2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




雲中歌~愛を奏でる~(大漢情縁之雲中歌)(1)(2)

雲歌・・・楊頴
劉弗陵・・・陸毅
劉病已・・・陳暁
孟珏・・・杜淳


「風中の縁」の続編。雲歌は莘月の娘という設定だそう。
「後宮の涙」の高湛役の陳暁さんが出演しているのも楽しみ。  


漢 武帝の時代。
武帝は 側近の罠に嵌り 皇太子が自分を呪い殺そうとしていると思い込む。
皇太子 劉拠とその母 衛皇后を殺害する。

この時 側近の孟氏は 皇太子の孫 劉詢を救うため 自分の次男を替え玉にする。
孟子の長男である孟珏は 第六皇子 劉弗陵を見て「奴の父の敵だ」と思う。

また 武帝は このようなことが起こらないために 外戚の力を削ごうと 次の皇太子 劉弗陵の実母を殺す。

劉弗陵は趙じいと旅をしていて 砂嵐に遭う。
気がついた時 そばに女の子と白いオオカミがいた。
「趙陵」と自己紹介すると
「雲歌」と名前を教えてもらう。

劉弗陵と趙じいと雲歌は 再び竜巻に襲われる。
仮面をつけた女性に助けられ、無涙城に行く。
ここで 雲歌は 仮面の女性に殺されそうになる。
劉弗陵と趙じいと少年に助け出され、
城を出る。

少年は「求生」と自己紹介する(本当の名前は 孟珏)
彼は 翌日 “民を思う約束を忘れるな”と残していなくなる。

3人は砂漠を抜ける。
別れの日が近づく。
劉弗陵は 雲歌に「いつでも会えるように一緒に長安に来てほしい」と頼む。
すると「母から中原に入ってはいけないと言われている」と断られるが、
「大人になったら会いに行くと約束する」と言われる。
そこで 下げ飾りを渡す。
「長安城の門番に見せれば会える」と。
代わりに 雲歌から 靴を渡される。

翌日 劉弗陵は 別れる間際に「趙は母の名前。長安では劉と名乗っている」と言う。

雲歌は 劉弗陵と別れた後 兄に会うために市場に。
そこで いじめられている求生に再会する。
雲歌は 求生に 医者に診てもらう金にしてほしいと 靴を渡す。

9年後。
雲歌は 両親から 結婚するようにと言われる。
今まで何人もの求婚者がいたが、両親は 今日訪れた求婚者を気に行ったらしい。
「私には陵兄さんがいる」と言って 下げ飾りを見せると、
父から 下げ飾りを奪われてしまう。

雲歌は 家族に黙って 家を出る。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング