FC2ブログ
2019/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)(11)-(14)



晩媚:「長安、私が初恋?私と出会う前に恋したことは?」
長安:無言
晩媚:「恋したことは?」
長安:見つめるだけ。
晩媚:「誓って。今後好きなのは私だけだと」
長安:しばらくの無言の後 「とうに誓った」とつぶやく。

このやりとりで 晩媚と長安は互いの気持ちを確認。
けれど 愛しあっているとばれてはいけない。
常に一緒に行動しているけれど 常に監視されている状況では
感情を言動に出してはいけない。
その抑えた感情が ドキドキさせる。
“この2人に嵌りつつあるかも…”

と思ったら…
なんと 長安が晩媚を裏切り
晩媚は 長安に復讐するまでは死ねない! と、
2人は 憎みあう仲に。
“これじゃぁ 嵌れない~~”と慌て…

で、李嗣源は 自分でも晩媚への気持ちに気づき始め
何かと晩媚のことを心配。
で、
今までと違う李嗣源の行動が月影をイライラさせる。

最後は…
四角関係になってしまった状況に
“これはドロドロ恋愛ドラマ?武侠ドラマ?”と迷うことに。  


11-14

月影は 李嗣源に “九命”が見つかった と話す。
「遠いかと思えば極めて近い場所に」と。

“九命”は 心臓にあり 絶命する前に取りださなければならない。
李嗣源は 晩媚を気絶させ 取りだそうとするが…
取りださなかった。
今までの晩媚とのことが蘇ったのだ。
任務を失敗した時に 取ることにする。


晩媚の次の任務は
“摘星楼の女将 阮娘は6月に没する”

摘星楼は 越軽涯の諜報組織。
李嗣源の望みは 血蓮教の分布図だった。

この任務は 奼蘿から越軽涯に伝えられ、
当然 摘星楼の女将にも伝わる。

月影は 奼蘿の密告をキャッチ。
密告の中には晩媚の人相書きもあったが、書きかえる。
そして 李嗣源に報告する。

晩媚と長安も 摘星楼の女将に暗殺計画がばれている と気づく。


長安が捕らえられ
晩媚は ひとりで摘星楼の女将と戦う。
その途中 分布図を手に入れる。
そこに 脱出した長安が登場。
当然 手助けしてくれると思ったのだが…
晩媚は 湖に落ち 捕らえられる。

摘星楼の女将は 謝家の一族の中で長安と共に生き残った長女 謝瑩だった。
長安が 晩媚に 過去に一人だけ美しいと思った人がいる と話したその人なのだ。


晩媚は 越軽涯の拷問を受ける。
その場所には 李嗣源も呼ばれていた。
越軽涯の拷問の後
李嗣源が申し出て 拷問。
その時 晩媚は李嗣源の袖に分布図を入れる。


その頃…
長安は 謝瑩に看病されていた。
晩媚を助けに行こうとするが そのたびに止められていた。
何度か脱出を試みた時
謝瑩から驚くことを聞かされる。
なんと 長安は 李氏の子孫で皇帝になれる身分だと。

謝瑩によれば…
則天武后の世継ぎには 娘 太平公主が有力だった。
しかし 則天武后は 残忍な性格の娘に帝位は譲れないと考えた。
そこで 特殊な鉄に詔書“無字詔”を封じた。
刻字はせずに固く閉ざし 公主に託した。
開けることができたら帝位は太平公主のものに。
開けられなければ天命として帝位は諦めろ と告げた。
長安は 太平公主の子孫。
謝瑩の父は 李氏の臣下。
6年間長安を捜した。
謝瑩の父と長安の出会いは偶然ではなかった。
謝家一族が襲われたのも 長安のせい。
高貴な身分だったから 馬係りだったのに 家伝の心法を授けた。


李嗣源は 月影に
奼蘿に晩媚の救出に人を出すよう伝えろ と指示する。
生きて連れ帰れ と。
奼蘿に断られ、
月影が晩媚を救出する。


晩媚は 長安に裏切られたことで生きる意欲を失っていた。
長安は晩媚を助けようとして手を伸ばしたのだが届かなかった。
その後何度も助けに行こうとしたが謝瑩に邪魔されてできなかった。
長安は裏切ったつもりはなかったが、
晩媚には 長安が自分を裏切って謝瑩を助けたように見えたのだ。
しかし 晩媚は 裏切った者に償わせるまでは死ねない と思いなおす。

晩媚は 月影からある任務を受け、
陸城に入る。


月影は 李嗣源に晩媚のことを報告する。
「私たちは長らく準備を進め
蠱毒も分布図も入手し 後は拡散のみ
すでに晩媚の体に蠱毒を」と。
すると
「働きすぎだ」と怒鳴られる。
「間違っていません」と言い返すと
「外でひざまずき よく考えろ」と言われる。


長安は 謝瑩から 無字詔は奼蘿の宝石箱の中にある と聞く。
晩媚が 姽嫿城に戻ったか心配で 姽嫿城に戻る。
罰を受けた後
流光に引き取られる。


奼蘿の宝石箱…
それは 奼蘿が婚約者の家に行く時に手土産として持って行ったもの。
婚約者とは 謝停雲。
ところが 彼には好きな娘がいたため
奼蘿は 眉が逆立っているのが不吉という理由で破談になってしまった。
そのため 今まで大事にしてくれた叔父から虐待されるようになった。
ある日気を失い目覚めると死者の花嫁になっていた。
そこを助けてくれたのが 李嗣源の母の姽嫿城の城主だった 藍禾 だった。



web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
復讐の女神

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~

<視聴予定>

楚喬伝~いばらに咲く花~
龍珠伝奇
法医秦明
扶揺
神龍

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング