FC2ブログ
2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>




客:The Guest(9)(10)


9-10

ユンは ソユンに悪魔祓いをする。
最初は 失敗するが、
2度目に 成功する。
ファピョンと巫師が ソユン父が隠していたもの…包丁…を見つけ 割ったことで
力が弱まったのだ。

ソユンに 憑りついていたものは パク・イルドではなかった。
ところが ソユンが 片目の男の人(パク・イルド?)を見たことがある と言う。
父と一緒に車で出かけた時 父が排水路の中で会っていた と。

そこで ユンは ソユンをパク議員に会わせる。
しかし ソユンによれば
パク議員に憑りついているのは 制服を着た女子学生だった。
では ヒョンジュ殺害の目撃者が亡くなったのはただの偶然なのだろうか と疑問に思う。

パク議員は 排水路に行き パク・イルドに会う。
これまでのことを感謝し、
3人が邪魔 と話す。


ファピョンは ユンに チェ神父の遺品を見せてもらう。
その中に 父の指輪があった。
そこで 祖父に 父の行方を聞くが わからず、
ギルヨンに頼む。

ファピョンは 父を見つけるが
怖がられ 逃げられる。

ユンが ファピョン父に会うことにする。
ファピョン父が話したことによると…
ファピョン父は 自殺しようとしたチェ神父を助けようとしたが できなかった。
その時に 指輪が落ちたと思う。
最期に「次はお前の息子だ」と言われた。
ファピョン父は パク・イルドを捜し続けていた。

ユンとギルヨンは ファピョン祖父に会い、
60年前にパク・イルドに憑りつかれた人のことを 聞く。
次に 60年前に憑りつかれた人…イ・チョリョンを知っている人を捜す。

ファピョンは 父に会いに行く。
やはり 怖がられる。
ファピョンにパク・イルドが憑りついている と思っているのだ。
なぜ 思っているのか…
それは チェ神父から
「俺はパク・イルドではなくパク・イルドの手下。パク・イルドはお前の家にいる」と言われたからだった。


ファピョンは ユンに電話。
父から聞いたことを話す。
そこで それぞれ ファピョンと誰がいたのか確認することに。

父には ファピョンが聞く。
ファピョン父は
「家には俺とお前と父の3人。父からファピョンを殺すように言われ ファピョンの首を絞めた」 と言う。

ファピョン祖父には ユンとギルヨンが聞く。
ファピョン祖父は
「親戚に相談に行った。息子とフォピョンだけが家にいた」と言う。

ユンは 司祭に ファピョン父から聞いたことなどを話す。
すると 自分も含めてファピョン、祖父、父を疑ったほうがいい と言われる。

ファピョンは 祖父に会いに行く。
しかし 祖父は不在。
バスに乗れないはずの祖父が バスに乗って出かけている と知る。
すると 父から電話がある。
「パク・イルドが誰かわかった」と。


ファピョンは 父に会う。
すると パク・イルドは父だった と言われる。
「俺のところに会いに来た。桂陽辰の外には出られないのに 俺のところに来た。人が変わったんだ」と。
そして「今すぐ逃げよう」と言われる。
そこに 大家が 電話がかかってきている と来る。
電話から戻って来た父は 豹変していた。
いつの間にか 憑りつかれていた。

web拍手

客:The Guest(7)(8)


7-8

パク・イルドに憑依された者…キム・ヨンス、チェ・ミンサン、キム・ユニ…
“分かち合いの手”を通じてパク議員と関係がある。
ファピョン、ユン、ギルヨンは
パク議員にパク・イルドが憑依している と思う。
パク議員が埋めたヒョンジュを確認に行ってユン兄と会い、パク・イルドに憑依されたのでは と。

しかし 司祭によれば その憑依は完全憑依の状態。
十字架にも祈りにも反応しない。
ある程度は耐えられるのだ。

憑依されていれば右目が見えないはず。
ファピョンは 確かめようとしてパク議員に迫る。
しかし 確かめることはできなかった。
ファピョンは 逮捕される。
釈放されるが、パク議員の尾行がつくようになる。


ヒョンジュ殺害の件は
当時の学校の警備員だったキム・ソノクとヒョンジュの友人ハン・ジミンの話から
パク議員が犯人だと確信する。
しかし パク議員の罪を明らかにすることはできなかった。
ソノクがジミンを殺害し 眼を刺して自害する という悲しい結末になる。


ファピョンは 祖父にお祓いを頼んだ人の孫ソユンに会いに行く。
ソユンは まだ憑依されていなかったが、
霊が視える状態で いつ憑依されてもおかしくなかった。



web拍手

客:The Guest(3)-(6)


3-45-6

3-4

ファピョンとユンは
互いに 過去に関係のある者だと知る。

そして 今回も 憑りつかれた人の家に“分かち合いの手”という雑誌があった。
表紙は ファピョンが憑りつかれた時に来た司祭。  


ファピョンは タクシー運転手が女性を拉致し殺害しているビジョンを視る。
ギルヨンに話すが、積極的に動いてはもらえない。

ファピョンは 怪しいタクシーを見つけて追跡。
トランクに縛られた女性が押し込まれているのを発見するが
頭を殴られ 気絶する。

ギルヨンは 単独で調べ 廃車工場にたどり着く。
経営者の弟が犯人ではないかと思うが 証拠はない。
3人目の被害者が家に戻ってきたことから
ギルヨンは 捜査をやめる。

ファピョンも廃車工場経営者の弟にたどり着く。
ユンに お祓いを頼む。

ファピョンは ユンから 憑依ではなく精神を患っている患者 と言われる。
憑依だと言い張り ファピョンと口論に。
そこに 烏が次々と落ちてくる。

ユンが再びお祓いをするが、
やはり憑依ではなく患者 と。
そこで ファピョンは チェ神父の写真を弟に見せて 詰め寄る。
写真に驚くユン。
ファピョンは 問いただすユンを止め、
弟にさらに詰め寄る。
と、電気が消え…
憑りつかれていたのは 兄だった。

憑りつかれた兄は ユンに
「兄さんのことを聞いていたら女刑事は死ななくて済んだんだ」と話す。
ユンもファピョンも驚く。

一度は 兄に逃げられるが、
ギルヨンが逮捕。
しかし 兄は眼を突いて自殺する。

5-6

ユン兄…チェ神父が 自宅の裏山で遺体で発見され、
自殺と断定される。

ギルヨンは 母を殺害した犯人が見つかった と連絡を受ける。
このことで ユンが犯人の弟で
ファピョンが原因を作った男の子だと知る。
ギルヨンは 2人から距離を置こうとするが…


カン・ジョンリョル 27歳 男性。
失踪届が出され 自宅を捜索。
血痕が発見される。
恋人のユニを事情聴取するが、
なにも得られなかった。

ユンは ある女性から 憑りついているので祓ってほしい と言われる。
パク・イルドから殺せとメールがくると。
病院に行ったほうがいい と言ってユニを帰した後
ファピョンに会いに行く。

ファピョンは まだ殺人のビジョンを視ていなかった。
しかし…

ユニを逮捕。
悪霊を祓う。


ファピョンは 巫師を連れて チェ神父の遺体が埋められていたところに行く。
何か感じるのでは と期待して。
すると 女性の遺体を発見する。
女性の名前は ソン・ヒョンジュ。
ギルヨン母が失踪事件として調べていた。
ギルヨン母の捜査日記の中に パク・ホンジュ議員の名前があった。




web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫
  ~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
扶揺 8/2~レンタル、8/29~lalaTV
神龍 9/3~レンタル、U-NEXT、秋~DATV
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
花不棄-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
         9/11~衛星劇場
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 *U-NEXTを契約しようか迷っていたから
         嬉しい~

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング