2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




キミをプロデュース~Miracle Love Beat~(A咖的路)(18)

いきなりの告白。
もしかしたらCDを売るための演技? と思ったけれど
違ったようで…

う…シューユーに告白されたウェイジェンがうらやましい。

そして 相変わらずBSとリーダーが意地悪!  


シューユーとウェイジェンは マーが司会する生放送番組に出演する。
リーダーは テレビに出演したぐらいで残り数万枚が売れるはずはない と静観する。

シューユーは マーから 「CDを売るための秘策はあるか」と聞かれ、
「ない」と答える。
すると マーから「イケメンを10人用意した。1人にキスしたらCD100枚。10人にキスしたら1000枚になる」と提案される。
シューユーは キスしようと立ち上がる。
すると ウェイジェンが それを止める。
「彼が犠牲になるくらいなら 収録をやめる」と。

スタジオを出て 外へ走り出すウェイジェン。
追いかけるシューユー。
ウェイジェンが「私のせいで あなたがバカにされるのは嫌」と言うと
シューユーが「キスするくらいなんでもない」と言う。

自分のために惨めなことはしてほしくないウェイジェンと
ウェイジェンのためならなんでもやるつもりのシューユー。
2人の会話は 段々 愛の告白めいてくる。

ついに シューユーは ウェイジェンに駆け寄り、
「俺は人生を変えてくれた君を大切に思っている。君と関わりたい。俺を好きなら俺から離れるな。一生そばにいてくれ」と抱きしめる。
そして「君が好きだ」と囁く。
愛の告白をされ天にも昇るような気持ちのウェイジェン。
ふと我に返り
「私を助けるための方便ですね。私は大丈夫。3年待ちますから。収録をやめましょう」と言う。

シューユーは ウェイジェンをスタジオに連れて行こうとする。
しかし ウェイジェンは逃げようとする。
シューユーは ウェイジェンを抱きしめて
「離れようとしたら 視聴者の前でキスするぞ」と脅し、
「好きだ」と囁く。
「励ますつもりでも 誤解されますよ」と言われ、
「俺だって誤解されたくない。あの男たちとキスしたくない。俺がキスしたいのは…」と言って ウェイジェンにキスする。

シューユーの告白とキスのおかげで45980枚売れる。
更に 売り上げを伸ばすため 再度キス。
ついに目標達成。
5万2枚売れる。

シューユーは ウェイジェン母から問い詰められる。
「親戚にどう説明したらいいのよ!娘のファーストキスを奪っておいて!」と。
「安心して 僕に任せてください」と答える。
そして いまだに シューユーから告白されたことが信じられないウェイジェンに
「俺と付き合うか?望むなら 俺たちは今日から恋人だ。2人でたくさん話そう」と言い、
帰り際に「寂しがるなよ」と囁く。

シューユーとウェイジェンは 解約のために BS会社に行く。
ところが リーダーから「領収書を見るまで信用できない」と言われる。
会長からは「明文化していない約束に効力はない。道は2つ。違約金を払うか裁判」と言われる。

この様子を見ていたグォ会長は シューユーとウェイジェンに「一緒にBSを倒そう」と言い、
BSに 違約金を払う。

カフェで。
シューユーは グォ会長に断り、席を立とうとする。
と、そこに チエンルイが来て、
グォ会長と話して 話をまとめる。
チエンルイは グォ会長の娘だった

ウェイジェンは ムーチュンとチアオルーの結婚式に招待される。
しかし 結婚式に出席するはずのジアシンのことが気になっていた。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング