2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




殺人の疑惑(韓国題 : 共犯)







制作年 2014年
脚本  クク・トンソク
監督  クク・トンソク

ダウン・・・ソン・イェジン
ダウン父・・・キム・ガプス

ジェギョン(ダウン友人)・・・イ・ギュハン
ボラ(ダウン友人)・・・チョ・アン

ハン・チェジン父・・・カン・シニル




ハン・チェジン誘拐事件が 控訴時効を迎える

ダウンは 記者になりたいと就活している。
面接でよく聞かれるからと 映画「悪魔のささやき」(「あいつの声」のような映画?)を観に行く。
それは 未解決事件“ハン・チェジン誘拐事件”を題材にしたもの。
映画の最後に 犯人の声が公開される。

ダウンは その声を聞いて 驚く。
父の声にそっくりだった。

ダウンは父を調べ始める。
父のパソコンを調べ、
父を尾行する。




未解決事件“イ・ヒョンホ君誘拐殺人事件”と題材にしたもの。
犯人の娘の目線からの話。
視点は面白いと思ったのですが…

なぜ 父が罪を犯してしまったのか、
母はなぜ病気になったのか、
なぜ叔父は父を脅すのか、
などなどが きちんと明らかにされないまま 話は進み、
エンディングに 犯行の理由が明らかに。
赤ちゃんを盗んだ理由、事件を起こさなければならなかった理由 などを掘り下げた方がよかったのでは?

それに…
自分を溺愛している父が 実は誘拐犯かもしれない。
父が普通の人があればあるほど その落差は大きい。
恐怖と憎悪と それでも父を信じたいと思う。
その葛藤が ダウンから強く感じられませんでした。
“冷静な演技の中に葛藤が感じられた”とはなりませんでした。

また…
時効をむかえ喜ぶダウン父が 高笑いするのにも違和感を。
高笑いするほど嬉しいのはわかるけれど 娘の前でするかなぁ…と。
娘の前では どんなに証拠がそろっていても 時効をむかえても 犯人だと隠すんじゃないぁなぁ…と。

こんなことを考えながら観ていたせいか
面白いと思えませんでした。



関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング