2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




女医明妃伝(11)(12)

朱礽鈺と允賢は 結婚の約束をしたけれど…
反対されそう。

朱礽鈺の母と皇太后は 汪美驎と結婚させようと思っている。
朱礽鈺の母は 朱礽鈺を尾行させて允賢と会っていると知ると
「未来の皇帝が 妖女の手に落ちたなんて…」と怒る。

一方 朱礽鎮は允賢の仲は…
朱礽鎮は允賢のことを好きだけれど 結婚できないと思っている。
允賢も 既婚者だと知っているから 結婚相手とはまったく考えていない。
でも…
允賢は 朱礽鎮といる時の方が 朱礽鈺の時より 楽しそうに見えるのだけど…
恋愛対象として意識していないからこそ 素でいられるのかしら。  


朱礽鎮は 抗綱を四品将軍に封じる。
しかし 抗綱は 全くうれしくない。
娘のおかげで昇格した、娘は男女を問わず診療したそうだ、もしかして朱礽鎮に見初められたのでは、
耐えられない噂を立てられたから。

抗綱は 允賢の結婚を急ぐ。

允賢は 朱礽鈺への返事に悩んでいる。
そんな時に 父から むりやり結婚されそうだと知る。
まず 静慈師太に助けを求める手紙を書く。
そして 朱礽鈺に相談しようと 赤い手巾を掛ける。

大喜びで 允賢に会いにくる朱礽鈺。
允賢は朱礽鈺に事情を話す。
すると「すでに手を打っている」と言われる。
朱礽鈺は 世話人に 3年間は結婚できないように と頼んでいた。

允賢は 朱礽鈺に 出会った時から好きだったと告白。
2人は 結婚の約束をする。

静慈師太は
允賢の縁談は 自分がまとめる、
允賢に郷君の称号を授けることになった、
と 抗家に返事する。

朱礽鈺は 朱礽鎮から「汪国公の娘 汪美驎がお前に嫁ぎたがっている。娶れ」と言われ、
「実はすでに大切な人が」と告白する。
しかし 名前は言わなかった。

允賢は 朱礽鈺から“元宵節に会おう”と手紙を受け取る。

新年を迎える宴で
朱礽鎮は 皇太后と言い争いになり 席を立つ。
町に行くが、
酒楼はどこも閉まっている。
あてもなく歩き、抗家の前を通りかかる。

朱礽鎮は 允賢から 酒と食事を振る舞ってもらう。
今までで最高の年越しを過ごす。
そして 「元宵節に王家の走馬灯を見に行こう」と約束して別れる、

元宵節。
允賢は 約束の場所で朱礽鈺を待つが 来ない。
朱礽鎮との約束を思い出す。

結局 允賢は朱礽鎮と過ごすことに。
允賢は なぞなぞの景品で 竜と鳳凰が描かれている玉の腕輪をもらう。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング