2017/10
<<09 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>




上流社会 あらすじ&感想




20代男女の成長ドラマ。

“隣の芝生は青い”
自分の置かれた環境、立場を不満に思い、違う世界に行きたいと願う。
それは どんな環境、立場にいても思う。

環境、立場を比較しやすくするために 財閥の男女2人と庶民男女2人が主役。
財閥は 権力や財力はあるけれど 私生活は常に好奇心の的。
自分に近づいてくる者は 財閥の権力や財力が目的ではないかと疑う。
庶民は 権力や財力がないから財閥に対して卑屈になることがある。

財閥、庶民に限らず 他人の環境立場は 経験したことがないから勝手に考え理解したつもりになる。
4人は 仕事や恋愛を通じて 相手を理解し 成長していく。

若い時は “両親のようにはなりたくない。今自分がいる場所から抜け出したい” と思う。
もがき苦しみながら 自分にとって最良だと思う道を進む。
4人を見ていて“自分もそうだったなぁ”と思いました。
と同時に 4人が 息子娘とダブりました。

このドラマには ジュンギ、チャンス、ユナの3人の母親が登場するのですが。
それぞれ 子供のために良かれと思って行動するけれど
子供と摩擦が生じたりします。
私は ジュンギ母が 夫に愚痴る言葉に 共感しました。
「あなたとの結婚に後悔していない。イエ後悔している。今日はむしゃくしゃしていてあなたに八つ当たりしそう。今日 (家政婦をしている)愛人を羨ましいと思った。お金さえあれば 自分をどんなふうにも飾られて 人に威張られる。そうすればジュンギも好きなように生きられたのに」
世間に恥じることはせず 頑張って子育てして 子供は立派な大人になってくれた。幸せな人生だと思っている。
けれど あの時あーしていれば… こんな両親の子に生まれなければ…と 申し訳なく思うこともあるんですよね。

4人…ソンジュン、パク・ヒョンシク、ユイ、イム・ジヨン…のうち
ジイというキャラクターと ジイを演じたイム・ジヨンさん が良かったからこそ
このドラマはよくなった と思います。

恋人の母親からのいじめに 落ち込みながらも自分を見失わない。自分の意見を主張する。
元気いっぱい だけじゃない。賢さも持ち合わせている。
ジイのファンになりました。
そして こんなジイを演じられたのは イム・ジヨンさんだからかも と思います。

ソンジュンくんは 実年齢に近い役を 同年齢の人たちと演じられて やりやすかったのではないかと思います。

評価は ジイというキャラクターがよかったので ♡4.5 にしました。
ちょっと 甘い…かなぁ。
とにかく このドラマ 好きです。

上流社会 DVD-BOX1 [ ユイ ]

上流社会 DVD-BOX1 [ ユイ ]
価格:12,312円(税込、送料込)



全16話 2015/6/8~2015/7/28 SBS

出演者 : チャン・ユナ・・・ユイ
      チェ・ジュンギ・・・ソンジュン
      ユ・チャンス・・・パク・ヒョンシク
      イ・ジイ・・・イム・ジヨン

      チャン・ウォンシク(ユナ父)・・・ユン・ジュンサン
      ミン・ヘス(ユナ母)・・・コ・ドゥシム
      チャン・ギョンジュン(ユナ兄)・・・イ・サンウ
      チャン・イェウォン(ユナ姉)・・・ユン・ジヘ
      チャン・ソヒョン(ユナ姉)・・・ユ・ソヨン
      キム・ソラ(ユナ父の愛人)・・・パン・ウニ

      チェ・ヨンホ(ジュンギ父)・・・ナム・ミョンリョル
      イ・ミンスク(ジュンギ母)・・・ヤン・ヒギョン

      チャンス母・・・チョン・ギョンス
      ユ・ミンス(チャンス兄)・・・チョン・ソンユン

演出  : チェ・ヨンフン
脚本  : ハ・ミョンヒ「私たち結婚できるかな」「温かい一言」

 1-56-89-1112-1415-16

1-5

4人の恋愛と 財閥の後継者争いが どう絡むのかしら。
ジュンギ&ユナ よりも チャンス&ジイ の今後が気になる。  


ユナは テジングループ会長の娘。兄と姉2人。
兄ギョンジュンと上の姉イェウォンは 後継者の座を争っている。
ユナは 財閥の娘だと隠して ユミン百貨店でバイトをしている。
お金を貯めて家を出たいと思っている。
兄ギョンジュンを慕っていたが、兄が船の事故で亡くなり ショックを受ける。(遺体は発見されていないので 生きているかも)

ジイは ユナの友人。ユミン百貨店でバイトしている。
両親は離婚。
今は屋根部屋で一人暮らし。
貧乏だけど タダで施しを受けるのは嫌だと思っている。
ユナのことは 自分と同じ境遇だと思っている。

ジュンギは ユミン百貨店の代理。
上司であるチャンスに対して 部下と親友をうまく使い分ける。親友同士でいる時も チャンスを立てることを忘れない。
父は警備員をしていたが、体が不自由になり 今は無職。
母は テジングループ会長の愛人宅の家政婦をいている。

チャンスは ユミングループの息子。ユミン百貨店の本部長。
兄には負けたくないと思っている。
ユナとお見合いしたことがあるため ユナの素性は知っているが、
ユナに口止めされる。


ユミン百貨店で出会った4人。
ジイは ジュンギに憧れていたが、
ジュンギがユナを好きになり ユナもジュンギを好きになっているようだと知り、
ジュンギを諦める。

ユナはジュンギに告白し、2人は交際することになる。
そして 兄が亡くなった後 財閥の娘だと打ち明ける。
ユナは ジュンギが自分の素性を知らないと思っていたが、
ジュンギは ユナのことを知っていた。
財閥の世界に入るために ユナを利用しようと考えていた。

チャンスは ジイに惹かれる。
ジイもまた チャンスに惹かれるが、好きになってはいけないと思っている。
財閥の息子と自分とでは立場が違いすぎる。交際=結婚ではないと分かっている。
だから 気持ちを抑えこもうとする。
しかし 抑えられず チャンスと付き合い始める。

6-8

ジュンギとチャンスの仲が怪しくなってきた。  


ジュンギが高校時代の同級生のインターネット記者にリークした記事がでる。
“テジングループの末娘がアルバイト”
この記事で ジイはユナが財閥令嬢だと知る。

ジイは ショックを受ける。
けれど ユナと仲違いするほどではない。
ユナが家族のことを話そうとしなかったから いつか話してくれると思っていたし、
少し前 ユナが「テジングループの…」と言いかけた時 遮ったのは自分。
話そうとしてくれていたと分かっていたから。

「本部長とお見合いできる女になりたい。なぜ恋愛はよくて結婚はダメなの」などと話すジイ。
それに対して ユナは 母から虐待を受けていたことを話し、
「中国に留学してホッとした。家で寂しい思いをするより独りのほうがマシだった。母は精神的に虐待していた。すごく病んでいたけれどジイに救われた」と話す。


チャンスは ジュンギを疑い始める。
まず ジュンギ元カノから 「彼はチャンスさんを友達と思っているかしら。私がふられたのは 私のことを調べて満足できなかったから。彼は利用価値がないと捨てるの」と言われる。
次に インターネット記者から電話があり ジュンギから記事ネタをもらっている と言われる。
そして 調べた結果 インターネット記者がユナの記事を書いたと知る。

チャンスは ユナに 忠告する。
「心を全部上げるな。ジュンギと結婚できるか?ジュンギと結婚したら姉たちが喜ぶぞ。
親に見限られたら俺たちは終わりだ」と。
すると「独立する準備はできている」と言われる。

チャンスは ジュンギを責める。
「ユナの正体を知ってわざと近づいただろう」と。
すると「なぜお前が怒る。お前はよくて僕が逆玉を狙うと不純か?」と言われる。

チャンスは ジュンギを親友だと思い、公言してきた。
それは本心かもしれない。
けれど ジュンギは本心だと思えなかった。
チャンスの言動に 財閥特有の選民意識を感じていた。

チャンスは ジュンギに対して 2人の立場…本部長と代理 を明確にする。

9-11

ジュンギとユナは別れ、
チャンスとジイは チャンス母から別れるようにと 圧力をかけられるけれど…

ユナが 兄から預かった鍵。
それは 兄の部屋の隠し金庫の中にあるケースの鍵だった。
そのケースの中には ユナ名義の株券とUSBメモリが入っていて
USBには 姉が社長をしていたテジン製薬の訴訟に関する資料が保存されていた。  


まずは チャンスとジイ。

ジイは ユナに請われて テジングループで正社員として働き始める。
チャンスから 友達の下で働くのか と辞めるように言われる。
そこで「本部長にとってチャ代理はただの部下?そんな目で?“友達だけど俺の下だ”は失礼よ」と言い返す。

チャンス母は 財閥の母親とまったく同じ行動をする。
ジイに会い 「別れるように」と言う。
しかし チャンスもジイもわかれる気はないと知ると
チャンスに「ホテルの株を渡さない」と言う。
そして 再びジイに会い このことを話す。

ジイは チャンスに「別れる」と言い、
チャンスも同意する。
しかし 2人とも 本心は別れたくない。

チャンスは 母に「ジイとは別れた」と話すが、
ジイとランチする。
すると 母から ジイとランチしている写真を見せられる。
チャンス母は チャンスを尾行させていたのだった。

ジイは 大家から 退去するように言われる。


ジュンギとユナ。
ユナは ジュンギ元カノから「女を財力で選ぶ男です」と言われるが、
無視する。
ジュンギは財閥の娘とは知らずに付き合った と信じていた。

ところが ジュンギが知っていたのでは?と思われる物を見つける。
ジュンギの家に 家族写真と子供の時の写真とお見合いの時に落としたバレッタがあったのだ。
ユナは チャンスとジュンギ元カノの言葉を思い出す。
そして ジュンギに確かめ 知っていたと知る。

ユナは「私の環境が欲しくて近づいたから その環境を利用して倒す」と決心する。

ジュンギは ユナを愛し始めていた。
しかし ユナから突き放されたら従うしかない。

ジュンギは イェウォンに引き抜かれ 転職する。

12-14

ギョンジュンが生きている。

ユナ母は ギョンジュンが生きていると信じ 調査を依頼していた。
自発的失踪(新しい人生を歩むために 今の人生を捨てた)のではないと 報告がある。
ユナ父も 調査を依頼。
生きているギョンジュンの写真が撮られる。  


ユナが ジイの大家を 法的に訴えると脅したため
解約は撤回される。

ジイは チャンスに“もう恋愛映画から抜け出して現実に戻ります”とメールする。
受け取ったチャンスは ジュンギの言葉を思い出す。
「イさんとも結婚できないはずだ。お前のプライドが彼女との結婚を許さない。階級意識をお前は乗り越えられない」と。

チャンスは ジイと別れ 母が選んだ人と結婚すると決める。
そして 母に「僕は母さんを選んだ」と言う。

しかし ジイとの別れは 想像以上に辛かった。
母に「愛がなくても結婚できると思っていたけど できない。死んでも嫌だ」と訴える。


ユナは ジイに ジュンギに騙された と言う。
すると ジイから「あなたも正体を隠したけど 私は責めなかったわ」と言われ、
「あなたのことが好きだったからよ」と反論する。
すると「それは彼も同じ」と言われる。
「彼は愛していないのにキスしたのよ?」と言うと
「最初のキスに愛が必要なの?本当にうぶね。うぶと恋愛したら疲れそう」と言われる。

また 母からは
「あなたは100%純粋な愛を求めているようだけど 企みが愛に変わることもあれば 純愛で始まって何かを企む場合もある。純粋とは最初から不純物がないことじゃなくて 精製の過程で生まれるものなの。不純物が最初からないのは純真と言うべき。純真な人は利用されて捨てられるの」と言われる。

そして チャンスからは
「ジュンギはお前を愛していた。意図が不純でも過程まで不純とは限らないと言っていた」と言われる。

ジュンギはユナから憎まれているとわかっている。
けれど アドバイスしたり 資料を用意したりする。
ユナを心配し、ユナに優しくする。

そんなジュンギに対して ユナは 複雑な気持ちになる。
快く思うけれど 許した態度をしてはいけないとも思う。

15-16

ギョンジュン帰国。

父と意見が合わない。
父には 息子の意見を聞く気持ちがない。
このままで ずっと父に服従していなければならない。
ギョンジュンは そう考えて 新しい人生を歩もうと考えたらしい。
しかし 父が倒れたというニュースを見て帰国した。(帰国させられたのかな?)
会社から離れて 父や姉と戦うつもり。


チャンス母は ジイを呼び出して 「交際していい」と言う。
しかし 断られる。
「嬉しいけれど 一度別れて交際したら別れられなくなる。本当に愛しているのなら身を引けとお母さまがおっしゃいました。いい家の人と結婚して 兄たちに気後れせずに幸せに暮らしてほしいです」と。

チャンスは 交際ではなく結婚すると決める。
母を説き伏せる。


ジュンギは イェウォンから ユナの中国戦略チームをアメリカ戦略チームに統合させるようにと言われる。
ユナが進めている中国進出を潰すために ジュンギが中国出店の契約をしろ ということ。
しかし ジュンギは ユナに協力する。

ユナは 中国出店を成功させる。
ジュンギは 退職する。

ユナは ジュンギに質問する。
「どうしてテミングループに就職したの?」
答えは「君に会いたかったから」
「いつから私を愛していたの?」
答えは…

ジュンギは ユナを連れて ユナがチャンスとお見合いしたホテルに行く。
今思えば 初めてユナを見た時に惹かれたのかもしれない と思う。
ジュンギはユナに「愛している」と言う。

1年後。
2人は チャンス別荘に集まる。
チャンスとジイは結婚。ジイは妊娠している。

ジュンギはユナにプロポーズする。


関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

それぞれですね~

私も最近、やっと見ました。見る機会ないし消そうかとずっと悩んでて。でも人に勧められて、それならと。。。

個人的には普通のドラマでした。(^-^;

ジイが好きという評価が高くて、主役よりこの二人に思い入れがあるという声を多く聞きますね~。確かに、後半はこっちが主役でも良かったんじゃない??と思うこともありました。


このドラマをイマイチという方は「相続者たち」の逆バージョンで、セリフも新鮮さがない・・・という感想みたいです。言われてみれば・・・という気もします。

ソンジュン目当てで見始めたドラマでしたが、チャンスがなかなかステキでした。

ドラマって、評価が分かれることも多いですよね~。

「太陽の末裔」が6月放送で楽しみです。

これすごくいいです。ジュンギとソン・ヘギョがとてもステキで。映像もきれいだし、目の保養にもなるしときめくし。。。^^

naoさん、こんにちは

> このドラマをイマイチという方は「相続者たち」の逆バージョンで、セリフも新鮮さがない・・・という感想みたいです。言われてみれば・・・という気もします。

「相続者たち」を観ていないので 新鮮だったのでしょうか?
ジイを特別に好きにならなかったら 普通のドラマだったと思います。


> 「太陽の末裔」が6月放送で楽しみです。
> これすごくいいです。ジュンギとソン・ヘギョがとてもステキで。映像もきれいだし、目の保養にもなるしときめくし。。。^^

気になっているドラマです。
製作費がかかっているらしいので こけたら嫌だなぁ と思っていたのですが、
大丈夫そうですね。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング