2017/10
<<09 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>




高校世渡り王(ナイショの恋していいですか!?)  あらすじ&感想




楽しめました。

兄の頼みで 兄の代わりに大企業の本部長になった高校生が 主役。
身代りだとばれずに本部長の仕事をこなせるかどうか の話よりも
恋愛の話が 中心。
ちょっとだけ 復讐の話もあります。

意地悪女は登場しない。
ライバルは もちろん好きな人を手に入れたいとするけれど
理解できる範囲内。
仕事と復讐の部分は 深く掘り下げずさらっと。

サクサク観れるけれど
物足りない気もしました。



全17話 2014年 tvN

出演者 : イ・ミンソク/イ・ヒョンソク・・・ソ・イングク
      チョン・スヨン・・・イ・ハナ

      ユ・ジヌ(本部長)・・・イ・スヒョク
      ユ・ジェグク(社長、ジヌ父)・・・ハン・ジニ
      ナム・サング(専務)・・・ソン・ヨンギュ
      ハン・ヨンソク(専務)・・・キム・ウォネ
      キム・チャンス(リテールチーム長)・・・チョ・ハンチョル
      パク・フンベ(リテールチーム代理)・・・チェ・フィリップ
      チ・デハン(リテールチーム)・・・イ・ジュスン
      ユン主任(リテールチーム)・・・パク・スヨン

      チェ・ジャンホ(ミンソク養父)・・・オ・グァンロク
      チェ・マンソク(ジャンホ父)・・・クォン・ソンドク
      チョ・ドクファン(ミンソク友人)・・・カン・ギヨン
      オ・テソク(ミンソク友人)・・・イ・テファン

      チョン・ユア(スヨン妹)・・・イ・ヨルム
      スヨン友人・・・ミン・ジア
      スヨン母・・・イ・ジョンウン

      ジヌ母・・・ユン・ユソン


演出  : ユ・ジェウォン
脚本  : ヤン・ヒスン「チョン・ヤギョン」、チョ・ソンヒ

 1234567891011121314151617

1

ミンソクは高校2年生。ホッケー部に所属している。
両親が亡くなった後 チェ・ジャンホに引き取られた。
兄ヒョンソクがいるが、ドイツに留学中。

そのヒョンソクから 8年ぶりに帰国する と連絡がくる。
大企業コンフォにスカウトされたらしい。
ジャンホは大喜び。ごちそうを作って待つが…
ヒョンソクは帰ってこなかった。
コンフォにも出社していないらしい。

夜 ミンソクにヒョンソクから電話がある。
「1~2か月 自分の代わりに会社に行ってほしい。僕のふりをしてほしい」と。
トラブルに巻き込まれたのか 切羽詰った様子で 時間を稼いでほしいと頼まれる。

チョン・スヨンは コンフォの社員。
ユ本部長に恋している。
ユ本部長も自分を好きだと勘違い。
告白して 見事にふられる。
その上 泥酔して ユ本部長の家に泊まるという失態まで犯してしまう。

2

ミンソクは 兄の指示通り 兄のマンションでスーツに着替えて 出社する。

会社で ヒョンソクではなく 弟のミンソクだと知っているのは
ハン専務とキム・チャンス チーム長 2人だけ。
キムチーム長は ミンソクが失敗しないかと落ち着かない。

ミンソクは リテールチーム内に バスで会った女スヨンを見つける。
バスでミンソクの携帯を借り、酔って路上で寝ていたスヨン。
ミンソクは スヨンを路上に放っておくわけにもいかず
ミンソクの携帯で電話した相手…ユ本部長に電話。スヨンを引き取ってもらったのだった。

ミンソクは スヨンをからかって遊ぶ。
一方 スヨンは ミンソクに気づいていない。

高校で出席を取って出勤。
ホッケーの試合があれば 行かなければならない。
ストーカー女ユアは ミンソクの携帯に入れたアプリで居場所を知り 会社まで追いかけてくる。
2重生活は大変そう。

3

ミンソクは 会議で 社長から意見を求められる。
その発言を なぜか社長に気に入られ
コンペで プレゼンすることになる。

資料作りと ミンソクのプレゼンの練習。
キムチーム長は やってられないと スヨンに任せる。

ミンソクは スヨンはユ本部長を好きだと思っている。
好きなのは間違いないが ふられたことを知らない。
だから スヨンの片思いが両想いになるようにと気を遣う。
それが スヨンにとって迷惑だと知らず。

ミンソクのせいで 会いたくないユ本部長と会ってしまう。
そのたびに ユ本部長は 鬱陶しい顔をする。
スヨンは ユ本部長の態度に耐えられず、
ミンソクに 「告白したけれどふられた。避けられている」と話す。

プレゼン。
ホッケーの試合の後 会場に行く予定。
ところが 試合が伸びてしまう。
大・大・大遅刻。
コンフォのプレゼン寸前に会場に到着する。

ミンソクの 型破りなプレゼンは なぜか好評。
コンフォに決まった様子。

4

ミンソクは ドクファンとテソクに 兄のふりをしていることがばれる。
「どうして話してくれなかったんだ~」と言う2人を宥めるように
法人カードで 豪遊する。
また セファの副社長から 接待も受ける。
ヒョンソクは セファからもスカウトされていたらしい。

翌日 セファが プロジェクトを発表する。
それは コンフォのプロジェクトとまったく同じもの。
情報が漏れていた。

内部から漏れたのでは…
ということで ミンソクが疑われる。
セファにもスカウトされていたから。
また セファの副社長と飲んでいたのを目撃されていた。

機密文書にアクセスした者がいたとわかり、
次は ユン主任が疑われる。

ユ本部長が ユン主任を尋問する。
尋問は長時間に及び、スヨンとミンソクは心配する。
ミンソクは ユ本部長に 今日は終わりにしたらどうかと言うが、聞き入れてもらえない。
そこで ミンソクは 尋問に立ち会う。

犯人は 検挙されたハッカー集団だった。
ユン主任は解放される。

ミンソクは ユアと映画を観に行く約束をしていたことを思い出す。
すぐに駆けつけ ユアに会うが
ユアの様子がおかしい。
ミンソクは すぐに ユアを病院に連れて行く。

ユアは 虫垂炎だった。
ミンソクは ユア姉(スヨン)に電話し、置手紙をして帰宅する。
スヨンは その手紙を見て ミンソクの字に似ていると思う。

スヨンは キムチーム長から Y再契約できないと告げられる。

5

スヨンは 会社を去る。
大切に育てていたコケを置いて。
ミンソクは そのコケを 家に持ち帰る。

ユ本部長が 契約社員は四大卒にするべきだと言ったらしい。
短大卒はスヨンだけ。
名指しも同じ。
ユ本部長に嫌われたんじゃないか
そう噂する男2人。

ミンソクは その会話を聞いて ユ本部長に 抗議する。
「権力を利用して クビを切るのか」と。
しかし「指示していない」と否定される。
「たかが契約社員のことで」と言われ、
「たかが契約社員でも 俺の部下だ。許さない」と言う。

ミンソクとユ本部長は 事あるごとに対立するようになる。
社長命令で一緒に進めることになった Yタワーモールの会議でも。
社長主催のサイクリングでも。

ミンソクは スヨンが気になって仕方がない。
コンビニで働くスヨンを見て 何とかしたいと思う。

ミンソクは スヨンを自分の秘書にしようと決める。
バイト中のスヨンをコンビニから連れ出す。

6

スヨンは 働けないと断り コンビニに戻る。
しかし コンビニはクビになっていた。

スヨンに 母から 連絡がある。
結婚式でソウルに来たから会社に行くと。
仕方なく社員のふりをして母を案内する。
偶然ミンソクに会い、ミンソクにも協力してもらう。

そして スヨンはミンソクから「大変だから 秘書になってほしかった」と言われる。
スヨンは 秘書になろうと決める。

秘書初日。
連絡ミスで ミンソクに 社長同行会議が19時に変更になったと伝わらなかった。
ミンソクは退社した後。
スヨンは スクーターで追いかけ ミンソクを連れ戻す。

スヨンは ユ本部長と食事の約束をしていたことを思い出す。
どういう風の吹き回しか ユ本部長がスヨンを食事に誘ったのだ。
約束したレストランではなく ユ本部長の家で食事することに。
帰りは家近くまで送ってもらい、
プレゼントまで贈られる。
…ユ本部長、ヒョンソクに何か秘密があると知ったから 秘密を聞き出そうとしているのかしら。

ミンソクは ユ本部長とスヨンがデートしたと知る。
ユ本部長に「何を企んでいる。いつから俺の秘書と家に招く仲に?」と聞くと
「説明する必要が?答えたくない。そうだな…告白されて困惑したけど イ本部長がご執心なのを見て興味が湧いた。天然キャラで意外と可愛い」と言われる。

ユ本部長とデートして舞い上がっている様子のスヨン。
ミンソクは スヨンがまた傷つくのではと心配になる。
スヨンにそう言うが、
舞い上がっているスヨンには 通じない。

イライラしているミンソクは ホッケーで喧嘩をする。(いつものこと?)
ユアに辛く当たる。
スヨンがユ本部長に送られて帰宅したのを見て イライラは頂点に達する。

ミンソクは イライラの正体を確かめたくて スヨンを抱きしめる。

7

スヨンは 舞い上がったまま。
ユ本部長が風邪をひいたと聞くと お粥を持っていく。
誕生日には ケーキを作り 料理を作り 祝う。

ところが
ユ本部長から 「イ本部長のメールの内容が知りたい。プライベートのメールは要らない。仕事のメールだけでいい。秘書だからできるだろ?」と言われる。
「スパイはできない」と断ると
ユ本部長の態度が豹変。
「断ると言う選択肢はない。君をクビにすることもできるんだ。契約更新できなかったのはなぜか知っているか?」と言われる。

一度は ユ本部長の家を出たスヨンだったが、
戻ってくる。
ユ本部長に「こんな最低の人間に片思いして 2年間も人生をムダにしたなんて情けない。私が気に入らないならどうぞクビにしてください。ユ・ジヌさん 可哀想な人ですね。自分勝手なクズ野郎だわ」と言い放つ。
ユ本部長は ちょうど ミンソクと 電話していた。
ミンソクも スヨンの言葉を聞く。

8

スヨンは ミンソクに 「ユ本部長が私をクビにしたと なぜ言ってくれなかったんですか?」と聞く。
すると 「どうして言えなかったか自分でもわからなかった。今ならわかる。これが答えだ」と言われ、
キスされる。
「好きな人を傷つけたくなかった」と。

スヨンは ミンソクから 告白の返事をせかされるが…
ついつい ミンソクを避けてしまう。

スヨンは ミンソクに 返事する。
「告白されたからってすぐに… 簡単に人を好きになる女ではありません。もう恋はこりごりです。秘書として見守りますから」

スヨンに ミンソクから 電話がある。
「俺じゃだめか?」と言われ、
答えにつまる。
すると「きっぱり諦めるよ。また明日」と言われる。

翌日。
ミンソクは 何もなかったかのように振る舞う。
拍子抜けのスヨン。
というよりも かまってもらえず寂しい様子。

ミンソクは 会社を休んで 合宿に行く。
キムチーム長は チーム員に 急遽大阪に出張になったと説明する。

大阪で地震とニュースが流れる。
スヨンは ミンソクが心配で仕方がない。
電話をかけるが つながらない。
ようやくつながり 無事だとわかるが、やはり心配。

ミンソクは 合宿を抜け出して ソウルに向かう。
やはり スヨンを諦められない。

スヨンは ミンソクが到着する金浦空港に向かう。
こんなに気になって心配で仕方がないのは好きだからだ と思ったから。
ミンソクに「OK」と返事するつもり。

ミンソクは会社でスヨンを探し、
スヨンは空港でミンソクを待つ。
行き違いになった2人。
携帯電話で連絡し 地元で会うことに。

スヨンはミンソクに
「OKです。本部長が好きです」と言う。

9

ミンソクとスヨンは ラブラブで 幸せいっぱい。

しかし 周りでは 不穏な動きが…
ユ本部長は ミンソクの本部長室に忍び込み パソコンを調べる。
たいしたことは見つからず 閉じようとした時 “兄”から届いたメールに気づく。

社長は ジャンホを知っているらしい。
ジャンホは“イ・ジョンスの運転手”だったらしいけど
イ・ジョンスって 誰?ミンソクの父親?
社長とイ・ジョンスの関係は?

10

スヨンは 社長室に 書類を届ける。
その時 ユ本部長が跪いて社長に頼んでいるのを目撃する。
そのすぐあと 会社から出てきたユ本部長は 明らかに動揺している。
スヨンは 代行運転を頼もうとするが、
ユ本部長が発進しようとしたため 仕方なく 運転して ユ本部長を自宅まで送る。
そして 帰り際 むりやりキスされる。

スヨンは ミンソクには話さなかった。

ところが…
あるパーティで 酔ったユ本部長がミンソクに絡む。
スヨンと何かあったかのように言い 挑発したのだ。
2人は パーティ会場で 取っ組み合いのけんかをしてしまう。

秘密を持つのはよくない。
ミンソクは 高校生であることを打ち明けようと思う。
スヨンを呼び出し 話そうとするが…
スヨンは眠ってしまい 話せなかった。

高校で 三者面談が行われる。
ミンソクは 制服を着て高校にいる。
スヨンは ユアの三者面談のために高校に行く。
2人は 会ってしまう。

11

ミンソクは スヨンに説明する。
「あり得ない」を繰り返すスヨン。
「年齢も名前も嘘だけど 好きな気持ちは本物だ。俺の気持ちを信じてほしい」と言うが、
「全然わからない、信じられない」と言われる。

呆然、唖然のスヨン。
何も考えられない様子。
スヨンとユアの仲も最悪。

スヨンは 本部長室に 退職願を置き、実家に戻る。

ユ本部長は 出社しないスヨンを心配し、会いに行く。
すると ユアから声をかけられる。
「恋人と問題が起きて実家に帰っている。今がチャンスよ」と。

社長は スヨンを辞めさせようと考える。
マズイところ(ユ本部長が母に会ってほしいと頼んでいるところ)を見られたから。
それを知ったユ本部長は 社長に 私が好きな人を辞めさせないでほしい と頼む。

ユ本部長は スヨンに会いに行く。
しかし 母が自殺を図ったと連絡があり 病院に行く。
ユ本部長は 再び スヨンに会いにきて スヨンを抱きしめる。
「僕のそばにいてほしい。冷たくしたことを後悔している」と言うが、
「心の中に他の人がいる」と断られる。

ミンソクは スヨンに会いに行き、
ユ本部長がスヨンを抱きしめているのを目撃する。

ミンソクとユ本部長が スヨンを取り合う。

12

スヨンは ソウルに戻る。
家に帰る途中で ミンソク祖父に会う。
ミンソク祖父を家まで連れて行くと
そこは ミンソクの家だった。
ミンソクから「俺のために辞めることはない。こんな形で辞めたらダメだ」と言われる。

スヨンは出社するが、
ミンソクと距離を置こうとする。

ミンソクは ホッケーで大怪我。
肩を手術する。

ミンソクが 風邪で 会社を休む。
スヨンは心配になるが メールできない。
気持ちを整理するべきだと思う。
キムチーム長に辞めたいと言い、
引っ越しを決める。

ミンソクは 退院するが…
医師から ホッケーはできないと言われる。

苦しむミンソク。
ユアは ミンソクを癒せるのは自分ではなく姉ではないか と思い始める。
姉に ミンソクに会いに行ってほしい と言う。

スヨンは ミンソクに会いに行かない。
引っ越しを進める。
トラックに乗り 新しい家に向かう。
その途中 ミンソクとのことを思い出す。

スヨンは 引っ越しを中止して
ミンソクに会いに行く。
ミンソクを抱きしめ
「大丈夫。大丈夫」と言ってあげる。

13

社長は ジャンホに 会いに行くが、
「二度と姿をあらわさないでくれ」と追い返される。

次に 金と果物を届ける。
すると ジャンホが 会社に来て 突き返される。

その様子を目撃したユ本部長とナム専務。
ナム専務によると…
社長とイ・ジョンスは 会社を共同経営していた。
社長のせいで会社が傾き、イ・ジョンスは自殺した。
母親もなくなり 残された息子は運転手が引き取った。

ユ本部長は イ・ジョンスを調査。
イ・ヒョンソクは イ・ジョンスの息子だと知る。
すぐに 社長に話す。
「入社したのは 何か企んでいるからかもしれない」

ユ本部長の友人ジェジュンの弟が韓国に来る。
彼は イ・ヒョンソクと一緒に仕事をしたことがあった。
ところが イ・ヒョンソク(ミンソク)は ジェジュン弟に会っても 全く気づかなかった。

ミンソクは 高校の制服に着替えて エレベーターを降りる。
ドアが開くと そこにユ本部長がいた。
「隠していたのはこれだったのか。イ本部長は…ミンソク君」

14

ユ本部長は ミンソクを尾行していた。

ミンソクは すぐに キムチーム長、ハン専務、スヨンと 対応策を練るが、
いい案は出てこない。

スヨンは ユ本部長に 内緒にしてほしいと頼む。

スヨンは ユ本部長に ついてきてほしいと言われる。
着いた所は ユ本部長の母のところ。
ユン本部長の母から ネックレスをプレゼントされ、
病院を出た後 食事をする。

翌日 ミンソクは スヨンがユ本部長と一緒だったと知る。
スヨンを責めるが、
“もしかして俺のため?”と思い、
汚い手を使いやがって と怒り出す。

スヨンは プレゼントされたネックレスを返すために ミンソクのマンションに行く。
目の前で ユ本部長が倒れ、
病院に運ぶ。
風邪薬とアルコールを大量摂取していた。
ミンソクを呼び、
2人で ユン本部長を マンションに連れて帰る。

ミンソクは ユ本部長を看病。
ユ本部長のマンションに泊まる。
翌朝 ユ本部長に社長から電話があり
ミンソクは ユ本部長が社長の愛人の子供だと知る。

コンフォはファルベとの提携を進めている。
ミンソクは 実務担当として ファルベの担当者に会いに行く。

15

ファルベの担当者は 兄だった。
ミンソクは 兄から「順調だから 投資金を準備してくれと報告するように」と言われ、
会議で そう報告する。

ユ本部長は 社長に ファルベとの提携を考え直すように言うが、
一蹴される。
そこで 調査のためにドイツに行く。

ミンソクはヒョンソクから 社長が父を死に追いやったと聞かされる。
ヒョンソクがミンソクに話したことは…

父と社長は共同経営していたが、社長は金欲しさに父を裏切った。
父はすべてを失い 信じていたものに裏切られ 自殺した。
弟のために 成功したいと留学したが、次第に 復讐したいと思うようになった。
そこで この計画を立てた。
しかし 韓国に来た時に 友人が殺害された事件でドイツに送還された。
そのため ミンソクに助けを求めた。
容疑は晴れたが しばらく監視がついていた。

ミンソクは 復讐は間違っているのでは と思う。
ヒョンソクから「投資金を手に入れるまで 今まで通りにしていればいい。復讐だけを考えろ」と言われ、
「憎いけれど 間違っている」と反論する。
すると「弱気になるな。僕らの家族を不幸にしたのは誰だ」と言われる。
そして
「火曜日に総会が開かれる。 賛成を投じてくれ」と言われる。

ミンソクは 復讐を止めたい と思う。
社長に復讐するつもりが 従業員を巻き込むことになる。
兄も詐欺罪に問われることになるかもしれない。

ヒョンソクは 予定より1日早く 月曜日に総会を開くよう要請。
月曜日に総会が開かれる。
ヒョンソクは 本物のイ本部長として 総会に出席する。

ミンソクは スヨンから 総会が開かれ兄が出席していると電話をもらう。
急いで会社に向かう。

ユ本部長はドイツから帰国。
総会が早まったと知り 社長に電話するが 繋がらない。
積立金を使うことが可決される。
すぐに ファルベに送金する。

ヒョンソクとミンソクを見て 驚く社長。
ヒョンソクは社長に「あんたはもう終わりだ。俺はあんたが命を奪ったイ・ジョンスの息子だ。復讐のために入社した」と言う。

ミンソクは ユ本部長から 兄さんを説得してほしい と頼まれる。
しかし ヒョンソクはミンソクの話を聞こうとしない。

ミンソク祖父がいなくなる。
ヒョンソクに会うために マンションに行っていた。
ミンソクたちが 祖父を見つけた時 祖父は亡くなっていた。

16

ファルベから 契約を解消し投資金を返還する と連絡がある。

ヒョンソクは ドイツに戻る。

社長は 引退すると決める。
ユ本部長も 会社を辞めることにする。

ユ本部長は 社長の代理で ミンソクに会う。
「株を売却した。お父さんの分だ」と渡そうとするが、
寄付してくれ と言われる。
そして 2人は仲直りする。

ミンソクの肩は スヨンとのリハビリのおかげで 回復しつつある。
ミンソクは 決勝戦に臨む。
勝利するが…
今度こそ 肩はホッケーできない状態になってしまう。

キムチーム長は 本部長に昇格する。
スヨンは 今まで通り 本部長の秘書。
ミンソクは 高校生に戻る。

ミンソクは ヒョンソクから ドイツに来ないかと言われる。

ミンソクは 漠然と不安を感じる。
勉強は頑張ったけれど 成績は伸びなかった。
ホッケーはしていない。
スヨンは仕事で忙しい。
奢りたくても金はない。
話を聞いてほしくて ユ・ジヌに会いに行く。

ジャンホの誕生日
ミンソクは スヨンを招待する。
しかし スヨンは来なかった。

スヨンは 母を迎えに行ったのだった。
スヨン母は バンジージャンプ場を閉めることにしたが 借金が残っていた。
その金を用意するために 親戚のところに行った。
親戚から スヨンに 迎えにくるように電話があったのだ。

ミンソクは 連絡もなくドタキャンしたと スヨンを非難する。

17

ミンソクは テソクから スヨン母の借金のことを聞く。
家の保証金を借金返済に充てるらしい。
ジャンホの誕生日に スヨン母が親戚の家に押しかけて大変だったらしい と。

ミンソクは スヨンに
「父さんと兄貴と3人でドイツで暮らす」と言う。
「私は?待つの?いつまで待てばいい?」と言われ、
「テソクから聞いた。俺はやっぱり高校生だった。勉強しても成績は上がらないし 何になりたいのかもわからない。これじゃ 君のそばにいても何もしてやれない。何もできない自分が情けない。今のままじゃだめなんだ。ごめん」と別れを告げる。

去って行こうとするミンソク。
スヨンは ミンソクを引き止める。
「私はあなたが何もしてくれないくても そばにいてくれるだけで 心強かった。そばにいてくれるだけでいい。お父さんが寂しがっているなら家族になるわ。結婚しましょう」と言う。

“結婚しましょう”
言われたミンソクも
言ったスヨンもびっくり。
ミンソクに そばにいてほしくて 引き止めたくて 思わず出た言葉だった。

ミンソクはスヨンに「結婚しよう」と言う。

スヨン母の借金は解決する。

スヨンは 同僚から ミンソクにとっては結婚よりドイツに行く方いい と言われ
迷い始める。
ミンソクに ドイツに行った方がいいのではと言うが、
ミンソクは “結婚”を選ぶ。

ミンソクとスヨンの結婚式が 行われる。

スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

そうなんですよね~

14話まで見て・・・・かなり視聴意欲が薄れて、別のドラマを見てはまた戻り・・・の繰り返しです。
なかなか最後まで見れずにいます。←かなり気が進んでないです。

評判が良かったようなので、期待だけが大きくて案外、あれっ??な感じのドラマです。面白いんですけど、そんなにはまるほどではないなと。

この脚本家さんが「彼女綺麗」も書いたんですよね。

「プロデューサー」も間もなく終わりますが、毎回、声を出して笑いながら見ています。こんなドラマは久しぶりです。

イ・スンギのゲストの回が特にお気に入りです。

笑えるし、シリアスな場面もあるしでとってもいいドラマだと思います。

ジソプの新ドラマも内容はどこかで・・・な感じですが、やはり俳優が違うと中身も良くなります。
まだ2回ですが、いい感じでした~。


楽しいですよね~~~

専務やチ-ム長そして同僚と会社でのシ-ンが本当に楽しかったです。

イ・ハナさんもチャ-ミングな役でした。

ほんとにサクサク視聴!!

nao さん、こんにちは

14話で中断ですか?
面白かったですが、後半 ダラダラした感じがありましたね。
楽しかったし 観てよかったですが、
おっしゃる通り 嵌るほどではなかったです。

「プロデューサー」楽しみです。
「オー・マイ・ビーナス」ですよね?
シン・ミナさんも好きなので 楽しみです。

木蓮さん、こんにちは

キムチーム長、大好きでした。
ミンソクの友人2人も。
楽しいドラマでした。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング