2017/10
<<09 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>




嵐の女(1)-(28)


全140話 2014年 MBC

出演者 : ハン・ジョンイム・・・パク・ソニョン
      チャン・ムヨン(ジョンイム夫)・・・パク・ジュニョク

      ト・ヘビン・・・コ・ウンミ
      パク・ヒョンソン(ヘビン夫)・・・チョン・チャン

      パク・ヒョヌ(ヒョンソン弟)・・・ヒョンウソン
      ト・ジュンテ(ヘビン兄、KPグループ会長)・・・ソヌ・ジェドク
      ノ・スンマン(ジュンテ母)・・・ユン・ソジョン
      イ・ミョンエ(ヘビン母)・・・パク・ジョンス
      ミンジュ(ヘビン娘)・・・イ・ユンジョン

      ムヨン母・・・イ・ジュシル
      ソユン(ジョンイム娘)・・・チョン・チャンビ
      チャン・ミヨン(ムヨン妹)・・・ソン・イウ
      ジョンイム母・・・シン・ヨンスク
      オ・ボンソン(ジョンイム友人)・・・パク・ジョンスク


演出  : イ・ミンス、オ・スンヨル
脚本  : ウン・ジュヨン


1234567-89-10111213-14151617-1819-2021-2223-2425-28


1

ジョンイムは みつばちの格好をした男とぶつかる。
その時に ジョンイムとみつばち男のリュックが交換される。

みつばち男ヒョヌは映画監督。
カメラを買おうとして リュックが違うことに気づく。

その頃 ジョンイムの家では ジョンイム義母が 孫ソユンのリュックをあけて金を見つける。
ジョンイム義母は 騙されているとは知らずおいしい話に乗りたいと金を欲しがっていた。
リュックの金を懐に入れてしまう。

ようやく ジョンイムも取り違えに気づく。
ヒョヌに連絡し 会うが…
「500万がない」と言われてしまう。
なにも知らないジョンイムは “詐欺師だ。言いがかりだ”と反論。
まとまらず 2人は 警察に行く。

ジョンイムの友人ヘビンは 愛のない結婚生活を送っている。
いまだに 初恋の人が忘れられない。
夫とは 異母兄のジュンテを追い出すために一緒にいる。
そして ヘビンの夫ヒョンソンの弟がみつばち男のヒョヌ。

ヘビンは 初恋の人に会いに(亡くなったようだから墓参り?思い出の場所?)
済州島に。
そこで 初恋の人そっくりの男に会う。
彼はムヨン。ジョンイムの夫。
…初恋のそっくり という理由だけで 友人の夫と不倫するわけね。

2

警察で
ジョンイムとヒョヌが揉めていると
ジョンイム義母が 詐欺に遭ったと駆け込んでくる。
ヒョヌもジョンイムも 消えた金はジョンイム義母が使ったとわかる。

実の母のことなのに ムヨンもムヨンの妹ミヨンも 金を用意しようとしない。
「ジョンイムにまかせればいい」と 逃げる。

ムヨンは
初恋の人そっくりのムヨンを見て 倒れたヘビンを 病院に運び、
酔いつぶれたヘビンを ホテルの部屋に 送り届ける。
ヘビンが会長の妹だと知り “昇進のチャンス!”と思ったような?

3

ムヨンにイライラ。
実力もないくせに家長面するのが気に入らない。
希望する部署に異動できたから お祝い。
…はっ?
希望する部署に初出勤だから 新しい下着。
…はぁ~~ムヨンとホテルに行くつもり?
穴の開いた洋服を着ている妻を“貧乏ったらしい”
…はぁ~~~~あんたの稼ぎが悪いのとあんたの母親が迷惑かけるからじゃないの!  


ヒョヌの金。
ジョンイムは 一括で返せない。
そこで 分割返済をお願いする。
ジョンイム義母の 嘘泣き演技もあって 分割返済を了承してもらう。

ジョンイムは 家政婦の仕事を始める。
そこは ヒョヌの家。
今日は 顔を合わすことなく ジョンイムの仕事は終了する。

ヘビンは ムヨンを移動させ 自分の部下にする。
そして ムヨンに「愛人になる?」と言う。

ヘビンは ジョンイムに「あの人とうり二つの人に出会ったの」と話す。
その“あの人”は ジョンイムが預かっているヘビンのカメラに保存されているはずよね?
ということは ヘビンの初恋の人と自分の夫が似ていると知るわけね。
ジョンイムは ヘビンの初恋の人を知らないの?
しばらく連絡を取っていなかったようだから 知らないのかしら。

ヒョンソンは ジュンテ父に 父の会社を奪われた。
だから 憎んでいるわけね。

4

ジョンイムは ヘビンのカメラの保存写真を見なかった。

一方 ヘビンは ムヨンを初恋の人に似せようと
美容室に連れて行き、洋服を買ってあげる。
また 就業中にムヨンを呼び出し 一緒にボルダリングをする。
青春が戻ってきたようで嬉しいのか 中断していた絵を描く。
…ジュンテ母から 心がこもっていない と批評されたけど。

そして…
ヘビンは ムヨンがジョンイムの夫だと知る。

良識ある人なら ここで浮気遊びはやめるんだけど
ヘビンは やめないんだろうなぁ。

5

ムヨン、あんた ばか?
金を得るため 出世のために 何でもしようとするのはわかるけどさぁ
それで 愛人になるわけ?
あり得ない。信じられない。
“家族のために愛人契約を結んだ”と言い訳するわけ?  


ヘビンは 悩む。
“初恋の人の代わりがほしい。けれど 友人の夫を愛人にするわけには…”
ムヨンから 愛人になります と言われても 「じゃぁ そうしましょう」と即答できない。

しかし ジュンテ母が ジョンイムの絵を褒めたことで 気が変わる。
“私の絵をけなしたくせに。私がジョンイムに劣ると?”
ムヨンを呼び出す。

泥酔したヘビンは ムヨンが初恋の人スンジュンとタブる。

ヒョンソンは ヘビンが熱を上げている男を調べる。
ムヨンという男で、
ヘビンがムヨンを異動させたと知る。

6

ヒョンソンは ヘビンのカメラを見て
スンジュンとムヨンが そっくりだと驚く。

ジョンイムは ムヨンと食事をするため 会社に行く。
その時 携帯をバケツに落とした女性に会う。
女性は ジュンテ母。
ジュンテ母は ジョンイムを気に入った様子。

ヘビンは ムヨンを 昼食に誘う。
しかし 恩師と約束があると断られる。
ところが ヒョンソンとヒョヌと食事に行き、
同じレストランに ムヨンとジョンイムがいることに気づく。
ヘビンは イライラ。
ムヨンに電話するが 無視され ますますイライラ。

ヘビンはムヨンに怒りをぶちまける。
「いい気にならないで。妻が恩師なの?携帯の1番を変えてと言ったはずよ。無視するの?自分の立場をわきまえなさい」と。

ヘビンは アトリエを探す。
ジョンイムの上の階の部屋が空いていると言っていたことを思いだす。
その部屋を契約する。

7-8

捨てたはずのジョンイムの絵が ヘビンのもとに戻ってくる。
ヘビンは 母に 「捨てて」と渡し、
同じサイズの絵の手配を頼む。
そして その母が用意した絵を 失くした絵の代わりにと ジョンイムに むりやり渡す。

ジョンイムは 配達先の病院で
夫の会社で出会った女性ジュンテ母を見かける。
ジュンテ母は子供たちに絵を教えていた。

ジョンイムは ジュンテ母を見て
幼い頃に出会った絵を描いていた女性を思い出す。
目があい、声をかける。

ヘビンは 週末にアトリエに引っ越すと決める。
当然 ムヨンは手伝わなければならない。
家族に見られてはマズイと ムヨンは 家族を 旅行に行かせることにする。

ところが ムヨン母がパスポートを忘れたため 行けなかった。
帰宅したジョンイムは 上の階に引っ越してきたと知る。
ヘビンらしき声が聞こえて 階上に行くと…
ヘビンと夫がいた。

ヘビンは ジョンイムに
アトリエとして使うために引っ越してきた。ムヨンは会社の部下 と説明する。
ムヨンは この時に初めて ヘビンとジョンイムが友人だと知る。

ムヨンは ヘビンが友人の夫だと知りながら愛人契約を持ちかけたことに腹が立つ。
しかし 翌日 課長に昇進。
これが愛人契約の見返りなのだと納得する。

また ムヨンは ヘビンのカメラの写真を見て 自分が代用品だと知る。
頭にきたけれど
もう戻れないと思う。

ミヨンは 探偵にヘビンを見張らせている。
…ヒョンソンの愛人になりたいのかしら。
探偵から 男と会っていると写真が送られてくる。
その写真に 兄が写っていて 驚く。

ヒョヌ父が亡くなった時 ヒョヌは5歳だった。
だから ヒョンソンは ヒョヌは父が亡くなった時のことは覚えていないと思っていた。
しかし ヒョヌは覚えていた。
覚えているから 父が亡くなった家に住みたくない。兄やヘビン家族と住みたくない。
…ジュンテ父は 家まで奪ったということ?

9-10

ヘビンを見張らせていたのは ヘビン実母。
ミヨンは その探偵から ヘビンの尾行状況を報告させていた。

ミヨンは ヒョンソンから
ヘビンの浮気相手のことよりも 館長室で何が起きているのかを知りたい と言われる。
つまり スパイをしろ ってこと。
ミヨンはスパイを引き受ける。

ムヨンは ヘビン実母に
「スンジョンの代用品だとわかっています。チーム長は気が休まる場所が欲しいだけです。私は家族の方が大事です」と説明する。

ところが その夜 ムヨンとヘビンは 関係を持つ。

翌朝。
ジョンイムとムヨン母は ヘビンのアトリエに 朝食を持っていく。
ムヨン母は ずかずかと寝室にまで入っていき、
クローゼットの中に ムヨンが隠れているのを見つける。

11

ムヨン母は 慌てて ジョンイムを連れて アトリエを出る。

ムヨン母は ヘビンに 別れてほしい と頼む。
すると 彼の方がしがみついている と言われる。

ヒョヌは先輩の手伝いで ジョンイムの上の部屋に(ヘビンのアトリエ)行く。
ムヨンの依頼で サプライズの準備に来たのだ。

ムヨンは ヘビンのアトリエに向かう。
途中 ミヨンにメールする。
“ジョンイムを絶対に上の階に来させるな”
しかし そのメールをジョンイムが読んでしまう。
ジョンイムは ムヨンからのメールだからと読んだのだった。

ムヨンは ヘビンのアトリエに到着。
準備しているヒョヌを見て 驚く。

ヘビンもアトリエに到着。
ヒョヌとムヨンが話しているのを見て驚き、
すぐに隠れる。

12

ヒョヌは 階下に降りて行き ジョンイムに会う。
ジョンイムから「知り合いでもいるの?」と聞かれ
即答できない。
と、ジョンイムに 電話がかかってくる。
ムヨンからで「上の階に来い」と。

ムヨンは ヘビンの提案で ジョンイムへのサプライズに切り替えたのだった。

ヘビンは ムヨンから ヒョヌがジョンイムと同じ店でバイトしていると聞く。
そこで ヒョンソンに 義弟を会社で働かせてはどうか と言う。

ムヨンは ヘビン実母と愛人契約書を交わす。

ジュンテ母は ジョンイムに 絵の具などをプレゼントする。
その時 ソユンから携帯に保存されているジョンイムの絵を見せてもらう。
その中に ヘビンの部屋で見た絵があり 驚く。

ジョンイムは 家政婦の雇い主から自主映画のチケットをもらう。
そこで ソユンと行く。
ムヨンもまた ヘビンと一緒に行く。

ヒョヌは ジョンイムとムヨンが別々に来ているのが気にかかる。
そして ムヨンが愛人と来ていると知る。

13-14

ヒョヌは ジョンイム、ソユンと並んで座っている。
2人にムヨンが愛人と来ているとばれてはマズイ とソユンの洋服にジュースをかける。
そして 映画館から連れ出す。

ヒョヌは ジョンイムに話すべきかどうか悩む。
ヒョンソンに相談すると 夫婦の話に口出しすべきではない と言われる。

ヒョヌは ヘビンが浮気していると知る。

ヒョヌは ジョンイムのマンションで ジュンテ家の家政婦(ジョンイム母)に会う。
「館長の用事でヘビンさんのアトリエに」と言われる。
ヒョヌは 家政婦から聞いた番号の部屋の前に。
そこは 先輩の手伝いで行った部屋。
そして そのアトリエから ムヨンとヘビンが出てくる。

ヒョヌは ムヨンを殴る。
揉めているところを ジョンイムに見られてしまう。

ヘビンは ジョンイムに
初恋の人に似ている人というのはヒョヌで、ヒョヌに別れ話をしたら暴れだした。そこをムヨンに助けられた と説明する。

ヒョヌは ヘビンとヒョンソンのことを思い 苦しくなる。
そして ヒョンソンが ヘビンの浮気を知っている と知る

15

ヒョヌは ヒョンソンから 「ヘビンが必要だから 見なかったことにしてくれ」と頼まれる。

ミヨンは ヘビンとヘビン実母から ヒョンソンの動きを探ってほしい と頼まれる。
すぐに ヒョンソンに報告する。

ヒョヌは ジョンイムが家政婦だと知る。

ジュンテ母は ジョンイムの絵を気に入る。
購入しようとするが、プレゼントされる。
また ジョンイムのスポンサーになろうかと考える。
そこで ジュンテに相談し、まずは家に招待することにする。

ヘビンは ジョンイム家族が週末キャンプに行くと知る。
ムヨンから 打ち上げのことを聞かれ、週末にキャンプに行こうと誘う。

ジョンイム家族は ムヨン抜きで キャンプに行く。
同じキャンプ場に ムヨンとヘビンもいた。

ジョンイムは キャンプ場を歩いていて
テントから ヘビンとムヨンが出てくるのを目撃する。

16

ムヨンは ジョンイムに 「家族のためにチーム長に近づいた。出世のために、娘の将来のために」と説明。
自分の行為を正当化する。
ジョンイムから 頬を叩かれ 逆ギレする。
…なんて男。

泣きながら 呆然とした様子で歩くジョンイム。
ムヨンはジョンイムを見かけ 声をかける。
倒れるジョンイム。
ムヨンは ジョンイムを病院に運ぶ。

ジョンイムは帰宅。
ムヨン母とミヨンの会話を聞き、
2人がムヨンの浮気を知っている と知る。

ジョンイムは 2人を責める。
すると ムヨン母から「あなたの実家が裕福でムヨンにコネがあったら あんな女に近づくこともなかったわ。あなたに夫を支える能力がなかったせいではないの?」と言われる。
…ジョンイムの実家が問題?ムヨン実家が裕福だったらよかったんじゃないの?散々ジョンイムに迷惑をかけて よくもまぁ そんなことが言えたもんだわ。

ジョンイムとヘビンは ボンソンのカフェで会う。
ボンソンを巻き込んで大ゲンカ。
警察沙汰になる。
そして ヘビンの身元引受人として現れたのは ムヨンだった

17-18

やはり ムヨンにイライラ。
その息子を正当化する母。
おまけに 最初にヘビンに会っていたら今頃は左うちわだったと妄想する。
家柄が違う と反対されるとは思っていないらしい。  


ジョンイムが反抗してきた。
兄と夫に会いに行くと脅してきた。
ヘビンは ジョンイムを傷つけたくなる。
ジョンイムに「離婚させる」と言い、
ムヨンに「離婚して」と命令する。
従えないなら地方にとばすと。

ジョンイムは ヒョンソンに ヘビンが浮気していると言う。
驚き カップを持つ手が震えるヒョンソン。
…演技がお上手。

ムヨンは ジョンイムに 「離婚してくれ」と言う。
「ヘビンをごまかすための偽装離婚。このままでは地方に飛ばされる」と。

ジョンイムは家を飛び出し、雨の中を歩く。
すると ジュンテ母に声をかけられる。
ジュンテ母は ジョンイムに会おうとカフェに来ていて 帰る途中だった。

ジュンテ母は ジョンイムに 同じ経験をしたと話し、
「頑張ってこられたのは息子がいたから。母は強いのよ」と励ます。

ジュンテ母は 食事の時も ジョンイムのことが気になる。
ヘビンは ジュンテ母がジョンイムを気にかけるのが気に入らない。
ムヨンに 娘を留学させてはどうか と勧める。

ジョンイムは ヒョンソンに 離婚するつもりか と聞かれる。
「離婚するつもりはない。大人の都合で子供を傷つけたくない」と答える。
すると「同じ考えです。妻に私が知っていることは言わないでください」と言われる。

ミンジュの誕生会。
ムヨンは ヒョンソンから「娘に誕生日プレゼントを渡してほしい」と頼まれる。
誕生会が開かれているところは ムヨンがソユンと約束したレストラン。
ムヨンは ソユンに帰るように電話し、レストランに向かう。

ソユンは帰ろうとして ジョンイムが入って来たのに気づく。
ジョンイムは 仕事で 洋服を配達に来たのだった。
渡す相手はミンジュ。ヘビンが頼んだプレゼントだった。

ジョンイムが 洋服を渡した後
ムヨンが ケーキとプレゼントをもってくる。
ミンジュの誕生日に揃うムヨン、ジョンイム、ソユン家族。
ソユンは 嫌な気分になるし、
ジョンイムは ムヨンとヘビンにイラつく。

ジョンイムは ヘビンのアトリエに。
言い争うジョンイムとヘビン。
そこに ムヨンと ムヨンの後をつけてきたソユン。
ソユンは 父の浮気を知る。

19-20

ミンジュがいじめの主犯とマスコミに通報が入る。
記者から聞いたヘビンは ミンジュを問いただす。
ミンジュは ソユンが通報したと思い、ソユンを呼び出す。

ソユンは ミンジュから 家族をバカにされた上に 金を渡される。
「恵んであげるわ」と。
金を突き返すと 叩かれそうになる。
そこで ミンジュの腕を掴んで止める。
そして…ミンジュに腕を振り払われ…
ソユンは階段を転げ落ちる。

ミンジュは 倒れたソユンを置き去りにして 逃げる。
心配して戻ってきたドンイが ソユンを見つける。

ヘビンは ミンジュから 殺したかもしれないと言われ、
ミンジュとソユンが会ったことを知っている生徒を口止めする。

ヘビンは ジョンイムの娘が 被害者だと知る。
そこで ジョンイムに 「手術を受けさせるから離婚して娘と一緒に韓国を出て二度と帰ってこないで」と言う。

21-22

ジョンイムは 離婚届けと渡航書類を選ぶ。
…って 当然よね。娘の方が大事よね。こんな馬鹿げた条件を出したヘビンは “地獄に落ちろ!”よね。

ジョンイムは ヒョヌから ソユンからの手紙を渡される。
ソユンが ジョンイムが働いている店に送ったらしい。
ジョンイムを励まそうと ソユンが作ったクーポン券が同封されていた。

ヒョヌは 病院で ムヨンたちが話しているのを聞く。
ヘビンがソユンの手術を手配したと聞き 不思議に思う。

ジョンイムは ムヨンに 離婚届を渡す。
「偽装離婚ではなく本当に離婚する」と。
気が変わった理由を聞かれるが、
ヘビンとの約束で 何も言えない。

ソユンは 植物状態になる。

ヒョンソンは ジョンイムが娘と海外に行くと知り 驚く。
万が一目を覚ました時 娘の名前が出る可能性がある。そばにおいて監視するべきだと思う。
そこで ヘビン母からヘビンに 近くに置いて監視した方がいい と言わせる。

離婚成立。
ジョンイムは 家を出て ボンソン家に。
ソユンを療養所に移す。
その療養所はヘビンが用意したもの。
けれどジョンイムは ムヨンが見つけてきたと思っている。

ジョンイムは ソユンが最後に電話した友人ドンイに電話をする。
電話は繋がらなかった。
ドンイは父と一緒に 移住していた。

ジョンイムは ソユンがムヨンの浮気を知っていた と知る。
そのことがショックで 階段を踏み外したのではないかと思う。

23-24

ジョンイムは ヘビンの命令で クビになる。

ヒョヌは ジョンイムのことが気になって仕方がない。
焼肉店で働き始めたジョンイムの身体のことが心配。
ボンソンが詐欺に遭い家の保証金まで奪われた。これからどうするのか心配。
だから 食料品を買い込み、余った物だからと持って帰らせる。
棚の上の皿を出そうとして皿を割って怪我したと知ると 皿をシンク下に移し替える。
そして ボンソンに保証金の足しになればと 金を渡す。

ジョンイムは ジュンテ母から 公募展に応募してみないかと言われる。
以前 ソユンからも同じことを言われたことを思い出す。
ジョンイムは 公募展に作品を出す。

ヘビンは ジョンイムが選ばれないように画策するが、
ジョンイムが大賞に選ばれる。

25-28

ヘビン、今回もまた やらかした。


ヘビンは 夫ヒョンソンと喧嘩。
ヒョンソンの弱みを握っているから 自分の方が夫より優位 と思っていた。
しかし ミンジュの事件のことを持ち出され、
あれは事故だった と必死に言い訳する。
その会話を 家政婦のジョンイム母に聞かれてしまう。

ヘビン家を出たジョンイム母は ショックのあまり 朦朧とした状態で歩く。
ふらふらと道路に出て…
車に轢かれ 亡くなる。

轢いたのはムヨン。
車はヘビンのもの。
ヘビンはすぐに秘書に処理を頼む。
ムヨンもヘビンも ジョンイム母の事故とは無関係ということに。
また ジュンテ母には 家政婦は辞めた と説明する。


ヘビンは ジョンイムに入社してほしくない。
そこで ジョンイムに 入社するなと言う。

この言い方がね…
神経を逆なでするような言い方なのよね。
しかも 母の葬儀中に。
その上 ジョンイム母の荷物をまき散らして。
ジョンイムは ヘビンを困らせるために入社すると決める。


ヘビンは ジョンイムを追い出すために
盗作騒動を起こす。
しかし すぐにヘビンの自作自演だったとばれる。
…ヘビン、母親に似て やることが幼稚なのよね。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

こんばんは

親友に旦那を取られる日々ドラマ典型の陳腐なストーリーですが、パウ・ソニョンさんなのでとりあえず見ています。
それにしてもジョンイムの夫は、横取りされるほどいい男?キャスティングもう少しなんとかならなかったのかしら。
ジョンイムに劣等感があったとしても、昔の彼に似ていたからというだけで、寝取るかなあ、あんなレベルの男・・・私なら熨斗つけてあげるけど^^
助けてもらったとか、酔ってうっかりのほうが、まだ説得力があると思いますが・・・

ようやく二人の関係がバレたので、少し面白くなるといいなあ~~

私事ですが、この1週間家具を入れ替え部屋の大模様替えで、体中が痛いです。私の服だけで50枚、靴も30足以上、100以上あった自分で撮ったビデオテープやカセット、ため込んでいたDVDのほとんど捨てました!ドラマはどんどん新作が出てくるし、古いのも再放送見られるしね。どんだけ無駄なものがあったのやら^^;
と言いつつバーゲンでまた10枚くらい洋服買ってしまいました。経済回復のための貢献と言い訳してます^0^
10年分の仕事して、体中が痛いです。

asaさん、こんにちは

熨斗つけてあげる!!
そうですよね。お母さんもつけて渡したら 清々するでしょうね。
ヘビンは 今でも昔の彼を愛しているんでしょうね。
亡くなっているから 美化されているのかも。
私も パク・ソニョンさんなので 頑張ってみようかぁ と思ってます。。

捨てましたね~~~
私は 昨年の引っ越しを機に DVDをたくさん捨てましたが、
ついつい いつか観ようとBlu-rayに保存してしまい
いつの間にか 増えています。
洋服も捨てられないです。
着る洋服は決まっていているのに これまた“いつか…”と思ってしまいます。
年齢が上がると共に 似合う服が変わるので 洋服こそ“いつか…”はないんですけどね。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング