2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




記憶(11)(12)

家族を遺して逝く のも辛い。
けれど もしかすると
家族の負担になることの方が もっと辛いかもしれない。

テソクが道に迷った時迎えに行ったジョンウ。
父をフォローするジョンウが 良い子すぎてせつない。 


テソクは テソク父が殺人犯と疑われた事件の犯人から
「息子チョン・ミンギュの行方を捜してほしい」と頼まれていた。
その件で キム刑事に会う。
彼の話による…

チョン・ミンギュは 麻薬で逮捕された時 希望スーパー殺人事件の真犯人を知っていると証言した。
その時「金持ちは無罪になる…」とも言っていた。
ところが その後 チョン・ミンギュは証言を覆した。
チョン・ミンギュは起訴されず 再犯の恐れなしとして釈放された。
そして その3日後行方がわからなくなった。
また 希望スーパー殺人事件の犯人とされているクォン・ミョンスの事件の担当検事がイ代表で、
チョン・ミンジュを不起訴にした検事がハン弁護士。

テソクは クォン・ミョンスの一審の弁護を担当した。
クォン・ミョンスは無罪を主張したが 信じなかった。
クォン・ミョンスの面談のためにドンウを迎えに行くのを忘れた。そのためにドンウは事故に遭い亡くなった。
テソクは そのイライラのせいで クォン・ミョンスの主張を聞こうとしなかったのかもしれない と思う。

ヒョヌクが発見される。
首つり自殺。
遺書に 轢き逃げにしたと謝罪する言葉が書かれていた。

納得できないテソクは 解剖を要求する。

テソクは ヒョヌクのことを考えていて
ふと スンホの顔が浮かぶ。
そこで スンホに会うと
「僕のせいだ。あの時告白していたら ヒョヌクは生きていた。昔事故を起こし被害者がドンウだと知った。誰かに言って楽になりたいと言っていた。自首を勧めたけれど 勇気が出ないと言っていた」と言われる。
…さすが イ代表の息子。スンホは すらすらと嘘をつく。

ヒョヌクが ドンウ事故の前に腰を怪我して入院していたことがわかる。
腰を痛めたばかりで運転するだろうか…?と思う。
そして 罪滅ぼしのために自分はイ代表に雇われたのかもしれない と考える。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング