2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>




メンドロントット あらすじ&感想




面白かったです。

ただ ペク・ゴヌ役のユ・ヨンソクさんが 大好きな俳優さんではないので
嵌るほどではなかったです。

ユ・ヨンソクさんは 優しい顔なので
ツンデレ役は 難しかったのでは と思います。
イケメンかどうか ということではなく
“印象”って大事なのでは。
もちろん“印象”は人によって違うと思うので
“ゴヌ役にぴったり!”と 思う方もいらっしゃると思いますが。

ユ・ヨンソクさんに決まる前に
キム・ウビンさんの名前が挙がっていたようですが、
彼でも 私はダメだったような気がします。


話は 大きく それますが、

韓流新四天王 は
        イ・ミノ(イ・ミンホ) 「相続者たち」
        キム・スヒョン 「星から来たあなた」
        イ・ジョンソク 「君の声が聞こえる」
        キム・ウビン 「相続者たち」
だそうですが、


私の 推しは
 
  アン・ジェヒョン 「星から来たあなた」「君たちは包囲された」「ブラッド」
  イ・ジョンソク 「君の声が聞こえる」「ドクター異邦人」「ピノキオ」
  ソンジュン 「イケメンバンド」「九家の書」「恋愛の発見」
    「ハイド・ジキル、私」「上流社会」
  チュウォン 「製パン王キム・タック」「オジャッキョの兄弟たち」
    「7級公務員」「グッド・ドクター」「ヨンパリ」

です。  どうでもいいことで 失礼しました。



全16話 2015年 MBC

出演者 : ペク・ゴヌ・・・ユ・ヨンソク
      イ・ジョンジュ・・・カン・ソラ

      ソン・ジョングン(ゴヌ兄)・・・イ・ソンジェ
      チャ・ヒラ(ゴヌ姉)・・・オク・チヨン
      モク・ジウォン(ゴヌ友人)・・・ソ・イアン
      チョン・プンサン・・・ジニョン

      村長・・・キム・ソンオ
      コンおじさん・・・イ・ハヌィ

      プ・ミラ・・・キム・ミジン
      ミラ夫・・・チェ・ソンミン

      ジョンジュ恋人・・・イ・ジュンムン
      ジョンジュ従弟・・・コ・ギョンピョ
      カフェのオーナー・・・ソ・ジソプ

      ゴヌ父・・・チェ・ジェソン
      ゴヌ母・・・イ・フィヒャン
      ジョンジュ父・・・ソヌ・ジェドク

演出  : パク・ホンギョ、キム・ヒウォン
脚本  : ホン・ジョンウン、ホン・ミラ「マイガール」「快刀ホン・ギルドン」
        「イケメンですね」「僕の彼女は九尾狐」「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン」
        「ビッグ~愛は奇跡」「主君の太陽」

 12345678910111213141516

1

イ・ジョンジュは 双子の片割れと信じて ペク・ゴヌに会いに行く。
ゴヌ母と父が並んでいる写真があったから 間違いないと思ったのだが…
違っていた。

10年後 2人は 空港で再会する。
2人の行先は 同じ済州島。
イ・ジョンジュは カフェを開きたいと言っている弟を止めるため、(弟はジョンジュがマンションの頭金にと用意した金をカフェ購入に使っていた)
ゴヌは 済州島に持っているレストラン“メンドロントット”を買いたいと言う人が見に来るから、
済州島に行こうとしていた。

ジョンジュは 10年前から ゴヌに恋していた。
だから 飛行機の中でドキドキしっぱなしだった。
飛行機を降りてすぐにトイレで 顔を冷やす。
そして 落ち着こうと ミントキャンディを食べようとする。
ところが ミントキャンディが箱からこぼれそうになり 近くにあったボトルに入れなおす。

ゴヌは “メンドロントット”が売れなかったと聞き、ジョンジュを思い出す。
“ジョンジュの弟に売れば…”
そこで ジョンジュを車に乗せ “メンドロントット”に誘う。

ところが 金を借りているコンおじさんから電話がある。
金を返してほしいから兄ソン・ジョングンに会うと。
借金をしていることは兄には内緒。兄に知られるわけにはいかない。
ゴヌは ジョンジュを乗せたまま コンおじさんに会いにいく。
そして コンおじさんを止めるたに ジョンジュを婚約者だと紹介してしまう。
疑うようなまなざしのコンおじさん。
コンおじさんは ゴヌとジョンジュの写真を撮り 去る。

ジョンジュは ゴヌが”メンドロントット”を売るために車に乗せたとわかる。
「私は従弟を止めるために来たの」と言って ゴヌと別れて 従弟のところに向かう。
途中 乗馬体験しているところを通りかかる。
“あんなことでも商売になるのね…”と思いながら見てみると 恋人の顔が…
なんと彼は新婚旅行中だった。

そして 悪いことは重なる。
ジョンジュは 電話で クビを言い渡される。

2

ゴヌは 落ち込んでいるジョンジュを “メンドロントット”に連れて行く。
ところが なんと そこに ジョンジュ従弟ジョンミンと友人オ・ミナがやってきた。

ジョンジュは ジョンミンが買った家を見て ショックを受ける。
吠えるほど。

ジョンジュは ソウルに戻る。
考えた末
済州島に住むと決める。

済州島に来たジョンジュを見て 驚くゴヌ。
「死ぬまでここに住もうと思っているの」と言われ ドキッとする。
ゴヌは ジョンジュが末期がんの患者のための鎮痛剤を持っていたため 末期がんだと思っていた。

ジョンジュは ゴヌの言葉を信じて 済州島でカフェをすることにしたのだが…
ゴヌの言葉は “メンドロントット”を売るための方便。
ゴヌの”メンドロントット”は閑古鳥が鳴いていた。
そもそも ゴヌは 初恋の人ムン・ジウォンが“ここの景色が素敵”と言い、ジウォンが済州島で働くことになったから “メンドロントット”を開いた。
ジウォンは働かなかったらしいけど。
ゴヌは実家が金持ちだから “メンドロントット”は遊びのようなものだった。

ゴヌは ジョンジュが気になる。
末期がんだと思っているから 余計気になる。

ゴヌは ジョンジュに トイレを貸す。
そこに 兄ジョングンがやってきた。
ジョングンは コンおじさんから写真を見せられ ジョンジュを結婚詐欺だと思っていた。
疑惑は晴れたが、
ゴヌは 借金を返すまでソウルに戻るな と言われる。

ジョンジュは 日の出を見に行くことに。
心配したゴヌが ふもとまで車で送ってくれる。
少し時間があり 車で眠るが…
起きた時 予定より時間が経っていた。
ジョンジュは 日の出を見られたら成功、ダメなら失敗 と思っていた。
それを知ったゴヌは 車で 近くまで行く。
ジョンジュは 日の出を見ることができる。

感動するジョンジュ。
ゴヌは ジョンジュを優しく見つめる。

3

済州島在住の小説家プ・ミラのブログ。
ゴヌのことが書かれてあり、
ゴヌの初恋が19歳の時だと書かれていた。
ジョンジュは 自分ではと思う。

ゴヌは ジョンジュ家の屋根の修理を始めるが、
ジウォンから 今から済州島に行く と電話があり
修理途中で “メンドロントット”に行く。
おまけに ジョンジュの勤続7年の記念品の“金の鍵”を金にしてワインを購入する。

ところが ジウォンから 急用ができて行けなくなったと電話がある。
仕方なく ワインを受け取りにホテルに行くと
なんと そこに ジウォンがいた。
ジウォンは ジョングンに呼ばれたため ゴヌをキャンセルしたのだった。

ジョンジュは ゴヌから パーティをすると言われていたため “メンドロントット”に行く。
可愛く飾られた“メンドロントット”と料理。
初恋の人のためにセッティングしたと聞き
自分のことだと思う。
しかし 自分ではなく ジウォンのためだと知り がっかりする。

雨が降り出す。
ゴヌが途中で放り出したため ジョンジュ家の雨漏りがひどい。
ゴヌ家に雨具を取りに行って
“金の鍵”が無くなっていることに気づく。

夜中 ジョンジュは お腹がすいて “メンドロントット”に。
“金の鍵”で買ったと思われる高級ワインを飲んで眠っているゴヌ。
ジョンジュは ゴヌを非難。
すると 「返せばいいんだろう」とコインを放り投げられる。

そして…
ジョンジュが家に戻ると…
屋根が…飛んでいた。

ゴヌは ジョンジュが気になる。
ジョンジュ家に行き、
ジョンジュを“メンドロントット”に連れてきて メルで出汁をとった麺“メンドロントット”を作ってあげる。
その後は 飲み会。

泥酔したゴヌとジョンジュ。
ゴヌは ジョンジュが 「済州島でカフェをするのが 最後の願い」と言ったのを聞き、
「“メンドロントット”をあげる」と言い出す。
「死ぬまで貸す」と。

ジョンジュは 保証金としてゴヌに金を渡し、
ゴヌは それを兄に返済する。

翌日。
ゴヌは ジウォンが済州島で働くと聞く。
すぐに“メンドロントット”に戻り、
なんだかんだと理由をつけて 帰ろうとしない。

そして…
ゴヌは 自宅の賃貸を解約していたため
2人は レストランで同居することに…なりそう。

4

経営方針を巡って ゴヌとジョンジュは対立。

ゴヌは 好きなものを作って好きな人に食べさせてあげたい と思う。
だから ジウォンのためにアワビを買ってアワビ料理を試す。
ジョンジュは 利益を優先させる。
目の前の海でバイ貝を獲ってきて カルグクスを作ればいいと思う。

ゴヌとジョンジュは 口論になり
ゴヌは “メンドロントット”を出て行く。

冷静になって考えて…
ジョンジュは ゴヌに言い過ぎたかな と思う。
そこで ゴヌに戻ってきてもらおうと ゴヌを捜して ホテルに行く。

ジョンジュは ホテルで 元同僚たちに会う。
元同僚たちは プ・ミラのブログで ジョンジュがバイ貝を獲っている写真を見ていた。
だから ジョンジュを見下していた。

同僚たちに「何をしているの?バイ貝を獲っているの?」と聞かれ 困るジョンジュ。
そこに ゴヌが 赤いスポーツカーに乗って現れる。
そして ジョンジュを「社長」と呼ぶ。
「社長のレストランで シェフをしています」と自己紹介する。
ゴヌのことは プ・ミラのブログで知られている。
“ジョンジュすごい~~”ってことに。

元同僚たちが レストランで食事し 帰った後
2人は ゴヌの料理で一杯飲むことに。
喜ぶジョンジュ。
しかし ジウォンが来てしまい…
ゴヌの料理は ジウォンが食べることに。

5

ゴヌは ジョンジュを追い出したくせに ジョンジュを心配する。
ジウォンが来てくれて嬉しいはずなのに 遅くなると代行は来てくれない と早々に帰す。
で、ジウォンを帰したらすぐに ジョンジュを捜しに行く。
ジョンジュがコンおじさんと楽しく飲んでいるのを見て 嫉妬。
くしゃみをしていると みかん茶を作ってあげる。

“何を考えているの?”
と言いたいところだけど…
ゴヌは ジョンジュが末期がんだと思っているのよね。

プンサンは ジョンジュが持っている鎮痛剤の容器の中には ミントキャンディが入っていると知る。
ゴヌに確かめると ゴヌはジョンジュが末期がんだから優しくしていると知る。
ジョンジュがいる限り“メンドロントット”が閉店されることはないと。
プンサンは ゴヌに黙っていることにする。

ジウォンは 自分の歓迎会を “メンドロントット”で行う。
ジウォンとゴヌの関係を知りたがるジウォン同僚たち。
ジウォンは 誤解されたくないと 友人関係だと言い切る。

落ち込むゴヌ。
ジョンジュは ゴヌが可哀想で ジウォンを非難する。
「ここは私の店。ゴヌと関係がないなら 代金を支払って」と。
そこに ゴヌがくる。

ゴヌは 金を支払おうとするジウォンと揉め、
ジウォンを突き放す。
「二度と来るな」と。
ジウォンは 車に乗って帰る。

ゴヌは ジョンジュに
「酷い女だとわかっている。利用されていることも知っている。けれどジウォンが好きだ。あいつも俺が好きで 俺が離れていくのを心配している。引きとめなかったから ジウォンは戻ってくる。そして 俺はジウォンに意地悪をする」と 言って キスをしようとする。
戻ってきて ドアを開けたジウォンに見せるように。

6

ジョンジュは 海女学校を受験することに。
食材を自分で獲ってくれば 出費を抑えられると。

島の掃除の日。
ジョンジュは ゴヌを連れて 参加する。
ゴヌが発端となって あるおばさんと喧嘩になってしまう。
ゴヌは悪くはなかったが そのおばさんは海女学校の面接官のひとり。
怒らせてはいけない人だった。

これじゃ海女学校に合格できない とがっかりするジョンジュ。
ゴヌは ジョンジュのために おばさんと仲直りする。

海女学校の試験が終了。
ジョンジュは ゴヌと買い物に行く約束をして カフェで待っていた。
しかし ゴヌが「ジウォンとソウルに行くことにした」と言い出す。
ジョンジュは ゴヌを引き止めるが、
ゴヌは ジウォンと行ってしまう。

ジョンジュは ゴヌがジウォンと出かけたのが 相当ショックだったらしい。
夜になっても落ち込んだまま。
帰宅したゴヌに
「カードがあるなら 出て行って。あなたにいてほしくない」と言う。

7

ゴヌは「絶対に出て行かない」と返事。
2人は険悪な雰囲気に。

ジョンジュは ゴヌがおばさんに謝ってくれたと知り、ゴヌに謝ろうとする。
しかし ジウォンが来たため 言えない。

ゴヌは ジョンジュが大きなカバンを持っていなくなり 慌てる。
友人に結婚式に出席するために 釜山に行くと知り ホッとする。
ホッとしたものの 今度は いつ帰ってくるのか心配になる。
「泊まってくるかも」と言われ 「天気が悪くなりそうだ」と今日中に帰ってくるように言う。

ジョンジュは 海女学校に合格する。
ゴヌが ソウルで潜水服を買ってきてくれたと知り 嬉しくなる。
カフェで待ち合わせた時に渡そうと思っていた化粧品をプレゼントする。

ヒラは ジウォンから ゴヌがジョンジュと一緒に“メンドロントット”の2階に住んでいると聞く。
すぐに ゴヌに リゾートホテルのキーを渡す。

“メンドロントット”では 村役場の食事会が行われることになっている。
しかし プンサン一人では作れそうにない。
そこで ジョンジュは ゴヌに荷物を渡すのを口実にして会いに行き、頼もうと考える。
しかし ゴヌがジウォンと楽しそうに話しているのを見て 荷物をフロントに預けて帰る。

ジョンジュは ゴヌと 海女学校で初めて獲った物はゴヌにあげる と約束していた。
そのサザエを 一人で食べる。
食べながら 涙が出てきてしまう。

ゴヌは プンサンのSNSで ジョンジュが海女学校でサザエを獲ったと知る。
自分の物だ! と“メンドロントット”に帰る。
すると サザエは食べられていて
ジョンジュがいすの上で寝ていた。

8

役場の職員たちは 村長とジョンジュをくっつけようと 作戦を練る。
“腕相撲の賞金をネックレスにする。
村長が優勝するようにして 村長が応援してくれたジョンジュにネックレスをプレゼントする”
という計画だったが…

ゴヌは 腕相撲が八百長だとばらす。
怒った村長はゴヌに挑戦状をたたきつける。

ジョンジュを巡るゴヌと村長の戦い。
ジョンジュは ゴヌに勝ってほしいと思う。
それに気づいた村長は 急に力が抜けてしまう。

ゴヌは ジョンジュに ネックレスを渡そうとするが、
「あなたの好きな人にあげて」と言われてしまう。

ゴヌは ジョンジュの病気のことを相談するために 院長に会いに行く。
薬のラベルを見せると
「患者を説得して ソウルに連れてきなさい」と言われる。

ジョンジュは ゴヌはジウォンにネックレスを渡しに行ったのだと思う。
がっかりするジョンジュ。
そんなジョンジュを見て 村長は 「ジョンジュさんが好きな人じゃなくて ジョンジュさんを好きな人を応援したらよかったんですよ」と遠回しに告白する。
しかし その告白は通じなかった。
「私がゴヌを好きだと知ってたんですか~~」と言われる。
村長…がっくり。

ところが!
ネックレスは サザエの貝殻の中にあった。

ホテルの新館のオープンパーティ。
ゴヌは ジョンジュとプンサンを連れて行く。

ジウォンは 院長から ゴヌの済州島の友人が重い病気だと聞く。
プンサンにかまをかけ 病気の友人はジョンジュのことで ゴヌが誤解していると知る。
そこで
ジョンジュには 「ゴヌはジョンジュさんを思い病気だと思っているから 優しくしている」と言い、
ゴヌには「ジョンジュさんの病気は嘘。騙されたのよ」と言う。

ジョンジュは ゴヌが優しくしてくれたのはそういうことだったのかと悲しむ。
ジョンジュは ゴヌに「だから優しくしてくれたのね」と言う。
すると 抱きしめられ「死ぬまでお前のものだ」と言われる。

9

ジョンジュは ここにいられないと思う。
ゴヌが優しくしてくれたのは 病気だと思ったから。
破格の賃貸契約も 病気だと思ったから。
それに甘えてはいけない。
それに何より ゴヌを好きになってしまったから そばにいるのが辛い。

ゴヌは ジョンジュに出て行ってほしいと思っていない。
騙されたと思っていない。
死ぬとわかっているのに頑張って偉いなぁ と尊敬していた気持ちもなくなっていない。
追い出すことも 引き留めることもしない。
どうするか ジョンジュが決めたらいいと思う。

ジョンジュは残ると決める。

テレビの海女学校の取材で
ジョンジュは村長と並んで インタビューを受ける。
放送で 2人のインタビュー時に “村長夫妻”とテロップが出る。
村や村長の親戚は大騒ぎ。
間違いだと説明しても すぐに結婚させられそうな勢い。
村長も この際本当に結婚しようと迫ってくる。

ゴヌは テレビ局に抗議の電話をする。
すると スタッフと村長が“メンドロントット”で食事をした時に 言った冗談を 本気にされたと知る。

ジョンジュは 気持ちを新たに頑張っていたが、
だんだん辛くなる。
ゴヌを好きなのに ゴヌはジウォンが好き。
その気持ちは何があっても変わりそうにない。
ジョンジュは ゴヌに「これから優しくしないで。優しくされたら 期待して辛い。済州島を離れず穏やかに暮らしたいの」と言う。
すると「大切にする」と言われる。

10

ジョンジュは ゴヌに 「大切にする ってどういう意味?」と聞きたい。
“お前が好きだから村長と結婚するな”と言われたい。
けれど そういうことはあり得ないから聞けない。

コンおじさんは 村長とジョンジュの映画デートを画策する。
ゴヌに 「ジョンジュを誘って映画館に来てくれ。そのあと村長と交代してくれ」と頼む。
しかし 断られ プンサンに頼む。

ゴヌは ジョンジュと村長が映画デートするのが気に入らない。
その日は 母の墓参りする日。
ジョンジュに一緒に来てほしいと思っているが、
素直に 誘えない。
一緒に行くかどうか じゃんけんで決めようとする。
で、ジョンジュは映画に行くことに。

ジョンジュは プンサンと映画に出かける。
ゴヌは 映画館に行き、
また ジョンジュとじゃんけん。
今度は ジョンジュはゴヌについていくことに。
2人は デートする。

楽しい時間を過ごすが、
次は墓参りに という時に ゴヌはやっぱり素直に言えない。
言葉が食い違い、
2人は 別れる。

ジョンジュは ゴヌと別れた後 映画館に。
プンサンから 今日ゴヌは母の墓参りに行く日だと聞く。
すぐに ゴヌの元に行き、
一緒に 墓参りする。

ゴヌは ジョンジュに 「父は悪い人だと聞いたから自分は父に似て悪人だと思う。ジョンジュから好きだと思われたら自分がいい人のような気がする。だからずっと好きでいてほしい」 と言う。

ジウォンは ヒラから ゴヌが叔父の会社を継ぐと聞く。
金持ちと結婚したいジウォン。
ジョングンに断られ ターゲットをゴヌに変える。
そこで ジウォンは ヒラに ゴヌからジョンジュを離すべきだと言う。
そして ジョンジュに 「ゴヌと付き合うことにした」と言う。

落ち込んだジョンジュは 村長の誘いを受ける。

ジョンジュが村長と出かけようとすると ゴヌが帰ってくる。
ゴヌから止められるが、村長と出かける。

帰宅したジョンジュは ゴヌが活けたバラを捨て 持ち帰った野花を活ける。
そのことで 2人は口論に。
ジョンジュは 「優しくされるたびに揺れるのが嫌。期待してしまうの。何を言われても もう期待しない」と言う。
すると 「やれるものならやってみろ」と言われ、キスされる。

11

ゴヌは ジウォンから
「ジョンジュさんに あなたと付き合うことにしたと言ったの。私変わるわ。一緒にソウルに行きましょう」と言われる。

ジョンジュ母が現れる。
ジョンジュ母は裕福らしい。
ジョンジュに「“メンドロントット”を解約しなさい。店を出させてあげる」と言う。

ジョンジュは 突然の母の登場&申し出に 驚く。
驚きつつも…
“メンドロントット”にこれ以上いる必要はなくなった と思う。

ゴヌは ジョンジュ母を見かける。
兄のホテルに泊まっていると聞いたけれど どうやら違うらしい。
兄の秘書に ジョンジュ母を調べてもらう。

ジョンジュ母は 金が必要で ジョンジュの保証金を狙っていた。
ゴヌは 兄に頼んで ゴヌの不動産収入の差し押さえを解除してもらう。
その金とジョンジュが作ったアワビ粥を ジョンジュ母に渡す。

ジョンジュは ジウォンから ゴヌが母に金を渡したと知る。
すぐに 母に会いに行く。
ジョンジュは 母を罵倒しそうな勢いだったが…
母には病気の娘、ジョンジュにとっては異父妹がいた。
何も言えず 母と異父妹を見送る。

ジウォンは ゴヌに 航空券を見せて「一緒にソウルに行きましょう」と言う。
「行けない」と言われて、
「あなたと付き合うと言っているのに あなたはほかの女のことを考えているの?」と聞く。
すると「付き合うと言ってくれても嬉しくない。どこかで泣いているかもしれないジョンジュが心配だ。俺はジョンジュと一緒にいたい。とっくに心変わりしていたのに 違うと言ってあいつに悲しい思いをさせた。もうお前とは行かない」と言われる。

ジョンジュは ゴヌの親切が辛い。
母が迷惑かけたことが辛い。
こんなに優しくしてくれるのに ゴヌが自分では他の人を好きなのが辛い。
ゴヌへの思いを断ち切らなければならないのに できずに辛い。
ジョンジュは 屋台で泥酔する。

屋台に村長が来る。
酔った勢いで「村長さんのお嫁さんになろうかなぁ」と言う。
村長が 薬を買いに席を立つと そこにゴヌがくる。
泥酔したジョンジュは 村長かゴヌかわからずに「お嫁にいこうかなぁ」と言う。

ゴヌは 屋台のおばさんから 怪しまれ、
「僕の恋人です」と言って ジョンジュを抱きよせる。

ゴヌはジョンジュを“メンドロントット”に連れて帰り寝かせる。
ジョンジュが破いた契約書を元通りにし、
ジョンジュに「メンドロントット お前にやるよ」と言う。

ゴヌの父親は 詐欺師で殺人犯 らしい。
ジョングンが好きになった海女のヘシルの夫を殺したらしい。

12

ジョンジュは 昨夜の記憶がなかった。
けれど 村長に「お嫁さんになろうかなぁ」と言ったことは覚えていた。
村長に 昨日の言葉は忘れてほしい と謝罪する。

村長は ジョンジュが 昨夜ゴヌが来たことを憶えていないと知る。
まだチャンスは残っている!
ジョンジュに「彼を心から追い出すためなら 自分を利用してもいい。彼が好きだと言っても揺れないように」と言う。

ゴヌは ジョンジュに 昨夜のことを話す。
そして「俺はお前が好きだ」と言う。
けれど 「信じない。私は負けない」と言われてしまう。

ジョンジュは 昨夜のことを思い出せない。ゴヌが言うことを信じない。
ゴヌから 好きだと言われても 優しくされても
「負けてはいけない」と揺れないように頑張る。

ゴヌ父が済州島に現れる。
コンおじさんに「ヘシルに償いたいと思っている」と言う。

ゴヌは コンおじさんから
父が殺した人の妻がヘシルで、ジョングンと付き合っていると聞き
ショックを受ける。
ジョングンから ヘシルを家族に紹介したいと 食事に誘われていたが、
行けない。

自分が抜ければ 誰も傷つけない。
ゴヌは コンおじさんに「済州島を離れる」と言う。

13

ゴヌは ジョンジュを置いてソウルに行こうと思う。
ジョンジュを突き放す。
「素直になって 本当の気持ちを言って」と言われるが、
「“メンドロントット”をやめる。済州島を出て行く」と言う。

ジョンジュは 村長に 店を開くための不動産を捜してもらっていた。
しかし “メンドロントット”の跡地にラブホテルがたつと知り(コンおじさんがゴヌに頼まれてついた嘘)
プンサンと一緒に “メンドロントット”を守ろうと決める。
“ここでゴヌを待とう。“メンドロントット”がなくなったら ゴヌは帰ってこないかもしれない”と思ったのだ。
ゴヌからは「絶対に帰って来ない」と言われたけれど。

ゴヌは 航空券を2枚買う。
ジョンジュに「一緒に行こう」とすがるつもり。
しかし なかなか言い出せない。

ゴヌ父は “メンドロントット”を見に行く。
ゴヌから「どうぞ」と声をかけられて
慌てて 去る。

ゴヌは 声をかけた時 気づかなかったが、
ゴヌ父が行ったあとで 気づく。

ゴヌは ジョンジュに 「兄に会った後 話がある」と ジョングンに会いに行く。
ゴヌは 兄の家で ヘシルに会う。
ヘシルの顔を見られない。挨拶できない。
すぐに 出て行こうとする。
ヒラから止められるが、
ジョングンから 「居づらいなら行っていい」と言われる。
ヘシルを引き留め、ゴヌを帰すジョングン。
ゴヌは 兄がゴヌ父のことを知ったと気づく。
「俺が出ていけばいい」と言って出て行く。

ジョングンは ヒラから ゴヌ父の調査報告を見せられていた。

ジョンジュは ゴヌを待っていた。
ゴヌが用意した航空券が2枚だと知っている。
ゴヌは誰と行くつもりなのかと考える。

そこに ジウォンが来る。
「済州島を出て行くことにしたの。ゴヌが行くところに行くの」と言われ、
ジョンジュは「嘘よね」と聞く。
すると「ゴヌが出て行く理由を知っているの?お父さんのせいよ。どうして出て行くのか知らないのに 一緒に行けるの?私は知っているから ついていくの。ジョンジュさん 元気でね」と言われる。

ショックを受けて座り込むジョンジュ。
そこに村長が来て 「そばにいます」と肩をかす。

ゴヌは 帰宅して
ジョンジュが村長の肩にもたれているのを目撃する。

14

ジョンジュは ゴヌはジウォンと一緒に行く と思い、
ゴヌは 嫉妬。
ジョンジュもゴヌも 素直に気持ちを言えない。

ゴヌは ジウォンから 「一緒に行こう」と言われ、
はっきり 断る。

ゴヌは 済州島を出るまで リゾートホテルに泊まることに。
ジョンジュは ゴヌの荷物をまとめる。

ゴヌは 自分の荷物を取りに行く。
この時も ゴヌは喧嘩腰。
ゴヌは 航空券とネックレスをワイン棚の上に置いて 出る。

ジョングンとヘシルの結婚式前日。
村長は 指輪を買う。
プロポーズするつもり。

ジョンジュは 村長に会いに行こうとするが、
コンおじさんから 家を買う人がいると言われ、家に。
そこには ゴヌがいた。
なぜか コンおじさんは 村長推しからゴヌ推しになったのだった。

ドアを外から閉められ
ゴヌとジョンジュは2人きりに。
ジョンジュは ゴヌに 怖い話をする。
自分を捨てて行った夫を待つ女の幽霊の話。
すると ゴヌに抱きしめられる。

「怖いから このままでいる。
お前が俺を好きになってくれて 俺はいい人になった。
お前ならどうするかなと考えるようになった。
何をやってもお前が好きでいてくれると思っていた。
もう俺のことで心を痛めなくてもいい。
自由にしてやる」と言われ、
ジョンジュもゴヌを抱きしめる。

が、ゴヌは「送別会は終わり」と。
ジョンジュは 悔しくて 「夫が怖がる言葉は“あなたが行ったら すぐに忘れる。待たない”よね」と言う。

“メンドロントット”でジョングンとヘシルの結婚式が行われる。
ゴヌは式の途中で “メンドロントット”を出て 空港に。

ジョンジュに ゴヌから メールが届く。
“俺がいないから寂しいだろ?…だといいのに。他の男と幸せになってほしくない。戻ると約束できないけれど 待っていてくれると嬉しい。イ・ジョンジュ、ずっと好きだ”

ジョンジュは プンサンから「どうして先輩の気持ちに応えなかったんですか?」と聞かれる。
「ゴヌは私のことを何とも思っていないわ」と言うと
「告白していたじゃないですか。他の人にもジョンジュさんを好きだと言いまくっていました。一緒に行こうと言われたのに 断ったんですよね?」と言われる。
「ジウォンさんと行くんでしょう?」と聞くと
「彼女は結婚式に出ていました」と言われる。

ジョンジュは ジウォンに 「ゴヌに誘われたんじゃないの?」と聞く。
すると 「誤解したのね。ゴヌが行く場所に私もついて行くことに決めた と言ったのよ」と言われて
呆然。
「あなたのせいで誤解したじゃないの?なぜあんな言い方をしたの?」と怒鳴ると
「ゴヌがあなたにすがるのが嫌だったのよ。私も決めたとおりにするわ」と言われる。

次に来たのは ジョングン。
ジョンジュは ジョングンから「ジョンジュさんが見送ってくれたのか?こんな風に寂しく 行かせたくなかったんだが」と言われ
「ゴヌになにかあったんですか?発つ理由を言ってくれませんでした」と聞く。
すると「誰にも 特にジョンジュさんには言いたくなかったのだろう。勝手に発ったと思っているでしょうが 違うんだ。誤解しないであげてくれ」と言われる。

ジョンジュは ゴヌの言葉を思い出す。
“大事なものを置いていった”
探すと…
期限が過ぎた航空券2枚とネックレスがあった。

ショックをうけるジョンジュ。
今度は村長から「隠していたことがある。あの日 ゴヌさんはあなたを迎えに来ました。あなたは信じられなかったようですが 彼の言葉は本心だと思います。行ってください。ゴヌさんを止めに行ってください」と言われる。

ジョンジュは 空港に行き
ゴヌを捜す。

15

“ゴヌ、あなたが行ったらどうかなりそう”
“あなたの言葉を信じなかった。自分に自信がなかったから”
“あなたがどんな人であろうと 好きでいる”

ジョンジュはゴヌにメールを送る。
しかし…
そのメールは未読のまま 1年が過ぎる。

ゴヌが 父に会うために済州島に来る。
コンおじさんによると ゴヌ父は誰かの身代りで罪を被ったらしい。
…って ゴヌ母しかいないじゃない。

ゴヌは リゾートホテルで 赤ちゃんを連れているジョンジュに会う。
驚いて 目がテン。

ゴヌは ジョンジュから 1年前にメールを送ったと言われる。
済州島を出る時に 携帯を新しくしていたため 読んでいなかった。

プンサンは ジョンジュから ゴヌが自分のSNSをチェックしていると聞く。
困らせてやろうと 村長が赤ちゃんを抱っこしている写真をアップする。

SNSを見たゴヌは すぐに赤ちゃんを捜す。
赤ちゃんは ジョンミンとミナの子供…ジョンジュの甥ハンビョルだった。
その時 ミナから 自分がジョンジュの初恋の王子様と聞く。

ゴヌは “メンドロントット”に行く。
ジョンジュから 「誤解を解いて やり直したい。記憶のないあの夜のことを話してほしい」と言われる。

村長は あの夜の罪滅ぼしに とゴヌを泥酔させる。
ゴヌに隙をつくり 本心を話させるために。
そして “メンドロントット”に連れて行く。

気がついたゴヌは ジョンジュに
「会いたかった。毎日ジョンジュのことばかり考えていた。会いたい、イ・ジョンジュ」と言う。
「私も すごく会いたかった」とジョンジュ。
ゴヌは「愛してる」と言って 再び 眠る。

翌朝 ゴヌは リゾートホテルのベッドで目覚める。
ジョンジュに会ったかどうか覚えていない。

昨夜 ジョンジュは ジョングンとチャン秘書に手伝ってもらって ゴヌをリゾートホテルに連れて行った。
それから 朝まで ゴヌのそばにいた。

ジョンジュは ゴヌに会いに リゾートホテルに行く。
しかし ゴヌの部屋にいたのは ジウォンだった。
ジウォンから結婚すると言われるが、
今度は 騙されない。

ジョンジュに コンおじさんから電話がある。
ゴヌが 済州島を発つと。
すぐに 空港に行くが 会えなかった。

ジョンジュは 落ち込んで “メンドロントット”に帰る。
ふと メールを見ると 既読になっていた。
そして ゴヌは“メンドロントット”にいた。
ゴヌから「愛してる」と言われる。

16

ジョンジュとゴヌは 村民公認の恋人同士に。

ヘシルは 偶然 コンおじさんが電話で話しているのを聞いて 驚く。
夫を殺した男の名前を話していたから。
コンおじさんを問い詰めて
夫を殺したのがゴヌ父で 実は身代りになったと知る。

ゴヌ父は ヘシルに会う。
ヘシルに謝罪し、
身代りになったわけではない と言う。
真実を明らかにするよりも ヘシルの生活を守るのが大事だと考えたのだった。

ヘシルは ゴヌのこと ジョングンとのこと を悩み、
ジョングンと生きていくと決める。

ゴヌは 今後のことを考えていた。
アメリカに戻り 今までのように 叔父の仕事を手伝うことになれば
ジョンジュと離れて暮らすことになる。

ジョングンとヘシルが日本に行くことになり
ゴヌは 済州島にいられるようになった。
済州島に住むと決める。

スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

こんにちは

動画で大体視聴して、今はKNTV録り溜めしていて途中までしか見ていません。( ;∀;)
雰囲気は良いドラマですよね。あまり評判は芳しくなかったようですが。

私もカンソラはいいですが、ユ・ヨンソクはあまり好みではないんですよね~。キム・ウビンも苦手顔です~。

最近、注目はパク・ソジュンです。彼は「魔女の恋愛」から注目してました。
「彼女はきれいだった」も面白くなってきました。ファン・ジョンウムって、キルミーもでしたが、ああいううるさい演技がウリなのかな。。。

ちょっと引きましたが、最近では珍しいラブコメで好きです。四角関係っていうのも今では懐かしい設定で。

ドラマを引き立てる小道具がなかなかいいです。ああいうベタなドラマって最近少ないので、逆に新鮮です。





naoさん、こんにちは

評判がよくなかったと聞いていたのですが、
今までのホン姉妹のドラマと比べて それほど悪いように思いませんでした。
ラブコメは 主役やライバルが苦手だと ダメですよね。

パク・ソジュンですか?
「彼女はきれいだった」はチェ・シウォン目当てで観たいと思ってます。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング