2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>




花じいさん捜査隊 あらすじ&感想




突然 老けてしまった刑事たちが 元の姿に戻ろうと奮闘する話。
警察が舞台ですが、
ミステリー ではなく コメディ。
ミステリードラマとしては お粗末。

けれど 楽しく観れました。
久々の キム・ヒチョル君を 満喫しました。

花じいさん捜査隊 DVD-BOX [ ヒチョル ]
価格:12597円(税込、送料無料)




全12話 2014/5/9~2014/7/25 tvN

出演者 : イ・ジュニョク・・・イ・スンジェ/チェ・ジニョク
      ハン・ウォンビン・・・ピョン・ヒボン/パク・ミヌ
      チョン・ガンソク・・・・チャン・グァン/パク・ドゥシク
      パク・ジョンウ・・・キム・ヒチョル
      チョン・ウンジ・・・イ・チョヒ
      キム・ヨンチョル(チーム長)・・・キム・ウンス

      チェ・ジェウク部長・・・キム・ビョンセ
      パク・ジヌ長官(ジョンウ父)・・・シン・グィシク

      チョン・ヘジン・・・パク・ヒョジュ
      パク・テミン・・・イ・ギウ

演出  : キム・ジニョン
脚本  : ムン・ソニ「変わった嫁」「愛もリフィルできますか」ユ・ナムギョン


 123456789101112

1

経営者の失踪が相次いでいる。
先鋭の刑事(実は問題児?)を集め 捜査隊が編成される。
集められたのは
ハン・ウォンビン、チョン・ガンソク、イ・ジュニョク、パク・ジョンウ、チョン・ウンジ。そして キム・ヨンチョル チーム長。

失踪していた経営者の一人キム・グァンイルが遺体で発見される。
グァンイルは3か月前に失踪したのだが、
たった3か月で 驚くほど老けていた。

ハン・ウォンビン、チョン・ガンソク、イ・ジュニョク、パク・ジョンウは
グァンイルが経営していた自動車工場に行く。
そこで見たものは 水槽に入った2人の男。

水槽の中の男は 老人。
しかし 水槽に貼られた彼らのプロフィールからすると 彼らは20歳代。
“こんなことがあるのだろうか”と思いながら
4人は 2人を助けるために 水槽に入る。
そして…
水槽から出たハン・ウォンビン、チョン・ガンソク、イ・ジュニョクは
なぜかおじいさんになっていた。

工場の責任者だったチョン・ミョンウに会いに行く。
家には 息子と名乗る男がひとり。
たばこの吸い殻から“チョン・ミョンウはもしかすると若返りの薬を飲んだのでは?”と思う。
問いただすと 息子と名乗る男が逃げ出す。
息子と名乗る男=チョン・ミョンウを逮捕。
したかに思われたが…
ミョンウは 狙撃され 亡くなる。

2

花嫁チャン・ヨンミが失踪。
ところが 花嫁も花婿も遺体で発見される。

3

失踪者の一人だったイ・ジュウォンが逮捕されていた。
ジョンウが 取り調べしようとすると
「ミホ製薬のハン・ソリ会長を助けろ。そうすれば お前だけが老化しなかった理由を教えてやる」と言われる。

ハン・ソリは 幽霊に悩まされていた。

ソリの件を解決。
ジュウォンに話を聞きに行こうとするが
ジュウォンは 首を吊って自殺していた。
自殺する前 ジュウォンは チェ・ジェウク部長に囁かれていた。

4

ホテルの料理長マイケル・キムに脅迫状が届いた事件。
収録中に毒殺される。

ジュウォン取調室の映像を見直すと
ジュウォンが 自殺する前に 机を叩いてモールス信号を送っていたことがわかる。
“MOLE”=モグラ=“スパイ”の隠語。

5

ジュウォンのパソコンのメール履歴から
“ロッシュ”という会社が浮上。
潜入捜査を行うことに。
ところが その会社で殺人事件が起こる。

“ロッシュ”の社員チョン・ヘジンは ジュニョクらに秘密捜査員だと明かす。
しかし 実は“ゴールドフィッシュ”の者だった。

6

ハン・ソリから会いたいと連絡がある。
「イ・ジュウォンからオルゴールが送られてきて 刑事に渡して口外するな」とあったと。
ジュニョクが預かる。

カン・ソリのシン マネージャーが殺される。

ウンジが誘拐される。
「イ・ジュウォンのオルゴールを持って来い」と言われる。
オルゴールと引き換えに ウンジを救出する。

7

オルゴールにGPSをつけていた。
犯人は ソウル地方検察庁の中にいた。
捜査班の部屋のドアまで来たが…
逃げてしまい 姿さえ見れなかった。

ウンジは モツ焼きの匂いが残っていることに気づく。
高価な炭を使って焼いた匂いだった。

露出狂パク・ヨンギルが 殺害される

ウンジは 毎晩 持つ焼きを食べ続け
店を特定する。
店の予約者リストに チェ・ジェウク部長の名前があった。

8

テホグループのチョ会長が亡くなった というニュースが流れる。

ジュニョクの妹スジョンが拉致され、
チョ会長の遺体を要求される。

犯人が乗り捨てたと思われる車が発見される。
犯人は 近くの精神科の病院に行ったと思われたため
ウォンビンが 患者になりすまして潜入する。

ウォンビンは チェ部長が女性患者に会っているのを目撃する。
女性は チェ部長の妻らしい。(見た目は 母親と言ってもおかしくない)
チェ部長は 妻に オルゴールを見せる。

一方 ジョンウたちは チョ会長の遺体を手に入れることに成功する。
ところが チョ会長は生きていた。
チョ会長は“ゴールドフィッシュ”の顧客だった。

チョ会長によると…
“ゴールドフィッシュ”の仕事はタイムビジネス。
人の時間を逆行させたり奪ったりできる。
済衆院の学生だったパク・テミンが抗日のために研究を始め、
若返りと老化を可能にする薬を完成したのだった。
パク・テミンは 今もまだ生きているらしい。

ジュニョクは チョ会長を連れて 取引の場所に。
チェ部長が スジョンを連れてくる。
無事 人質を交換したが…

スジョンは 何かの薬を注射されていた。
そこで ジュニョクは 解毒剤を手に入れるために
ウォンビンに チェ部長の妻を連れてこさせる。
ところが ウォンビンが 裏切り、
ジュニョクを撃つ。

9

ジュニョクは 元の若い姿になる。
ところが 再び おじいさんに。
チェ部長に文句を言うと
「完全に若返るとは言っていない。お前をまだ信用できない。ガンソクとウンジをお前の手で始末してくれ。そうすれば信じる」と言われる。

ジョンウたちは “ウォンビンもゴールドフィッシュでは?”と疑い始める。
しかし ウォンビンは ゴールドフィッシュを調べるために チェ部長の仲間になったふりをしていたのだ。
ジュニョクもスジョンも 生きていた。

画家のアオキ・シンタロウが “ゴールドフィッシュ”の顧客らしい と情報を得る。
そこで ジュニョクがアオキ・シンタロウになりすまして “ゴールドフィッシュ”に接触する。
しかし チェ部長にばれていた。

チェ部長は 本物のアオキ・シンタロウを人質にして “ゴールドフィッシュ”に若返りの薬を要求する。
チェ部長の妻は ジュニョクたちと同じように 寿命を奪われていた。

ジュニョクたちは「まずは“ゴールドフィッシュ”を捕まえて その後薬を奪えばいい」とチェ部長を説得するが、
信じてもらえない。
そこに ヘジンが チェ部長の妻を人質にして 現れる。
チェ部長は“ゴールドフィッシュ”に撃たれて 亡くなる。

ジョンウは チェ部長から 亡くなる前に「ひとりだけ年を取らなかったのは 寿命が残っていなかったからだ」と言われる。

ジョンウは 地下鉄の広報誌に“ハン・ジョンウがパク・テミンを捜しています”と広告を出す。
すると 捜査班に パク・テミンが現れる。

10

パク・テミンと名乗った男は アレックス・パク。
アメリカから来た特使。
“ゴールドフィッシュ”をアメリカと共同で捜査することになり
協約に調印するために来たのだ。
3日後には 帰国する予定。

捜査班は チェ部長の妻から オルゴールを受け取る。

捜査班は パク・テミンから チョン・ミョンウ家にあった古文書の残りの3つを探すように言われる。
「そうしなければ 僕を逮捕することも 解毒剤を手に入れることもできない」と。

ジョンウは すい臓がんで 余命3か月と診断される。

イ・ジュウォンの貸金庫の中の金庫に 古文書の2つが入っていた。
また 写真も入っていた。
男性2人と女性1人。
裏に“パク・テミン、チョン・ヘジン、ミン・ヒョンチョル”と書いていた。
“チョン・ヘジンは“ゴールドフィッシュ”だったのか”と驚く捜査班。
ヘジンを利用しようと考える。

写真のひとり ミン・ヒョンチョルはヘジンの婚約者で作家。
彼は亡くなったことになっていたが、
ミン・ジェウンという名で 作家を続けていたと思われる。
ヒョンチョルは パク・テミンによって寿命を奪われたため 別の名で作家を続け、
数年後亡くなったのだ。
なぜ パク・テミンが ヒョンチョルの寿命を奪ったか…
ヘジンを利用するためにはヒョンチョルと結婚してほしくなかったのだ。

ヘジンは 捜査班から このことを聞かされ ショックをうける。
残りの古文書と医療日誌を 捜査班に渡す。
この古文書には 脳の寿命を止める方法が書かれていた。

捜査班は 古文書をもって パク・テミンに会いに行く。
ところが 待っていたのは 亡くなっているヘジンと トランクの中に婚約者ユラとウジン。
ユラとウジンは 薬を打たれていた。
しかし 解毒剤は 1人分しかなかった。
ジュニョクは ウジンに注射する。
ユラには 病院で スジョンの時と同じ解毒剤を打つ。

ジュニョクに パク・テミンから電話がある。
パク・テミンは ジュニョク家にいた。

11

ジュニョクは パク・テミンの目の前で 古文書を燃やす。
「公式は頭の中に入っている。家族に手を出したら 俺は自殺する」と。

パク・テミンを ヘジン殺害容疑で逮捕する。
しかし パク・テミン脱走。
手助けしたのは ジョンウ父だった。

ジョンウ父は パク・テミンから ジョンウが余命3か月と聞いた。
息子の寿命を延ばすための薬と交換で パク・テミンを脱走させたのだった。

ジョンウは パク・テミンから「薬を渡すから公式を持って来い」と言われる。
ジュニョクに公式を受け取り パク・テミンに会いに行く。

実は ジュニョクも来ていた。
ジョンウは 薬を受け取るために会ったのではなく 逮捕するために会ったのだった。
ジョンウは 自分に向いているパク・テミンの銃口を自分に引き寄せ 引き金を引く。

12

ジュニョクは パク・テミンから「長官のところに急いだほうがいい」と言われる。
行ってみると
長官は 殺されていた。
そして すぐに警察が駆けつけ
ジュニョクは 長官殺害容疑で逮捕される。

ジュニョクは脱走。
長官殺害犯が 精神科の病院の医師チャーリー・ジョンだと知り
会いに行く。
「パク・テミンの居場所はどこだ」と聞く。
すると「故郷の家」と言われる。
そして 医師が 泡を吹いて亡くなる。
今回も すぐにパトカーのサイレンが聞こえてくる。

ジュニョクは パク・テミンに会いに行く。
ウォンビンとガンソクもくる。
やはり 今回も 警察の到着が早い。

ジュニョクは パク・テミンを人質に取り 逃走。
橋の上で 車を降り、
薬の在りかを聞き出そうとする。
しかし「今頃は空を飛んでいるかもしれません」と言われる。

ジュニョクは 落ち着いて考える。
薬は 医師の棺の中だと気づく。
警察が来たため
ジュニョクは パク・テミンを撃つ。
すると 刑事から腕を撃たれ 川に落ちる。

1年後。
ウォンビンとガンソクは 元の姿に戻っている。
ジョンウは 生きている。
ジュニョクの姿は ない。
ジュニョクは 中学生になっていた。


スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
視聴中のドラマ
被告人(全18話)

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて(寂寞空庭春欲晩)(全40話)
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング