2017/10
<<09 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>




華麗なる誘惑(1)

シン・ウンス・・・チェ・ガンヒ
チン・ヒョンウ・・・チュ・サンウク
カン・イルジュ・・・チャ・イェリョン

カン・ソクヒョン(イルジュ父)・・・チョン・ジニョン
クォン・ムヒョク(イルジュ夫)・・・キム・ホジン
カン・イルド(イルジュ異母兄)・・・キム・ボブレ
イ・セヨン(イルド妻)・・・パク・ジョンア
カン・ユギョン(イルド娘)・・・ユンス
カン・イルラン(イルジュ義母姉)・・・チョ・ヨンナム

クォン会長(太平洋日報の社主)・・・キム・チャンワン
クォン・ジュンヒョク(ムヒョク兄)・・・チョ・ヨヌ

ヒョンウ父・・・キム・ビョンセ
ヒョンウ母・・・ナ・ヨンヒ

ホン・ミョンホ(ウンス夫)・・・イ・ジェユン
ホン・ミレ(ウンス娘)・・・カル・ソウォン
ウンス父・・・チョン・インギ
ウンス母・・・キム・ミギョン
ウンス弟・・・キム・ヒョンギュ

ウンス子役・・・キム・セロン
ヒョンウ子役・・・ナム・ジュヒョク
イルジュ子役・・・キム・ボラ



2009年.

身重のシン・ウンス。
夫と休暇を過ごしている。
遊園地から別荘に戻る途中 夫の乱暴な運転に驚く。

夫は 何者かに脅されている様子。
別荘から出て、
どこかに電話をかけた後 車ごと崖下に落下する。

ウンスは 夫と共謀して20億ウォンを横領したとして
逮捕され取り調べを受ける。
その最中 陣痛が始まり 女の子を出産する。

夫と思われる遺体の一部が発見される。

ウンスは 懲役1年の判決をうける。


2015年.

チン・ヒョンウとカン・イルジュは 2人だけの結婚式を挙げる。
そこに カン・イルジュの父カン・ソクヒョンが来る。

ソクヒョンは 2人の結婚に反対。
娘を連れ戻しに来たのだ。
ソクヒョンは 娘を太平洋日報クォン会長の息子クォン・ムヒョクと政略結婚させようとしていた。

イルジュは 父に ヒョンウを愛していると訴えるが、
「ヒョンウが永遠に帰ってこなくてもいいのか」と脅されては
諦めるしかない。


ウンスは ホテルと焼肉店を掛け持ちで働きながら 娘ミレを育てている。

ある日 ウンスは おかしな電話を受ける。
“ホン・ミョンホさんが事故で亡くなったと信じていますか?ミョンホさんのことが気になるなら メールを見てください”

ウンスが メールを読むと (メールにはウンスが高校生時代のある事件の資料の写真が添付されていた)
すぐに電話がかかってくる。
“カン・ソクヒョンの書斎の右の4番目。結婚式が始まる11時までです”と。

イルジュとムヒョクの 顔合わせ食事会が開かれる。
ヒョンウは拉致されたまま。
ヒョンウは ソクヒョンに電話し、「イルジュを諦める」と言う。
また イルジュには「僕たちはここまでにしよう。けれど僕はいつも君のそばにいる」と言う。

イルジュとムヒョクの結婚式が行われる。
ウンスは スタッフのバイトとして 屋敷内にいる。

ウンスは ソクヒョンの書斎で 電話の男が指示した本を開く。
その本に挟まれていた紙。
それは 高校生の時にウンスが見たことがあるもの。
そして 夫とソクヒョンが並んで写っている写真を見つける。
6年前のあの日 ソクヒョンを目撃したと思い出す。

書斎を出たウンスは イルジュとヒョンウがキスをしているのを目撃する。
イルジュとヒョンウは ウンスの高校時代の知人。
かつては ウンスとヒョンウが恋人関係だった。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング