2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>




琅琊榜~麒麟の才子、風雲起こす(琅琊榜)(20)

突然の出生の秘密。
蕭景睿が可哀想。
実父は現れちゃうし、
父だと思っていた人に殺される運命だったと知っちゃうし、
散々。  


蕭景睿の誕生会が開かれる。
宮羽は 琴を奏でてほしいと頼まれ 出席する。
梅長蘇、蒙大統領、夏冬ももちろん出席する。

宴に 招待していない3人が乗り込んでくる。
岳秀澤、南楚の陵王、宇文念。

まず 岳秀澤が卓鼎風に戦いを挑む。
蕭景睿の父は つまみだそうとするが、卓鼎風は岳秀澤の挑戦をうける。
卓鼎風は 太監殺しの証拠を見せないように戦う。

次は 宇文念。
宇文念は 蕭景睿に向かって「お兄様、私は念。お父様もお待ちです。私と南楚に戻ってください」と言う。

陵王は 蕭景睿の母に
「叔父 晟王 宇文霖の娘 宇文念です」と宇文念を紹介。
「20数年前に叔父がお世話になったとか。長公主が身重と聞き 叔父は去るのを拒みましたが、亡き皇太后により引き離されたのです。以降 叔父は長公主を忘れることなく 息子のことも思い続けていました」と言う。
宇文念は「お兄様を私たちに返してください」と頼む。

ショックを受ける蕭景睿。

と 宮羽が笑いだす。
「我が一族が悲劇に襲われた理由がようやくわかったわ。なぜ父が殺されたかわかりました。父はいわくつきの子を殺すように命じられたのに 卓家の子だけしか殺せなかった。父は仕損じたんですね」と。
すると 寧国候が宮羽を殺そうとする。
それを卓鼎風の妻が止める。
「話を聞きたい」と。
宮羽は「死んだ赤子の眉間には赤い痣があった。長公主殿は 夫が我が子の命を狙っていると知り 苦しんでいました」と言う。

寧国候は 兵を招集。
宮羽を殺そうとする。
卓鼎風が止めようとするが…
寧国候は 卓鼎風も殺そうと考えていた。

梅長蘇は こうなることを予想して準備していた。(というか すべてが梅長蘇の計画通り)
寧国候府の外では 誉王の軍が待機していた。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング