えてないけどね。

目には目を歯には歯を。
サラは ガンジュンを誘惑して 2人を離婚させようと考える。
今のところ 計画は成功。
ガンジュンとチェヨンは新婚早々喧嘩ばかり。
ガンジュンは サラに癒しを求める。


テヒ祖母は “ドングルを捜しています”と新聞広告を出す。
テヒは 自分のことだとわかるが、
なぜ 祖母が自分を捜しているのか 不思議に思う。

テヒは名乗り出るつもりはないようだけど…
いずれミニョクと対決することになるのよね、たぶん。
そうそう ミニョク、出版パーティで見かけたサラに一目ぼれしたみたいなのよね。
テヒとミニョク、サラのことでも対決することになるのね、たぶん。

7


チェヨン、いつまでもテヒから愛してもらえるなんて思うなよ!
テヒは サラを好きになっているのよ。
あなたのことは もうお呼びじゃないのよ。


グムランは ガンジュンに愛されて結婚したと思っていた。
しかし 実は父の財産目当てで結婚したと知る。
ガンジュン母も妹たちもそれを知っていた。
知っていて利用し嘲笑い捨てた

ガンジュン家族を眠らせて
その間に ガンジュン家に忍び込み めちゃくちゃにする。
寝室の鏡には“私はお前がグムランを殺したことを知っている”と書く。

テヒは部下に ガンジュン家の片づけを命令。
しかし 鏡の脅迫文だけは残す。
そして グムランに「ガンジュンを殺人者として刑務所にぶち込む。最初で最後のプレゼントだ」と宣言する。
テヒは これ以上サラを好きになるのが怖かった。

ガンジュンは 脅迫文を見て チェヨンが書いたと思う。
チェヨンと言い争いになる。
サラは2人の会話を盗聴していた。
会話から チェヨンも事故現場にいたと知り ショックをうける。
テヒに聞かせてはいけないと 盗聴器を壊すが、
テヒは 盗聴器からカードを取り出し 会話を聞く。

サラは グムランの名で ガンジュンに脅迫文を送る。
ガンジュンは グムラン母が書いたと思い、グムラン母を精神科に入院させる。

チェヨンは サラをいじめようと マネージャーと男たちを引き連れて サラのレストランに行く。
ところが…
そのレストランのオーナーは テヒで テヒがサラを雇っていると知り 驚く。
2人が知り合いだったこと、テヒがサラの味方をしたこと、
チェヨンにとって ショックだった。

ミニョクは ウイナーの不正の暴露をカンジュンに命令する。
祖母に濡れ衣を着せ 失脚させるつもり。

8


サラ=グムラン
チェヨンにばれちゃった…かも。


テヒとサラは ガンジュンを追い詰める。
グムランの名前でガンジュンにメールを送る。
グムランの結婚指輪と結婚写真を車におく。
グムランの声を聴かせる。
ガンジュンはグムランが生きているのではと怖くなる。

テヒは グムラン殺害の証拠を警察に渡す。

テヒは 祖母に会いに行く。
しかし 息苦しくなり近づけない。
そのうち 祖母は連行されてしまう。

テヒは事故の後遺症で 傷心症候群を患っていた。
そのために 祖母と離れて暮らしていた。

チェヨンは サラがグムラン母を心配する様子を変に思う。
兄に グムランの写真を見せて 知っているか聞く。
すると テヒから脂肪吸引手術を頼まれた と言われる。
チェヨンは サラはグムランかも?と思う。


サラが大食いしている動画がアップされ 話題になる。
マスコミが押し掛け大騒ぎ。
ミニョクは ずっと探していたサラを見つけ 会いに行く。
…サラに会えてにんまりのミニョク。その笑顔が気持ち悪い。

9


テヒは ミニョクに宣戦布告。
勇気を出せたのはサラのおかげ。
サラなしでは生きられないと思う。



グムラン母は 看護師の携帯を奪ってギョンジュに電話。助けを求める。
ギョンジュはサラに電話。
サラは 母を助け出そうとする。
しかし 面会できなかった。

テヒは グムラン母を助け出すために 病院に。
それを知ったサラは テヒに感謝し テヒのために テヒ祖母に会いに行く。
「助け出そうとしているから それまで元気で頑張ってほしい」と励ます。

サラは 今度は 思い出のパンを持ってテヒ祖母に会いに行く。
ドングルの誕生日に作ってあげたパン。
ドングルは生きていると話す。

ウイナーグループの臨時理事会。
テヒは 会場に乗り込み ハン・ドンフンだと明かす。

グムラン事故の再調査が開始。
ガンジュンは 留置される。

チェヨンは サラがグムランと確信。
テレビ出演が決まったサラが もっと有名になった時に 正体をばらそうと考える。

10


まったく チェヨンって奴は 誰からもちやほやされたい女なのね。



テヒは サラの誕生日を祝おうと計画。
サラにセレブ感を楽しんでもらおうとする。
しかし サラは 誕生日よりも特売品の方が大事な女だった。
2人は言い争いになる。

テヒは サラを喜ばせたいだけだった。
しかし サラはテヒの本心が気になる。
外見で好きになったのではないか、グムランのように太っていたら好きにならなかったのではないか、
そこで テヒに 「サラとグムランとどっちが好きなの?」と聞く。

テヒは サラが自分をどう思っているのか気になる。
「俺をどう思う?」と聞くと
「ときめいた。けれど私は法的には人妻。私がグムランだと思ったらげんなりするはず」と言われる。

テヒはサラに「俺がグムランを好きなら 人妻だということを忘れられるか?忘れられたら ハヌル公園の願い橋で会おう」と言う。

テヒは サラはグムランに見えるように催眠をかけ(…んな催眠あるとは思えないけど)
グムランを克服しようとする。
最初は グムランに戸惑っていたテヒだったけれど…
見かけは違っても心は同じ。
グムランの優しい心を感じて グムランを克服する。

チェヨンは テヒがサラを好きだと知る。
会う約束をしていると知り 邪魔することに。
事故に遭ったとテヒを呼び出し テヒを行かせないようにする。
しかし テヒは秘書にチェヨンを任せて 行ってしまう。
そこで サラに“テヒ兄さんを待たないで。私といるから”とメールする。

しかし…
サラは 待っていた。
約束の時間が過ぎても テヒは来ると信じて 待っていた。

テヒはサラに「誕生日おめでとう、サ・グムラン」と言う。


テヒは 祖母と再会。
理事たちに DNA鑑定書を見せ ハン・ドンフンであると証明する。


ガンジュンは賄賂の帳簿でミニョクを脅し 釈放させる。
また ガンジュンは サラとグムラン母が知人と知り サラを調べさせる。

11-12


テヒとサラはラブラブ。

テヒがチェヨンに呼ばれて出かけたり
サラがひとりでガンジュンに会ったり
ちょっと険悪なムードになったりもするけれど
すぐに仲直り。

チェヨンは ガンジュンに殴られたとテヒを呼び出す。
落ち込んだふりをして 誘惑しようとするが…
失敗。
「彼女は私の身代りよね。私たちは互いに必要な存在なのよ」などと 必死に説得するが
テヒは行ってしまう。

チェヨンは グムランがピーナッツアレルギーと知る。
そこで サラが出演する「シェフの誕生」で ピーナッツ料理を提案する。
しかし チェヨンの思惑とは違い
サラはピーナッツ料理を作り 食べ 勝利する。

13-14


テヒはサラにプロポーズ。
サラの答えは…
チェヨンやジフンから「認めない」などと言われ 悩むが、
グムラン母から「明日がないと思って今できることはやるべき。愛を逃がさないで」と言われ 決心する。  


テヒとサラの恋愛を苦々しく思っている面々。
ミニョクは サラを利用して テヒを脅そうと考えている様子。
チェヨンは テヒ祖母に 男性遍歴の多い女などと サラの悪口を吹き込む。

ガンジュンは グムランと脅迫状の指紋と筆跡鑑定を依頼。
結果は“一致”。
サラの言動、ピーナッツアレルギーであること、などから“もしや…”と
サラとグムランを鑑定。
サラがグムランだと知る。

グムラン母は ガンジュン父から グムランが生きていると聞く。
グムラン母は サラのコップの持ち方がグムランそっくりだと気になっていた。
テヒに 確かめ サラがグムランだと知る。
しかし グムラン母は そっとしておくことにする。
生きているだけでいい、新しい人生を歩んでほしいと。

15-16


自分がテヒを不幸にしている。
そう思ったら テヒから離れるわよね。
テヒが襲われたのは 後継者争いのせいなんだけどなぁ。

それにしても…
テヒ祖母 人を見る目がなさすぎだわ。
チェヨンに嘘を吹き込まれて信じるなんて。
最初に会った時 刑務所に面会に来てくれた時のサラを思い出してほしいわ。  


テヒとサラは 海外で結婚式を挙げようと準備する。
しかし 海外へは行けなかった。

ガンジュンは サラを脅すが、
逆に グムランを殺し財産を奪ったとばらすと脅される。

テヒ両親が亡くなった事故。
それは ミニョク母と恋仲だったテヒ祖母の秘書がしたことだった。
ミニョクは その秘書に テヒ殺害を命じる。

テヒは サラの身分詐称の件で呼び出され 襲われる。
サラの献身的な看病のおかげで 元気になる。

サラは テヒが自分の身分詐称のことで呼び出されたと知る。
また テヒ祖母には テヒと別れてほしいと言われる。
テヒのそばにいてはいけないと思う。
そこに タイミングよく ミニョクから留学を勧められる。
ウイナーグループのモデルになれば 留学できると。

サラは テヒに 結婚して自由が無くなるのは嫌だなどと 嘘を並べたて 別れを告げる。

サラがいなくなった後
テヒは 魂が抜けたようになる。

17-18


ミニョクはサラを手に入れるために テヒを追い込む。
計画通り サラはテヒを助けてほしいと助けを求めてきた。
テヒを助ける約束で 専属モデル契約を結ばせる。

サラはテヒを助けるために 新商品のおにぎりを考案する。
しかし それはテヒを追い込むことになってしまう。

サラは ミニョクがウイナーと自分を手に入れるためにテヒを失脚させようとしていると気づく。
また 以前テヒを襲ったのはミニョクだったのではと疑い始める。

テヒは サラの本当の気持ちがわからない。考えようともしない。
自分を捨てミニョクを選んだと恨む。
サラと決別する。
しかし チェヨンが サラがグムランだと知っていると知り 驚く。
また チェヨンが トークショーでサラの正体を暴露するつもりだと知る。

チェヨンは ガンジュン名義(もとはグムラン名義)ビルがほしい。
グムランを殺害した証拠を明らかにすると ガンジュンを脅し ビルを手に入れようとする。

19-20


ミニョクはトークショーを中止させる。
ガンジュンから サラがグムランで 整形手術などにテヒが関わっていると聞いたから。
このことをネタにして サラを脅す。
“すべて不問にするから そばにいろ。従わなければテヒが困ることになる”と。

テヒはチェヨンもガンジュンもそしてミニョクまでもが サラがグムランだと知っていると知る。
そして ようやく サラがミニョクに脅されて従わされていると知る。

サラは テヒを守るため記者会見をする。
“綺麗になりたくて整形した。すべて自分ひとりでしたこと”と。
テヒのことは一切話さない。

このことでダメージを受けたのは ミニョク。
詐称している者を専属モデルにした責任は重い。

ミニョクはサラを脅し続けるが、
サラは屈しない。
テヒと仲直りしたから 怖いものはない。

サラは 生放送番組で ガンジュンとチェヨンの悪事をばらそうと考える。
放送開始。
サラは
実の名がグムランであること、夫に不倫され 殺されそうになったこと、愛人もその現場に何もしなかったこと、その愛人がチェヨンであること を話す。

21


ミニョクは テヒ殺害を企てる。
ガンジュンにテヒを呼び出させ
キム理事に殺害させる。
20年前と同じように爆発で。

テヒは ガンジュンから 「離婚届けにサインするから 金と偽造パスポートを用意しろ」と言われる。
指定された倉庫に行き、
サインをもらい 金とパスポートを渡す。
と 男たちが入ってきて囲まれるが、
警察が来て 助かる。
ガンジュンたちは逮捕される。

テヒは 罠かもしれないと 祖母に警察に連絡するように手紙を書いていた。
また ミニョクの仲間だったキム理事が寝返ったのだった。

ミニョクとミニョク母、
ガンジュンとチェヨンは逮捕される。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング