2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>




記憶(7)-(10)

テソクは ヨンジュに すしを買って帰ると約束する。
しかし 買ったのはドンウが好きなエビのすし。
それを持って ウンソン家に行ってしまう。

その後 テソクは ヨンジュに弱音を吐く。
「有名な外科医の友人は多いが 誰も俺の病を治せない。がんなら手術でも放射能治療でも受けるのに。なにもできなくてもどかしい。頭は記憶を消していくのに 心は逆に掘り起こす。忘れたくない記憶は頭が消して 忘れたい記憶は心が覚えている。頭の病気なのに胸が痛い」と。
治す術がないというのは辛い。 


テソクの近くにいる者たちが テソクの様子がおかしいことに 気づき始める。
ソンファは 直接ヨンジュに聞き、アルツハイマーだと聞く。
チョン弁護士は ソンファに確かめようとするが 確かめない。
ジョンウは 母に確かめようとも思うが、聞かない。


ドンウの事故の件は…
スンホは 両親の呵責に押しつぶされそう。
ドンウ事故の件で ウンソン、カン検事に手伝わされるのも辛い。
しかし 罪の告白は許されない。
父に相談しても祖母に相談しても「あなたは十分に償った」と言われておしまい。

スンホの罪を知っているのは 家族と刑事だけではなかった。
スンホの友人ヒョヌクも知っていた。

ヒョヌクは ドンウ事故の記事を書いた記者に電話する。
事故を目撃した と。
記者は カン検事に連絡。
電話した公衆電話近くの防犯カメラから 電話した男を特定する。
しかし 帽子を被っているため 顔が分からないし、
ハンカチをして受話器を持っているから 指紋も取れないため
誰なのかはわからない。

テソクも その防犯カメラの映像を見る。
最初は気づかなかったが、
事務所内のトイレで会った男だと気づく。
防犯カメラや 訪問者リストや 目撃情報から
イ代表を訪ねてきた と知る。
ヒョヌクは 金が欲しくて イ代表を訪ねたのだった。

テソクは またもや シン副社長の依頼を受ける。
今度は 離婚。
妻がDVを訴えているらしい。
テソクは 事務所のために引き受けざるを得ない。しかし 本当は受けたくない。妻に同情している。
そこで 全力を尽くして負けよう と考える。
チョン弁護士に 密かに 妻の弁護士に協力するようにと言う。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング